セフレ作りができる/できない人の特徴やLINE・メールの注意点やメッセージの書き方

Pocket

「セフレ作りができる人の特徴は?」と聞いて得られる回答は「特殊でモテるスキルをもった男女」といったものが目立ちます。

男性ならばイケメンで高学歴、お金持ちの人など、ハイスペック男子を想像される人も多く…

女性であれば、美人でスタイル抜群、色気抜群など、そういった人物像を想像されることが多いです。

しかし、実際はそんなこともなく、むしろ彼女や彼氏を作る、結婚するというようにマジメな恋愛を目指すよりも、「関係を成功させるハードル自体は低い」のですよね。

なぜなら、友達以上恋人未満といったイメージで、あくまでも恋人作りや結婚のような、「お互いがお互いの生活や人生を背負うような重い関係ではない」からです。

このように、男女双方決してハイスペックである必要はないセフレですが、すると気になってくるのは、「どういった男女がセフレを作ることができるのか?」ということでしょう。

そこで今回は、そんなセフレについての疑問を解消していくため、「セフレ作りができる男女の特徴」に注目して、調査してきました。

この記事で分かること

  • セフレ作り成功者の男女に共通している特徴「出会い系サイト・アプリ利用者だった!」
  • 容姿やファッションの特徴を男女別に解説「それぞれポイントは簡単に実践可能!」
  • ネットの出会いだからこそより重要なメールやLINE「男女でポイントは違う!」
  • セフレと言えば会う物だからこそ振る舞いや立ち回りも重要!

具体的には以上のような内容で、「どういった男女がセフレ作りに成功できるのか?」というテーマで、それぞれの内容でセフレ作りできている男女の特徴を解説していきます。

参考にしていただければ、快適なセフレ作りを進めていただけるはずですから、ぜひ役立てください。

なお、私のセフレ作りの集大成については以下の記事に纏めていますので、併せてご覧いただけますと嬉しく思います。

大前提!セフレ作りできる男女に共通した特徴「出会い系サイト・アプリの利用者」

まず、セフレを作ることができる人の特徴として、男女共通で言える大前提としては、「出会い系サイト・アプリ利用者」という要素がポイントです。

名前
27歳 営業

1番効率的な方法で、ナンパなど別の方法で探す場合でも、一緒に使うことができる物。

それでも使わないというのは、レールに乗れていないということ。

以上の友人も、「1番効率的な方法」と書いてくれたように、セフレを探す場合にはどんな方法と比較しても優れている点が多いのですよね。

しかし、中にはセフレ作りで本当に役立つコンテンツということを理解しながらも、「毛嫌いして使わない人」もいますし、他の方法で必死に活動している姿もお見掛けします。

それで失敗が続き、セフレという関係自体、またなぜか使ってもいない出会い系サイト・アプリへの批判を行う男女もいて、非常に寂しく勿体ない印象がありました。

それこそ、どんな方法で活動してもセフレ作り自体は可能だとして、それならば余計に大切なことは、「より確実で効率的な活動ができる物を選んだほうが有利」ですよね。

ゆえに、私は出会い系サイト・アプリを利用していますし、私の周りでセフレという関係を楽しんでいる男女も同様に利用していて、着実に成果も積み上げています。

たとえば、私や私の友人たち(男女双方)も、ナンパや合コンでセフレを作る人はいますが、「ほとんどの男女が出会い系サイト・アプリも併用」していて…

ナンパや合コンなど他の方法は、「あくまでも活動の注力具合で言えばサブや補助」といったレベルにあり、メインで安定した実績があるから試せるといった感覚が強いのですよね。

それほど、セフレ作りに成功している男女は共通して、ほとんどの人が出会い系サイト・アプリを利用していますし、だからこそセフレ作りできる男女の特徴と言えるわけです。

この辺りは実際に、色々な方法を本気で実践してきたからこそ、結果や過程など総合的に比較して解説しているため、ぜひ活動の際は参考にしてみてください。

セフレ作りにオススメできる出会い系サイト・アプリ5選

ただ、「セフレ作りに出会い系サイト・アプリがかなり使える!」ことはわかっても、「実際はどれを使えば良いの?」という疑問も、抱えている人はいますよね。

そこで、そんな疑問もここでスッキリと解消してもらえるよう、実際に私や私の周りでも評価されている、セフレ作りで役立つ出会い系サイト・アプリもピックアップしてみました。

絶対に登録しておきたいセフレ作り役立つ出会い系サイト・アプリ5選

具体的には以上の5つで、これらは実際に私も利用していますし、私の周りでもセフレ作りに成功した男女が多かった物

人によっては、「出会い系サイト・アプリなんてどれも同じ」という感覚の人もいますが、それぞれ特徴や活動している男女の層など、「5つすべて個性が違う」のですよね。

ゆえに、複数併用しながら利用を進める価値もかなり高く、私は実際に5つすべて利用していますが、「出会いの幅が広がり効果的にセフレ探しできる」ためオススメです。

とくに男性の場合は、「出会い系サイト・アプリの男女比が男性多めで女性は少ない」ことを考えても、私同様に複数登録して損はないため、その辺りもぜひ参考にしてみてください。

それでは、大前提の出会い系サイト・アプリ利用についても解説したところで、「セフレ作りに成功できる容姿やファッションの特徴」も、男女別に紹介していきます。

男性でセフレ作りに成功できる容姿やファッションの特徴「清潔感がキーワード」

まず、男性の容姿やファッションから進めていくと、最初でも軽く触れたように、「特別なイケメン」だけが求められるようなことはありません。

これは私も実際に活動していて驚いたのですが、男性が考えている以上に、「セフレだとしても顔だけで選ぶ女性ばかりではない」ため、そこは自信がない男性もご安心ください。

