5つのセフレの作り方・探し方と関係の維持方法 セックスフレンドが欲しいなら出会い系サイト募集

Pocket
LINEで送る

「セフレを作るにはどういった方法があるのか」

「どの方法が最も効率が良いのか」

この記事では、私アキラが7年の歳月をかけて試した5つのセフレの作り方のメリット・デメリット、そして最も効率が良い方法を解説しています。

また、作った後に関係を維持するための、6つのコミュニケーション法を解説しています。

内容はやや男性向けですが、女性でも共通して活用できるよう纏めています

私自身は現在38歳で口下手・ルックスは下~中というスペック

生まれてから女性と縁がほとんどなく、32歳の時に、

「これではいかんなぁ…」

と思い、夜の相手を探す方法を調べだしました。

と言っても、理系学部でそのまま技術系の会社に入るという人生で、どうやって異性と出会えるかすら分からなかった私

2chのスレッドを見まくったり、ヤンチャな友人に聞いてみたりと、手探りで色々と試しました。

結論から言いますと、デメリットが少なく最も成功率が高い方法は「出会い系」でした。

その理由を他の方法と比較して明確に示していますので、ご覧頂けますと幸いです。
どうして出会い系が最も効果的なのか?

以降では、各方法を私が試した順に体験談を交えて解説していきます。

また、実際にセフレを作ったとの接し方や、関係を続けるためのノウハウを具体的に書いており、セフレに関する全てのことが分かるようになっています。

私はセフレの作り方を覚えてから本当に人生が変わりました

みなさんも、方法と作った後の対応法を併せて身につけて頂き、素敵な日々を過ごして頂ければ幸いです。

ナンパ:99%失敗する上に労力がえげつない

セフレ作り方

セフレを見つけるための代表的な方法はナンパです。

繁華街や夏祭り、コミケなどの会場でのナンパは定番で、うまく連れ出してエッチしそのままセフレにしてしまうというパターンです。

ストリートで行うことをストナンと言い、成功してそのままラブホテルへ連れ込めた場合を「即」と言います。

そんなナンパのメリット/デメリット、おすすめ度合いを私アキラが体感した内容を交えてご紹介します。

ナンパのメリット

タイプの女の子だけをターゲットに出来る

ナンパはいいなと思った異性に声を掛けるので、タイプの異性だけに集中して声を掛けることが出来ます。

ネットでの出会いなどと違い顔が見えるので、最初から失敗を最小限に抑えることが出来ます。

タイミングで狙いを定めると成功率が高い

ナンパは、時期や時間などのタイミングで的を絞ると成功率がかなり高いです。

  • 夏の海で昼夜問わず
  • クリスマスシーズンの夜
  • 卒業シーズンの若者が集まる場所
  • 土日祝日前夜の駅付近
  • イベント会場近辺

などなどタイミングを見極めて行動すれば、比較的高い成功率を上げられます。

男性は逆ナンのチャンスも

最近は、男性に限らず女性もナンパ(逆ナン)することも多いです。

ナンパしてるときに、「お兄さん遊び相手探してるの?」なんて声を掛けられて、そのままセフレに、なんてこともあります。

私の知り合いの経験ですが、女の子2~4人とかの複数で声を掛けてくる場合が多く、男1人のハーレムセックスなんてパターンもあります。

複数の女の子と、夜22時から昼の12時まで、半日以上乱れまくり、その後も頻繁にプレイを楽しむセフレにもなり、とても美味しい思いもできて、良い経験になったそうです。

3P以上の複数人とセックスするチャンスは、実はナンパに転がっているかもと思っています。

ナンパのデメリット

%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%83%91%e3%81%af%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%a0%e3%82%89%e3%81%91

良さげに見えるナンパ。しかし…

ナンパは成功する人がものすごく限られますし、メリット以上に多くのデメリットが存在します。

ナンパのデメリット

  1. イケメン・美女以外はほぼ成功しない
  2. 夜遅く~早朝が中心(会社員はまずできない)
  3. 数時間待ち続けるため拘束時間が長い
  4. 体力的にきつい
  5. 警備員/警察を呼ばれることがある
  6. 精神的にもきつい

手軽に見えて意外とハードルが高く、費用対効果は最悪です

私も大阪のなんばパークス・なんばウォークという繁華街で男性3人で数日間ナンパをしてみましたが、相手をゲットできることはなく、無視される・罵声をあびせられる、最後は警備員を呼ばれるなど散々な結果になりました。

失敗して落ち込むこともありますし、収穫が無くて寂しく朝まで1人なんてこともあります。

失敗して当然、上手く行ったら「自分イケてる!」くらいのポジティブで強い心を持ってめげずにチャレンジしましょう!

…と考えたいところですが、実際に収穫なしで朝日を迎えた際の絶望感は半端ないです。

イケメン・美女、メンタルが強い、体力が相当ある人。…以外、ナンパはやらないほうが良いです。

セフレを作るうえでは最も効率が悪い方法。と言っても過言ではありません。

 

ナイトクラブ:イケメン・美女以外は蚊帳の外

セフレ募集

ナイトクラブは男女が酒を飲み踊り狂う場所です。

上の写真のように男女の距離が近く、気に入った相手と一緒に踊ったり、体を抱き寄せたり、できることが特徴ですが

その場のノリで仲良くなれることが特徴で、意気投合すればそのままホテルへ!

なんてことが期待できる場所です。

ただ、私アキラが実際に東京渋谷・六本木、大阪の梅田・難波などのクラブに行って分かった現状ですが…

イケメン・美女以外は基本的に近づくと嫌がられます

私もお店で何人もの女性にアプローチしてみましたが、総スカン状態です。

様子を見ていると、かなりのルックスの人が声をかけても、拒否されていることがほとんどでした。

どうやら、クラブに来ている人は必ずしも男女の仲を求めているわけではないようで、純粋に音楽や踊りを楽しみたい人が多いようです。

そういった異性に言い寄ると嫌がられますし、時には警備員を呼ばれます。

クラブは音量が激しい部屋で踊るので、異性とゆっくり話ができるような空間ではありません。ですので、相手と会話をして仲良くなれるような雰囲気がなく、これもクラブの欠点です。

お店によってはVIPルームのような場所があり、そこで異性と話すこともできますが、10,000円くらいの料金がかかります。

VIP席で話をしてもうまくいくことは少ないので、費用対効果は恐ろしく悪いです。

また、女性の中にはイケメンに声をかけられても、金銭のやり取りを提示している人もいました。

海外のバーではよくある光景ですが、日本でも普通にあるんですね。

イケメンでもそう簡単にはエッチができないのがクラブの現状です。

一方で、クラブにくる男性は面食いなので、女性もそれなりのルックスがないと相手にされません。

ということで、ナイトクラブは、

セフレ作りの場に最適思われがちですが、実際は不向きです。

キャバクラ/ホストクラブ:金づるにされて終わる

セックスフレンド

次に思いつくのは、以下のようなサービスです。

  • 男性の場合:キャバクラ・ガールズバー
  • 女性の場合:ホストクラブ・デートクラブ

これらは金さえ出せば異性と接する機会ができ、相手も優しくしてくれるので、セフレへのリーチが最も短いように見えます。

…ただ、私は時々キャバクラやガールズバーにお世話になっていますが、一度もセフレの関係になることはできませんでした

いわゆる「店外デート」は簡単にできますが、それもあくまで営業活動としてやっているだけです。

メールアドレスや電話番号、LINEのIDを交換し、店外デートなどもよくやりましたが、常にお金が前提になる関係でした。

また知人にホストクラブにはまった女性がいますが、結局は金づるにされていただけのケースがほとんどです。

お店の女性/男性は結局はこちらを諭吉としか見ていないのです

お金が発生しなくなった途端、パタと連絡を切られます

お金を払い続ければ夜の相手はしてもらえますが、それはセックスフレンドとは言いません。

キャバ嬢やホストをセフレ(若しくは彼女/彼氏)としてゲットしたいと思っている人は多いですが、お金から始まった関係である以上はほぼ不可能。と思ってください。

夜のお店で親しくなろうとすることは、何も生み出しませんので私はおすすめしません。

風俗:セックスはできるがセフレにはなれない

sexフレンド

男性特有ですが、ホテヘルやデリヘルなどの風俗で女の子と仲良くなる方法があります。

こちらが優しく接していれば、風俗嬢は不細工相手でもとても丁寧に接してくれるので、これまで女性に相手にされてこなかった男性はかなり良い思いができます。

(キャバクラ、ガールズバーに比べると愛想が悪い女性が多いので注意が必要)

ソープランド以外はヘルスプレイというエッチをしないところまでがサービス内容ですが、実際はセックスができてしまいます。

セックスまでいけるのだからセフレ化も楽勝では?、と勘違いしがちですが…

風俗嬢とセフレになれる確率は相当低いです。

キャバクラ/ホストクラブ以上に、風俗嬢は客を金としか見ていません。

実際、私はある風俗嬢の本音を聞いてみましたが、

  • 客のことは全く興味がない。顔も覚えていない
  • これが終われば諭吉(1万円札)がもらえる
  • 店外デートは次回リピートに繋げるため

とだけ考えて接客をしていると言っていました。

実際に仲良くなっても、風俗業界から足を洗った瞬間に連絡を切られます。

御参考までに風俗狂の私の実績

  • 風俗で出会った女性の数:300人
  • デートした女性の数:20人
  • セフレになった女性:0

現実はこんなものです。

お金が絡む仲に未来はありません。

あるモテモテのヤリチンが言った意外な言葉で目覚める

ある時、ふとしたきっかけでかなりのイケメン&ヤリチンの男性と知り合いになりました。

ジャニーズ系で年齢は23歳。月に50人くらいの新規とヤっている強烈な人でした。

これだけ聞いて、ナンパなどでさぞかし楽勝にゲットしているんだろうなぁ。

…と思っていましたが、実情はかなり異なりました

「イケメンでもナンパはほとんど成功しない」

「とにかく数を撃つことが大事。多人数に一気にアプローチできるSNSや掲示板、出会い系などを駆使している。」

イケメン/美人だから簡単にセフレができる、というのは間違い

セフレを作っている人は戦略を練って多人数に効率よくアプローチしている

彼はハッキリとそう言いました。

顔が良ければセフレができるというわけではなく、セフレができる人は戦略をきっちり練り行動しているのです。

確かに、かなり可愛くても彼氏ができない女性も多いですよね。

ルックスは多少の優位性は出ますが、本質ではないのです。

そして、効率的な例として彼はスマートフォンで出会い系サイトを見せてくれました。

  • 出会い系には出会いを求めている人が集まっているので、セフレへのリーチが短い
  • 出会い系サイトは掲示板という機能があり、それで一気に大人数に自分の存在や希望やアピールできる
  • たくさんの異性の興味を一気に引くことができるので、そこからセフレへと繋げていくと効率的

彼のアドバイスで目から鱗が落ちた私は、早速出会い系サイトに登録し自分自身で色々と試行錯誤してみました。

結果、彼が言った以上の発見もでき、出会い系がセフレ作りに向いている事を確信しました。

出会い系:最もセフレに近いがコツを掴む必要あり

出会い系セフレ

「出会い系」というと響きが悪いですが、最近は出会いSNSという名前で呼ばれることが多く、mixiやfacebookのような一般的なSNSとして普及してきています。

出会い系サイトは男女が登録し、メッセージを交換したりしながら交流していくものです。

最近では、東京の品川駅や大阪の心斎橋駅、福岡の天神など、大都市の中心にデカデカと看板を掲げていることが多いので、知っている人も多いでしょう。

かつてはアングラ的で何か怪しい、という感じでしたが最近はクリーンな運営をしているサイトが増えてきて、私たちの生活の身近なところに入り込んでいます。

クリーンならセフレ作りには不適では?

と思う人もいるかと思いませんが…

クリーンな中でもセフレを手軽に作れる機会がたくさんあります。

例えば、クリーンな出会い系サイトの中にも「大人の掲示板」というちょっとエッチな動機で相手を募集できる機能がありますので、これで大人な目的の募集をかけることができます。

最初は健全な理由で出会っても、最終的にはセフレの関係に到達します。

男女の出会いの場を提供している限りはそういったことが必ず起こります。

どうして出会い系サイトを薦めるのか?

出会い系セフレ

出会い系サイトは男女に出会いの場を提供するものですが、それは先述のキャバクラ、風俗、ホストも同じです。

どうして、出会い系サイトのほうが良いと言えるのでしょうか?

私が出会い系サイトをセフレ募集におすすめする大きな理由は以下の2点です。

  1. 手軽にいつでもどこでも使える
  2. 利用者の数が多い
  3. ライバルが少ない
  4. お金がかからない

1.手軽にいつでもどこでも使える

まず最大のメリットは、手軽にセフレ探しが出来るということです。

いつでもどこでもネットでセフレを探せるということこの方法の1番の強みと言えます。

先のモテモテの男性も言っていましたが、移動中や寝る前などいつでもどこでも異性にアプローチできる点がとにかく強みになります。

2.利用者の数が多い

沢山の人が利用してるというのも魅力です。

利用者が多いということは、それだけ様々な目的を持った人が登録しているということなので、チャンスも大きくなります。

複数の出会い系を活用する事で、より出会える確立も上がります。

そして、年齢、容姿、性格など、セフレを探すときに幅広くカバーできます。

3.ライバルが少ないについて

ナンパ・クラブ・キャバクラ・風俗、ホストに共通することですが、セフレをゲットするまでの間に常にライバルとの戦いが生じます。

出し抜いて気に入られには先述のように立ち回りやルックス・トーク力が求められる、定期的にご機嫌を取っておかないとすぐにライバルに奪取されてしまうので、維持管理はかなり大変です。

一方の出会い系は、ライバルがかなり少なく適当に相手をしていても関係を維持しやすいです。

ライバルが少ないため、本人のルックスやトーク力が低くても十分に勝機があり、セフレを作れる確率は圧倒的に高いです。

4.お金がかからないについて

キャバクラ・風俗、ホストなどのお店の場合は、基本的にお金を払ってくれる客が好かれます。

客の中には医者や弁護士、高級ソープの風俗嬢やAV女優が普通に現れるので、普通のサラリーマン・OLがそれらの人を出し抜くのは大変です。

まさかと思うかも知れませんが、

  • 年収3000万の医者
  • 誰もが知る大企業の幹部
  • 超キャリアウーマン

などが普通に訪れます。

たとえ一時的に出し抜いたとしても、たくさんいるライバルに常に取られるリスクが高いので、トータルでかなりお金がかかります。

出会い系サイトの場合は、上記のライバルは来ません。

費用もサイトの利用料金のみです。

出会い系の多くはポイント制になっており、一定のポイントを購入します。

メッセージの交換をする度にポイントを消費しますが、2000~3000円もあれば複数人の異性と十分に仲良くなれます。

なお、女性は無料なので、タダでイケてる男性と仲良くなることができます

セフレ作りに使える5つのサイトやアプリの特徴を比較解説

出会い系選び方

セフレ作りをするために、もっとも大切なポイントとして、まず忘れないでほしいことは…

「とりあえずサイトに登録をしてみる」ということです。

セフレ作りでは、男女ともに行動すること、行動をはじめることなどが最大限に重要であり、実際にサイトやアプリを使って行動することが最初の攻略と言えます。

しかし、はじめてサイトを使う人にとっては、サイトに対する不安はもちろんあるでしょうし、そもそもどういったサイトやアプリを使うべきか悩んでしまうはずです。

そこでこの項目では、セフレ作りに心の底からオススメできるサイトとアプリを5種類、特徴や強みと弱みなども合わせて紹介します。

5つのサイトとアプリの特徴をおすすめ順に解説

人気1位:PCMAX

  • 若くて遊び慣れている男女が中心で、女性はその色が濃いけど人妻も多い
  • 即会い希望からセフレを探す人が多いサイト
  • 比較的出会い系慣れしている男女が多い
  • セフレ目的で利用している人はトップクラスに多いサイト

PCMAXは大人な出会いが目的の利用者が他のサイトと比較してダントツで多いです。

積極的な人が多く登録しているため、何度かメッセージをやり取りして意気投合できれば、その日のうちにホテルまで行けることも多いです。

また、出会い系サイトは業者やサクラと呼ばれる実際に出会うことのできないユーザが多いのですが、PCMAXは運営側がすぐに取り締まってくれます。

サクラがいない分、実際に出会える確率はかなり上がるので、セフレの候補が探しやすいです。

出会い系の中には悪徳業者がおり、LINE IDやメールアドレスなどの個人情報を抜き取ったり他の詐欺サイトに誘導しようとする者がいます。

ただ、PCMAXでは悪徳業者が一切いないので安心安全に利用することができます

また、利用している年齢層が幅広く、下は18歳から上は50代まで幅広い人と知り合うことができる、という特徴があります。数あるサイトの中で最もバランスが最も良く、使い易いと感じました。

セフレ候補が最も多く安心安全にセフレを作れるサイトはPCMAXです

「登録しても具体的な攻略法が分からないとセフレができない」

という方のために、私アキラがPCMAXでセフレを作る流れを実際にやり取りしたメッセージやLINEの画面を交えて解説しています。こちらも併せてご覧頂けますと幸いです。

PCMAXでセフレを作る攻略法はこちらから

人気2位:ハッピーメール

happy_mail_logo

  • 男女ともに年齢層は幅広く知名度が高い
  • セフレ探し初心者や、具体的な活動はまだ悩んでいるけどセフレに興味あり、というような人など、ライト層も多い
  • 人妻さんのご利用も多いサイト

PCMAXに比べると大人な目的の人が少ないですが、利用者が2000万人と出会い系サイトの中で最大です。そのため、セフレ作りの候補数はPCMAXに次いで多いため、絶対に登録した方が良いです。

特に大人な目的がなく何となく登録しているユーザも多いのですが、実は刺激を求めている人も多いため(セフレ予備軍)、実際に仲良くなるとそのままセフレになれます。

多くのセフレ候補を求めるならハッピーメールは外せないサイトです

ハッピーメールも、私アキラがセフレを作る流れを実際にやり取りしたメッセージやLINEの画面を交えて解説しています。こちらも併せてご覧頂けますと幸いです。

ハッピーメールでセフレを作る攻略法はこちらから

人気3位:ワクワクメール

  • 若くて遊び慣れていない女性が中心
  • 学生世代でセックスに対する好奇心が旺盛な女性も多い
  • 出会い系初心者の男性が結構使っている
  • 即会い希望者も沢山いるけど、少し時間をかけて関係を作ろうとする層も他より多い

ワクワクメールの特徴として、真面目な出会い/大人な出会い共に、丁寧にやり取りをしてから会おうという人が多い印象です。

ゆっくり仲良くなれるため、出会った後のセフレ関係が継続しやすいという特徴があります。

セックスに関する好奇心が旺盛な人が多いため、今回の目的を達成するためには欠かすことのできないサイトと言えるでしょう。

ワクワクメールでセフレを作る方法も以下の記事で解説していますので、併せてお読み居ただけますと幸いです。

ワクワクメールでセフレを作る攻略法はこちらから

サイトごとの違いがわかりやすい要素は、「利用者の層にある」ということでしょう。

たとえば、若い世代を狙って利用する場合は、「PCMAXとハッピーメール、ワクワクメールがマスト」

逆に年齢層を少し高い層に絞りたい場合は、「ハッピーメールがメインで扱いやすい」ということが言えます。

とりわけ、PCMAXの場合はセフレや遊び慣れ、サイト慣れしている人も多いため…

若い方に加えて必然的に人妻さんや30代以上の方も多く、ハッピーメールとワクワクメールを併せて使うことで幅が広がると言えるでしょう。

年齢以外にも、ワクワクメールは若い女性の中でも学生さんを、ハッピーメールとPCMAXは人妻さんなど。

サイトによって狙いやすいジャンルという意味での利用者層でも、それぞれに特徴があるわけです。

サイト選びの基本は、以上で書いた特徴や使用感などから、「自分の目的」や「ターゲットにしたい相手」などに合わせていくことが大切なのですよね。

女性も場合は、「サイトやセフレなどに慣れている男性と会いたいならPCMAX」、「初心者さんや遊び慣れていない男性と会いたいならハピメやワクワク」で比較。

「自分自身の年齢が高めで一歩踏み出せない場合は、比較的年齢層が高いハッピーメール」だと扱いやすいですし…

「学生さんでこれからセフレ探しをはじめたい人は、ワクワクメールに馴染みやすい」ということが言えますよね。

そうやって、男女それぞれ、特徴から自分にあったサイトを選ぶことができ、そういったサイトとアプリを使っていくことで立ち回りやすくなるわけです。

そして、3位には入りませんでしたが、4位にイククル、5位にイククルがあります。

特徴は以下に述べますが使いこなすには難易度が高いので、初心者は使わない方が良いでしょう。なかなか出会えず凹むと思います。

※指で表をスライドすると右側が見えます。

人気4位:TINDER
  • 前提として恋愛系アプリの一種
  • 年齢層は若い世代が中心で、活動傾向はアクティブ
  • 男性利用者はセックス目的、セフレ目的という人も沢山いる
  • GPSを利用しての近隣検索が可能
  • 有料利用で世界的な利用もできる
人気5位:イククル
  • 他のサイトと比べて多少過疎り気味な気配はある
  • 利用者の層は男女ともに年齢層広め
  • 最近はセフレ探しよりも恋愛系利用者が増えている
  • 女性でセフレ希望をしている場合は長期、男性の場合は逆に短期単発などが多い

