パッポンの人気ゴーゴーバー:キングキャッスル3(旧キングスコーナーの場所)の行き方と口コミ評価体験談

Pocket

今回はタイのバンコクに行き、パッポンという歓楽街にあるゴーゴーバー「キングキャッスル3」に行ってきました。

この記事を書いている2020年の4月(行ったのは2月)はパッポンのゴーゴーバーはお休み中
「このまま閉鎖では?」という噂もどこかで聞きましたが、そうならないことを願い、応援の意味も込めての執筆です。

キングキャッスル3は、結論から言うと金のガメツサを若干感じますが、女性の人数は多くレベルも高め。

日本人受けするタイプが多いため、ペイバー目的なら特にオススメできると感じました。

同地区の人気店ゆえに常にお客さんでいっぱい。某ウイルスで世界が大混乱している時期でもそれなりの客入りだったので、人気の根強さを感じました。

この記事では管理人のアキラが実際に遊びに行った体験談から、キングキャッスル3の概要や実際に女性をお持ち帰りするまでの流れを解説します。

キングキャッスル3の特徴と女性のレベル

キングキャッスル3はタイの首都バンコク、サラデーン駅近くにある歓楽街:パッポンにあるお店です。

営業時間

  • 18:00 – 25:00

推奨訪問時間

19:00~頃。人気店故に早い時間帯から人でいっぱいになります。かつ、可愛い女性は早い段階で確保されてしまうので、良い女性を持ち帰りたい場合は19時30分頃には入った方が良いです(ママさん談)。

女性が最も集まる時間帯は21時頃のため、特に可愛い女性の持ち帰りに拘らない場合は、21時頃の訪問で良いでしょう。

キングキャッスル3の特徴

  1. 女性のレベルは平均して高く、日本人受けしそうなタイプが目立つ
  2. 女性の出勤人数は多く、しかも早い時間帯から揃っている
  3. ダンスパフォーマンスは控えめだが、女性の愛想は良くステージ上からあぴーるしてくる
  4. ドリンクを奢れ・ペイバーをしろ、と言ってくる頻度はそこそこ

パッポンのゴーゴーバーはナナプラザに比べるとあまり流行っていないと想像していましたが、このキングキャッスル3は別格

某ウイルスが本格化する少し前に訪れましたが、それでも店内は20時で10名以上のお客さんがいました。

カップルで訪れているケースもあり、観光的な場所としても知名度があるようです。

日~木曜日は休みの女性が多く、金・土が最も出勤数が多いです。

私が行った曜日は金曜でしたが、77人が出勤するとのことでした。

店内を見渡したところ77人居るようには見えませんでしたが、ペイバーで減ったり時間差で出勤しているケースもあるでしょうから、本当なのでしょう。

ちなみにお店がある通りは、夜はこのようにマーケットとなっていますが、

昼間は綺麗に片付いています。

近くにあるタニヤ通りというカラオケや飲食が多いエリアもこんな感じです。

キングキャッスル3のレベル

キングキャッスル3のレベルはなかなかに良く、雰囲気的にナナプラザのレインボー2に近いです。

女性の特徴

  • 日本人受けしそうな女性が半分。後は少しエキゾチック系
  • おぼこい女性も多いが大人っぽい女性が多い
  • ロングヘアーを巻いてバッチリ決めてる感じの女性が多い
  • 明らかにレベルが低いと感じる女性はいない

他店と比較すると、ティンダーで出てきそうな美人系が多く、整いすぎていて「レディボーイかな?」と勘繰ってしまう女子もちらほら。

ロリ系の可愛い女性は人気が出やすく、直ぐに客席に呼ばれていました。上玉を狙うならスタートダッシュしないと厳しそうです。

勤務態度は良く、レインボー4のようにスマホをいじっている女性は少なかったです。

お店側も女性に一定の配慮を払っているのか、店内での喫煙を許可しているようです。吸いたい女性は、ママに一言断って店の隅っこでお行儀良く吸ってました。また、冷えを考慮してか上着を羽織っている女性も散見されました。

