アフィリエイト広告を利用しています

キスフレって本当に出会えるの!?出会い系サイト・アプリで探した紹介

一時期ネットでも話題になり、深夜のテレビ番組でも触れられていたほど、大きな注目が集まっていた関係に、「キスフレ」があります。

キスフレはキスだけのお友だちですが、私自身「キスは大好き!!」な中、本格的に「キスフレを求めた経験はない」です。

お恥ずかしながら、流行っていた時期は無関心でしたし、セフレにばかり集中していたため、ブームにはまったく乗れていません。

ただ、そんなキスフレに今更ながらふと興味が増してしまったため、今回は実際に「キスフレはガチで出会えるのか?」や、「キスフレがどんな関係か?」を調査してみました!

キスフレに興味がある人は、これから紹介する体験談を最後までご覧いただき、ぜひ攻略の参考にお役立てください。

一時期話題になったキスフレの実態を試すべく活動開始「まずは掲示板募集してみた」

それではさっそく、キスフレを求めて出会い系サイト・アプリで活動した様子について、まずは「活動を開始した当初の状況」から、解説を進めます!

冒頭でも触れた通り、この時はものすごく「キスフレの実態」が気になってしまい、その調査をしようと考えたところから、活動がスタートしました。

以上のような投稿を軸に、一応内容的にも「大人(アダルト)掲示板」に毎日書き込みを行いつつ、女性からの反応があるかを確認していきます。

ただ、そもそも「キスフレ自体あまり需要がない」印象で、メッセージや足あとはほぼ届かず、掲示板の閲覧数すらまったく稼げませんでした。

セフレやワンナイトと比較してもソフトな関係ゆえ、女性からの注目は集まるかな?と期待しましたが、残念ながら非常に甘い考えだったと痛感します…(泣)

とくにタイトルはものすごく苦戦しています。

ストレートに「キスフレ」とタイトルに書いた投稿は、もっとも女性からの反応がなく、「キスだけ(キスのみ)」といったタイトルも、刺さりはかなり悪かったです。

最終的には画像にもあるような、「キスまでの関係」でキスフレを伝える投稿を使っています。

その上で、「あり?なし?」と質問も加えておくタイトルが、唯一女性からの反応をもらえました。

運やタイミングもあるのでしょうが、タイトルだけを変えながら「それぞれ2週間ずつ動かした」結果です。

それこそ、もっとも感触の良かった、画像で紹介している投稿も、「残念ながら女性からのメッセージは1通もなかったほどグダグダ」でした。

画像の投稿は、唯一女性からの反応があったと書きましたが、その反応も「掲示板の閲覧」と、「足あと」だけした。

相当諦めは悪いタイプの私も、この時ばかりはさすがに萎えましたし、最初は「需要がない!大失敗!」を結論出すつもりだったほどです。

セフレ作りの方が簡単とまでは言いません。

それでも、「まだセフレ探しをした方がストレスはないよ…」と思えるくらいには、とてつもなく難しい活動でした。

このようにして、さすがに萎えてしまった私ですが、ふと「活動の方向性を変えてみた」結果、良い流れへと活動が進みはじめます!

音沙汰なくて萎えつつも試しに足あとから連絡したら返信が「連絡先もあっさり交換」

中々うまく行かないまま、気づけば2か月時間が経過しました。

その間にセフレやワンナイトは楽しく成功もしていたため、キスフレの調査は完全に萎えていましたし、「どこで諦めるべきか?」を考えはじめます。

ただ、2か月を経過したところで、自分の活動を振り返ってみたところ、「投稿して待つ」ことに意識が向きすぎていると気づきました。

メッセージはもらえませんが、「足あとは届いている」わけです。

それなら、「掲示板から足あとをくれた女性に自分からメッセージを送れば良い」と、大分初歩的な方法ではありますが、2か月を超えて気づきます。

繰り返し投稿していたため、注目度が下がってしまったのか、ここまでくると「足あとも減っていた」のですが、なんとか1人の女性(以下コトノさん)から足あとを獲得できました。

そこで、以上のようなメッセージを思い切って送ります。

普段完全に待つスタイルで活動しているため、自分からメッセージを送ることには不慣れですし、「内容が薄すぎた」ことは反省です。

最低でも、以上の文章に「キスフレ」といったワードは記載すべきでしたし、「ムシされてもおかしくないレベルのメッセージ」でしょう。

メッセージの修正案

はじめまして!