その上で、セフレ作りをしていく中で求められる男性の容姿やファッションとして、絶対的に抑えておきたいことは、「清潔感」というキーワードです。

私も以前は、少しカッコつけてヒゲを伸ばしてみる、気取って髪を伸ばしてみるなど、お恥ずかしながら色々と冒険もしてみた時期もありました。

しかし、ある時女性から言われた、「少しでも不潔に見えるのはセフレほしいならマイナスだよ~」という言葉で目が覚め…

その女性にもアドバイスをもらいながら、必死に清潔感を追い求めた結果、「それまで1回のセックスで終わっていた私も安定してセフレを作れるようになった」のですよね。

私自身残念なことにイケメンとは程遠いのですが、そんな私でも清潔感を意識したことによって、「女性から容姿を褒めてもらえることも増えた」ほど、その効果は絶大です。

というのも、セフレはセックスをすることも前提としている関係ですから、「不潔な印象を与えてしまうとかなり悪影響」なのですよね。

容姿で清潔感に関わる要素は「ヒゲや髪形」

とくに、それほど重要な「清潔感を損なってしまいやすい要素」として、男性と女性で感覚に差があった物は、「ヒゲ」や「髪型」などのパーツでした。

男性の中には、「ヒゲを伸ばしていることがカッコイイ」や、「髪を伸ばしてモテるために意識している」などといった意見も目立ったのですが…

実際は、「ヒゲや髪形などは不潔な印象を与えやすい」ようで、男性は良かれと考え実践しているスタイルが、「セフレとしては女性からかなり不評」なのですよね。

【女性に聞いた:清潔感を損なう印象が強い要素は?(32人回答)】

(※女性から集めた意見を参考に、質問内容を決定して、1人3票で集計した結果です)

以上のアンケートでも、「ヒゲ」や「髪の毛」については、同性間ではいじられることも多い「太っている」人以上に、「清潔感を損なう印象は強い」ことがわかります。

それこそ、ただしイケメンに限る!などという表現はこのためにあるのだろうと思えるほど、「ヒゲや髪形は女性からシビアに見られている」のですよね。

この辺りは私自身も、「大きな勘違い」をしていたポイントで、ヒゲや髪形なんて注目されないだろうと思っていましたが、実際は「清潔感を左右する要素」だったわけです。

とくに、「ヒゲを剃っていない男性」や「ロン毛でボサボサの男性」などは、かなり不評なこともわかっていて、いくらセフレ相手でも身だしなみは整えておく必要があるでしょう。

【女性に聞いた:清潔感がある男性ってどんな人?(31人回答)】

(※女性の友人から集めた意見を参考に、質問内容を決定して、1人2票で集計しました)

具体的には「ヒゲをしっかりと剃る」ことや、「髪の毛は極力適切な長さにカットしておく」こと、「カットの時間がない場合はワックスでスタイリングする」など…

「会う前にできる」くらいの、最低限のケアをしておくだけでも、「清潔感」という内容で与える印象はかなり変わります。

面倒に思えてしまう男性もいるでしょうが、実際に私も以上のようなことをコツコツ努力してきた結果、成功の回数も増えていきましたから、ぜひ参考に実践してみてください!

ファッションのポイント「シンプルさを意識すること」

そして、同じく「見た目」の部分で、ファッションでのポイントがあるとすれば、「シンプルさを意識」することです。

名前

女の子目線で考えると、服装なんかは基本シンプルで良い。

ジーンズにTシャツ、あとはそこにシャツなどを羽織る程度で。

たとえば、以上のコメントにもあるようなスタイルは、一見シンプルすぎる印象もありますが、「シンプルなファッションは清潔感も演出しやすい」ためオススメ。

加えて、秋冬なら派手すぎないコート類やセーター類、ジャケット類などを合わせるイメージで、四季を通してシンプルにまとめていくことがポイントです。

というのも、ごちゃごちゃしたファッションというのは、「汚らしい印象」や「チャラついた印象」などに加えて、「子供っぽく見える」という声もあるのですよね。

オシャレ上級者的な男性なら、うまいこと清潔感も維持しながら着こなしを演出できるのでしょうが、攻めて失敗するくらいなら、安全にまとめた方が無難です。

それこそ、アパレル店などで店員さんに、「女子受けする清潔感のあるイメージで!」などと相談してみることもオススメなのですが…

その結果として仕上がるスタイルは、「想像以上にシンプル」というケースも多く、「派手にまとめられることなんてほとんどない」ですからね。

名前

清潔感ならスーツもあり!

似合っているかは気にするけど、スーツは小綺麗に見えるし、学生ウケも良いですよ!

また、仕事でスーツを着用する人の場合、似合う人に限るという条件は多少でてくるとしても、清潔感という要素を演出するなら1つの手段と言えそう。

学生ウケとはありますが、若妻やフリーターさんなどから、普段見慣れているはずの社会人女性も含めて、「若い世代全般にウケは良い印象」がありますからね。

ファッションに苦手意識がある男性も、以上のようなポイントを意識して活動すれば、極端にマイナスな印象を与えるリスクは少なくなるため、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、以上で男性の容姿やファッションについて紹介したところで、続いては「女性の容姿やファッション」についても、セフレ作りに成功できる人の特徴を解説していきます。

女性でセフレ作りに成功できる容姿やファッションの特徴「似合っていることが重要」

ただ、女性の場合は男性と比較しても、「基本的には自分の好きな容姿やファッションをすれば問題なし」と言えるでしょう。

オシャレな女性が素敵だという前提はあっても、「男性は女性の細かいファッションには疎い」部分もあり、「女性同士で出かける際に意識し合うようなセンス」は求められません。

とはいえ、さすがにどんな容姿やファッションでも良いのか?というと、そこまで無頓着というわけではなく、「その女性に似合っているのか?」ということは重要です。

名前

美人や可愛いがセフレ成功の秘訣っていうよりは、ヘアスタイルでも、ファッションでも、ルックス面では似合っていることが大切よね。

似合うスタイルをわかって、それをやっていくと、セフレとして愛されやすかった。

とくにポイントなのは、「自分自身が自分に似合うスタイルを理解する」ことで、コメントをくれた女性も、その辺りを自分が理解することで快適な活動につながっているそう。

ゆえに、あまりにもイマイチな感触が続く場合は、周りの男女からも意見を聴くなどして、「客観的な視点で自分に似合う容姿やファッション」を追求してみる価値はあります。

さすがに、「誰が見ても驚くほど似合っていない」といったレベルでもない限り、そこまで大きな影響は出ませんが、自身がない女性などはぜひ参考にしてみてください!

