セフレとの会話やデートで役立つポイントやホテルへの誘い文句8種類の評価まとめ

Pocket

いざセフレを作ろうとした時、悩んでしまう人も多い内容に、セフレとの「約束やデート」に「会話」などがあります。

セフレというくらいですから、「直接会うことを想定した関係」でもあり、同じようにネットを通じて出会うケースでも、メル友などとはその辺りが違うわけですよね。

異性と直接対面して、しかもセックスまでするとなれば、難しさを感じてしまうことも必然ですし、これは男女関係なく悩んでいる人が多い要素と言えるでしょう。

それこそ、セフレ未経験の男女にしてみれば、想像しにくい領域といった感覚もあるようで、私に対しても度々相談が届いてくるほどです。

約束やデートも、そして会話も、セフレという関係を意識すればするほど、深い溝にハマり抜け出せなくなってしまう気持ちは私も理解できるのですよね。

そこで、今回はそんなセフレ作りの活動で苦戦する人も多い、セフレとの「約束やデート」に「会話」をまとめて調査してきました。

この記事で分かること

  • 男性が約束やデートで抑えたいポイント6選は:「焦らずムリせずハッキリ!を意識」
  • 女性が約束やデートで抑えたいポイント3選は:「自分が楽しめる環境を整えること」
  • セフレとセックスにつながる会話の流れや上手にホテルへと誘う誘い文句を考察!

具体的には以上のような内容で、友人にも協力していただきながら、実体験も踏まえた解説を進めていきますので、ぜひ実践していく際の参考にお役立てください。

なお、セフレの作り方自体は以下の記事で解説しています。

男女双方に言えるセフレの基本「セフレ探しは出会い系サイト・アプリで行う」

それでは最初に、1つセフレの基本と言える要素でもある、「セフレと出会うこと」について解説を進めていきます。

というのも、今回紹介していく約束やデートに会話といった内容は、「どれも実際に異性とセフレ前提で出会う」ことが前提にあるのですよね。

それだけに、まず大切なことは、「本当にセフレと出会えるセフレ探しに役立つ方法」を知り、それを実践して出会いの切掛けに踏み込むことだと言えます。

では、具体的にどんな方法がベストなのか?というと、絶対的にオススメなのは、「出会い系サイト・アプリを使う」という方法でしょう。

どんな方法と比較しても、セフレ探しで出会い系サイト・アプリより優れている方法は他にありませんし…

実際に私も、これまでに出会えたセフレのほとんどが出会い系サイト・アプリ経由でした。

セフレ探しに役立つ出会い系サイト・アプリ5選

また、とくに実績を上げることができていて、セフレ探しに役立ってくれる出会い系サイト・アプリは、以上の5つと言えます。

5つすべて、私も併用しながら今でもセフレ探しに活用しているのですが、それぞれ特徴や魅力など個性も違うため、その辺りも使い勝手が良いポイントです。

それほど素晴らしい出会い系サイト・アプリを、男女双方無料登録からご利用いただけるため、気軽にお試し感覚でスタートしていけることも、とても魅力的!

ゆえに、まだご登録いただいていない男女の読者様は、ぜひこの機会にご登録いただき、これから解説していくノウハウを最大限に活かす準備も進めてみてください。

以下の記事でセフレ作りになぜ有効なのかも含めて解説しています。

それでは、セフレの基本として出会いについても解説したところで、続いては、「セフレとの約束やデートで役立つポイント」を解説していきます。

男性が抑えておくべきセフレとの約束やデートで役立つポイント6選

そんな約束やデートのポイントについては、最初に「男性が抑えておくべき約束やデートのポイント」から、紹介していくのですが…

普段セフレ以外の女性相手ならできていることでも、いざセフレになると勝手がわからなくなってしまい、また通常とは違う要素などもあり、ゆえに悩んでしまう男性も多い要素。

私も過去に散々悩みまくり、約束やデートだけでも失敗は山ほど経験してきましたし、何度挫折しかけ諦めそうになったか数えきれないほど、苦しんだ時期もありました。

男性が抑えておくべきセフレとの約束やデートで役立つポイント6選

  • 会う約束は焦らない
  • 会ってからセフレになるまでも焦らない
  • 食事やデートでムリをしない
  • セフレ目的ならハッキリ誘うこと
  • 決断をハッキリ示していく
  • セフレだからといってセックスだけに固執しない

しかし、そうやって失敗と成功を繰り返す中で、以上「6種類のポイント」を学ぶことができましたし、その結果悩みから抜け出し快適な活動を楽しめるようにもなったのですよね。

これは私だけでなく、セフレ経験者の男女からも、効果的なポイントとして意見が集まっていた物ばかりで、それだけ良い結果に結びつく可能性の高い要素ばかりと言えるでしょう。

ポイント1「会う約束は焦らない」

まず、1つ目のポイントとしては、「会う約束は焦らない」という物で、意識していないと失敗につながってしまう男性も多い内容。

とくに注意しておきたことは、「相手の事情」も考えずに、「自分の都合だけでしつこく誘う」ケースや、「相手の会う準備ができていなくても急かす」などはナンセンスです。

セフレになってからも、セフレになる前の段階でも、どちらの場合も焦りは禁物で、成功するためには「落ち着いて相手に合わせる余裕」が大切でしょう。

名前

約束や予定のお誘いなど、会う約束は焦らない方がいいかと!