5つのサイトとアプリを一目で比較!その2「強みと弱み一覧表」

※指で表をスライドすると右側が見えます。

サイト(アプリ)名 強みは? 弱みは?
人気1位:PCMAX
  • もっともセフレ、セックス希望で活動している男女が多いため成功率が高い
  • 会うまでのテンポがよく男性はコスパが良い
  • パパ活が多いけど、わかりやすく見極めやすいので使いやすい
  • 利用者の層など故にどうしても援助交際希望者や業者は多い
  • ダラダラとしたやり取りは好まれないため、男女ともに時間をかけてしまうと失敗しやすい
人気2位:ハッピーメール
  • 男女ともにセフレ初心者や未経験者などが多いことで、同じく初心者でも口説きやすく成功しやすい
  • シンプルなので、40代以上の男女にも使いやすい
  • セフレ初心者や未経験者などが多いことで、男性の場合は、掲示板ややり取りで注意しないと、女性に警戒されやすいという側面もある
人気3位:ワクワクメール
  • 男性が利用する場合、やり取りさえはじまってしまえば、学生世代の女性は好奇心が強い分、会うというステージに立ちやすい
  • 男女ともにLINE交換への抵抗は薄い
  • メル友感覚で慎重にやり取りする学生さんも多く、時間がかかること、コストがかかることはある
  • 需要と供給的に40代以上の男性は使いやすいけど、40代以上の女性は少し扱いにくい
人気4位:TINDER

  • 若い女性が好きな男性にとっては、需要と供給のバランスが取れるため楽しく使える
  • 海外の利用者も多いため、外人のセフレが作りやすい
  • マッチングするまでが大変。超忍耐が必要
  • 掲示板なしの恋愛系アプリ故、露骨に活動できない
人気5位:イククル
  • 長期希望の女性が多いので、1人獲得できると、男性でも案対しやすい
  • 短期単発希望の男性が多いので、長期希望の女性が使う場合は、会う前に相手の希望などはしっかりと聞いておいた方が無難
  • 正直過疎っているため、セフレ作りのハードルはやや高い

以上で解説した特徴に合わせて、それぞれの強みと弱みも見ながら比較していくと、よりどのような物なのかが掴めてくるのですよね。

たとえば、セフレ目的で利用している人の多さがトップクラスという特徴をもつPCMAXは、それ故に、「成功率が高い」という強みがあって大きな魅力でもあります。

加えて、「即会い希望者が多い」ことで、「会うまでのテンポが良い」ですから、男性はコスパが良く女性も煩わしさなく会えるという強みがあるわけです。

ライト層も多いと書いたハッピーメールは、「その特徴があるおかげで同じ初心者の男女でも成功しやすい」ことが大きな強み。

若い中でも学生さんが多いワクワクメールは、「LINEなどの交換がしやすい」ということが強みですが…

「需要と供給的に40代以上の女性は少し使いにくい」という弱みもあるのですよね。

そうやって、以上で紹介した特徴を比較していくことで、「使いやすいサイト」や「自分に合ったサイト」が見つけやすくなります。

ザックリと、5つのサイトとアプリを、特徴や強みと弱みで比較してきましたが…

総合的に活動しやすく、それでいて成功しやすいものは、PCMAX、ハッピーメール、ワクワクメールですね。

たくさんに登録しても回しきれないかも知れませんので、とりあえずはこの3つで良いと思います。

当サイト内では、それぞれのサイトとアプリを攻略、解説している記事も掲載しています。

サイトとアプリを使ってセフレ探ししていく場合は、ぜひここでの内容に合わせて、個別の記事もご確認いただき、攻略や知識を深める手段としてお役立てください!

PCMAX

実際に利用してセフレ関係になった体験談をこのサイトでも書いていますが、利用者が1300万人以上と多く、利用者の質も良いことから重宝しています。

ハッピーメール

happy_mail_logo

利用者が2000万人と出会い系サイトの中で最大です。そのため、セフレ作りの候補数はPCMAXに次いで多いため、絶対に登録した方が良いです。

ワクワクメール

利用者は750万人と出会い系サイトの中で人気。丁寧に時間をかけてやり取りをした後に関係を作っていきたい人向き。

Tinderやイククルについても以下の記事で解説しています。

また、セフレ作りに向いた出会い系サイトのより詳しい選び方は以下の記事に纏めています。

上記ページでは、セフレ作りの目的以外にも純粋に彼氏/彼女を作りたい。という真面目な目的の方向けの情報も解説しています。

このように、このサイトでは出会い系を使ったセフレ作りのノウハウを詳しく解説していますが、ここが他の出会い系紹介サイトとの差別化ポイントです。ぜひぜひ参考に頂き、多くのセフレを作って頂ければと思います。

(なお、上記ページで紹介している以外にも色々と出会い系サイトはありますが、サクラだらけのサイトが多く、正直おすすめできません)

ここで注意して頂きたいのですが、

セフレを作るには出会い系サイトに登録した後の行動が重要になります。

出会い系に登録して終わり。かのように解説しているサイトもありますが、実際はここからが勝負です。

意外な盲点!セフレ目的なら真面目路線でピュア掲示板を利用すべし

出会い系サイトに登録した後は掲示板機能を使って自分が希望する条件に合う人を探します。

出会い系サイトには、

  • 大人の・ヒミツ掲示板
  • ピュア掲示板

の2種類の掲示板があります。これらに希望する相手の条件を書いて投稿すると、興味を持った相手からメッセージがもらえます。

その後はメッセージの交換を何回かやり取りして、実際に会うことになります。

セフレを募集する場合は大人の・ヒミツ掲示板を利用したくなりますが、実際はピュア掲示板の方が良い結果になることが多いです。

大人の・ヒミツ掲示板には「お金を貰ってエッチをしたい/させたい」人が中心に集まっています。

なお、最初は金銭前提で出会っても、そこからセフレにできるのではないか。と期待する人がいますが、私の経験上ほぼ不可能です。

「セフレ」は金銭のやり取りなしにエッチな関係になることを指しますので、割り切り希望者の多い大人の・ヒミツ掲示板ではセフレを見つけることは難しいです。

あなたが女性である場合は「お金が貰えるなら良いか」と思うかも知れませんが、結構きつい男性が募集していることも多いので、あまり期待してはいけません。

そこでお勧めする方法は、ピュア掲示板に、

  • 食事に行ける人募集
  • 趣味が同じ人募集

などの書き込みをして、まずは普通に会える人を探すことです。

実際に使ってみて分かりましたが…

ピュア掲示板で会える人の方が、まともで容姿の良い人が圧倒的に多いです。

逆の立場になって考えてみれば分かりますが、下心や金銭欲に満ち溢れている人が溢れ返っている場所に近づきたいと思うでしょうか?

まともな人はそうは思いません。

結局、そういった下衆な場所に集まる人のタイプは偏ります。

金のにおいがするヤリチン・ヤリマンばかりです。

正攻法で仲良くなっていった方が満足できる相手に出会える確率が圧倒的に高いのです。

それを証拠に、最初は飯友・飲み友・趣味友あたりから親しくなった場合は、お金も発生しませんし、かなり長続きすることが多いです

その一方で、真面目な目的で会ったにも関わらず、エッチまでのリーチは意外と短く、1~2回も会えばセフレの関係になっていることも多いです。

急がば回れのように見えますが、大人の・ヒミツ掲示板でポイントと無駄なお金を消耗するよりも確実に効果があります

このあたりの方法に触れず、甘い言葉をやたらと掲載するWEBサイトや雑誌媒体がありますが、あまり真に受けない方が良いでしょう。

これは私アキラの長年の経験から自信を持って語れることですが、金銭のやり取りが発生する形で出会った場合、関係が進展することはほぼありません。

風俗・ホスト・出会い系サイトでの割り切りは勿論のこと、金額が小さく性的な面が少ないリフレであっても「金銭の授受が前提となり触れ合う行為」から始まった出会いが成就することはかなり難しいです。

可能性があるのは、飲食店、メイド喫茶、体の接触がない健全なマッサージ店や耳掻き店などでしょうか。

風俗嬢をセフレにした、ホストと付き合った、などの体験談を見かけますが、本当にレアケースです。このサイトをご覧の方には「金のやり取りがない健全な状態でセフレを探す方法」、即ちまじめなアプローチを強くおすすめします。

まじめな出会いが最も効果良くセフレに出会える!

セフレ費用

男性である私は風俗や大人の・ヒミツ掲示板を利用し、最終的にピュア掲示板で出会いを求めることに辿り着きました。

出会い系でピュア掲示板だけを利用すれば、最初に5,000円くらいのポイントを購入すれば大体は5~10名の良い異性と交流できます(タイプでない人はスルーします)。

サイト内でメッセージのやり取りを3~5回すれば大体LINEのIDが交換できますので、以後は別の方法でやり取りします。

主なサイト外でのやり取り方法

  1. 携帯・スマホのメールアドレス
  2. 携帯・スマホのサブメールアドレス(サブアド)
  3. フリーメールアドレス(Gmail・Yahoo)
  4. ライン(LINE)
  5. カカオトーク(KakaoTalk)

最近は、メールアドレスはあまり流行っておらず、一頃流行ったxxne.jpドメインなどのサブアドを利用する人もほとんどいなくなりました。

LINEのIDの交換を打診されるケースが多いので、LINEには絶対に登録しておきましょう。

また、LINEは本当に親しい人との交流に使い、まだ親しくない人との連絡にはカカオを使う女性も多いです。

とりあえず、この2つを登録しておけば大体OKです。

なお、一度会うまでは連絡先を交換したがらない人もいますので、その際は無理に要求しないようにしましょう。しつこく連絡先を迫ると相手は引いてしまい、会うことが難しくなります。

私の体感だと出会い系サイトを使って、5,000円程度のポイントを使い切る前に2~4名の女性に会えることがほとんどです。何回か食事を重ねれば、自然と大人の関係が結ばれ、以後はセフレとなります。

ポイントの利用を加味しても一人あたりの費用は5000円~7000円程度ですので、セフレをゲットするまでの総費用は平均して20,000円程度に落ち着きます。

また、女性がセフレを探している場合は、おごって貰えることが多いのでお金はほぼかかりません

また、他の方法と冷静に比較してみると、その優位性が分かります。

例えば、1人のホスト/キャバクラに30,000円使って5回入った場合や、風俗で毎回20,000円を払い5回目でうまくいったとします。

  • ホスト/キャバクラ:150,000円
  • 風俗:100,000円
  • 真面目路線:20,000円

と、真面目な出会い方の方が他の手法と比較して、1/5~1/8程度で済みます

また、先にも述べていますが「お金のやり取りから始まる出会いは大体失敗します」

ホスト、キャバクラ、風俗、絶対におすすめしません。

人間は面白いもので、お金の授受が最初に発生すると、心から相手を好きになることができません

仮に、運良く風俗嬢やキャバ嬢、ホストを運良くセフレにできたとしても、ほぼ長続きしません。

よって、高いコストをかけても失敗しがちな方法は避け、「真面目な出会い路線」でしっかりと進めていくことが最善の選択肢です。

「100人にセフレ募集のメッセージを送りまくったらセフレができた」

みたいな事を書いてる人がいますが、そんなド直球な方法ではセフレはできません。欲望に関することだからこそ、少し工夫をしてやることでうまくいくのです。

さらには、もし貴方の年齢が若かったり(20~30代前半)、運や本人のスペック(ルックスや話術)が良いと、1回ポイントを購入するくらいでゴールインできます。

ただ、私のようなアラフォーのおっさんでも普通に出会えているので、年配の方でも大丈夫です。

真面目な出会い経由の場合は、ルックスや年齢よりも人柄が重視されるので相手に誠実に接すればゴールイン可能です。

また、出会い系で「相手にされない」と嘆いている人の共通点として、「年下を狙いすぎている」ことが挙げられます。

かなり年下でもうまくいく可能性は十分に高いのですが、出会いの確率をより上げたいならば、現在ターゲットにしている年齢層から少しだけ高目を狙ってみると、アッサリとうまくいきます。

実証!PCMAXのピュア掲示板でセフレを作る流れ

それでは、実際私アキラが出会い系サイトPCMAXを使ってセフレを作る流れをご紹介します。

ここでは、あくまでも大まかな流れのみを解説します。

まずは、普通に食事などに一緒に行ける相手を探した方が最終的に良い思いができます。急がば回れというわけですが、実際はそれほどセフレに持ち込むまで時間は必要ではありません。

セフレが目的でも敢えてピュア掲示板を使う

PCMAXには掲示板というものがあります。

自分が興味のあるカテゴリを選択(チェックを入れる)して、具体的な文章を書くと掲示板に投稿することができます。

532_1

まじめに相手を探したい場合は、

  • 今からあそぼ
  • マジメに恋人探し
  • ランチやディナーいこう

あたりを選択すると良いでしょう。まずはメールから、全国メル友募集、はあまり会う気が無い人も混じっているので、アキラ的にはおすすめしていません。

今回は「ランチやディナーいこう」に以下のような文章を投稿して相手を待つことにしました。

タイトル:

○○あたりで一緒に新しいご飯屋を開拓してくれる方募集!

文章:

○○で良く食事をするのですが、最近は同じ店ばかりで飽きてきました。

一緒に新しいお店を開拓してくれる方いらっしゃらないでしょうか?

実際はもう少し文章を詳しく具体的に書いています。相手側も具体的に書いている文章の方がメッセージを送りやすいので、細かいくらいに書くほうが望ましいです。

掲示板への投稿は根気良く行う

ピュア掲示板に1回書き込みをして1日待ってみましたが、特にメッセージが着ませんでした。

ただ、出会い系サイトでは簡単にメッセージが着ませんので、気にしません。

というのも、出会い系サイトの掲示板に書き込みを行うと、

  • 最初は掲示板のトップに表示される
  • 他の人が書き込みをすると自分の投稿は掲載位置が2番目に移動
  • さらに他の人が書き込みをすると自分の投稿は掲載位置が3番目に移動
  • といった感じでどんどんと自分の書き込みは下へ移動していってしまいます。

そして、掲示板で異性が読んでくれるのは大体が5番目以内くらいの書き込みなので、自分の書き込みが異性の目に触れずに流れてしまうことはしょっちゅうあります。

掲示板に書き込むとポイント(お金で買う)を消費するので、投稿しまくるとどんどんお金がかかってしまいます。

ただ、PCMAXでは男性の場合は1日1回のみ無料で掲示板投稿ができます。そこで、毎日1日投稿を行うやり方で書き込んでいくとポイントを消費せずに投稿し続けることができます。

女性の場合は逆に何回でも書き込みができますが、あまり書き込みを連続しても疲れるので、1日数回程度で良いでしょう。

以下は男性に対するアドバイスです。

一般的に、書き込みを行う時間帯は、できるだけ女性がサイトにアクセスしている時間帯を狙います。

具体的には夜9~12時くらいが、食事や仕事を終えた女性がスマホをいじりだす時間ですので、この時間帯に投稿すると良い。とされています。

ただ、実際はPCMAXでピュア掲示板を使う場合は、昼間の時間帯に書きこんだほうが成功する確率が高いです。

これは以下のPCMAXで恋人を作る方法で詳しく書いていますので、後ほどお読み頂けますと幸いです。

関連記事:出会い系6年のアキラがPCMAXピュア路線の必勝法を徹底解説!恋愛系攻略の鍵は「利用する時間帯」

PCMAXで女性からメッセージが来る

こんな感じで投稿を続けたところで、1通のメッセージがきました。

私アキラは男性ですので「男性が女性からメッセージを貰ったシーン」として説明させていただきます。

書き込み見てメールさせてもらいました!

よろしければ今度ご飯に一緒に行きませんか?^^

と言った内容でした。

出会い系サイトで送られてきたメッセージが短文の場合はサクラの可能性もあるのですが、PCMAXはサクラが少ないことと、PCMAXのサクラはむしろ長い文章のメッセージを送ってくる傾向が強いので、これは疑う必要はありません。

ただ、一応は女性のプロフィールをチェックしておくとより安心できます。

女性のプロフィールで見るべきところは、自己PRの部分です。

ここがある程度書かれている女性は返事を返してくれる確率が高いです。

532_2

ただ、あくまでもある程度ということがポイントです。過度に書いている場合は別のリスクがありますが、この話は別の記事でご紹介します。

さらにPCMAXの場合は、プロフィール画面から「のぞき見データ」という相手のサイト内での行動パターンを見ることができます。ポイントが2ポイントかかりますが、これを見るとその女性の以下のような情報を見ることができます。

  • 掲示板投稿数
  • メール返信率
  • 登録からの経過日数
  • 出会い本気度
  • あなたとの相性
  • サイト内優等生度
  • 時間別利用状況割合

特に大事なのは「メール返信率」です。

メール返信率が低い女性はいくらメッセージを送っても返事を返してくれないので、関わらないようにしましょう。

今回メールが着た女性はプロフがある程度書かれていましたし、メール返信率もまあまあ高かったので(60%くらいが目安です。高すぎるとキャッシュバッカーの傾向がありますし、低すぎると話になりません)、返事をすることにしました。

以上の手順を繰り返し行い、数名の異性と出会えば自然とセフレの関係になれます。

ここまでで、セフレを作る方法論は終了です。

続いては、セフレについてより深堀した解説やコミュニケーションの取り方、実際に会う際のノウハウなど、より実践的な6つのテクニックをご紹介しています。

立ち振る舞いだけでなく、セックステクニックや長期的にセフレを囲う方法も解説していますので、ぜひ御参考下さい。

セフレを作ることができる人の特徴やポイント

それでは、具体的に、実際にどんな人がセフレを作れるのか。

たとえば、男性ならばイケメンで高学歴、お金持ちの人など、ハイスペック男子を想像される人も多いでしょう。

多くの人が考えるセフレ作りに適するタイプ

  • 男性:イケメンで高学歴でお金持ちな人などのハイスペック男子
  • 女性:可愛くて男性の転がし方が分かっている小悪魔的な女子

実際はそんな事はありません。

私も最初はこのように考えていましたが、あるセフレ作りの達人にインタビューをして、そうでもないことを知りました。

事実、私はイケメンでも何でもありませんが、セフレが作れています。

むしろ、彼女を作ったり、結婚したりといった真面目な恋愛よりも、スペック面でのハードルは低いと思います。

一時を楽しむ関係なので、スペックよりもフィーリングが重要になります。

見た目は一定の注意を払うだけで良く、後は立ち振る舞い方の工夫が重要になります。

そのような前提を踏まえつつ、実際にセフレ探しをしている人の意見も参考にしながら、ここからはそれぞれを具体的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

「容姿やファッションのポイント」

%e5%ae%b9%e5%a7%bf%e3%82%84%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

以上のような基礎から少し実践的な内容に進めて、とくに男性が女性と会う場合に、「容姿やファッション」ということで悩む人も多くいます。

このポイントで、絶対的に言えることは、清潔感というワードは外せないということでしょう。

もちろん、似合うかどうかというようなことも含め、それぞれに合う容姿などもあるため、あくまでも大まかなイメージという話なのですが…

共通して言えることが、「清潔感」ということなのです。

たとえば、最近はヒゲがカッコいい、日焼けがカッコいいなどと、もてはやされている傾向にありますよね。

これは間違いなく、実際に一部の層に人気が高い外見的特徴ではあります。

しかし、これというのはあくまでも、「ごく一部での話」であり、「ほとんどの女性が汚らしくてイヤ」だという印象を受ける要素でもあるのですよね。

(※女性の友人から集めた意見を参考に、質問内容を決定して、1人3票で集計しました)