男性からの反応「面倒でもメイクはしていった方が好感触」

そして、以上の内容に加えてもう1つ、「面倒でも男性と会う場合にはメイクをしていく」という要素も、セフレ作りに成功している女性の特徴という意見が目立ちました。

名前

私が長年セフレ遊びしてきたわかったことは、男性からの感触は、メイクしていった時に好印象な感じだった。

美人や可愛いなどルックスは関係なしに、メイクしている女性を好む男性は多いみたい。

以上のコメントは、長年仲良くしてくれている女性から届いた物なのですが、私は彼女のスッピンも拝見したことがあって、その時の印象は「スッピンでも美人」という物でした。

そのため、このような意見をくれたことに少し驚きもあったのですが、そんな女性でも、「メイクしていった方が男性から好印象な感覚」を受けているほどなのですよね。

そこで、実際に男性たちは、セフレとして出会う女性のメイクについてどう考えているのか?を知るため、42人の男性から協力してもらいアンケート調査もしてみました。

【男性に聞いた:セフレとして出会う女性のメイクについて教えてください(42人回答)】

その結果、「メイクをしてくれていた方が好印象」という回答が、「81%もの男性から支持されている」ことがわかり、女性から集まった感覚は正しかったこともよくわかります。

女性の中には、「恋人でもないのにメイクは面倒」という感覚を抱く人もいるようですが、これだけ男性からの支持が圧倒的なことを考慮すると、「して損はない」と言えそう。

実際、セフレ作りに成功できる女性の特徴として、「女性自身からもメイクについてはコメントが多かった」くらいですから、ぜひ試してみることをオススメします!

注意したいことは「セフレだからといって色気重視でいく必要なし」

そして、この流れでもう1つ解説しておきたいことが、容姿やファッションの注意点として届いていた意見で…

「セフレだからといって色気重視でいく必要はない」ことも、女性がセフレ遊びしていく上ではポイントなのだそう。

名前

勘違いしてしまう女性も多いけど、セフレ=色気重視のファッションなんて必要はまったくないから!

色気のある服装でテンションが上がる人は良いけど、そうではないなら、下着だけセクシーにするくらいでも、自分はドキドキできて相手も十分喜んでくれる。

理由としては、女性の場合は性的な快感や興奮に、「気分などが大きく影響する」ためで、「自分が高まることのできるファッションはとても大切」だからなのだそう。

ゆえに、「自分が乗り気になれないセクシーなファッションをムリして着用」しても、それは逆効果となってしまい、自分がセフレとの時間を楽しめなくなってしまうわけです。

もちろん、コメントにも書いてくれている通り、「セクシーで色気全開のファッションが好きな女性」なら、それでテンションも上がるでしょうし問題はないと言えます。

しかし、セクシーさに自身がない女性や、セクシーなファッションが苦手な女性であれば、「色気はムリをして演出しなくても大丈夫」ということなのです。

性と色気は結び付きやすい物ですが、「セクシーさだけが男性から高い需要を誇るわけではない」のですよね。

たとえば、「清純な雰囲気」や「ボーイッシュ系の風貌」もそうですし、「大人っぽく落ち着いた印象」に「幼いロリ系」など、色気だけがすべてではありません。

それこそ、色気は自ら演出しなくても、「女性自身が考えている以上に、男性は行為中に女性から溢れ出ている色気」を感じている物です。

ファッションでムリをしなくても、色気のあるファッション以外にも十分な需要がありますし、下着など一部セクシーなだけでもドキッとする物なので、ご安心ください。

それでは、容姿やファッションについて、男女それぞれに言える特徴も以上で紹介は終了し、続いては「メールやLINEでのポイント」を解説していきます。

セフレ作りに成功できる良いメールやLINEのポイントは「男女それぞれ2つずつある」

そんなメールやLINEについて、最初にお伝えしておきたいことは、出会い系サイト・アプリを使った出会いに限らず、「セフレではかなり重要な要素」です。

名前

セフレだとLINEなどが雑になる人もいるけど、すごく大切なコミュニケーション。

エッチする時以外は雑で、エッチする時だけ調子いいよりも、コミュニケーションとして適度に連絡は交わした方が絶対良い。

以上の女性も、どれだけ大切な物かをコメントしてくれていますが、メールやLINEの使い方で印象なども変わります。

しかし、メールやLINEでのやり取りを軽視している男女も多く、私自身正直驚いてしまったのですが…

日常的にコミュニケーションを取ることで、セフレ関係を継続させる手段としても使えますし、普段は話しにくいアダルトな相談なども含め、メールやLINEは活躍しますからね。

セフレ作りに成功できる人の特徴

  • 男性の特徴1:セフレという距離感を理解したやり取り
  • 男性の特徴2:関係が深くなっても臨機応変に対応できる
  • 女性の特徴1:ある程度定期的に連絡を取り合える
  • 女性の特徴2:電話のやり取りに積極的

