アフィリエイト広告を利用しています

出会い系でセフレ作りを楽しむ45歳以上のおじさんに聞いた意識していること10選

私自身もおじさん世代ではありますし、その上でセフレ遊びを謳歌していますが、そんな私よりも年上のおじさん世代たちだって、まだまだ現役で活動している人はたくさんいます。

私も長年出会い系サイト・アプリやセフレ遊びを攻略してきましたが、私なんてまだまだだと思わせてくれるようなおじさんたちも、世間には溢れているわけです。

そこで今回は、セフレ遊びにおいては熟練と言えるおじさんたちから、セフレ遊びの攻略について話しを聞いてきました!

私の大先輩たちが、日々セフレ遊びで失敗しないために意識していることを、実際に話しを聞いた上で解説します。

とくにおじさん世代からすると、セフレ遊びを攻略する上で、非常に使える情報ばかりゆえ、ぜひ活動の参考にお役立てください。

45歳以上の大先輩たちがセフレ遊びで失敗しないために意識していること8選

それではさっそく、今回大先輩方が教えてくれた、「セフレ遊びで失敗しないために意識していること8選」を見ていくと、主なポイントは以下の通りでした!

失敗しないために意識していること8選

  • ヘアスタイル
  • ヒゲの身だしなみ
  • デートスポットの選定
  • 加齢臭含む臭いケア
  • 流行へのアンテナ
  • 食事の食べ方
  • 言葉遣い
  • 文章の内容や装飾

一見すると、「当たり前でしょう!?」と思われそうな内容もありますが、意識しているつもりでも、「実践はできていない人が多い要素」です。

それこそ、私自身も話しを聞きながら、「ヤバイ…そこまでやれていないかも…」と反省した要素ばかりでしたから、おじさん世代ほどよく確認して損はありません。

この8選を意識しているだけでも、間違いなく「女性からの評判は良くなる」と言えますし、出会い系サイト・アプリ以外でもチャンスが増えます!

これは今回協力してくれた先輩方も、「意識するようになってからモテた」と話しているほど、対女性にものすごく役立つノウハウです。

セフレの攻略としてはもちろんですが、「おじさん世代でもモテるための攻略」としても、ぜひご活用ください!

おじさん世代の男性に聞いた、セフレ遊びで失敗しないために意識していること8選を、ここではザックリと紹介しました。

その上でここからは、そんな8選をそれぞれ掘り下げるべく、回答してくれた先輩方のご意見も掘り下げながら、具体的な解説も進めていきます!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること1「ヘアスタイル」

【ヘアスタイルを回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前ユウヤさん
年齢46歳
セフレ遊び歴20年
現在進行形のセフレ数3人

1つ目に紹介する、セフレ遊びを謳歌しているおじさん世代が意識していることは、親友とも呼べる大先輩のユウヤさんが教えてくれた、「ヘアスタイル」です。

普段飲食店を経営していることもあり、普段は帽子を被っていますが、お休みの時や閉店後は、いつも「ビシッと清潔感のあるヘアスタイル」に整えています。

そんなユウヤ曰く、「ヘアスタイルはセフレ遊びがうまくいっている秘訣」だそうで、「年齢を重ねるほど意識している」とも話していました。

名前
ユウヤさん

髪の毛はオレたちくらいの年齢だと、結構ナーバスな問題でもあるんだよな。

だからヘアスタイルは大事で、自分でも可能な範囲の最低限には整えたいし、「清潔」か「オシャレ」をどちらかは抑えないといけない。

具体的には以上のようなイメージで、ポイントは「清潔感」or「オシャレ」のどちらかを抑えることだそうです。

というのも、年齢を重ねると髪は薄くなる人もいますし、ゆえに「ナーバスな問題」だと話していましたが、だからこそ「整えるべき」だとユウヤさんは話してくれました。

名前
ユウヤさん

オレの周りだと、薄くなったからスキンヘッドにしたらモテた人もいたし、オレはミディアムからショートにバッサリ切ったら、女性からの反応がまったく違ったね。

他は何を変えてもダメだったけど、ヘアスタイルだけでこんな変わるのかと、驚いたよ。

これは個人的に驚いたことなのですが、中途半端に整えるよりも、「スキンヘッドにした結果モテたおじさん世代」もいるそうです。

理由としては、「中途半端に残すよりも清潔感が増したから」らしく、実際に女性たちからは、「こっちの方がカッコいいよ!」と突如褒められだしたそうです。

また、ユウヤさんの場合は「ややモヒカン気味のショート」に変えたところ、以前は「ボサボサのミディアム」だっため、こちらも「清潔感が増して好評」だったと話していました。

おじさん世代のヘアスタイルとしては、相当似合っているケースを覗き、「ショートの方が好評」だそうです!

