セフレ作りで失敗確実?女性からセックスを嫌がれる男性の特徴5選

Pocket

セフレと継続的に関係を維持したい人は多いですが、男性から多く悩みとして届いていた内容に「関係が続かない」ことを悩む声が目立ちました。

女性も継続的な関係を望んでいる以上、本来ならそういった目的も達成しやすいはずなのですが、現実はというと、「毎回1度会って終わる男性が多い」のですよね。

それこそ、私だって今でも山ほど失敗をするわけですが、そんなことお構いなしに、「セフレを作って継続的に会うなんて嘘だ!」などと言う男性すらいます。

しかし、そういう男性ほど、「セフレとの関係が続かない理由」という物を抱えている物で、そこさえ改善できれば「良い関係をセフレと結べる」というケースも多いのですよね。

そこで今回は、男性が無意識で行うことも多い、「女性からセックスをイヤがられる行動やセフレとして拒否されやすい対応」など、失敗につながる要素と改善策を調査してきました。

この記事でわかること

  • セックスをイヤがられる男性の特徴5選「セックス以外の発言や行動が見られている」
  • 特徴5選それぞれの改善策も紹介「意識を徹底しないとクセになっているかも!?」

具体的には以上のような内容で、男性が継続的なセフレとの関係を結ぶことができるよう、私の実体験や友人から集めた意見も参考に解説していくので、ぜひお役立てください。

なお、セフレの作り方自体は以下の記事で解説しています。

セフレ作り躓き確実?セックスを嫌がれる男性の特徴5選

それではさっそく、「セフレをイヤがられてしまう男性の特徴」から、解説を進めていくのですが、とくに女性から多く意見が集まっていた物は以下の5種類。

女性からセフレをイヤがられてしまう男性の特徴5選

  • 口が悪い
  • 上から目線の発言が多い
  • ネガティブすぎる
  • 時間にルーズ
  • 融通が利かない

どれも基本的には、「セックス以外の要素が注目されている」と言え、セックスだけではなくそれ以外の要素も、セフレという関係で女性から重要視されていることがわかります。

とくに、マナーのような物は、厳しく見られている傾向にあり…

「セックスをする相手」だからこそ、些細なことでも女性の警戒心を高めてしまい、失敗へとつながるリスクもあるわけです。

しかし、問題なのは以上のような特徴をもつ男性が多いと報告されていることで、「無意識で行っている男性」や、「クセとして習慣付いている男性」などもいる問題と言えます。