 

サービスの度合いもまあまあ良いです。

ステージ上の女性は笑顔で客席を向いて積極的にアピールしてくるので、親しみが持てます。

ステージに立っていない女性は、客席まで来て「ドリンク飲みませんか?」とアピール

目を合わせていると高頻度で寄ってきて「あなた〜」を連呼され離れないので、興味がない場合は目を合わさず、かわした方が良いでしょう。

日本人受けする女性が多く、レベルも安定しており、パッポンの中で一番選びやすいです。

一方で、日本人の扱いに手馴れている感はあったので、お持ち帰りした際のサービスの良し悪しはバラつきがでそうと感じました。

体験談で触れていますが、私はあまりスレてなさそうな女性をお持ち帰りし、大当たりしました。

レベルをpcmaxハッピーメールなどの出会い系の女性と比べると普通~中程度です。

有料アダルト動画サイト無修正AV動画サイト東京熱素人系AV動画サイト天然むすめ人妻熟女AV動画サイトエッチな0930パコパコママAV女優系動画サイトカリビアンコム中出し動画サイトheyzoなどに例えても、同じく普通~中レベルでしょうか。

キングキャッスル3の場所と行き方

キングキャッスル3はパッポン通りのやや北寄りにあります。

この通りには「キングキャッスル」というお店が3店舗建っています。

まずは、パッポン通り(ドミノピザの左横)に入ります。

そして、そのまま通りを直進

なお、左に見えるのは夜市です。

途中で数件のゴーゴーバーを見つつさらに直進

おや?、途中にキングキャッスル(1、2)というお店がありますね。

今回目的とするお店はさらに奥。と、地図には示されていました。

どうやら、この通りには3つのキングキャッスルがあるようです。

良く変わらなかったので、キングキャッスル1の前に立っていた呼び込みのおばちゃんに話を聞いてみました。

アキラ「すいません~、キングキャッスルに行きたいんですけど」

おばちゃん「キングキャッスル(1)はここだよ」

アキラ「この隣は?」

おばちゃん「こっちは、キングキャッスル2だよ」

アキラ「向こうにあるキングキャッスルは?」

おばちゃん「あれは最近出来た新しい3号店」

アキラ「じゃあ、私が探しているお店は、キングキャッスル3で良いのですか?」

おばちゃん「そうだよ」

ということで、おばちゃん曰く以下がキングキャッスル3らしいです。

ただ、ネットを見ると「キングスコーナーというお店が閉店し、以前のキングキャッスル1が移転したお店がこちら」という情報もありました。

そこで、昔(2019年2月)の写真を掘り起こしてみると、その時は確かにキングスコーナーでした。入れ替わりの様ですね。

店名の連番がザル運用の様で、何だか良く分からなくなってきました。

捉え方の違いでしょうし、気にしても仕方ないので、この記事ではお店のおばちゃんの声を採用しキングキャッスル3としています。

履歴管理は重要よ…。原価センタを使いまわして予実がおかしくなる我が社の二の舞にならないように。

キングキャッスル3入店後の流れと料金

入口から中に入ると、そのまま空いている席に案内してもらえます。

店内での流れ

  1. 案内された席に座る
  2. 飲み物を注文する(メニューがあります)
  3. 飲み物を飲みながらステージで躍る女性を眺める
  4. 気に入った女性がいればスタッフさんに声をかけて呼んでもらう
  5. 女性が横に来るのでイチャイチャする
  6. 連れだしたければ誘う(ホテルと言えばOK)
  7. 料金を聞いて問題なければOKという
  8. 女性がスタッフを呼び代金を請求されるので支払う
  9. 女性が私服に着替えるまで席で待つ
  10. 女性が席にやってくるので一緒に店を出る
  11. ショートなら2時間:食事やホテルでエッチ、朝までなら連れ出してデートをしてホテルでエッチをして朝になったら解散(内容は相談して決めて良い。エッチなしでデートだけも勿論可能)

