アフィリエイト広告を利用しています

セフレとデートして大失敗したスポット10選とその理由を紹介

幸いなことに、私はこれまで多くの女性と出会い、セフレ関係でのお付き合いもたくさん経験しましたが、今でも悩む要素に「デート」があります。

中には、「セフレとのデート=セックスだけ!」なんてカップルもいるでしょうが、私の場合はセックス以外のデートも楽しむ関係が多いです。

その上で、とくに私がデートで悩むポイントは、「デートや遊びで訪れるスポット選び」で、スポット選びがうまくいかずに大失敗した経験はとても多くあります。

今回は、セフレとデートして私が失敗したスポットや状況を、私自身の経験を振り返りながら解説していきます。

ぜひセフレとのデート攻略にお役立てください。

セフレとデートして大失敗したスポット10選

それではさっそく、私が実際に経験してわかった、「セフレとデートして大失敗したスポット10選」を紹介するのですが、主なスポットは以下の通りです。

セフレとデートして大失敗したスポット10選

  • 夏場の観光地
  • ボウリング場
  • スポーツ観戦
  • 下着屋さん
  • 遊園地
  • ラブホテルがない(少ない)場所周辺
  • 子どもの多い公園
  • 女性の住んでいる場所近辺
  • 歓楽街
  • 花火大会

以上10選については、実際に私自身失敗した経験があることはもちろん、失敗した理由もわかっています。

ただ、これはどのスポットにも共通していることですが、「絶対に避けるべき」とは言い切れません。

なぜなら、やむを得ず行く必要のあるケースや、不意に訪れる可能性もあるスポットばかりゆえ、完全にすることは難しいからです。

それでも、失敗するリスクを理解した上で、「行く場合には注意したいスポット」ですし、そんなスポットたちだからこそリストアップしました。

なにも知らないままデートしに行き、その結果私は後悔しています。

どんなリスクがあるのか?を知っておくことは、それだけでも快適な活動につながるため、セフレとより良いデートを楽しむためにも、十分ご注意ください!

ここからはセフレとデートして大失敗したスポット10選それぞれを、私の経験をもとに、具体的に掘り下げていきます!

