長期・短期・ワンナイトでのセフレ関係のメリットとデメリットを経験者の体験談から解説

Pocket

セフレの関係性の中でも「期間」の要素は奥深さを最も感じるポイントです。

期間が変われば相手との関係性も変わってきますし、関係性が変われば内容も変わるわけで、「セフレという物に対する感覚や楽しみ」なども変わります。

しかし、期間が違うだけでそこまで変わってしまうとなれば、実際にセフレ作りを目指す人だと、「それぞれの特徴やポイント」なども理解しておいた方が活動しやすいですよね。

そこで、今回はそんなセフレという関係性において重要な、「長期と短期やワンナイト」について、それぞれをしっかりと理解するための情報を調査してきました。

この記事で分かること

  • 長期と短期を比較して男女ともに長期セフレが好まれている:「理由はセフレらしさ」
  • 長期と短期の違いやそれぞれどんな人に適しているかを分析
  • セフレ経験者の男女に聞いた:「長期と短期それぞれのメリット/デメリット」
  • 長期と短期を存分に味わった上で語るそれぞれの体験談

具体的には以上のような内容で、セフレの関係性や内容にも影響する、「関係の期間」について、実体験や友人の意見も参考に解説を進めていきます。

実際の活動で参考にしていただける場面も多い内容ゆえ、ぜひお役立てください。

なお、私のセフレ作りの集大成については以下の記事に纏めていますので、併せてご覧いただけますと嬉しく思います。

セフレのパートナーは大きく分けて2種類「より好まれているのは男女ともに長期」

それではさっそく、長期セフレと短期セフレ(やワンナイト)について、基本的な知識から解説を進めていくのですが、最初に見ていただきたい物は以下のグラフ。

男女それぞれから、「セフレの期間で好む物」を調査した結果です。

【男性に聞いた:セフレの期間で好む物を教えてください(38人回答)】

まず、男性の結果から見ていくと、「71%(38人中27人)」という圧倒的な得票率で、「長期」が好まれていたのですよね。

「短期」に関してはそれなりに支持されていますが、「単発(ワンナイト)」はほとんど優先されていないこともわかり、これだけハッキリとした結果がでたことは印象的でした。

【女性に聞いた:セフレの期間で好む物を教えてください(43人回答)】

そして、女性も同様に「長期がもっとも好まれている」という結果で、男性よりも票にバラつきはありますが、それでも半数以上が長期を好んでいるのですよね。

男性と違い、「単発(ワンナイト)」の支持率もそれなりに高いことはポイントで、「援助交際などを行う女性」から支持された結果でした。

その上で、双方の結果を比較してもっとも興味深かったことは、「男女ともにより好まれているのは長期セフレ」ということで、これは攻略していく中でも役立つ情報です。

男性と女性でまったく違う結果だった場合、「目的もマッチしにくくなってしまう」のですが、以上のように好まれる傾向が重なっていれば、それだけ双方活動しやすいですからね。

長期と短期どちらも「出会い系サイト・アプリで探すことが基本」

とはいえ、活動しやすいことがわかると気になるのは、長期と短期で相手を探す場合に、どうやって探すことがオススメなのか?も知っておきたいところ。

これについては、長期と短期やワンナイトに関係なく、「出会い系サイト・アプリを使って探す」という方法が絶対的にオススメです。

おすすめのサイト・アプリと特徴
出会い系サイト・アプリ長期の評価短期やワンナイトの評価
PCMAX
ハッピーメール
ワクワクメール
イククル
TINDER

具多的には、以上5つの出会い系サイト・アプリがセフレ探しでは最強にオススメで、〇の物はとくに活躍が期待でき、△の物も十分に活躍してくれる実力があります。

厳しく評価しても、まったくダメ(×)という評価をするレベルの物がなく、実際に利用した上でそれだけ高く評価できる物だからこそ、ピックアップしているのですよね。

また、複数の同時に使うことで出会いの幅を広げることもできますし、使いやすい物も人によって違うため、「男女双方気になる物はとにかく試してみる」のがオススメ!

他にもセフレを探す方法はありますが、出会い系サイト・アプリ以上に長期と短期の双方をカバーしてくれて、成功もしやすい方法は他にありません。

ゆえに、実際に活動していく際は、以上の評価や、当サイトで掲載中の解説記事などを参考にご利用してみてください!