お店に入ってからかかる費用はいかになります。

  • ドリンク代:ソフトドリンク 130バーツ程度、アルコール 170バーツ程度
  • 女性を席に呼んだ際に奢るドリンク:220バーツ程度
  • 女性を連れだす際にお店に支払う代金(ペイバー):600バーツ
  • 女性とショートタイムで遊ぶ場合の支払代金:4000バーツ
  • 女性を朝までお持ち帰りする場合の支払代金:9,000バーツ程度
  • お店の前にあるホテルの部屋代:600バーツ

ドリンクは自分が飲むもの、女性に奢るもの共に、注文した際に何故かレシートにサインをさせられます。

ググってみると、ボッタクリを働いていて店の信用が失墜した過去があるそうで、その反省として客にしっかりと料金を確認してもらっているようです。

ただ、ママさんはしっかりチップを要求してくるので、図太さは健在です。

お持ち帰りですが、お店に払うペイバーの料金自体は普通なのですが、女性に支払う代金が高いです。

ロングの料金を聞いたところ「ロングという概念はなく朝まで」と言われ、代金は9,000バーツでした。近所にあるやり部屋の値段も、ナナプラザやソイカウボーイに比べると高めです。

ショートでも、飲み物代等を入れると最低でも5,000バーツ。朝までだと10,000バーツは超えてしまいそうですね。

店の様子を見て感じましたが、全体的に金に執着が強い印象があります。

女性陣とママさんが何やら金の件で口論をしているシーンを何度か見たため、銭ゲバ時代の名残は未だ残っているのではないでしょうか。

某ウイルスが流行る前の2月にタイのバンコクを訪問

2020年の2月中旬。例のアレが世界に広がりつつある時期

これはもしかすると、どこかのタイミングで本格的な閉鎖が始まるかも知れない。

行けるうちに愛するタイに行っておこう!

私が来た時期は、丁度「スワンナプーム空港で検温が始まるか?」と言われていました。

実際は途中に1か所熱感知器がありましたがそれ以外は何も無し

イミグレーションはガラガラで過去最速の3分程で入国できました。

そして、そのまま電車に乗りバンコクの中心地へ到着

この世界有数の鬼渋滞もいずれ(一時的に)見れなくなってしまうのだろうか。

まだ遊べるうちにしっかりとタイの夜を楽しんでおこう。

そう心に近いエロスポットへと向かうアキラであった。

そして、パッポンゴーゴーバーがあるサラデーン駅に到着

両替所もなかなかに混んでました。

まだ欧州で感染が広がっていない時期だったので、西欧系の観光客が大量に来ていました。

欧米がドえらいことになったのはこの1か月後。当時は全く持って想像できない事態でした。

そして、先の通り迷いつつも目的のキングキャッスル3に到着です。

ほうほう…

へいへい…

八方美人のお手本のような、見事な媚っぷり。

そして、20時頃にお店に入るとそこには総勢50人ほどの女性が!

