ブルーキャブ:大阪で巨乳風俗に行くならここ一択!口コミ評判や実際に遊んだ体験談から感想を紹介

今回は大阪難波にあるパッショングループのブルーキャブの体験談です。

ブルーキャブは巨乳専門のホテヘルで、大阪の巨乳好きが集まる人気店です。

巨乳をコンセプトにしたお店は大阪では意外に少なく、この他だと乳野屋くらいです。

ただ、乳野屋はレベルが低いので、大阪の巨乳店で満足度が高いお店は実質ブルーキャブのみになります。

管理人のアキラも相当なおっぱい星人でブルーキャブには足しげく通っています。

この記事では、ブルーキャブの概要やお店への行き方、実際にプレイした体験談をご紹介します。

難波のブルーキャブは根強いファンの多い名店

ブルーキャブは大阪の有名なホテヘルグループ「パッション」の系列店です。

パッショングループは色々なコンセプトを持ったお店を運営していますが、このブルーキャブでは「巨乳嬢が在籍している」ことをウリにしています。

巨乳という部分にブランドを付けているのか、他の店舗と比べると値段は高めです。具体的には、パッションスリーギャルズパッションと比べて1,000円高いです。

最近のホテヘルはどこに行っても巨乳嬢はいますので、巨乳とだけ聞いても、正直あまり付加価値がないように思います。

しかも、ブルーキャブの場合は「巨乳だけでも太っていない」「巨乳でさらに良い特徴がある。」女性を選んでいるように見え、他店の巨乳嬢との差別化を図っているようには見えます。

最近は少し落ち目ですが、以前は「巨乳で清楚系」、「巨乳でロリ系」、「巨乳のAV女優」など、特殊なステータスを持つ女性が在籍しており、本店の付加価値を高めているように見えました。

2018年9月頃は「巨乳の帰国子女(マユミ)」という中々のステータスを持つ嬢が在籍しており、ブルーキャブは客を惹きつける何かを常に用意してくれているように思います。

実際、「大阪一番の巨乳店」ということで根強いファンは多く、客が集まりにくい立地の割には繁盛しています

結構なイケ面を待合室で見ることも多いのですが、恐らくは彼女が微乳でイマイチ満足できない人がやってきているのではないでしょうか。

ブルーキャブのレベル

在籍嬢のレベル

そんな差別化に精を出すブルーキャブですが、女性のレベルは平均すると普通です

先述の乳野屋よりは高いですが、この店でめっちゃ美人に会ったことは今のところ一度もありません。

しかも、ブルーキャブの嬢は顔を隠している嬢が多いため、会うまでルックスが分からないことも多いです。胸はポイントなので大体は胸を強調した写真ばかり掲載しています。

そのため、実際に遊ぼうとなると、ルックスの良し悪しが事前に判断できないため博打要素が混ざります。

残念なことに、2018年現在ではかなりパワーダウンしてしまっています。これはパッショングループ全体に言えることですが、全体的に良嬢が減っています。

あとは、実は平均年齢が高いこともポイントです。

表記年齢は20~25歳くらいであっても、30近い~35歳くらいの嬢がかなり多いです。

以前、18歳の嬢と会った際に、

「本当に18歳なのは私だけで、後は大体20代後半以上」

と言っていました。身なりを綺麗にしている人が多いので、熟女のような人は皆無で、実年齢よりは若く見えますが、このような実情があります。年齢が上がるとルックスのレベルも低くなりがちなので、これがお店のレベルが高くはない原因でもあります。

ということで、満足できない女性に当たる可能性も否めませんが、今のところ私は総合的に見て「失敗した」という女性には当たったことがなく、平均してそれなりの女性にお相手してもらっています。

出会い系の割り切り相場に例えるとワクワクメールハッピーメールの中程度。有料アダルト動画サイトに例えると、カリビアンコム天然むすめヘイゾーtokyohotの中程度、エッチな4610の上程度くらいになるかと思います。