掲示板の閲覧、あと、足あともありがとうございました!(挨拶)

少し変わっている募集で、キスまでの関係を希望しています。(目的)

つまりキスフレなのですが…興味ありますか?(質問)

掲示板の内容に興味をもってくれたのであれば、もしよければ仲良くしてください。(お願い)

よろしくお願いします(^^)(締めの挨拶)

たとえば、以上のようなイメージくらいは、しっかりとメッセージを書くべきです。

言い訳をさせてもらえるなら、中々思い通りに攻略できない「焦り」からのミスと言えますが、そのような状況だからこそ、もっと丁寧にメッセージを作成すべきでした。

とはいえ、今回は「足あとがついてすぐ連絡した」こと、なにより「相手がめちゃくちゃ優しい女性だった」ことから、奇跡的に良い流れへ進めています。

掲示板の内容もよく確認してくれたことがわかりますし、「いつまでには会いたい」と提案までしてくれたため、ここまで苦労した反動もあって、一気に私は舞い上がります。

その上で、連絡先の交換にも成功し、散々苦労してきたことがウソのように、突如「あっさりと前進」できました!

結局この日は、軽く電話で自己紹介と「目的の確認」をし合って終了しましたが、なんとかキスフレ獲得のチャンスを掴めたことに、激しく安堵したことを覚えています…。

今回私が行った攻略は、一見意味がないと思えるレベルの、本当に小さな方向性の変化だけです。

それでも、「結果が大きく変わる」ことは、出会い系サイト・アプリでは珍しくありませんから、「小さな変化や工夫」でも積極的にどんどんお試しください!

そして、ここからはコトノさんと実際に親睦を深めていった様子も、まずは「LINEと通話でのやり取り」から、振り返っていきます!

LINEと通話でのやり取りがスタート「かなりお話し好きな女性だと判明!」

初日、連絡先を聞かれた後は、軽く電話して終わりましたが、さっそく次の日には、以下のようなLINEをもらいました。

当時コトノさんは大学生で、アルバイトをしていたため、その話題から話が広がり、「愚痴を聞く展開」で盛り上がっています。

この時点でまだやり取り開始から2日目ですが、かなりオープンに自分のことを話してくれるため、コミュニケーションは取りやすかったです。

ただ、かなりお話し好きなタイプゆえ、文章よりも「会話」を好み、この日もさっそく通話でお話ししています。

1度話しはじめると、マシンガンのように話してくれるタイプで、聞き役に徹する方が楽な私的には、性格的な相性は抜群だと感じていました。

また、トーク内容も幅広く、愚痴も楽しく話せる珍しい女性ゆえ、「話しを飽きずに聞ける」ことも好印象です。

初日の通話から、声を気に入ってくれた(お世辞もある)らしく、非常に懐いてくれましたし、2日目の時点でまだ会っていないとは思えないほどフランクに話せます。

さすがに私も敬語は抜けませんでしたが、話している雰囲気的に「会っても困らない」と思えました。

自らどんどん心を開いてくれるため、私が余計なことを考えなくても、「自然と仲良くなれる感覚」があり、不思議と安心感すら抱いていたほどです。

年齢の差も多少ありますし、普段目指しているセフレとは関係も違うため、連絡をもらった当初は内心かなり身構えたのですが、すでに私も心を開かされていました。

その上で、やり取りを開始して2日目~7日目は、基本的にコトノさんから連絡をもらい、通話で話しています。

【コトノさんと通話で話した内容】
2日目
  • バイト先での愚痴をエピソードトーク的に話し、笑わせてくれる
  • 趣味がないことが悩みで、なんか見つけたいとも話していた
3日目
  • 家族の話しをたっぷり20分聞かせてくれたけど、めちゃくちゃ笑ったことを覚えている
4日目
  • 大学が楽しくないことを中心に、悩み相談を受ける
  • その流れから、なぜか進路相談に進んだけど、相談というよりも、やりたいことを教えてもらったイメージ
  • この辺りから、私は無意識でしたが、タメ口で話していたらしく、コトノさんから喜ばれる
5日目
  • キスフレについてもトーク
  • キスフレに反応した理由は、とにかくキスが好きだから
  • ・めちゃくちゃキスが好きだけど、高〇生のころに付き合っていた彼氏以外とは、まったくしたことがないそう
6日目
  • 最近寂しいと思うことは多いけど、同世代は恋愛対象に見ることができず、そもそも恋愛自体前向きではないと話していた
  • その流れから、軽くエロトークにも進み、キスフレ前提ゆえ、少しドキドキしてしまう(笑)