長いよりも短い方が、清潔感があると感じる女性は多いらしく、「セットの見映えもしやすい」ことから、「オシャレさも演出しやすい」と話していました。

セフレ遊びを充実させたい男性で、ヘアスタイルに悩む、またよくわからない男性は、ぜひユウヤさんのご意見を参考にしてみてください!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること2「ヒゲの身だしなみ」

【ヒゲの身だしなみを回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前カズトさん
年齢51歳
セフレ遊び歴12年
現在進行形のセフレ数1人

おじさん世代の大先輩方が、出会い系サイト・アプリで失敗しないために意識していること2つ目は、カズトさんが話してくれた、「ヒゲの身だしなみ」についてです。

世代に関係なく、身だしなみとして「ヒゲ」を重要視する男性は多いのですが、年齢を重ねるほど「手抜きする人も増える」そうで、これは複数の女性からも意見がありました。

名前
カズトさん

すべてキレイに剃る必要はないかも知れませんし、似合っていれば許される範囲のヒゲもあるでしょうから、ヒゲがダメとは言い切れません。

ただ、私の場合は女性と会う際に、ヒゲをツルツルに剃ることを意識してから、段違いにモテはじめました。

先輩のカズトさん曰く、「ヒゲがダメとまでは言えない」としていますし、私も女性から話しを聞いていると、「似合っているなら問題ない」と考える女性もたしかにいます。

しかし、カズトさんは「ヒゲをツルツルに剃る」ことで、「モテはじめた」上に、「セフレとして継続的に付き合えることが増えた」そうです。

その経験から、最大のポイントは「キレイに剃ること」で、「ない方が清潔感を与えやすい」とも補足してくれました。

名前
カズトさん

最近は脱毛も終了したため、手間もなくなりましたし、多少余裕があるなら、脱毛も選択肢に入るかと。

似合わないヒゲは不要と思い脱毛しましたが、剃り残しの心配もありませんし、いつでも勝負に出られるので、私はして良かったです。

また、ヒゲをキレイに剃るよう意識してからモテた結果、「脱毛」にも挑戦したそうですが、「より大きな手応えがあった」とも話してくれました。

「剃り残し」について言及してくれましたが、カズトさんはそもそもヒゲが濃いタイプだったため、「剃り残し」や「青髭」がすごく気になっていたそうです。

日々ヒゲをキレイに剃るだけでも、十分に清潔感のある印象を与えやすくなりますが、懐に余裕があるなら、カズトさん同様「脱毛」する価値はあります!

ヒゲの身だしなみを意識すると、カズトさん曰く、「プライベートでも女性からの反応が変わった」そうですし、「部下の女性たち(とくに20代)から好評」だったそうです。

ヒゲをキレイに剃るだけでも、「モテるチャンス」は確実に増えますし、これは私も日々実感している攻略ゆえ、これまで意識してこなかった人ほどこの機会にお試しください!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること3「デートプランの選定」

【デートプランの選定を回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前マサトさん
年齢48歳
セフレ遊び歴17年
現在進行形のセフレ数5人