(時期的なこともあり)全然女性が出勤していない他店に比べ、盛り上がりの次元がひとつ違いました。

店内には常連と思わしき日系客が数名おり、ロリ系の可愛らしい女性を既に席に付けていました。可愛い女性を狙うならもっと早い時間に来た方がよさそうです。

ママさん「女性を選んで~」

店内で暫く飲んでいるとママさんに勧められ、女性がステージ上で踊っていない女性が私の前に集められます。

女性はナンバープレートを付けておらず、ペンライトで女性を照らすことで指名します。

これは、カンボジアのソウルゴールデンシティでもあった方式ですね。

CHECK

イサーン出身の純粋そうな女性を指名して大満足した体験談

前に並んだ女性陣。ルックスは皆さん十分可愛らしいので決めきれない。

うーん、悩むなぁ…

こうなると私は後は性格で判断します。

出来るだけ男の転がし方を心得ていない、優しい女性を見定めていきます。

じっくりと女性の表情を見つめていく私

アキラ「!?」

黒髪スレンダー。化粧は薄めですが明らかに可愛い

ちょっとだけ目線がドキマキしてますが、その瞳は優しさで満ちている。

うん、きっと良い女性ですわ。

私のシックスセンス(素敵な女性を見つける感覚)がそのように申しております。

ペンライトで女性の足元を照らすと

ママさん「OK~」

と、私が指名した女性を呼び寄せ、他の女性はフロアに散開していきました。

アキラ「Hello~, thank you for coming」

女性「Hello~」

アキラ「どこの出身ですか?」

女性「イサーンですよ」

アキラ「お~、知ってます、知ってます!」

最初は緊張していましたが、徐々に打ち解けてきて会話も盛り上がります。

ドリンクを飲みながら和気あいあいとトークを嗜んでいると…

ママさん「ヘイ!、ペイバー!!」

おいこら、おっさんの素敵タイムの邪魔すんじゃねぇ。

とは言いましたが、女性も可愛いのでお持ち帰りしても良いかなぁ。

アキラ「ショートでお幾らですか?」

ママさん「ショートでお店に600バーツ。女性に4000バーツ。近くのホテルが600バーツ」

アキラ「合計5200バーツですかね…。うーん、どうしよう」

ママさん「ホテル代(600バーツ)をまけてやるから、どう?」

アキラ「分かりました」

なお、この後ママさんに別途チップ200バーツを要求されたので、実際は400バーツだけお得になりました。

パワフルだしチャッカリしているママさんでした。

そしてトイレを済まし、着替えてきた女性と一緒に近くのホテル(簡易なやり部屋)へと向かう私

アキラ「いやー、あのママさん。パワフルですねぇ…」

女性「あはは…、ごめんなさいね…」

お店から歩いて1分くらいの場所に階段があり

そちらにヤリ部屋の受付があります。

室内はセクシーすぎる原色照明

アキラ「な、なにこれ~?」

女性「…ははは、おかしいですよね。」

タイっ娘の目から見ても、明らかにやりすぎな照明の様です。

なお、少し前に行ったカンボジア風俗のゴールドコーストスパも、室内が真っピンクという素敵すぎる趣味でした。

CHECK

まずはベッドに腰かけてゆっくりとトーク

最近は英語の練習を兼ねて15分程のお話を楽しむようにしています。お陰様で少しずつですが喋れるようになってきました。風俗を通じてスキルアップです。

アキラ「バンコクに来てどれくらいですか?」

女性「3か月目ですよ」

アキラ「もう慣れましたか?」

女性「はい、ぼちぼちです。」

個人的に、働きだして数か月目くらいの女性が、お作法もある程度理解した上でスレてもいないので、丁度良いかなと感じました。

手馴れてくると手を抜かれた上にすんげぇチップを要求されるので、これくらいが良い塩梅

明るい笑顔で愛想も素敵

タイの女性にハマる人が多いのは分かるなぁ…

有難みをしみじみと感じつつ、シャワーのためにお互い服を脱ぐと…

すんげぇ、細い…

アキラ「…ご飯食べてますか?」

女性「え、食べてますよ!」

アキラ「さっきのママさん、給料ケチってるんじゃない?」