そこでここからは、そんな無意識や習慣として抱えている男性も多い、5種類の女性からイヤがられる特徴について、改善策も合わせて解説を進めていきます。

ぜひ実践の際にお役立てください。

イヤがられる特徴1「口が悪い」

まず、1つ目の特徴としては、「口が悪い」といった物で、「言葉が汚い」といった意見も含めているのですが、相当批判の声も多かった内容です。

1つ注意確実に注意しておきたいポイントは、それだけ口の悪さや言葉が汚い男性は多いということでもあり、「自分では気づかない内に当てはまっている男性も多い」こと。

名前

口が悪い人は論外。

セフレが友人に近い関係だとしても、あまりにも男同士で会話するような感覚だと、ドン引きですね。

暴力振るわれそうにも思えてしまうし、とても警戒してしまいます。

それこそ、セフレという関係が「友人に近い感覚」のため、異性として接する感覚を忘れてしまい、まるで男同士かのような言葉遣いやトーク内容で触れ合う男性も多いそう。

私の友人などを見ていても、親しみを込めている、またそれだけ気を許しているといった証拠でもあり、「むしろ良いことだと考えているケースも目立つ」のですが…

それはあくまでも男性ゆえの感覚であり、女性からすれば「失礼な印象」を抱く人もいれば、「怖い」や「暴力的」といったイメージで見てしまうこともあるのだとか。

その結果、悪いイメージがそのままセックスにも影響し、「暴力を振るわれるリスク」や「暴言を吐かれそうな不安」から、「セックスをしたくない」と思わせてしまいます。

これの難しいところは、「悪気がない男性も多い」ことで、すでに染みついているため中々気付ないこと。

口が悪いと思われる言動女性から届いていた理由
お前呼び
  • 女性を虐げそうなイメージが強い。
  • 男同士でも本来相当親しくないとマイナスなイメージが強いはずでは?
悪口の混ざったツッコミ
  • 男同士なら笑い話の中で、普通に飛び交うのかもしれないけど、それを女性と2人切りでするのは威圧感があるし、しんどい。
  • おもしろいと思っているのは自分だけ。
場所に関係なく下ネタ連発など下品な物
  • 「品」という言葉をおそらく知らないため論外。
  • キャバや風俗でも、引かれることがあるのでは?
バカやブスなどの暴言
  • そう思うなら会ってくれなくても良いし、セフレで出会うような人にそれを言われたら、その場で帰ってブロック。
  • 愚痴などであれば相談には乗るし、別に良いと思うけど、女性本人に対する暴言はヤバい。
ヤンキー口調やオラオラ口調
  • それがカッコイイのは男でもガキ同士だけで、男性同士ならノリもあるだろうし、幼馴染相手とかだと出るのは良いけど、それを女性相手に持ち込まないでほしい。
  • 大人になってこういう口調の男性は、言葉だけではなく、全体的に汚く思えるし、怖いとも思います。

とくに、以上のような要素は、なにも意識することなく発言してしまう男性も多いようで、注意しておかなくては「口が悪い」という印象を与えてしまう可能性の高い物です。

「できる範囲」などと緩い感覚ではなく、「確実に意識して改善すべき物ばかり」ですし、1つでも思い当たる内容があるなら、早急に対策すべきと言えるでしょう。

「口が悪い男性」の改善策「まずは敬語を意識する」

それでは、どうやって「口が悪い」という特徴を改善していけばいいのか?ですが、「まずは敬語意識する」ことをオススメします。

というのも、私自身お恥ずかしながら、どちらかと言えば口が悪い側の人間で、男ノリだと以上のような注意点も危ういことは多々ありました。

最近はかなり改善しましたが、それを女性の前で無意識に出してしまうようなケースも以前はあり、「口の悪さを直そうと意識しても一向に改善しなかった」のですよね。

なぜなら、口の悪さをなおすという意識は抽象的すぎるため、「結局どうすれば良いのかわからない」という苦悩がまっていて、自分の発言にどんどん自身がもてなくなります。

しかし、もっと具体的な対策として、「敬語を使う意識」で女性と触れ合うようにしてみたところ、「これがかなり効果的だった」わけです。

ポイントとしては、「女性の前で口が悪いと思われる発言や態度を取らない」ことなので、「男性同士の会話」と「女性に接する歳の態度や会話」を、ハッキリ分けることでしょう。

そういった意識で接していくと、「男女別にスイッチを切り替えられるようになる」ため、続けていくことで敬語以外も、自然にマイルドな接し方ができるようになるのですよね。

男性同士の対応がクセとして根付き、それを女性との間にも無意識に持ち込んでしまうため、お前呼びや暴言などもでてしまいますが、区別が身につけば自然と改善されます。

この辺りはある程度の期間継続していくことが必要ですし、出会い系サイト・アプリなどを使っていると、「敬語やめよう」などと女性に言われることもあるのですが…

自分の中でしっかりと意識できるようになるまでは、「発言する前に考える意識」をもちつつ、「適切な言葉が浮かばなかった場合は敬語で反応する」などが得策でしょう。

中々意識しても改善せずに悩むこともあるのですが、継続して意識することで必ず身に付きますから、少しでも思い当たる男性はぜひ参考にしてみてください。

イヤがられる特徴2「上から目線の発言が多い」

続いて、1つ目に近い部分もある内容なのですが、2つ目のイヤがられる特徴は、「上から目線の発言が多い」という物。

「オレ様的な発言」や「女性を見下すような対応」などが、「上から目線」だと思われる男性の特徴で、「これをカッコイイと思って行っている男性も多い」ことが恐ろしいところ。