3つ目に紹介する、おじさん世代の男性がセフレ遊びで失敗しないために意識していることは、「デートプランの選定」です。

先輩の「マサトさん」は、「女性から気になされる部分だから」と前置きした上で、以下のように説明してくれました。

名前
マサトさん

年齢も年齢だからね。やっぱり、デートプランの組み方なんかは、すごく見られるし、意識している。

行く場所っていうよりも、どんな流れ、形でエスコートするかに期待する女性いるから、そこはいつも考える。

ポイントは、「デートプランの組み方」だそうです。

おじさん世代ほど、「女性からデートの部分は期待されるからね」とも、教えてくれました。

とくに、「デートの流れ」や「どんな形でエスコートするのか」は、期待値が高い要素だと話しており、マサトさんは日ごろから意識しているそうです。

デート流れはより注視している女性もいるため、マサトさん曰く「絶対に油断できないところ」なのだとか。

名前
マサトさん

オレがよくやる王道の流れ(形)は、「ドライブ→遊び(買い物や観光)→ご飯→ホテル」が多くて、早く会う時は「遊ぶ前か遊んでいる時にお昼ご飯」も食べる。

お酒を飲みたい時、飲みたい娘が相手なら、「ランチ→遊び→飲み→ホテル」もよく使うけど、どこに行くかよりどれだけ充実するかが大切

その上で、マサトさんが普段からよく使う、「デートの流れ」を教えてくれたのですが、主に以上2つの流れを使うことが多いそうです。

また、高級なお店でなく、「普通の居酒屋とかも行くよ」や、「高級ホテルよりもラブホテルが多い」とも話していました。

こうやって話しを聞いていると、たしかに「どこに行くか」よりも、「中身(流れや内容)が大切」だとよくわかります。

表面上だけカッコつけるのではなく、マサトさんも教えてくれたような「どれだけ充実させるのか」を意識して、デートに悩んでいるおじさん世代は活動してみてください!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること4「加齢臭含む臭いケア」

【加齢臭含む臭いケアを回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前ノリユキさん
年齢47歳
セフレ遊び歴7年
現在進行形のセフレ数2人

おじさん世代でもセフレ遊びを謳歌している大先輩たちが、失敗しないために意識していること4つ目は、「加齢臭含む臭いケア」です。

加齢臭含む臭いについては、おじさん世代からすれば「耳が痛い話し」であると同時に、「中々本人は自覚できない要素」でもあります。

名前
ノリユキさん
自分で言うのも少し切ないし、自分ではわかっていなかったのだけど、もしかしたら…と思って臭いケアするようになったら、セフレ遊びも充実したね〜(笑)

ノリユキさんも、「自分ではわからなかった」と話していますが、「周りも指摘しにくい要素」ゆえ、自覚して問題視することも難しいです。

しかし、「年齢を重ねるほど加齢臭含む臭いはキツくなる傾向にある」ため、自分は大丈夫だと甘く考えてはいけません!

ノリユキさんのように、「もしかしたら…」と、自ら「年齢を重ねている自分を見つめ直す」ことも大切です。

名前
ノリユキさん

誰かと会う前は必ずお風呂に入るし、頭皮からの臭いがキツくなりやすいらしいから、帽子は被らないで、整髪料もあまりつけないようにした。

後は、「汗拭きシート(制汗ペーパー)」も持ち歩いて、必ず「着替え」は複数持って出かけて、まめに「拭いて着替える」ことも欠かせない!

また、ノリユキさんが具体的にどのような対策をしているかと質問した結果、以上のような回答をもらえました。

一見すると大変そうですが、これだけの努力をした上で、「加齢臭含む臭いケア」を実践した結果、「セフレ遊びが充実する」なら試す価値はあります。

私も同じような対策はしていますが、実際に臭いがキツイかは別として、「もしかしたら…」の気持ちで実践してきた結果、セフレから「清潔感を褒められる」こともありました。

名前
ノリユキさん

少し大変ではあるけど、加齢臭ケアはこれくらいやっても足りない場合だってあるみたいだし、できることは徹底した方が良いよ。

絶対に!

ノリユキさんも、「できることは徹底した方が良い」と話しているように、加齢臭含む臭いケアは「セフレ関係においてすごく効果的」です。

なぜなら、「より密着して触れ合うことが多い関係」だからで、ケアを怠り手抜きした場合、「継続的には会ってもらえなくなるリスク」もあります。

自分の臭いについて、誰かに確認できるならそれが理想的と言えますが、気持ち的にそれが難しい場合は、「自分は大丈夫」の気持ちは捨ててケアをはじめてみましょう!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること5「流行へのアンテナ」

【流行へのアンテナを回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前ノブオさん
年齢53歳
セフレ遊び歴22年
現在進行形のセフレ数9人

