難波秘密倶楽部で海外育ちのインテリ美女に徹底的に攻められ昇天した体験談

Pocket

今回は大阪にあるヘルス:難波秘密倶楽部に行ってきました。

難波秘密倶楽部はお笑い芸人のケンドーコバヤシさんが好きで、先輩の千原ジュニアさんに紹介した有名なお店です。

25年以上の歴史を誇り、大阪の街では多くのファンを持つお店ですが、実際に管理人のアキラも行ってきました。

男性から女性には触れず、女性から徹底的に攻めてもらうお店になりますが、この道10年級のベテランのドSが多数在籍しており、ドMにとっては夢のようなお店です。

店内も派手で見るだけでも面白く、M気質でなくても普通に楽しめるので、大阪に来た際は一度は行っておきたいお店と言えます。

私アキラは数多くの風俗店に行ってきましたが、このお店の完成度は群を抜いています。

この記事では、私が実際に行った体験を基に、お店の概要やプレイの流れをご紹介します。

難波秘密倶楽部とは?

難波秘密倶楽部は大阪の千日前にある店舗型のヘルスです。

お店に入った後はエレベーターで店内を移動しプレイルームへと向かう形式になっています。

お店の概要

  • 営業時間 土日祝 8:00~23:50、平日 9:30~23:50
  • 住所:大阪府大阪市中央区千日前2-7-20

場所は吉本の劇場(なんばグランド花月)やビッグカメラなど主要なスポットから近く…

付近には飲食店が多く立ち並びます。

難波秘密倶楽部は看板を出しておらず、外構えだけ見ると風俗店には見えないので、知らずに前を通っている人も多いかと思います。

私アキラも学生時代から幾度となくこの辺りは歩いていますが、意識して調べるまで気づきませんでした。

街のど真ん中にありながらひっそりと気付かれずに営業している

秘密倶楽部の名を語るに相応しいお店です。

ちなみに、系列店の谷町秘密倶楽部などは店名がドカンと表に出ています。

大阪には複数の秘密倶楽部がありますが、その中でも難波店は知名度が高く有名です。

これは、芸人のケンドーコバヤシさんがよく漫談やトークで語っていることにも起因すると思います。吉本の劇場からも近く、複数の芸人さんがお忍びで遊びに来ているとの噂です。

Sな女性が中心のお店ですが、興味本位で訪れるお客さんも多いため、あまり過激なプレイはされません。ソフトSMの範囲で、軽くいたぶってくれる。という感じです。

もちろん、依頼すればより激しいプレイ(馬に使うような一本鞭で叩いてもらう、など)も行ってくれます。

ただ、事前に伝えないとやってもらえないので、激しいプレイを好む人は予約や指名時に店頭で相談しましょう。

激しいプレイは余程の人でないと耐えらないので、何も言わずにソフトな範囲のプレイに身を任せるのが良いでしょう。

難波秘密倶楽部の特徴

女性の特徴

難波秘密倶楽部は、20代後半~30代後半の女性が目立ちます。

際なお店ですが、女性は綺麗な方が圧倒的に多く、性格も明るく元気な人がほとんどであるため、誰を選んでも満足度は高いでしょう。

女性のプロフィールには本指名の割合が書かれており、これが人気の指標になります。より安定を求める場合はこの数値が高い(=リピーターが多い)女性を選ぶと良いでしょう。

個人的には、若い新人さんよりも、経験が長そうなベテランを指名することをお勧めします。

難波秘密倶楽部には10年超え選手がザラにおり、男性の身体を知り尽くしています。ベテランほど匠の技が期待でき、プレイの満足度も高いです。

レベルをセフレ作りに使える出会い系サイトに例えるとワクワクメール人妻との出会いにも使えます)の年齢20代後半くらいで高め、くらいでしょうか。

イメージ的には綺麗なお姉さまに虐めてもらえる。って感じですかね。

店のもてなし度合い

難波秘密倶楽部の店員の接客対応は普通~やや良いです。丁寧語でハキハキしていますが、過度に畏まった感じでもありません。服装はYシャツ・スーツでビシっと決めており、伝統ある名店に恥じない応対です。

