インドネシアのジャカルタでTinder(ティンダー)でご飯に行ったら2時間で中出しセックスできた体験談

Pocket
LINEで送る

この記事では、管理人のアキラがインドネシアのジャカルタに行った際にTinderを使ったお話を紹介しています。

ジャカルタでTinderを使い始めたのは「現地で困った時に相談ができる友達が欲しい」という理由からでした。

ところが今回は、「マッチした女性に食事に誘われ奢ってもらった挙句、最後は私のホテルまで着いてきて、結果的に中出しセックスした」というあり得ないようなサクセスストーリーが起きました!

いやー、多分これを超える出来事は今後もう二度と起きないでしょう。

出会うまでの流れ、立ち振る舞い方を完全ノンフィクションでお送りしますので、Tinderでワンチャン狙っておられる方は是非とも参考にして頂けますと幸いです。

Tinderをジャカルタで使った際、現地の女性はどれくらい反応してくれる?

Tinderはマッチングアプリの中ではグローバルで利用できるものとして、個人的に高評価をしているアプリです。

また、日本で利用した場合も一定の手ごたえは得ており、新興のアプリの中ではかなりポテンシャルが高いと感じています。

ただ、海外で使う場合は言葉・人種の壁がありますので、必ずしも上手くいくわけではありません。

「その国の人が日本人/日本が好きか?」

「その国の女性が日本人男性に興味があるか?」

これらの度合いによって、成功率は大幅に変わってきます。

例えば、私がロシアのモスクワで使った際は、若い女性とは全くマッチせず、30歳くらいであまりモテていなさそうな女性から多少声がかかったくらいでした。

欧米圏では日本人は基本的に人気がないので、期待しない方が良いです。

一方のジャカルタは親日派が多く、日本人男性に興味を持ってくれる女性も多少なりいます。

このように「日本語が勉強したい」と日本語で書いてくれている女性もおり、比較的マッチしやすいです。

ただ、できるだけ良さげな相手とマッチするにはそれなりに時間がかかります。

私はジャカルタでの滞在は3日の予定だったため、現地に着いてから使いだしたのでは、うまくいかない可能性がありました。

そこで今回は、渡航の2週間くらい前からTinderの利用を開始しました。

2週間ほど利用した結果

  • マッチングした人数:60人
  • メッセージのやり取りができた女性:50人

※業者のようなアカウントは数から除いています。

少しでも気に入った女性にLikeを送りまくっているので「Likeに対する反応率」という点では相当低い値です。

ただ、そもそも、

  • 親日国で無い場合はどれだけ送ってもマッチングすらしない
  • 親日国であっても海外から旅行に来た男性にホイホイと反応するわけではない
  • 基本的には自国に住む異性との交際を目的に使うアプリである

ことから、この数値は決して悪くはないかと思います。

なお、ジャカルタでTinderを利用している人の国籍は以下のようなイメージでした。

ジャカルタで見つけた女性の国籍

  • インドネシア在住:95%
  • シンガポール在住:3%
  • その他の国:2%

このように、ほとんどがインドネシアの人であり、日本人女性は途中2名見かけた程度でほとんどいませんでした。

韓国などに行った際は、海外を旅行中の日本人女性とマッチングする可能性がありましたが、ジャカルタではTinderを利用している日本人女性旅行客は、それほどいない印象でした。

