セフレとのセックスのやり方やポイント・注意したい間違ったプレイ4選

Pocket

セフレを作りたい場合に最も抑えておきたいポイントは「セックスのやり方」でしょう。

より強くセックスしたい欲求や願望があるからこそ、恋人などよりもセフレを求めているわけで、セフレとプレイするセックスは関係の根底でもあります。

しかし、それほど大切な要素でもあると同時に、「セックス自体がそもそも難しく苦労や苦戦をする人の多い要素」で、それでも関係の根底や中心と言えるからこそ悩みどころ。

私も必死に、経験を積む中で勉強は重ねてきていますが、今でも壁にぶつかるような感覚を味わうことは多く、「人によっても感覚がかなり違う」ことも苦労するポイントです。

とはいえ、セフレとの充実した性生活を楽しむためには、間違ってもスルーできない要素と言えますから、今回はそんなセフレとのセックスについてもバッチリ調査してみました。

この記事で分かること

  • 男性がセックスで覚えておきたいポイントや6種類の関係性を解説
  • 女性に喜んでもらえるセックス:「女性主体と言えるセックスを5つの行動で分析」
  • 女性自身が楽しむために:「自分の意見や感覚を伝える重要性も解説」
  • 男性が注意したい間違ったプレイについて:「男子主体で自分勝手なプレイは要注意」

具体的には以上のような内容で、実際に体感してきた上で見出したノウハウとして、「セフレとプレイするセックスのポイント」について、まとめた情報を解説していきます。

私の経験はもちろん、友人にも協力していただきながら、男女それぞれに向けたポイントを詰め込んでいますので、ぜひセフレとの良い関係を築くためお役立てください。

なお、セフレの作り方自体は以下の記事で解説しています。

男性がセフレとセックスする際のポイント「切り替えを臨機応変に」

最初に、男性がセフレとセックスする際のポイントを解説します。

女性から求められることが多い要素として「臨機応変さ」があります。

名前

その時、その時間だけでいいから、私だったらイチャイチャ恋人みたいなセックスがしたい。

別にそれ以外は普通で良いし、むしろイチャつかれても困るけど、セックスの時だけは切り替えてほしいというのが本音です。

とくに重要なポイントとしては、以上のコメントでも書いてくれているような、「その時間(ホテルにいる時やセックスの時)」と、「それ以外」の「切り替え」でしょう。

コメントの中ではイチャイチャする関係性を求められていましたが、この辺りは女性によってかなり色が変わる部分で、人によってそこの求める内容は大きく変わります。

そういった関係性は、「プレイ内容にも直結」しますし、相手がどういった関係性やプレイを好んでいるのかを把握し、それに合わせてセックスを進めていくが重要です。

求められることが多い関係性やプレイのタイプ6選

  • イチャイチャ恋人風
  • 純粋なセフレとしてさっぱり
  • 男性が甘えて女性は甘やかすタイプ
  • 女性が甘えて男性は甘やかす対応
  • 男性S女性Mの関係性
  • 女性S男性Mの関係性

また、私の経験上とくに多かった印象の強い、「女性から求められることが多い関係性やプレイ」は、以上の6種類

外で人目に付く場合などは、友人や知人としての距離感で接し、主にホテルでの時間やセックス中など状況次第では、以上の少し踏み込んだ関係へ「臨機応変に切り替える」わけです。

この辺りを意識すると、女性の気分も盛り上がりやすく、直接的なセックスのテクニックではありませんが、かなりセックス自体も盛り上がるため意識してみてください。

そして、以上のポイントを実践する際にお役立ていただけるよう、「6種類の関係性やプレイ」についても、実体験をもとにそれぞれの内容や特徴を解説しておきます。

イチャイチャ恋人風「幅広い年齢層に求められることがある関係性」

最もポピュラーな印象があり、実際にセフレ作りをしていて幅広い年齢層から私も求められた経験のある、「イチャイチャ恋人風」の関係性について解説します。

10代~20代前半など、学生世代中心に求められやすい関係という印象もありますが、30代以上の人妻さんであれば、「旦那さんと味わえなくなった恋人のような距離感」を求めて…

忙しい社会人女性でも、「恋愛をしている余裕のない女性が温もりを求めて」など、恋人感覚のプレイは想像以上に幅広い層から好まれるため、心の準備はしておきたいところ。

こういったプレイを求める女性に共通していることは、癒しもそうなのですが、それ以上に、「寂しさなどから人との関りを強く欲している女性に多い」という印象でした。

意識するポイントとしては、「男性が想像するようなポップなイチャイチャ」ではなく、女性の場合は「ムーディーでロマンティックなイチャイチャを求めている」ということ。

「楽しい」という感覚よりも、「甘い雰囲気」や「濃厚なコミュニケーション」といったニュアンスで、どちらかといえば落ち着いたイチャラブ感を意識して触れ合えると好評です。