以上の結果からも、ヒゲなどに対する女性からのイメージは、あまり良い物ではないことがご理解いただけるでしょう。

それこそ、ヒゲが似合うイケメン、日焼けの似合うイケメンなど、イケメンに限る!というイメージで…

とても特殊な条件下などでしか、評価されない物という認識でいてください。

それでは、以上のようなことを意識しつつ、どうすれば清潔感を演出できるのかということですが。

これに関して、安心していただきたいこととしては、「清潔感を演出することは難しくなく、誰にでもある程度できること」なのですよね。

(※女性の友人から集めた意見を参考に、質問内容を決定して、1人2票で集計しました)

たとえば、以上の結果からもわかる通り、

  • ヒゲはしっかり剃る
  • 髪は伸ばしすぎずに整えておく

という2つさえ意識できれば、ある程度は形になり、「清潔感のある男性」というイメージを相手に与えやすくなるのですよね。

最低限その辺りは、基本的に誰でも意識できる要素ですから、できるだけ準備は怠らないようにしてみてください。

ファッションで清潔感を演出する方法は「シンプルさを意識」

また、ファッションでのポイントとしては、「シンプルな物が好印象」だという声が、女性から届いています。

たとえば、以上で女性の友人も書いてくれているように、ジーンズにTシャツ。

または、その上にシンプルな柄シャツなどを羽織る程度が無難とのこと。

この辺りは相手の好みにもよりますが、あまりゴチャゴチャしていると、子供っぽいという印象を抱く人もいるそうで、微妙な印象を与えがちなのですよね。

それに加えてサイズ感も大切で、ダボダボの物やピチピチすぎる物など、また丈の長さがマッチしていないような物は避けるようにしましょう。

ファッションに自信が無い人はとくに、以上のような点は抑えておくといいでしょう。

とはいえ、春夏であれば以上のようなファッションで良いのですが…

秋冬は寒さ対策なども必要になってくるため、少し悩んでしまう部分なのですよね。

その場合は、そこにセーターをプラスする、あまり派手すぎないコートなどを合わせていくと良さそう。

中はロンTや、長袖のボタンシャツに置き換えれば、イメージを崩さずに着こなせます。

また、仕事でスーツを着用する人の場合、似合う人に限るという条件はでてきそうですが、以上のようにスーツでも良い印象はあるとのこと。

どちらにしても、全体的にシンプルなファッションでまとめることで、「清潔感を十分に演出できる」ので、その辺りはぜひ意識してみてください。

それこそ、ユニクロやGUなどで販売されているような物であれば、安く、それでいてオシャレでシンプルな着こなしなどもできます。

色々と考えて高い買い物をするよりも、よほど好印象を与えることができる可能性はありますので、活用してみてください。

まあ、セフレの場合はハードルが低くなると書きましたが、なんでも良いというわけではないため、多少難しく考えてしまう人もいるでしょう。

しかし、お店で、「清潔感のあるコーディネートを教えてください」と素直にお願いできれば、ここまでに書いてきた内容は結構あっさり解決します。

故に、この辺りは意識しながらも、あまり心配せずに、思い切って行動してみてください。

女性の場合は「自分の好きなファッションで問題なし」

また、セフレ作りをしやすい容赦やファッションという観点で、女性はどうすればいいのかということですが…

正直、「女性は自分の好きなファッションで問題なし」ですので、そこまで気にする必要はないと言えます。

というのも、男性は基本的に、異性のファッションに対しては理解が疎いことも多く、頓着もそこまでありません。

強いて言うのであれば、似合っているかどうかなどは多少気にするでしょうが、セフレは恋愛とは違いますから、ファッションにまで口うるさく言う人は少ないのですよね。

とはいえ、以上の女声も書いてくれているように、「メイクを好む男性は多い」ということはたしかに間違いなく、そこに色気を感じる男性は多いです。

それこそ、自分の見た目に自信がないという女性でも、メイクをしてくれているだけで好印象を受ける可能性も高く、それくらい単純な男性は沢山います。

美人や可愛い、オシャレなどということよりも、メイクをしているかどうかというこのほうが、雰囲気という観点から興奮を得やすいのでしょう。

セフレという関係の特性上、男性もそういった部分のハードルは低く設定しがちで、恋愛などと比べて楽しさや雰囲気を意識している傾向があります。

これがセフレは恋人などを作るよりも、確実に簡単だと言われる1つの要素でもありますから…

手軽に寂しさを紛らわせたい女性や、彼氏や旦那とのセックスに満足できない女性、自分に自信がない女性なども、ぜひ気軽に安心してセフレ探しをしてみてください。

メールやLINEで注意しておきたいつの4ポイント

%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%84%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

それでは、ファッションや容姿についても理解を深めていただけたところで、続いては、「メールやLINEで注意しておきたいポイント」についても解説していきます。

セフレを作るという話になると、とくに男性はこの辺り、とても疎かにしてしまいがち…

しかし、以上のコメントでもわかるように、セフレという関係でもそういったコミュニケーションはとても大切で、その内容1つで悪い印象を与えてしまうこともあるのですよね。

そこでここからは、実際に私がパートナーや友人、中でもセフレ作りをしている女性たちに聞いた、4つの注意点。

そして、良いメールやLINEのポイントなどについても解説していきますので、お役立てください。

ポイント1:ムダに長文

まず、1つ目のポイントとしては、「ムダに長文」ということで、これは面倒くさいという印象を与えてしまいます。

もちろん、流れの中で、長文返信をしなくてはならないケースというものも間違いなくありますから、ケースバイケースではありますが…

つねに長文でのメッセージを送っていると、「相手が読むことに苦労する」、「返信の内容も色々と考えさせてしまう」というようなことがいえるため、相手の負担が大きいのですよね。

とくに若い世代をターゲットにする場合は、テンポの良いキャッチボールを好む傾向もありますから、とくに意識してやり取りする必要が出てくるでしょう。

まあ、イメージとしては、文字数云々というわけではなく、「相手の文章量に合わせていく」ということなのですが…

目安としては、「相手と同等~相手の1.5倍程度」を意識しておくと、大きなズレは発生しにくく、リズムなども合いやすいです。

また、これをやりがちな人の特徴としては、いくつもの内容を詰め込もうとする傾向があります。

たとえば、話題を3つ4つ詰め込んでしまうということなのですが、それを、「1つ~2つの話題に絞って送信する」だけでもかなり違うはずです。

このようなつねに長文での連絡は、その内返事が返ってこなくなる可能性が高いので、十分ご注意ください。

ポイント2:短文すぎる

とはいえ、「逆に短文すぎる物も印象が悪い」こともあり、こちらは冷たいという印象、自分に興味がないのでは?というような印象をもたれてしまいます。

この辺りのバランスは難しい部分でもあるのですが、女性と違って男性は、メールやLINEなどのやり取りが不器用なことも多いですよね。

故に、長文と短文の使い分けなどが、どうしても下手になりがちで、わかってはいるけど上手にコントロールできないという人も目立ちます。

また、長文のケースとは少し違いますが、つねに短文で返す、短文すぎるメッセージが多いことで…

以上のように、「返信しようがない」とのこと。

「どう返してほしいのかわからない」と思われてしまうことがあり、それらのような理由で。相手から連絡が届かなくなることもあるわけです。

加えて、ずっと短文ばかりで反応が薄ければ、相手からすれば退屈な印象だって受けることは間違いないですよね。

私もついついやってしまい、セフレ関係を手放してしまったことがあります。

ご自身が友人知人などとやり取りをしていて、どのような話題を送っても、「そうなんだ!」や「なるほど」という一言だけだと、あまり良い気持ちはしないでしょう。

もちろん、やり取りの流れで、リアクションだけを短文で送信することなどはあるでしょうし、それはケースバイケースです。

長文でも同様ですが、それがダメというわけではなく、流れを無視してつねに偏った文章ということが問題なわけで、この辺りはしっかりとバランスを保つ必要があるのですよね。

たとえば、相手が質問をしてくれて、それがある程度長文になりそうなところで、短文で返す。

逆に、もう寝るというような流れの中で、おやすみ!という短文でもいいようなシチュエーションにも関わらず、長文で送信するなど。

そういった流れに反して、空気を読まないような内容に問題があるということですから、ぜひこういった部分は、自分なりに意識しながら対応してみてください。

自分のペースだけではなく、相手のことも考えたやり取りをするというイメージなので、最初は難しいかもしれませんが、とてもポイントになってくる要素ですからね!

ポイント3:しつこい連絡

そして、以上2つの内容からは少し内容が変わり、「しつこい連絡」ということも、セフレとのメールやLINEでは要注意です。

たとえば、返事がこないからといって、何度も何度も連絡をしてしまうような行為などはNG。

それぞれのペースや忙しさもあるので、そこを理解できないと自己中な人だと思われてしまいます。

また、セフレという関係の特性上、「基本お互いのプライベートには干渉しすぎないこと」が大切で、その辺りの割り切りは重要なのですよね。

それこそ、以上のアンケートでもわかるように、「セフレという関係と恋愛が混同してしまっている気がする」というような印象を与えてしまう可能性もあり…

そうなると、あえてセフレという関係を求めているような人にとっては、セフレの魅力や、都合の良い関係性という部分が壊れてしまうわけです。

セフレという関係なのに、束縛をされてしまうような印象も受けるため、かなり煩わしく思えてしまうのですよね。

今回紹介する注意点の中では、セフレ関係でのメールやLINEということで言えば、とくに不評という声も多い内容ですから、自分中心にならないよう意識して立ち回りましょう!

ポイント4:質問が多すぎる

また、以上の注意点と重なる部分も少しある内容として、「質問が多すぎる」というやり取りも注意が必要で、これが4つ目のポイントです。

まず、質問ばかりされても、そもそもやり取りがつまらないと思われてしまう可能性もあります。

ただ、解決策自体は簡単に意識できるような内容ですし、そこまで難しい物でもないのですよね。

これを改善するには、自分が質問したことに回答の返信をもらったら、「ある程度それについての話を広げていく」ということをすると良いです。

私が実際に体験した例

私「アニメが好きって言っていたけど、どんなアニメが好きなの?」

相手「最近見てるのは〇〇っていうやつです!」

私「そうなんだ!それって△△っていうキャラクターが人気あるよね?ネットニュースで見て興味沸いててさ♪」

相手「そうです!△△は声優さん人気が高くて、□□さんって人なんですけど、声がすごく癒しで(笑)」

私「□□さんなんだ!前にやってたゲームで好きなキャラ担当してて、僕も好きな声です!

それなら余計に見てみたいかも!」

など。

また、たとえばですが、知らないことでも、ネットを使って調べてみる。

あとは、素直に知らないということを伝えて、教えてもらうなどもオススメで、そうやって1つの話題で会話を盛り上げるようなイメージです。

質問が多すぎる場合は、退屈な印象を与えてしまいやすいのですが、適度な質問とそこからの広がりがあるだけで…

「自分自身に対して興味をもってくれている」という印象へと変化し、そのバランス次第で好印象を与えやすく、「やり取り自体が楽しい」と感じてもらえることもあります。

セフレという関係だとしても、ある程度親密な関係へと進展するためには、相手に興味をもつことが大切ですし。

それと同時に、興味を持っているということを、相手にやんわり意識してもらえることも大切なのですよね。

加えて、3つ目と重なる要素としては、「あまり質問で深く干渉しすぎることもNG」です。

深く突っ込みすぎると、セフレという関係上、あまり好まれない傾向にあります。

プライベートな質問は:「会っているときが良い」

故に、あまりプライベートすぎるような質問。

たとえば、住んでいる具体的な場所や仕事の詳細などは、相手が話題にするまで、質問などはしないほうが無難でしょう。

とはいえ、以上の女性も書いてくれているように、メールやLINEではなく、「会っているとき」であれば良いという声は複数届いています。

そういった線引きは多少難しい部分でもあるのですが、セフレという、近すぎず離れすぎない距離感の関係だからこそ、意識しておいて損をすることはないはずです。

以上の先輩も、セフレという関係だからこそという部分を強調してくれていますが、とくに妻子持ちの男性や、不倫や浮気を望む男女はその辺りシビアな問題なのですよね。

セフレという関係自体、不倫や浮気とも密接ですし、そういったことは隠しておきたいという人だっているわけです。

まあ、ご自身のパートナーについて、愚痴などを話したい人もいるため。

相手からメッセージでそういった話題がでた場合は、思い切り付き合ってあげることもポイントですが…

こちらからあまり踏み込みすぎてしまうと、関係が終わってしまうリスクや、自分に対しての優先順位が下がってしまうこともありえますから。

メールやLINEでのやり取りで、質問としてプライベートな内容に踏み込みすぎることがないよう、注意してやり取りしてみてくださいね。

それでは、以上までの内容で一通りメールやLINEでの注意点に関しても紹介できたところで、「良いメールやLINEのポイント」についても解説しておきます。

良いメールやLINEのポイントは:「セフレという距離感を理解したやり取り」

とはいえ、基本的にはここまでの中でも書いてきているのですが、それらを総合的にまとめると、「セフレという距離感を理解したやり取りが大切」だと言えるのですよね。

たとえば、以上の友人も書いてくれているように、セフレという関係の根底にあることとしては、「恋人や夫婦ではない」ということです。

恋人のように四六時中やり取りをするようなこと、言ってしまえば束縛ですが、そういった煩わしさを排除した、友達の延長という関係ですよね。

また、夫婦のように社会的な縛りが大きい関係とは違い、世間体やセックスは恋人夫婦のみという一般常識にはとらわれない、少し特殊な関係でもあります。

それだけに、双方が距離感をしっかりと守っていかなくては、セフレという関係自体がなりたたなくなってしまうわけです。

まあ、友達の延長ということも書いたように、すごく気が合って仲良くなった場合、友達としてくだらない話でやり取りが盛り上がることもあるでしょう。

同じ男女関係でも男女双方が恋人や夫婦とは違う距離感を求める物

とはいえ、それを付き合いたての恋人チックに毎日求めて、それを相手にも強制してしまえば、それは距離感が崩壊する養親ですし…

いくら適度な距離感を保つことが重要とはいえ、まったく連絡を取り合わず、放置しすぎてしまっては、お互いが求めている欲求を発散できなくなってしまいます。

発散できないどころか、寂しいと考えてセフレを欲している人が相手の場合、まったく相手にされないと、以上でもあるように他の人を探して自然消滅なんてこともあるわけです。

というのも、恋人や夫婦という関係ではありませんから、別れることや関係を終わらせることに対するハードルが、そもそも他の関係性と比べても低いわけですよね。

それこそ、セックスをする友達の延長という話でしたが、それでも親しさのベクトルはどうしても異なるため、「セフレという特有の距離感」なのですよね。

もちろん、人によって求めている感覚は違うため、それぞれで異なる距離感はありますが、この辺りを意識したやり取りはポイントと言えるでしょう。

やり取りの中で、距離感を間違えないセフレというのは、それだけでも好印象を与えることができますから…

少しずつ距離を縮めながら、攻めすぎないようなスタンスで、まずは関係を作っていくことがポイントです。

こういった部分は、男女どちらにも言えることであり、お互いがそれを理解していくことで、セフレという関係は成り立つのですよね。

故に、連絡をしても問題ない日時、連絡の頻度などは、真っ先に把握できるようにしていくことが重要です。

まずは距離感を掴むことからはじめる。

これを意識するだけでも、セフレという関係が円滑に進展しやすくなります。

紹介したコメントなども参考に、恋人や夫婦とも違うセフレという関係を、少しずつ掴んでいってみてください。

立ち振る舞いで覚えておきたいポイント

%e7%ab%8b%e3%81%a1%e6%8c%af%e3%82%8b%e8%88%9e%e3%81%84%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

それでは、以上までで書いてきたメールやLINEでの注意点に続いて、「セフレと実際に会っているときの立ち振る舞い」ということも解説していきます。

まあ、基本的には男女双方が、セックスも含めて楽しめるような振る舞いができれば、それなりにうまくいくということも間違いありません。

そういった部分はフィーリングのような物でもあるため、気が合えばとくに意識しなくても、会話が盛り上がり、楽しい時間をすごすことができるでしょう。

ただ、問題があるとすれば、「会っている一連の流れで相手に嫌われるようなことをしてしまう」ということ。

どれだけ気が合う相手だとしても、セフレという関係の場合、恋人や夫婦などと違い相手は我慢なんてしません。

まあ、男性の場合はそれでも、美味しい思いをできると耐えてしまうケースもあるようですが、それでも新しい相手が見つかればそちらに靡いてしまいますし…

女性ならいくらでも代わりはいるという考えで、活動している人も多いため、些細なことで男性は切り捨てられる可能性だってあるわけです。

そうならないように、会っているときの立ち振る舞いや対応という意味でも、ポイントをまとめてみました。

ここでは、男女それぞれに向けて、友人からコメントを集めることができています。

男性のポイントでは女性から、女性のポイントでは男性からのコメントをそれぞれメインに。

そこに、同性の意見も混ぜながら進めていきますので、ぜひセフレという関係を楽しむためにお役立てください。

男性のポイント1:カッコつけない

まず、男性に向けてのポイントから紹介していくと、1つ目に言えることは、「カッコつけない」ということでしょう。

たとえば、自慢話や謎のケンカ強かったアピール(武勇伝)、モテるアピールなどは、比較的評判が悪い傾向にあります。

男性というのは、基本的に自分を大きく見せたい物ですから、そのために使える話題を積極的に使っていく傾向にあるのですが…

相手からすれば、「そんなこと知らねーよ(笑)」というレベルで、恋愛でもないのにそのような話に付き合わされるということが、正直ウザイと思われてしまうわけです。

以上の女性も、「それを話してどう思われたいの?」という疑問を投げてくれているように、女性にはこの心理ができないのですよね。

男性心理としては、少しでも自分をカッコよく見せたくて、自分に少しでも興味を向けてほしくて発していることですよね。

そこに恋愛感情などはなくとも、少しでも自分という存在を評価されたいだけで、極論ではありますが、「すごいね!」という褒めの言葉が欲しいわけです。

それでも女性からすれば、「好かれようと必死になって、彼女にしたいの?」という感覚を受けるらしく、そうなるとセフレという関係ではいられないと思ってしまいます。

男性と女性でセフレに求める要素が違うこともある!