それでは、ここからもう1つ基本情報の続きとして、「長期と短期(ワンナイト含む)の違い」についても解説していきます。

長期と短期の違いは?それぞれどんな人に適しているのか?

この辺りは、未経験の男女にとってはやや未知な部分でもあり、「期間が違うだけで同じセフレでしょ?」といった声もあるのですよね。

今でこそ違いを理解して、私も活動していますが、セフレ作りに興味をもちはじめた当時は、「知らなくても問題ない」くらいに考えていました。

ただ、実際に経験を積んでいくとすごく実感したのが、「期間が違えば関係性や特徴なども変わる」ことで、同じセフレという関係でもかなり違う色をもっているのですよね。

ゆえに、「適している人」などもそれぞれ変わってきますし、そういった違いを理解しておくことも、セフレ作りを攻略していくポイントだと言えます。

長期セフレは「期間が長い分距離は近くなりやすい」

まず、長期的なセフレは、恋愛とセフレを割り切って考えることのできる男女には、とても適した関係ということが言えます。

名前

長期は文字通り期間が長いので、距離は近くなりやすいです!

短期だとムリなレベルで、深い関係になれますし、2人でセックスを学びながら成長することもできる。

それこそ、以上のコメントにも「距離は近くなりやすい」とありますが、「長期セフレの場合はより親密な関係を築くことができる」のですよね。

ゆえに、男性の場合だと、「女性に気持ちよくなってもらえるセックス」などを好む人なら、「同じ女性と長期間セックスを楽しめる」ため確実にフィットすると言えます。

女性の場合も、「イクことへの興味が強い女性」や「セックスで気持ちよくなりたい女性」などは、長期だと相手にも理解してもらいため適していると言えるでしょう。

加えて、人見知りの男女なども、「長期なら時間をかけて仲良くなれる」ため、より安心して活動できる印象がありました。

このように、深く親密な関係やプレイを求めている男女や、より強い安心感を獲得したい男女なら、ぜひ長期セフレを求めて活動してみてください!

短期セフレは「即効性が高く自由度高め」

そして、逆に短期のセフレやワンナイトなどの場合は、「短い期間で数回程度だけ約束をするような関係」が当てはまります。

旅行先や出張先で、短期間に複数回の関係を結ぶ場合も、こちらが当てはまるでしょう。

それゆえ、人間関係が面倒に思えている男女でも遊びやすく、「特定の相手に縛られることが苦手」な男女には、短期の方がフィットする印象はありました。

また、短期でセフレと遊ぶ場合の大きな特徴としては、「即効性が高い関係」です。

男女ともに気軽な感覚で手を出すことも多いため、「即日即会いがメイン」の関係なのですよね。

そのため長期セフレと違い、じっくりと人間関係を構築していくような必要もないですし、短期でも相性がよければ複数回会うケースもあり、想像以上に「自由度も高い」と言えます。

たとえば、男女ともに「誰とセックスをするのか」ではなく、「セックスをすること自体に意味を見出す人」たちなら、短期はとても快適に遊びやすい関係なのですよね。

関係を深める必要がないことも良い方向に作用する印象で、「より自由なセフレ遊びを短期やワンナイトなら楽しめる」ため、そこに興味が刺激される場合はぜひお試しください!

それでは、それぞれの違いも以上で簡単に紹介しましたが、ここからはもう少し具体的に踏み込んで、「長期セフレと短期セフレのメリット/デメリット」についても進めていきます。