双方が甘え合い、甘やかし合い、それでいて肉体的にはより密着したプレイをするイメージで、「まさに恋人同士でするセックス」といった感覚でしょう。

これというのは、「疑似恋愛的な感覚」が強く、女性側はあくまでも本気の恋愛求めているわけではなくて、プレイの1種や関係性の距離感だという点は要注意です。

男性に多いのが、イチャイチャを求められたことで勘違いしてしまい、勝手に一方的なガチの恋愛感情が芽生えてしまうことで、相手も本気だと思い込み暴走するケース

それこそ、「臨機応変な切り替え」ができなくなり、つねに恋人のような距離感や対応を求める人もいるのですが、相手次第で拒絶されるリスクも高くなるためご注意ください。

純粋なセフレとしてさっぱり「やや寂しさはあるが割り切りやすい」

続いて、「純粋なセフレとしてさっぱり」した関係性についてですが、これは正直好みが分かれる印象で、「人によっては寂しさや物足りなさを感じてしまう」こともあります。

セフレらしさは強い関係性で、「純粋にセックスだけを求め合う関係」といったイメージなのですが、それだけにどこか業務的な感覚なども強く、私は苦手だった時期もありました。

というのも、そもそもセックス以外を行うことがほとんどないため、シンプルでわかりやすい分、やや機械的な冷たさを感じることもあります。

プレイ内容自体も、「短時間集中型でサクッと終わり!」といった方向性なことが多く、純粋に肉体的な相性が相当良くないと、長続きさせることがすごく難しいですし…

他の関係性と違って、「プレイのコンセプト」などはハッキリとした要素が少ないため、ただでさえ少ないコミュニケーションの中でそこを探っていくことに苦労はするでしょう。

ただ、「余計な感情が生まれにくく勘違いも起こりにくい」ため、純粋にセックスだけが目的の男性からすれば、「割り切りやすい」ため好都合なのですよね。

こういった関係性を求める女性とは、後腐れなく遊びやすいですし、それこそ疑似恋愛といった深めの距離感を求め合うイチャイチャ恋人風とは、真逆に位置する印象です。

私自身も現在は1人ほど、過去にも数人程度「純粋なセフレとしてさっぱりした関係性」を求める女性とお付き合いしましたが、「精神的に楽」なタイプではあります。

多くは求められませんし、連絡は最小限で会う頻度もそこまで多くなく、セックスの相性さえ合えば、定期的にお互いが性欲を満たし合うだけのシンプルさは快適なことも。

趣味の色などは控えめなため、意図して狙うことは難しいですが、セフレ探しをしていると定期的に出会う機会はあるので、好む場合はとにかく数を打って活動してみてください。

男性が甘えて女性は甘やかすタイプ「女性から需要は高いけど苦手な男性が多い」

次に、最初に紹介したイチャイチャ恋人風が、双方甘え合い甘やかし合う関係だったわけですが、それに近い関係性として「男性が甘えて女性は甘やかすタイプ」という物もあり…

こちらは「甘え」と「甘やかす」の矢印が交差せず、それぞれ一方通行になる関係性で、女性からの需要は高い印象もありますが、「男性は苦手意識を抱く人も多い」のですよね。

なぜなら、男性は甘えられることには慣れていて、甘え合い甘やかし合うような関係も慣れているのですが、「自分が一方的に甘えることには不慣れ」な人も多いからです。

ゆえに、セフレを出会い系サイト・アプリで探していると、女性からの需要は高いため「男性が一方的に甘えること」を求められる機会は多いけど、うまく立ち回れないケースも。

また、甘える度合いの振れ幅は意外と広くて、「赤ちゃんプレイ的なベッタベタの甘え方」を求める女性もいれば、「総合的に男性をリードすることで甘やかす」女性もいます。

こういった女性と出会った場合のコツは、「恥ずかしくても徹底して甘えるスタンス」を貫くことで、下手なプライドは見せない方が、間違いなく馴染みやすいのですよね。

理由は、甘やかしたい女性の特徴として、「そもそも母性が強く天然で甘やかしてしまう人」と、「男性より上に立つような感覚に安心や興奮」を味わう人の2タイプいるからです。

前者の場合はそこまでハードルも高くないのですが、後者は少し難しいところもあって、「日頃対等、または上から目線の男性にイヤな思いをしている反動」なこともあります。

ゆえに、そういった不満をセフレで解消しようとしているのに、「自分が思っているような甘え方をしてくれない男性が相手」だと、満足してもらえずほぼうまくいきません。

さすがにキャピキャピ媚びまくる必要はありませんが、セックスとそれ以外を含めて、「女性に身をゆだねる感覚」は必要なので、その辺りは意識して立ち回りましょう!

女性が甘えて男性は甘やかすタイプ「ダメは禁物!ワガママを聞いてあげる」

そして、次は以上の関係性と反対に、「女性が甘えて男性は甘やかすタイプ」の関係性ですが、こちらはイチャイチャ恋人風と同等程度男女双方から好まれている印象。

自分が甘えるよりも、甘やかす方が男性は自然に行いやすいですし、そういう意味では立ち回りやすさも高い関係性と言えるでしょう。

そんな女性を甘やかす場合のポイントは、「自分のできる範囲で」という条件はありますが、極力「ダメ」や「ムリ」といったワードを避けながら、「ワガママを聞く」こと。

さすがに高額のプレゼント要求や、できもしない約束などはNGとしても、「面倒だけどできること」などは、とことん付き合ってワガママにいさせてあげると良いです。

また、年齢的に若い学生世代の女性だと、場所や状況に関係なく甘やかしてほしがる女性も多いため、比較的感覚を掴みやすい印象もあるのですが…

注意しておきたいことは、同じく若い女性でも「若妻」や、「社会人女性」などの場合は、かなりハッキリとしたメリハリを求められるのですよね。

それこそ、切り替えなどはしっかりと臨機応変に行うイメージで、「人に見られる可能性がある場所やタイミング」と、「2人切りの空間や時間」でかなり高低差があります。

理由は単純で、男性に甘えているところを「人から見られたくない」や、「人に見られると困る」といった要素を抱えているためで、この辺りは男性も理解して接する必要があります。