話した内容は、主に以上の通りです。

毎日10分~20分程度ではありましたが、「とても充実した会話」ができたため、満足感はめちゃくちゃ大きかったことを覚えています。

少し後悔していることは、5日目と6日目は、もしかすると「私から誘えるチャンスのある話題だったかも」と、振り返り中に気がつきました。

しかし、「割って入れないほどのマシンガントーク」だったため、中々その隙がなく、結局誘えていません。

それでも、私にとってこの5日間は、「コトノさんとの通話が1番の楽しみだったほど」で、「早く連絡こないかな…」と毎日ワクワクしていました(笑)

当時を振り返って少し恥ずかしくなりますし、自分でも「思春期の学生か!」とは思います(笑)

ただ、それくらいコトノさんとの会話は、私のリズムにすごく合っていたわけです。

出会い系サイト・アプリを通じて、年下の女性ともたくさん出会ってきましたが、その中でもトップ3には入ると言い切れるレベルで、「気楽に心地よく会話できる女性」でした。

このように、たった数日のやり取りではありましたが、私の心はかなりコトノさんに奪われています。

それでも、中々会う方向の話しはでなかったため、どこでアプローチしていこうか悩みつつ、この時は相当時間を使う想定で様子見していました。

会うまでには相当な時間を使うと想定していたけど…「想像以上に早くチャンスが!」

すでに会いたい気持ちはめちゃくちゃありましたが、最初のメッセージでも、「すぐに会うのは少し怖い」と話していましたから、極力慎重に立ち回ります。

会うまでの目安は2週間とも話していましたが、そこで焦らせてしまえば、信用を失うかもしれません。

せっかく性格的な相性も良さそうですし、個人的にも「かなり惹かれていた」ため、私は当時少々臆病になっていました。

しかし、そんな悩みまくっていた私へ、7日目の夜届いた連絡は、突然の「チャンスを告げる連絡」でした!

フワッと返信していますが、内心「絶叫したいほど喜んでいました」し、この時自宅でご飯を食べていましたが、大急ぎで支度しています(笑)。

寂しいと思い1番に浮かんだ相手が私なんて、そんな嬉しいことを言われたら、私だって会いたい気持ちを抑えることはできません!

想定外の早さで訪れたチャンスゆえ、心の準備は整っていない部分もありましたが、このチャンスを逃して後悔したくない気持ちの方が、絶対的に大きかったです。

勢いに任せたところもありますが、こういう時ほど勢いは大切ですから、余計なことは考えずに、自分の最高速度で待ち合わせ場所を目指します。

その結果、予定よりも10分早く待ち合わせ場所付近に到着したため、一旦呼吸を整えてから、コトノさんと合流するために連絡しました。

勢いに任せつつ待ち合わせへ「キュートな女子大生にテンション爆上げ!」

少し早かったこともあってか、最初連絡した時には繋がらず、5分ほどして折り返しがありました。

お互いに自分の特徴を伝えて、わかりやすい場所を指定し合い、そのまま無事に合流します。

6日間の通話では、「私ブスだから…」と話していたコトノさんですが、会った瞬間驚いたのは、私からすると「かわいくてタイプ」だったことです。

【コトノさんのプロフィール】
年齢21歳
外見の特徴
  • 今風の雰囲気強め
  • 細身
  • 女性にしては身長高め(163cm)
  • 芸能人だと川〇李奈さんのようなお顔立ち
内面の特徴
  • 元気1000倍
  • 常時テンションフルMAX
  • 人の話しをとても真剣に聞くマジメさもある
趣味
  • これといった趣味はなく探し中とのこと

(※後からわかった情報も含みます)