長期セフレ経験者が実感しているメリット3選

そこで、最初に解説していくのは、「長期セフレのメリット」について。

長期セフレは好む男女が多かったことを考えても、「それだけ魅力的なメリットがたくさん存在している」ことは間違いありません。

長期セフレのメリット3選

  • 安定した関係性を築ける
  • セックスを突き詰めていける
  • セックスのことや聞きにくいことも相談できる

その中でも、長期セフレ経験者という視点で、男女双方からとくに多くの声が集まっていたメリットは、以上の3つ。

実際に私も以上のようなメリットを求めて、長期セフレを好んでいる部分もあり、経験する中で実感しているメリットばかりなのですよね。

長期セフレのメリット1:安定した関係性を築ける

まず、1つ目のメリットとしては、「安定した関係性を築ける」ことで、私が長期のセフレを求める理由でもあります。

というのも、長期セフレの場合、1人の人間と長く関係を続けるわけですから、「失敗を最小限に抑えられる」ため「活動がかなり安定する」のですよね。

短期の場合はどうしても、頻繁に人を変えていくため、会ってみてはじめてわかる部分も沢山あり、どうしても当たりハズレの幅が大きくなります。

場合によっては毎回新しい人を探す必要も出てきますし、そうなれば「成功が安定しない」上に「親密さも薄く関係性も不安定」ですよね。

しかし、長期であれば「心身双方で相性の良い男女」が、長期間関係を続けることができるため、以上のような「リスクを背負う必要がない」ことは魅力でしょう。

名前

長期は余計な不安を感じなくて良いことが大きいですね。

安定して同じ人と会えれば、信頼もできますし、パートナーをとっかえひっかえしなくていいので、安心できます。

また、とくに女性であれば以上のように、「余計な不安を感じなくていい」ということも大きく、これは安定した関係を築けるからこそのポイントでしょう。

恋人ではないと言っても、決まった相手であれば、心も開きやすくなりますし、「女性にとっては不安も沢山あるセフレが安心して楽しめる」わけです。

男性からしても、「毎回セフレを探すために活動する」ことってかなり大変ですから、「決まった相手とセックスできる」ことで、探すという労力から解放されるのはメリット

それこそ、探す際にかかる出費なども抑えて、そのセフレと過ごす部分に役立てることもできますから。

関係が安定していればそれだけ、色々な面で都合が良いのですよね。

安定することで生じるメリットは、男女ともにかなり大きな物ですから、こういった部分に興味をもてる場合は、長期を視野に活動してみてください。

長期セフレのメリット2:セックスを突き詰めていける

続いて、2つ目のメリットは、「純粋にセックスを突き詰めていける」ことです。

男性であれば女性の、女性であれば自分自身の性感帯を開発しやすいですし、パートナーもブレないため、着実にステップアップすることができます。

また、性的な関係を前提にしながら信頼関係を深めていけるため、思い切ったプレイや少し特殊なプレイも楽しみやすく、男女双方思う存分解放的になれることも魅力

お互いの趣味や性癖なども把握して、それに寄り添い合うだけの時間もたっぷりありますから、アダルトな関係をとことん楽しむことができるわけです。

名前
長くセフレとして付き合っているから、アブノーマルなプレイも楽しめているし、そうやって追及や探求できるのは、セフレを作る醍醐味だし長期の良さ

以上のコメントでも、「追及や探求」などを触れてくれましたが、せっかくセックスに特化したセフレという関係を楽しむなら、「とことん性を突き詰めることは醍醐味」ですよね。

日常では隠している、または気がついていない性癖を見つけてハマることもできますし、彼氏や彼女とはとてもできないようなプレイでも、楽しむことができるわけです。

そうやって突き詰めていくうちに、男性ならパートナーの感度が上がっていく、女性であればパートナーのテクが上がっていくなど、変化を楽しむこともできるのですよね。

形は人それぞれでしょうが、性的な願望や欲求などを、思う存分突き詰めることができるのは、間違いなく長期セフレを作るメリットです。

思い切りセックスを楽しんでみたい、思い切り解放的に気持ちよくなってみたいという男女は、長期はとても快適な関係なので、お試しください。

長期セフレのメリット3:セックスのことや聞きにくいことも相談できる

次に、メリットとしては最後の3つ目ですが、「セックスのことや聞きにくいことも相談できる」という要素も、長期セフレを語る上では欠かせません。

それこそ私の場合、「どうしてセフレになってくれたのか?」や、「もっとどういうプレイが良いのか?」などといったことも、気軽に相談できるようなセフレがいます。

そして、ただ相談するわけではなく、相手も「親身になって相談を受けてくれる」のですが、これは長期として関係を続け親密になれたからこその関係性なのですよね。

逆にパートナーの女性からは、「してみたいことの相談」や「開発してみたい部位」などを相談してもらう機会が多く、男女ともに本気で相談しあえる関係は長期ゆえの魅力

たとえば、もう少し具体的に掘り下げておくと、以前私がセフレの女性から言われて、とても印象に残っている経験談なのですが…

「スローセックスに興味はあったけど、長期で仲良くなれたからお願いできた」と話してくれた女性がいて、「したいことがあっても普段は言えない」ことってあるわけですよね。