セフレとデートして大失敗したスポット1「夏場の観光地」

スポット夏場の観光地
失敗した理由
  • 人が多い
  • 暑い
関係性のレベルによる変化親しい関係でもリスクはあり

1か所目に掘り下げるセフレとデートして大失敗したスポットは、「夏場の観光地」で、今回の10選で比較すると、私自身1番失敗が多いスポットです。

せっかくの夏、季節的なスポットや、休みを利用して観光スポットに行きたいと考える人も多いでしょうし、一見すると最高のスポットでしょう。

しかし、同じような考えの人も多いため「異常に人が多い」ことも珍しくありませんし、その上で、「破壊的な暑さの中で過ごす」ことになります。

そんなの夏場はどこに行っても一緒!と思うかもしれませんし、より人気のあるスポットほど行きたくなるでしょう。

その気持ちは私もよくわかりますが、人気スポットほど「地獄の人混みと暑さ」がしんどいです…。

このダブルパンチは本当に厄介で、まず人気スポットは動けないレベルで混雑する場所もありますし、前に進めないことも珍しくありません。

そこに夏の暑さが加われば、「暑さが苦手だとデートどころではありません」し、動けず暑すぎる状況に、「楽しめなくなる」可能性もあるわけです。

私が実際に失敗した状況だと、1つは「海」で、もう1つはその地域で有名な「王道観光地」でした。

海については、人が多くて暑いことを前提に、「非難できる場所が限られている」ため、暑すぎる日は完全に体力が奪われてしまいます。

王道観光地の場合は、そもそも前へと進めない上にお店も入れず、1番ヒドかったケースでは、「ただ歩くだけ」になってしまいました。

どちらの場合も疲れ切ってしまい、「セックスできずに終わってしまった」経験があり、疲れてはいましたが「消化不良感もエグかった」です。

対策としては、シーズンを避ければ解決しますが、どうしても行きたい場合は、「下準備」をしっかりと行いましょう。

具体的な準備としては、主に以下の通りです。

準備一覧詳細
最悪移動できるよう近場の遊べる場所をリサーチしておく
  • 駅前から動けないスポットなどもあるため、最悪当日に予定変更できるよう、他の選択肢は作っておくべき
  • 当日探そうとしてもバタバタしますし、デートが間延びしてしまい、女性に飽きられてしまう可能性もある
お店はすべて早めに予約する
  • すべて早めに予約することがポイント
  • 当日だとどこも取れないケース、葉入れても1時間以上待つケースもあるため、しっかりと準備すべき
宿泊前提なら非難できるようデートスポットの近くに宿を取る
  • 泊りで夏の観光スポットに行く場合は、体力を削られた後の移動がめちゃくちゃしんどいため、宿は近いほど良い
  • 移動するとしても、電車で1駅圏内にしておく方が、翌日再観光することになった場合にも対応しやすい
どこに行くとしても夏場は着替えを多めに準備する
  • 外で長く動くと、めちゃくちゃ汗をかきますが、着替えをもっていない人も多く、体調を崩すケースもあるため注意
  • 相手にも伝えておき、着替えをもってこさせ、自分が荷物は持っても良いくらいの気持ちで、ある程度の着替えは準備しておきたい
タオルや汗拭きシートも常備
  • 汗をかきすぎると気持ち悪いため、相手の分も準備しておき、困った時に出せると便利
  • あって困ることはないけど、なくて困る場面は多いため、私は常備しています
飲み物が中々買えないこともあるため買える場所では逐一確認
  • コンビニや自販機に立ち寄りにくい状況、タイミングによっては売り切れの可能性も想定し、困る前に買っておくよう心掛けたい
  • コンビニや自販機を見つけたら、相手にも確認しておくと、親切で喜ばれることもあります
海(川)やプールの場合も室内に入れる場所は確保しておく
  • 海の家は取れない可能性もあるため、ファミレスやファストフードだとしても、室内で涼めそうな場所は見つけておく
  • 飲食店以外でも、商業施設やコンビニ、エンタメ施設でもOK
  • ラブホテルは入れない可能性もあるけど、選択肢としてはありなため、近くにあるか調べておき、予約ができなくても電話確認してみると良い

それぞれ私の実体験あらまとめているため、正直「めちゃくちゃ面倒な準備」ではありますが、実践して損はありません。

多少荷物が増えだとしても、事前に調べることが多くても、「デートが失敗するよりは100倍良い」です。

夏場に観光地や海など、人が集まる場所でデートしたい場合は、ぜひ以上の解説を参考に、少しでも快適に動けるようご対応ください!

セフレとデートして大失敗したスポット2「ボウリング場」

スポットボウリング場場
失敗した理由
  • 環境や人が騒がしい
  • 盛り上がるために得意不得意が影響
関係性のレベルによる変化親しい関係なら問題なく楽しめる可能性あり