お店の管理面については相当きっちりしており、公式ページの待ち時間は正確です。

枠が埋まると直ぐに更新していますので、遊びに行く際は公式ホームページを信じて参考にして良いでしょう。

某ウイルスが流行ったこともありますが、室内のソファーやトイレの除菌・清掃もこまめに行っており、高級ソープランド並みの手のいれようでした。このレベルでメンテナンスしているお店は稀でしょう。

難波秘密倶楽部の予約方法と行き方

難波秘密倶楽部は会員/非会員の種別があり、予約できるタイミングが異なります。

予約方法

  • 会員:前日の17時から可能(2000円必要)
  • 非会員:予約不可(直接お店に行く)

難波秘密倶楽部は前日までに予約完売になる女性は少ないですが、人気の女性は枠の埋まりが早いです。

特段拘りが無ければ当日予約なしで訪れても良いですが、特定の女性と決まった時間に遊びたい場合は予約を入れた方が良いでしょう。

難波秘密倶楽部は、初めて訪れた際に以下の写真のような会員証を発行してくれますが、遊ばなくても事前に会員にだけなることもできます。

お目当ての女性の予約がどうしても取れない場合は、とりあえず一度お店に行き会員になっておく、後日改めて予約をして再訪問する形でも良いでしょう。

なお、他の系列店とはシステムが別になっているため、他店の会員であっても予約はできません。

公式ホームページには「系列店のお客様も歓迎します」とは書かれているのですが、実際には改めて入会しないと予約ができません(店頭で確認しました)。

私は事前に谷町秘密倶楽部の会員になっていましたが、難波店はシステムが異なるようで改めて入会する必要がありました。

このように、谷町秘密倶楽部の会員証は別になっています。

難波秘密倶楽部の行き方

難波秘密倶楽部は大阪の難波駅から歩いて5分ほどの位置にあります。

他の風俗とは違い、ミナミの繁華街のど真ん中という珍しい立地です。

今回は南海線難波駅で降りて、向かってみました。

商店街に入り、そのまま直進

千日前に出ても、そのまま直進

途中にやたらボリューミーな唐揚げとポテト焼きそばを発見。10人前でこのお値段なら安いですね。

旨そうな料理を見てお腹を減らしつつも直進

アーケードを抜けたら左折します。

そして、再び直進

右手にラウンジを見ながら進んでいくと…

過度に植木鉢に囲まれた入り口が見えます。これが難波秘密倶楽部です。

なお、お隣には「別館」と書かれた看板がある別の入り口があります。難波秘密倶楽部には本館と別館があり、遊べる女性が異なります。2店舗も構えるなんて繁盛していますね。