女性からするとあまりにもグイグイこられると、下心見えまくりでドン引きしてしまう。

それこそ、約束を取り付けることに焦りすぎてしまうと、鬱陶しく思われ返信をもらえなくなる可能性や、「下心が露骨に見えてしまい引かれるリスク」もあります。

時としてグイグイアプローチすることも必要な場面はありますが、「方法やタイミング次第では圧力のような印象を与えてしまう」こともあり…

「約束」というシチュエーションでは、マイナスの印象を与えやすいわけで、以上のようなことを総合的に判断された場合、「自分勝手な男性」だと思われてしまうのですよね。

というのも、セフレは男性がヤリたいときにいつでも会える都合の良い相手でなく、お互いがセックスに前向きな状態で、「セックスを一緒に楽しむ相手」です。

ゆえに、そこのバランスを見誤ってしまえば、約束自体してもらえませんし、「会いたいと思える男性ではなくなってしまう」ためご注意ください。

いつ空いているのかなどは確認しつつ、その日程以外は無暗に誘わないくらい割り切ってアプローチしていくようなイメージを、関係が浅い内などはとくに意識してみてください。

ポイント2「会ってからセックスするまでも焦らない」

続いて2つ目は、「会ってからセックスするまでも焦らない」ことがポイントで、これはセフレにはまだなっていないケースで、最初相手と会うような状況でとくに言える内容です。

正直、会えただけでもかなり舞い上がってしまい、セックスへの焦りが突き進んでしまう男性は多いのですが、そんな時でもセックスすることを焦ってはいけません。

名前

1番難しいのは、知り合うところからセックスするまでで、絶対に焦らないこと。

男はセックスの可能性が見えると焦って自滅する。

でも焦らないと言ってダラダラズルズル時間をかけるのもダメ。

コメントの中でも、「自滅」という表現をしてくれていますが、セックスへの期待から焦れば焦るほど、「逆にセックスは遠のいてしまう」ことも多いのですよね。

とはいえ、「ズルズル行き過ぎて時間が経ちすぎることも逆効果」で、「焦らず落ち着いて慎重に行動する」ことと、「臆病になって踏み出せない」ことは別物です。

焦りは禁物ですが、何度も会っているのに誘えない、いつまでもただ遊んでいるだけ、といった状況が続いてもセックスはできずセフレにもなってもらえません。

ホテルに誘うこと自体は悪くありませんし、そこで踏み出すことはむしろ大切なのですが、「相手の気持ちを考えず焦りから強引に誘うことが問題」ですから、そこはご注意ください。

ポイント3「食事やデートでムリをしない」

続いて、セフレであっても、打ち解ける目的や関係を長く続ける場合などに行うことも多い、「食事やデート」について。

セフレはセックスをするだけの関係という男女もいますが、実際は食事や飲み、遊びに行くことなどもある関係なのですよね。

それこそ、異性の友人といった感覚で、性格的な相性や趣味などが一致していた場合だと、セックスに関係ないやり取りや遊ぶ機会なども私はよくあります。

そのようなとき、とくに男性が気をつけておきたいこととしては、「金銭面であまりムリをしない」こと。

名前

俺の経験談なのだけど、セフレとのデートではあまりムリしてまでお金をかけない方が良い。

見返りばかり求めて、収入に見合わないお金を使いまくると、良いように絞られるから、金銭感覚の合う相手を選ぶことがポイント。

食事やデートで、お金を気前良く出しすぎると、以上の友人も書いてくれているように、対等なセフレというよりもお財布扱いされる危険があります。

適度に抑えつつ、相手もある程度出してくれる関係性がバランス的にはベストで、男性がすべて払う場合でも、「自身の収入やお財布事情に見合わない高額出費は避ける」べきです。

相手からすれば、高額でバンバン奢ってもらえれば、「それが当たり前」になっていきますから、負担だけが大きくなってしまうこともあるのですよね。

身の丈にあった感覚で過ごせなければ、関係は成り立ちませんし、ムリを押し通して付き合ったとしても、セフレを楽しくことができなくなってしまいます。

「奢ること自体は悪くない」ですし、男性が金銭面は全面的に負担してしまうことも、問題なく、成功しやすさで言えば良い形ではあります。

私もセフレの女性と遊ぶ場合には、基本自分が支払いをすることも多いですし、それ自体は問題もないのですが、「ムリをして自分が苦しむ」ことはないよう注意してください。

ポイント4「セフレ目的ならハッキリ誘うこと」

次に、4つ目のポイントは、「セフレ目的ならハッキリ誘うこと」も大切。

「ポイント2」の中でも、ズルズル時間をかけすぎるという話はありましたが、セックスできるかもわからないケースで、そうやって悩むのはまだわかりますが…

セフレを前提に会っている状況でも、女性をホテルに誘えないという男性はかなり多いそうで、せっかくのチャンスを逃してしまう、悲しい男性もたくさんいるのだとか。

名前

出会い系サイト・アプリでセフレ希望だったから会ってご飯に行ったけど、その後結局ホテルに誘ってもらえなくて、モヤモヤしたことがある。

こっちからは誘いにくいし、モジモジしないで誘ってほしい。

以上の女性も、「セフレ希望ということで食事に行った」男性から、ホテルに誘ってもらえず…

「どうしたの?」などと聞いても、「いや~なんでも…」というような対応で、モジモジしているだけでそのまま帰ってしまう男性もいたそうですが、これはあまりにも情けない。

男性からすればどことなく恥ずかしい気持ちもあるのでしょうが、せっかくのチャンスでモジモジしているだけでは、成功できる関係も失敗へと自ら突き進むことになりますよね。