セフレとデートして大失敗したスポット2か所目は、男女一緒に楽しめ室内スポーツゆえ、定番のデートスポットではありますが、「ボウリング場」です。

親しい関係のセフレが相手なら、正直問題なくデートできる印象もありますが、「まだ親しくないなら注意が必要」でしょう。

とくに、お互いが趣味でもない限り、「初デートには向かない」ですし、どうしても行きたい場合は十分に注意が必要です。

まず、ボウリング場は「めちゃくちゃ騒がしい環境」なため、場所によっては「お互いの声が聞こえにくく会話しにくい」こともあります。

若い世代も多く利用するスポットゆえ、隣のグループが騒がしいこともあれば、音楽や環境自体がうるさいこともあり、「コミュニケーションが満足に取れない」です。

私は1度、デート中にたまたま発見したボウリング場に、その日はじめて会ったセフレ希望の女性と行きましたが、「会話が成り立たないほどの騒音」で失敗につながりました。

それこそ、影響はボウリング場から出た後にも残るケースがあります。

騒音のせいで話しを聞き取れていなかったことに、「さっき言ったじゃん!」と不満を抱かれることも珍しくありません。

ボウリング場で大切な話しをする方も問題はあるでしょう。

しかし、独特な騒がしさのある環境だからこそ、「返事をした気がする的な勘違いをされる」こと、「聞こえていないと思われない」こともあり注意が必要です。

また、もう1つ注意しておきたい要素があり、あくまでもスポーツゆえ、「個々の得意不得意が絡む」辺りも厄介です。

たとえ不得意でも、相手(もしくは自分)が「ワイワイ盛り上げられるならOKなタイプ」や、「身体を動かすことが好きなタイプ」であれば、問題なく楽しめることでしょう。

ただ、片方で「同じレベルでストイックに楽しみたいタイプ」や、「負けるor点数が低いと不機嫌になるタイプ」だった場合は、空気が悪くなりやすいため避けた方が無難です。

それでも、どうしてもボウリングを避けられない状況も、場合によってはあるかもしれません。

理想としては、親しくなってから行くことですが、やむを得ない場合にどうしてもボウリングをするなら、一応それぞれに対策はあります。

会話を楽しむなら、「端っこの席を狙う」か「夕方までに行く」ことで解決しやすく、ゲームの問題は「ルールを本数指定ゲームにして遊ぶ」方法がオススメです!

会話の問題は環境的にどうしようもない部分も多いですが、「端っこの席」なら片方は人がいないため話しやすく、「夕方までに行く」ことで多少混雑を回避しやすくなります。

また、「本数指定ゲーム」については、「投げる前に相手が本数を指定(アプリなどでランダムもOK)して遊ぶ」方法です。

「ピッタリなら1点!」のようにすると、これが中々難しいため、点数をスコアからすり替えるだけでも、得意不得意の差を小さくできます。

私は親しくなるまで極力避けてしまいますが、まだ関係が浅い女性とボウリングへ行くことになった場合は、ぜひ以上のような対策も試してみてください!

セフレとデートして大失敗したスポット3「スポーツ観戦」

スポットスポーツ観戦
失敗した理由好きなチームの試合ではなかった
関係性のレベルによる変化関係のレベル云々以前に人を選ぶ

セフレとデートして大失敗スポット3か所目は、「スポーツ観戦」です。

私は個人的に趣味の1つゆえ、趣味が合う場合は、積極的に利用してきたスポットですが、「かなり人(相手)を選ぶ」ためご注意ください。

最近は「スポーツ観戦が趣味の女性も増えています」し、スポーツへの知識や興味が深い女性も増えているため、女性と会話をしている時、「スポーツの話題」が出ることもあります。

ただ、その結果「スポーツ観戦デートが難しくなっている」部分もあり、とくに注意したい要素が、「相手に好きなスポーツのチームがある場合」です。

「単純どんなスポーツのどんなチームでもスポーツ観戦自体が好き!」と話す女性であれば、細かいことを気にする必要はありません。

しかし、趣味として深くスポーツに触れている女性だと、最近は「熱烈に応援しているチームがある女性」も増えており、他のスポーツやチームには興味がないケースもあります。