女性の場合は、そのように秘めた欲求などを、「セフレでも長期間仲良くしている(仲良くする予定の)相手だからこそ言えること」というのは、少なからずあるのでしょう。

その上で、なぜ以上の経験が印象深いのかというと、一方が相談をしてもう一方は相談に乗ることで、「相談した方がスッキリしながら相談された方も学べる」と知ったからです。

私も長年セフレ遊びをしながら、性経験を積み上げてきましたが、「異性のことってお互いに理解するこが難しい」ですし、とくに性の問題は感覚がわからないため鬼門と言えます。

しかし、男女双方が本気で相談しあえるような関係を築けると、「今までは直接異性から聞けなかったこと」も聞けるため、より深く異性の性的感覚を知る機会になるのですよね。

男性なら女性の、女性なら男性の、恋人などは話してくれなかった深い感覚を結果的に教え合う形になり、双方にとってこういった関係性自体がメリットだと思えたほどです。

こういった関係を構築できるのは、「長期セフレだからこそ」ですので、興味が少しでも抱けた場合は、ぜひ以上のような関係を目指してみてください。

長期セフレ経験者が痛感しているデメリット2選

それでは、メリットについても以上で一通り紹介しましたから、ここからは「長期セフレのデメリット」についても、解説を進めていきます。

長期セフレのデメリット2選

  • 中には恋愛感情が芽生えてしまうこともある
  • マンネリ化する場合もある

具体的には、以上2つのようなデメリットがあり、この辺りはとくに注意しておきたい印象で、どちらも意識を怠るとセフレの良さを壊すリスクもあるデメリットなのですよね。

長期セフレのデメリット1:中には恋愛感情が芽生えてしまう人もいる

たとえば、1つ目のデメリットは、「中には恋愛感情が芽生えてしまう人もいる」ということで、これは良さを壊すだけでなく関係も壊すリスクがあるデメリットです。

というのも、男女問わず恋愛感情が芽生えてきてしまうと、セフレという関係が破綻してしまい、どうしてもうまくいかなくなることがあります。

私の場合は、彼女などに縛られたくないということも、セフレを作っている理由なのですが、相手もずっと同じ気持ちでいてくれるとは限りません。

これは逆もしかりで、それこそ男性の方が、継続的にセックスをしていくことで、本気の感情が芽生えて恋愛へと移行させようとする傾向は強いくらいです。

とはいえ、そうなるとどうしても、感情の不一致が生じてしまい、それは大きなリスクと言えますよね。

名前

俺はどちらかというと惚れやすい、好きになりやすいタイプなので、長期は向きませんでした。

1人の女性と長く関わる中で、どうしても感情移入してしまうので、最近は短期です。

そもそもは「お互いに都合が良い」から、「恋愛ではないけど満たし合える」などの理由から、セフレという関係を選んでいるわけで、その軸がブレてしまえば関係は成り立ちません。

