池袋学園系美少女JKリフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)で裏オプションの手コキ・フェラ・本番に挑戦

前回のJewelry渋谷に引き続き、JKリフレに遊びに行ってきました。

今回遊びに行ったのは池袋 出会いの記事でも書いている池袋で、特に若者が集まる東口あたりにある「学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)」です。

今回は裏オプションを試そうとして成功した/失敗した話を交えてご紹介します。

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)とは?

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)は池袋にある学園系リフレです。

早い話が制服を着た女性が簡単にマッサージをしてくれたりする場所です。

女子高生は働けなくなったので、高校を卒業した、若しくは高校を中退して18歳になっている女性以上が働くことができます。

なので、モノホンの女子高生と遊ぶことはできませんが、つい先日まで女子高生だった女性とイチャイチャできるという楽しみがあります。

なお、このお店は各地に系列店を持っており、先に私が遊びに行ったJewelry渋谷も同系列店です。

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)の女性のレベル

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)の女性のレベルですが、これはホームページからは全くと言って良いほど分かりません。

というのも、

ホームページでは顔が一切分からない

camrevo_1

プロフィールもほとんど書かれていない

camrevo_2

プロフィール欄には申し訳なさ程度の短文だけで、スリーサイズも一切ありません。

ショップコメントも小学生レベルの文才の無さで、女性の全く魅力が伝わってきません。

こんな有様なので、

「一体何を基準に選べば良いんだ…」

と悩みました。

そして、実際に行って写真を見せてもらうのが手っ取り早いと思い、突撃してみることにしました。

※後で分かりましたが、池袋近辺のお店はこんな感じで顔が分からないお店がほとんどです。秋葉原制服オーディションみたいにもっと顔を出して欲しいです。

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)への行き方

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)が入っているのは、池袋にある関口ビルの4Fです。

ビルの入口にはラーメン屋の食券販売機が置いてあり、本当にここで良いのかと迷いました。

こちらのエレベーターで、

camrevo_3

4Fまで上がります。

camrevo_4

4Fを出ると右手に行くよう看板が出ているので進みます。

camrevo_5

こちらが入口です。

camrevo_6

鉄の扉が閉まったままなので、開けて中に入るとド真ん前に受付があります。

受付には優男風の兄ちゃんが2名座ってました。この手の店の店員はチャライ感じの人が多いですね。

系列店のJewelry渋谷と同様に受付には出勤している女性の写真が貼ってあります。そこからすぐに行ける女性を選びます。

camrevo_7

出勤している女性の写真を一通り見ましたが、はっきり言って相当レベルが高いです

Jewelry渋谷は出勤数も少なくイマイチだなと思いましたが、ここ学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)は人数も多く、レベルも高いので逆に誰を選んだものか悩むほどです。

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)の受付と料金支払

学園系美少女リフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)には以下のようなコースがあります。

リフレコース

  • 30分:4000円
  • 60分:6000円
  • 90分:9000円
  • 120分:12000円
  • 10分延長:1000円

VIPルーム使用

  • プラス1000円

観光案内コース

  • 60分:8000円
  • 90分:11000円
  • 120分:14000円
  • 延長60分:7000円

今回はまずは小手調べということで、30分4000円のコースを選びました。

部屋の配置図がカウンターに置いてあり、この中から空いている部屋を選びます。

奥の部屋は他の部屋に比べて大きくなっており「VIPルーム」と呼ばれています。この部屋を選ぶとプラス1000円になります。

「VIPルーム」はカウンターからも遠いため、裏オプションを狙うならこの部屋が良いなと感じました

実際に遊んできました

鉄壁ガードのすみれちゃん

今回指名したのは「すみれ」という女性

かなり可愛くて私アキラの好みだったので、30分で指名してみました。

「はじめまして~」

と元気で応対はよく、なかなか好印象が持てました。

前回のJewelry渋谷で大分リフレの要領にも慣れていたので、最初に軽くトークをしながらさりげなく裏オプションは可能か聞いてみました。

「あー、やってる娘もいるけど。私はやらないよ」

「えー、そうなの?、多めにオプション代払っても?」

「マンションか土地くれるくらいじゃないとダメ」

と、完全否定です。

裏オプションはやる娘はやりますが、やらない娘は徹底してやらないようです。

さらにガードの固いことに、

  • ショーツの上にホットパンツ
  • ブラジャーの上にキャミソール

と徹底したガードです。

「他の娘は穿いてないこと多いけど、私は鉄のガードだよ」

そして手を少し触ろうとすると、

「あ、触るのはダメ!」

とゴミでも扱うような勢いで避けてきます。

ということで、今回初めて裏オプション徹底拒否嬢に当たりました。

まあ、健全っていえば健全なんですけどね。

なお、お触りオプション(逆リフレ)を付けてもあんまり触らせてくれませんでした。ハグも凄い距離をおくし、添い寝も距離がすごく遠かったです。

完全なるお仕事嬢やね。デリヘルでもこのレベルは少ないわ。

本当に必要最低限のことしかしない「すみれさん」

稼ぎはどんなもんかと聞いてみると、

「大体5時間いるんだけど、一番少なかった時で18,000円。多かった時で33,000円」

1日平均は大体25,000円とのこと。自給5,000円というところでしょうか。

まあルックスはかなり良いし、胸もでかくてDカップはありそうなので、塩対応でもまあまあ稼げるわけですね。

私は少ない方だけど、稼ぐ娘は1日8万円くらい稼いでくよ」

「それは裏オプションなしで?」

「うん。コスプレがつくとプラス6000円くらいだから、それとハグとかで1人10,000円超えるから」

リーマンショックや震災を味わった我が国日本ですが、どうやら池袋の女性はウハウハのようです。

あまりに健全すぎる女性だったので興奮はゼロになってしまい、後は世間話をしてました。

男性の理想が物凄い高く、極度のイケメン好き。ナンパやスカウトには目もくれず、高級志向で生きているそうです。

そんな理想なので、リフレに来るようなおっさん相手に手コキやフェラ、ましてや本番なんかは死んでもやりたくないそうです。

そこまで言わんでも…、と思いましたが、やはり「可愛いは正義」なのでしょう。

ということで、すみれちゃんとの裏オプションは見事に失敗となりました。

次に入った娘は普通に裏オプションできた

凹まされましたが、その後延長して他の娘に入るとアッサリと裏オプションの手コキができました(本番は拒否される)。

やはり奥のVIPルームを押さえることが鍵のようですね。大きくてカウンターから遠い部屋は裏オプションが発動しやすい。

まとめ

池袋学園系美少女JKリフレCAMREVO(キャンパスレボリューション)の解説、体験談でした。

裏オプションは徹底拒否してくる女性もいれば応じてくれる女性もいる。という感じでした。

まあ、やはりホテルに行くタイプのリフレ(渋谷制服オーディションなど)の方が裏オプション率は上がると思いますが、この店は可愛い娘が揃っているので抜きなしでも正直いいかも知れないです。