では、それほど重要なメールやLINEでは、どういった男女がセフレ作りに成功しやすいのか?というと、男女それぞれ以上の2つずつが良い特徴と言えます。

男性の特徴1「セフレという距離感を理解したやり取りができる」

まず、男性の特徴として1つ目に言える内容は、「セフレという距離感を理解したやり取りができる」という物で、苦戦してしまう男性も多い要素なのですよね。

名前

そもそもセフレって当たり前だけど恋人や夫婦ではないし、友達の延長だけど友達とは違う部分もある。

少なくとも常に2人だけの世界があるような関係ではないから、距離感を理解していることが重要

というのも、以上の友人も書いてくれているように、セフレという関係の根底にあることとしては、「恋人や夫婦ではない」という前提があります。

恋人などのように四六時中やり取りをするわけではなく、束縛などの煩わしさも排除した、「友達以上恋人や夫婦未満という男女関係」なのですよね。

それだけに、双方が距離感をしっかり守っていくことはとても重要で、メールやLINEでも頻度や内容を含めて、「適度な距離感を保つ」ことが大切です。

たとえば、「恋人かの如く毎日頻繁に連絡をしてしまう」ことや、「やたらプライベートな情報を聞き出そうとする」ことなどが、踏み込みすぎているケースと言えます。

中には、以上のようなケースとは反対に、「会う時以外一切連絡しない」といったような男性もいて、それだと今度は逆に「ドライすぎ」ですよね。

そうやって、自分の感覚だけで距離感を決めてしまい、それを相手に押し付ける人も多いのですが、そうではなく「相手に合わせた距離感を意識」することがポイントでしょう。

友達のように気軽なやり取りもしたい女性とは、ある程度頻繁に連絡を取りつつも、「恋愛のように近づき過ぎないイメージ」でやり取りを。

セフレとして比較的あっさり目の関係を求める女性なら、「連絡の頻度は抑える」ことを意識し、「日常会話など目的が不透明な物は会っている時に」など。

相手が求めている関係を理解して、「相手に合わせた距離感で接する」ことが上手な男性は、セフレとしても需要が高いのですよね。

ぜひそういったところは、成功を収めていくために必要なこととして、実践していくことをオススメします。

男性の特徴2「関係が深くなっても臨機応変に対応できる」

そして、2つ目の特徴は、女性から多く集まっていた意見なのですが、「関係が深くなっても臨機応変に対応できる」という物

名前

セフレは仲良くなるほど、距離感も近くなり、LINEなどでもその時々対応やテンションは変わるけど、それに応えてほしい。

女性に合わせてくれるような臨機応変さがある男性は、セフレとしてもモテる。

女性は男性と比較しても、「気分などにムラがある人も多い」ですし、だからこそそれに振り回されるのではなく、「臨機応変に対応できる」ことが求められるのですよね。

私のセフレでも、「日々対応が違う女性」は結構いて、テンション高いLINEや甘えてくるようなLINEが届いた翌日に、予定確認の業務連絡が敬語で届くなんてこともあります。

そのような時に、文句やケンカ腰で返信するのではなく、できるだけ女性の温度やテンションに合わせた対応ができると、良い印象を抱かれやすいです。

難しいポイントは、元気がない時に明るい対応を求めているといったような、「逆の対応」を求められるケースもあるため、「同じ温度に合わせる」だけがすべてではないこと。

個人差も大きいため、実際に触れ合っていく中で探る必要もありますが、少なくとも「反論や否定に文句」などは避けることが、「どんな女性に対してもできる対応」と言えます。

ぜひその辺りは参考にしていただき、「臨機応変に対応していく」ことができるよう、メールやLINEでのやり取りでは意識してみてください。

女性の特徴1「ある程度定期的に連絡を取り合える」

続いて、女性の特徴についても紹介を進めていくのですが、「ある程度定期的に連絡を取り合える」ことは、セフレ作りに成功しやすい女性の特徴と言えます。

名前
セフレっていつ音信不通になってもおかしくないほど、不安定な関係だから、定期的な連絡やマメな連絡を取れるような女性は、関係が安定して色々な面でうまくいっている。

というのも、以上の女性も書いてくれた通り、セフレって本当に「不安定な関係」です。

恋人のようにマジメな関係ではありませんし、あくまでも遊びの関係ですから、「少しの期間連絡を取り合わなければ自然消滅」なんてこともよくあるくらいですから。

そのような関係で、たとえば男性から連絡が届いたときに、「頻繁にスルーしてしまうような女性」もいて、「そうなると男性からは連絡がしにくくなってしまう」のですよね。

逆に、まったく女性からは連絡をしないというケースなども、「迷惑なのかも?」などと考えて連絡を躊躇するうちに、「男性からも連絡しにくくなってしまう」こともあります。

女性としては、都合が悪かった、また気分が乗らなかったなど、色々と理由はあるでしょうし…

そういった気持ちに対しての理解を、男性に求めたくなるという意見もあり、それも間違った感覚ではありません。

とはいえ、ご自身があまりにも淡泊な対応を続けた結果、「相性が良かったはずの相手を、自ら手放してしまう」こともあるわけで、それを後悔している女性も多いのですよね。

正直、その辺りは男性がしっかりすべきポイントでもあり、女性だけに問題があるわけではありませんし、ゆえに難しいところでもあります。

しかし、「自分から連絡できる女性」や「男性からの連絡をスルーばかりしない女性」などは、「男性から好印象を抱かれやすくセフレ作りに有利」なことは間違いありません。

毎日のように連絡をして返事も即効返すなど、そこまで「極端に媚びる必要はありません」が、放置しすぎることなく適度に、それでいて上手に男性を転がしてみてください!

女性の特徴2「電話のやり取りに積極的」

次に、「電話のやり取りに積極的な女性」も、セフレ作りに成功している女性の特徴という声が多く…

1つ目と合わせて、「自発的かつ積極的にコミュニケーションをとる女性」は、男性からの印象もよく、セフレ作りに成功しやすいのでしょうね。

名前

昔は苦手だったけど、最近は好きなのが電話で、電話でもお話しするようになってから、私はとてもうまくいっています!

文章だけで会話するよりも、電話で会話することが打ち解けられる切掛けになることもあり、男性からの反応も悪くない。

コメントを紹介している女性も、自分自身がうまくいっていることから、実体験を踏まえてアドバイスしてくれたのですが、「打ち解けられる」などは本当にその通りという印象。

たとえば、はじめて会う前に、「待ち合わせや予定決めの連絡に電話を使う」ことで、会ってから少し会話しやすくなることもあります。

普段のコミュニケーションにしても、セフレって他の関係と違い会える頻度はそこまで高くないため、声を聴いて会話できる貴重な手段としても役立つのですよね。

これは女性が自分から言ってくれる場合も(私はこちらの経験が多いです)、男性からの電話要求を受ける場合も、どちらにしても積極的なことがポイントでしょう。

電話で会話することは、女性にとっても「安心感を得られる」ことや、「仲良くなれる」などといったメリットもあるそうなので、ぜひ積極的に取り入れてみてください!