1つ目の内容と大きく異なる点はその辺りで、無意識ならまだ仕方ない部分もあるのですが、「意図的にキャラ付けしている場合はかなり痛々しいだけ」なのですよね。

名前

女性軽視っぽいし、女性を都合の良い物だと思っていそうで、やたら上から目線の日や横柄な人はダメですね。

それが強い!カッコイイって思っているのかもしれないけど、異性としての魅力を感じられませんし、他に良いところがあってもなしです。

それこそ、以上の女性も書いてくれたように、「他に良いところがあってもなし」なんて言われるほど、壊滅的なまでにダメな特徴だとご理解いただけるはずです。

男性は自分を大きく見せたい物なので、こういった発言や対応をしてしまう気持ちも、多少は理解できるのですが…

それが実際は逆効果で、モテたくてしていることなのに、結果自分の首を絞めているわけで、残念ながら滑稽でしかありません。

上から目線に思われる言動や行動女性から届いていた理由
小さなミスでも異常に貶す
  • 女性が少しでもなにかを間違えると、罵詈雑言で罵ってきて、一緒にいたくないと思ってしまう。
  • プライドが高いから?だと思うけど、おかしな方向に完璧主義で、自分は山ほど遅刻などで振り回すけど、人の失態には酷く厳しいため2度と会いたくないと思う。
人を落としながら自分の自慢ばかり
  • 自分だけ特別といった物言いで、周りを下げながら自分の武勇伝を語り、オレはすごいアピールをしてくるけど、そんなこと興味ないし即さようなら~。
自意識過剰で少しでも気に食わないと怒る
  • 次式過剰な男性は、自分の思い通りにならないとすぐキレて、身の危険を感じるためシャットアウト
命令口調でなんでも指示する
  • 女性を軽視していないと命令はしないだろうし、本当に気持ち悪いです。
  • 命令されて喜ぶ女性がいるという発想に疑問だし、絶対に関わらない方が良いタイプ
女性をオレの物扱い
  • 自分が圧倒的に上、女の子は圧倒的に下みたいな、そういう見下し方をしてくる人は、それ以降一切の関係を断ちます。

また、具体的な特徴は以上の通りで、こういった言動や行動をカッコイイと思って、「自分から演じている男性がいる」ことも驚愕ですよね。

マンガやドラマなどに影響され、猿真似をして演じる男性も多いのですが、少なくとも女性からはマイナスイメージなことが多いため、恥ずかしさを晒さないよう注意してください。

「上から目線の発言が多い男性」の改善策「自分が言われてイラつくことは回避」

では、そんな上から目線の発言が多いような男性は、どうやって改善していくべきかとうと、「自分が言われてイラつくことは回避」することが大切。

こういった男性は、基本的にプライドが高く、自分に上からこられることには、とても敏感な傾向にあります。

そもそも、自分を大きく見せようとして、女性に上から目線で発言や行動をする時点で、「自分の上に立たれるのはイヤだ」という感覚の男性も多いですからね。

そうなると、「当人は少しでも上からな発言や行動をされれば、イラつきや負の感情を抱く」ため、「それは相手も言われたくないことだと変換して飲み込む」ようにしましょう。

幸い、自分の感情が良い鏡になってくれるため、相当ひどい勘違いさんでもなければ、こういった対応を心掛けるだけでもかなり印象は変わります。

私の周りでも、女性に対してひどく上から目線な友人もいたのですが、女性からいよいよガンギレされたことを切掛けに、以上の改善策を実践して自分を見つめなおしていました。

