【LINE談義】失敗談から学ぶセフレ遊びを謳歌する男女3人が語る成功のコツ

Pocket

このサイトで日頃からセフレ談義を話している管理人のアキラ

「セフレは簡単に作っているのでしょ?」

ワンナイトなんて余裕だろう」

など、まるで失敗などしないかのように思われることもあります。

実際は「私もかなりたくさんの失敗をしてきた/している」わけで、失敗から成功へとつなげる努力や工夫を日々行っています。

私を含めてセフレ作りに成功している男女は、失敗をして諦めるのではなく、失敗を活かして成功も増やしていった末に成功している人がほとんどです。

そこで今回は、出会い系サイト・アプリでのセフレ探しにおいて、「失敗→成功」へとつなげていく方法やイメージを、「成功経験者の男女で談義」してみました。

この記事でわかること

  • そもそも失敗を減らしたいなら出会い系サイト・アプリが使うべき方法
  • 男性がセフレ探し/作りで失敗しやすい要素とその改善2選
  • 女性がセフレ探し/作りで失敗しやすい要素とその改善2選

具体的には以上のような内容で、実際に経験した失敗を基準に、その上で「成功経験」したからこそわかるポイントを、男女2つずつ紹介していきます。

実際に活動していくとぶつかりやすい壁でもあるため、ぜひセフレ作りに成功するための参考としてお役立てください。

セフレ作りは男女ともに失敗する物?「失敗はするけどそこから学ぶ人が勝つ」

それではさっそく、LINEで行った談義の紹介をはじめていくのですが、私が最初にした質問は、「セフレ作りに失敗した経験はある?」という物

あらためてではありますが、私が冒頭で触れた内容をより理解してもらうためにも、男女双方に聞いてみた形です。

(以下、男性が仁志さん、女性が彩香さんで、画像は適当に差し替えてもらっています)

結果はご覧の通り、双方「ある」ことをハッキリ回答してくれていて、どちらも百戦錬磨のセフレ成功者ですが、それでも「失敗はあって当たり前」だと言い切るほどなのですよね、

私も含めてですが、セフレ作りって不思議な物で、「たくさん成功している人ほど失敗もたくさんしている」傾向があり…

失敗の形自体は色々人によっても違うでしょうが、この辺りは男女共通で、多くのセフレ作り成功者が共感してくれるはずです。

失敗を減らすコツは?「失敗0はムリでも出会い系サイト・アプリが成功率高い」

加えて、もう1つセフレ作り成功者の男女に共通している要素があって、その多くが「出会い系サイト・アプリを利用」しています。

なぜなら、仁志さんも触れてくれたように、「失敗0はムリでも成功率が高い方法」だからです。

ナンパや合コンなど、セフレ作りに使われる他の方法と比較しても、間違いなく出会い系サイト・アプリが優秀ですし、「失敗を減らして成功が増やせる」のですよね。

これというのは、「セフレ作りで失敗を減らすコツ」でもあり、そもそも失敗が付き物のセフレ作りだからこそ、「より成功できる環境」を選ぶことは大切です。

セフレ作り成功者がオススメする出会い系サイト・アプリの一覧
私のオススメ仁志さんのオススメ彩香さんのオススメ
  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール
  • TINDER

そんな成功できる環境の出会い系サイト・アプリでも、以上で紹介している5つはオススメ度が高く、セフレ作りに成功したいなら、確実に登録しておくべき存在。

とくに男性の場合は、「複数利用」することで成功率も跳ね上がりますし、失敗を減らすという観点からも、最低3つは併用していくと効果的でしょう。

5つすべて登録自体は男女双方無料で行えますし、男性も無料ポイントが配布されお試し利用もできるため、セフレ作り方成功を目指すなら、この機会にぜひ登録してみてください。