それでは、セフレ作りに成功できるメールやLINEの特徴も、男女それぞれ紹介したところで、「メールやLINEで意識すべき注意点と改善策や対策」についても続けていきます。

セフレ作り成功のために男性がメールやLINEで意識すべき注意点4つと改善策

というのも、メールやLINEって文章だけのやり取りで、現代人は慣れている人も多いのですが、「慣れているからこそ自分の悪い部分に気が付かない人もたくさんいる」わけです。

普段から頻繁に使うツールで、「自分の中に当たり前が出来上がっている」人も多く、良し悪しに関係なく習慣化していて、「悪気なく」失敗につながるやり取りをしているケースも。

そこでここからは、「自分は良い」と思っていても、実際は「セフレ探しで注意した方がいいメールやLINEの内容」と、その「改善策」を男女別に解説していきます。

男性がメールやLINEで意識すべき注意点4選

  • ムダに長文
  • 短文すぎる
  • しつこい連絡
  • 質問が多すぎる

まず、男性に向けた注意点から解説を進めていくのですが、とくに失敗が多く注意したい内容は以上の4つ。

注意点な上に、どれも男性がしてしまいがちなやり取りの特徴でもあるため、思い当たる物がある男性は少しでも改善できるよう、実践で使えるノウハウとしてお役立てください。

注意点1「ムダに長文」

そんな注意点として、1つ目に言えることは、「ムダに長文」を多用するようなやり取りについてで、これは女性に「面倒くさいという印象」を与えてしまいます。

もちろん、流れの中で長文返信をしなくてはならないケースも間違いなくありますから、ケースバイケースではありますが、「長文を連発する」ことは避けましょう。

名前

なんでもかんでもずっと長文はさすがに疲れるし、読むのも大変で、返信が負担。

おはように対しても、ずらずら長文の返信は意味がわかならいし、適切な返答を考えてほしい。

以上の女性も、「返信が負担」だと書いてくれていて、女性にそういう印象を与えてしまうというだけでも、「ずっとムダに長文を続けるリスク」がご理解いただけるはず。

それこそ、若い世代をターゲットにする場合は、「メールやLINEでもテンポの良いキャッチボールを好む」傾向があり、より意識しておかないと返事がこなくなるケースもあります。

改善策するためのイメージは、文字数云々を気にするのではなく、「相手の文章量に合わせていく」ということ。

目安としては、「相手と同等~多くても相手の1.5倍程度」を意識しておけば、大きなズレは発生しにくく、リズムなども合いやすいです。

また、長文を連続して送る男性の特徴としては、いくつもの内容を詰め込もうとする傾向があり、「話題を3つ4つ詰め込んでしまう」のですよね。

そこを「1つ~2つの話題に絞って送信する」だけでも、かなり印象は変わるため、返信が来なくなるようなリスクを回避するためにも、意識していくことをオススメします。

注意点2「短文すぎる」

とはいえ、以上の内容とは逆に「短文すぎる連絡」も、冷たい印象や自分に興味がないのでは?というような印象を与えてしまうため、注意が必要です。

名前

短文の返信でクールぶっているタイプはイヤ。

明日空いている?と聞かれて、空いている!と返しても、「そう」だけみたいな(笑)。

そんなの返信しようがないし、全部短文でやり取りされるとテンションも下がる。

また、以上の女性も、「返信しようがない」などと書いてくれているように、「女性が返信を困ってしまう」ことも問題でしょう。

「どう返してほしいのかわからない」と思われてしまうこともあり、そうなれば結果として、女性からの返信も届かなくなってしまいます。

こちらも長文のケースと同様に、やり取りの流れで、リアクションだけを短文で送信することなどはあるでしょうし、短文自体が悪いわけではありません。

流れをムシして、「短文だけに偏った文章」が問題なわけで、極端すぎる対応ではなく、バランスを保ったやり取りが重要なのですよね。

改善策としては、「ムダに長文」の中で解説したバランスを意識することと、「自分の送信した内容をマメにチェックする」ことです。

なぜなら、長文の場合は送信した瞬間に「自分でもわかる」のですが、短文に関してはより無意識に送信しているケースもあるため、「気がつかないまま放置」してしまいます。

そして、気がつきにくいからこそ、それをそのまま繰り返してしまうリスクも大きく、「突然返信がなくなった後に気づく」なんてことも。

そうなるとあまりにも勿体ないですから、自分のメールやLINEをマメに確認しなおしながら、短文が続いていた場合は話題を追加してみるなどで、対策してみてください。

注意点3「しつこい連絡」

続いて、3つ目の注意点としては、「しつこい連絡」をしてしまうことで、セフレという関係だからこそ要注意と言えるでしょう。

よくあるケースだと、「返事がこないからといって何度も連絡をしてしまう」などはNG。

それぞれのペースや忙しさもあるので、そこを理解できないと自己中な人だと思われてしまいます。

名前

男性って、セフレと彼女の境目があやふやで、混同している気がします。

連絡がしつこいと束縛されているように思うし、メールやLINEは良いけどしつこいのはダメ。

それこそ、以上のコメントからもわかるように、「セフレと恋愛が混同している」というような印象を与えてしまう可能性もあり…

あえてセフレという関係を求めている女性からすると、セフレの魅力や、都合の良い関係性という部分が壊れてしまうと感じるため、マイナスな印象を与えてしまうのですよね。

そうなると、それ以降会ってもらえなくなる可能性もでてきますし、しつこく連絡することにメリットはなく、男性が自分の気持ちを一方的にぶつけているだけだとわかります。

では、どうやって改善や対策をしていくのか?というと、「1度連絡をしてレスがない場合は2~3日空ける」という方法は、かなり効果的でしょう。

理由としては、「メールやLINEを送信→またすぐに送信」といったサイクルや、「毎日のように意味もなく連絡する」ことなどが、しつこいと思われる原因なことが多いからです。