それこそ、このケースでは「セフレが前提で会っている」わけで、それでも誘えないというのは、さすがにピュアをこじらせすぎです。

通常の出会いとは違い、会っている時点でホテルに行くことは決まっていて、お互いに合意の上ですから、モジモジせずにハッキリとホテルへ誘って良い状況ですよね。

それにもかかわらず誘えないという行為は、女性に対しても失礼です。

緊張などもあるでしょうが、それは女性も同じで、なにも誘う側の男性だけが不安なのではなく、女性だってその場にくるだけでも相当な勇気を振り絞っているかもしれません。

そこは多少ムリをしてでも、スマートではなくても良いので、セフレ前提やセックス前提の出会いなら余計に、しっかりとホテルへ誘いきることも意識してみてください。

ポイント5「決断をハッキリと示していく」

そして、5つ目のポイントとしては、「決断をハッキリ示す」こと。

私も以前、「恋愛やセフレに関係なく、すべて女性任せで決断力のない人は物足りない」などと、実際に女性から言われてしまった経験もあるのですよね。

もちろん、独裁的で女性に対してすべて強制するような、自分勝手な姿勢は問題ありですし、「バランス」は重要です。

たとえば、好きな食べ物は聞いて、お店は男性が決める。

日時は相手に合わせるけど、スポットやプラン内容は男性が決めて連れていく、待ち合わせ場所や時間の都合は相手に任せても、それ以外はプラン立てを行うなど。

相手の意見も聞きながら、だけど相手にすべて任せてしまうのではなく、男性自身もある程度自分の意見などはハッキリ示す必要があるでしょう。

女性に合わせていくこともかなり大切な要素ですが、すべてを委ねるのではなく、自分の意思もある程度は示していかないと、それでは人形と変わりません。

最低限、女性の判断に対してイエスorノーくらいは、ハッキリと回答できる決断力は必要です。

私の周りを見ていても、「相手にすべて任せるだけ」や、「なんでも強引に自分だけで決める」ような、極端な行動しかしない男性も多いのですが…

この辺りはぜひ、バランスよく立ち回ることも意識してみてください。

ポイント6「セフレだからといってセックスだけに固執しない」

続いて、「セフレだからといってセックスだけに固執しない」という物が、6つ目のポイントです。

名前

安くても気にしないし、そういう問題ではないけど、美味しい物を食べながら楽しく会話する、雰囲気の良いお店いくなど。

そういうことで高まって、エッチでも解放的になれたりするので!

セフレという関係ゆえに、どうしてもセックスにばかり意識が集中してしまうことも、男性であればよくあるでしょうし、正直私もそこばかり考えてしまうことは多々あります。

しかし、以上のコメントでもあるように、「他の要素」にも注力した方が、結果としてセックスにも良い影響を出せるケースはあり、セックス以外の要素へも視野を広げるべきです。

セックス前に食事やドライブ、また遊びにいくといった方法でコミュニケーションも取っておくことで、「女性が気持ちの面で準備を整えられる」といった声も多いのですよね。

いきなりホテルへ向かいそのままセックスするよりも、安心感や解放的な気持ちは整いやすく、一見セックスとは無関係に思えますが、実際は大きな影響を与えてくれます。

とくに、経験が少ない若い女性と出会う場合や、その中でも学生などが相手の場合だと、「ホテルへ行く前に食事やデートを楽しむ手順はより効果的」です。

具体的には「緊張を解す効果」などはとても大きいのですが、緊張が解れ安心や解放的な気持ちも整ってくれれば、「女性が快感や興奮をもっと獲得しやすくなる」のですよね。

セックスだけではなく食事やデートも視野にいれるという、ほんの小さな1手間を加えるだけでも、確実に成功率や継続率は高くなりますから、ぜひお試しください!

それでは、以上で男性のポイントについても、一通り紹介したところで、続いては「女性が抑えておくべきセフレとの約束やデートで役立つポイント」の解説です。

女性が抑えておくべきセフレとの約束やデートで役立つポイント3選

女性が抑えておくべきセフレとの約束やデートで役立つポイント3選

  • 相手の行為に気を付ける
  • 約束は少し早めに決める流れを作る
  • 気になることはあらかじめ済ませておく

具体的には、以上の3つがポイントで…

これらは実際にセフレ作りしている女性からも、とくに多く寄せられていた意見なのですが、共通している感覚としては、「自分が楽しめる環境を整える」といったニュアンスです。

どのポイントも、「男性に対してどう接するか」という感覚ではなく、「自分自身のためにしておきたいこと」といった感覚で、それがとても重要なことなのだそう。

ポイント1「相手の好意に気をつける」

たとえば、1つ目のポイントだと、女性自身がセフレ遊びをより安心して楽しむポイントとして、「相手の行為に気をつける」という声が目立っていたのですよね。

というのも、男性はかなり惚れやすい人が多いですし、1度セックスをするだけでも、セフレではなく恋愛感情が芽生えてしまうような人も多くいます。

【男性に聞いた:セフレとの恋愛はあり?(31人回答)】

それこそ、以上の表でもわかる通り、男性はセフレとの恋愛についてありだと考えている傾向が強いわけです。

しかし、セフレという関係と恋愛を結びつけることは、本来はご法度で…

セフレを作ってみたいと考える女性、セフレ作りをしている女性のほとんどが、そこはしっかりと切り離して割り切った関係を望んでいることが多いこともわかっています。

【女性に聞いた:セフレとの恋愛はあり?(36人回答)】

(以上の物は女性から集めたアンケート調査結果です)