さて、以上でセフレ作りの基本についてもザッと紹介したところで、ここからは具体的な失敗談やその改善策に対して、3人で談義した様子を掘り下げていきます。

男性の失敗談1「会う前に連絡が取れなくなる」

まず、私と仁志さんが過去に経験した、男性が遭遇しやすい1つ目の失敗は、「会う前に連絡が取れなくなる」という物

たとえば、セフレ前提でメッセージ交換やLINE交換などをしていても、いざ会う日が近づくと急に連絡が取れなくなり、そのまま結局出会えないようなケースです。

これが出会い系サイト・アプリ内のメッセージであれば、「メッセージ交換することでポイント稼ぎするキャッシュバッカー」を疑うのですが…

LINEでやり取りしている場合などは、その可能性もありませんから、「単純に対応などで問題があった」と考えられますよね。

この理由については、女性視点で彩香さんもコメントしてくれたように、「会うまでに時間をかけすぎ」なことで、「冷めてしまう」ことが主な原因と言えそう。

セフレやワンナイトなど、大人(アダルト)目的の場合、男女双方勢いなど一瞬の感情で募集することもあり、連絡開始直後は盛り上がっても徐々に気持ちが冷めていきます。

そうすると、あくまでも遊びの関係ゆえ、「連絡が面倒に思えてしまう」こともあり、そのままフェードアウトしてしまうわけです。

これは男性側も、「少しずつ連絡が雑になっていく」ため、女性も冷めはじめている状態で男性側からの連絡が退屈になっていき、結果自然消滅しやすいのですよね。

直接対面したことがない状態は、お互いのことを知らない状態でもありますから、「会えば仲良くなれる相手」でも、メッセージやLINEだけで印象が決まってしまいます。

私もセフレ作りをはじめた当初、以上のようなことに気がつかずかなり苦戦しましたし、これは仁志さんも同様だそうで、とくに初心者は失敗しやすい要素です。

連絡が取れなくなることへの対策「極力会うまでの期間は短くする」

そんな「会う前に連絡が取れなくなる」という失敗ですが、対策は比較的簡単で、「極力会うまでの時間は短くする」ことが効果的でしょう。

理由はシンプルに、「会うことができれば一先ずは成功」だからで、そもそも時間をかけるから出会えないのであれば、「即会いを目指して成功率を上げればいいから」です。

これは私と仁志さんも、失敗から学び行った対策だったのですが、お互いに以上の対策をしながら活動した結果、「成功の安定感は確実に高くなった」のですよね。

名前
彩香さん

女性からしても、やり取りをダラダラ続けられるのってイヤがる人も結構いるし、それで攻略できると思う!

最近慎重すぎる男性多いけど、強引すぎなければ、積極的だとこっちも積極的になれる。

攻略としても間違ってはいないようで、「積極的なアプローチ」として好印象を抱いてくれるケースもあり、女性側の気持ちを見ても、対策として機能することがわかります。

会う前に連絡が取れなくなり失敗する男性は多いですし、過去に出会い系サイト・アプリを使って諦めた理由とする男性もたくさんいますが…

「即会いを求めて掲示板に投稿していく」ことなどで、会うまでの期間を短くしていけば、それだけでも対策することはできますから、ぜひ参考に立ち回ってみてください!

そして、以上のような会う前にする失敗だけではなく、「会ってからの失敗」という物もあり、それが男性の失敗として2つ目に紹介する物です。

男性の失敗談2「興奮が勝った結果自分だけ楽しんで終わる」

中でも、出会えた喜びや女性とセックスできる状況などから、「興奮が勝る」ことは仕方ないとしても、その結果「自分だけが楽しんで終わる」という失敗は注意が必要。

セフレ作り初心者の男性にはかなり多い失敗ですし、「気がつかない内に…」なんてこともよくあるため、「会えるけどセフレが作れない」男性は、当てはまる可能性も高いでしょう。

とくに、「セックスが自分主体になっている男性」はより注意してほしいのですよね。

なぜなら、プレイ前までは強く意識していても、「いざセックスがはじまると自分をコントロールできなくなる」こともあるからで、私自身思い当たる記憶がいくつもありました。

彩香さんからも、「風俗行けば良いのに」など寂しい言葉もありましたが、女性からも不評なことは明らかで、これでは失敗につながることも必然です。

また会いたいとは思ってもらえなくなるでしょうし、「セフレを作る」ことが目的なら、セックスで相手満足してもらうことは大切ゆえ、「自分だけ」ではダメなのですよね。

セフレを探している女性は、「セックスを通じてなにか満たそうとしている」わけですし、男性1人楽しむような人では、「女性からしてセフレにするメリット」がないですから。