適度な間隔を空けて、目的がわかりやすい連絡を送っていれば、そう何度もスルーされるようなことは普通なく、それでもスルーされる場合は眼中にない可能性もありますからね。

その辺りはある程度割り切って、あまり固執しすぎないよう意識した方が、必要以上にしつこく連絡してしまうことも少なくなるため、参考にしてみてください。

注意点4「質問が多すぎる」

次に、4つ目の注意点ですが、「質問が多すぎるやり取り」は要注意。

理由としては2つあり、質問ばかりを繰り返すやり取りに対して、「必要以上に踏み込もうとしている印象」を抱く女性が多く、警戒されやすくなってしまうことが1つ。

そして、もう1つは女性からもかなり多かった意見で、「質問ばかりではつまらないやり取りという印象を与えてしまう」ためで、こちらはとくに注意が必要でしょう。

これを改善するには、自分が質問をして返信で回答をもらったら、「ある程度それについての話を広げていく」ことを、意識してやり取りを進めるのがポイント

質問をして、回答の返信が届いても、それには触れずまた別の質問をするような流れは、つい男性がやってしまいがち。

一見キャッチボールできているように見えていても、実際は一切おもしろくないやり取りですし、最低の悪手だと思って意識しておく必要があります。

実際に体験した感触の良かったやり取り

私「アニメが好きって言っていたけど、どんなアニメが好きなの?」

相手女性「最近見ているのは〇〇っていうやつです!」

私「そうなんだ!それって△△っていうキャラクターが人気あるよね?

最近ネットニュースで見て興味沸いて♪(※知らなかったけど調べた)」

相手女性「そうです!△△は声優さん人気が高くて、□□さんって人なんですけど、声がすごく癒しで(笑)」

私「□□さんなんだ!前にやっていたゲームで好きなキャラ担当していて、僕も好きな声です!それなら余計に見てみたいかも!」

具体的には以上のようなイメージで、これは実際に私が女性と会話した時の物。

質問をしても、自分がわからない内容なら、「ネットなどで調べて返信」すれば良いわけで、知らなかったからといって別の質問に逃げる理由にはなりません。

それこそ、同じように質問をするとしても、「話題を広げて会話を楽しんでから次の質問」という流れなら、質問を繰り返すとしても良い印象を抱かれることもあるのですよね。

たとえば、「自分自身に対して興味をもってくれている」という印象へと変化し、「やり取り自体が楽しい」と感じてもらえることもあります。

この辺りは、少しやり取りのイメージを工夫するだけでも、印象はかなり大きく変わるため、意識して取り組んでいきましょう!

そして、男性の注意点も以上で紹介は終了し、続いては「女性がメールやLINEで意識すべき注意点と対策」について、解説を進めていきます。

セフレ作り成功のために女性がメールやLINEで意識すべき注意点2つと対策

女性がメールやLINEで意識すべき注意点2選

  • エロ写メや動画などを気軽に送らないこと
  • 人妻さんや彼氏がいる女性はポップアップも警戒したい

そんな女性への注意点としては、経験者たちから届いていた意見を整理してみたところ、以上の2つに対するコメントが目立ちました。

どちらにも共通して言えることとしては、「自分が自分を守る」といったニュアンスで、セフレ作りを安心して楽しむために必要なノウハウと言えそう。

それこそ、「実際に失敗してしまった経験」があることで、コメントをくれた女性も多かったくらいですから、セフレという関係に慣れていない女性はぜひ参考にしてください。

注意点1「エロ写メや動画などを気軽に送らないこと」

それでは、「エロ写メや動画などを気軽に送らないこと」という、1つ目の注意点から解説していくのですが、これはあまりにもリスクが大きすぎると言えるでしょう。

名前

経験にもとづいて言わせてもらうと、エロ写メやオナニー動画は、セフレを楽しみたいな絶対に送らない方がいい。

知らない内に動画サイトへアップされている怖さもあるし、気をつけてほしい。

理由は単純で、コメントでも「動画サイトへのアップ」などを書いてくれましたが、他にもSNSなどでアップされてしまうケースもあり…

「知らぬ間に自分の恥ずかしい画像や動画がネットを駆け巡る…」なんて、最悪としか言えないようなリスクを背負う可能性があるからです。

対策としては、「相談されてもハッキリ断ること」が大切で、「1度くらいなら」などと流されてしまう女性も多いのですが、「その1回が首を絞める」ことはお忘れなく。

ヒドイケースだと、「そういった写真を使って脅してくる」男性もいますし、油断して送った1枚の画像などで、長い期間不安や悩みを抱えるリスクもあるのですよね。

セフレは普通に遊んでいるだけなら、そういったリスクも想像以上に少ない関係なのですが、「自分からリスクをばら撒く」ともなれば話は別ですから…

自分が困るリスクのある写真は絶対に送らず、イヤなら「ハッキリと断る」意思を強く持って、自分の安心安全をどうかお守りください。

注意点2「人妻さんや彼氏がいる女性はポップアップも警戒したい」

そして、2つ目の注意点としては、「人妻さん」や「彼氏がいる女性」などはとくに、セフレ遊びしていつことがバレたら困る女性は…

LINEやメールなどの「ポップアップ表示」には、十分にご注意ください。

名前

ポップアップだしている人は、旦那や彼氏、友達の前などで、エロ系のやり取りがポップアップされることには注意かな。

日常に溶け込みすぎている機能だから、油断していると足元をすくわれる。

コメントにもありますが、「旦那や彼氏」だけではなく、「友達と過ごす時にも注意」は必要です。

バレたくない相手本人に直接バレることも問題ですが、「無関係だと思っている人でもそういう噂は回されるリスクが高い」ですから、自分のためにも最大限警戒すべきです。

できる対策としては、「ポップアップや通知をアプリ別に切る」ことは大前提ですが、それに加えて、「何かの手違いでポップアップや通知されても問題ない工夫」をしましょう。

たとえば、「手帳型のスマホカバーで画面が見えないようにしておく」ことや、「覗き見防止フィルムを着用する」など、「画面を見られる機会は減らしておく」ことが効果的です。

怪しまれるのでは?という声もあるのですが、スマホカバーはとくに「当たり前のアイテム」という感覚も強いため、「なにかを隠したくて着けている」などと思われにくいのですよね。

些細な対策に思えますが、実践することで安心してセフレ遊びできている女性が多い方法でもあるため、ひっそりと活動していきたい女性は、ぜひお試しください!