最悪の場合、「キライなチームがいる女性」もいるほどで、そのような女性が相手だと、「試合選び次第で失敗するリスクも大きい」のです。

たとえば、相手の話しをよく聞かずに、たまたまチケットが取れたからと、デートに誘うとします、

ざっくり「スポーツ観戦が好き」なことだけを知っていたから、誘ってみたけど、「実はキライなチームの試合で最悪の空気になる」経験を私はしました。

誘って時点で断ってくれる女性なら問題はありません。

しかし、気をつかって断らなかったけど、「いざ現地で機嫌が悪くなる女性」もいる(複数人出会った…)ため、そこは注意が必要です。

ただ、このリスクを回避する方法は簡単で、趣味トーク中にスポーツ観戦の話題へつながった場合は、「好きなスポーツとチームについて聞くだけで解決」します。

そこで好きなスポーツやチームが合わない場合は、スポーツ観戦には誘わなければ良いわけです。

誘う場合も、「相手の趣味に合わせてチケットを取る」ことできるため、少なくとも「女性が不機嫌になるリスク」は回避しやすくなります。

スポーツ観戦が趣味の男性は、相手からスポーツ観戦が趣味だと言われても、そこから「趣味を掘り下げる」ことも忘れないよう、十分にご注意ください!

セフレとデートして大失敗したスポット4「下着屋さん」

スポット下着屋さん
失敗した理由
  • イヤな羞恥心が刺激される男性もいる
  • 変な空気になることもある
関係性のレベルによる変化相当親しければあり

セフレとデートして大失敗したスポット4か所目は、ここまでに紹介してきたスポットとは少し視点が違い、主に男性側がしんどい可能性のある、「下着屋さん」です。

女性向け下着屋さんへ行っても、それをまったく気にしない人もいるでしょうし、その場合はデートで遊び行っても、とくに問題ありません。

しかし、「女性向けの下着屋さんに入ることを恥ずかしいと感じてしまう」タイプだと、「かなりツライ空間」ゆえ、ムリはしないことをオススメします。

なぜなら、「恥ずかしさ」や「ツラさ」を感じながらその場にいると、そのつもりはなくても、「態度が悪く見えてしまう」こともあるからです。

相手の女性はノリノリで、一緒に選んでもらいたい人もいれば、買い物自体を楽しんでくれる人もいます。

しかし、一緒に行っている中で、それを「一緒に楽しめない」と、雰囲気が悪くなるリスクもあるのです。

実際に私は、まだ出会ったばかりの女性と下着屋さんへ行き、緊張から「対応が悪くなってしまった」結果、「もういい…」と帰られたことがあります。

後日1度だけ連絡をくれましたが、「下着屋で急にイヤイヤな空気が出た」と指摘され、結局フラれてしまいました。

とはいえ、セフレを含めて大人(アダルト)目的で出会う場合、避けられない状況に遭遇することもあります。

その場合は、断ることで空気が悪くなる可能性もあるため、「事前に苦手だと絶対に伝える」ようご注意ください。

行かないことが1番良い解決策なので、私は「親しいセフレと以外行かないようにしている」のですが、それでも「関係やプレイの流れ」からやむを得ない状況はあります。

行っても一緒には楽しみ切れないこともあるため、「苦手だと伝えても理解されず空気が悪くなる」可能性もあるでしょう。

しかし、多くの場合は「伝えれば理解してくれる」ため、少し盛り下がったとしても、「フラれるほどのトラブルに発展することはほぼありません」でした。

私と同様に女性向けの下着屋さんが苦手な人は、ぜひ以上までの解説を、立ち回りの参考にお役立てください!