それだけに、間違いなく効果は期待できる方法ですし、自分がどれほど最悪だったのか理解することもできるはずなので、ぜひお試しくださいね。

イヤがられる特徴3「ネガティブすぎる」

名前

セフレにしたくない、セックスもイヤだなと思うのは、ネガティブすぎる人。

一緒にいる意味がみつからないレベルで退屈だし、こんな人で大丈夫?という不安から、身を任せるのもムリ笑。

次に、3つ目の特徴としては、「ネガティブすぎる」という物なのですが、これはもうシンプルに「退屈」という意見が目立っていました。

正直、私もネガティブな部分はあるため、下手に出たくなるような気持ちは理解できるのですが、それを「女性と一緒にいる時でも全開」となると話は別でしょう。

ネガティブな発言などは、適度に使えば笑い話にもなりますし、特別不安を煽るばかりではありませんが、「ネガティブなだけ」では女性も安心なんてできませんよね。

それこそ、それを伝えてどう思われたいのか?といった意見もあり、そのような難解さから、非常に面倒な男性というレッテルを貼られてしまうことも…(汗)

男性側としては、単純に自信がないことなどから、ネガティブな発言をしてしまうケースもあるため、なんとも複雑な思いが沸き上がってきます。

しかし、「一緒にいて退屈」などと思われてしまうなら、これも当たり前ですが改善は必要ですよね。

「ネガティブすぎる男性」の改善策「自信をつけるために場数を踏む」

そこで、実際に私が少なくとも女性の前では、ネガティブすぎるような振る舞いから脱却できた策を紹介しておくと…

「自信をつけるために場数を踏む」ことが、もっとも効果的な方法であり、実践する価値も高い方法だとわかったのですよね。

ネガティブ発言を、「構ってほしいからする人」には意味がなく、その場合ただやめれば良いとしか言えませんが、「自信がなくてネガティブを発揮」している男性には効果抜群

具体的には、「出会い系サイト・アプリで女性とたくさん会ってみる」ことはかなり効率的ですし、他にも「ナンパチャレンジ」や「合コン参加」など、とにかく場数を踏みます。

理由は単純で、「女性とたくさん触れ合いコミュニケーションの取り方」がわかってくると、「徐々に自身もついてくる」ため、ネガティブな発言をする必要もなくなるからです。

多少荒治療な印象もありますが、女性との触れ合いを増やしていけば、「コミュニケーションの取り方も理解できる」ため、自信に加えて不安も抱えにくくなるのですよね。

それこそ、出会い系サイト・アプリを使う場合も、セフレに関係なくご飯だけだとしても、会える女性とは会っていくことが重要

セックスにつながる出会いではなくても、「まずはたくさん女性と触れ合う」ことがポイントで、実際に私はチャンスがあればすべて拾う勢いで活動していました。

ただ、1つ注意点もあって、「女性と触れ合う中で調子に乗って勘違いする」ことは禁物と言え、それで上から目線や横柄な態度を取る男性もいるため要注意

私の周りでも、「ネガティブ→天狗になって上から目線」という流れはかなり多いケースですから…

自信がついてきた!と思った場合は、「イヤがられる特徴2」も合わせてご確認いただくことをオススメします。

その辺りさえ注意できれば、「自信はメキメキつけてもメリットしかない」ですから、活動中もネガティブな発言をしないよう意識はしながら、改善を目指してみてください!

イヤがられる特徴4「時間にルーズ」

そして、4つ目の女性からイヤがられる特徴としては、「時間にルーズ」という物なのですが、これはもうセフレとしてかなり致命的な要素と言えます。

名前

論外だと思った男性はルーズな人で、連絡や待ち合わせ、伝えていたはずの帰宅時間を守らない男性もいます。

私は前後の予定なども考えて、時間的余裕はもつようにしていますが、それでもスケジュールはシビアに管理している方なので、いい迷惑ですね。

以上の女性も、「スケジュールをシビアに管理」しながら、セフレに時間を使っているそうですが、「セフレ作りしている女性は忙しい人も多い」わけです。

それこそ、人妻や社会人女性などは活動できる時間も限られていますし、学生たちもバイト学業の合間にセフレ遊びしているケースもあるため、「ヒマな人の方が少ない」と言えます。