同じアンケートの結果でも、これだけ男性とは違う伸び方をしていることが、その差を物語っていますよね。

女性にその気はなくても、男性は些細なことで恋愛感情を抱きやすく、そもそも恋愛をありだと考えている人も多いため、そこのギャップは要注意。

あまり思わせぶりな態度をとることや、ウソだとしても恋愛を意識させるような発言が多くなると、男性はあっという間に本気してしまいます。

男性という生き物は不思議なことに…

セックスをしているとき以上に、セックスに加えて、それ以外の時間を一緒に過ごすという過程の中で、そういった感情が芽生えやすいと言えます。

だからこそ、セフレと食事やデート(遊びに行く)というような機会では、相手に惚れられてしまわないよう、注意しておくことも大切なのです。

また、「お酒を飲んでいる時」や「酔って判断力が鈍っている状況」などは、女性もかなり気が緩みやすいため、意思に反して誘惑してしまうリスクなどもあり要注意

とくに、恋愛は面倒でセフレを探す人、恋人や旦那という本命はいるけどセフレを探す人などは、行為を寄せられてしつこく言い寄られることは避けたいですよね。

女性自身が安心して楽しむためにも、この辺りはぜひ意識して立ち回ってみてください。

ポイント2「約束は少し早めに決める流れを作る」

次に、「約束は少し早めに決める流れを作る」というニュアンスの意見も、複数の女性が教えてくれていたことで…

女性の場合は気持ち的な準備もそうですし、それに加えて身体のケアや見つける物の準備など、「男性と会うために自分を少しでも整えておきたい女性」も多いとのこと。

名前

自分のリズムを守ることも大切だし、なんでも相手に決めさせないことが、セフレの秘訣だと思っている。

毎回急なお誘いなどはキツイし、約束ごとやルールは、自分でも流れを作る努力が必要。

それこそ、「自分のリズム」などとも書いてくれていますが、「毎回急なお誘い」などはリズムが守れず準備も整えにくくなるため、「セフレとの間でルールを作る」良いようです。

具体的には、「必ず会う〇日前までに連絡しあう」や、「基本的に女性から約束は連絡する」など、「自分の都合に合わせて行動できるよう先手を打つイメージ」でしょう。

とはいえ、そんなワガママで大丈夫なの?などと考えてしまう女性もいますが、「男性と違い女性はセフレ探しにおいてかなり高い需要がある」ため、まったく問題ありません。

自分の都合を理解してくれない男性は、そもそもフィットしないでしょうし、なにより女性が男性比較しても性的な面で苦労が多いことを、わかってくれない可能性があります。

ゆえに、ある程度早い段階で、「自分が都合よく活動するためのルールを相手に相談する」ことが重要で、守れない男性はムリして付き合わず他の男性を探す方が快適でしょう。

男性はどうしても、セフレができた嬉しさから積極的を超えて強引になる男性もいますし、「思い付きで誘ってくる人」も多いため、先手を打って楽しく活動していってください!

ポイント3「気になることはあらかじめ済ませておく」

そして、3つ目のポイントとしては、「気になることはあらかじめ済ませておく」という内容で、これは「セックスにも影響」してしまう要素なのだとか。

名前

気持ちよくなれないことなどを、男性に押し付ける女性がとても多くて驚くけど、自分がする必要のある準備もしないで、それはよくないよ。

仕事残して会う、なにか気になることを残して会うなど、セックスに集中できないし、なにも気にせず会えるような準備は自分でもすることは忘れたらダメ

理由としては、女性の多くが、以上のコメントでもある通り、「気になることがあればセックスに集中できない」ためだそう。

そうなると、快感や興奮を獲得しにくくなってしまい、余計なことに意識がむくことで、せっかくのセフレでもセックスを楽しめないというデメリットがあるわけです。

ゆえに、休みの前日、後に予定やすることがないタイミングで会うように調整し、自分自身がセックスに集中できるような環境を整えておくことも大切なのでしょう。

また、女性によっては体毛のケアや気持ちが乗らない下着など、そういった準備も、「気になること」の中に含まれる人もいたのですよね。

1つでも気になることがあると、セックスはもちろん、遊んでいるようなタイミングでも後を考えて楽しめなくリスクはあるそうですから…

自分が気になってしまう可能性のある物は、「あらかじめ対処しておく」ことを意識して、思い切り楽しめるような準備を、自分の中でもしっかりと行うようにしてみてください。

それでは、男女双方が抑えておくべき約束やデートでのポイントも紹介は終了し、続いてはもう少し踏み込んだ内容として、「会話で意識すべきこと」についても進めていきます。

セフレとの会話で意識すべきこと「男女それぞれ3つの同じテーマで比較」

というのも、以上のような実際に会っていく状況で、とくに大切な要素が会話のコミュニケーションだと言えるでしょう。

しかし、それだけ大切な要素でも、男女ともに躓く人が多い要素でもあり、セフレという関係だからこそ悩んでしまう人も多いわけですよね。

セフレとの会話で意識すべき3つのテーマと内容

  • エロトーク男性編:エロトークばかりしないこと
  • 要求の把握とアピール男性編:要求へのアンテナを張り巡らせる
  • 悩みについての話題男性編:女性に良い印象を与えながら要求を探れる
  • エロトーク女性編:イヤならハッキリ伝えるべき
  • 要求の把握とアピール女性編:その都度言葉にして伝える
  • 悩みについての話題女性編:スッキリと安心を満たせる