さて、以上でメールやLINEの注意点も、男女双方一通り解説したところで、続いては「立ち振る舞いで覚えておきたいポイント」の解説です。

男性がセフレ作り成功のために立ち振る舞いで覚えておきたいポイント3選

立ち振る舞いというだけあって、実際に会ってからを想定したポイントですから、より実践的な内容でもあり、それと同時に悩む人も多いポイントでもあります。

容姿やファッションを必死に取り繕って、メールやLINEでは誤魔化すことができても、「対面した時の振る舞い」だけは、私もかなり苦労し続けました。

実際、これは私に限った話ではなく、そういった悩みや相談は男女双方から届いており、それだけ苦戦する人が男女問わず多い要素なのですよね。

男性が立ち振る舞いで覚えておきたいポイント3選

  • カッコつけない
  • 女性の愚痴などを聞いても先生にならない
  • 常識をもつ

そこで、そんな悩む人が多い立ち振る舞いについても、まずは男性に向けたポイントから、具体的な内容としては以上の3つを中心に解説していきます。

男性のポイント1「カッコつけない」

まず、男性のポイントとして、1つ目に言えることは、「カッコつけないこと」です。

たとえば、自慢話や謎のケンカ強かったアピール(武勇伝)、モテるアピールなどは、「どれも比較的評判が悪い傾向」にあります。

男性というのは、基本的に自分を大きく見せたい物ですから、そのために使える話題を積極的に使っていく傾向にあるのですが、残念ながら逆効果なのですよね。

名前

カッコつける人はセフレでも不人気です。

聞いてもいない武勇伝やモテ自慢などは、そんなこと知らねーよ(笑)と思う。

それを話してどう思われたいのか疑問

この辺りは、少しでも自分をカッコよく見せたくて、自分に少しでも興味を向けてほしくて、ゆえに以上のような振る舞いをしてしまう男性も多いです。

それこそ、そこに恋愛感情などはなくとも、少しでも自分という存在を評価されたいだけで、「すごいね!」など褒め言葉が欲しいという心理なのですよね。

それでも女性からすれば、「好かれようと必死になって、彼女にしたいの?」という感覚や、ウザいといった感覚などを受けてしまうそう。

緊張するほど、また相手を異性として意識するほど、必死に大きく見せようとカッコつけてしまう男性は多く、空回りしてしまうわけです。

スマートに振舞おう、優しく接しようなど、そういったカッコつけ方なら努力する価値はありますが、「自分を大きく見せるためのウソでカッコつける」ことは無意味なのですよね。

自分でカッコ悪いのではないかと不安でも、そのままで振舞った方が好感を抱かれることってありますし、私は背伸びをやめてから成功も増えたため、ぜひ覚えておいてください。

男性のポイント2「女性の愚痴などを聞いても先生にはならない」

そして、1つ目の内容中で、会話にも少し触れましたが…

その会話の中で大切なことは、「先生にはならない」ことで、これが2つ目のポイント

たとえば、女性に何か愚痴など聞かされたとしても、そこで偉そうなアドバイスや、男性が長々と話してしまうなどは厳禁ということです。

女性が間違ったことを言っているとしても、説教じみている偉そうぶったアドバイスは不要で、そういった男性への需要はほとんどありません。

イメージとしては、「相槌と共感とアドバイスは、5対4対1くらいの割合がベスト」で、基本は相槌と共感で会話を進めていくと良いでしょう。

求められた場合は、アドバイスも会話の流れとして必要なケースはありますが、自ら進んで大先生の如く振る舞う必要はありません。

名前

女性が愚痴を言う時は、解決してほしいわけではなくて、聞いてほしいの。

話を切ってまで話し出す男性もいるけど、それは本当に違う!

そんなストレス溜まるセフレなんていらない。

以上のコメントでもあるように、女性は基本的に、「自分の話を聞いて欲しい」という気持ちが強いわけです。

それなのに、下手なアドバイスで話を遮ってしまう、話したいのに男性がターンを奪って話し続けてしまうなどとすれば、「逆にストレスを溜めてしまう」と言えるでしょう。

それこそ、セフレを作る女性は、セフレを通じてストレスや欲求の発散もしたいわけですから、「ストレスが溜まるような男性」なら、セフレにする価値なんてありませんよね。

私も昔、「いちいちアドバイスいらないから最後まで聞いてよ!」などと怒られ、その後すぐ連絡が取れなくなった経験もありました…(泣)

そうやって切られてしまうほど、価値がないなどと思われてしまうことがないよう、ぜひ以上のようなポイントは、意識して振る舞うことをオススメします。

男性のポイント3「常識をもつ」

次に、3つ目のポイントとしては、「常識をもつ」ことが大切で、これは必要不可欠な要素でしょう。

何気ない挨拶はもちろん、目を見て話すことや、失礼な言動は控えるなど、人として当たり前と言えるような一般常識はセフレでも最低限必要です。

たとえば、お店にご飯に行ったとします。

その際に、横柄な態度で店員さんに接するよりも、笑顔で「ご馳走様でした」などと、店員さんを労える人の方が断然好印象です。

一般常識はどんな場面でも印象を左右しますので、簡単なことだけでも日頃から意識して行っておき、自然と振る舞えるように準備しておくことをオススメします。

名前

セフレでも人間性は見ますし、非常識な男性に対しては、また会いたいとは思いません。

セフレだって人と人の関係だから、常識をもって接するなんて当たり前です。

以上のコメントでも、セフレも「人と人の関係」だと書いてくれましたが…

関係の中身や内容は違ったとしても、恋人や友人、上司に部下といったような物と同じ人間関係ですから、礼儀や常識が破綻している男性は好まれなくても必然ですよね。

なぜかこの辺りを疎かにする男性は多いのですが、非常識で成功できるほどセフレは甘くないため、軽視せず真摯に向き合ってみてください。

それでは、以上で男性の立ち振る舞いについても解説は終了し、続いてこのまま、「女性の立ち振る舞いで覚えておきたいポイント」も解説していきます!