どちらかが本気になってしまえば、その時点で嫉妬や束縛なども芽生えてしまうため、突如窮屈な関係へと変わってしまいますからね。

長期でのセフレを作ろうと考えている場合は、「どれだけ素敵な相手でもセフレだと割り切る」という意思をもって、セフレ作りを進めていくことが大切です。

それくらいの覚悟でないと、必ずどちらかが傷つく結果を迎えてしまいますから、恋愛感情に対しては、自分自身で言い聞かせながら十分にご注意ください。

長期セフレのデメリット2:マンネリ化する場合も

そして、2つ目のデメリットとしては、「マンネリ化する場合もある」という内容なのですが、これは長期セフレの課題といった印象。

たとえば、短期でセフレを作る場合なら、基本頻繁に相手が変わるため、つねに新鮮な気持ちで楽しむことができます。

しかし、長期の場合は同じパートナーと毎回セックスをするわけで、そうなるとどうしても、どこかでマンネリを迎えやすくなるのですよね。

とくに、「セックスに対する向上心が薄いセフレ同士」で、グダグダ関係を続けていると、あっというまにマンネリ化してしまいます。

付き合ってもないのに、何とも言えない空気が漂う場合もあり、こうなると面倒でしかなくなってしまうのですよね。

とはいえ、長期のセフレでおきるマンネリ化への対策はあって、「プレイの幅を広げていく」ことで、かなり回避はしやすくなります。

女性の性感帯を少しずつ開発して増やしていく、プレイの内容を相談しながら、色々なセックスを試してみるなど。

「セックスに対して向上心をもつ」ことで、マンネリの回避はもちろん、より楽しむことだってできるため、長期を求める男女はこの辺りを意識して活動していきましょう!

それでは、長期セフレのメリットとデメリットを解説し、理解も深めていただけたところで、もっとイメージしやすくなるよう「長期セフレでの体験談」を続いて紹介していきます。

長期セフレでの体験談「サイトや動画に雑誌などをチェックして2人でプレイの研究」

私が実際して良かった物は、「長期ゆえに2人でとことんプレイを研究した」という経験があり、これは長期だからできたことで、それでいてとても魅力的に思えた体験です。

具体的には、「一緒にアダルトサイトや動画などをチェックしながら、パートナーに響いたプレイを試してみる」ということをして、プレイの幅を広げていったのですよね。

もちろん、AVなどの情報では不確かな物もありますし、あくまでもエンターテイメントなので、どうしても間違った知識ということもあります。

ゆえに、そこにアダルトノウハウ系サイトやノウハウ本、直接知識が深い人へのリサーチなどを合わせて一緒にチェックすることで、情報を精査していったのですよね。

その上で、LINEや電話などでも一緒に相談しながら、それを理由にコミュニケーションもしっかり取りつつ、「一緒に楽しめる方法を探していく」イメージで進めていきます。

そして、次に会うタイミングで実践してみるというようなイメージだったのですが、これで飽きることなく、お互いに楽しむことができているのですよね。

たとえば、「セフレのマンネリ化を防ぐためにはセックスでのアプローチが効果的」ですから、プレイの研究を一緒にすることで、デメリットで紹介したマンネリ化なども回避可能。

ポイントとしては、こういった楽しみ方を実践するためには、「マンネリ感が出てくる前にスタートさせること」でしょう。

セフレという関係の特性上、1回マンネリがはじまってしまえば、そこから取り戻すことはかなり難しく、実践するチャンスもないまま関係が終わることもありますからね。

また、以上の方法を実際に試してみて感じた利点は、「情報を一緒に調べる」ことで、「双方が願望や欲望の本音を話しやすくなること」はとても魅力的でした。

普段はお互いが言いにくいことなども、相談しあいやすくなる切っ掛けにもなるため、男女双方セフレとのセックスをより楽しみたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、長期セフレについても一通り解説したところで、続いては「短期セフレやワンナイトのメリットとデメリット」についても、進めていきます。

