池袋制服オーディションのJK上がり処女に裏オプションなしで手マンとスマタを初体験させた体験談

前回の新宿制服オーディションで裏オプションに失敗しつつもJKプレイを楽しんだ私

続いて遊びに行ったお店は池袋制服オーディションです。

池袋はお金に困って埼玉から出てくる人が集まる場所でもあり、稼ぐために性的なお店を選択する女性が目立ちます。

そのため、リフレ店でも裏オプションをして稼ぐ傾向が強いのですが、、結論から言うと今回は裏オプションはできませんでした。

今回の上京では連敗続きです。

ただ、今回は処女だったこともあり裏オプションはできなかったのですが、まだアソコも見られたことの初々しい女性に手マンと生スマタを裏オプなしで敢行。という成果(?)を納めたのでそのご報告です。

池袋制服オーディションとは?

池袋制服オーディションは池袋にあるリフレです。

制服オーディショングループの主要店舗でもあり、女性の人数が多くレベルも高い、運営もしっかりしている。というなかなかの店舗です。

後述しますが、嬢の予約対応や説明も新宿店などは結構いい加減だったのですが、この店は大変しっかりしています。

先述の通り、池袋は埼玉から上京してくる人が多く女性が集めやすいのか、最近では「池袋西口制服オーディション」という新店舗も出来ています。在籍女性を見ると、池袋西口制服オーディションのレベルはやや落ちるように見え、何人かの女性は池袋制服オーディションと兼務になっているので、まだまだこれから。といったところでしょう。

都内各店舗は序列的には、以下のような感じかと思います。

池袋制服オーディション>秋葉原制服オーディション>渋谷制服オーディション=>新宿制服オーディション=>池袋西口制服オーディション

池袋制服オーディションの裏オプションの実態

私アキラは裏オプションをすることができなかったので、詳細は分かりませんでした。

ただ、したらば掲示板などで集めた情報によると、土地柄と稼ぎに対する要求的にやはり裏オプションは多く見られるようです。

一般的に、本番やアナルセックスはハードルが高いですが、手コキくらいなら大体の女性はOKすると想像します。

また、リフレで働かずpcmaxなどの出会い系割り切りをする女性も池袋には多いです。まさに売春まみれの街といったところでしょう。

池袋制服オーディションの予約方法

新宿制服オーディションは店舗がありません。

厳密に言うと、池袋東口近辺のマンション数部屋を使って運営をしているのですが、客にはその場所は隠されており、予約があった際にそこから女性が移動し、客の元へと向かいます。

予約方法は以下の2パターンがあります。

ホームページに書かれている電話番号に電話をかける

ホームページに書かれているLINE IDを登録しメッセージで予約をする

電話の方が手っ取り早いですが、LINEでもすぐに既読になって返事が返ってきます。

今回はLINEを使って予約をしてみましたので、実際に画像を交えてご紹介します。

テンプレが送られてきたので、そちらに必要事項を添えて返信しました。

これで予約が完了し、当日は1時間前の予約確認とRoom24の部屋に入った時点で連絡をしました。

池袋制服オーディションのコースの解説

見学店・アロマエステ・見学&アロマコース

(1)アロマコース
(2)見学&アロマコース
(3)見学コース
基本料金
60分 8,980円
75分 11,980円
90分 13,980円
120分 17,980円
写真指名料金 1,000円
本指名料金 2,000円
延長料金 30分 5,000円
おさんぽコース 本コースは各種割引適用外
基本料金
60分 5,980円
75分 7,980円
90分 9,980円
120分 12,980円
写真指名料 1,000円
本指名料金 2,000円
延長料金30分 5,000円
リフレコース 足の裏と太もものマッサージ(各種割引適用不可)
基本料金
60分 5,980円
75分 7,980円
90分 9,980円
120分 12,980円
写真指名料 1,000円
本指名料 2,000円
延長料金30分 5,000円
出張料金
池袋東口エリア 0円
池袋西口、北口エリア 2,000円
豊島区、近隣地域 2,000円~

新宿制服オーディションで利用するプレイルームへの移動

池袋制服オーディションが利用するプレイルームは、こちらの写真に載っているRoom24という場所、若しくは少し先にあるセントラルホテル。

これら2つは店からも推奨され実際に一番利用されていますが、恐らく別の場所を希望しても大丈夫です。近隣であれば宿泊先のホテルでも大丈夫でしょう。なお、池袋リフレあられを利用した際は私はセントラルホテルを利用しています。