お店に着いてからの対応

お店に入ると左手に受付があり、予約している場合はその旨を伝え、予約していない場合は店頭に並べられたパネル写真の中から女性を選びます。

タイミングにも依りますが、数名はスグ行ける状態で、特に人気が高い女性は数時間待ちになっているケースが多いですね。

意中の女性がいる場合は、やっぱり予約して来る方が良いでしょう。

女性を選んだ後はプレイ料金を支払い、奥の待合室へと進み、時間が来るまで待ちます(外出することも可能)。

海外育ちのインテリ美女に徹底的に攻められ昇天した体験談

今回訪れた難波秘密倶楽部

秘密倶楽部の存在時代はかなり昔から知っていた私ですが、きっかけはアメトークというTV番組でケンドーコバヤシさんが熱弁していたことでした。

そして、事前にリサーチを重ねること数日…

遊びたい女性もあらかじめ決めて、事前に会員になるなど準備をしっかり行いやってきました。

正直、ここまで前準備に時間をかけて風俗店に遊びに行ったのは初めて

稀代の名店と言うことで私アキラの力の入れ具合も相当なものです。

ここが、難波秘密倶楽部か…

モロにミナミのど真ん中にありますが、看板が出ていないのでぱっと見では風俗店とは思いませんね。

こんな往来の激しい場所にかの名店があるとは思わなんだ…

ということで早速中に入ると、入り口でド派手なのぼりが立ち並びます。

なお、この箇所のみ許可を取った上で撮影OKでした。店内はNGですのでご注意を。

店内に入ると左手受け付けがあります。

ここで、あらかじめ予約しておいた女性の名前を告げ、料金を支払います。

そして奥の待合室に入ると、中は真っ赤な内装で、奥の大型スクリーンでは女性のプロモーションビデオが流れていました。

映像の合間に谷町秘密倶楽部や新大阪駅秘密倶楽部など、他店の宣伝も流れていました。

文章だけの説明だとイメージしにくいですが、一見の価値ありの素晴らしい設備です。

トイレの小の部分は滝になってますし、超ド派手で凝りまくってます。

そして、トイレにはこれまた本格的なアメニティ

また、室内には無料で飲めるドリンクコーナーもありました(これは系列店と共通ですね)。

その横には、ガラス張りの喫煙ブースもあり、分煙環境も整っていました。

暫く待っていると館内放送が流れます。

45番の紙をお持ちのお客様

正面入り口のカーテンにお入りください。

お~、館内放送で呼び出されるとは、これは面白い

いつもと違う展開にワクワクしながらカーテンを潜ると女性が待っていました。

女性「はじめまして~、よろしくお願いします~」

アキラ「はじめまして~」

現れたのはセクシーな赤のドレスに身を包んだスレンダーな女性

ルックスは…、明らかに綺麗でどこかの局のアナウンサーと言われても信じてしまうレベル

大きなクリクリっとした瞳に整った顔。そして、良く通るさわやかで可愛い声は青春アニメのヒロインのよう(まるで、浅倉南)。

年齢はパネル表記上は30代前半ですが、あまりに整っているのでもっと若く見える…

さらに、プロフにも書いていますが海外にいたことがあるそうで、美と学を兼ね備えた、近年まれに見る超逸材です。

パーフェクトジオングみたいなスペックですな。
しかし、どう見ても清楚系ではないか。…本当にこの女性に凄いことされんの?

なんか想像とちがうなぁ…、と思いつつエレベーターに乗りプレイルームへと到着

女性「あ、靴はここで脱いで下さいね~」

アキラ「はい~」

と言われ案内された部屋は…

(;・∀・)

なんじゃこの部屋は?

真っ赤

情熱の赤いバラくらい真っ赤

施設内の設備はベッド・浴槽・洗い場。ぱっと見はよくあるソープランド風な装いに見えるのですが…

洗い場に置かれる謎の椅子

※イメージです。

洗い場の入り口はゲート状になっており、上部の丁度良い位置に、人を縛って吊るせそうな謎の鉄格子

そして、壁にはいつでも取り出せるよう、鞭が飾られています。

なんかもう…

人をいたぶるための、あらゆる道具が揃っているって感じっす。

怪しいレイアウトにこの後何をされるのかドキドキが高まってきました…

まずは服を脱ぎ洗い場へと案内されます。

女性「じゃあ、手を前について」

アキラ「…はい~」

と、壁に手をつかされお尻を突き出す形で体を洗われます。

この洗い方、他の秘密倶楽部でフェチ系のお店で必ずさせられるんですが、M系店のルールにでもなっているのでしょうか?

まあ、正直これくらいではもうドキドキしなくなりましたね。

言うても、無難な感じで終わるかな~

と余裕をかましながら、体をバスタオルで拭いてもらうと…

女性「じゃあ、両手を出して~」

アキラ「はい?」

女性「両手出せって言ってんの~

声は可愛いが、内容が汚くなってきました。

両手を差し出すと、どこからともなくロープが…

しかも結構長い

過去 最長ちゃうかしら

そして、あれよあれよと言う間に江戸時代の罪人みたいに、手首を縛られてしまいました。

女性「じゃあ、手を上に挙げて」

アキラ「おおおっ!?」

手を挙げると、そのまま入り口上の格子に紐がギュット結ばれ、

吊るされてしまいました

しかも全裸

女性「吊るされるの初めて?」

アキラ「は、はい」

女性「どんな気持ち?」

アキラ「…意外といいかも…」

前方にはドでかい鏡があり、そこに映るは全裸で吊るされた我が姿

チンコ全開です

すんげぇ情けねぇ…

だが、なぜだろう

物凄い爽快感を覚える自分がそこにはいる

女性「あら、どうしたの~?」

アキラ「あああっ!!」

テンパる私を悩ましい瞳で見つめながら、乳首をゆっくりと甘噛みする女性

おおおお…

素人でも分かる。この絶妙な噛み方

気が付けば我がジョニーは砲台の角度ほど勃ち上がってました。

女性「も~、何興奮してんの?、このチンポ?」

アキラ「いや~、そんなこと言われたって」

これまで女性の痴態を見て興奮したことは数あれど…

自身の裸を見て勃起する日が来るとは思いませんでした。

女性「あなた、才能あるわよ」

何の才能ですか?