そこで、以上のような3パターンにシチュエーションを分け、男女それぞれのポイントを整理してみました。

エロトーク男性編「エロトークばかりしないこと」

まず、セフレという関係ゆえに機会も多くなる、「エロトーク」についてですが、男性に言えるのは「エロトークばかりしないこと」でしょう。

たしかに、セフレというのはアダルトな関係ですから、一緒に行うプレイの話なども含めて、エロトークという物自体は他の関係よりもする機会は多いです。

しかし、男性はそれが全面に押し出されやすく、そればかりが会話の軸になってしまうと、品性の欠片もありませんよね。

名前
エロありきでエロ話はつきものだと思うけど、エロい話ばかりだと、一緒にいてマジで飽きる。

以上の女性も書いてくれましたが、いくらセフレだとは言っても、あまりにもそれだけだと、「一緒にいて飽きる」という最悪な印象を与えてしまうこともあるわけです。

一緒にいても退屈、もう会わなくても良いかな?というように、「セフレ活動をしていく上で大きな支障がでてしまう」のですよね。

私も昔はエロトークばかり、それこそセフレとの会話はそれが正解だと思い込み、グイグイ積極的にトークテーマとして使っていましたが、これは相当な悪手だったわけです。

今となっては、そんな会話しかバリエーションがなかったから、女性からの反応も悪く失敗が続いていたのだと実感していますし…

ハッキリと、「あんた頭の中エロしかないの?」などと女性から言われたこともあって、エロだけではなく幅広く会話を楽しめる余裕が、とても大切なことを実感できています。

エロトークも必要なケースはありますが、「一緒にいる時はそれ以外の会話も6~7割程度は必要」ですから、その辺りのコミュニケーションという物もぜひ意識しておきましょう!

要求の把握とアピール男性編「要求へのアンテナを張り巡らせる」

続いて、会話の中で意識したいこととして、「要求の把握とアピール」という要素も重要。

男性のポイントとしては、主に「相手の要求を把握する」ことが大切で、会話の中で見極めていくことが求められます。

  • どんな関係の相手が「欲しい」
  • どんなセックスが「欲しい」
  • どんな感情が「欲しい」
  • どんな物が「欲しい」
  • どんなスリルが「欲しい」

具体的には以上のようなイメージで、女性によって形も色々ありますが、女性の場合はかんありセフレに要求したい要素が幅広いため、かなり複雑で一筋縄とはいきません。

名前

私はもっと入れるまでに時間をかけてほしいって思っていて、それが中々言えないので、男性に気がついてほしいです。

ゆっくりしよう?など私なりに言っても、結局私がフェラを長くするようになって、気づいてもらえないけど、そういう小さな会話の中できづいてほしいです。

それゆえ、「小さな会話の中」から、相手の要求を探りつつ対応していく必要があり、これができるだけでもかなり女性から好印象を抱いてもらえるのですよね。

女性の「欲しい」は、比較的理解してあげることのできる男性も少なく、それだけ複雑だからこそ…

「要求へのアンテナを張り巡らせて気づいてあげられる男性」は、セフレとしてもライバルに差をつけやすく、かなり重宝される存在になれます。

女性からのサイン要求や対応
今日この後予定あるの?
  • すでに一緒にいて、ホテルへ行くことも決まっているような女性なら、「もっと一緒にいたいアピール」などのことが多い。
  • セックスが確定していない女性で、お酒を飲んだ後(夜遅い時間など)に聞かれた場合は、「行動を委ねてくれている」ため、男性が誘ってくれるならホテルOKのサインというケースも。
〇日休みになった!
  • とくに脈略もなく言われた場合は、「休みなったから誘ってくれてもいいよ?」といった感覚のアピールなこともあり、私はスルーしてしまい怒られた経験もあります。
  • 一緒にいるときに、「明日休み」などと言われるケースなら、セフレ未満の関係であれば、宿泊OK=ホテルOKという可能性もあるためチャンス。
会話中にキス顔などで甘えながら話す
  • ホテルなどで会話している際に、キス顔などで甘えてくれる女性は、間接的にキス好きをアピールしているケースもあり、「もっとキスをして」という要求の可能性を視野に対応。
  • 気分が盛り上がってイチャついているだけだと思う男性も多いけど、女性は勇気を振り絞っている可能性もあるため、「もっとキスしてもいいの?」などと、逆に聞くのも手。

たとえば、以上の物はほんの一部で、女性によってもかなり幅広くサインを出してくれるのですが、「こういったサインに気づけるか?」ということは鍵と言えるでしょう。

実際に私の成功例としては、必死にサインを拾っていったことで、「本当によく気がついてくれるから、つい誘いたくなる」という言葉をもらえたことです。

この辺りは正直、すぐに結果が出る物ではなく、「関係を続けていく中で評価につながる物」なのですが、それを踏まえても実践する価値は高いことなのでお試しください。

悩みについての話題男性編「女性に良い印象を与えながら要求も探れる」

そして、以上の内容からリンクしてくる内容として、「悩みや愚痴を聞いてあげる」ということも、意識しておいて損はありません。

とくに、人妻さんや忙しい社会人、ストレスや不安を抱えている就活生などは、愚痴を聞くことに注力するだけでも成功率が高くなる印象。

「男性が自分の愚痴をダラダラ話す」ことは避けるべきですが、聞き手として、相手が気持ちよく話せる環境作りを意識すれば、かなりの感触を期待できます。

それこそ、「イヤな顔をしないで悩みや愚痴を聞いてくれる男性」は、女性からすると一緒にいて安心、また余裕があるという印象を受けてもらえるのですよね。

加えて、人によっては包容力があるという印象や、すべてを受け止めてくれそうという信頼など、基本的に良いイメージを勝ち取りやすいことはメリットでしょう。

名前

悩み事や愚痴は女性がなにを求めているのかわかってもらえる会話です。

悩みごとなどをしっかり聞いてくれれば女性もスッキリ、男性はその女性が求めていることを知れてバッチリ!