たとえば、関係が深くなりセックスする機会も増え、「相手の女性が甘えん坊でそういうセックスや接し方を続けていく」と、慣れて境界線があやふやになることもあるのですよね。

しかし、そこで上手に切り替えていけない男性は、仲良くなったはずでもリスクを警戒されてしまい、場合によっては切られてしまう可能性も高いため注意が必要です。

この辺りはかなりシビアに受け止めている女性もいて、セフレという関係だから解放している表情なことも多いため、メリハリはしっかり意識しておくことをオススメします!

男性S女性Mの関係性「遠慮しすぎずしっかり攻め(責め)切る」

続いて、以上までの物よりもハードな響きがある、「男性S女性Mの関係性」について。

響きだけを聞くと、多少ハードルは高い印象も受けますが、男性が攻め(責め)で女性は受けという形のため、実際はノーマル寄りと言える関係性でもあるのですよね。

とはいえ、そこに趣味の色が入るほど、よりマニアックなプレイも取り入れる関係へと姿は変わるため、「どれくらいのSM具合を求めているのか?」は重要です。

たとえば、ガッツリドM気質の女性が相手だった場合は、男性もSレベルをその女性に合わせて高めた対応が必要ですし…

ノーマルに近いM女性が相手なら、こちらはたとえドS気質だしても、そこは多少我慢してでも相手の感覚に寄せることが求められます。

その上で、以上のような塩梅に関係なく、「遠慮しすぎずしっかり攻め(責め)切る」ことがポイントで、中途半端なプレイや対応は冷めるリスクもありますからね。

「ノーマル寄りの場合でも?」と思う人はいるでしょうが、たとえM度が薄くても、「Mの気質があれば男性からSに対応されることを好む」のは変わりません。

女性によって、「男性から奉仕させられることに喜ぶタイプ」や、「徹底的に責めてもらいたい女性」など、幅は会ってもSとMの関係は一貫して求められる傾向にあります。

ゆえに、そこの関係性やプレイがブレてしまうと、「合わない印象」を与えてしまいやすくなるため、ソフトなSM関係だとしても男性自身がS寄りの感覚を貫くことは大切です。

注意点としては、「セックスだけで男性にSな対応、自分がMに振る舞うこと」をそれぞれ求める女性も多いことで、そこの塩梅もしっかりと探る必要はあるでしょう。

男性が勘違いした挙句失敗するケースとして、LINEや電話などセックス以外でもSな対応をしてしまい、命令や上から目線で女性に対応してしまうこともあるのですが…

それは想像以上に需要は少ないため、相手の好みもリサーチしながら、対応していくよう心掛けてみてください。

女性S男性Mの関係性「ハードルは高いけど双方演じ切ることがポイント」

それから、以上の物と逆転する、「女性S男性Mの関係性」を求めている女性ですが、これは少々難しさもある印象です。

というのも、そもそも女性でS気質の人がいたとしても、「実際にSとして振る舞える人は少ない」ですし、男性でもMに徹することができる人は少ないのですよね。

いざ当てはまる女性とプレイしても、またコミュケーションを取っていたとしても、「グダグダした雰囲気になってしまい微妙な空気が漂う」こともよくあります。

そのため、少なくとも男性が最低限意識しておきたいことは、少々ハードルは高いのですが、「しっかりとMを演じ切ること」が重要です。

この辺りは他の関係でも同じようなポイントを言えるのですが、こちらの場合はとくにそこを強く意識しながら、「理想は男女双方が最後まで演じ切る」ことなのですよね。

とはいえ、女性が演じ切れるかについては相手次第な面も強いですし、「少しでも相手が演じ切りやすいように、男性は徹底して演じる」ことが必要なわけです。

そもそもドMの男性や、M性感好きという男性なら対応しやすいのですが、そうでない場合は想像以上に苦労することも多いため、意識して心の準備もしておきましょう!

セックス前~セックス後までの流れを6段階でまとめてみた!