というのも、男性はセフレという関係のメインが、セックスということが一般的です。

しかし、女性の場合は別のことを求めている人も多く、たとえば寂しいから、彼氏や旦那が相手にしてくれないから。

場合によっては、非日常に触れることでのストレス発散など、目的に絡んでくる要素が幅広く、男性の性欲がメインにくる考え方とは異なることが多いのですよね。

そうなると、カッコつけて自分を大きく見せようとする男性より、女性の話をしっかりと聞いて、愚痴などにもイヤな顔をせず付き合ってくれる男性が好まれるわけです。

だって、仕事の愚痴なんて彼氏や旦那は聞きたがらないでしょうし、彼氏や旦那の愚痴を友人や同僚は聞きたがらない。

それこそ、現在はフリーの女性でも、そういった日々のストレスや不満など、安心して話せる人間というのは意外と少ないのですよね。

もっと言えば、性的な悩みや欲求があったとしても、男性ほど露骨にアピールできるという人は少なく、女性同士では話せても発散の機会は少ない物。

そのようなことも考えて、プライベートには関係しない場所で、以上のようなことを何も気にすることなく発散できる場所として、セフレを選ぶ女性が沢山いるわけです。

それにも関わらず、それを上手に発散できないような、自分中心の男性とセフレになんてなるかと言われれば、そりゃあなりませんよね。

自分だって発散したい物はあるのに、男の発散ばかりに付き合わされ、男だけが性欲も感情も満たされるような関係では…

「女性からすればセフレを作る意味がなくなってしまう」

わけですから。

男性に対して、「女性に媚を売って女性だけが満足できるような関係を目指せなんて言いません」が、女性のことも考えて、男性だけが本位の考えは捨てるべきでしょう。

それがセフレという関係を男性も楽しむ秘訣であり、うまくいくためのコツですから、ぜひこの辺りは意識して振る舞ってみてください。

男性のポイント2:女性の愚痴などを聞いても先生にはならない

また、1つ目の内容中で、会話ということにも少し触れましたが…

その会話の中で大切なことは、「先生にはならない」ということで、それが2つ目のポイントです。

たとえば、女性に何か愚痴など聞かされたとしても、そこで偉そうなアドバイスや、男性が長々と話してしまうなどは厳禁ということ。

それこそ、たとえ女性が間違ったことを言っているとしても、真っ先に説教みたいな偉そうぶったアドバイスに需要はありません。

イメージとしては、「相槌と共感とアドバイスは、5対4対1くらいの割合がベスト」で、基本は相槌と共感で会話を進めていくということでしょう。

女性は基本的に、自分の話を聞いて欲しいという気持ちが強いのですよね。

故に、下手にアドバイスをすることで、以上のコメントでもあるように、「その話を遮ってしまう」わけで…

そうなると、上手に発散ができなくなってしまい、セフレという関係にまで不満やストレスを抱えてしまうのだとか。

故に、アドバイスをする場合はしっかり聞いて、しっかりと共感し、相手に求められた場合のみという選択が無難でしょう。

それも少しだけアドバイスっぽいことを言ってあげる程度で、できるだけ手短に共感を交えた意見がベスト。

そのようなことを意識するだけでも、「私のこと理解してくれている」というニュアンスの感覚を与えやすいため、この辺りはぜひ意識してみてください。

男性のポイント3:常識をもつ

次に、3つ目のポイントとしては、「常識をもつ」ということが大切で、これは必要不可欠な要素だと思っておきましょう。

何気ない挨拶はもちろん、目を見て話すことや、失礼な言動は控えるなど、人として当たり前とも言えるような一般常識は最低限必要です。

たとえば、お店にご飯に行ったとしましょう。

その際に、横柄な態度で店員さんに接するよりも、笑顔でご馳走様でした、などと労える人のほうが断然好印象です。

一般常識はどんな場面でも印象を左右しますので、簡単なことだけでも日頃から意識して行っておき、自然と振る舞えるように準備しておくことをオススメします。

挨拶などをできないというだけでも、セフレという関係を築けるかどうか、大きく結果がわかれますので、覚えておいてみてくださいね。

友人も以上のようなコメントをくれているように、セフレという関係であっても、「常識をもって接することは当たり前」とのこと。

まあ、あらためて書きはしましたが、これって人付き合いということで言えば、当たり前のことですよね。

ましてやセフレなんて、セックスするわけで、そのような部分がしっかりとできない人に、そう簡単に体を許すわけもないでしょう。

人としての常識、これはここまでにも書いてきましたが、セフレにおいて重要なキーワードですから、ぜひ覚えておいてください。

女性のポイント1:他の男性と比較するような発言はしない

それでは続いて、女性がセフレ活動をする際の、立ち振る舞いのポイントについて進めていくのですが、1つ目に言えることとしては…

「他の男性と比較するような発言はしない」

ということで、セックスの上手下手はもちろん、相手に対する良し悪しを、他の男性と比較することで冷められてしまうこともあります。

以上のコメントでもわかるように、男性はかなりメンタルが脆い部分もあり、結構繊細な生き物なのです。

実際に私も、同性からの厳しい意見は素直に受け止めることができても、女性からの厳しい声に関しては、かなりショックを受けることも多々あり…(笑)。

ウソだとしても、うまいこと男性を褒めて乗せるくらいの感覚で接したほうが、その場を波風立てずにやり過ごすこともできるでしょう。

以上の女性も、「自分が楽しむためにも男性はうまく転がす」という意見をくれていますが、その1つとして、「他の男性と比較なんてとくにNG」と書いてくれていますよね。

恋愛や夫婦でもないのに、そこまで考えないといけないの?と思うかもしれませんが、逆にそこまで近い関係ではないからこそ、ウソも方便というイメージでしょう。

恋人や夫婦のように、長い期間ウソをつく必要もないわけで、セフレの場合は一時的でいいわけです。

日常を共有して、一緒に生活を送るわけではありませんし、それ故に以上の女性も、「セフレが相手なら想像よりも楽」だと書いてくれているのですよね。

それでいて、「そうやって振る舞っておけばスムーズ」だとも書いてくれていますが、これは逆に男性が単純なところをうまくついているわけです。

自分が男故に言いにくい部分もありますが、単純で繊細な部分もある男性だからこそ、小さなことでも簡単に転がしやすいとも言えます。

ぜひこの辺りの立ち振る舞いは、ぜひ参考にしてみてください!

女性のポイント2:自分の欲望をハッキリと発言

そして次に、女性へ向けたポイントしての2つ目は、「自分の欲望をハッキリと発言」したほうが良いということです。

これは、まず男性の意見を参考に見ていくと、「せっかくのセフレという関係だからこそ素直になってもらいたい」という男性側の心理もあり…

男性からすれば、恋人や夫婦であれば恥ずかしいようなことでも、セフレなのだから開放してほしいですし。

なにより、その方が円滑に、女性の気持ちに寄り添えることができるからなのです。

女性の中にも、セフレを作っても結局うまくいかないという人は多いのですが、男性は女性の感覚を中々理解できない物なのですよね。

故に、こういった部分はハッキリと口に出していくことでうまくいきやすくなりますし…

セフレを作っても満たされない女性は、この辺りを男性に丸投げしていることも多く、自分は割り切っているつもりでも、結局恋愛などと同じことを求めている傾向にあるそうです。

また、実際にセフレ作りをしている人妻女性の意見としても、これには触れてくれていて、「自分自身のためにも欲望や気持ちは口に出すべき」とのこと。

相手に知らせるということと同時に、「自分がセックスを楽しむことや気持ちよくなること」など、セフレという関係性を満喫するためにも必要なことというわけです。

先輩も書いてくれていますが、

  • どういうことをしたい
  • どこをどうされると気持ちよくなれる

など、ハッキリ吐き出せることは吐き出してしまったほうが、間違いなく自分が楽しめるはずなのですよね。

恥ずかしい気持ちもあるでしょうが、せっかくセフレという関係を楽しむ以上は、ぜひ思い切って殻を破り、自分からも口に出してみてください。

女性のポイント3:セフレならワガママに振る舞うくらいで良い

というのも、セフレは都合の良い関係という側面も大きいため、「女性は多少ワガママに振る舞うくらいで良い」わけで、それが3つ目のポイントでもあります。

それこそ、恋人や夫婦とは違い、良い意味で余計な気遣いをする必要がない関係なのですよね。

以上の男性も、セフレを求めている女性に対して、「良い女性でいることも素晴らしいけど、セフレなので自分の欲求などにワガママで良い」と書いてくれていました。

だって、セフレという関係自体、そもそも男女のワガママから成り立つ関係だと私は考えているくらいで、普段はため込んでいるような物を好き勝手に開放できる関係なのですよね。

自分が下品に思われそうでしたいことを我慢してしまう、自分の欲望を隠して発散しきれないような関係では、セフレではなく恋人を作っているときと同じなわけです。

もちろん、セックスに関する範疇の中での振る舞いということが大きく、さすがになんでもあり!というわけではありませんが…

セックスに関しては好き勝手にワガママで、自分がしたいことを思い切り全面に出しつつ、そういうすべてを開放するような立ち振る舞いも、男性からすればウェルカム!

そのほうがセックスも楽しめることは間違いありませんし、女性がそれだけさらけだしてくれれば、それだけで男性は大きな喜びを感じることができます。

男性にも好印象を与えつつ、女性自身も思い切った発散ができ、セックスに関しては自分の思うようにある程度できるのであれば、それってとても素敵なことですよね。

女性は:「セフレなんてワガママにいられなければ、作る意味なし」

以上の女性も、「セフレなんてワガママにいられなければ、作る意味はない」とまで書いてくれていますが、これはセフレ活動を謳歌している女性のお言葉。

あえてセフレを作る以上、普段は素直になれない部分もあるからこそ、セフレという非日常を追い求める関係では、普段抑えていることを出せないと意味がないとのこと。

最初のうちはさらけ出すことに勇気も必要でしょうが、参考にしていただければ、セフレという関係を楽しみ、充実させることができるはずです。

女性こそ、セフレではワガママに、思い切り開放的にさらけ出し、それに男性を付き合わせても良いのですよね。

会う日時やお金が絡む部分など、あまり振り回しすぎると良くない部分もありますが、ことセックスに関しては、思い切ってワガママに振る舞ってみてください!

それでは、男女それぞれの意見なども紹介しながら、セフレを作ることができる人の特徴、注意点やポイントなどを紹介してきましたが…

続いては、セフレと会うということをもう少し想定しつつ踏み込んで、「セフレとのアポイントとデート」についても解説していきます。

セフレとのアポイントとデート

%e7%95%b0%e6%80%a7%e3%81%a8%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%83%88

出会い系などで異性と仲良くなっても長続きしない人は実は結構多いです。

「干渉しすぎず適度な距離感を保つことが重要」な関係なのですが、コントロールが難しく悩んでしまう人が多いです

とくに複数回の関係をもつ場合は、セックス以外にも以下のような要素が入ってきます。

  • メールなどでやり取りをする
  • 外で遊ぶ
  • 食事をする

そうなると、実際どんな風にアポイントを取るのか、デートはどんな感じなのか、要領を知っておく必要があります。

これが上手くいかずに関係が長続きしないケースが多く見られます。

そこでここでも、友人の意見や私が得た経験を参考にしながら、解説を進めていきますので、ぜひお役立てください。

もっとも重要なポイント:会う約束は焦らない

まず、もっとも重要なこととしては、会う約束は焦らないということ

これはセフレになってからも、セフレになる前の段階でも、どちらの場合でも同様で、焦りは禁物です。

セフレという関係故に鬱陶しく思われますし、下心見え見えで、引かれてしまいます。

男性がヤリたいときにいつでも会える都合の良い相手ではなく、お互いがセックスに前向きな状態で、「面倒を抜きにしてセックスを一緒に楽しむ相手」なのですよね。

会いたいことは伝えつつ、相手と自分の予定が合うときに会うのが、ポイントです。

その距離感が、セフレと彼女などの違いで、お互いに都合の良い関係を築く上で大切要素と言えるでしょう。

「いつなら空いているのか」などは確認し、それ踏まえて空いていると言ってくれた日程以外は、どんなに会いたくなっても誘わないくらいのバランスは必要です。

会ってからセフレになるまでも焦らない

また、セフレにはまだなっていないケースで、たとえば最初に相手と会う場合など、そんなときでもセックスすることを焦ってはいけません。

だからといって、ズルズル行き過ぎて、時間が経ちすぎることも逆効果ですが、まずは相手との距離感を適度に近づけることに注力してください。

それこそ、サイトで出会ったセフレ前提の関係で、複数回会ってもホテルにすらいけないような場合は…

「男性であればお財布代わり」に、「女性であれば恋愛対象だと見られている可能性がある」ため、注意は必要でしょう。

適度に距離は縮めつつ、付き合ってはいないけど、それでもイチャイチャできるような距離感を目指してみてください。

後々セフレが出来るようになってきたときに、この辺りの感覚はご理解いただけるはずですから、ぜひ参考にしてみてください。

食事やデートでムリをしない

続いて、セフレとはいえ、ある程度関係を続ける場合は、意外と機会も増える食事やデートに関して。

セフレというと、どうしてもセックスをするだけでしょ?などと考えている人も多いのですが、食事や飲み、遊びに行くこともあるのですよね。

セックスをするということ以外は、異性の友人というイメージで、性格的な相性、あとは趣味などが一致していた場合などはそういった機会も増えます。

そのようなとき、とくに男性が気をつけておきたいこととしては、金銭面であまりムリをしないということ。

食事やデートで、お金を気前良く出しすぎると、以上の友人も書いてくれているように、対等なセフレというよりもお財布扱いされる危険があります。

適度に抑えつつ、相手もある程度出してくれる関係性がバランス的にベストとはいえ…

男性がすべて払う場合でも、自身の収入やお財布事情に見合わない高額出費は避けるべきです。

「けち臭くてモテないのでは?」

なんて声も聞こえてきそうですが、セフレという関係性はバランスを保てるかがとても重要なのですよね。

相手からすれば、高額でバンバン奢ってもらえれば、それが当たり前になっていきますから、負担だけが大きくなってしまうことでしょう。

身の丈にあった感覚で過ごせなければ、関係は成り立ちませんし、セフレと恋人の区別もつかなくなってしまいますよね。

奢ること自体は悪くありませんし、男性が金銭面は全面的に負担してしまうことも、問題なく、成功しやすさで言えば良い形ではあります。

とはいえ、多少のムリであればまだしも、度を超えてしまえば身を滅ぼします。

女性はセフレとの食事やデートでは「相手の好意に気をつける」

また、女性特有の注意点があり「男性から恋愛的な行為を向けられないように気をつける」ことが大切です。

というのも、男性はかなり惚れやすい人が多いですし、1度セックスをするだけでも、セフレではなく恋愛感情が芽生えてしまうような人も多くいます。

それこそ、以上の表でもわかる通り、男性はセフレとの恋愛についてありだと考えている傾向が強いわけです。

しかし、セフレという関係と恋愛を結びつけることは、本来はご法度で…

セフレを作ってみたいと考える女性、セフレ作りをしている女性のほとんどが、そこはしっかりと切り離して割り切った関係を望んでいることが多いこともわかっています。

(以上の物は女性から集めたアンケート調査結果です)

同じアンケートの結果でも、これだけ男性とは違う伸び方をしていることが、その差を物語っていますよね。

そうなると、相手の男性が本気になってしまい、求めてもいないにも関わらず、ガツガツ言い寄られてしまうという可能性もでてきます。

あまり思わせぶりな態度をとることや、ウソでも恋愛を意識させるような発言をしてしまうと、男性はあっという間に本気してしまうのですよね。

そうならないためにも、以上のようなズレを生む発言や行動は、確実に控えた方が無難でしょう。

男性という生き物は不思議なことに…

セックスをしているとき以上に、セックスに加えて、それ以外の時間を一緒に過ごすという過程の中で、そういった感情が芽生えやすいと言えます。

だからこそ、セフレと食事やデート(遊びに行く)というような機会では、相手に惚れられてしまわないよう、注意しておくことも大切なのです。

とくに、恋愛は面倒でセフレを探す人、恋人や旦那という本命はいるけどセフレを探す人などは、行為を寄せられてしつこく言い寄られることは避けたいですよね。

自分自身が安心して楽しむためにも、この辺りは一応、意識して立ち回ってみてください。

セフレ目的ならハッキリ誘うこと

続いて、これはとくに男性で、できないという人が多いことなのですが…

セフレを前提に会っている状況でも、女性をホテルに誘えないという男性はかなり多いそうで、せっかくのチャンスを逃してしまう、悲しい男性が多いとのこと。

以上の女性も、「セフレ希望ということで食事に行った」男性から、ホテルに誘ってもらえず、モジモジしているだけでそのまま帰ってしまう男性もいるそうです。

まあ、男性からすればどことなく恥ずかしい気持ちもあるのでしょうが…

前提にセックスやセフレという物がない場合でも、誘うならハッキリ堂々と誘わないと、成功できる関係も失敗へと自ら突き進むことになりますよね。

しかも、今回はセフレが前提というケースであり、それでも誘えないというのは、さすがにピュアをこじらせすぎです。

通常の出会いとは違い、会っている時点でホテルに行くことは決まっていて、お互いに合意の上ですから、モジモジせずにハッキリとホテルへ誘って良い状況ですよね。

それにも関わらず誘えないという行為は、女性に対しても失礼です。

緊張などもあるでしょうが、それは女性も同じで、なにも誘う側の男性だけが不安なのではなく、女性だって勇気を振り絞ってきている可能性だってあります。

ですから、そこは多少ムリをしてでも、スマートではなくても良いので、まずはしっかりとホテルへ一緒に行くことを目指してみてください。

男性は決断もハッキリと示していく

そして、男性は誘う態度もハッキリとさせるべきですが、そこに加えて、「男性がすることや行く場所をハッキリと示す」ことも重要

とはいえ、あくまでもセフレですが、恋愛と比較すれば、することや行く場所を示すことに対する重要性は薄いと言えます。

それでも、「恋愛やセフレに関係なく、すべて女性任せで決断力ない人は物足りない」と思われてしまうこともあり…

実を言うと私自身が、以前同じようなことを言われてしまった経験があり、そういった部分を意識して改善したことで、今のようにうまく回りだしたのですよね。

もちろん、独裁的で女性に対してすべて強制するような、自分勝手な姿勢は問題ありですし、「バランス」は重要です。

たとえば、好きな食べ物は聞いて、お店は男性が決める。

日時は相手に合わせるけど、スポットやプラン内容は男性が決めて連れていくなど。

要所はしっかりと男性が決めていくことで、「予定の相談がスムーズに進みます」し、「優柔不断な印象なども与えなくて済む」のですよね。

女性に合わせていくことも大切だと書いてきましたが、すべてを委ねるのではなく、自分の意思もある程度は示していかないと、それでは人形と変わりません。

恋愛などよりかは、そういったことを意識する重要性は薄いのですが、多少は、以上のような部分もしっかりと意識してみてくださいね!

セフレだからといってセックスだけに固執しない!

また、セックスが前提であることは間違いありませんし、基本は会ってセックスという関係性ではありますが…

セフレだって人間関係ですから、セックスだけでの継続は難しいですよね。

故に、食事や飲み、場合によっては遊びに行くなど、ある程度お互いの信頼関係を作っていくことも重要というケースもあります。

だって、セックスフレンドというくらいで、恋人ではないとしても、友達という関係ですから。

コミュニケーションという物は必要になってくるわけです。

もちろん、お互いのプライベートに干渉しすぎることもNGですし、場合によってはセックスオンリーという希望が合致することもあるため、その場合はそれで良いのですが…

とくに女性の場合は、男性以上にセックスで気持ちよくなることが難しい生き物ですから、シチュエーションやムードなどを作るために、「事前準備」のような物も必要なのですよね。

以上の女性も書いてくれているように、「安くても良いから美味しいごはんや雰囲気の良いお店」で、気分を盛り上げてからホテルへ行く。

また、「ドライブ」とありますが、夜景のキレイなスポットをドライブしてからホテルへ行くなど。

事前に女子の気持ちを高めてあげることができるようなプランがあると、精神的な高揚感から、肉体的な快感なども得てもらいやすくなり、心も体も安心して開いて貰えます。

ホテルへ行く前に緊張や不安を解す効果が大きい

加えて、いきなりホテルへと行くよりも、「その前に何かをしながら会話することで緊張が解ける」という意見もありました。

そうやって、相手の緊張や不安などを解すというようなイメージなども含めて、ぜひホテルへ行く前の時間も、有意義に利用してみてください。

セフレとのセックスという非日常に興奮はしていても、それと同時に女性は不安も大きく抱えていることもあるのですよね。

これは複数回会っている場合でも言えることで、良くないことだという認識などは継続的に抱えてしまう女性は沢山います。

だからこそ、男性はしっかりと女性のそういったマイナス要素を排除してあげて、素直に行為と向き合えるよう、興奮だけを残し高めてあげるという手順も大切なわけです。

この辺りはぜひ、恋人などではないからこそ、セフレ作りをする際には意識してあげてください。

それでは、セフレとのアポイントとデートに関しても解説できたところで、「セフレとの会話」ということも、このまま続けて解説していきます。

セフレとの会話で意識しておくこと

%e3%82%bb%e3%83%95%e3%83%ac%e3%81%a8%e4%bc%9a%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e6%99%82%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

というのも、会話というのはもっとも重要なコミュニケーションですから、セフレとの関係を上手に築いていく上で、欠かせないことですよね。

しかし、セフレという単語にとらわれてしまうからなのか、他の関係性であればできているはずでも、それができなくなってしまうという人も多くいます。

男性の場合、上の項目でも書いたような、女性の緊張を解すというようなことがしやすいことは、やはりこの会話です。

女性の場合でも、どういう相手か理解するためや、自分の意思をアピールするためには会話が重要なのですよね。

セフレという少し尖った特殊な関係だからこそ「会話」というのは重要な要素なのです。

男性はエロトークばかりしない!女性もイヤなら伝える!

そんな会話として、まず基本的なこととしては、「男性は間違ってもエロトークばかりしない」ということ。

たしかに、セフレというのはアダルトな関係ですから、一緒に行うプレイの話なども含めて、エロトークという物自体は他の関係よりもする機会は多いです。

しかし、男性はそれが全面に押し出されやすく、そればかりが会話の軸になってしまうと、品もなにもありませんよね。

以上の女性も、いくらセフレだとは言っても、あまりにもそれだけという場合は、「マジで一緒にいて飽きる」とのこと。

ようは、一緒にいても退屈、もう会わなくても良いかな?というように、大きな支障がでてしまうわけです。

とはいえ、男性というのはそういう部分で単純、それでいて女性のデリカシーを言われないと理解できない人も沢山います。

これはセフレだからということでもなくて、恋人や友人などの関係であっても、言えることなのですよね。

そういう話ばかりする男性にも問題はあるとして、「女性もイヤならハッキリと伝えるべき」とのことで、それでもダメなら他の人を探せばいいということも書いてくれました。

男性の私からすれば、正直この件に関しては、男性が9割悪いという印象を受けてしまいしますが…(笑)。

それでも、普通とは違う関係だからこそ、ハッキリと伝えたほうが自分自身も楽しめるということは言えるでしょう。

エロトークばかりだと、女性もセフレという関係に対して、どこかで萎えてしまうようなこともあるでしょうし、それではなにも発散できませんよね。

勝手に舞い上がって興奮し、エロトークばかりしてしまう単純さも男性の特徴ですが、それと同時に、単純だからこそ聞き分けは良い人も沢山います。

イヤだということを、「もっと他の話もしようよ?」などとある程度ハッキリ、それでいて多少で良いから優しく指摘してあげれば、それだけで気をつけてくれるのですよね。

もちろん、男性は自発的に注意してほしいですし、女性も意思表示をしたほうが良いということで、その辺りは双方がバランスを考えてトークしてみてください!