纏めますと…

ジャカルタでTinderを使う場合は、少しでも良いと思ったら積極的にLikeを送り、特に親日の女性を中心にアプローチする方法が効果的と感じました。

また、後述の体験談でも書いていますが、「エッチしたい」というエロ目的を出すと直ぐに切られるので、たとえ下心があっても表には出してはいけません。

誠実さを前面に出していきましょう。

なお、割り切りセフレ作りで活躍する、ハッピーメールイククルyycなどの国内の出会い系サイトは、海外を登録地域にできないので使えません。

親日派の女性は「会おう」と持ちかけると大体OKが出る

「親日派の女性を中心にアプローチする方法が効果的」

と書きましたが、実際に親日的なプロフィールを書いている人とある程度会話をして「会いたい」と伝えると、高確率でOKが出ます。

女性によっては、日本語で向こうから話しかけてくるケースもあり、こういった場合はより高い確率で出会えるでしょう。

一方で、海外からやってきた旅行客に興味がない女性もいる(と言うか、大多数です)ので、それらの女性にアプローチした場合は基本的にマッチしません。

たとえマッチしても、以下のように無視されたり軽くあしらわれます。

インドネシア人の超人気インスタグラマー「Messya Iskandar」からLikeを貰いマッチングしたので、駄目元で「会いたい」と持ちかけたら、

「Hahah Nope」

と軽く流されました。まあ、パンピー日本人なんかに興味は無いっすよね…

「ワンチャン奇跡が起きるか!?」と淡い期待を持ったのですが、脆くも崩れ去りました。

このように、明らかにハイレベルな女性には相手にはされにくいので、過度な期待は持たない方が良いです。

「そこそこの女性と仲良くなれたら良いなぁ」程度の気持ちでいれば成功しやすいです。

日本人とインドネシア人とのハーフ女性からLikeがくる

良い手ごたえを感じながら、Tinderを使い続けていた私

ふと、女性からLikeがおくられてきたので、相手のプロフィールを見ると、何とインドネシア人と日本人のハーフでした。

日本にも住んでいたことがあるようなプロフィールでしたが、現在はジャカルタ在住のようです。

「これは是非とも話がしたい!」ということで、マッチ成立です。

すると直ぐに女性からメッセージが送られてきました。

最初は英語でのやりとりでしたが、途中から気を使って日本語に切り替えてくれました。

その後「Lineで話したい」と持ちかけられたため、IDを送りました。

そして、Lineでメッセージを送りあって直ぐに、今度は「電話をしたい」と言われます。

そして、Line通話がかかってきます。一度取り損ねましたが、改めてこちらから電話をして通話が始まります。

女性「もしも~し」

アキラ「はい、はじめまして」

女性「はじめまして~」

日本語は長らくつかっていないせいか、少したどたどしさはあるものの、十分に聞き取れる内容でした。

女性「何してるの?」

アキラ「犠牲祭であまりお店も開いていないので、ホテルでのんびりしてます」

女性「ご飯いこー」

え、マジっすか…

マッチして5分の男をご飯に誘うだと…?

もしかして、観光で来た日本人に声をかけまくって、飯をたかってるんじゃ?

物凄く警戒心を持ちましたが、たとえ奢らされてもジャカルタの物価じゃ金額も知れてますし、良いでしょう。

アキラ「はい、良いですよ」

女性「何時に来れる?」

アキラ「17時くらいはどうですか?」

女性「えー、ちょっと忙しいから、20時は?」

アキラ「はい、大丈夫ですよ」

女性「じゃー、後でまた電話するねー」

あら、切れました

…いやぁ、出来過ぎた話で何か怖いねぇ

この時は、

不安:期待=90:10

くらいの割合で全く行きたくなかったのですが、犠牲祭でどうせ夜のお店も閉まっているので、話のネタとして行ってみることにしました。

グランドインドネシアへ呼びだされる

8時頃になると再びLINE電話がかかってきて、グランドインドネシアという中央ジャカルタにあるショッピングモールに来るよう言われます。

多分奢らされて終わりだろうなぁ…

やる気なし夫なアキラでしたが、ホテルを出てGrabで車を拾い、グランドインドネシアへと向かいます。

その道中の混んでいること…、途中から全く進まなくなりました。

ジャカルタの風俗スポットは北に多くあるので、エロ目的で来る人は北方面に宿を取った方が良いっすね。

空いていれば10分くらいの道のりを結局40分くらいかけて移動

途中で痺れを切らした女性から、何度も督促の電話がかかってきました。

いやー、現地人なら、混むの知ってるでしょう…

そしてやっとこと、グランドインドネシアに到着

何だこの混みようは…、コミケ会場かいな…

何と奢ってくれた!グランドインドネシアに行って女性とディナー

ようやく到着すると、遠くから女性が手を振っているのが目に入ります。

女性「こんにちは~」

アキラ「遅くなってすいません~」

女性はプロプ写真よりちょっと太ったかな、でもまあOKなライン

「旅行先でこんな女性と知り会ってご飯いったんだぜ」

と紹介しても大丈夫なレベルです。

しかし、胸でっかいな…

来るときは全く下心を持っていなかったのですが、巨乳を見せられると男としてはちょっと気の迷いが生じます。

「タクシーに乗ってどこかに行くか?」

と聞かれましたが、混んでいてグランドインドネシアから出るのも大変そうだったので、そのままグランドインドネシア内のレストランに入りました。

適当に頼みましたが、結構おいしいです。

お値段も日本円に直すとリーズナブルなのですが、インドネシアの通貨であるルピアで買い物をすると桁が大きいので、高額と錯覚します。

(これ、後で払えるのか…?)