芸能人だと、川○李奈さんタイプで、あっさり系だけどかわいらしい、とてもキュートなお顔立ちです。

本人は身長と合わない童顔がイヤで、自信がないとも話していた中、そのように卑下する必要はないと私は思いましたし、素直に「なんで?かわいいよ?」と伝えました。

飲食店でバイトしていると聞いていましたが、ご飯を食べに行ってコトノさんが接客してくれたら、間違いなく気になってしまいすし、それくらい輝いています。

褒められ慣れていない様子で、お顔が真っ赤になっており、その上で笑顔とテンションで誤魔化す姿に、思わずグッときてしまいました。

外見はもちろん魅力的でしたが、以上のような内面にあるかわいらしさも、通話を経てわかっているつもりでしたが、ダイレクトに味わうと破壊力が別格です。

お世辞でしょうが、「そっちだって聞いていたよりもカッコイイし…」と、嬉しいお言葉をいただき、年甲斐もなくガンガン舞い上がってしまいます。

名前
コトノさん
とりあえずそこのスーパーに行って、お酒とお菓子買っていきません?
いいね~!
名前
コトノさん
ラブホテルに持ち込んで、とりあえずゆっくりしましょう!

そんな中、コトノさんから以上のような提案をされ、スーパーまで移動します。

正直、いきなりラブホテルに行く流れとは思いませんでしたし、今回は顔合わせ程度かも?と思っていたため、内心かなり衝撃を受けました。

もっと言うなら、「キスをするとして…ラブホはありなのかな?」と悩んでいる部分もありましたから、コトノさんがラブホテル前提だったことにも驚きます。

とはいえ、せっかくのご提案ですから、内心困惑もしていましたが、何食わぬ顔で横に並びスーパーとラブホテルを目指しました。

お菓子とお酒を買い込んでラブホテルへ「やはり相性抜群で楽しく話せた」

スーパーに到着し、迷うことなくお酒売り場に直行したコトノさんから、「いつもなにを飲むんですか?」と質問されます。

ビールか日本酒、焼酎とウイスキーも好きだけど、コトノさんは?
名前
コトノさん
私もビールと日本酒大好きです
渋いね!
名前
コトノさん
お母さんがめちゃくちゃお酒好きで、成人して最初に飲んだのが、日本酒だったんです(笑)

私の嗜好を回答しつつ、コトノさんにも確認してみたところ、まだ大学生ながら日本酒好きという、中々に渋い趣味が発覚しました。

ただ、この日は暑い日だったこともあり、「ビールにしましょう!」とコトノさんが選んでくれたため、ビールとお菓子を買い込んでラブホテルを目指します。

コトノさんはラブホテルの利用経験がなかったらしく、場所を把握していませんでしたが、幸い私がよく知っている土地だったため、5分歩いてラブホテルへ到着しました。

この日はラブホテルも空き部屋が多く、スムーズに入室でき、そのまま2本残して冷蔵庫にビールを詰め込み、さっそく乾杯していきます!

ただ、私は普段セックスをしない前提でラブホテルに来ません。

エロ目的以外の利用をすること自体ほとんど経験がなかった私は、当初「いつもと違う空気」に不安を抱きました。

後にセックスが控えていないだけでも、「ラブホテルにいる自分」への違和感が大きいです。

入室直後は、悟れまいと必死に平静を装いながらも、心は大分ソワソワしてしまいます。

しかし、通話でもわかっていましたが、カナコさんとは「性格的な相性が良くて会話のリズムも合う」わけです。

そのおかげで、お酒を飲みながら話している内に、私も気持ちがどんどん落ち着いていき、気づいた時には「夢中で楽しく喋れる」状態でした!

話していることはあくまでも、お互いに完全な日常トークで、これといって盛り上げようと意識話題は出していません。

友人と普通に話すような話題ばかりですが、それがものすごく楽しいと感じられます。

それこそ、話した内容は主に以下の通りです。

コトノさんと話した内容

  • 私の仕事や友人関係
  • コトノさんの友人関係
  • コトノさんのバイトや大学の話し
  • 最近遭遇したお互いの笑えるエピソード
  • 好きなお酒
  • 趣味が欲しいと話すコトノさんに私の趣味を紹介