会話で相手の欲しいを見極める

また、こちらはとくに男性へのアドバイスなのですが、相手がなにを欲しているのか、それを見極めることは会話の中から拾ってほしいのです。

(例)

  • どんな関係の相手が「欲しい」
  • どんなセックスが「欲しい」
  • どんな感情が「欲しい」
  • どんな物が「欲しい」
  • どんなスリルが「欲しい」

など、女性によって色々な形があり、セフレを探している以上性欲を抱えている人は多いのですが、それにプラスして他にもなにかしら抱えている物なのですよね。

以上の女性で言えば、「本当はもっと入れるまでに時間をかけてほしい」と思いながらも、それを自分からは言えないことで、相手に気がついてほしいと思っているわけです。

それを会話の中で、「たまにはもっとゆっくり触りっこしよ?」などと伝えているそうですが、結局男性ばかりに奉仕させられてしまい、自分は満足できないとのこと。

また、寂しさを紛らわせるためにセフレを作っている女性の場合は、以上のように、「少しでも長く一緒にいたいアピール」をするのだとか。

(質問の例)

「今日ってこの後予定あるの?」

「何時までに帰る予定?」

一緒に過ごせる時間や、その前後を気にしてくれる女性は、以上のように寂しいという感情の解消を求めている傾向にありました。

そういった、相手からの相談や質問などが、「相手の欲しい」であることは多いため、それを見逃さずできるだけ拾ってあげることがポイントでしょう。

例えば、「挿入までに時間をかけて欲しい」という女性であれば、自分は逆にゆっくり時間をかけてセックスするタイプということを伝えて、興味を引きます。

それを実行し満足してもらえれば、お互いの欲求は満たされますし、相手の「欲しい」に応えてあげた形になるわけです。

そうすれば、セフレという関係への進展や継続なども狙いやすいため、会話が切掛けで上手に立ち回れますし、とても円滑ですよね。

こういったヒントは、会話にほとんどの場合混ざってきますから、ぜひそれを見つけられるよう、アンテナを張り巡らせておきましょう!

悩みを聞く

%e3%81%a9%e3%82%93%e3%81%aa%e9%96%a2%e4%bf%82%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%9f%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%a7%e4%bd%bf%e3%81%84%e5%88%86%e3%81%91%e3%82%8b%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

続いて、以上までの内容とも少し重なることなのですが、「悩みや愚痴を聞いてあげる」ということも、意識しておいて損はありません。

男性であれば聞く側、女性であれば話す側というイメージで、あくまでも男性が悩みや愚痴をグダグダ話すことは、避けた方が良いのですけどね。

とくに、人妻さんや忙しい社会人、ストレスや不安を抱えている就活生などは、これを意識しておくだけでもうまくいきやすい傾向にあります。

属性によって悩みなどは違うのですが、共通していることとしては…

「イヤな顔をしないで悩みや愚痴を聞いてくれる男性は、一緒にいて安心、また余裕があるという印象を受けてもらえる」

ということです。

「悩みや愚痴を聞き、相槌を打ち、共感する。」という形で、相手に理解者というアピールをします。

喜ばれもしますし、セックスする時に相手が素直になってくれるので、お互いに満足できる関係を築けるわけで、とても大きなポイントだと言えるでしょう。

では、なぜ素直になってくれるのか? ということですが…

理解者で共感してくれるという安心感を与えることで、恥ずかしいことも思い切って言えてしまいますし、もし自分が変わった性癖を持っていても、理解してくれる。

そいうイメージを持ってもらうことができるからです。

包容力という印象などもあるそうで、すべてを受け止めてくれそうという信頼につながるということを、私は以前からありがたいことにお伝えいただく機会があります。

そうなると、相手もこちらの要望に応えてもらいやすくなりますし、とても良いパートナーの形を築くことができます。

以上でも書いてくれているように、悩みや愚痴というのは女性からすれば、「なにを求めているのかもわかってもらえる会話」なわけです。

悩みや愚痴として話してくれる内容の裏を考えれば、それを見極めるためにも役立つのですよね。

この辺りはできるだけ、男性は注意して拾えるようにしていきましょう。

女性も普段言えない悩みを話せてスッキリ

加えて、以上でも書いてくれているように、女性側は積極的に悩みや不安を打ち明けることで、「スッキリできるし安心する」とのこと。

セフレであれば世間体を気にすることもなく、普段は言えないようなことでも言える相手ですから、いい形で発散することができるでしょう。

そうやって発言していくことで、心を開くことにもなりますし、親密度を上げることもできるのですよね。

そうなれば、行為にも良い影響がでてくるとこのこと。

男性はそういった悩みや愚痴など、快く聞いてくれる人も沢山いますから、この記事を読んでくれている女性も、ぜひ思い切って発言していってみてください。

男性がセフレとする会話の注意点は?

また、セフレと会話をする際の注意点ということに関しても、男女それぞれにわけて、続いて紹介していくのですが…

男性が会話をする時の注意点は、「自分だけが一方的に楽しく話すことは避ける」ということができればベストです。

相手に話しをさせつつ、相槌や共感に合わせて自分を知ってもらう、というテクニックを使ってみてください。

注意点としては、「でも」、「だって」などは極力厳禁ということ。

そういった言葉は、以上の女性も書いてくれているように、「否定されている気がしてしまう」そうで、「求めていないリアクション」なのだとか。

故に、そういったワードは避けつつ…

たとえば、猫が好きという話題で、自分は犬が好きだったとします。

その場合も、否定などはせずに。

「猫好きなんだ!猫って凄く可愛いよね!(共感と相槌)

僕は小さいころ犬を飼っていたから、犬も好きなのだけど(自分を知ってもらう)

猫の気まぐれさって、犬とは違った可愛さがあって僕も好き!(再度共感)

どういう猫が好きなの?(質問)」

というようなイメージで、

「相槌と共感~自分を知ってもらい~再度共感~質問」

という流れが、私が編み出し、実際にベッドの上でセフレに対して、どこがよかったのか聞いた際に教えてくれたポイントです。

とはいえ、すべて同じように返すわけではなく、相手が気持ちよく話している状況では、相槌と共感をしつつ余計なことは言わないことも重要。

一緒に会話を楽しむということも大切ですが、どちらかと言えば、女性が話しやすい流れを作り、あとは聞き上手に徹する。

そして質問などをされた場合は、それに応対しながら、再度相手が話しやすい流れへともっていく、というようなイメージでしょう。

もちろん、自分も本当に好きな話題、本当に共感できる話題であれば、そのまま素直に共感や相槌を打てますよね。

ただ、その場合でも、「女性の話は絶対に乗っ取らないこと」だけは、意識してくださいね。

それをしてしまうと、女性が気持ちよく会話を楽しめなくなってしまいますから、自分も全力でお喋りしたくなる気持ちはわかりますが…

くれぐれもご注意ください!

女性がセフレと会話をする場合の注意点は?

続いて、女性がセフレと会話をする場合の注意点ですが、「お酒に酔ってする発言」ということは、意識しておいた方がよさそうです。

というのも、以上で友人も書いてくれているように、女性が(まあ男性もですが)もっとも気を緩めてしまうタイミングは、お酒を飲んだときとのこと。

とくにお酒が弱く、お酒によってテンションが上がるような酔い方をする人は、その勢いでついつい、普段であれば言わないようなことを言ってしまうケースもありますよね。

ここまでにも、男性は単純だという話をしてきましたが、そのような状況で言ってしまった言葉でも、それを鵜呑みにしてしまう男性は沢山いるわけで…

「口説いているようなニュアンスの言葉や、好意を寄せているようなニュアンスの言葉は、とくに舞い上がって鵜呑みにしてしまう」

ということが言えるため、誤解を与えたくないのであれば、そういった発言には注意しておくことが重要でしょう。

自分が飲める量(酔わないギリギリの量)を把握しておき、お酒を飲む場合でも、自我を保つことができるレベルで抑えておけるようにしてください。

男性の私的に、オススメする方法としては、「私お酒飲むとすぐ気持ち悪くなるから」などと言って、飲酒に関しては断ってしまうということもありです。

気持ち悪くなる、という体調に関わるフレーズを出すことで、相手側もムリに飲まそうとしなくなります。

とはいえ、一緒にお酒くらい飲みたいという人もいるでしょう。

その場合は、上と同じようなニュアンスで、「お酒は好きだけどあまり飲みすぎると気持ち悪くなって楽しめないから」というような前置きがオススメ。

それでも飲ませようとするような男であれば、自分勝手でどうせ一緒にいても楽しめないでしょうし、セフレとはいえ切り捨ててしまっても問題ないでしょう。

ご自身の感覚をコントロールして、安心安全に楽しむためにも、以上のようなことはぜひ参考にしてみてください。

それでは、会話については以上までの内容で終わり、続いては、「セックスをするまでの流れ」についての解説です。

持ち込み方や誘い文句などセックスまでの流れは?

%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ab%e6%8c%81%e3%81%a1%e8%be%bc%e3%82%80

具体的には、男性には誘い方のポイントを誘い文句などで紹介しつつ、女性には誘い文句で注意すべき男性などを、友人の意見も参考に紹介していきます。

というのも、セフレのはじまりは、誰がなんと言おうと、セックスをするところからがセフレです。

セックスをしない状況であれば、それはただの友達でしかありませんよね。

しかし、いきなりホテルへ行くような出会いならまだしも、会うまでに時間をかける場合などはとくに、いざ仲良くなってもどうやって誘うべきか悩んでしまいます。

女性であれば待っているというスタンスでOKとしても、男性は自分から誘う必要もあるでしょうし、それだけにとても大きなポイントなのですよね。

とはいえ、正直そこまで難しいことではありませんので、ご安心ください。

会話の流れでムードを掴む

まず、流れの中で大切なこととしては、「会話の流れでムードを掴む」ということで、男性ははじめにこういった部分へアンテナを張っておきましょう。

別の項目でも軽く触れていますが、セックスには会話で持ち込むことが多いため、ホテルへ行くという流れに結びつけやすいよう、自分で導いていくことも重要です。

たとえば、定番な方法としては、アダルトな話題を振るという物。

お酒を飲んでいれば自然と流れていきやすいのですが、お酒を飲まない場合もありますよね。

どんな場合でも使える方法として、恋愛トークなどから進めていくと、アダルトなトークなどへと進めやすくなります。

とはいえ、会話の部分でも書いたためご理解いただけているとは思いますが…

  • 「エロトークだけで会話を構成していく」
  • 「エロトーク全開で押しまくる」

というような方法は、残念ながら得策ではありませんので、くれぐれもご注意ください。

過去の恋愛トーク(現在の恋愛についてでも良い)は効果的!

それではどうするのかというと、私の場合は、過去の恋愛話などから、セックスの話にもっていくことが多いです。

これを意識しておくだけでも、自然と入っていけるケースが多く、かなり役立っています。

理由としては、恋愛にセックスはつき物なので、そういった話題からだと、相手もついついセックスに対する不満などを話してくれるのですよね。

まあ、前提として、お互いにセックスをするというような雰囲気を、感じているからということもあるのでしょうけどね。

とはいえ、過去のセックスに対する不満(現在の彼氏や旦那とするセックスでも可)などを引き出し…

「その不満を解消できるとアピールしていく」ことで、セックスにつながりやすくなることは間違いありません。

また、以上のような話に加えて、どこからが浮気なのかという話題はなかなか便利です。

キスやセックスなどというワードが出てきやすく、2人きりの場合はとくにそういうアダルトな会話に持っていきやすいため、セックスをしやすい雰囲気が作りやすくなります。

相手に彼氏などがいなければ、より誘いやすくなりますしね。

相手から恋愛の悩みなどが出た場合などは、かなり大きなチャンスですし、アプリやサイトなどで会う場合、そういった愚痴を話はじめる女性はとても多いのです。

飲みにいくだけ、食事に行くだけというケースでも、そこからチャンスにつながることはありますから、そういったチャンスをしっかりと狙ってみてください。

とはいえ、以上のような流れでチャンスを見つけだしたとして…

どのような言葉で誘うべきなのか?逆にダメな物は?ということも知っておきたいところですよね。

そこで続いては、先輩後輩という関係ながらも(先輩は私のセフレ)、セフレについても相談しあうという少し特殊な関係性の女性たちから…

「誘い文句の良し悪し」について、話を聞いてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

〇文句1:「ちょっとゆっくりして行こっか♪」

まず、1つ目の良い誘い文句は、「ちょっとゆっくりして行こっか♪」などの、優しい雰囲気での誘い文句。

優しい印象と、それでいてハッキリとした意思表示ということもあって、女性からしてもわかりやすい言葉で、想像以上に刺さりやすい印象です。

女性たちも以上のように、「ゆっくりして行こうなんてホテルしかない」としながらも、「それとない感じで優しく言われるとくる(笑)」とのこと。

私もよく使う文句で、「ホテル」や「ヤル」などの、「露骨な表現を使っていない」ということが、1つポイントと言えるでしょう。

とはいえ、これだけでしっかりと相手に伝わるのか?ということですが、ほとんどの場合は、これでも十分伝わります。

というよりも、「ちょっと(ホテルで)ゆっくり(エッチ)して行こうか」というようなイメージで、ほとんど言っているような物ですから(笑)。

しかし、中にはこれだけでは伝わらないスーパーピュアな女性や、わかっていても、「どこで?(笑)」などと聞き返してくることも。

とくに男性が年下というケースでは、女性からそうやって可愛がられてしまうこともあります。

そのようなときには、「ホテルでもって考えていたのだけど、ダメかな?」というようなニュアンスで、あくまでも丁寧な対応をできるとベストです。

〇文句2:「家意外と片付いているのだけど、きてみる?」

続いて2つ目に、ご自身の家に招くことができるような人であれば、「家意外と片付いているのだけど、きてみる?」というような物もオススメ。

というのも、男性の部屋は汚いイメージを抱かれていることも多いため、「それなら行ってみようかな?と思うこともあるそう。

実際、セックスすることもわかっているし、下心は見えるけど、距離などの条件さえ合えば結構うまくいくことが多いのですよね。

女性としても、「どうせエッチしたいんだろうな」という印象は抱くそうですが、「ちょっと家見てみたいかも」などと思うそうで…

「家が見たいからきただけ」というような、自分自身に対する言い訳もしやすい状況が、より誘いに乗りやすいポイントとのことでした。

また、似たようなニュアンスで、「家で飲みなおさない?」というような言葉も、同様の理由から良い誘い文句と言えます。

とはいえ、一応意見は別れるようで、好き嫌いはハッキリしそうですよね。

それでも、定番中の定番でもありますし。

これは場所や距離などの条件さえ合えば、結構うまくいきやすい部類の印象ですから、1人暮らしの人はぜひお試しください。

〇文句3:「静かな所でもう少し一緒にいませんか?」

次に、3つ目の誘い文句としては、「静かな場所でもう少し一緒にいませんか?」という、誠実なイメージを与える物。

強引さがなく、「相手が断りやすい誘い方」で、ムリにとは言いませんよ!というニュアンスであるということが、ポイントだと言えます。

「断りやすいような誘い文句はポイントが高い」とのことで、「上からこられるとダメ」というRENAちゃんみたいなタイプからは、好まれる傾向にありそう。

対をなす物としては、「もうホテル予約してあるから行こうよ」というように、相手の逃げ道を断つような誘い方で、「こないなんて言わせない」というニュアンスが隠れた物。

こういった誘われ方が良いという人もいるのでしょうし、人によってはありなのでしょうが、男尊女卑な感覚もあり、好まないという人が多いのですよね。

それこそ、女性からすればセフレやワンナイトなどという関係は、なにをされるかわからないという部分もあるため、強引な物は断られる可能性も高いわけです。

故に、あくまでも誠実に、相手にも選択肢を残してあげるような誘い文句のほうが、安心して一緒にきてくれる可能性は高いのですよね。

以上のような誘い文句は、私も実際に多用している物ですから、ぜひ参考にしてみてください。

〇文句4:「迷惑でなければ朝まで一緒にいてほしいです」

そして、良い誘い文句としては最後の4つ目なのですが、「迷惑でなければ朝まで一緒にいてほしいです」というイメージの言葉。

これに関しては、一見すると強引な印象を受けるかもしれませんが、「迷惑でなければ」という前置きがポイントです。

迷惑なら断ってくれても良いというニュアンスでもあり、それが自分勝手さを少し消してくれています。

それでいて、自分がどうしたいのかということは、ハッキリと伝えていて、そのバランスがとても良いのですよね。

ただ、「少しあざとい(笑)」という印象もあるようで、以上の女性はこの文句で、私が口説いた女性で…

「イエスとノーの選択肢は一応ある」としながらも、「迷惑か迷惑じゃないかという選択肢」になり、迷惑とは言いにくい部分もあるため、「迷惑だと思わなければ断りにくい」そう。

故に、良い部分もありつつ、「少しだけズルい」という印象も与えてしまうため、これまでの方法と比較すれば多少使い勝手は悪い誘い文句かもしれません。

しかし、「そういうズルさはあり」という評価もしてくれていて、刺さる人には刺さる誘い文句なのでしょうね。

まあ、ギリギリのラインという印象もありますが(笑)。

とはいえ、以上のような感覚は、人によっては多少マイナスよりの印象を受ける可能性もありますから。

そういう目線もあるということは理解した上で、チャンスがあればお試しください。

それでは、以上で良い誘い文句に関しても紹介できたところで、続いては、「ダメな誘い文句」も紹介していきます。

×文句1:「セックスしよう」

%e8%aa%98%e3%81%84%e6%96%87%e5%8f%a5%e3%81%aeok%e3%83%bbng%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

ダメな誘い文句としては、まず、「セックスしよう」というような、ストレートすぎる物はNGとのこと。

さすがに、最初からそれは正直引くという意見が目立ちました。

また、フレーズは色々なパターンがあるとのことで…

以上でも書いてくれているように、「ヤロうよ」や「ホテル行くでしょ?」、「エッチしない?」なども、これに当てはまるとのことでした。

こういった誘い文句は、「品がない」という印象を与えてしまうそうで、ムードもなければ、相手を軽く見ていなければでてこない発言ですよね。

故に、「女性を下に見ている」というような感覚を与えてしまいますし、「したいのはわかるけど失礼」だと思われてしまうわけですね。

どうせセフレなのだし、というような感覚をもっている男性は、このような誘い方をすることが多く、それで問題ないと勘違いしているのですが…

実際は、決して褒められる誘い方ではありませんので、ご注意ください。

×文句2:「終電ないしホテルいかない?」

また、2つ目のダメな誘い文句としては、「終電ないしホテル行かない?」というような物なのですが…

これは、正直確信犯でしかないと思われてしまうようです。

「終電ないからって言われると絶対なし」とのことで、「散々時間を気にしている人に限ってそうやって誘ってくる」という印象なのだとか。

本来は、終電がなくなるよりも前の段階で、終電大丈夫?など…

「電車のあるうちに聞く」ことが当たり前で、そういう雰囲気ならば、帰らないで残ってくれることも多いのですよね。

そして、「終電なくなったね」などと、女性からアプローチをしてくれるすらありますし、工程が違うだけで大きな差です。

中には、終電をなくして誘えばヤレる!というような情報もありますが、それは大きな間違いで、場合によってはかなり不快な印象を与えてしまいます。

そもそも、「必死すぎて痛い」という感覚すら与えてしまうこともありますから、こういった方法は避けるようにしてくださいね。

さて、以上までの内容で、男性に向けた口説き文句などのアドバイスは、解説を終わり…

続いては、「女性に気をつけてほしい男性の誘い文句」という内容で、解説を進めていきます。

こんな誘い文句は要注意!?女性はこれに気をつけるべし!