短期セフレやワンナイト経験者が実感しているメリット2選

こちらも最初は、短期セフレやワンナイトのメリットから解説していくのですが…

とくに好まれていたのは長期でも、「短期やワンナイトも好んで活動する男女はいる」わけで、それだけの魅力やメリットもあるため、興味がある人もそこはご安心ください。

短期セフレやワンナイトのメリット2選

  • 基本的に面倒を避けることができる
  • より行動的になる人が多い

たとえば、具体的なメリットは以上の2つで、これは長期だと味わうことが難しく、どちらも短期やワンナイトゆえに実感できるメリットです。

私もメインは長期セフレを探して活動しますが、平行して短期やワンナイトを求めることもあり、それは以上のような魅力的なメリットがあるからなのですよね。

短期セフレのメリット1:基本的に面倒を避けることができる

まず、1つ目のメリットは、「基本的に面倒を避けることができる」という物で、これは長期と違い関係を深めなくて良いからこそ味わえる魅力です。

ワンナイトの関係ならより色濃くなりますが、短い期間のセフレは、「その一時を楽しむ関係」なので、「面倒な感情なども避けられる確立は高い」のですよね。

それこそ、恋愛感情が芽生えるリスクなども低いですし、マンネリ化するようなこともありませんから、長期のデメリットをカバーできる印象もあります。

ただ、少し勘違いしてしまう人が多いこととしては、「短期やワンナイトでも礼儀は必要」なこと。

いくら関係を深めないと言っても、「失礼な態度が許されるわけではない」ため、その辺りは男女ともに十分ご注意ください。

名前
長期間一緒にいるわけではないので、良く言えば良い態度のまま、悪く言えば化けの皮が剥がれないように演じていてもスタミナ切れしないから、短期は楽です。

とはいえ、親しくなることで「ボロが出る男女」もいるでしょうから、そういう意味では「短期なら極論外面で猫を被っていても問題ない」ため、そこはとても楽に思えるポイント。

これというのは、長期間自分を偽ることはかなり精神的にも疲労が蓄積されますし、猫を被ったまま人と触れ合い続けるなんて、正直相当苦労しますよね。

しかし、短期間であれば、言い方は少し悪いのですが、「自分の性格や態度などを多少偽っても疲れずに振る舞うことができる」わけです。

表面上は、というような印象もありますが、波風立てずに接し合うことができるため、気疲れしないということがメリットに思える人は男女双方たくさんいます。

それでも、正直私からすると、少し寂しさも感じてしまうのですが…

とても効率的な感覚ということは間違いありませんし、以上の内容に共感できる場合は、短期でのセフレもぜひお試しください。

短期セフレのメリット2:より行動的になる人が多い

続いて、2つ目のメリットとしては、「短期でのセフレを作っている人は、より行動的になる人が多い」ということでしょう。

短い期間で、次々とセフレを探すことになるため、男女ともに、「会うということに対してかなりアクティブになる」のですよね。

「会いたいときに会える人を探して会いに行く」というイメージでも活動できるため、同じような感覚の人間同士であれば、かなりの即効性を期待できるわけです。

実際に私も、そういった探し方を出会い系サイト・アプリですることって結構あるのですが、かなりテンポも良いので、「その時々の感情にフィットさせやすい」ことは魅力。

それでいて、アクティブに出会いを探して「相手も変わっていくことになる」ため、とても「新鮮さ」に溢れていて、この辺りも人によってはメリットだと言えますよね。

また、どうしても寂しい時や激しく欲求に駆られている時、なんとなく暇ができてしまった時など、臨機応変さも抜群です。

この辺りは間違いなく、短期に絞って、行動的な人が多い環境を使い活動する大きなメリットで、短期やワンナイトでセフレ探しする価値とも言えます。

もともと行動的な男女なども含めて、以上のようなポイントに興味がもてる場合は、短期でのセフレはとても楽しみやすい形ですから、ぜひ参考にしてみてください!