また、悩みや愚痴についての会話という物は、「女性の要求にも直結することが多い会話」ですから、「要求の把握」ということにもかなり役立ってくれます。

たとえば、「旦那とはご無沙汰で女性として見てもらえない」など人妻さんの愚痴なら、「女性として扱ってもらえるような関係」を求めていることがわかりますし…

「同年代の男性は物足りない」という悩みを話す学生なら、「経験を求めている」こと、「仕事でストレスが」という社会人女性なら、「性欲やストレスの発散」などを想像できます。

悩みや愚痴につながる話題は、積極的に引き出す価値がかなり高いトーク内容ですから、ぜひ会話の中にうまく含めていけるよう立ち回ってみてください。

エロトーク女性編「イヤならハッキリと伝えるべき」

そして、ここからは女性に向けた会話のポイントも紹介していくと、エロトークについては、「イヤならハッキリ伝えるべき」という声が多かったのですよね。

名前
エッチなトークばかりする人は苦手で、女性の中には我慢してしまう女性も多いだろうけど、黙っていてもわかってもらえないので、イヤならハッキリ伝えるべきです。

コメントにもありますが、「黙っていてもわかってもらえない」というのは、本当にその通りで、「言わなければ良い物だと思い男性はさらにエロトークが加速」してしまいます。

セックスを円滑に進めるためのトークであれば、男女双方にとって意味もあるのですが、しょうもない下ネタなどは、「女性からすると付き合う価値はない」ですよね。

それなのに我慢すれば、「最終的に自分がイヤな思いをする」わけで、そういう面倒な男を切ってしまうという手段もありますが、「伝えることで改善」するケースもありますから。

とくに、「ウザい下ネタさえなくなれば…」という男性と出会った時などは、伝えることで改善してくれれば、それだけでもかなり良い関係を築けることはあるわけですよね。

ハッキリと発言することに不安を抱く女性もいますが、「あまりにも強烈で相手を貶すよう言い方」ではなく、「優しく丁寧に伝える」ことを意識すれば、受け入れる男性も多いです。

たとえば、「エッチな話はばかりは苦手だから、もっと別の話もしたいな」といった伝え方は私の周りでも実践している女性は多かった方法。

ぜひ以上のようなイメージも参考にしつつ、実践してみてください、

要求の把握とアピール女性編「その都度言葉にして伝える」

次に、要求の把握とアピールについては、女性は男性と逆に、「要求をアピールする」ことにポイントがあります。

名前

求めていることを理解してもらうためには、言葉にすることは大切で、私たちが男性のことをわからないことと同じだから、その都度言葉にして要求は伝える。

わかってもらえると決めつけて、自分だけを正当化しても、自分が良い思いをできないだけ。

具体的には、以上のコメントにもある通り、「要求を言葉にして伝える」ことが大切なのだそうで、「自分が良い思いをするため」に必要なことという意見が目立ったのですよね。

こういった感覚は、セフレ作りに成功している女性ほど意識していることのようで、逆に「抱えてしまう女性」ほど、イマイチ満足しきれないという声も多かった印象。

たしかに、私とお付き合いしてくれるセフレの女性も、「積極的に要求を言葉で伝えてくれる女性」ほど、セフレ作りの活動自体が充実している女性は多いです。

また、以上のコメントで大切な要素がもう1つあり、「その都度伝える」という部分なのですが、「日や気分によっても女性は要求が変わる物」ですよね。

しかし、男性は1度聞いた要求を、「その女性が好むこと」だと決めつけてしまう傾向にあるため、「その都度伝えた方がより確実に理解してもらいやすい」わけです。

「理解してもらえないでストレスをため込む」くらいなら、「面倒でも要求を毎回伝えていく」方が、間違いなく女性自身が安定した活動を楽しめます。

そもそも、あくまでもセフレですから、女性も自分のしたいように行動できるような関係が理想でもあるでしょうし、その都度言葉にして伝えていくことはぜひ意識してください!

悩みについての話題女性編「スッキリと安心を満せる」

続いて、悩みについて話題は、女性も積極的に扱う価値があり、積極的にトークテーマとして扱う価値があると言えます。

女性の中には、「あまり悩みや愚痴を話すとイヤがられるのでは?」などと考えてしまう人もいますが…

援助交際などならそれもそうなのでしょうけど、セフレに限っては問題ないと考えて良いレベルで、「そういった本音や感情などは吐き出した方が得」です。

名前
セフレが相手だと、いつもは言えないような悩みも話せるし、それをしゃべることでスッキリできるし安心もする。

理由としては、以上のコメントにもある通り、積極的に悩みや不安を打ち明けることで、「スッキリできるし安心する」からでしょう。

それこそ、セフレであれば世間体を気にすることもなく、「普段は言えないようなことでも言える相手」ですから、それを活かさない手はありませんよね。

また、悩みや愚痴を吐き出すことで、「自分自身がなにを求めているのか?」を再確認できるという声もあり、同時に男性へ要求をアピールできるなどメリットは豊富です。

普通の友人や恋人、家族や夫婦などの関係では話せないことも、セフレという距離感だからこそ吐き出せる内容も多いそうで…

私も実際に、セフレからそういった話をされることは多いですし、そうやって本音を言葉に乗せてくれることで、不思議と親しくなれることも多いのですよね。

セフレはセックスを通じてストレスや欲求の発散もできる相手ですが、セックスをより楽しむという意味でも、自分がより解放的になるという意味でも、愚痴や悩みは効果的です。

そういったことを総合的に判断すると、悩みや愚痴はどんどん解放させていく価値の高いトークテーマと言えるため、ぜひ遠慮しすぎることなく、吐き出してみてください。

それでは、以上で男女双方に向けた会話意識すべきことの紹介も終了し、続いてはそんな会話でもより踏み込んだ内容として、「ホテルへの誘い文句」についても解説していきます。