というのも、今回のやり取りで、良い誘い文句やイヤな誘い文句などとは別に、「こんな誘い文句を言う男には気をつけたほうがいい」ということも教えてくれました。

たとえば、以上でも書いてくれているような、「なにもしないから〇〇に行こう」という文句を使う男性は、間違っても信用しいてはいけないとのこと。

「もともとエッチしても良いと思っていた」としながらも、「なにもしないっていう明らかな嘘」をつくことに問題があるとしてくれていて、人として信用できないことが理由だそう。

たしかに、こういうウソをつく人間は、全体的になにごともだらしないことが多いですし、「1度でも体を許してしまえば利用されるだけ」とのことなので、ご注意ください。

高額のお金で釣る男性にも要注意

また、「〇〇買ってあげるからさ」や「△△の高級なシャンパンがある」、「□□のホテル(高級)予約してある」などのように、「お金で釣る男性」も注意とのこと。

これは女性からすると、美味しいという印象を受ける人もいるでしょうが、「高級を押しうる男はお金ですべて自分の思い通りだと思っている」ことが多いのだとか。

そうなると、以上でも書いてくれているように、「お金を出しているという理由でイヤなことも強要」されることもあり…

「勝手にお金で釣ったくせに男しか満足しないセックスで終わり」ということも多いそうで、セフレというよりも、「専属の性奴隷みたいな扱い」を受けてしまうこともあるそう。

まあ、寛容なお金もちも沢山いるでしょうし、そこは個人差もあるのでしょうが、そういう人はひけらかさないですよね。

会ってみて、結果的にお金もちで色々としてくれるというケースは問題ないとして、最初から全力でお金を使ったアピールばかりしてくる場合は、十分にご注意ください。

以上のように、「女性をお金で買う」や「女性は物」などという感覚、「それで釣れた女性に対して金で買える女」など、行きすぎた男尊女卑的思考というイメージなのですよね。

どちらの男性もしっかりと見極めて、上手にリスク回避してください。

それでは、以上でセックスまでの流れという意味での誘い文句などについても解説は終わり…

ここからは、もう少し踏み込んで、「実際にセックスをする際のポイント」についても、紹介を進めていきます。

実際にセックスをする際のポイント

pcmax-11

まず、セフレという関係で大切なことは、しっかり自分とのセックスに満足してもらうということで、これは男女双方に言えること。

そして、自分とのセックスにハマッてもらうことも大切です。

とくに男性であれば、女性を絶頂に導く、女性に満足してもらえるようなセックスを身につけないことには、継続的なセフレを作ることはとても難しいのですよね。

逆に女性の場合は、ある程度相手次第という部分もあり、相性の良い男性と出会えるかどうかなど、正直運要素も大きく…

そういう意味では、多少男性よりかはハードルが低いと言えるでしょう。

まあ、性的な快感(とくにイクこと)や開発などという観点では、男性よりも確実に苦労する部分もあるため、双方それぞれ違った苦労はあるのですけどね。

とはいえ、ここでは一旦、まず男性に向けたポイントのアドバイスから進めていきます。

ホテルでの接し方

実際にセックスをする際のポイントとして、1つ目に言えることとしては、ホテルで接するときだけは、「恋人のようにイチャイチャとすることがポイント」ということです。

普段は一定の距離感を保ちながらも、その時だけ!(セックスの時だけ!)ということが、重要でしょう。

セックスには雰囲気が大切で、とくに女性が興奮や安心、また深く絶頂を味わってもらうためには、そういった雰囲気作りは欠かせないのですよね。

とはいえ、イチャイチャするということはあくまでも1つの例であり、そこは女性に合わせて臨機応変に。

たとえば、「ドM気質であれば多少のSっ気を意識して接する」こと。

「甘えられたがりさんにはたっぷり甘えてあげる」など、普段はフラットな接し方をしていても、「その時だけは雰囲気を切り替える」ことが大切です。

もう少し大袈裟な良い方をすれば、相手に合わせて演じ分けるようなイメージで、対応そのものを切り替えると、メリハリがでることもあります。

それを知る手段としては、会話の内容などから推測することもできますが、好みや性癖、どういうことを求めているのかなど…

「直球で聞いてしまう」、または、「そういう話題が出やすい会話をしておく」ことで、リサーチをかけておけばある程度把握できるはずです。

注意点としては、セックスに関しては、お互いの欲望を開放させあう関係がセフレですから…

そういった2人の雰囲気や、セックス中の関係性などを、他にも持ち出すようではセフレなんて成り立ちません。

ホテルで過ごすその一時だけは、普段出せない性的な欲望、とくに女性の秘めた性を解放させてあげることが大切な関係ですから、そういった意識で立ち回ってみてください!

相手の特徴を理解してプレイを選択

そして、以上のようなことはプレイにも関係してくるのですが、「相手の望むプレイに応える」ということも大切なポイントです。

具体的には、接し方という部分と似ているのですが、性格の特徴を理解してプレイを進めることで、より満足してもらえます。

(例)

  • 「甘えたがりで、ホテルでは恋人のようにイチャイチャしたい女性であれば、セックスもイチャラブな雰囲気で続ける」
  • 「逆に甘えられたがりな女性とは、ホテルに入ってからはたっぷり甘えていたのであれば、プレイもそのまま甘え気味に進めてみる」
  • 「ドM気質の女性で、ホテルに入ってからは少しSっ気を出して接していたのであれば、セックスもそのままの雰囲気で」

というようなイメージで、その人に合わせて自分の行動を多少コントロールできるようになると、男性側だってとても充実した性生活を過ごすことができます。

プレイ内容の選択方法としては、ホテルでの接し方という部分で書いた、雰囲気作りということから派生する形が、理想的でしょう。

故に、相手がどういうことを望んでいるのか、どういった好みや性癖を抱えているのかなど、事前に把握しておくことが大切です。

リサーチを事前にかけておけば、ホテルでの接し方という部分で触れた雰囲気チェンジから、それに合わせてプレイを選択しやすくなるということも言えます。

また、以上のようなことを踏まえた、全体的なイメージとしては、以下のような具合です。

第1段階 ホテル以外で関わる状況。

ある程度の距離感で、あくまでも友達というイメージの対応。

場合によっては、そこまで近い距離感ではなく、知り合いくらいの距離感でも良いという人もいます。

第2段階 ホテルについてからの状況。

距離感をグッと近づけ、相手の女性が理想としているであろう接し方で、雰囲気を変える。(※)

第3段階 プレイスタートやベットインしてからの状況。

第2段階での雰囲気チェンジに合わせて、プレイ内容を選択。

相手がM気質であれば少しS風味に責めてみる。

コスプレ願望があれば事前に購入しておき着てもらう。

甘えたい願望が強い女性とはとことんイチャラブなセックスをしてみる。

など。

第4段階 プレイ終了直後にホテルでの状況。

ここまではギリギリ、以上までの雰囲気を守りつつ、余韻を楽しむこともあります。

第5段階 プレイ終了後のシャワー後という状況。

基本的にこの辺りから、距離感を少しだけ離し、友人知人として楽しく会話するくらいの距離感がベスト。

あまりグダグダと引きずることがないよう、それでいて感情移入しすぎないように、しっかりと切り替える。

第6段階 帰宅中~それ以外の状況。

メールやLINEでエロトーク、または普通のトークをすることもありますが、あくまでもセフレということはお忘れなく。

恋人だと自分自身誤認してしまわないよう、「セフレとして次回のセックスにまつわる相談」や「セフレとして今回のセックスに対するリサーチ」などはあり。

また、「友人知人としての日常会話」などもありですが、「色恋を意識してガチな口説きメール」や「レスポンスが遅いことなどへの指摘(束縛)」などは禁物。

友達以上に踏み込んでも、恋人以下の存在という関係であること、その距離感などは、勘違いしてしまわないように注意。

(※ホテルでの接し方を参照してください)

流れを遵守すべき部分と、切り替えをしっかりと行うべき部分があり、恋人などの関係とは違い、セフレとのセックスではそういうメリハリがとても重要なのですよね。

セックスに対する知識やスキルなど、そういったことも大切ではありますが、以上のような内容はマナーにも通じることですから、セフレ初心者の人はとくに意識してみてください。

それでは、以上までの内容を踏まえて、「女性に喜んでもらえるセックスのポイントは?」ということにもついても、もう少し踏み込んで解説していきます。

女性に喜んでもらえるセックスのポイントは?

「そもそも根本的な問題として、女性に満足してもらうセックスとはどんなものなのか?」

そんな疑問を感じる人もいることでしょう。

女性に満足してもらうことを1つの目標にしたとして、その方法を理解したとしても、そもそも女性の感覚は男性に理解できる物ではありません。

故に、なんとなく理解したつもりで実践しても、それが結果としてはうまくいっていなかったという経験も、したことがあるという男性は少なくないのですよね。

たとえば、男性の場合は、セックスでのゴールは射精にあるという人が多いはずです。

そこまでの過程を楽しみつつ、最後は射精というゴールが明確にあるわけですよね。

しかし、少し複雑なのは、「男性と違い女性の場合は、セックスでのゴールが絶頂だとは限らない」ということ。

それどころか、以上の女性も書いてくれているように、「イクということに固執しているわけではない」そうで、「明確なゴールを作っていない女性もいる」わけです。

もちろん、絶頂を迎えさせてあげることができれば、それは満足につながる可能性も高いですし、そこを目指してセックスを学ぶことはとても素晴らしいことなのですが…

女性に喜んでもらうという意味では、そこだけを目指すだけでは、物足りなさが残ってしまうのですよね。

男性はゴール重視だけど女性が求めているのはプロセス

%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab%e3%81%a7%e3%81%ae%e6%8e%a5%e3%81%97%e6%96%b9

男性にとってもっとも重要なことは、ほとんどの場合が射精というゴールで、そのために色々なプロセスを積み重ねます。

逆に、女性の場合もっとも大事な要素が、ゴールではなく、男性目線で見た場合のプロセスという部分にあることが多いのですよね。

しかし、以上の女性も書いてくれているように、「イキたい!イってみたい!とか思っていても、それってセックスをする目的では極一部」なのだとか。

故に、イってもらうことだけに男性が執着して取り組んだとしても、人によってはそれ以上に、またはそれと同じくらい重要な要素を抱えている可能性も高いわけです。

たとえば、「沢山キスをしながらセックスしたい」という欲望をもつ人もいれば、「長い時間をかけてセックスしていたい人」、「刺激的なプレイを楽しみたい人」など。

それぞれが、イクということ以外にも、終わるまでのプロセス、触れ合いの部分などに重視しているなにかがあるのですよね。

心が満たされたい人、感情的な興奮を満たしたい人、そこに加えてイクなどを含めた、肉体的な欲望を満たしたい人など。

色々な形が、男性以上に色濃く表れるわけです。

中出しをしたい、何回戦もしたいというように、男性はセックスにおけるポイントが、どうしても射精することに寄ってしまいますが…

その辺りは、かなり男女で感覚差があるため、男性は女性に対してしっかりと寄り添ってあげることができるように、意識していくことが大きなポイントと言えます。

もちろん、男性でもプロセスを大切にする人や、射精や女性がイクこと意外の要素になにかを求める人もいますし、それは性的な趣味も絡んでくるでしょう。

しかし、そうではないという人、これまで自分の感覚だけを考えてプレイしていたような人など。

女性サイドの感覚を見てこなかった人たちは、ぜひ最初のうちは、以上の辺りをとくに重要視してみてくださいね。

少し焦らすくらいでちょうどいい

また、以上のような感覚に慣れることを目指しつつ、同時に意識してほしいこととしては、自分が気持ちよくなりたい欲は我慢して触れ合うということでしょう。

イメージとしては、「少し焦らすくらいでちょうどいい」というくらいの感覚で、挿入するまで、そして挿入してからも…

「1つ1つの行動や行為をじっくりと、男性が想像しているよりもスローに、時間をかけて進めていくことがポイント」

だと言えます。

たとえば、おっぱいを愛撫するときも、最初は乳房全体を優しく、そして乳首周辺を乳首に触れないように触れていくころあらスタート。

そして、いざ乳首に触れていくタイミングでも、最初から強くしないで、触れるか触れないか程度で刺激し少しずつ強くしていきます。

相手の反応を見ながら、声が変わってくる、態度やリアクションが変わってくるなどという状況を確認しながら、愛撫のペースを変えて続けていくわけです。

それこそ乳首の場合で言えば、乳首だけで絶頂に導いてあげることだってできますし…

そこから感度もアップし、今はまだイケなくても、後々イケる体になっていく、性開発などをセフレとしていく楽しみもあります。

以上のようなことは、乳首だけに限らず、キスやアソコでも同じですし。

人によっては耳や首など、一箇所一箇所丁寧にじっくり愛撫してあげましょう。

そうしているうちに、アソコも内側からしっとりしてきます。

クリをいじる、中を責めるという場合は、しっかり濡れてから、いじってあげてください。

そういった丁寧な作業をせずに、乾いた状態でプレイしても、痛みを感じることもあるので要注意です。

加えて、以上までのような愛撫にしっかりと時間をかけて、少し焦らしながら進めていったら、そこでいよいよ挿入するという状況にたどり着くのですよね。

それぞれの工程を丁寧に、たとえば乳首をサッと触れただけで、すぐにアソコを舐めて挿入!などというプレイは、男性主体のセックスをしている証拠です。

以上でも、「愛撫が雑でムリヤリ濡らしてすぐに入れてくる人は下手」だと書いてくれているように、女性はセックスを楽しめず、満足できないわけですよね。

そういった評価をされてしまうことのないように、注意して触れ合うようにしましょう!

挿入後も落ち着いてピストンはまったりと

そして、挿入してからも落ち着いて、極論射精するタイミング以外は、ピストンもガシガシと強くしなくても良いくらいです。

いきなり激しくピストンしたりはせず、入れるときもゆっくり挿入し、入れてからはあまり動かず、キスをしたり乳首などを愛撫してあげながらじっとしているのがベストでしょう。

たとえば、エロ漫画やAVなどでは、女性はピストンが激しくなることで、激しく喘いでいきますよね。

中イキやポルチオイキ、挿入で満足している姿など、激しいピストンとセットで演出されていることが多いわけです。

しかし、実際はというと、中にはそうやって興奮することで快感を得る人もいますが…

「イクことや満足感は優しいピストンでも十分」とのことで、「強く激しくされてもイケことが多い」という女性も沢山います。

「男の人が入れると気持ちよくなって動きたいのはわかる」としながらも、それで女性が一緒に気持ちよくなれるわけではなく、男性の独りよがりなのですよね。

(※女性の友人から集めた意見を参考に、質問を決定し、投票を呼び掛けています)

以上のグラフでも、「挿入で満足できる要素」というタイトルで女性から票を集めてみましたが…

「優しく奥をゆするような動き」や「入れたら少しそのまま」、「ゆっくりと動いてくれる」ということなどが、圧倒的に支持を集めていました。

そして、それらの意見に続いて、「キスしながら」や「密着できる体位での挿入」など、優しさを感じる挿入が全体的に好評なのです。

比較しやすいように、「確実にイクことができるような挿入」という非現実的な要素も、あえて含めてみましたが、こちらはそこまで票が集まっておらず。

絶頂に関しては、そういった挿入の中であるプロセスを踏んだ先に、そこで満足できてからくる物だという感覚が、女性にはあることも理由なのでしょうね。

ガシガシと自分が気持ちいい挿入をしたくなる気持ちおわかりますが…

それは男性が気持ちいいプレイであり、女性にとっては苦痛なだけかもしれません。

どうしても、興奮すると私だって、自分本位になってしまいがちですが、そこは少しでも女性にも寄り添った挿入ができるよう意識してみてくださいね!

女性がイクためには継続して同じ強さの刺激が必要

ただ、以上の意見もわかるように、プロセスがもっとも重要視されるような背景はあっても、「女性だってイキたい」という感情はあるわけです。

そのためには、ここまでに書いてきたじっくりスローに、焦らすくらいの感覚で行う愛撫やピストンも重要ですが、それに加えてもう1つポイントがあります。

それというのは、「継続してある程度同じ強さの刺激が必要」ということなのですが…

焦らすという内容の中で、少しずつ刺激を強くしていくなど、強弱が重要という話もあり、一見すると真逆をいくような内容に思えますよね。

とはいえ、以上のことはどちらも正しいということが言え、男性が女性のセフレから満足してもらうためには、そのどちらも必要なのです。

というのも、徐々に強くしていくといっても、その強さには、「ちょうどいい強さ」という物があるわけですよね。

以上でも書いてくれているように、「ジリジリ責めてくれても最終的に強すぎるとイケない」とありますが、これは男性でも感覚はわかるはずです。

たとえば、手コキをしてもらう際、強すぎると痛くなってしまい、イクどころか萎えてしまうでしょうし…

イクためには、自分に合った刺激という物が、男性にだってありますよね。

とはいえ、弱い分にはいつまでも気持ちよくなれることがあるなど、イクということ意外の気持ちよさなどが隠れていることもあります。

それは女性も同じで、「イキやすい強さ」や「気持ちのいい強さ」などがあるわけで、そこを見極めていくことが重要なのです。

そして、「イキやすい強弱よりも少し弱いくらいでしばらく触って」興奮や感度を高めてから…

「イキやすい強さでイクまで淡々と触ってほしい」とのことで、こういったプロセスが、焦らしの部分で解説したようなことから進んでいく、流れとして言えることなのですよね。

女性をイカせようとすると、男性は色々な強さで緩急をつけようとするのですが、緩急とはいっても全体的な流れをスローにするイメージで、細かく変えていくわけではありません。

「最初は少しずつ強くしていきながら女性の気持ちいい感覚を探り、それを見つけたら少し弱いくらいの刺激を与えて高まらせ、イクときは1番気持ちいい強さを淡々と続ける」

というようなイメージで、触れ合ってみてください。

気持ち良い所や好きなプレイを教えてもらう

そして、以上までのようなポイントをしっかりと実践していくためには、「相手のすでに敏感な性感帯」や「触られたい場所」、「好みのプレイ」などを把握する必要があります。

すでに敏感な性感帯であれば、触り方次第で快感を得てもらう、絶頂に到達してもらえる可能性も高いですし…

触られたいと思っている場所は興奮を高めやすく、意識を集中してもらいやすいため開発も進めやすいこと。

好みのプレイやしてみたいプレイなどは、その女性が抱える性癖や趣味などにも当てはまるため、セックスに没頭してもらいやすく、興奮もしやすくなります。

以上のような理由から、それらを把握して、セックスを進めていくことが大切というわけです。

とはいえ、ここで問題として挙がってくることは、「どうやって把握するのか?」ということでしょう。

1つは、「女性の反応などから探りを入れて、自分で見つけていく」という物で、これができれば理想です。

女性はあまり、自分の性的な欲求をさらけ出すことができないため、男性がそういった部分をバシバシ見つけだし、掴んであげることができればそれは最高でしょう。

ただ、それってむちゃくちゃハードルは高いですし、そう簡単にはできませんよね。

そこで、そういった理想とは反してしまう部分もあるのですが、「女性自身に聞いてしまう」という方法がもっともオススメなのですよね。

恋人ではなくセフレですから、そういうことも教えてもらいやすいですし、LINEのやり取りや2人で食事をする機会に。

また、とくにベッドの上や一緒にお風呂に入りながらなど、プライバシーが守られているタイミングであれば、よりチャンスは沢山あります。

あまり強引に、ムリヤリ聞こうとするのはNGですが、しつこく聞かなければ、恥ずかしがる程度済むことがほとんどです。

しっかりと、そういった部分の対話はしていき、女性にも満足してもらえるようなセックスを目指してみてください!