女性「そんなことないですよ~;」

しかし、そのスレンダーすぎる体のラインに対して、胸は良い形でCカップはありそう。

健康そうな綺麗な肌にドキドキしつつ、シャワールームへと一緒に入っていきますが…

おう…、これまた綺麗に洗ってくれますな…

過去にお相手してくれたタイガールの中で一番丁寧じゃないかな。

チンコも気を遣いながらも石鹸で丁寧に清めてくれ、泡立てて胸元に優しく触れてくる仕草には気遣いを感じます。

幸先良いスタートにもう十分に満足しつつベッドに戻る二人

癒しに酔いしれながら、ゆっくり体を重ねると、華奢ながらスベスベした肌がピッタリとくっつき、体温が伝わってきます。

そして、自然な形で触れ合う唇…

絡み合う舌…

ああ…、可愛らしい…

幸せだ…

多くの日本人男性が空を飛んで通う理由が改めて分かった気がします。

ゆっくりと口付けをかわしたのちに、そっと小ぶりな胸に手をやり優しく愛撫

続いて、アソコに舌を沿えてクンニリングス

女性「…ん」

最初は控えめな反応でしたが、舌の動きを巧みにしていくと体をよじるようにして感度が増していきます。

愛液がゆっくりとシーツを濡らしていきます。

ジュル…、クチュ…、クチュ…

少女のようだった表情は、憂いと悦に満ちたものに変わっており、数か月溜めてやってきた私の欲望を振り切らせるには十分すぎる刺激でした。

未だオーガズムイクことは知らないのか、解放したいけどできない。そんな悩ましい動きで身をビクビクと震わせています。

アキラ「OK?」

女性「Yes, please…」

我慢も限界のためフェラチオは飛ばして、鞄に入れて合ったアレを装着。正常位でゆっくりと重なります。

ズブズブズブ…

ぐっ、き…、きつい

引き締まった体だけにアソコの締りもきつい…(?)

秒殺されかねん…

ゆっくりいこう…、ゆっくりいこう…

ゆっくりしていってね…

何となくこちらの思いを察したのか、ソっと抱き寄せれ唇を奪われ静寂の時間

あああ…、癒される…

そして、ちょっと落ち着いてきたかな…

抱き合ったままゆっくりと腰を動かし始め、空いた手と口で胸元を優しく愛撫

アキラ「Good? or Bad ?」

女性「Yeah, good…」

幸せな時間をしっかりと嚙みしめつつ…

続いてバックの姿勢に変えてみましたが…

パンっ!、パンっ!、パンっ!

健康的な肢体が眼下で激しく乱れる!

いかん、この刺激はやばい!!

メーター(何の?)が一気に上がってくるぅぅ!!

思いっきり発射!!

キングキャッスル嬢とのプレイで豪快に発射!!!

今日のミサイルも、よお飛びましたわ…

早々にイきましたが、一連の恋人ムードに大満足の私でした。

プレイ後はシャワーを一緒に浴びてしばしの歓談

アキラ「いや~、楽しかったです。また来ます~」

女性「楽しみに待ってますね~」

アキラ「私、ブロガーなんですけど。最後に写真とか…、やっぱ無理ですかな?」

女性「全然大丈夫!。撮って撮って!」

と言って撮らせてもらいましたが、帰って見たらムンクの叫びくらいひしゃげてました。

絶望的な撮影テクニック。ハメ撮り王村西とおる様を師匠と仰いでおりますが、まだまだ先は長そうです。

その後はお店の入り口まで見送り、軽くキスをしてお別れ

チップの要求もなく、とても純粋で優しい素敵な女性でした。

いやー、楽しかったわぁ…

ホテルまで歩いて帰りながら「やっぱりバンコクは良いなぁ」と改めて実感

今回のバンコクの旅も最高でした。

この記事を書いている2020年4月時点では入国しづらい状態になっていますが、この癒しの天国に早く訪れたい。と、切実に思うアキラであった。

総合評価

パッポンの人気ゴーゴーバー:キングキャッスル3

女性の人数も多く、愛想もまあまあ。日本人好みの女性も多く、とても遊びやすいお店でした。

一方で、女性を選ぶよう促される頻度が高く、ペイバー時の総額も高くつくので、コストを気にする人にはあまり合わないかも知れません。

個人的にはパッポンのゴーゴーバーで遊ぶなら第一候補にすると良い。と思います。

こちらの記事もいかがですか?