それでは、以上で関係性やプレイについても一通り解説できたのですが、以上のようなポイントなどを踏まえた上で、「実際にセックスする時の流れ」についても解説しておきます。

第1段階【ホテル以外で関わる状況】

  • ある程度の距離感で、あくまでも友達というイメージの対応。
  • 場合によっては、そこまで近い距離感ではなく、知り合いくらいの距離感でも良いという人は多いです。
  • 求められている場合は、相手に合わせて臨機応変に、相手が好む関係性を実践していく。
第2段階【ホテルについてからの状況】

  • 距離感をグッと近づけ、相手の女性が理想としていると想像できる接し方で、雰囲気を変える。
  • まだ理解しきれていない場合は、ホテルに2人切りという空間を活かして、このタイミングで好むプレイなどを探っていっても良い。
第3段階【プレイスタートやベットインしてからの状況】

  • 第2段階(場合によっては第1段階時点)での雰囲気チェンジに合わせて、プレイ内容を選択。
  • 相手がM気質であれば少しS気味に責め、S気質の女性にMとして対応。
  • 甘えたい女性は徹底的に甘やかし、甘えられたい女性には徹底的に甘える。
  • 甘えたい願望が強い女性とはとことんイチャラブなセックスをしてみる。
第4段階【プレイ終了直後にホテルでの状況】

  • ここまではギリギリ、以上までの雰囲気を守りつつ、余韻を楽しむこともあります。
第5段階【プレイ終了後のシャワー後という状況】

  • 基本的にこの辺りから、距離感を少しだけ離し、友人知人として楽しく会話するくらいの距離感に戻る感覚がベスト。
  • あまりグダグダと引きずることがないよう、それでいて感情移入しすぎないように、しっかりと切り替える。
第6段階【帰宅中~それ以外の状況】

  • メールやLINEでエロトーク、または普通のトークをすることもありますが、あくまでもセフレということはお忘れなく。
  • 恋人だと自分自身誤認してしまわないよう、「セフレとして次回のセックスにまつわる相談」や「セフレとして今回のセックスに対するリサーチ」などはあり。
  • 「友人知人としての日常会話」などもありですが、「色恋を意識してガチな口説きメール」や「レスポンスが遅いことなどへの指摘(束縛)」などは禁物。
  • 友達以上に踏み込んでも、恋人以下の存在という関係であること、その距離感などは、勘違いしてしまわないように注意。

具体的なイメージは以上の通りで、「流れを尊重すべき部分」と、「切り替えをしっかりと行うべき部分」があることも、ご理解いただけるはずです。

恋人などの関係とは違い、「セフレとの関係やセックスではメリハリがとても重要」で、関係性やプレイの解説でも触れたように、臨機応変な切り替えはポイント。

セックスに対する知識やスキルなども大切ではありますが、こういった内容は「セフレとしてのマナーにも通じる内容」ゆえ、セフレ初心者の人はとくに意識してみてください!

それでは、以上までの内容を踏まえつつ、もう少しだけ踏み込んで、「女性から喜んでもらえるセックスのポイント」についても解説していきます。

女性から喜んでもらえるセックスのポイント

まず、根本的な問題として、女性に満足してもらうセックスとはどんなものなのか?

この問題を複雑にする要因は、女性に満足してもらうことを1つの目標にしたとして、その方法を理解したとしても、「そもそも女性の感覚を男性は理解が難しい」ことにあります。

なんとなく理解したつもりで実践しても、「それが結果としてうまくいっていなかった」という経験は、男性ならしたことがある人も多いはず。

たとえば、男性はセックスでのゴールは射精にあるという人が多く、そこまでの過程を楽しみつつ、「最後にある射精という明確なゴールを目指してプレイ」しますよね。

しかし、「女性の場合は、セックスでのゴールが絶頂だとは限らない」ため、そこが男女の感覚差としてすごく複雑なポイントです。

名前

男性からすると、自分と重ねているのかな?女性はとにかくイキたいというように思われている。

でも本当はそんなこともなくて、イケたらそれは良いけど、イクことだけに固執しているわけではなくゴールがない(決めていない)人もいて、ただイケればいいわけではない。

それどころか、以上の女性も書いてくれているように、「イクということに固執しているわけではない女性もいる」そうで、「明確なゴールを作っていない女性もいる」のですよね。