セフレ遊びを謳歌するおじさん世代の男性たちが、セフレ遊びで失敗しないために意識していること5つ目は、「流行へのアンテナ」でした。

とくに、「若い女性と遊びたい男性」や、「幅広いタイプの女性と遊びたい男性」は、間違いなく抑えておきたい要素と言えます。

名前
ノブオさん

ジジイになっていく過程でさ、少しずつ流行に乗れなくなって、そこから「わからない」で済ませるようになる(笑)

でも、「流行に乗れていないから会話が盛り上がらない」し、若い娘と会った時にそれを指摘されて、そこからは流行へのアンテナをしっかりと張るようにした。

この気持ちは私もよくわかりますが、この話しを教えてくれたノブオさんは、加齢する過程で「流行に乗れなくなった」と感じたそうです。

流行に乗れなくなった時、そのまま諦めて、「わからない」と回答することが増える中で、「セフレ遊びに成功できなくなっていった」とも話していました。

しかし、考えを変える出会いがあったそうで、コメントにもある通り「若い女性から指摘」されたことで、「おじさんだから仕方ない」と考えることを止めたそうです。

流行から完全に離れていたこともあり、最初の1年間は流行を追う時間に使い、その後1年間「流行を追いながら変わっていく流行にアンテナも張る」努力をしたそうです。

名前
ノブオさん

ついていけないこと、おもしろく感じないこともあるから、そこはムリしないように。

それでも、若い人たちに聞いてYouTubeを見るとか、ゲームで遊んでみる、流行の音楽を聴いてみるみたいな努力は助かることが多い。

若者向けのニュースを読んで、流行を確認して、とにかく触れるようにはしているし、情報の輪郭だけでも抑えておきたいところだね。

その中で、「ムリをしない」ことも学んだそうですが、十分すぎるほどの努力が伝わります。

「日々相当幅広くアンテナを張り巡らせている」こともよくわかりました。

また、これはポイントだと教えてくれたのですが、「流行や情報の輪郭だけでも掴んでおく」と、「幅広い世代とのコミュニケーションが取りやすくなる」そうです。

質問や会話の幅が広がり、結果「良いコミュニケーションが取れる」そうで、「親しくなるまでの期間が短くなる効果」や、「関係が長く続くようになる効果」もあると話しています。

私も日々、ノブオさんの知識と充実ぶりには驚かされますが、今回話しを聞いて、その理由が「努力にある」とあらためて知りました。

会話で苦労するおじさん世代は、ノブオさんが語ってくれた、「流行へのアンテナ」を張れていないことが理由の可能性もあるため、この機会にぜひ意識してみてください!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること6「食事の食べ方」

【食事の食べ方を回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前マサノリさん
年齢45歳
セフレ遊び歴14年
現在進行形のセフレ数5人

おじさん世代の男性がセフレ遊びで失敗しないために意識していること6つ目は、美容師のマサノリさんが教えてくれた、「食事の食べ方」です。

マサノリはいつも「女性と一緒にいるイメージ」があるほど、非常にモテる男性なのですが、モテるようになった切掛けが、「食事の食べ方を直したから」だと話していました。

名前
マサノリさん

これね、私も昔はそうだったんだけど、おじさんって食べ方が汚い人とか、独特な人が多いんだよ。

自分のテリトリーでは良くても、出会ったばかりの女性からは不快に思われる可能性があって、とくに「長く関係を続けたいなら悪影響」だから私は直した。

というのも、私は食べ方が汚いころを知りませんが、共通の友人(先輩)に話しを聞くと、「昔は食べ方が本当に気持ち悪かった…(笑)」と話してくれたほどです。

マサノリさん本人も、「今思うとドン引きするレベル」らしく、とくに「音」と「食べ物を口へ運ぶ動き」が、「最低だった…」と振り返っていました。

とはいえ、それで長年育ってしまった以上、自分からするとそれが普通ですから、自分ではおかしいと思ったことがなかったそうです。

しかし、テレビで「キライな食べ方を議論する女性たち」を見た時、気になって鏡を見ながら食事した結果、「自分の食べ方が気持ち悪いと感じ改善した」と話しています。

名前
マサノリさん

「ずっとそうだったこと」って、自分では当たり前だから、相当苦労はするんだよね。

結局誰かに確認してもらわないとわからなかったりもするし。

だけど、ずっと短期で遊んできた私が、食べ方を直しただけで、セフレは長く付き合える関係だと知れたくらい効果は大きい。

とはいえ、気づいた後改善するための苦労もかなり大きかったようです。

「自分にとっては当たり前の習慣だった」からこそ、意識しても中々改善されず、「心が折れそうになることもあったよ(笑)」とのこと。

それでも、改善したことで獲得した効果は大きく、セフレ遊びの価値観が変わるほど充実したほど、「食事の食べ方」は女性から見られているとわかります。

中々セフレ遊びがうまくいかない人は、それが攻略につながる可能性もあるため、ぜひこの機会に、「食事の食べ方」を見つめ直してみてください!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること7「言葉遣い」