自分だけ楽しむセックスへの対策「1つずつの行為で時間を計りながらプレイ」

では、どうやって対策していくのか?というと、セックスの経験が少ない男性ならとくに、「1つずつの行為で時間を計りながらプレイ」すると良いでしょう。

仁志さんのように、「とことん精神を鍛える!」なんてガチムチな根性論も、可能なら1つ対策とは言えるのですが、それだけだと「結局自分をコントロールできない」人がほとんど。

それなら、ある程度時間を事前に決めておき、1つずつの行為をじっくりプレイできるよう、自分の中で流れを作っておく方が確実なのですよね。

他の記事で紹介している体験談をご確認ただけるとわかりますが、私の場合「ある程度プレイした時間を把握」していて、それは以上の対策を行っている名残でもあります。

もちろん、相手の反応や要望に合わせて、臨機応変に時間は前後させていきますし、「時間を決めたからといって厳守する必要はない」でしょう。

たとえば、「他も触ってほしい」などと言われれば、少し予定より早くても次の工程に移って良いでしょうし、「気に入ってくれている」ならもっと長く刺激した方が良いですよね。

行為の内容と手順(上から下に進む)時間
キス15分を基準に前後
胸と乳首への愛撫30分~1時間を基準に前後
キス5分~10分基準に前後
アソコへの愛撫30分~1時間を基準に前後
挿入30分~で相手に合わせて時間を調整

具体的な時間配分をザっとイメージするなら以上の通りで、全体的にある程度時間をかける想定ですが、これくらいを意識した方が、「興奮に流されている感」は抑えられます。

というのも、時間を計るべき1番大きな理由が、「1つずつの工程を丁寧にプレイする」ことにあり、それを明確に実行するための手段なのですよね。

実際に私の対策を聞いた彩香さんも、「どんどん前のめりになってテンポが上がる」ことや、「1つずつのプレイが短いことで不満を抱く」と指摘した上で…

時間を計ることが効果的であり、「良い対策」だと評価してくれたわけで、攻略に役立つこともご理解いただけるはずです。

以上のような形でプレイしていくと、少なくとも「男性本位な印象」は与えにくくなりますし、「女性に満足してもらえる確率も上がる」ため、ぜひ実践してみてください。

それでは、男性に向けた失敗と対策についての解説は以上で終了し、続いては反対に「女性の失敗談と対策」も、男性同様2つ解説を進めていきます。

女性の失敗談1「してほしいことやどうされたいかなど消極的になってしまう」

1つ目の失敗としては、「してほしいこと」や「どうされたいのか」など、自分の中では明確にビジョンがあっても、それを伝えられず「消極的になってしまう」という物。

性的な願望などに対しては、女性の場合「恥ずかしさ」や「相手からの目線」が気になってしまうことも多いようで、中々自分からは積極的になれないとのこと。

男性からすると勿体なく思えますし、むしろ伝えてほしいことなのですが、女性からすればそう簡単な話でもないわけですよね。

名前
彩香さん

絶対に伝えた方が自分のためだけど、それがわかっていても女性は言えない物。

でも、それで結果満足できなくて後悔することって昔は多かったし、損をしていたなと思う。

それこそ、結果として「後悔する」こともあるわけで、せっかくセフレを探してまで満たしたい気持ちがあっても、それを発散しきれないこともあるのだとか。

彩香さん自身も、セフレ経験が浅かった当時は「散々悩んだ失敗」とも語ってくれていたほどで、わかっていても抜け出せずモヤモヤした経験もあったと話してくれました。

消極的な場合の対策「会う前に伝える」

それでも、今は対策できたからこそセフレという関係も楽しんでいるわけで、どうやって対策したのか?というと、「会う前に伝える」ことで悩みから抜け出したそう。

名前
彩香さん

結局なにが問題って、会ってから自分がしてほしいこと、後はどうされたいのかを伝えようとするから、恥ずかしい気持ちなんかも出てくる。

そんな感じで、相手が目の前にいるから言えなくなる人って多いはずで、それなら会う前にすべて伝えておけば、会ってからは最小限のアピールで済む!