それでは、短期やワンナイトのメリットに続いて、「短期セフレやワンナイトのデメリット」についても、このまま解説を進めていきます。

短期セフレやワンナイト経験者が痛感しているデメリット2選

短期やワンナイトのデメリット2選

  • 相手を探すことがとても大変
  • 新鮮さを取るとセックスの満足感は長期に劣る

具体的なデメリットとしては以上の2つで、この辺りは活動する上で注意したいポイントなのですが、想像以上に結構苦労もするのですよね。

私も実際に、この辺りには散々悩まされましたし、そういった苦労があるからこそ、長期と比較して好む男女は少なかった傾向にあると言えるでしょう。

短期セフレのデメリット1:相手を探すことがとても大変

たとえば、1つ目のデメリットで、「相手を探すことがとても大変」という内容は、「男性ほど肝に銘じておく」ことをオススメします。

競争率などはもちろん、私や私の周りを含めても、「会いたいと思った時に100%相手をみつけることができるわけではない」ですからね。

いくら行動的な人が多いとはいえ、うまくいかなければ、ズルズルとセックスできない日々が続くこともありますし、そういう不安定さは長期に劣る部分でしょう。

名前

短期のセフレは出会えない時の焦りがやばいね(笑)。

出会い系サイト・アプリを使っても、連絡がこなければ予定は未定で、不安定さは途方もない。

以上の男性も、「会えない時の焦りはヤバい」と書いてくれているように、短期でのセフレを求める以上は仕方ないことでもあるのですが、この辺りはどうしてもネック。

長期と違い特定のパートナーがいない以上、相手をみつけることができなければ、「それ以降セックスのチャンスは不透明」なわけです。

ゆえに、失敗が続いてしまうと、メンタル的に追い込まれてしまう部分もあるため、長期以上に甘い考えは禁物でしょう。

これは男女ともに言えることですが、あくまでも短期やワンナイトの場合は、「基本失敗する物」という気構えでいるくらいがベストかもしれません。

相手探しをする回数が必然的に増えるため、どうしてもどこかのタイミングで失敗が起きる可能性は高くなりますし…

「成功できればラッキー!」くらいの感覚で、自分自身の中で成功への期待値を下げておいたほうが、ダメージは最小限に抑えられるのですよね。

成功して当たり前などと考えていると、その分失敗が続いた際のショックも大きくなりますから、一応以上のようなことは参考にして立ち回ってみてください。

短期セフレのデメリット2:新鮮さを取るとセックスの満足感は長期に劣る

次に、「新鮮さを取るとセックスの満足感は長期に劣る」ということで、これは短期やワンナイトで遊ぶ場合、承知の上で活動する必要があるデメリット。

というのも、成功が続けば、新しいセフレと新鮮なセックスを頻繁にすることはできますし、それは間違いなく魅力的なことです。

しかし、その新鮮という部分を抜きに考えると、セフレ本来の楽しみである、「セックスを追及する関係性は築くことが難しい」ためご注意ください。

名前

寂しさは紛らわせることができるけど、イキたいや気持ちいいエッチなどは難しい。

相手のことも、自分のことも理解しわないと、とくに女性は満たされにくい。

それこそ、とくに女性の場合は、ただでさえセックスで快感や絶頂を味わうことが難しいため、短期やワンナイトでは「満足できない」といった声も目立つのですよね。

コメントの中でも、「寂しさは紛らわせることができる」としながら、「男女双が理解しあう重要性」を触れてくれていて…

そこを求めるのであれば、圧倒的に長期のセフレを選択することがベストです。

それこそ、男性の場合も短期という関係では、「女性に心を開いてもらうことが難しい」ため、どれだけ尽くしても場合によってはひとりよがり感がでてしまいます。

短期での相手を探している女性は、「援助交際希望者などもたくさんいる」ため、プレイは単調になりやすく、そういった意味で真に楽しむことは難しい側面もあるのですよね。

もちろん、この辺りは個人差もありますし、単発として出会った女性でも、とてつもなく乱れ合うセックスができることもあります。

それでも、長期と比較した場合には、どうしても「満たされ合うような最高のセックスができる可能性は低くなる」わけですよね。

新鮮さを重視して楽しみたい男女であれば、短期セフレやワンナイトなどもオススメできますが、そうでない場合は以上までの内容も参考に、長期セフレも合わせてご検討ください。

それでは、短期やワンナイトのメリットとデメリットも双方解説し、理解も深めていただけたところで、「短期セフレやワンナイトでの体験談」も紹介していきます。

短期セフレやワンナイトでの体験談「勢いや気分で探して遊べる気楽さは神だった!」

まず、メリットとデメリットの双方を比較した上で、より短期やワンナイトを楽しむポイントがあるとすれば、「即効性のある出会いを楽しむ」ことですよね。

その前提を考えた上で、私が日常的に行う方法は、「勢いや気分で相手を探して遊ぶ」という物なのですが…

これが本当に、「快適すぎる上に気楽さも神がかっている」ため、用事などで少し出かけた帰りなど、つい出会い系サイト・アプリを開いてしまうほどです。

たとえば、友人と飲んだ帰りなどはとくに使い勝手がよく、私は「帰宅が面倒」になることもあるため、そのような時に一緒にホテルで遊べる女性を探すことが多いのですよね。

「今いる駅」に「これから会いたい」という目的を交えて、とくに深く考えず「運よく見つかれば」くらいで、出会い系サイト・アプリで掲示板に投稿するのですが…

「終電間際や深夜帯」などは、大きな駅周辺だと成功率も中々高いため、かなりオススメの立ち回りと言えるでしょう。

また、「金土祝前日などはとくに成功率も高い印象」で、男女双方遅い時間も外で活動している人が多いため、「普段は難しい短期やワンナイトも効率的に活動可能」です。

長期セフレ探しがメインの私でも、以上のようにかなり良い感触を味わえる方法でもあり、「出かけたついでに」といったライトな感覚も、気持ちよく活動できるポイントでしょう。

失敗して受けるダメージも少なく済みますし、そういう意味でも男性はとくに、短期やワンナイトのデメリットを少し解消して楽しめるため、ぜひ試してみてください!