【言葉遣いを回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前コウタロウさん
年齢48歳
セフレ遊び歴6年
現在進行形のセフレ数3人

セフレ遊びを謳歌している大先輩方に聞いた、セフレ遊びで失敗しないために意識していること7つ目は、コウタロウさんが話してくれた、「言葉遣い」です。

これを聞いた時、私も少しだけドキッとしたのですが、年下の女性と話す時、その年齢が離れているほど「つい偉そうに話してしまう」ことが経験上多々ありました。

悪気はありませんし、見下しているつもりもありませんが、少し打ち解けた後などに、「無意識で偉そうにタメ口を喋っている」自分がいます。

名前
コウタロウさん

言葉遣いってね、結構おじさんほど見られるから、そこは意識するよ。

大人として、「丁寧さ」が求められることもあるし、「優しそうな口調や言葉選び」も大切で、意識してからはセフレと付き合える機会が増えた。

しかし、コウタロウさんが説明してくれたように、「大人として」の言葉遣いを、おじさん世代だからこそ求められます。

おじさん世代ほど「丁寧な言葉遣い」に期待されますし、「大人特有の上品さや落ち着き」を重視されることも多いです。

実際に女性たちからも、この辺りを指摘する意見はよく聞きますから、おじさん世代なら日常的に意識しておくべきでしょう。

名前
コウタロウさん

あと、言葉遣いは態度よりも、「横柄さ」とか「怖さ」が伝わりやすいし、「品のなさ」も伝わっちゃうから要注意。

年齢を重ねるほど、ワイルドさや強い言葉は避けて、丁寧に落ち着いた喋りをしないとダメ

それこそ、以上のような「マイナスイメージ」を、言葉遣い1つで与えるリスクもあるとのことです。

ゆえに、「丁寧で優しそうな口調や言葉選び」を意識することは、女性からモテる(好かれる)ための攻略としてはもちろん、リスク回避にも役立つと言えます。

セフレ遊びを充実させるためにも、相手との年齢差に関係なく、「丁寧で優しそうな口調や言葉選び」ができるよう、コウタロウさんのように日々意識してみてください!

セフレ遊びで失敗しないために意識していること8「文章の内容や装飾」

【文章の内容や装飾を回答してくれた大先輩のプロフィール】
名前カズヒロさん
年齢50歳
セフレ遊び歴15年
現在進行形のセフレ数2人

セフレ遊びを謳歌するおじさん世代の男性が失敗しないために意識していること8つ目は、出会い系サイト・アプリやLINEのやり取りで使う、「文章の内容や装飾」です。

教えてくれたカズヒロさんは現在50歳で、メッセージやLINEについては、「とても苦手です」と話していました。

名前
カズヒロさん

メールやLINEでのことだけど、文章の内容、あと装飾も、私は意識していますよ。

よくネットやテレビでも、おじさんLINEなど話題になっていますが、そのような文章を送っていると、とてつもなく評価が下がるようなので…

ただ、「苦手だから諦める」のではなく、「苦手だからこそ勉強もしている」そうです。

とくに、「おじさんLINE(メール)」と言われるような文章にならないよう、「定期的に情報収集しています」とのことで、失敗しないための大きなポイントだと教えてくれました。

名前
カズヒロさん

私は実際に、「LINEがおじさんくさい!」と指摘されたこともあり、どうやら女性からすると読むのも面倒らしく、フラれてしまった経験もあります。

ですが、ネットで調べるor女性に聞いて見直すと学んでいく内に、「シンプルが1番」だとわかり、メールやLINEを楽しんで往復してくれる女性が増えました!

