【アキラについて】遅咲きの世界ナイトライフ探検家

Pocket
LINEで送る

自己紹介:アキラについて

アキラ 遅咲きの世界ナイトライフ探検家

大阪市内在住のアラフォーサラリーマン

国内外のナイトライフを9年探求中の独身会社員。国内外の成人向け店舗の調査、マッチングアプリなどを用いた異性間交流を日々行い、お店の体験レポートや初中級心者に役立つモテるためのテクニックをブログで公開しています。

コミュ障で女性が苦手だしたが、30代から一念発起し色々な大人の世界に飛び込みました。成人向け店舗やアプリでの異性とのコミュニケーション磨きを開始。

男性がモテるための手段として、筋トレ・サプリメント・メンズコスメ・語学・飛行機修行など幅広い事柄に挑戦し、様々な経験を重ねながら続け「モテる中年」「デキるビジネスマン」を目指している。

「陰キャ・アラフォー」いうビハインドを負いつつも「モテない男性が遅咲きでも人生を華やかにできるか」模索しノウハウを共有しています。

お陰様でブログのアクセスは250万PV/月を超えました(時期によって変動しますが)。

活動の一環としてツイッターでも経過を実況し、男磨きの「今」をタイムリーにお伝えしています。

アキラのツイッターアカウント

大手メディア様、風俗店様とも連携し積極的に寄稿させて頂いております。

※風俗店様は匿名での依頼が多い為、記載しておりません。

アキラの経歴とポリシー

大阪の某大学の工学科卒業。電気系で回路設計やプログラミングの学習が中心でしたが、科学や遺伝子学にも興味があり、イギリスの進化生物学者・動物行動学者の「リチャード・ドーキンス」の考え方や著書に卒倒する。

偶然、同氏について取り扱ったサイトの運営が終わり、ドメインが放流されていたので取得してこのサイトを運営しています。

「変なジャンルで使うな」と怒られそうですが、人間の欲望遺伝子が織りなす社会の行く末を論じていくにはある意味、同氏の名前を掲げるのは適切だと思ってます。

長きに渡って女性に縁がない人生を送っていましたが、ある出来事がきっかけで女性へのアプローチを始めました。

最初は失敗続きしたが、ある人の言葉で人生が変わりました。

その後はうって変わって行動的になり、日常に潜む様々な欲望を赤裸々に明かしていく日記を日々綴っています。

下品なことばかりやっていますが、根は至って真面目であがり症です。酒は健康上の理由で基本的に飲みません。タバコは吸ったことがないです。

私達の世の中には知る人ぞ知る世界がたくさんある。

とりわけ、男女の肉欲の世界はとても複雑で深く、そして神秘に満ちています。

私アキラはこの闇に隠れた世界を少しでも見てみたい、味わってみたい。と思い、時には身の危険を冒しながら突き進んでいます。

2代目リチャード・ドーキンスを目指して今日も私は走り続けています。

活動内容

ライフワークが如く出会い系・風俗・旅・筋トレを続けています。

出会い系は毎日ログインしながら時間をかけて攻略。風俗は仕事の節目の息抜き感覚で通っています。最近は女性との会話の方がむしろ楽しみとなってきています。

旅は仕事とのセットが多いですが、国内外の色々な場所を訪れています。勿論、ローカル風俗なども知見を広げるために楽しんでいます。

筋トレは加齢による身体の衰え防止の意図で始めましたが、意外にもハマってしまい週2回はジムに通っています。

免責事項

運営者 アキラ(一応本名です。苗字は内緒)
免責事項 当サイトは、サイト運営者「アキラ」の実体験に基づく情報を掲載しております。掲載している内容は私個人の体験、考えに基づいており、情報及びこの情報を用いて行う利用者の判断について、正確性、完全性、有益性、特定目的への適合性、その他一切について責任を負うものではありません。

この記事の情報を用いて行う行動に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

また、当サイトでは主に出会いに関するアフィリエイトプログラムにより商品を紹介致しております。アフィリエイトプログラムとは、商品及びサービスの提供元と業務提携し商品・サービスを紹介するインターネット上のシステムです。従いまして、当サイトの商品は当サイトが販売している訳ではありません。

お客様がご要望の商品、お支払い等はリンク先の販売店と直接のお取引となりますので、 特定商取引法に基づく表示につきましては、リンク先のサイトでご確認頂けます様お願い致します。

当サイトの商品に対するコメント・評価は私の実際の体験に基づくものであり偽りはありませんが、お客様のご判断と責任におきましてご利用頂けます様お願い致します。

当サイトでは、一切の責任を負いかねます事ご了承願います。 尚、掲載商品に関するお問合せはリンク先に御座います企業宛までお願い致します。