趣味がないと話す女性だけに、話題が広がるか心配な部分もありましたが、私の趣味を話すことで話題として扱えましたし、会話に困ることは一切ありませんでした。

この辺りは、通話していた時と同様、基本的にはコトノさん主導で、どんどん話題を提供してくれたことも大きかったです。

通話と違った点は、私が話す時間も長かったことですが、そこも含めて「リズムが合う」と実感します。

結局、乾杯してから3時間ほど会話だけで盛り上がってしまいましたが、それでも「ものすごく良い時間」を過ごせました。

とはいえ、コトノさんとの関係はキスフレです。

ラブホテルを提案してくれた以上は、「今日キスもOKなのかな…?」と、めちゃくちゃ期待していましたし、タイミング的にもそろそろ誘おうと決心しました。

トークで散々盛り上がった後はいよいよキス「キスのリズムも合うと判明!」

誘う決心はしたものの、通常運転の私なら、このような状況だとセフレやワンナイト目的です。

それもあって、「セックスに誘うことは慣れています」が、今回のような「キスに誘う流れ」がわからず、どうアプローチすべきか悩んでしまいます。

会話は相変わらず盛り上がっていたため、最悪「このままでも良いかも…」と思いはじめていましたが、一応チャンスは伺いながら会話を楽しみました。

そんな中、一瞬会話が収まり、空気がシーンと落ち着きます。

仕掛けるならここだ!と思い、なんとか「キスは…」と発した結果、私の言葉を遮るように、「したい…」と返答されました。

なんとも甘酸っぱいやり取りですが、これで気持ちは確認できましたし、空気を変えることに成功します。

横には並んでいましたが、少し離れていたコトノさんが、私の横に密着してきたことからも、「ここからはキスを楽しむ時間へ進める」と確信しました。

そこで、さすがに別々ではありましたがお風呂に入り、歯磨きも済ませ、気持ちよくキスできるよう準備を整えます。

そして、私が後から準備を終えて、ベッドに向かうと、早くもベッドでコトノさんがスタンバっていました。

両手を広げて私を呼び込んでくれたため、そっと彼女に抱き着いてみると、「こういう感じめちゃくちゃ久しぶり…!」と、声色は明るくも表情は緊張した様子です。

その流れで、まずはオデコをくっつけ合い、お互いに照れ笑いしながら、軽くソフトなキスからスタートします。

せっかくキスをメインに楽しむわけですから、ソフトなキスから段階を踏んで、じっくり味わいたいと考えていました。

コトノさんにもその考えを伝えると、「同じような気持ちだった」と話しており、性格や会話だけでなく、「キスのリズムも合う」ことが判明します。

キスフレである以上、「キスが盛り上がる」ことや、「キスで満足してもらえる」ことは大切でしょうから、そのキスが「うまく嚙み合った」ことには一安心です。

ただ、リズムが合うとわかっても、大切なのはここからでしょう。

良い流れ乗れたことは実感しつつも、その手応えに甘えることなく、ここからはより一層気を引き締めて、プレイに集中していきました。

キスだけでも驚くほど満たされ合う「延々とチェックアウトまでキスを繰り返す」

しばらくの間はとにかくゆっくり、「唇を合わせる程度」のソフトなキスを、そこから徐々に「唇を交わらせるキス」へと以降しますが、それでもまだまだソフトに楽しみます。

舌を入れて本格的に濃厚なキスをするのは、もっと場が温まり、「コトノさんの反応に変化があってからでも遅くない」と判断しての対応です。

変化には素早く反応できるよう、注意深く様子は見ながらも、このソフトで穏やかな優しいキスを、最終的に30分ほど堪能し合いました。

この時点で、1つ私が感じていたことは、「セックスを考えずキスだけに集中する」プレイも、「相性さえよければかなり心地いい」ことです!