というのも、カズヒロさんは女性から直接、「文章の内容や装飾を指摘」された経験があるそうです。

その時はショックも受けたそうですが、「LINEがおじさんくさいと思われないよう勉強しはじめた」らしく、最終的に「シンプルが1番」だとわかったそう。

おじさんLINE(メール)と言われる最大の特徴は、「長文」と「不必要な大量の絵文字」だそうです。

そして、その2つを止めたところ、「女性とのやり取りがうまくできるようになった」らしく、「円滑に文章のコミュニケーションが取れだした」とも説明してくれました!

あくまでも、「短文で一言だけ返信するのとは違いますよ」とのことでしたが、とにかく「長文」と「不必要な大量の絵文字」はイヤがられやすいそうです。

自分の熱量を伝えたくなり、以上のような連絡をしたくなる気持ちもわかりますが、失敗を回避するためにも、カズヒロさんのご意見を参考に立ち回ってみてください!

以上で、おじさん世代でもセフレ遊び謳歌している男性8名に聞いた、セフレ遊びで失敗しないために意識していることの解説も、すべて終了です。

そこで続いては、今回紹介した情報を実践で活かすために役立つ、「オススメの出会い系サイト・アプリ」も紹介しておきます!

セフレを本気で作りたい人が使うべきオススメの出会い系サイト・アプリ4選

たとえおじさん世代でも、今回紹介してきた情報を活かし、セフレ遊びを謳歌したいなら、「出会い系サイト・アプリを使う」ことが攻略につながります。

私はもちろん、今回コメントしてくれた大先輩方も、8名全員が、セフレ作りの切掛け作りは「出会い系サイト・アプリ」でした。

それこそ、とくに好まれていたのは、主に以下4つの出会い系サイト・アプリで、どれも私自身愛用しています。

オススメの出会い系サイト・アプリ4選

私がセフレ作りに成功してきたのも、充実したセフレ遊びを謳歌してきたのも、以上4つの出会い系サイト・アプリを使っていたからです。

最近だと、「恋活・婚活系のサイト・アプリ」が主流ですし、そういった出会い系サイト・アプリほど、「大人(アダルト)目的の活動は禁止」されています。

そのような環境では、満足に活動できませんし、本来自由に出会えるはずの「ネット」ですが、セフレやワンナイトを求めているだけで「不自由」な活動を強いられるわけです。

しかし、オススメした4選の出会い系サイト・アプリなら、「大人(アダルト)目的の活動が禁止されていない」ため、ネットの出会いらしい自由度でご活動いただけます。

また、「大人(アダルト)目的の出会いに役立つ掲示板機能」もあるため、セフレやワンナイト目的で活動したい人にとっては、最高に活動しやすい環境です。

当サイトでは、今回解説したようなノウハウ記事も含めて、主に出会い系サイト・アプリやセフレ攻略に役立つ情報を、掲載しています!

紹介した4つの出会い系サイト・アプリにご登録いただき、その上で当サイト内の情報を参考にしていただければ、素敵な出会いの成功に少しは役立つはずです。

今回ご意見をくれた大先輩方のように、おじさん世代でもセフレ遊びを謳歌したい男性は、ぜひこの機会に、出会い系サイト・アプリを活用したセフレ探しに挑戦してみてください!

最後に

今回はおじさん世代でもセフレ遊びを謳歌している大先輩方から聞いた、「失敗しないために意識していること」を、先輩方の意見を参考にしながら解説しました。

私自身も勉強になる話しばかりで、今後どんどん年齢を重ねていく中でぜひ意識したいと感じています。

また、本心を言うとここ最近は、内心いつまで遊べるかな…と不安も抱えていました。

しかし、今回の話しを聞いて、「今後もまだまだセフレ遊びを楽しめそうだ!」と、前向きな気持ちも沸き上がっています!

私を含め多くの男性が、同じような不安を抱えているでしょうし、実際に相談されることも多いです。

それでも、年齢を重ねた上で上手に遊んでいる男性もたくさんおり、「おじさん世代でもセフレ遊びを攻略できる」ことも、今回あらためてよくわかりました。

すでに自分がおじさん世代だと自覚しており、自信を失いはじめている人も、ぜひコメントしてくれた私の大先輩方を参考に、充実したセフレ遊びを目指してみてください!