それでは、以上までの男性へ向けたアドバイスからは少し変わって、続いて、「女性自身がセックスを楽しむためにするべきこと」の解説もしていきます。

女性自身がセックスで楽しむためにするべきこと:「自分がしたいことを口に出す」

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%81%ab%e5%96%9c%e3%82%93%e3%81%a7%e3%82%82%e3%82%89%e3%81%88%e3%82%8b%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%ae%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88

これに関しては特別難しいこともなく、とても単純なことです。

まあ、メンタルという意味で恥ずかしい気持ちや、どこか勇気をもてない部分もあるとは思いますが…

「自分がしてほしいプレイや、したいこと、触ってほしい場所などは、ハッキリと口に出してパートナーに伝える」

ということで、せっかくセフレを作るわけですから、「変態だと思われてしまうかも」や「引かれないかな?」というような気持は、捨て去った方が女性も楽しめるのですよね。

以上の意見を見てもわかる通り、「恋人ではなくてセフレなのだから」という前提で、「自分の趣味とか性癖を隠してセックスするなら彼氏作るのと変わらない」とのこと。

また、人によっては、「普通に好きな人にはお願いできなくて悩むからセフレを選んだ」という人だっているでしょうし…

「それなのに欲を我慢していたら意味がない」というのは、たしかに、セフレという関係の確信とも言えることなのですよね。

普段は隠している感覚を開放できる関係であり、性に対して、「女性がワガママになれる関係」が、セフレですから。

してほしいことや、してみたいプレイなどは、「相手任せではなく女の子から言うべき!」というご意見は、自分にできる範囲で実践してみてほしいのですよね。

男性の場合は、極論どのような関係でも、セックスで気持ちよくなることもできますが、女性はどうしても相手の目などが気になってしまう物なのでしょう。

とはいえ、いくらそのためのセフレだと言われても、どうしても女性が、男性に対してエッチなお願いなどをするハードルは高いのですよね。

私も今まで、色々な女性とセフレという関係で仲良くしてきましたが、恥ずかしさや不安などが勝ってしまう女性も沢山いました。

まあ、そこは男性の技量といいますか、女性が言いやすい環境を整えることも、男として必要なことではありますが…

男性と女性は感覚などもまったく違うため、どうしても理解してあげきれない部分というのも、沢山ありますし、言ってくれれば本当に助かるなとあらためて痛感しました。

故に、メンタル面で難しいことだとは理解していますが、「自分の抱えている欲望を口に出して伝える」ことで、男性に理解してもらうことは女性のためでもあるわけです。

どうしても難しい場合は:「色々なアピールを頑張る」

ただ、それでも難しいという人だっているでしょうし、とくに会ったばかりの相手に対しては、そういった気持ちを開放しにくい物ですよね。

どれだけ素敵な男性であっても、簡単に心を開くことは、女性にとってとても難しいことでしょうから。

そこで、どうしても言えない場合はどうすればいいのかということも、聞いてみたところ…

以上のように、「色々なアピールを頑張ることからはじめるといいかも」という意見をいただくことができたので、それについてももう少しほり下げてみます。

具体的には、「キスをしたければ顔を近づける」や「入れてほしいときは足に足を絡めてみる」など。

「できるだけわかりやすくアピールする」ことが大切なのだとか。

これに関して、そういった行動が恥ずかしいと思う女性にわかっていただきたいことは、「男性は女性のそういった行動に対してプラスの感情しか抱かない」ということでしょう。

可愛い、興奮する、もっと気持ちよくなってほしいなどというように、基本的にマイナスの感情は抱きません。

もちろん、それはしっかりと口に出してお願いをしてくれる場合も同様で、そういったことに対しては良い感覚で受け取る物なので、そこはご安心ください。

また、「もっとそこを触ってほしいと思ったら気持ちいいと口に出す」ことや、「わざと気持ちいい場所でははっきりと喘ぐ」などとも書いてくれていますが、これも効果的。

なんども書いていますが、男性は本当に単純な生き物ですから、わかりやすいサインには興奮して、一所懸命尽くしてしまう人が多いのですよね。

まあ、わかりにくいサインだと、気がついてもらえないことも多いため、故のハッキリとしたアピールが必要なわけです。

そしてアピールへ男性が気づいてくれるようになれば、「セックスで愛される女性」にもなれるそうですし(男目線でもわかります)、なにより女性自身が気持ちよくなれるわけです。

口に出すことで興奮も高まりますし、行動することで意識を強くもつため、「イクっていう感覚も味わいやすい」という意見は、ぜひ参考にしていただきたいのですよね。

「アピールなどをしていくことで解れる気持ちもある」

また、「アピールすること」や「口に出すこと」などで、「解れる気持ちもある」ということも覚えておいてほしい内容でしょう。

たとえば、恥ずかしい理由としては、「慣れていないから」です。

そして、それは以上でも書いてくれているように、「緊張にもつながってしまい気持ちよくなることを妨げる」のだとか。

最初の内はアピールからはじめることで、「自分から心を開きやすくなる」そうで、「そこかから口に出して言えるようにもなる」とのこと。

そうやって、1つずつステップを踏んで、慣れや気持ちの開放などがしやすくなっていけば、「自然に緊張も解れるし快感も味わいやすくなる」というわけです。

それこそ、完全に男性任せのセックスということを繰り返していては、「いつまでも恥ずかしい気持ちがぬぐえない」そうで、それでは楽しむことができませんよね。

自分が気持ちよくなれるような環境を整えるだけでも、「気持ちよくなる準備ができる、絶対に良い思いができる」とのことですから。

不安もあるでしょうが、こういった部分はぜひ積極的になって、女性自身が楽しめるように意識してみてください。

また、これは少しだけ補足なのですが、「口に出して伝える場合」には、「恥ずかしいのだけど…」などと前置きをすると効果的です。

アピールをする場合も同様で、恥ずかしいという気持ちをだしてしまえば、「男はそれに対して良い印象を受ける」のですよね。

その辺りも含めて、ぜひ実践してみてください。

さて、男女それぞれがセックスをする際に、意識してほしいポイントに関しても、以上で紹介することができました。

そこで続いては、「男性がセックスにおいて注意すべきこと」に関して、このまま続けていきます。

注意しよう!間違ったセックスは男を下げる!

%e9%96%93%e9%81%95%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%af%e7%94%b7%e3%82%92%e4%b8%8b%e3%81%92%e3%82%8b

というのも、ここまでの内容でもご理解いただけている人はいるはずですが、「そもそも男性と女性でセックスに対する感覚は違う」わけです。

男性は良かれと思ってしていること、興奮に任せてしてしまっていることなどが、女性にとっては悪い印象の物で、「もうこの人とはしたくない」と思われてしまうことも…

そういった間違ったセックスで、男を下げてしまうと、いつまでたっても良い関係なんて作ることはできませんから、自発的に注意していく必要があるのですよね。

また、これから解説していく内容は、ここまでに解説してきた内容と被る部分もあります。

ただ、どうしてそれが注意点なのかという理由も交えつつ…

ここまでに協力してくれた2人とは別のセフレさんから、LINEを使ったインタビュー形式で、意見を聞いてありますので、ぜひお付き合いください。

いきなりディープキス

まず、1つ目に言えることは、「いきなりのディープキスは注意」ということ。

それでも、「キスからはじめるセックス」自体は、とてもいいことで、支持している女性も多いプレイです。

しかし、男性がしてしまいやすいこととしては、「いきなり舌をねじ込んでのディープキスをしかける」ということで、「それが男女双方エロくて興奮できる物」だと思いがち。

ただ、以上の意見でもわかるように、「キスにはリズムがある」わけで、「徐々にディープにしてほしい」という女性も沢山いるのですよね。

まあ、激しいセックスが好きで、いきなり思い切りディープキスしながら、激しく絡み合うようなセックスを好む女性もいますが…

どちらかといえば以上のように、まずは軽いキスからはじめ、徐々に深いキスを堪能し合うということを意識したほうが、「上手なキス」や「気持ちいキス」だと思われやすいのです。

女性というのは男性以上に、「興奮すること自体に多少時間がかかる」ということも書いてくれていますが、「いきなりハードにキスされても気持ちが追いつかない」のですよね。

故に、女性サイドが少しずつ気分を高めていくことができるよう、最初は優しいキスからはじめていくことで、「女性が興奮するリズムにマッチしやすい」わけです。

恋人ではありませんが、それでも女性はムードなどから徐々に気持ちを高めていくため、これを実践するだけも、結果はかなり変わります。

男性にとってはじれったい印象を受けるかもしれませんが、ぜひ意識してみてくださいね。

愛撫をすぐに終えて挿入

そして、続く2つ目の注意点は、「愛撫をすぐに終えて挿入する」という行為で、これはかなりの不人気プレイです。

ここまでにも書きましたが、女性は興奮を徐々に高めていきますし、深い絶頂を感じるためには、しっかりと肉体的な興奮や快感も準備してあげる必要があります。

故に、簡単にキスをしておっぱいもちょっとだけ触って、アソコも軽く撫でるだけ、そのままレッツすぐさま挿入!

などというセックスでは、女性は気持ちよくなってくれませんし、なによりセフレなんてつくれません。

エロ動画やエロ漫画のように、サクッと入れてサクッとイカせるなんてことは、ほぼほぼ夢物語というわけです。

というのも、以上でLINEをくれている私のセフレさんだと…

「セックスで、中(ここではGスポットのことを言っています)でイクためには、愛撫で他の部分もイっておかないとダメ」という意見もあるように…

とくに中イキなどをさせたいと思っている場合は、「挿入前にクリや乳首などでイクことが大切」という女性は、沢山いるのですよね。

奥(ポルチオ)でイク女性などはよりその色が濃く、「前技でイって子宮が下がった感覚を感じてからでないとイケない」という意見もあるわけです。

男性であれば、興奮して勃起すれば、それで射精の準備は整うわけですが…

女性の場合は、「イクことも準備の1つ」というケースもありますし、「満足感を得るためにも時間はかかる」物なのですよね。

それだけに、「愛撫はしっかりと丁寧にする」ことが大切ですし、「気持ちいい部分を責めて興奮させてあげること」も重要なわけで。

そこをすっ飛ばして、良いセックスなんてできるわけがないと言えます。

愛撫は本来サクッとする物ではなく、触れ合いながらお互いに興奮を高めて、とくに女性がきもとよくなるための準備をしてあげる物なのです。

ぜひ以上のような意識で、自分の興奮や求める快感にとらわれず、女性と一緒に楽しみながら、一緒に気持ちよくなれるセックスを目指してみてください。

ムダにピストンを激しくする

次に、3つ目として紹介する物としては、「ムダにピストンを激しくする」という物。

激しく動いて、簡単に絶頂が迎えられるのは、男性側のみだと思っておいたほうが良いレベルです。

女性からすれば、「激しくピストンされると男は気持ちいいんだろうな」とは思うそうですが、「それで自分は気持ちよくなれないし痛いだけ」とのことでした。

もっとも大きなリスクとしては、以上の友人と同じように、「痛い」という感覚を与えてしまうことでしょう。

本当なら気持ちよくなるはずだった行為で、痛いという不快感を味わうわけで、そうなったらその男性とは、何度もセックスしようなどと思いませんよね。

とくに子宮辺りに関しては、「開発が進んでいないと優しくしていても痛い場合もある」わけで、それでいてとても大切な部位ですから、恐怖を覚える女性もいるくらいなのです。

相手が恋人で、本当に好き合う人間同士であればまだしも、セフレという関係で、そのような感覚を味わえばイヤになることもとうぜんと言えます。

まあ、男性からすれば、どうしても激しくピストンしたほうが興奮もするわけで。

それでいて気持ちのいい行為ですから、したくなる気持ちもわかるのですが…

相手を思いやらないセックスでは、女性に失礼なことはもちろん、オナニーしているのと変わりませんし、完全にひとりよがりなのですよね。

それって、セックスをしている意味もなければ、「女性が自分とのセックスで気持ちよくなってくれている」という、楽しみや醍醐味まで捨てていることと同じなわけです。

そこに、「もうこの人とはしたくない」というレッテルまで、オマケとしてついてくるわけで、まさに男を下げまくる行為と言えますよね。

男性は嫌でも、射精さえできれば最低限気持ちよくなれる部分もあるわけで、最終的には気持ちよくなれる確率が女性よりも高いわけです。

そうなると、セックスをする以上は、本当なら女性に余裕をもてる部分もあるわけですし、相手にももっと目を向けてあげることができるはずなのですよね。

少しの我慢で、もう少し冷静になれれば、自分だけではなく相手も気持ちよくなれる可能性が高まるわけですから、そういった優しさはぜひもってあげてください。

すぐにフェラを要求する

そして、注意点としては最後の意見として、「すぐにフェラを要求する」ということも、ナンセンスだと言えるでしょう。

これというのは、自分はほとんど愛撫もせずに、すぐにフェラを要求し、しかも長くフェラをさせる男などはとくに絶望的。

まあ、そういったプレイが好みの女性もいますが、基本的には、あまり自分からフェラを要求することはしないほうがいいようです。

それこそ、ある程度仲が深まってからであれば、以上のコメントにもある通り、「許容範囲内」ではあるとのことですが…

それでも、「女性は愛撫を簡単に終わらされて、フェラで立たせて即挿入」というような物は、女性からすればセフレとする意味がないですよね。

セフレというのは、「対等さのある関係」ですから、一方的に女性が奉仕するような関係は、ほとんどの女性がイヤな気持ちになってしまう物なのです。

「男の人も沢山こっちに愛撫してくれれば、私だってフェラくらいお願いされてもイヤではないけど」

というコメントは、セフレという関係における真理でしょうから、そういうバランスなどに関しては、男性側ももっと意識していく必要があると言えるでしょう。

フェラという行為自体が、完全否定されているわけではありませんので、そこは勘違いしないでいただきたいのですが、順序などによってはムードもぶち壊しですよね。

女性にも楽しんでもらえなければ、セフレを作ることはできませんから、自分が充実した関係を作り上げるためにも、この辺りは存分にご注意ください!

それでは、セックスに対する注意点に関してもご理解いただけたはずですから、続いては、「長期と短期2種類あるパートナーの形」ということも解説しておきます。

セフレは大きく長期と短期で2種類パートナーの形がある

%e9%95%b7%e6%9c%9f%e9%96%93%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

セフレの関係は、状況によって続ける期間が変わってくるものです。

ここまでに解説してきたような基礎的な内容やノウハウと同じくらい、大きく長期と短期にわけた場合でのことに関しても、理解を深めておくことが大切なのですよね。

まあ、基本的には多くの男女が、「後腐れはないけど理解し合える長期のパートナー」を探すことが多く。

以上の結果からもわかる通り、長期のセフレに対する人気は中々に高いわけです。

男性であれば、その方が都合の良い部分なども多いでしょうし、女性なら相性や安心感という意味から、長期を求めている人が多い傾向にあります。

とはいえ、長期にもデメリットはありますし、短期にだってメリットはあるわけで、どちらが合っているかは人による部分も大きいのですよね。

そこでここでは、「長期と短期の特徴」や、「双方のメリットとデメリット」などを解説していきます。

ご自身に合っている関係や、今後の活動に対するモチベーションなど、色々な形でぜひお役立てください。

長期と短期の違いは?それぞれどんな人に適しているのか?

それでは、最初に解説していくこととしては、それぞれの違いや特徴について。

まず、長期的なセフレは、恋愛とセフレを割り切って考えることのできる男女には。とても適した関係ということが言えます。

ただ、惚れやすい傾向のある人は、関係性や距離感がわからなくなり破綻してしまうため、避けることが無難

しかし、「期間が長い分距離感は近くなりやすい」ことが大きな特徴で、セフレと割り切れる人であれば、その中で深い関係を築いていくことが可能です。

また、男性の場合は、純粋にセックスで、相手に喜んでもらうことが好きな人にも適しています。

理由としては、性感度は女性によってかなり違ため、開発などをじっくりとしながら、関係が進展していく中で女性の快楽を引き出しやすいからです。

女性の場合も、以上のような理由から、「イク体験をいずれしてみたい人」や「快感を求めたい人」などには、長期のセフレはとてもフィットしやすいと言えるでしょう。

短期のセフレは即効性が高く意外と自由度高め

逆に短期のセフレは、援助やワンナイトなどの単発もそうですし、短い期間で数回程度だけ約束をするような関係が当てはまります。

また、旅行先や出張先で、短期間に複数回の関係を結ぶ場合も、こちらが当てはまるでしょう。

短期でセフレと遊ぶ場合の大きな特徴としては、「即効性が高い」ということが言え、男女ともに気軽な感覚で手を出すことも多いため、「即日即会いがメイン」の関係です。

長期でのセフレと違い、じっくりと人間関係を構築していくような必要もないですし、前提は短期でも相性がよければ複数回会うこともでき、自由度は意外と高いのですよね。

「人間関係があまり長続きしない人」や、「継続的な関係が面倒だと思う人」などにも向いていますし、「行き当たりばったりで行動したい人」なども楽しみやすい関係です。

複数回会うとしても、あくまでも短期間ですから、必要以上に関係を深める必要はありませんし…

一時の感情で、情熱を燃やし合うというイメージなので、長期と比較してもかなりお手軽な関係という特徴がありますから、興味がある人はぜひお試しください。

以上のように、「長期は時間をかけて距離感が近すぎやすい」こと、「短期は即効性が高く自由度も高い」ことがそれぞれ特徴的で、ポイントと言える要素です。

自分の目的や気持ちにフィットする方を選ぶことで、充実した立ち回りをすることができるはずですから、ぜひ参考にしてみてください。

ただ、以上の情報だけは、正直判断しかねる部分もあるでしょう。

そこで、ここからはそれぞれのメリットとデメリットについても解説をしていきますので、より深く踏み込んだ判断をするための情報としてお役立てください。

長期セフレのメリット1:安定した関係性を築くことができる

長期セフレのメリットから紹介していくと、1つ目としては、「安定した関係性を築くことができる」ということが言えます。

どういうことかというと、気が合う、体の相性が合うなど、多少条件付きではありますが…

そこさえクリアしてしまえば、「長期間関係を続けるためお互いのことも理解できる」わけで、1人の人間と長く関わることで、失敗を最小限に回避できるのですよね。

たとえば、短期で頻繁に人を変えていく場合、会ってみてはじめてわかる部分も沢山あるため、どうしても当たりハズレの幅が大きくなります。

セフレということで、セックスをする以上は心身ともに相性は大切な要素でもあるのですが、そこがうまくマッチしないことも増えてしまいますよね。

しかし、長期であれば心身双方で相性の良い男女が、長期間関係を続けることができるため、以上のようなリスクを背負う必要がないわけです。

また、女性であれば以上のように、「余計な不安を感じなくていい」ということも大きく、これは安定した関係を築けるからこそだと言えますよね。

恋人ではないと言っても、決まった相手であれば、心も開きやすくなりますし、「女性にとっては不安も沢山あるセフレが安心して楽しめる」わけです。

加えて、男性に関して言えば、セフレとして安定した関係を築けることで、「とても都合が良い」という側面もあります。

だって、私も含めて男性の場合、やはりセフレを見つけるがとても大変。

それどころか、場合によってはセックスをすること自体すごく厳しいこともあるため、頻度は人それぞれだとしても…

「確実に一夜をともにできるパートナーができれば、探すという苦労から解放される」

わけで、これは間違いなくメリットでしょう。

探す際にかかる出費なども抑えて、そのセフレと過ごす部分に役立てることもできますし、安定する関係は色々な面で都合が良いということをご理解いただけるはずです。

安定することで生じるメリットは、男女ともに大きな物ですから、こういった部分に興味をもてる場合は、長期を視野に活動してみてください。

長期セフレのメリット2:セックスを突き詰めていける

続いて、2つ目のメリットは、「純粋にセックスを突き詰めていける」ということ。

男性であれば女性の、女性であれば自分自身の性感帯を開発しやすいですし、パートナーもブレないため、着実にステップアップすることができます。

また、信頼関係も深まりやすいため、思い切ったプレイ、少し特殊なプレイも楽しめる可能性が高くなり…

「セフレを作ってプレイする醍醐味を最大限味わえる」

ということも、かなり大きなメリットなのですよね。

お互いの趣味や性癖なども把握して、それに寄り添い合うだけの時間もたっぷりありますから、アダルトな関係をとことん楽しむことができるわけです。

以上のセフレさんは、私と長いこと仲良くしてくれている方なのですが、「長くセフレとしているからアブノーマルなこととかも楽しめている」と話してくれていますよね。

日常では隠している、または気がついていない性癖を見つけてハマることもできますし、彼氏や彼女とはとてもできないようなプレイでも、楽しむことができるわけです。

突き詰めていくうちに、男性ならパートナーの感度が上がっていく、女性であればパートナーのテクが上がっていくなど、変化を楽しむこともできるのですよね。

形は人それぞれでしょうが、性的な願望や欲求などを、思う存分突き詰めることができるのは、間違いなく長期セフレの大きな魅力ですから。

思い切りセックスを楽しんでみたい、思い切り開放的に気持ちよくなってみたいという男女は、ぜひ長期でのセフレを目指してみましょう!