まだまだ30分でしたし、ディープ系のキスすらプレイする前でしたが、「癒される感覚」や「満たされる感覚」が、心の中にじんわり沸き上がっています。

コトノさんも後日、この辺りはすごく共感してくれました。

「余計なことを考えずキスだけを楽しめる」からこそ、キス好きにとっては最高の関係やプレイと言えそうです。

本音を言えば、「キスだけだと間が持たずに即終わるかも…」なんて心配もあった中、「逆にキスだけだからこそキスへ深く集中して浸れる部分もある」と実感できました。

また、以上のようなことも感じつつ、キスもしっかり進めていったわけですが、30~40分を超えた辺りからは「徐々に濃厚なキス」へ移ります。

舌を絡め合う王道のディープキスを経て、貪り合うように唇と舌を絡め合うより深いキスへと進み、唾液の交換や唇の舐め合いもしていきました。

この時、2人ともすごく集中していたため、「とにかく無言で夢中」だったことが印象的です。

どうなにをするのか、お互い確認し合わなくても、「キス好き同士だからこそ通じ合っているような感覚」があり、「自然とキスが濃厚になっていく」ことも心地良かったです。

外が明るくなっても、チェックアウトの時間が近づいても、「ずっとキスをしていたい感覚」から離れられません。

私が寝坊しないようかけておいた、チェックアウト30分前のアラームが鳴った時、一応帰り支度はしましたが、結局時計を気にしながらギリギリキスを重ねました。

ただ、チェックアウトの時間をムシするわけにはいかないため、名残惜しい気持ちを抱えつつ、5分前にはフロントへ向かいチェックアウトも済ませます。

お互いにめちゃくちゃ満たされていることを確認し合いながら、もっとキスしていたい気持ちがあることも話しつつ、とりあえず駅へ向かって歩きはじめました。

キスに大満足してくれた結果継続的な関係が成立「セフレへのチャンスも見えた!」

セックスとは違い、「キスだけだと体力の消耗が少ない」ため、お昼前後まで楽しんでいたとは思えないほど、「身体はめちゃくちゃ楽」です。

セックスした後の朝感じるような、「ズシッと身体が重たい感覚」はありません。

普段の私は、セックスした後に味わう「疲労感」や「達成感」も心地よく感じていますし、ズシッと身体が重たくなる感覚によって、「スッキリ」している部分もあります。

「自分が物足りなくなり消化不良で終わる不安」は正直ありましたし、「キスだけで満足するのか…?」と、キスフレ自体に疑問も感じていました。

しかし、駅へ向かい一緒に歩いている時、「消化不良」や「物足りない」といった感覚は一切なく、むしろ「驚くほど心は満たされ安らいでいる状態」だったのです。

この感覚は自分でもすごく不思議に思えましたし、うまく表現できませんが、「ふわふわと心から身体まで軽い感覚」がありました。

そんな状態で、2人自然と手をつなぎながら、駅までゆっくり歩いていきましたが、コトノさんからふと以下のような話しを切り出されます。

名前
コトノさん
あの…さ?私に女として魅力感じました?
もちろん、感じたからこそキスもドキドキしたし、夢中になったわけだから
名前
コトノさん
そっか
どうしたの?
名前
コトノさん
いや…

なにか言いたそうに話しを振ってくれたのですが、その「なにか」は言いにくい様子で、少しモジモジしはじめてしまいました。

数分そのまま無言の時間が続き、「もしや私に恋愛感情!?」と自惚れがすぎる発想や、「まさか拒絶される…?」とネガティブな想像が働きます。

聞き出そうにもうまく言葉が出ず、私の感情が忙しくなっていきました。

しかし、数分後コトノさんの口から飛び出した言葉は、私の想像とはまったく違う、以下のような言葉です。

名前
コトノさん
その…さ?今後も関係は続けてもらえるんだよね?

もちろん
そのつもりだし、そうなると嬉しいなと思ったんだけど

一緒にいて楽しかったし、話しも合うからさ

名前
コトノさん
うん、それなら、たとえばなんだけど…

~また無言の時間が少し続く~

名前
コトノさん

本当にたとえばだよ?ムリにとは言わないし、引かれるかもだけど…

もう少し深くというか…、付き合うとかではなくて、エッチもするのって、イヤ?

イヤなわけがない
名前
コトノさん

そうなると、セフレってことだよね?

なんか、失礼かなって…

そんなことないよ!

そう思ってもらえたこと自体嬉しいし

相当勇気を振り絞ってくれたようで、声もかなり震えていましたし、目も多少泳がせながら、ゆっくりと以上のお誘いをしてくれました。

正直、このような流れになるとは一切想像していませんし、私は「キスフレとして割り切るつもりだった」ため、内心ではめちゃくちゃ驚いています。

それでも、コトノさんが必死に切り出してくれましたから、私はあくまでも冷静に振る舞いながら、コトノさんの気持ちを受け止めました。

セフレも視野に入れて関係を継続「すぐにではないけどエッチもしてみたい!」

私が返答した後も、1度「良かった」と小さく呟き、安堵したのか大きく息を吐き出してから、ここでもまた無言の時間が続きます。

先ほどまでとは違い、空気は非常に軽いのですが、コトノさんは大分照れている様子で、中々私と目を合わせてくれません。

勇気の必要な話題を話してくれたこと、加えて恥ずかしい気持ちもあったのでしょうが、私からするとそんなコトノさんが、すごく愛おしく思えました!