この辺りは、会ってから、また男性と対面してから伝えようとするからこそ、「消極的になってしまい言えなくなる」ことが問題なわけです。

そうなると、「面と向かってでなければ言える」という女性なら、会う前に伝えてしまえば良いという判断は、対策としてもかなり意味のある方法ですよね。

たとえば、「出会い系サイト・アプリ内のメッセージ」で、また「LINEや電話番号を交換して」などの方法で、会う前に自分の要望を伝えてしまうと良いそう。

出会い系サイト・アプリで出会う場合、会う前にメッセージ交換している段階では、「まったく知らない同士」ですから、そういう意味でも恥ずかしさなどは薄いとのことでした。

これは男性視点でも、たとえ会う前だとしても「要望を伝えてくれる」ことは助かりますし、嬉しい物で、それに対して悪く言うような男性も少ないはずです。

女性がセフレという関係思い切り、安心して楽しむためにも、以上のような対策は必ず役立ってくれますから、ぜひ活動の参考にしてみてください!

女性の失敗談2「ソフトならと会ってみたらハードなアブノーマル思考の男性だった」

続いて、2つ目の失敗についてですが、これも過去に色々な女性から愚痴を聞いたことがある物で、「アブノーマル系のプレイ」が絡んだ内容です。

とくに、「ソフトなアブノーマル」を想定していた中、「実際は相手がハードな思考だった」というケースは、彩香さんに限らず多くの女性が経験していることなのだとか。

これというのは、ソフト前提で相手が募集していたわけではなく、「勝手にソフトだと女性側が判断してしまう」ことも多いそうで、「確認不足」が原因なこともあるそう。

最初に「アブノーマルってどんなことをするの?」など、プレイの内容などを聞いておけば、会う前に回避できるとしても、「どうせソフトなアブノーマル」と決めつけるのは危険です。

そこではハッキリと明言せずに、会ってからだまし討ちのような形でプレイを持ち掛けてくるケースもあるため、そこが判断の難しいところでもあります。

ゆえに、彩香さんも書いてくれているように、「イヤなことはハッキリ伝える」ことも大切ですし、そうやって自分を守ることは重要な対策の1つと言えるでしょう。

アブノーマル系への対策「仲良くなれたセフレとだけプレイする」

しかし、「イヤだと伝えて逆ギレされたら…」など、恐怖を味わうのでは?という不安を抱く人もいますよね。

そういった不安を抱えていると、対面している状態だとハッキリ拒否できず、イヤでも流されてプレイしてしまう女性は多いそうで、彩香さんもその1人だったそう。

そういったことも踏まえて、彩香さんが行っている対策は、アブノーマル系の少し変わったプレイをする場合は、「仲良くなれたセフレとだけプレイするよう意識」しているとのこと。

はじめて出会った男性といきなりプレイするのは、恐怖もあるはず。

それなら「自分が信頼や安心を抱ける相手とのみプレイ」すれば、怖い思いをするリスクは最小限に抑えられるイメージなのだとか。

普通のプレイと比較しても、アブノーマルというプレイ自体が少しハードな物ですから、より安全に楽しむという意味でも、「相手をしっかりと選ぶ」ことは重要な対策でしょう。

それこそ、信頼できる相手以外には、「一切アブノーマルなプレイは許さない」くらいの感覚でも問題ないでしょうし、それくらい割り切った方が安心して楽しめるはずです。

アブノーマルなプレイが趣味の女性には、これといって問題ないことかもしれませんが…

「少し試してみたい」など軽い感覚で興味がある場合は、ぜひ以上のような対策を参考に、ご自身が安心して活動できるような立ち回りを、意識してみてください!