セフレを上手にセックスやホテルへと誘いたい「誘い文句8種類の評価まとめ」

誘い文句については、男性は実践していくためのポイントや注意点として、また女性の場合は良し悪しの基準などとして、お役立ていただける内容です。

誘い文句8種類
〇文句4選×文句4選
ちょっとゆっくりして行こっか♪セックスしよう
家意外と片付いているのだけど、来てみる?終電ないしホテルいかない?
静かなところでもう少し一緒にいませんか?なにもしないからという明らかなウソ系
迷惑でなければ朝まで一緒にいてほしいです高額のお金や物で釣る系

具体的には、友人から集めたアンケートや私の経験をもとに、以上の合計8種類をピックアップしてあり、これらを友人女性にもLINEで判定してもらいながら解説していきます。

〇文句1「ちょっとゆっくりして行こっか♪」

まず、1つ目の良い誘い文句は、「ちょっとゆっくりして行こっか♪」などの、優しい雰囲気での誘い文句。

優しい印象と、それでいてハッキリとした意思表示ということもあって、女性からしてもわかりやすい言葉で、想像以上に刺さりやすい印象です。

女性たちも以上のように、「ゆっくりして行こうなんてホテルしかない」としながらも、「優しい印象」があることで好感を抱いてくれていました。

これは私もよく使う文句なのですが、ポイントとしては、「ホテル」や「ヤル」などの「露骨な表現を使っていない」こと。

そこはオブラートに包みつつも、「なにをする」や「どこへ行く」などはわかりやすく、間接的な表現ではありますが、「ホテルに行こう」ということをしっかり伝えられます。

優しい言葉で誘うということは、「女性に対しても気を使っている」という感覚があるため、少なくとも横柄な物言いよりは、多くの女性から良いイメージを抱いてもらいやすいです。

間接的といっても「しっかり誘う意思がある」ことは伝わりますし、言葉の内容がソフトなため比較的使いやすい誘い文句ですから、ぜひ実践してみてください。

〇文句2「家意外と片付いているのだけど、きてみる?」

続いて、2つ目に〇文句としては、ご自身の家に招くことができるような人であれば…

「家意外と片付いているのだけど、きてみる?」というような、ホテルではなく思い切って家に誘ってしまう方法も、意外なことに女性から好評だった誘い文句でした。

というのも、男性の部屋は汚いイメージを抱かれていることも多いため、「片付いている」というアピールをすることで、「それなら行ってみたいかも?」と好奇心を刺激するそう。

セックスすることもわかっているし、下心は見えるけど、距離などの条件さえ合えば結構うまくいくことが多いので、試す価値は十分にあると言えるでしょう。

また、「家が見たいからきただけ」というような、自分自身に対する言い訳も女性がしやすい状況で、「女性がズルくいられる」こともポイントなのですよね。

ゆえに、似たようなニュアンスで、「家で飲みなおさない?」というような言葉も、同様の理由から良い誘い文句と言えます。

1つ目と比較すると、多少女性からの好みは分かれるようですが、人によっては以上の通りかなり刺さる傾向があるようなので、家に呼べる男性はぜひお試しください。

〇文句3「静かな所でもう少し一緒にいませんか?」

次に、3つ目の〇文句としては、「静かな場所でもう少し一緒にいませんか?」という、誠実なイメージを与える物。

強引さがなく、「相手が断りやすい誘い方」で、ムリにとは言いませんよ!というニュアンスであるということが、ポイントだと言えます。

具体的な評価としては、丁寧な口調などがとても好感触のようで、「質問形式」ゆえに「女性の逃げ道がある」ため、断りたければ断れるような言い回しは高評価とのこと。

対をなす物としては、「もうホテル予約してあるから行こうよ」というように、相手の逃げ道を断つような誘い方で、「こないなんて言わせない」というニュアンスが隠れた物です。

それこそ、女性からすればセフレやワンナイトなどという関係は、なにをされるかわからないという部分もあるため、強引な物は断られる可能性も高いわけです。

それゆえ、あくまでも誠実に、相手にも選択肢を残してあげるような誘い文句のほうが、安心して一緒にきてくれる可能性は高いたぜひお試しください!

〇文句4「迷惑でなければ朝まで一緒にいてほしいです」

そして、〇文句としては最後の4つ目なのですが、「迷惑でなければ朝まで一緒にいてほしいです」というイメージの誘い文句。

これは一見すると、少し強引な印象を受けるかもしれませんが、「迷惑でなければ」という前置きがポイントです。

迷惑なら断ってくれても良いというニュアンスでもあり、それが自分勝手さを少し消してくれていて…

それでいて、自分がどうしたいのかということは、ハッキリと伝えていて、そのバランスがとても良いのですよね。

名前
迷惑でなければという選択肢はくれているけど、断ったら迷惑なのかって思うと断りにくいし、そこは良くも悪くも少しだけズルい(笑)。

ただ、良い部分もありつつ、「少しだけズルい」という印象も与えてしまうため、これまでの方法と比較すれば多少使い勝手は悪い誘い文句かもしれません。

しかし、「そういうズルさはあり」という評価をする女性もいて、刺さる人には刺さる誘い文句ということは間違いないのですよね。

使いどころや使う相手は難しい印象もありますが、上手に使えればかなり効果的で、実際に私も使用し成功してきている誘い文句なので、こちらもぜひ試してみてください!