もちろん、絶頂を迎えさせてあげることができれば、それは満足につながる可能性も高いですし、そこを目指してセックスを学ぶことはとても素晴らしいことです。

実際に私も、女性により深い快感や絶頂を味わってもらうために努力していますし、それを求めてくれる女性、追及してくれる女性もいますからね。

とはいえ、男性が思うような絶頂というゴールだけを目指してしまうと、「女性は満足しきれない」こともあるそうで、その辺り男性は自分との違いに注意が必要でしょう。

セックス全体について「男性がゴール重視に対して女性は過程を重視している」

というのも、男性にとってもっとも重要なことは、以上でも触れた通りほとんどの場合が射精というゴールにあり…

そこへとたどり着くために、色々なプロセス(愛撫やコミュニケーションなど)を積み重ねます。

しかし、女性の場合もっとも大切な要素が「ゴール」ではなく、「男性目線で見た場合のプロセスにあることが多い」のですよね。

名前

ハッキリはわからないけど、イキたい!イッてみたい!などは思っています。

でも、それはエッチをする目的の極一部で、女性はそこだけではなくて、「そこまでも大切」っていう感覚。

そのため、以上の女性も書いてくれているように、「絶頂への願望などはセックスする理由の極一部」というケースもあるわけです。

ゆえに、イッてもらうことだけに男性が執着して取り組んだとしても、人によってはそれ以上に、またはそれと同じくらい重要な要素を抱えている可能性も高いわけです。

たとえば、「沢山キスをしながらセックスしたい」という欲望をもつ人もいれば、「長い時間をかけてセックスしていたい」人、「刺激的なプレイを楽しみたい人」など。

それぞれがイクということの他にも、終わるまでのプロセスや、触れ合いの部分などに、「重視している要素」があるのですよね。

心が満たされたい人、感情的な興奮を満たしたい人、そこに加えてイクなどを含めた、肉体的な欲望を満たしたい人など。

色々な形が、男性以上に色濃く表れるわけです。

その辺りは、かなり男女で感覚差があるため、男性は女性にしっかり寄り添ってあげられるよう意識していくことが、女性に満足してもらうために大切な基礎と言えるでしょう。

プレイの進行速度や時間「少し焦らすくらいでちょうどいい」

次に、以上のような感覚に慣れることを目指しつつ、同時に意識してほしいこととしては、「少し焦らすくらいでちょうどいい」といった感覚です

挿入するまで、そして挿入してからも、「基本的にはゆっくり時間を使う意識」で接していき、自分自身の興奮などはグッと我慢して触れ合うイメージをもつと良いでしょう。

名前
女性の身体は準備にも時間がかかるから、できるだけ時間を使うっていうことを、男性には覚えてほしい。

女性は男性よりも、心身ともにセックスでは準備も必要なため、「男性が思う進行速度やプレイ時間」では、満足にセックスを味わえないこともありますからね。

挿入後(挿入時)「ピストンは落ち着いてまったりと」

続いて、挿入についても同様で、極論射精するタイミング以外は、「ピストンもガシガシと強くしなくて良いくらい」です。

いきなり激しくピストンしたりはせず、入れるときもゆっくり挿入し、入れてからはあまり動かず…

キスや乳首の愛撫をしてあげながら、しばらくは動かずじっとしているのがベストでしょう。

たとえば、エロ漫画や有料アダルト動画などでは、女性は強烈なピストンをされることで喘ぐイメージでしょうが、それはあくまでも演出で現実だとそんな女性ばかりではありません。

中イキやポルチオイキ、挿入で満足している姿など、激しいピストンとセットで演出されていることが多いため、勘違いする男性も続出してしまうのですが…

中にはそういったプレイで興奮し快感を得る人もいますが、「イクことや満足するためには優しいピストンで十分」な人も多く、「強く激しくではイケない女性も多い」です。

「男性は挿入するだけでも気持ちよくなる」ため、「激しく動きたい気持ち」は私もわかりますし、それを理解してくれている女性いますが、実際は男性の独りよがりなのですよね。

【女性に聞いた:女性が挿入で満足できる要素は?(32人回答)】

(※女性の友人から集めた意見を参考に、質問を決定し、投票を呼び掛けています)

以上のグラフでも、「挿入で満足できる要素」というタイトルで女性から票を集めてみましたが…

「優しく奥をゆするような動き」や「入れたら少しそのまま」に、「ゆっくりと動いてくれる」ということなどが、圧倒的に支持を集めていました。

そして、それらの意見に続いて、「キスしながら」や「密着できる体位での挿入」など、優しさを感じる挿入が全体的に好評なのですよね。

比較しやすいように、「確実にイクことができるような挿入」という非現実的な要素も、あえて含めてみましたが、こちらはそこまで票が集まっておらず。

絶頂に関しては、そういった挿入の中であるプロセスを踏んだ先に、そこで満足できてからくる物だという感覚が、女性にはあることも理由なのでしょうね。

どうしても、興奮すると私だって、自分本位になってしまいがちですが、そこは少しでも女性にも寄り添った挿入ができるよう意識していきましょう!

性感帯について「女性の性感帯は幅広いため好きな場所やプレイを把握する」

そして、以上までのようなポイントをしっかりと実践していくためには、「相手のすでに敏感な性感帯」や「触られたい場所」、「好みのプレイ」などを把握する必要があります。

すでに敏感な性感帯であれば、触り方次第で快感を得てもらう、絶頂に到達してもらえる可能性も高いですし…

触られたいと思っている場所は興奮を高めやすく、意識も集中してもらいやすいため開発も進めやすいなど、「相手をよく知ることは女性の満足を引き出すために効果的」です。

とはいえ、ここで問題として挙がってくることは、「どうやって把握するのか?」ということでしょう。

その方法として言えることは、「女性の反応などから探りを入れて、自分で見つけていく」という物で、これができれば理想です。

女性はあまり、自分の性的な欲求をさらけ出すことができないため、男性がそういった部分をバシバシ見つけだし、掴んであげることができればそれは最高な状態。

ただ、それってむちゃくちゃハードルは高いですし、そう簡単にはできませんよね。

そこで、そういった理想とは反してしまう部分もあるのですが、「女性自信に聞いてしまう」という方法がもっともオススメなのですよね。

恋人ではなくセフレですから、そういうことも教えてもらいやすいですし、LINEのやり取りや2人で食事をする機会に。

また、とくにベッドの上や一緒にお風呂に入りながらなど、「プライバシーが守られているタイミング」であれば、想像以上にチャンスは沢山あります。

あまり強引に、ムリヤリ聞こうとするのはNGですが、しつこく聞かなければ、恥ずかしがる程度済むことがほとんどですからね。

しっかりと、そういった部分のコミュニケーションは積極的に取っていきながら、女性にも満足してもらえるようなセックスを目指してみてください!