セフレとデートして大失敗したスポット5「遊園地」

スポット遊園地
失敗した理由
  • 待ち時間の会話
  • 疲労後に重たくなる空気
関係性のレベルによる変化会話や性格の相性次第

セフレとデートして大失敗したスポット5か所目は、デートでは定番中の定番、「遊園地」です。

遊園地自体はすごく楽しい場所ですが、人気の遊園地はとくに注意が必要で、私は何度も失敗してきました。

「待ち時間の会話」と「披露後に重たくなる空気」は、会話や性格の相性が良くないと厳しいです。

どれだけ長く関係が続いている相手でも、以上2つの要素を理由に、「相性のズレ」が見えてしまい、結果として「別れる」可能性もあります。

セフレ関係だと、長く関係を続けている相手でも、「セックスが中心」で、他の遊びは「ご飯」や「飲み」程度なことも多いでしょう。

しかし、仲良くなったことで、話しの流れやお願いされる形で「遊園地に行く」と、「今間では見えなかった部分がお互いに見える」こともあります。

それが良い要素で、逆に仲良くなれるならハッピーですが、私の場合「イヤなところが見えて不満を抱えてしまう」ケースが多いです。

それこそ、相手に不満を抱かれるケースだってありますし、最悪の場合「ケンカしてヒドイ空気になる」こともあります。

私がセフレと遊園地デートする場合は、普段から「セックス以外の行動もよく一緒にする女性」で、「相性も相当良い女性」だけです。

ここ最近は以上の要素をものすごく重視した上で、たとえ女性から誘われても、少しでも不安があるなら、断るようにしています。

セフレはある程度の距離感も大切ですが、「遊園地デートはセフレとして以上の距離感に踏み込む」部分もありますし、イメージ以上に「難しいスポット」です。

断った結果関係が悪化するリスクもあるため、行くこと自体は止めませんが、大失敗のリスクがあることも理解上で、ご利用いただくことをオススメします。

セフレとデートして大失敗したスポット6「ラブホテルがない(少ない)場所周辺」

スポットラブホテルがない(少ない)場所周辺
失敗した理由ラブホテル探しでグダグダする
関係性のレベルによる変化親しければ問題なし

セフレとデートして大失敗したスポット6か所目は、セフレ関係だからこそ注意してほしいスポットで、「ラブホテルがない(少ない)駅」の周辺です。

ラブホテルくらいどこにでもあるだろう的な考えは、正直かなり危険で、それこそ東京の都市部でもない場所はありますし、少なくて土日でも入れないなんてケースもあります。

それこそ、大きな駅でも油断はできませんから、セフレ関係ならセックスする予定ではないとしても、「必ずラブホテルの有無と場所」は調べておくべきでしょう。

なぜなら、デート→ラブホテルの予定でも、セックスなしの予定から急遽ラブホテルに行く場合も、「ラブホテル探しでグダグダしている間に女性の性欲は冷めやすい」からです。He

1度冷めてしまうと、そこから再度盛り上がることは難しく、その日は結局セックスせずに帰るなんてケースも、残念ながら考えられます。

気持が一旦盛り上がった上で冷めているため、もう1回盛り上げようと思っても、女性の気分は簡単ではありません。

だからこそ、気分を切らさないためにも、「極力ラブホテルがない(少ない)場所周辺は避けるべき」ですし、「できれば行きやすい位置にラブホテルがある場所」を選ぶきです。

ただ、セフレ相手でも「セックス以外の遊び」を楽しむことはありますし、その遊び場周辺に「ラブホテルがない(少ない)」状況も考えられます。

せっかくのデートを、ラブホテルがない(少ない)場所周辺だからと、断るわけにもいきませんから、そのような場合は「もっとも近いラブホテル」を調べておきましょう。

多少移動が必要だとしても、それが事前にわかっていれば、少なくとも「探すためにグダグダすることはありません」から、冷められるリスクを多少は抑えられます。

また、目的のデートが終わった後に移動し、ご飯や飲みはラブホテルが近くにある場所で楽しめば、急遽セックスする流れに進んだ場合も安心です。

「ラブホテルがない(少ない)場所周辺」でデートする時も、ぜひ以上のような対策もしておき、なにがあっても対応できるよう、しっかりと準備しておきましょう!