ただ、この段階では、「セフレも視野に入れる」程度の感覚です。

コトノさんも、「もう少し時間は欲しいけど」と話していたため、セフレが確約されたわけではありません。

それでも、キスフレ目的の出会いから、「セフレのチャンスにつながった」ことも事実で、このようなケースもあることを私自身学べています。

この日は結局、そのまま解散することになりましたが、とりあえず「キスフレ探しの活動には大成功した」ところで、キスフレ探しとしての体験談は幕を閉じました。

とはいえ、「その後どうなったか?」についても、気になってくれた人はいるでしょう。

結果としては、2回目に会うことが決まったタイミングで、「セックス」をして、「セフレ関係も成立」しました!

当時は私のセフレ遊びを知りませんでしたが、私からすべて話す形で、現在はすべての事情を知っており、その上で関係も継続してくれています。

強いて言うなら、キスフレ=セフレではなく、「キスフレを求めるなら本来はセックスなしの関係」ゆえ、そこは注意しなくてはいけません。

それでも、出会った相手次第では、「キスフレから関係が発展することもある」ため、その可能性も視野にいれながらキスフレ探しをお楽しみください!

以上で、私とコトノさんの出会い体験談についても、すべての解説が終了しました。

その上で、ここからは私とコトノさんのような出会いが楽しめる方法として、「オススメの出会い系サイト・アプリ」も紹介しておきます!

大人(アダルト)目的なら抑えたいオススメの出会い系サイト・アプリ4選

今回はキスフレを目指し活動しましたが、キスフレを含め、セフレやワンナイトなど大人(アダルト)目的の出会いを求めるなら、「出会い系サイト・アプリ」が攻略に役立ちます!

中でも以下4つの出会い系サイト・アプリは、私も日々愛用していますし、多くの成功も経験してきたため、めちゃくちゃオススメです!

オススメの出会い系サイト・アプリ4選

以上4つの出会い系サイト・アプリなら、「大人(アダルト)目的で活動している男女」が豊富なため、とても快適に相手を探せます。

最近は、「大人(アダルト)目的の出会いを禁止しているサイト・アプリ」も増えていますが、そのような環境で規約に怯えながら相手探しするなんて、非効率的です。

それなら、大人(アダルト)目的の活動を認められている、オススメした4つの出会い系サイト・アプリで活動した方が、間違いなく効率的に攻略を進められます!

こう考えると、オススメした出会い系サイト・アプリ4選が、いかに利用価値が高いかわかりますし、だからこそ私自身長年愛用し続けてきました。

また、当サイトでは今回のような体験談を含めて、セフレ作りワンナイトなど大人(アダルト)目的の活動に役立つノウハウ、そして出会い系サイト・アプリの攻略も掲載しています。

当記事と合わせて、そちらも参考にしていただきながら、オススメ4選の出会い系サイト・アプリにご登録いただき、この機会に大人(アダルト)目的の活動を充実させてください。

最後に

以上で、私が実際に体験しながら調査した、「キスフレを目指した活動」の結果も、すべて解説終了です!

正直なところ、私は今回調査を実施しはじめた当初、まさかキスフレ探しに成功するとは思っていませんでした。

なぜなら、「キスフレ募集している女性自体最近(とくに2021年以降)は見ない」からです。

しかし、今回は序盤苦戦こそしましたが、結果だけを見れば、「キスフレはまだまだ需要がある」とわかりました!

完全に需要がない関係だとすれば、少なくとも今回のような流れで、また2か月だけの活動で、成功につながることはなかったはずです。

それこそ、キスフレ前提で会う以上、あくまでも「相手次第」かつ「自分からのアプローチは難しい」でしょうが、私とコトノさん同様「セフレにつながる可能性」もあります。

攻略は多少難しい関係ですが、キスが好きだけど相手がいないことに悩んでいる人は、この機会にぜひ、出会い系サイト・アプリでのキスフレ探しをお試しください!