女性がセフレ作り成功のために立ち振る舞いで覚えておきたいポイント2選

女性が立ち振る舞いで覚えておきたいポイント3選

  • 他の男性と比較するような発言はしない
  • 自分の欲望をハッキリ発言

具体的な内容は以上の通りで、女性からも意見を集めてみた結果、主に2つのポイントがあるとわかりました。

どの内容も、実際に男性と対面している状況ではうまく振る舞えず、悩んでしまう女性も多いようで、セフレ作りをはじめたばかりの女性はとくに躓きやすいポイントでもあるそう。

それだけに、理解を深めていただくことができれば、活動がより快適になることは間違いありません。

女性のポイント1「他の男性と比較するような発言はしない」

まず、1つ目のポイントは、「他の男性と比較するような発言はしない」という物で、関係性を一気に壊してしまうリスクもある内容です。

セックスの上手下手はもちろん、見た目や対応なども含めて、気になることがあった際、「つい他の男性と比較した上で批判してしまう」女性もいるでしょう。

女性からすると悪気はなく、伝わりやすいと思って選んだ言葉でも、男性は比較されてしまった時点で、「内容」よりも「比較されたことで勝ち負けを意識」してしまうのですよね。

名前

女性同士で前彼と今彼を比べて話すことはよくあるけど、それを男性に直接、比較して伝えてしまうのはNG。

セフレは自分も楽しめることが大切だから、そのために男性をうまく転がす方が良い!

たとえば、「女性同士のノリ」などから、それをそのまま男性にもぶつけてしまうようなケールなどが目立つそう。

しかし、「男性はかなりメンタルが脆い」部分もあり、女性が思っている以上に変なところでプライドが高い人も多く、やや面倒なレベルで繊細です。

とくに、普段勝ち負けにそこまでこだわっていない男性も、「女性から他の男性と比較される」ことには敏感で、温厚で大人な男性からもそれだけは気分を害するという声があるほど。

ゆえに、本心ではとう思っていたとしても、うまいこと男性を褒めて乗せるくらいの感覚で接することで、「男性を上手に転がせて愛されやすくなる」という意見もありました。

そうやって適度に持ち上げておけば、気分もよくなって女性に優しく接し、ワガママも聞いてしまうのが男性ですから。

上手に扱っていけば、女性自身にもメリットは返ってきますし、より都合の良い活動を進めやすくなるため、積極的に取り入れていくことをオススメします。

女性のポイント2「自分の欲望をハッキリ発言」

続いて、「自分の欲望をハッキリ発言」という2つ目のポイントですが、恥ずかしさなどは捨てて、自ら発信していくべきだと考えている女性は多かったです。

名前

セックスを楽しむため、気持ちよくなるためには、自分の欲望や気持ちは口に出すべき。

彼氏や旦那相手に言えないことも、セフレなら気にせず言いやすいし。

以上のコメントでも、「彼氏や旦那相手」と比較してくれましたが、そういう相手とは違う距離感がある中に、セフレのメリットであるわけですよね

とくに、「性に関する欲望や願望」などは、セフレという関係だからこそ、本来は我慢する必要なんてないはずです。

しかし、未経験や経験が少ない女性は、この辺りでイマイチ殻を破りきれない傾向にあって、結果セフレの魅力を謳歌できず楽しみ切れない人が増えてしまいます。

欲望や願望を我慢して、恥ずかしさなどから自分では言い出せず、相手が気づいてくれるのを待つだけでは、それこそ彼氏や旦那などの関係と変わりませんよね。

少なくとも、相手の男性もセフレ作りしている時点で、「女性が性に対してハッキリアピールしてくれる」状況を、否定するような人も少ないですから。

それこそ、女性自身もワガママに振舞えてこそのセフレですし、ハッキリワガママを伝えられる女性の方が、「気持ちを理解しやすいため男性からも好まれる傾向」にあります。

思い切って殻を破り、欲望や願望を解放させることは、セフレという関係ではなに1つ悪いこともないため、ぜひ安心してお楽しみください!

最後に

今回はセフレ作りに成功できる男女の特徴について、想定できる行動別に解説を進めてきました。

私や周りの友人から集まった意見も参考にしつつ、それぞれの内容を掘り下げてきましたが…

セフレ以外、それこそ恋人などを探す場合だと、当たり前に、そして自然に実践しているようなことも多いのですよね。

これというのは、それだけセフレという関係が、「多くの人にとって非日常」ということでもあり、それゆえ普通にできるはずの要素でも「悩みと繋がってしまう」わけです。

しかし、ここまでの解説を参考にしていただければ、悩みから立ち止まるのではなく、「悩んだとしても攻略を導き出せる」はず。

実際に私は、今でも当たり前のように日々悩み続けていますが、それでも成功を重ねることが可能な理由は、今回解説した内容を必死に実践しているからなのですよね。

実際に行動していく中で、苦労や苦戦することはたくさんあるでしょうが、ぜひ今回のようなノウハウを参考にしていただきながら、成功へと突き進んでみてください。

私のセフレ作りの集大成については以下の記事に纏めていますので、併せてご覧いただけますと嬉しく思います。

こちらの記事もいかがですか?