セフレとデートして大失敗したスポット7「子どもの多い公園」

スポット子どもの多い公園
失敗した理由女性が我に返るリスクあり
関係性のレベルによる変化親しさに関係なく相手次第

セフレとデートして大失敗したスポット7か所目は、少し特殊なスポットですが、「子どもの多い公園」です。

一見すると癒されそうですし、気軽にフラっと立ち寄れそうな印象もありますが、「子どもの多い」と限定したのには、しっかりと理由があります。

もっとも注意しておきたい要素は、「女性が我に返るリスク」です。

色々な理由から「セフレ関係を割り切っている」女性たちが、「子ども」や「家族」を見ることで、「セフレ遊びしている現状に冷めてしまう」ケースがあります。

子どもが集まる場所でも、他のスポットでは、「我に返って失敗」した経験を私してきませんでした。

しかし、「公園」だけは、複数回「女性が我に返ってしまい別れた経験」もしており、別れはしなかったけど「関係が崩れかけた」こともあります。

公園は、「デートしても行動的に遊ぶシチュエーション」ではありませんし、環境を楽しむ感覚が強いスポットゆえ、その中で「子ども」や「家族」に意識が集中しやすいのでしょう。

そのような環境で子どもや家族を静かに眺めていると、セフレはあくまでも特殊な関係で、結婚や恋愛につながることもありませんから、「自分と比較」するわけです。

将来的に「幸せな家庭を持ちたい」と女性が考えだし、「子どもがほしい気持ち」や「家庭をもった自分を想像する」思考に切り替わると、セフレとしてのバランスは崩れます。

セフレ関係を終わらせて、結婚や恋愛のために新しい出会いを探しはじめるケースもあれば、女性によっては「突如求婚や恋愛感情のアピール」がはじまるケースもありました。

別れてしまう場合は、「セフレはいつか終わる可能性が高い関係」ですし、セフレとして付き合う以上「将来を考えてフラれる」ことは常時覚悟しています。

ただ、「突如求婚や恋愛感情のアピール」がはじまるケースは、セフレからの「結婚や恋愛はかなり難しい」ですし、どう転んでも「相手を傷つけるリスク」が大きいです。

もちろん、子どもの多い公園に行くと、すべての女性が我に返るわけではありません。

なにも問題ないケースの方が多いくらいですし、良いリフレッシュができ、素敵な時間を過ごせることも多いです。

それでも、私は過去に何度も大失敗しているため、身近でお手軽に思えるスポットだからこそ、本当はどんなリスクがあるのかを解説しておきました。

子どもの多い公園を利用する際は、以上のようなリスクも考慮した上で、遊びに行くことをオススメします!

セフレとデートして大失敗したスポット8「女性の住んでいる場所周辺」

スポット女性の住んでいる場所周辺
失敗した理由
  • 相手の知り合いに見られるリスクあり
  • ソワソワして相手が楽しみきれないリスクもあり
関係性のレベルによる変化親しさに関係なく相手次第

セフレとデートして大失敗したスポット8か所目は、「女性の住んでいる場所周辺」です。

相手な次第な部分も大きいため、相手が気にしない女性であれば問題ありませんし、家に誘ってくれるような相手と出会えた場合に、わざわざ断る必要もありません。

しかし、セフレ関係だからこそ、「知り合いに見られたくない」と考える女性もいるため、そこは注意が必要です。

知り合いに見られたくないと感じている女性は、とにかく「警戒心がめちゃくちゃ強くなる」ため、デート中ひたすらソワソワしてしまい、「楽しんでもらえない」可能性もあります。

それこそ、つねに気持ちが張り詰めた状態ゆえ、「周囲だけでなくこちら(男性側)への警戒心も強くなってしまう」女性もおり、デートがまったくうまくいきません。

このような女性だと、そもそも「待ち合わせやデートする場所には指定しない」ことが多い中、「近い方が楽」と考え指定する女性もいるため、ご注意ください。

また、出会い系サイト・アプリではじめて出会うタイミングに、「都合の良い場所」を聞く時にも、注意点があります。

都合の良い場所を聞くこと自体は、相手に寄り添える良い立ち回りなのですが、この時「近くまで行きます!」や、「最寄りまで行きましょうか?」とは言わない方が良いです。

以上のような伝え方をすると、「知り合いに見られたくないことを自覚していたい女性」が、無意識で「知り合いに見られる可能性のある場所」を指定し、後からソワソワしだします。

初心者の女性や若い女性だと、経験が少ない分、自分の気持ちに気づいていないケースもあるため、伝え方には注意しましょう!