スポーツも美術も勉強も才能がなかった私ですが、変態の素質はあるそうです。

気が付くといつの間にかゴムを被せられており、ゴム越しに手コキが始まります。

そして、この動きが…巧み…

力を入れることなく先端を軽く触るだけで、体全体に電気が走る。

ゴム越しでこの快感を送り込んでくるテクニックは男性の人体を知り尽くしていないとできないレベルです。

エビぞりになりながら悶えている私を魔性の瞳で見つめる女性…

そして、ようやく降ろされた時には既にイキそうな状態で、体は微かに汗ばんでいました。

女性「はい、降ろすわね~」

アキラ「…もうちょっと吊るしてほしかったかも」

女性「なに言ってんの?、あなた変態?」

全くこの手の趣味は無かった私ですが…

実際に吊るされてみると、なんだ…

得も言われぬ快感じゃないか…

新たな世界に入り込んだ事にドキドキしつつ、そのままベッドへと仰向けに横たえられると、今度はそのまま女性が乗ってきます。

そして、巧みな動きで再び全身を撫でまわされ、既にイキそうになっているムスコを寸止めしながら時間をかけていたぶっていきます。

やばい…

さっきの吊るしプレイが強烈過ぎて…

開始15分ですが既にイキそう…

ガララララ!!!

はいっ!?!?

と、ここでドアを開ける音が聞こえたのですが…

なんと!、女性が部屋のドアを開けてしまいました!!!

つまり、おっさんが仰向けになって弄られている様が廊下に全開で見えている状態です。

アキラ「お、お姉さん…、これもプレイの一環ですか??」

女性「うん、そうよ」

アキラ「マジデ~」

公開処刑とはまさにこの事

しかし、このフルオープン効果で興奮度合いがさらに上がる上がる!!

限界な射精感に困惑しつつ、ふと目をやると…

何やら薄い手袋を手にはめる女性

アキラ「…ナンデスカ、ソレハ」

女性「あ、気付いた?」

そして、ゆっくりとアナル周りを撫でられると、指の先っちょがゆっくりとアナルに侵入

実はつい先日谷町秘密倶楽部でもやったこのプレイですが…

今回は深度が桁違い!!!

おおおおお!、かなり奥まで来たぞ…

女性「はい、腰を少し上げて」

アキラ「こ、こうですか?」

女性「そうそう、そして足を床につけて踏ん張って」

アキラ「おわぁぁぁ…」

女性「はい、息吐いて。ヒーフーヒーフー…」

まるでお産の時のように痴女ナースに導かれるまま指示に従う私

…おおおおお

間もなく、これまでとは違う感触が…

女性「ここが前立腺。一番気持ち良いところよ」

アキラ「…ほ、ほ…」

ちなみに、私が初めて前立腺刺激を味わったのはおよそ1年前の広島の地

この時は、動揺が勝ってましたが、2回目にもなると少し余裕があります。

純粋な快感こそ未だありませんが、これは気持ち良くなれる可能性が…

女性「ほら、自分で動いて」

アキラ「へ、へ?」

女性「ほら、気持ち良いとこに」

言われるがまま、オケツの位置を微調整する私

…おおお、確かに

気持ち良いところがある…

女性の指が前立腺に触れる位置によって感度が異なる!

この発見は新しい!世界ふしぎ発見より発見やわ

後々、女性から教えてもらいますが、女性が男性のチンコを受け入れる際も似たような感覚らしいです。腰を自ら動かす仕草は気持ち良いところを探しているが故の動き

そして、前立腺の刺激中に息が詰まるような衝動に駆られるのですが、これは女性がピストンで突かれる時も同じだそうです。

まさに、普段我々男性が女性に行っている刺激を逆に味合わせてもらっているかのよう。

女性「ほらほら、どう?」

アキラ「あ…、あ…」

女性「どうなの?」

アキラ「あ”あ”あ”」

不思議なことに、アナルを攻められると神経がマヒしたかのようにまともに思考が出来ません。この刺激に耐える事だけを考えて体を震わせています。

そして、尻に注意を向けすぎると、チンコへの意識が薄まり徐々にしぼんでいきました。

女性「も~、何、このゴミチンポ!」

アキラ「ひ~、すいません」

人様の男性器をゴミ呼ばわりする女性

まあそれもそのはず、オケツに全集中力を取られてしまい、息子の方は大分と縮退してしまってますからね。

そんな息子を片手でしごかれ、ケツには依然として指が突き刺さっており、ダブルコンビネーション!