ゆえに、とくに待ち合わせや帰宅時間などがルーズな男性は、「どうしてもセフレとして敬遠されやすい」ですし、そもそも時間にルーズなことはデメリットしかありませんよね。

男性で多い勘違いが、「セフレ作りしている女性は暇で自分の方が忙しい」などという物で、「自分勝手に女性を振り回してしまう」という問題があります。

こうなると、「女性からすればセフレとして付き合う価値はない」ですし、当たり前ですがセフレとしてはイヤな男性と認知されてしまいますから、失敗が続くことも必然でしょう。

「時間にルーズな男性」の改善策「30分前行動を心掛ける」

これの改善策としては、「30分前行動を心掛ける」という物で、「一般的に言われるような10分前」ではなく、30分という時間がポイントです。

なぜなら、10分前行動というのは、そもそも時間の管理ができる人の行動基準で、「ルーズな人が10分程度意識したところでなにも変わらない」のですよね。

自分がルーズだと自覚のある人が、なんとか改善しようとして10分前行動を意識する方法で努力するのですが、友人や知人を見ていてもほとんどの場合失敗していますから。

しかし、30分前行動であれば「時間の管理が苦手な人でも余裕をもって行動」しやすいですし、改善する意欲さえあれば成功率もかなり高いのですよね。

注意点としては、「早ければいい」ということでもなく、「1時間前行動心掛けよう!」などと考えても、それは逆に失敗するリスクも高いのでやめた方が賢明です。

ギリギリ丁度良いと言えるレベルが30分であり、それを超えると逆にダレてしまう人も多く、「逆算した待ち合わせ」なども行いにくくなるため気をつけてください。

以上のような改善策は、最初は中々うまくいかない人もいるでしょうが、「意識しながら実践し続ける」ことで、身につけていくことができると言えます。

面倒な気持ちなどもあるでしょうが、改善できれば間違いなく自分のためになりますから、ぜひ諦めず改善を目指してみてください。

イヤがられる特徴5「融通が利かない」

それでは、女性からイヤがれる特徴として最後の5つ目は、「融通が利かない」という物なのですが、これは経験が少ない男性ほど当てはまりやすい傾向にあります。

名前

ホテルが満室、行く予定だったお店が空いていないなど、どれだけ注意していてもおきること。

それなのに、少し予定が狂っただけで慌てるなど、そういうところで融通が利かない男性は不安ですし、今後も遊ぼうと思えず頼りなく見えてしまう。

たとえば、以上のコメントでも書いてくれたように、融通が利かない男性というのは、「不安」や「頼りない」という印象を与えてしまうそう。

不安や頼りないという要素はどちらも問題で、「わざわざそういった印象のある男性をセフレにする女性は少ない」わけで、臨機応変に対応することの重要性がよくわかります。

また、融通が利かない男性はなぜ多いのか?というと、「経験が少ない男性ほどセックスにばかり意識を向けてしまう」ため、準備不足なことが理由としては目立ちます。

本当なら、経験が少ないからこそ下調べなどはしっかりと行い、心配だからこそ準備は万全に整えておくべきなのですが…

年齢に関係なく、学生からおじ様まで幅広い層が、「イレギュラーに遭遇しても準備不足が理由で融通が利かない」そうで、これは女性たちからもかなり不満が届いていました。

「融通が利かない男性」の改善策「複数パターン準備しておく」

そこで、「融通が利かない」という要素にアプローチできる改善策も解説しておくと、「複数パターン準備しておく」という方法がオススメです。

たとえば、待ち合わせ場所や遊ぶ場所付近のホテルを複数リストアップ、同様に飲食店なども複数リストアップしておき、行動のパターンも広く想定しておくような感覚です。

理想を言えば、予約可能なホテルや飲食店を、前もって予約しておくとベストなのですが、「セフレ希望で出会う場合は突然予定が決まることもある」のですよね。