とはいえ、どれだけ注意しながら立ち回っても、相手が都合の良い場所として「住んでいる場所周辺」を選ぶことはあります。

そのようなケースで、相手が知り合いに見られることを心配しだし、ソワソワしてしまった場合は、即「場所を変える」ことで対応してください!

その場でなにか工夫をしようとしても、状況は変わりませんし、それどころか「悪化」する可能性すらあります。

相手は移動が面倒で、住んでいる場所周辺を指定したとしても、提案すれば受け入れてくれることも多いですから、そこは臨機応変に動きましょう。

タクシーを呼んで、少し離れたラブホテルに避難しても良いですし、電車に乗って住んでいる場所周辺から離れても問題ありませんが、「とにかく離れる」ことが大切です。

離れても最初の内は、少しの間雰囲気も流れるかもしれませんが、離れたことで安心してくれれば、雰囲気はそこからでも十分に取り戻せます。

ゆえに、女性の住んでいる場所周辺で失敗しそうな雰囲気が流れても、焦らずに落ち着いて、女性に寄り添いながら立ち回ってみてください!

セフレとデートして大失敗したスポット9「歓楽街」

スポット歓楽街
失敗した理由街の空気だけで苦手に感じる女性もいる
関係性のレベルによる変化親しさに関係なく相手次第

セフレとデートして大失敗したスポット9か所目は、「歓楽街」です。

ラブホテルに行く前提でも、その時以外は行かない方が無難と思えるスポットで、相手が「遊び慣れていない女性」の場合は、とくに注意が必要でしょう。

歓楽街は特有の空気があって、ギラギラした空気、やや治安の悪い空気があるため、それを苦手だと感じる女性もいます。

女性によっては、「恐怖心」が刺激されるケースもあり、長くその場で過ごした結果、セックスを楽しめる雰囲気ではなくなることもありました。

セフレなら歓楽街くらい普通に立ち寄るだろう、そこまで気にする必要はある?など、あまり問題視しない人もいるでしょうが、その考えは経験上非常に危険です。

恐怖を与えてしまえば、その日はセックスできたとしても、「その後関係を続けてもらうこと」は難しくなります。

気づかずに同じような出会いを繰り返すと、良くてもワンナイトや短期のセフレ、最悪の場合「女性と会ってもらえないor帰られてしまう失敗」を繰り返す可能性もあるわけです。

しかし、ラブホテルに行く場合は、歓楽街は避けられないこともありますし、私も「行かない方が良い」とは言いません。

では、どうすれば良いのか?ですが、「ラブホテルへ行く直前までは別の場所をデートに使う」と良いです。

ラブホテルがある駅周辺でも、「歓楽街」と「他の区域」が分かれているケースも多いため、ラブホテルへ行くまでは歓楽街に近づかなければ問題ありません。

まったく関係ない場所で遊び、ご飯を食べ、それから歓楽街に行けば良いだけです!

少しでも楽がしたからって、最初から最後まで歓楽街にいると、女性に恐怖心を含めて悪い印象を与えやすくなりますから、以上のような工夫もしながら立ち回りましょう!