最後に

それでは、以上で一通り、「失敗談と改善策」について、男女3人で行った談義も解説は終了です。

どれも出会い系サイト・アプリを使ったことがある男女、またセフレを探した経験のある男女なら、1度は経験したことのある人もいることでしょう。

なぜなら、私に対して「こういった失敗をしました」や「こんな失敗をしてツライ」など、相談が届くことの多い内容でもあったからです。

とはいえ、今回ご理解いただけたはずですが、「たとえ失敗しても乗り越えられる物ばかり」で、最初にも書いた通り「失敗から成功につなげる」ことが大切なのですよね。

今回参加してくれた2人も、そして私自身もそうですが、失敗をしてもそこを乗り越えてきたからこそ、成功という良い経験もたくさんしてきました。

これから出会い系サイト・アプリを使う、セフレ探しをはじめていく人たちも、「失敗は通る道」でしょうし、私たちだって今後も失敗はしていくはずです。

しかし、その上でどれだけ「失敗と向き合い成功につなげるのか?」が大切で、諦めずに工夫や努力をしていくことで、「セフレ作りを思い切り楽しめる」と言えます。

1度でも失敗すると、それだけでかなりメンタルはやられますし、「もういいや」なんて思う気持ちはわかりますが、ぜひそこを乗り越えて一緒に成功を掴んでいきましょう!

諦めたらそこで試合は終了ですよ!

補足:今回紹介した物以外にもセフレ作り初心者が注意すべき失敗とその対策

加えて、メインの解説は以上で終了なのですが、最後に補足しておきたいことがあり…

今回紹介した物だけではなく、とくに「セフレ作り初心者が注意すべき失敗とその対策」は他にもあるため、簡単に紹介しておきます。

【男性がセフレ作りで遭遇しやすい失敗と対策】
男性がセフレ作りで遭遇しやすい失敗対策
緊張で勃起せず空気が悪くなる・勃起せず空気が悪くなると、当たり前ですがセフレとして関係を続けてもらうことは難しいため、風俗や出会い系サイト・アプリで失敗しても良いからとにかく場数を踏む。

・自信がつけば極度の緊張はしにくくなるため、なによりもまず行動!

混乱からプレイの手順がわからなくなる・セックス自体に慣れていないため、どうしていいかわからなくなることもあるので、それを想定して会う直前まで、プレイ手順や内容をスマホのメモ機能に書きながら復習する。

・会うことが決まったらAVではなく、ハウツー本的な物やサイトを確認するようにし、視野や知識を広げておき、本番で落ち着けるよう準備しておく。

欲求に負けて業者とセックスし後悔・お金が絡む関係には一切関与しない。

・業者とセックスするくらいなら、本番なしでもピンサロやデリヘルの方が圧倒的に満足できるため、うまく行かないとき業者ではなく風俗で満たすようにする。

まず、男性の失敗と対策は以上の通りで、どれも私が過去に経験し、乗り越えてきた物です。

私からすれば、正直1回以上のような失敗は経験してしまった方が、気がつけることもありますし、失敗が悪いとも思いません。

とはいえ、理想を言えば失敗でイヤな気持ちを経験しないまま楽しめた方が良いでしょうから、私がこれまでに実践してきた対策も解説しておきました。

【女性がセフレ作りで遭遇しやすい失敗と対策】
女性がセフレ作りで遭遇しやすい失敗対策
興奮に流され中出しさせる・普段なら絶対にさせない女性でも、興奮状態だと拒否できず、興奮と雰囲気に流されて中出しを許してしまうこともあるため、「安全日」or「ピルの服用」をした上でゴム着用がベスト。
楽しくなって家や地元をバラす・会話が盛り上がっても、信用できる相手以外には、プライベートな情報は渡さない。

・こちらが情報を与える場合は、相手の情報も獲得しておく。

・ストーカー被害に発展する可能性もあるため、電車で待ち合わせなどをする場合なら、「相手が電車に乗るまで見届けてから帰宅」するくらいでも良い。

次に、女性の失敗と対策は彩香さんから選んでいただいた、以上の2つ。

どちらも人生を左右しかねい物ですから、最大限注意しながら、ご自身のためにも、しっかり対策していくことをオススメします。

また、こういった失敗の怖いところは、男女双方「直面するまで軽く考えてしまう」ことにあり、はじめて失敗する時はほとんどの男女が無警戒なことなのですよね。

男性の失敗については、「経験しても良い」と私が言えてしまうレベルですし、失敗してと後悔だけで済むのですが…

女性の方はそうもいかず、さすがに問題も大きいですし、後悔以外にも危険やリスクを背負いますから、「経験してから後悔」では遅いです。

ゆえに、とくに女性は、「経験することがないように対策」していただき、より安心安全に活動していってください!