それでは、以上までの男性へ向けたアドバイスからは少し変わり、続いては「女性自身がセックスを楽しむためにするべきこと」の解説も進めていきます。

女性自身がセックスで楽しむためにすべきこと「自分がしたいことを口に出す」

ただ、1つ言えることとしては、特別難しいことはなく、すべき行動自体は比較的単純です。

具体的には以上の女性も書いてくれている通りで、自分がしてほしいプレイやしたいこと、触ってほしい場所などを、「ハッキリと口に出してパートナーに伝えること!」という物。

自分が思う要求や世級などを、ストレートに伝えるということで、こういった意見は以上の女性だけでなく、セフレ作りを楽しめている女性の多くが感じていることなのだそう。

とはいえ、「比較的単純」だと書きましたが、それはあくまでも行動自体が単純なだけで、「気持ちも考えると恥ずかしさなどから実践できない女性もいる」わけですよね。

名前

恋愛よりも良いと思うことがあってセフレを選んでいるはずなのに、欲を我慢したら意味がない。

どんなに上手な男性が相手でも、快感や感覚は男女で違うわけだし、それはしっかり口に出して伝えないと、わかってもらえないこともある。

それでも、それで我慢してしまうようなことがあれば、「意味がない」というコメントの通りで、「女性自身のためにならない」ことは間違いありません。

セフレというのは、「女性だって性的な欲求や願望」に対して、本来は「ワガママになっても良い関係」で、「ワガママになりやすい関係」でもあるのですよね。

口に出せば伝わることでも、「女性が遠慮や我慢をして解放しない」のであれば、「せっかくセフレを作っても自分だけ満足できず損をする」ことだってあります。

この辺りは、「言わなくても男性が理解できる」なら理想的ですが、コメントでも女性が書いてくれていたように、「女性と快感や感覚が違う男性」には難しい部分もあるわけです。

それこそ、「言わずに失敗を続ける」くらいなら、「思い切って伝えることで楽しく成功していく」方が、確実に女性自身のためと言えるでしょう。

どうしても難しい場合は「色々なアピールを頑張る」

しかし、それでも自分から口に出していくことは、いきなり実践するハードルは中々に高いと感じる女性も多いのですし、そう簡単に整理できることでもありませんよね。

そこで、そういった場合にできる対策として、「色々なアピールから頑張る」と良いそう。

名前

もっと触ってほしい場所があれば、恥ずかしがりながらでも良いから、気持ち良いと口に出して言う。

もっと恥ずかしいかもしれないけど、触ってほしい場所ではハッキリ喘いでみるなど、アピールしてみる。

たとえば、以上のようなアピールなどは男性からしても効果的な印象で、直接的な言葉ではなくても、「もっとしてあげたい」と思えるようなアピールという印象。

また、「キスをしたい時は顔を近づけてみる」や、「腕に絡まって性感帯へ誘導」する、「挿入してほしい場合は愛を絡めてみる」などもアピールとして効果的でしょう。

ポイントは、ムリに言葉として伝えなくても良いので、「自分がギリギリできそうな表現」で、「どんな行動や仕草でも良いからとにかくアピールをする」ことなのだそう。

その結果、うまく相手に伝われば、「少しずつセックスで愛される女性」にもなるそうで、女性自身とても快適にセフレという関係を楽しんでいけますよね。

男性にお願いするというよりは、自分がより満足するために男性を転がすイメージで、「男性をうまく利用する」くらい、「思い切りワガママになる感覚」でも問題ないレベルです。

というのも、間違いなく言えることは、「直接ハッキリ伝えるorできる範囲でアピールする場合の双方とも、それで不快感を抱く男性や否定する男性は少ない」ですからね。

口に出して伝えることも、アピールすることも、男性の反応に不安な気持ちや恥ずかしさなどを抱えてしまう女性は多いでしょうが、そこはぜひご安心ください!

それでは、女性自身が楽しむためのポイントも一通り紹介したところで、「男性が注意しておきたい間違ったセックス」についても、続けて解説します。

男性が確実に注意しておきたい間違ったセックスのプレイ4選

というのも、ここまでの内容でもご理解いただけている人はいるはずですが、「そもそも男性と女性でセックスに対する感覚は違う」わけです。

男性は良かれと思ってしていること、興奮に任せてしてしまっていることなどが、女性にとっては悪い印象の物で、「もうこの人とはしたくない」なんて思われてしまうことも…(汗)

そういった間違ったセックスで、「男を下げてしまう」と、いつまでたっても良い関係なんて作ることはできませんから、「自発的に注意していく必要がある」のですよね。

間違ったプレイ4選

  • いきなりディープキス
  • 愛撫をすぐに終えて挿入
  • ムダにピストンを激しくする
  • すぐにフェラチオを要求する

具体的には以上の4つが注意すべきプレイで、「なぜダメなのか?」ということを、実体験や女性から集まった意見も参考にしつつ、解説していきます。

間違ったプレイ1「いきなりディープキス」

まず、1つ目の間違ったプレイは、「いきなりのディープキス」でという物。

それでも、「キスからはじめるセックス」自体は、とてもいいことで、支持している女性も多いプレイです。

しかし、男性がしてしまいやすいこととしては、「いきなり舌をねじ込んでのディープキスをしかける」ということで、「それが男女双方エロく興奮できる物」だと思いがち。

名前

私が引いてしまうのは、最初から思いきり深いキスをされることで、ものすごく冷めてしまいます(笑)。

気持ちのリズムもあるし、少しずつ軽いキスから、徐々にディープにすてほしいです!