なお、実は子持ちの若妻嬢も2、3名在籍しています。それなりのルックスなので、人妻斬りパコパコママエッチな0930の上程度くらいです。

私が過去にお会いしてよかった女性は、ナツキさん、ココロさん、リイサさん、チヒロさん、マユミさん、リンさん(この人は長いですね)でしょうか。

マイさんはかれこれ7年近く在籍しているように思いますが、この方は未だにランキングトップを取っていたりするので凄まじいです。

店のもてなし度合い

ブルーキャブの男性店員の接客対応は普通~やや良いです。

私はかれこれ5年程通っていますが、電話・店頭での対応で不快な思いをしたことは一度もありません。

店頭の男性は常にYシャツを着ており、元気に明るく接客をしてくれました。

店も綺麗目のビルに入っていますので、風俗店の中ではかなり通い易く、風俗初心者の方にもおすすめです。

ブルーキャブへの行き方

ブルーキャブは地下鉄御堂筋線難波駅の7番出口から出て徒歩5分程度の場所にあります。

まずは出口から地上に出ると、

すぐに資格の大原が見えますので、その横の道を進みます。

途中に山賊という飲食店とうどん屋に挟まれた道が見えますので、写真の通りに入り進みます。

そのまま直進し大きな道路まで出ます。

道路に出たら、横断歩道を渡らずに左に折れます。

少し進むと、難波クリスタルビルという綺麗なビルが見えます。

こちらに入り階段を上がります(エレベーターもあるので使ってもOK)

3Fまで進むとブルーキャブの入り口がありますので、中に入ります。

店に着いてからの対応

入り口を入るとすぐに受付があり、店員さんが中から出てきます。

予約している場合はその旨を伝え、していない場合は店頭に置かれたパネルから女性を選びます。

パッショングループは最初に遊ぶ際に会員登録し、4桁のIDとパスワードを決めます。

2回目以降はその情報を店頭の端末に入力し認証、そこで受付が完了し料金を支払います。

なお、パッショングループはホテル代は店頭では要求されず、現地で2000円程度を自分で支払います。

一方、むきたまごややんちゃな子猫はホテル代を込みで先に支払います。

待合室は水槽が置かれた綺麗な部屋で、BGMも落ち着きのあるものが流れています。パッション系列のお店の中では、整っている方で居心地が良いです。

部屋の前方にはテレビがありますが、昔は巨乳店のコンセプトに合わせた篠崎愛のプロモーションビデオが流れていましたが、最近は普通の洋画(マトリックスなど)が放映されています。

Fカップ巨乳大学生に即尺プレイ&パイズリで豪快に抜いてもらった体験談

今回お相手してもらったのは、業界完全未経験の大学生

珍しく口元を隠した状態で顔出しをしており、ブルーキャブにしては珍しいパターンです。

お店のホームページを見る限りはかなり可愛いですが…、これまでの経験上、過度に期待してはいけないことは分かっているので、きたい半分くらいで遊びに行きました。

待合室でゆっくりと待っていると番号を呼ばれます。

男性店員さん「女性がエレベーターの中でお待ちです。」

と元気に送り出してもらい、いざ巨乳の世界へ!

エレベーターに乗ると、レディースニットを着た女性が待っていました。

アキラ「はじめまして、よろしくお願いします」

女性「はじめまして、よろしくお願いします~」

パネル写真が可愛く映りすぎているせいもあってか、30%減くらい。

ただ、ブルーキャブの中では十分に上位です。

性格はおっとりしており、本人曰く「あまり深く考えないタイプ」だそうです。過度に気を使う必要も無く、話もざっくばらんにテンポ良く進むので、お客さん受けが良さそうです。

(ブルーキャブの女性は就業経験ありの年齢高めの女性が多いこともあり、トーク力は平均して高いです)