ピンク店舗が近所に立ち並ぶエリアで客引きも多く、夜は入りにくいです。

エレベーターで2Fの受付へと移動します。

受付で利用時間を告げると、後ろにある券売機でチケットを買うように言われます。

料金は60分:1,500円、90分:2,000円とお安い設定ですが、延長になると途端に料金が上がります。

女性が到着するまでに10分程度はかかりますので、できるだけ余裕を持たせた時間のチケットを買うようにします。

(例)プレイ時間:60分⇒90分チケット、プレイ時間:90分⇒120分チケット、など

受付を済ませてからプレイルームがある階へと移動します。

こちらは私アキラがあてがわれた3Fの部屋

…ものすごく狭い

本当に「ただ寝るだけ」のために存在しているような部屋ですな。

シャワールームもボックス式で簡易な構成。二人で入ろうものなら寿司詰め状態です。

池袋制服オーディション体験談:処女に色々な初体験をさせてみた

今回来てもらったのは、3月末に高校を卒業したばかりの専門学生

つい1か月前までは制服を着て学校に通っていたと思うと胸とアソコが熱くなります。

今回はもちろん裏オプションで本番を狙い、18歳の初々しい膣にアレをぶち込む予定です。

しばらく待つとドアをノックする音がし、ドアを開けるとまだあどけない可愛い女の子が立っていました。

女性「はじめまして~」

アキラ「お、可愛いですね~、よろしくです~

制服ではなく私服ですが、可愛く着こなしています。

思ったよりは少し肉付きが良かったですが、幼いルックスなのでこれで制服に着替えれば本物の女子高生に見えるでしょう。

最初に白々しく通常オプションの説明を聞きながら、さりげなく裏オプションができるか尋ねてみると。

女性「あ、手しかやっていないです。」

アキラ「あれ、本番はやらないの?」

女性「えっと、まだ経験がなくて…」

え、まさかの処女?

おー、色々なリフレ嬢に入りましたが処女に出会ったのは初めてです。

最近の女子高生なんかほぼ100%非処女と思ってましたが…、世の中まだまだ驚きがありますな。

うーん、それではさすがに本番はできないか。かといって手コキ如きでは面白くもないし、今回は諦めるか。

ということでJK上がりとのセックスは断念したのですが、処女にどこまで色々なことをできるか試してみることにしました。

触れなければどうにもならないため、オプションは逆リフレを付けることにしました。

まずは、通常料金の9,980円と逆リフレの6,000円を支払います。

シャワーを浴びて紙パンツに穿きかえると、女性は既に制服に着替えていました。

おー、まんまやね。

つい先日まで女子高生だったから全く違和感ありませんわ。

まずは相手の緊張を解くためにこちらがうつぶせになりマッサージをお願いします。

リフレ嬢のマッサージなんて全く期待ができないものですが、この女性も例に漏れず。やはり、JKリフレはトークを楽しむものなんだろうなぁ。とシミジミ

続いて、ベッドに腰かけてもらい逆リフレで制服を撫でていきます。

女性「~~ん」

そわそわしており、男慣れしていない様子

話を聞いてみると彼氏は昔いたけどキス・ペッティング止まりで、指入れもしたことが無いようです。

そのままゆっくり横たえると、ブラウスをはだけさせ綺麗な下着を眼下に広げます。

ブラの下はダメ。とのことなので、ブラからこぼれ出たCカップ程度の胸を優しく撫でていくと、緊張からかジワっと汗ばんできました。

(処女の娘って、こんな感じなんだね)

久しぶりの処女の相手に何ともいえない感慨を覚えつつ、そのまま下を脱がそうとします。

女性「え~、下はダメ!、恥ずかしいよぉ…」

演技かと思いましたが、顔を見ると本当に恥ずかしそうです

この店でも客に下まで触らせたことはないようで、結構な抵抗をしてきます。

ゆっくりと体を抱きしめて愛撫しながら何とか説得し、そのままショーツを降ろすところまで到達しました。ただ、

女性「絶対に見ないでよ~~~」

と恥ずかしそうにして、こちらの目元を手でふさいできます。

そこで、後ろから抱きかかえるようにし、アソコが見えない体制になります。

ホっとしたようなので、そのまま手を伸ばしてまだ誰も入ったことのないアソコを撫でてやります。

女性「あっ!…」

と軽い声を出しますが、満更でもないようで優しく撫でていくと徐々に濡れてきました。

さすがに指入れはかわいそうに思ったので、あくまでも優しく愛撫していきます。

そして、今度は上に乗ると紙パンツは穿いたまま、女性のアソコにナニを押し付けて正常位スマタ

女性「え~、何それぇ…!?」

と、初めてのスマタに驚いたのか笑っているのか何とも言えない表情をしています。

女性「もうこれ、ヤってるじゃない」

アキラ「全然違うよ、入ってないもの」

女性「うそぉ…」

初体験の疑似セックスに戸惑いながらもこちらの体をギュっと抱きしめて感じる女性

さすがに紙パンチ越しではイケませんでしたが、生粋の処女のアソコの愛撫と生スマタをお見舞いできたので大満足でした。

女性「も~、変態!」

アキラ「いやはや、スイマセン」

女性「でも、楽しかったらいいや!」

アキラ「今回みたいのなのは初めて?」

女性「うん、も~、びっくりだよぉ」

と何だかんだで楽しんでくれたようなので、お互い後はゆっくりお喋りし、また会う約束をして別れました。

感想

ドエロな裏オプションはありませんでしたが、通常オプションで限界まで楽しんだので割とお得に感じたプレイでした。

女性に聞いた話では、池袋制服オーディションの客の8割程度は本番を要求するそうで、断わると機嫌を悪くして帰る人もいるそうです。

できるにこしたことはないでしょうけど、この店は裏なしでも十分に楽しめると思ったので、ヌキなしで楽しい時間をJK上がりと過ごしてみても良いのではないでしょうか。