そうなると、「予約できなかった!どうしよう!」などと慌ててしまう男性もいるため、「どんな場合にも対応できる」ように、以上のような改善策を紹介しました。

ポイントとしては、ただ頭で考えるのではなく、「スマホのメモアプリやスクショですぐに確認できるような準備をしておくこと」でしょう。

私の周りでもよくあるケースとしては、どれだけ必死に準備をしていても、「いざイレギュラーに直面すると慌ててプランがすべて飛ぶ」といったケースも報告されています。

せっかく準備をしても、それを活かしてはじめて対策できたと言えますから、ホテルや飲食店の「名前と電話番号」に、「住所と簡易マップ」くらいは準備しておいて損はありません。

というのも、心配性だからということも理由なのですが、私自身がそうやって対策していて、実際に臨機応変な対応ができているのですよね。

「困った時に見れば助かるメモ」を、自分なりに作成してもっておくだけでも、慌てることなく安心して活動できるため、ぜひ以上までの改善策は参考にしていてください!

さて、以上までの内容で、セフレとして女性からイヤがられてしまう男性の特徴と改善策についても、一通りのノウハウを紹介終了できました。

そこで続いては、そんなノウハウを実際に活かしていくためにも、「実際にセフレと出会う方法」の解説もしていきます。

イヤがられる特徴と改善策を理解したら「出会い系サイト・アプリでセフレ探し」

それこそ、セフレを探す方法ってかなりたくさんありますから、これからセフレを探そう!と考えても、どうしたら良いのかわからなくなる人も多いのですよね。

ただ、その上で「オススメできる方法は?」と聞かれれば、私は迷わず「出会い系サイト・アプリで探す」方法をオススメします。

理由は、私自身他と比較できないくらい「たくさんの成功を収めている方法」だからで、私の周りでセフレ作りしている男女も、圧倒的に使っている人が多い方法でもあるからです。

セフレ作りに役立つ最強出会い系サイト・アプリ5選

中でも、以上で紹介している「出会い系サイト・アプリ5選」は、セフレ目的の利用者も多く、ゆえに使う価値はかなり高いですし、確実に登録しておきたい存在と言えます。

私は5つすべてを併用しているのですが、それぞれで違う出会いを体験できるほど、個性や特徴も異なっていて、「複数同時に使うことで成功率をアップ」できることも魅力的。

加えて、それほど素晴らしい出会い系サイト・アプリが、5つすべて「無料登録」からご利用いただけるため、気軽にお試しいただくことができます。

本気で利用する場合には料金も発生するのですが、合わないと思えば「お金を払う必要はない」ため、とても安心してご利用いただけるのですよね。

ここまでで解説してきたノウハウを活かすためにも、以上5つの出会い系サイト・アプリへと、ぜひこの機会にご登録いただき、快適なセフレ作りを楽しんでください。

最後に

今回の記事では、女性からセフレをイヤがられてしまう男性の特徴を掘り下げながら、その改善策も合わせて解説してきました。

私も以前は、ここまでに紹介した行動や発言など、とくに意識することもなく行っていたこともあり、必死に改善する努力をしたことで今があります。

はじめの内は、自分で必死に意識しているつもりでも、少しの油断で表に出てきてしまうことってありますし、そこは私もかなり苦労したポイントです。

性格的な物や染みついていることなど、意識していても中々改善できないことってありますし、私は今でも後から気づいて悔やむことが多いくらいですからね。

とはいえ、それで諦めるのか、それとも必死に意識しながら改善を目指すのかという違いは、「セフレ作りの成功と失敗に大きく影響する」ことも実感しています。

簡単ではありませんが、それでも自分に返ってくる物はかなり大きいですし、努力をする価値は確実に高いと言えますから、ぜひ私と一緒に意識しながら活動していきましょう。

セフレの使い方自体は以下の記事で解説していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。