×文句1「セックスしよう」

そして、ここからは×文句の解説をしていくのですが、まず1つ目としては、「セックスしよう」というようなストレートすぎる物。

さすがに、最初からそれは正直引くという意見が目立ち、これは残念ながらダメな誘い文句と言えるでしょう。

また、以上でも書いてくれているように、「ヤロうよ」や「ホテル行くでしょ?」といったフレーズや、「エッチしない?」など言葉のパターンはいくつもあるそう。

こういった誘い文句は、「品がない」という印象を与えてしまうそうで、ムードもなければ、相手を軽く見ていなければでてこない発言ですよね。

ゆえに、「女性を下に見ている」というような感覚を与えてしまいますし、「したいのはわかるけど失礼」だと思われてしまうわけです。

セフレなら問題ないだろうと勘違いしている男性も多いけど、セフレを理由に軽視する意味もわかりませんし、そんな間違いは自分の首を絞めるだけなので、ご注意ください。

×文句2「終電ないしホテルいかない?」

続いて、2つ目の×文句としては、「終電ないしホテル行かない?」というような物なのですが…

これは、正直確信犯でしかないと思われてしまうようで、狙っていたわけではないとしても、注意する必要のある誘い文句と言えます。

「終電ないからって言われると絶対なし」とのことで、「散々時間を気にしている人に限ってそうやって誘ってくる」という印象なのだとか。

本来は、終電がなくなるよりも前の段階で、終電大丈夫?など、「電車のあるうちに聞く」ことが当たり前ですよね。

それならば、「終電なくなったね」などと、女性からアプローチをしてくれる可能性すらありますし、工程が変わるだけで結果も大きく変わる誘い文句と言えるでしょう。

中には、終電をなくして誘えばヤレる!というような情報もありますが、それは大きな間違いで、場合によってはかなり不快な印象を与えてしまいます。

そもそも、「必死すぎて痛い」という感覚すら与えてしまうこともありますから、こういった方法は避けるようにしてくださいね。

×文句3「なにもしないからなど明らかなウソ系」

続いて、「なにもしないから」などといって、「明らかなウソをついてホテルに誘う」というケースも、×文句判定されていました。

女性からすれば、「なにもしないのはウソ」だと思うことは必然で、「セックスのチャンスがあった」としても、こういった誘い文句を使うと一瞬で信用を失う可能性もあるわけです。

LINEでも中々にボロクソな評価をしてくれましたが、セフレという関係だからこそ、「自ら信用を手放すような行為」は、絶対に避ける必要があると言えます。

正直、私はそういった愚かな男性がたくさんいてくれるため、ありがいことに多くのチャンスをいただけているわけで、その点では感謝しかありません。

とはいえ、そうやって女性を騙す男が溢れかえるようになれば、一瞬で悪い評判は広まり、セフレ遊びをしようと考える女性まで減ってしまいます。

現代のネット社会は、そういった部分はとても恐ろしく、最終的に苦い思いをするのは確実に自分たちですから、くれぐれも女性をウソで騙すような誘い文句は避けてくださいね。

×文句4「高額のお金や物で釣る系」

そして、「高額なお金や物で釣る」といった誘い文句も、少し意外ではありますが×文句判定を受けています。

これは女性からすると、正直美味しいのでは?という印象を受ける人もいるでしょうが、「高級を押し売る男はお金ですべて自分の思い通りだと思っている」ことが多いのだとか。

そうなると、以上でも書いてくれているように、「お金を出しているという理由でイヤなことも強要」されることもあり…

「勝手にお金で釣ったくせに男しか満足しないセックスで終わり」ということも多いそうで、セフレではなく、「専属の性奴隷みたいな扱い」を女性が受けてしまうこともあるそう。

それこそ、「援助希望の女性が相手」なら、そういった方法で釣ることも効果的でしょうが、「セフレ希望者の場合はそこに要求があるとは限らない」わけです。

そうなると、以上のように良いイメージがあまり抱かれないことも納得で、女性からするとリスクを感じてしまう誘い方でもありますから、男性も注意していく必要がありますよね。

いくらお金や物を積んでも、マイナスイメージを抱かれてしまえば意味がありませんし、そういう物って本来、自分からひけらかす物でもありませんから。

女性にたくさんのお金や物を贈れるくらい稼いでいるという、せっかくの武器をムダにしてしまうことがないよう、もっと有効に活用していくこをオススメします!

最後に

さて、今回はセフレ作りをしていく上で悩む人も多い要素として、セフレとの「約束やデート」に「会話」といった、実際に会う中での攻略を解説してきました。

この辺りは私自身も、日々精進しながら模索している要素ではありますが、ここまでに解説してきたような要素を軸に活動していることで、とても快適にセフレ作りができています。

昔はなにもわからないまま、ただ闇雲に活動していましたが、ベースと言えるような軸を知れたことで、苦しむ状況に出くわしても臨機応変な対応をできるようになりました。

セフレというだけあって、セックスもすごく重要なのですが…

「人間関係を構築していく」こともセフレでは重要な要素と言えますし、今回解説してきた内容は、間違いなくセフレ作りを快適に進めるためのポイントとして役立つはずです。

実際にセフレ作りを成功させている男女たちも、セックス以外で行うセフレとの触れ合いを大切にしているからこそ、成功を積み重ねることができているのですよね。

こういったコミュニケーションに気を回すことって、男女ともに面倒だと思ってしまう人はいるのですが、自分が楽しく活動するためにも、抑えておいて損はありません。

ゆえに、ぜひここまでの解説を意識していただき、楽しく快適に、そしてより確実なセフレ作りを進めていけるよう参考にしてみてください!

そして、私や友人たちと一緒に、素晴らしいセフレとの出会いや関係性などを、思い切り謳歌していきましょう。

セフレの使い方自体は以下の記事で解説していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

こちらの記事もいかがですか?