セフレとデートして大失敗したスポット10「花火大会」

スポット花火大会
失敗した理由シンプルに混雑具合がリスク大
関係性のレベルによる変化親しさに関係なく相手次第

最後に紹介する、セフレとデートして大失敗したスポット10か所目は、夏の風物詩で定番デートスポットの1つとも言える、「花火大会」です。

セフレ関係だとしても、花火を見に行きたがる女性はいますが、正直かなりリスクが高く、私からするとオススメしにくいスポットでした。

理由は、観光地と同様「めちゃくちゃ混雑するから」や、混雑する上に「暑い」こともありますが、とくに「混雑は恐ろしくエグイ」です。

まったく身動きが取れないほど混雑すること、混雑しすぎて帰るまでに相当な時間がかかることなど、リスクやデメリットがあまりにも大きすぎます。

花火を見てからセックスする流れを想定しても、セックスできないほど、「ドッと疲れてしまう」可能性もかなり高いです。

私の場合は、その圧倒的すぎる酷な環境で、女性が不機嫌になってしまい、結果としてフラれたこともあります。

ただ、セフレと花火大会を楽しみたい場合は、少しお金はかかりますが、ものすごく良い方法もあります。

それは、「ホテルを予約しておく」ことで、「花火大会が見える窓のある部屋」に宿泊して、ゆっくり見る方法です。

イベントと重なるため、料金は必然的に高くなりますし、「そもそも予約すら中々取れない」可能性もありますが、私は過去に何度か試して大成功しました!

他にも、移動の楽さを含めて「穴場を知っている」場合や、「少し離れた場所から見る」ことでも、対策はできます。

「現地で混雑している場所に突っ込む」ことさえしなければ、安心して花火大会をお楽しみいただけますから、花火大会をセフレと楽しみたい人はぜひ参考にお役立てください!

以上で、セフレとデートして大失敗したスポットについても、すべての解説が終了したところで、ここからは「オススメの出会い系サイト・アプリ」を紹介します!

セフレがほしいなら絶対に使うべきオススメの出会い系サイト・アプリ4選

セフレがほしい人たちに、私が強くオススメしたい出会い系サイト・アプリは、間違いなく以下の4つです。

オススメの出会い系サイト・アプリ4選

最近は「大人(アダルト)目的の出会いを禁止している出会い系サイト・アプリ」も多い中、以上4つは「大人(アダルト)目的の利用が認められている」ため、使用感抜群です!

他の出会い系サイト・アプリだと、セフレを作るためにコソコソと活動し、大人(アダルト)目的だとバレないよう立ち回る必要があります。

最悪の場合通報されてしまいますし、会った後にトラブルへ発展するケースもあるため、イマイチ活動に集中できません。

しかし、紹介した4つの出会い系サイト・アプリを使えば、以上のような要素は気にせず、ノンストレスでご活動いただけます!

私はこのような理由から、とくにセフレやワンナイトなど大人(アダルト)目的で活動する場合は、以上4つの出会い系サイト・アプリを積極的に利用してきました。

成功するためには努力も必要ですし、難しい部分もありますが、当サイトでは以上4つの出会い系サイト・アプリを実際に使った攻略やノウハウも、別途掲載しています!

また、大人(アダルト)目的の出会いに役立つ情報全般も掲載しているため、ぜひそちらも合わせて参考にしていただきながら、素敵な出会いをゲットしてください!

最後に

今回は「セフレとデートして大失敗したスポット10選」を、私の残念な失敗をもとに、それぞれ掘り下げて解説しました。

正直なところ、どのスポットも普通に遊びやデートで訪れる場所ゆえ、実際に失敗につながった時は私自身、「なんで…!?」と困惑した記憶があります。

しかし、この辺りはセフレ関係の難しいところでもあり、「普通だと思っていた常識やアプローチが通用しないケース」は、デートに関係なく珍しくありません!

私は今でも、活動すればするほど、セフレ遊びの難しさを痛感しますし、お恥ずかしいながら失敗も繰り返しています。

それでも、失敗を活かしながら必死に活動しているからこそ、失敗しても諦めずに努力してきたからこそ、多くの成功も経験してきました!

たとえ失敗しても、それをどう活かすかが、もっとも大切です。

皆様もぜひ以上のようなマインドで、失敗しても前向きに、セフレ遊びを攻略してみてください!

こちらの記事もいかがですか?