ただ、以上の意見でもわかるように、「キスにも気持ちのリズムがある」わけで、「徐々にディープにしてほしい」という女性の方が多いのですよね。

まずは軽いキスからはじめ、徐々に深いキスを堪能し合うということを意識したほうが、「上手なキス」や「気持ちいいキス」だと思われやすい印象です。

女性が少しずつ気分を高めていくことができるよう、最初は優しいキスからはじめていくことで、「女性が興奮するリズムにマッチしやすい」ことが理由でしょう。

それこそ、恋人ではありませんが、女性はムードなどから徐々に気持ちを高めていくため、この辺りを実践するだけも相手からの反応はかなりハッキリと変わります。

お恥ずかしながら、私も昔は興奮に任せて、いきなりのディープキスを求めていた時期もあり、だからこそ女性から違う反応が返ってくることも強く痛感できているのですよね。

面倒に思ってしまう男性もいるかもしれませんが、実践して損はありませんし、むしろ実践していくことにメリットのある要素ですから、積極的にお試しください。

間違ったプレイ2「愛撫をすぐに終えて挿入」

そして、続く2つ目の間違ったプレイは、「愛撫をすぐに終えて挿入する」という行為で、これはかなりの不人気プレイです。

ここまでにも書きましたが、女性は興奮を徐々に高めていきますし、深い絶頂を感じるためには、しっかりと肉体的な興奮や快感も準備してあげる必要があります。

ゆえに、簡単にキスをしておっぱいもちょっとだけ触って、アソコも軽く撫でるだけ、そのままレッツすぐさま挿入!などは論外

女性は気持ちよくなってくれませんし、なにより継続したセフレなんてつくれません。

エロ動画やエロ漫画のように、サクッと入れてサクッとイカせるなんてことは、ほぼほぼ夢物語というわけです。

それこそ、以上のコメントからもよくわかる通り、「シンプルに否定されてしまうほど最低なプレイ」で…

私は過去に、濡れが足りないことでうまく挿入できないハプニングに遭遇した経験もあり、今思うと若気の至りですが、お通夜レベルの空気を味わうはめになります。

中には、以上の女性同様に、「そもそも中イキするために他の部位でもイッておく必要がある女性」などもいて、「挿入だけで単純にイケる女性の方が少ない」くらいなのですよね。