と内心ビビりまくりながら食してました。

お互いのことを話しながら食事を進めていきますが、ふと気になって聞いてみました。

アキラ「なんで、私を食事に誘ってくれたんですか?」

女性「あなた、すぐエッチしようとか言わないから」

アキラ「ほう」

女性「他の日本人、みんな直ぐに「エッチしたい、いくら」って言うから嫌い」

どうやら、彼女にアプローチしている日本人は他にもたくさん居たようですが、みんな速攻で下心を出して拒絶されていたそうです。

そういった内容を含むメッセージは直ぐに消している、とのことでした。

中にはイケメンもいたようですが、アプローチミスでチャンスを逃していた模様

まあ、あれですよ。

イケメンは何かと有利ですが、やっぱ男は誠実さですわ。

このアキラ、アラフォーでルックスは只のオッサンですが、他の部分で女性のハートを射止めることができましたわ。

ワクワクメールなどのやや真面目寄りの出会い系で下ネタを振って、よく連絡が途絶える私だからこそ分かる話です。

女性が「Hしないけど貴方の部屋に行きたい」とお誘い

お酒も進み食事も終わったころに、

女性「あなたの部屋に行っても良い?」

アキラ「(ちょっと悩む)…はい、良いですよ」

女性「でもエッチしないよ。今日、生理だから」

まあ、楽しかったし別にそんなのは良いかなぁ…

部屋で1時間くらいお話してお別れにしよう。思い出としては十分ですわ。

ということで、タクシーに乗り二人で私の泊まっているホテルへと向かいます。

途中、肩にもたれかかってきたので、寄り添うと、

そのまま私の手を取り

胸元にスっと招き入れます…

(えっ…?)

「エッチしない」とか言ってた人の対応にしては大胆過ぎません?

運転手さん見てまっせ…?

そして、そのまま唇が近づき…

チュ…とキスが始まります…

(おばばばば…)

むっちゃ肉食系の対応にドキドキが止まらない…

エッチしないけど、Bくらいまではやるつもりなのでしょうか?

あまりに大体な行動

これがインドネシア人女性なのか!?

戸惑いと期待を抱きつつ、タクシーは私のホテルへと到着しました。

結局女性から誘われてセックス!生理中なので生ハメ中出し!?

女性「うわ~、広い~」

部屋に入って開口一番、女性ははしゃいで室内を見て回ります。

今回は一人旅の割には広めの部屋を取っていたので、持てあましていたくらいでした。

ひとしきり部屋を見回った後に、二人でソファーに腰かけます。

(まあ、お喋りして終わり、くらいかなぁ…。でも、胸触ったしなぁ。よお分からん…)

と、まだやましい気持ちは薄く、会話をするつもりだったのですが…

チュ…

女性からいきなりキスが…

そして、こちらに体を委ねてくると、そのまま手を取り再び胸元にスっと招き入れます…

(おおぅ、でかい…)

推定Gカップの柔らか巨乳…

女性「あれ、おっきくなってるね」

まあ反応しますよね

先ほどまでの聖帝が如く気高い心は

タダのエロ親父に転落

世界広しと言えど、こんな乳を揉まされてチンコが微動だにしない漢はおらんでしょう。

そして、そのまま乳首をまさぐりながらキスを続けると、女性は二つの乳房を露わにします。

「プリンっ!」と音が聞こえそうな勢いで現れた双丘に顔をうずめ優しく舐めていると…

女性「噛んで…」

おぅ、なかなかに積極的…

累計500人以上とエッチしてますが、乳首噛みをせがまれたのはこれが3回目

1回目は出会い系のpcmaxで出会った休学中の大学生とエッチした時、二人目は大阪ホテヘルやんちゃな子猫日本橋店で遊んだ女性、そして今回のジャカルタ女性です。

まさか、ジャカルタ女性が3本の指に入ってくるとは思わなんだ…

そして、甘噛みを続けながら、抱き合ってお互い体をまさぐっていると…

女性「エッチしよう!」

アキラ「え、生理ですよね?、さすがにそれは…」

女性「シャワーかお風呂ですれば大丈夫!!」

おおぅ、その発想は無かったわ…

「もう我慢できないのよ!」

と、押し切られ、そのまま浴室へと連れさられる私

ワインで酔っていることもあって、最早冷静な判断はどこかへ飛び去っていました。

女性「あ、このバスタブでしましょう!」

おおう、マジっすか…

予想だにしない展開に戸惑いつつも、据え膳食わぬは男の恥

ルパンが如く高速で全裸になります!