女性「も~、ほんと駄目ね。このゴミチンポ」

アキラ「あ”あ”あ”!!!」

2穴ファックってこんな感触なんだろうか…

そして、再び人様の男性器をゴミ呼ばわりする女性

だが、この言葉攻めがたまらん…

女性「はい、息吸って~」

アキラ「ハァ~」

息を吸うとお尻の力が抜けたのか、女性の指がスルリと抜けました。

女性「も~、こんなんじゃ使い物にならないじゃない。ゴミチンポはこうよ!」

と罵声を笑顔で浴びせられ、脚で踏みつけられる我が息子

この刺激が気持ちよすぎたので、再び活力を取り戻し起き上がる我が息子

単純な構造である。

そしてゴムを外されると、ローションが取り出され先ほど快楽をマックスまで引き上げた巧みな手コキが再開

開始15分でイキかけていた我が息子がそうそう持つわけがない!!!

アキラ「ああ…、も、もう出そうです…、お姉さん」

女性「ダメよ!、早い!」

今度は馬乗りになり、ギンギンにそそり立った息子を手に収めて、なぶるように刺激

女性「ほらぁ、奥まで挿れて。ズポぉ…って」

アキラ「あああ…」

手で包まれているだけなのですが、本当に挿れているかのように気持ち良い…

下手するとこれ

セックス超えてるんじゃないか…?

女性は馬乗りになりそのまま騎乗位の動きを続けます。

私はと言うと、手で包まれた状態に、まるで名器に実際にチンコを突っ込んだかのような快感を覚え、自ら腰を動かしのたうち回っています。

アキラ「ああ、もうダメです…」

女性「未だイっちゃだめよ!」

アキラ「す、すいません!!」

自分で腰動かしまくってたこともありますが、もはや限界

アキラ イキマス

女性「もうバカ、何やってんの?」

アキラ「す、すいま…、おわぁぁぁ!?」

イって一息つこうとする私の亀頭を…

間髪入れずに女性が手でしごきまくり!!!

あ”あ”あ”!!!

これまでも何度かやられていますが、これは男の潮吹き

イった後の亀頭を直ぐに刺激しまくると、男性は潮を吹いてしまうのだ!

叫びながらも2回の潮吹きを喰らい、プレイ終了となりました…

なお、そこそこ早くにイってしまったので終了となりましたが、この後は鞭で打たれるコースなど多数のお楽しみが待ち構えていたそうです。

性のバーゲンセールと言っても過言ではないくらい、フルサービスの難波秘密倶楽部。これは噂通り凄かったですわ…

総合評価

大阪の有名なM系風俗:難波秘密倶楽部

前評判通り良いお店で、女性のレベル・プレイ内容共に大満足でした。

…というのは月並みの回答。

難波秘密倶楽部の真の凄さは「新たな性の世界に目覚めれることです」

プレイ中にも書いていますが、縛られたり、お尻に指をつっこまれたり、と普通に想像するだけだと痛くて嫌な行為に見えるプレイ。

しかし、人体を知り尽くしたベテラン女性の手にかかれば、それらは気持ち良さに変わり、新たな快感を覚えることが出来るのです。

普通の風俗店では知ることが出来ない、新たな世界に目覚めれることこそ難波秘密倶楽部の醍醐味であり、私アキラが強く推したい部分でもあります。

総じて満足の高いお店ではありますが、ウイークポイントを敢えて挙げると、料金がもう少し下がってくれると嬉しいかなぁとは感じました。

M性感系全般に言えることですが、料金は普通のヘルスと比べてやや上がる傾向があります。

多くの方が言われますが、日本全国レベルで誇っても良い名店です。

また、癒されたい/虐められたい、と思った際は訪れてみようと思います。

こちらの記事もいかがですか?