とくに、奥(ポルチオ)でイク女性などはよりその色が濃く、「前技でイッて子宮が下がった感覚を感じてからでないとイケない」という意見もあるほどです。

男性であれば、興奮して勃起すれば、それで射精の準備は整うわけですが…

女性の場合は、「イクことも準備の1つ」というケースもありますし、「満足感を得るためにも時間はかかる」物なのですよね。

それだけに、「愛撫はしっかりと丁寧にする」ことが大切ですし、「気持ちいい部分を責めて興奮させてあげること」も重要で、それをムシして良いセックスなんてできません。

愛撫は本来サクッとする物ではなく、触れ合いながらお互いに興奮を高めて、とくに女性がきもとよくなるための準備をしてあげる物ですから。

ぜひ以上のような意識で、自分の興奮や求める快感にとらわれず、女性と一緒に楽しみながら、一緒に気持ちよくなれるセックスを目指してみてください。

間違ったプレイ3「ムダにピストンを激しくする」

次に、3つ目として紹介する物としては、「ムダにピストンを激しくする」という物。

激しく動いて、簡単に絶頂が迎えられるのは、「男性側のみだと思っておいたほうが良いレベル」です。

名前

マジで苦手なのは、やたらムダに激しく動く人で、本当に痛いので(汗)。

まったく快感なんてないし、痛いだけで怖いし、早く終わってほしいと考えていて、なにも楽しくない。

それこそ、「女性自身は快感もなく早く終わってほしいと思ってしまう」ほどで、ムダに激しくピストンするようなプレイは、男性だけが楽しんでいる状況なのですよね。

また、もっとも大きなリスクとしては、以上の女性同様に、「痛い」という感覚を与えてしまうこと。

本当なら気持ちよくなるはずだった行為で、痛いという不快感を味わうわけで、そうなったらその男性とは、何度もセックスしようなどと思いませんよね。

とくに子宮辺りに関しては、「開発が進んでいないと優しくしていても痛い場合もある」わけで、それでいてとても大切な部位ですから、恐怖を覚える女性もいるくらいです。

相手が恋人で、本当に好き合う人間同士であればまだしも、セフレという関係で、そのような感覚を味わえばイヤになることも当たり前と言えます。

男性からすれば、どうしても激しくピストンしたほうが興奮もするわけで、つい誘惑に負けてしまう人も多いのですが…

相手を思いやらないセックスでは、女性に失礼なことはもちろん、オナニーしているのと変わりませんし、完全にひとりよがりなのですよね。

それって、セックスをしている意味もなければ、「女性が自分とのセックスで気持ちよくなってくれている」という、楽しみや醍醐味まで捨てていることと同じなわけです。

そこに、「もうこの人とはしたくない」というレッテルまで、オマケとしてついてくるわけで、まさに男を下げまくる行為と言えますよね。

男性は嫌でも、射精さえできれば最低限気持ちよくなれる部分もあるわけで、最終的には気持ちよくなれる確率が女性よりも高いわけです。

そうなると、セックスをする以上は、本当なら女性に余裕をもてる部分もあるわけですし、相手にももっと目を向けてあげることができるはずなのですよね。

少しの我慢で、もう少し冷静になれれば、自分だけではなく相手も気持ちよくなれる可能性が高まるわけですから、そういった優しさはぜひもって接していきましょう!

間違ったプレイ4「すぐにフェラを要求する」

そして、間違ったプレイとしては最後の4つ目で、「すぐにフェラを要求する」ということも、ナンセンスです。

これというのは、自分はほとんど愛撫もせずに、すぐにフェラを要求し、しかも長くフェラをさせる男などはとくに絶望的でしょう。

名前

ほとんど私にはなにもしてくれないで、自分だけフェラさせてくる人はイヤですね。

こちらにもたくさん愛撫してくれて、それでお願いされればイヤではないけど、一方的なのはツライといつも思います笑。

たとえば、「女性への愛撫を簡単に終わらせて、フェラで立たせて即挿入」というような物は、女性からすればセフレとする意味がないですよね。

セフレというのは、「対等さのある関係」ですから、一方的に女性が奉仕するような関係は、ほとんどの女性がイヤな気持ちになってしまう物なのです。

以上のコメントにもある、「女性にもしっかりと愛撫をした上でフェラをお願いする」ことが、当たり前であり自然な形と言えますし、そこは勘違いしたらいけませんよね。

1つ言えることは、フェラという行為自体が完全否定されているわけではなく、順序や中身に問題がなければ、受け入れてくれる女性事態は多いプレイなのですよね。

女性にも楽しんでもらえなければ、セフレを作ることはできませんから、自分自身が充実した関係を作り上げるためにも、自分だけが満足するようなプレイにはご注意ください!

それでは、以上でセフレとのセックスについても、一通り解説したところで、「セフレと出会う方法」についても、続けて紹介しておきます!

セフレと出会うにはどうすれば良いの?:「出会い系サイト・アプリがオススメ!」

というのも、セフレを探す方法って、男女ともにすぐ思い出せる物がたくさんありますよね。

たとえば、ナンパや合コンに友人知人からの紹介、最近だと街コンなども、セフレ探しの手段として注目されることはあります。

しかし、長くセフレ探しの最前線で活躍していて、今でももっとも優秀な方法と言えるのは、「出会い系サイト・アプリ」を使った方法でしょう!

セフレ作りにオススメできる最強出会い系サイト・アプリ5選!

中でも、以上でピックアップしている5つの出会い系サイト・アプリは、正直セフレ探しをしていく上で、「確実に登録しておきたい」と言えるほどの存在。

実際に私は、5つすべて併用しているのですが、それぞれ強みや魅力もことなるため、どれを使っても良い出会いを経験できています。

それこそ、出会い系サイト・アプリに対して苦手意識やマイナスイメージを抱いている男女もいますが、本岐で成功を求めセフレ探しをするなら、「使うこと自体が攻略」です。

私自身そう言い切れるほど、セフレ探しをする中で、圧倒的な恩恵を受けてきました。

ゆえに、少しでも興味があれば、また迷う気持ちがあるなら、使って損はありませんから。

この機会に、ここまで解説してきたノウハウを実践していただくためにも、ぜひまずはお試し感覚でのご利用から、はじめていってみてください。

最後に

さて、今回の記事ではセフレという関係を攻略する中で、ラスボスと言える要素でもある、「セフレとのセックス」を中心に掘り下げて解説してきました。

今回紹介した内容は、「確実に抑えておきたいポイント」といったニュアンスで、私も実践しながら外せないと感じている要素を、詰め込んであります。

中でも、「女性に喜んでもらえるセックスのポイント」などは、男女双方の認識がすれ違いやすい部分でもあり、とくに男性で苦労する人が多い印象です。

それでいて、理解が難しいからと諦めてしまう男性も多く、その結果失敗が続く要因にもなってしまいますから、私の経験上から言っても確実に抑えておきたいところでしょう。

最初の内は慣れずに苦戦もするでしょうが、どの内容も意識し続けていくことで絶対に身に付き、そして役立つ情報なので、この機会にぜひ覚えていってみてください。

そうすることで、セフレという関係が必ず充実していきますから、苦労を乗り越えた先にある素晴らしい体験を、ぜひ一緒に味わっていきましょう。

セフレの使い方自体は以下の記事で解説していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。

こちらの記事もいかがですか?