長期セフレのメリット3:セックスのことや聞きにくいことも相談できる

そして、メリットとしては最後の3つ目ですが、「セックスのことや聞きにくいことも相談できる」ということもあります。

私の場合、どうしてセフレになってくれたのかなどといったことも、気軽に相談できるようなセフレがいることで、プレイのテクや立ち回りも含めて性活をさせることができました。

それこそ、セックスで自身がない部分なども思い切って相談でき、彼女などと違いハッキリとした意見で、一緒に試行錯誤できるパートナーも長期のセフレです。

どうしても恋人関係だと、気をつかわれてしまいますからね。

また、パートナーの女性からは、「してみたいことの相談」や「開発してみたい部位」などを相談してもらうことができ、女性がイってくれる喜びも知る機会にもなりました。

たとえば、私が以前仲良くしていたセフレさんの場合だと、

「スローセックスに興味があったけど、長期で仲良くなれたからお願いできた」

という女性もいて、このときは私自身も勉強になることが沢山あったのですよね。

女性の場合は、そういった秘めた欲求などを、「セフレでも長期間仲良くしている(仲良くする予定の)相手だからこそ言えること」というのは、少なからずある物なのでしょう。

既婚者や彼氏もちの女性でも、普段は言えないような愚痴を吐き出しやすくもなりますし、なんでも吐き出せるパートナーは、間違いなく長期のセフレが合うはずです。

男性からしても、長期だからこそ聞くことのできる話などもあるため、間違いなく自分のスキルアップにつながりますしね。

以上のようなことは、男女双方にとって間違いなく大きなメリットがありますから、ぜひ参考にしてみてください。

長期セフレのデメリット1:中には恋愛感情が芽生えてしまう人もいる

次に、メリットについての解説もできたところで、このまま1つ目のデメリットに関しても解説しておくと…

「中には恋愛感情が芽生えてしまう人もいる」ということは、セフレという関係において、残念ながらデメリットだと言えるでしょう。

というのも、男女問わず恋愛感情が芽生えてきてしまうと、セフレという関係が壊れてくるため、どうしてもうまくいかなくなることがあります。

私の場合は、彼女などに縛られたくないということも、セフレを作っている理由なのですが、相手もずっと同じ気持ちでいてくれるとは限りません。

これは逆もしかりで、それこそ男性の方が、継続的にセックスをしていくことで、本気の感情が芽生えて恋愛へと移行させようとする傾向は強いくらいです。

とはいえ、そうなるとどうしても、感情の不一致が生じてしまい、それは大きなリスクと言えますよね。

(実際に、以上のようなことを自覚した上で、惚れてしまうことを良くないと考えて、避けている人もいます)

そもそもはお互いに都合が良いから、恋愛ではないけど満たし合えるからなどの理由から、セフレという関係を選んでいるわけで、その軸がブレてしまえば関係は成り立ちません。

どちらかが本気になってしまえば、その時点で嫉妬や束縛なども芽生えてしまうため、突如窮屈な関係へと変わってしまいますから。

長期でのセフレを作ろうと考えている場合は、「どれだけ素敵な相手でもセフレだと割り切る」という意思をもって、セフレ作りを進めていくことが大切です。

それくらいの覚悟でないと、必ずどちらかが傷つく結果を迎えてしまいますから、恋愛感情に対しては、自分自身で言い聞かせながら十分にご注意くださいね。

長期セフレのデメリット2:マンネリ化する場合も

そして、2つ目のデメリットとしては、「マンネリ化する場合もある」というこが言え、これは1つの大きな課題なのですよね。

たとえば、短期でセフレを作る場合なら、基本頻繁に相手が変わるため、つねに新鮮な気持ちで楽しむことができます。

しかし、長期の場合は同じパートナーと毎回セックスをするわけで、そうなるとどうしても、どこかでマンネリを迎えやすくなるのですよね。

とくに、セックスに対する向上心が薄いセフレ同士で、グダグダ関係を続けていると、あっというまにマンネリ化してしまいます。

付き合ってもないのに、何とも言えない空気が漂う場合もあり、こうなると面倒でしかなくなってしまうのですよね。

とはいえ、長期のセフレでおきるマンネリ化への対策はあって、「プレイの幅を広げていくこと」ということで、かなり回避はしやすくなります。

女性の性感帯を少しずつ開発して増やしていく、プレイの内容を相談しながら、色々なセックスを試してみるなど。

「セックスに対して向上心をもつ」ことで、マンネリの回避はもちろん、より楽しむことだってできるのですよね。

私の経験談:「サイトや動画をチェックしてプレイを試した」

私の経験で、具体的なエピソードとしては、「一緒にアダルトサイトや動画などをチェックしながら、パートナーに響いたプレイを試してみる」ということをしてみました。

もちろん、AVなどの情報では不確かな物もあります。

あくまでもエンターテイメントなので、どうしても間違った知識ということもありますから。

故に、そこにアダルトノウハウ系サイトやノウハウ本、直接知識が深い人へのリサーチなどを合わせて一緒にチェックしていく。

そこから、LINEなどでも一緒に相談します。

そして、次に会うタイミングで実践してみるというようなイメージだったのですが、これで飽きることなく、お互いに楽しむことができているのですよね。

以上のような対策も1つ、結果的にプレイの幅を広げているわけですが、注意点としては、「マンネリ感が出てくる前に対策をスタートさせること」でしょう。

セフレという関係の特性上、1回マンネリがはじまってしまえば、そこから取り戻すことはかなり難しいのですよね。

故に、マンネリは確実にくる物だと考えて、最初の段階からそうならないために、対策しながら関係を深めていってみてください。

それでは、以上で長期セフレに関するメリットとデメリットも紹介できたところで、「短期セフレのメリットとデメリット」に関しても、このまま解説していきます。

短期セフレのメリット1:基本的に面倒を避けることができる

まず、短期セフレのメリットからなのですが、1つ目として言えることは、「基本的に面倒をさけることができる」ということでしょう。

単発の関係ならなおさらですが、短い期間のセフレは、その一時を楽しむ関係なので、面倒な感情などを避けられる確立は高いです。

長期とは違い、恋愛感情が芽生えるリスクなども低いですし、マンネリ化するようなこともありません。

また、長くいるとありがちな、ケンカなどをすることもないですし、そういう意味でもかなり気楽な関係なのですよね。

ワンナイトであれば、礼儀は必要でも人間関係という側面は薄くなりますし、単発の場合は間違いなくその辺りラフに動けます。

もちろん、礼儀は必要ですし、横柄な態度をとっていいというわけではありませんが、「極論外面で猫を被っていても問題ない」のですよね。

長期的な関係を結ぶわけでもないため、好かれるような態度を演じていたとしても、疲れることはありません。

また、女性の場合も、「可愛子ぶってチヤホヤされて気分よく仮面をつけていられる」とのことで、男女ともにそういった感覚はあるのですよね。

これというのは、長期間自分を偽ることって、かなり精神的にも疲労が蓄積される物ですよね。

しかし、短期間であれば、言い方は少し悪いのですが、自分の性格や態度などを多少偽っても疲れずに振る舞うことができるということです。

表面上は、というような印象もありますが、波風立てずに接し合うことができるため、気疲れしないということが人によってはメリットなのですよね。

私からすると、少し寂しさも感じるのですが…

とても効率的な感覚ということは間違いありませんし、共感できる人は以上のような感覚にかなりマッチするはずですから、短期でのセフレをぜひお試しください。

短期セフレのメリット2:より行動的になる人が多い

続いて、2つ目のメリットとしては、「短期でのセフレを作っている人は、より行動的になる人が多い」ということでしょう。

短い期間で、次々とセフレを探すことになるため、男女ともに、「会うということに対してかなりアクティブになる」のですよね。

「会いたいときに会える人を探して会いに行く」というイメージでも活動できるため、同じような感覚の人間同士であれば、かなりの即効性を期待できるわけです。

実際に私も、そういった探し方をサイトですることって結構あるのですが、かなりテンポも良くて、その時々の感情にフィットさせやすいと言えます。

それでいて、アクティブに相手を探して変えていくことになるため、とても新鮮さに溢れていて、これは人によってはかなりの魅力でしょう。

動けば動くほど新しい出会いがあり、成功した数に比例した人たちとセックスでき、つねに新鮮な気持ちで楽しめるわけです。

また、どうしても寂しい時や激しく欲求に駆られている時。

なんとなく暇ができてしまった時など、臨機応変さも抜群で、これは間違いなく短期に絞って、行動的な人が多い環境で活動する大きなメリットです。

もともと行動的な男女なども含めて、以上のようなポイントに興味がもてる場合は、短期でのセフレはとても楽しみやすい形ですから、ぜひ参考にしてみてください。

短期セフレのデメリット1:相手を探すことがとても大変

%e7%9f%ad%e6%9c%9f%e9%96%93%e3%81%ae%e3%82%bb%e3%83%95%e3%83%ac%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%82%8b%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%87%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%88

それでは、メリットについても紹介できたところで、このまま、「短期のセフレを作るデメリット」も解説していくのですが…

1つ目のデメリットとしては、「相手を探すことがとても大変」ということで、これは男性ほど肝に銘じておきましょう。

競争率などはもちろん、私や私の周りも含めても、「会いたいと思った時に100%相手をみつけることができるわけではない」ですからね。

いくら行動的な人が多いとは言え、うまくいかなければ、ズルズルとセックスできない日々が続くこともありますし、そういう不安定さは長期に劣る部分でしょう。

以上の先輩も、「会えない時の焦りはヤバい」と書いてくれていて、短期でのセフレを求める以上は仕方ないことでもあるのですが…

長期のように特定のパートナーがいない以上、相手をみつけることができなければ、それ以降セックスのチャンスは不透明なわけです。

失敗が続いてしまうと、メンタル的に追い込まれてしまう部分もあるため、長期以上に甘い考えは禁物。

女性であれば、まだ成功率などは高く維持できるようなのですが、男性の場合は、「基本は失敗する物」という気構えでいるくらいがベストかもしれません。

相手探しをする回数が必然的に増えるため、どうしてもどこかのタイミングで失敗が起きる可能性は高くなりますし…

「成功できればラッキー!」くらいの感覚で、自分自身の中で成功への期待値を下げておいたほうが、ダメージは最小限に抑えることができますからね。

成功して当たり前などと考えていると、その分失敗が続いた際のショックも大きくなりますから、一応以上のようなことは参考にして立ち回ってみてください。

短期セフレのデメリット2:新鮮さを取るとセックスの満足感は長期に劣る

次に、「新鮮さを取るとセックスの満足感は長期に劣る」ということで、これは短期セフレのデメリットとして、2つ目と言える内容でしょう。

というのも、うまく日々が続けば、新しいセフレと新鮮なセックスを頻繁にすることはできます。

しかし、その新鮮という部分を抜きに考えると、セフレ本来の楽しみである、「セックスを追及する関係性は築くことが難しい」わけで…

男女ともに、満足感の高いセックスをしたい場合は、短期だとどこか物足りないということも増えてしますでしょう。

とくに女性の場合は、以上の友人も書いてくれているように、「イキたいとか、気持ちのいいセックスなんかは難しいかも」とのこと。

「寂しさは紛らわせるだろうけど」としながら、「相手のことも理解して、自分のことも理解してもらわないと満たされにくいよね」とも書いてくれていて…

そこを求めるのであれば、圧倒的に長期のセフレがベストでしょう。

それこそ、男性の場合も短期という関係では、「女性に心を開いてもらうことが難しい」ため、どれだけ尽くしても場合によってはひとりよがり感がでてしまいます。

短期での相手を探している女性は、「援助交際希望者なども沢山いる」ため、プレイは単調になりやすく、そういった意味で真に楽しむことは難しい側面もあるのですよね。

とはいえ、この辺りは個人差もありますし、単発として出会った女性でも、とてつもなく乱れ合うセックスができることもあります。

ただ、長期と比較した場合に、「満たされ合うような最高のセックスができる可能性はどうしても低くなる」わけです。

新鮮さを重視して楽しみたい男女であれば、短期セフレやワンナイトなどもオススメできますが、そうでない場合は、以上までの内容を参考にご検討ください。

長期セフレと短期セフレの総合評価:「無難なのは長期セフレ」

それでは、長期セフレと短期セフレそれぞれについて、メリットとデメリットまで解説してきましたが…

総合的に見てみると、「無難なのは長期のセフレ」であり、これから本気でセフレを作り、本気でエンジョイしたい男女には長期をオススメします。

やはり、セフレという関係自体、そもそも長期が本来の形であると言える部分もあり、短期の場合はどこかセフレという色が薄くなってしまう印象なのですよね。

友達以上恋人未満で、恋人には踏み込まないという関係がセフレで、普段解放できない欲求や不満などを開放し合えることが大きな利点

しかし、短期だとどうしても、男女ともに信頼関係は築きにくいため、そういった領域にたどり着けないことが多くなってしまいますから。

もちろん、短期にも書いてきたようなメリットはありますし、私も探すことはあるのですが…

イメージとしては、以上の友人も書いてくれているように、「短期20%の長期80%(2対8の割合)で動くくらいが良い気がする」という感覚は、とてもしっくりきました。

私自身の立ち回りとしても、普段は長期のセフレを探しつつ、つねにパートナーがいる状態を幸いキープできていますが、会えない時の埋め合わせなどで短期希望者を探します。

その中で運良く長期に昇格するケースもありますし、そこは相手がどちらを望んでいるか次第の部分もあるとはいえ、基本は会っても数回程度の埋め合わせ感覚です。

まあ、相手から長期の関係を希望されれば、それは喜んで受け入れますが、ワンナイトで会おうとする女性などはその辺りドライなことも多いですからね。

ここまでの内容を読んでいただき、自分には短期が会うと思った男女であれば、短期での活動も十分に楽しめるとは思いますが…

基本は長期を軸に、補助感覚で短期の相手を探してみるというような方法が、活動しやすく誰でも楽しみやすい形ですので、ぜひ男女どちらも参考にしてみてください。

セフレの作り方まとめ・おすすめ関連記事

以上がセフレの作り方・作った後の維持管理方法です。

これをマスターすれば実際にセフレを作り、かつ長期に渡ってキープすることができます。

なお、この記事は私が学んだセフレ作りの集大成記事であり、個々のより詳しいテクニックやセフレ作り実践者への突撃インタビュー記事などは以下から辿れる別記事へのリンク先からご覧になれます。

セフレ攻略に関する記事

また、このサイトでおすすめしている各出会い系サイトを使ったセフレの作り方は以下で解説しています。

反対に、ピュア路線で出会い系サイトを使いたい!、という方には純粋な出会いを探す方法も以下で解説しています。

最近の私アキラの活動状況(2019年7月更新)

%e3%82%bb%e3%83%95%e3%83%ac%e3%81%a8%e3%81%af

ここでは私アキラのセフレ作り活動の記録を纏めています。

現在はそれほど派手に活動してはいませんが、人数の増減や新しい試みがあれば都度更新しています。

私のセフレの確保状況

PCMAX経由:1人

ハッピーメール経由:1人

現在は大分相手を絞るようにしています。ハッピーメールでは2019年5月から出会った女性との関係がうまく続いており、女性のレベルも高いので頑張って維持しようとしています。

このように、出会い系サイトを上手に活用すれば「友達100人できるかな」のようなノリで「セフレを100人作る」ことができると思います。

(私生活が崩壊するので、セフレの数はほどほどにしておく方が現実的ですが)

パパ活女子をいじる活動

最近の出会い系の傾向として、パパ活女子が異様に増えています。

PCMAXは特に増加が著しいのですが、うまく言いくるめると、パパ活目的で始めた娘をそのままゲットできてしまうことが多いです。

注意点として、最近流行のパパ活女子の半数は彼氏持ちなので、彼氏がいない女子でかつ、最初から体の関係がない場合は狙える可能性があります。最初に金銭のやり取りで大人の関係になると悲しい結末になります。

パパ募集・パパ探しをしている女性の活動理由や事情を聞いているとなかなか面白いので、最近は意図的に色々な女性に接触して話を聞いています。

風俗嬢のセフレ化検討

先に「風俗嬢と付き合うことは難しい」と書いておいてなんですが、実はやり方によっては付き合えるのではないか。という思いがわき、現在検討を続けています。

2018年11月から始めていますが、1年程度かけて検証を行う予定ですので、進展があればご報告します。

3年間続いている、とあるセフレとのお話

私の場合はセフレ関係になっても、大体半年程度と基本的に長続きしないのですが、その中でも1名だけ付かず離れずの距離を保ちながらも、かれこれ3年間関係が続いている女性がいます。

この女性は美容系の仕事をしており、現在23歳

最初は飯友として出会い、何度か出会ううちに大人の関係になりました。

出会った当時は若く経験も少なかったのでゴムありセックスでフォラも苦手なのでできない、という状態から始まりました。そして、途中でコスプレ、ハメ撮り、生ハメ外出しが可能になり、最近はフェラもできるようになり、ピルを飲みだしたこともあり中出しも解禁になりました。もちろん、彼女の人生初中出しの相手は私です。

出会う頻度は月1~隔月でしたが、年齢を重ねることで性欲も強くなったのか、最近は向こうから頻繁に会いたいと言ってくれるようになりました。

まさに理想のセフレと言える彼女ですが、連絡が途絶えたこともあり、3年間ずっと円満だったわけではありません。

そんな彼女とも思い出を不定期で書いてみたいと思います。徐々に追加する予定です。

関連記事

出会い系がエッチの相手探しやセフレ作りに合う理由とおすすめのアプリ・サイト

フォローする

『5つのセフレの作り方・探し方と関係の維持方法 セックスフレンドが欲しいなら出会い系サイト募集』へのコメント

  1. アバター 名前:神馬誠 投稿日:2018/12/06(木) 17:43:16 ID:993b566ca 返信

    68歳バツイチ一人暮らしの男性です。自分の経験と比較して興味深く拝見し参考になることが大でした。やはり、実践して失敗、反省工夫に挫折しない事です。恋愛、セツクスが人生の全てでありません。遊び心もって女の人に近ずく。大事と思う。

    • アキラ 名前:アキラ 投稿日:2018/12/09(日) 10:18:02 ID:e8e93c9f8 返信

      >神馬誠様
      はじめまして、コメント頂きありがとうございます。
      若輩の経験に過ぎず恐縮ですが、ご評価頂きありがとうございます。
      私もまだまだ試行錯誤していまして、とにかく日々考えて工夫をするようにしています。
      このブログでは恋愛や男女の交わりが関係が主になっていますが、他にも自身の仕事や学習に関しても取り組んでいます。
      引き続き、遊び心を持ちつつ女性との関係を追及していこうと思いますので、今後ともごらんいただけますと嬉しく思います。
      よろしくお願いします。

  2. アバター 名前:池袋アニバーサリー 投稿日:2018/12/09(日) 06:09:17 ID:b08f55ecd 返信

    25〜35位の頃、風俗嬢をセフレにすることを生きがい(笑)に風俗通いをしていたアラフィフ男子です。結果ピンサロ嬢1人、ヘルス嬢2人とそれぞれ数年間の関係を持つに至りました。
    おそらくアキラさんと比べて見た目は(当時の若さも含め)少し自分の方が良く、女子への気遣いはかなり劣る感じだと思います。
    そんな自分でも結果を残せたので、目的意識も戦略も実行力も段違いに優れているアキラさんならきっと大成功されるハズです。続報楽しみにしています!

    • アキラ 名前:アキラ 投稿日:2018/12/09(日) 20:19:22 ID:e8e93c9f8 返信

      >池袋アニバーサリーさん
      コメント頂きありがとうございます。
      「風俗嬢をセフレにすることを生きがい」粋なライフスタイルに感激しました(笑)
      3名の方と数年の関係を持たれるくらいになられたのは凄いです。気遣いは劣ると書かれていますが、謙遜されているだけで素晴らしかったのでは、と思いました。
      本文と逆行しますが、実は私も現在、風俗関係の方とお付き合いできるか?、ということを改めて試してみています。
      池袋アニバーサリーさんのように上手く行くかは分かりませんが、戦略的に動き決して諦めない思いで挑戦したいと思います。
      引き続き、よろしくお願いします。

  3. アバター 名前:けんちゃん 投稿日:2019/01/16(水) 17:21:21 ID:de92475ad 返信

    はじめまして!40代後半のセフレほしい男子です。アキラさんのブログ、大変興味深く何度も読んでいます。自分もデリヘルで知り合ったセフレがいて、もうかれこれ10年近くのお付き合いですが、金銭関係が絶てません。
    このたび大阪暮らしから東京に単身赴任することになり、ぜひともアキラさんのような素敵な大人の出会いを実現させたいと意気込んでおります!
    一つ、質問があるのですが。。最近、PCMAXに登録したのですが、アキラさんは裏プロフとか書かれてますか?アキラさんのブログでは、真面目な掲示板からのセフレ作りも成功率が高いとありますが、裏プロフをびっちり書いているとお相手さんに下心が丸見えになるのはいかがなものかと心配になります。ある程度下心を見せておいたほうが後々良いのかもしれませんが。
    出会い系新人にアドバイスをいただければ幸いです!

  4. アバター 名前:ムラムラポイント 投稿日:2019/03/12(火) 17:03:28 ID:6318fbda6 返信

    あなたのようなセフレ男子がほしいと思ったアラフィフ既婚者女子です。
    たまにムラムラして消化できずにいます。そんな相手が欲しいと思いました。