さて、長期セフレと短期セフレ、それぞれについて一通りの紹介も終えたところで、続いては「長期セフレと短期セフレの総評」という内容でも解説していきます。

長期セフレと短期セフレの総評「基本は長期で短期を補助としての活動がオススメ」

まず、双方を比較した上で1つ言えることは、「無難なのは長期セフレ」ということで、「よりセフレらしい活動を楽しめる」ことが理由でしょう。

ゆえに、これから本気でセフレを作り、本気でエンジョイしたい男女には、迷っているなら長期をオススメします。

というのも、セフレという関係自体、そもそも長期が本来の形であると言える部分もあり、短期の場合はどこかセフレという色が薄くなってしまう印象なのですよね。

友達以上恋人未満で、あくまでも恋人の領域には踏み込まないという関係がセフレで、普段解放できない欲求や不満などを開放し合えることが大きな利点。

短期は長期と比較しても、この辺りが少し弱い部分もありますから、壇上双方長期セフレの方が支持されているのでしょう。

ただ、短期セフレやワンナイトにも、ここまでに書いてきたようなメリットはありますし、短期にも間違いなく価値はあるのですよね。

名前

長期こそセフレだと思っているけど、短期だって良いところはあるから、どっちも併用することが自然だし、セックスもしやすい。

丁度いいのは短期20%で長期80%くらいが良い。

それを踏まえて、実際に活動していく場合にもっともオススメできる方法としては、以上のコメントにもある通り、「短期20%の長期80%(2対8の割合)」で活動することでしょう。

私自身の立ち回りとしても、普段は長期のセフレを探しつつ、つねにパートナーがいる状態を幸いキープできていますが、「会えない時の埋め合わせ」などで短期希望者を探します。

その中で運良く長期に昇格するケースもありますし、そこは相手がどちらを望んでいるか次第の部分もあるとはいえ、基本は会っても数回程度の埋め合わせ感覚なのですよね。

比率はあくまでも私がしっくりくるイメージなので、自分に短期が会うと思った男女であれば、短期セフレの比率を増やすことで、快適な活動をお楽しみいただけるはずです。

どちらにしても言えることは、1つの方法だけで活動するよりも、「長期と短期を複合していく」方が間違いなく効率的で、成功も収めやすいということ。

この辺りは男女双方、ぜひ実践していく際に意識していただき、セフレ探しやセフレ作りなどの活動を、より快適に行っていってみてください!

最後に

これにて、「長期」と「短期やワンナイト」についても、以上でそれぞれの内容を一通り解説することができました。

こうやって比較してみると、期間が違うだけでも、「かなりセフレとしての色が変わる部分もある」ことを、ここまでの解説からかなりご理解いただけたはずです。

それこそ、「どんなセフレを自分自身が求めているのか?」や、「逆にセフレを作る上でどんな関係は避けたいのか?」など、期間の違いは活動方針などにも影響してきます。

恋人などのようにマンネリ化することはイヤで、つねに新鮮な気持ちでセックスを楽しみたい人が、長期のセフレを求めてもうまくいかないでしょうし…

毎度探すことは避けたいし、継続的に会ってセックスできるパートナーを求めている男女が、毎回短期やワンナイトを繰り返していても効率は悪いですよね。

しかし、自分の求めている関係を理解して、それに合ったセフレの期間も理解できていれば、「セフレ活動もかなり快適に楽しめる」わけです。

どうしても感覚が混同してしまうこと、よくわからないまま進んでいくこともあるでしょうが、ぜひ自分が楽しむためにも、まずは意識することからはじめてみてください!

私のセフレ作りの集大成については以下の記事に纏めていますので、併せてご覧いただけますと嬉しく思います。

こちらの記事もいかがですか?