そして、お湯がある程度溜まったところでバスタブに入ると…

女性「私が上ね」

そそり立った息子にゴムなど着けずにそのまま腰を落としてきます…

女性「Ohhh!!」

むちゃくちゃきつい…

ずっとヤってなかったと思われます(後で聞いたら2年ぶりだそうです)。

最初は処女喪失くらいの抵抗感でしたが、徐々に馴染んできて腰が軽快に動き出します。

続いて正常位に試してみますが…

ううん、難しい

バスタブって左右に狭くて足を広げれないので、うまく挿入できないんですよね

思い返せば、お風呂でエッチしたのは人生初でした。色々な初体験をさせてくれる素晴らしい女性

アキラ「ベッドに行きません?」

女性「え、でも生理でよごれちゃうよ?」

アキラ「タオル敷けば大丈夫ですよ」

女性「うん、じゃあ、そうしましょう!」

結局、ベッドに入り、そのまま生挿入しピストンを継続

うん!、やはり動きやすい!

ベッドに移動中に少し縮んだアソコも生膣の温かい感触に触れ、再び勢いを取り戻しました。

揺れるGカップ!

インドネシアの爆乳が揺れる!!

まるでメロンのような、規格外です交換パーツありません状態の乳は、変幻自在に揺れ動き、2年ぶりのエッチに興奮する生膣は息子をしっかりと咥えて話す気配はありません。

女性「最後は、中出しね!」

アキラ「えっ!?」

女性「生理だから、中出し!」

まさかの中出しオーダー!!

出会って2時間でファック&中出し!?!?

この奇跡の状況に興奮は最高潮まで達しました。

…ただ、この素晴らしい身体を長く味わっていたい…

その気になればすぐにでもイケそうな息子を制御しつつ、角度を変えながら女性のアソコの中を蹂躙

子宮の奥に先端がこすれると、

女性「はははぁん!」

と甘い声が漏れ、激しく動くと、

女性「もっと!、もっと!」

とより強い刺激を求めて私の唇を奪ってきます。

インドネシア女性の

性欲が爆発すると恐ろしい!!!

ものすごい勢いでインドネシアの虜になっていく私、数か月前にインドネシアを知りそこから恐ろしい勢いで欲望の海に溺れていきます。

当日の朝、隣の部屋でファックしているカップルをうらやんでいた私ですが、

今や全然羨ましくないZEEEEE !

卑弥呼様、我が軍の圧勝でございます!

圧倒的じゃないか、我が軍は!!

妬み、嫉み、嫉妬、そんなものを私は持ち合わせておらんのです!

さあ、中出しに向けてラストスパート!!!

アキラ「そろそろ、いきそう…」

女性「うん、いいよ。中に出して!」

まさかインドネシアの女性に

「中に出して」と言われる日が

来るとは思いもしなんだ

手で両足を抱えると、勢いを付けて動き…

ドクドクっと発射!!

インドネシア女性に中出し!!!

奥に当たった瞬間に大量の欲望を注ぎだしました…

女性「ハァハァ…」

そのまま抱き合ってしばらく余韻を楽しみ、ナニを引きくぬと…

若干、事故現場感もありますが…、ドロっと中から溢れ出る精子が生理の血と混ざり何ともいやらしい…

アキラ「大丈夫ですか…?」

女性「ああ…、気持ち良かった…」

シーツを汚した件は、後でホテルの人にめっちゃ謝りました。

笑って許して下さいましたが、誠にスイマセンでした…

久しぶりのエッチに大満足したようで、そのまま一緒にお風呂に行き、汚れた体を相互にケアし合いました。

インドネシア女性とのエッチ後の展開

エッチが終わった後も二人で寄り添ってジャカルタの風景を眺めていました。

その後、女性はタクシーに乗り帰って行きました。

これは行きずりの関係と言うのでしょうか?

フラっと訪れたインドネシアの地で、あっという間の出来事でした。

なお、どうでも良い情報ですがアナルは処女らしいです。

感想

今回はインドネシアでTinderを使った体験談をご紹介しました。

インドネシアは親日の人も多く、若くてイケメンでなくてもワンチャン良い出会いがあることが分かりました。

気を付けて起きたい点は、「男性が女性にアプローチする際は、最初からエロ目的で接しない事」です。

今回の体験談、ならびに以下の紹介記事でも書いていますが、女性の多くはアダルト目的でないので、性的なことを言うと気分を害します。

今回出会った女性も言っていましたが「日本人は好きだけども、○○円でどう?、とか聞いてくる人は気持ち悪い」と、アダルト的なメッセージを送ると途端に行為は嫌悪感に変わります。

その時点でマッチング解除やメッセージを消されてしまうので、到底仲良くなることはできないでしょう。

性欲が強い人でもそこはグっと抑えて、「まずは友達になる」くらいの純粋な気持ちで臨みましょう。その方が結果的に、エロへのリーチも短くなります。

フォローする