今回お世話になったのは近くにあるホテルバリ。

南の島のような装いが特徴的なホテルですが、ブルーキャブでは高確率でこのお店になります。

ホテルに着くと、まずはソファーに二人で座り談笑

おっとりしていますが、返しが上手く会話も途切れないので、何とも話し易い。

そこで、調子に乗って…

アキラ「胸大きいですねぇ、何カップですか?」

女性「うーん、Fくらいですかねぇ」

アキラ「触ってもいいですか?」

女性「はい、どうぞー」

と許可を取り、服の上から優しくゆっくりとなぞっていきます。

少し力を入れて体のラインをなぞると、セーターの上に見事な大きなの丘が出来上がりました。

アキラ「すごいですねぇ。直に見てもいいですか?」

女性「はい、どうぞー」

快諾の連続でセーターを脱いでもらうと、そこには白い綺麗なブラジャーに何とか支えられた、あふれんばかりの巨乳が現れました。

…すげぇ

Fよりもあるんじゃないか…

ブルーキャブでは毎回巨乳に驚かされます。

私が普段働く職場は貧乳の女性ばかりなので、ブルーキャブに来ると本当に股間の高まりが収まりません…

そして、ブラを取ってもらうと、重力に見事に逆らったハリのあるおっぱいが眼下に晒されました。

見事な胸をまさぐっていると、女性が切なげに声を上げます。

アキラ「きもちいいですか?」

女性「…はい」

その反応を見ながらゆっくりと乳首を転がしながら、優しく円を描くように胸をよりダイナミックにまさぐっていきます。

アキラ「…舐めてもいいですか?」

女性「…はい」

そのまま胸の先を口に含みます。

そして、優しく舌先で転がしながら、そっと下にも手を伸ばしショーツをずらします。

女性「…お願いします」

と、女性自ら脚をゆっくりと開くと、そこには既にトロトロになった秘部が露になりました。

そのまま頭を下げてゆっくりと舌を添えると、中から滑りのある愛液が流れ出てきました。

チュル…

と優しく吸うと…

女性「…んぁぁ!」

と、急に高い声が室内に響きました。

優しく割れ目を何度もなぞりながら、空いた両手では巨乳をまさぐります。

胸とアソコを同時に刺激され感度がドンドン高まる女性は、

女性「…だめぇ、イっっちゃう!」

と言うや刹那

体をビクビクっと震わせてイってしまいました。

アキラ「気持ちよかった?」

女性「…すっごい良かったぁ。彼氏よりうまい…」

と、お褒め(?)の言葉をいただきました。

既に盛り上がっていたので、そのままベッドに入りプレイ続行

今度は女性が攻めに回りますが、ここでブルーキャブの醍醐味「パイズリ」をお願いします。

ブルーキャブには様々な巨乳の方がいらっしゃいますので、パイズリプレイは絶対に楽しみたいところ。

今回も快く受け入れてもらいました。

まずは私が横になり腰を浮かせると、女性が間にスっと入り息子を胸の位置まで持っていきます。

その状態で、ムスコが埋もれるようにして胸で包み込み、優しくパイずってもらいました。

…ああ、コレコレ

巨乳店はこれがたまらん…

途中でフェラを交えたり、私が上になって正常位でパイズるなどとにかく、色々な方法でパイズリを堪能し…

最後は、その巨乳に向かって豪快に発射!!

…ああ、すごかった。

胸という部位を極限まで味わえる、これがブルーキャブの良いところです。

プレイ後は一緒にシャワーを浴びて、来た道を戻りお店の前でお別れしました。

いやぁ、今回の巨乳も満足度が高かった!

また来ますぞ~

総合評価

大阪の巨乳店の最高峰:ブルーキャブ

プレイも上々でこんなセフレがいたら、本当に人生楽しいだろうなぁ…、と思いました。

若干パワーダウンしている昨今ではありますが、何だかんだ言って長く続いており、大阪最強の巨乳店として名実共に認められているので、また盛り返してレベルも上がっていくのでは。と思います。

私もかれこれ数十回は通い、毎回新たな乳に感動を覚え満足して帰れるおすすめのお店です。

なお、系列店で近くにあるおすすめのお店も以下の記事で解説していますので、併せてご覧頂けますと幸いです。