貧乳と巨乳の乳首は感度に差がある?セックスで感じる胸の触られ方も調査【女性66人アンケート】

Pocket

男性とは違う女性の部位としては、アソコはもちろんですが、もう1つ、「オッパイ」という物があります。

そして、自分とは違うその2つの実りに、男性は欲情しますし、ハッキリ申し上げて大好きなわけです。

また、オッパイにも大きさや形、そして感度など人それぞれ女性によっても違いはあり、男性によって好みのオッパイも異なりますよね。

そこで今回は、そんなオッパイについて、「大きさ」と「感度」にスポットを当てて、解説を進めていきます

この記事で分かること

  • オッパイは大きいほど感度が低いのか?
  • サイズ別に聞いたオッパイの感度について
  • 実際に聞いたサイズ別の触り方について
  • 好ましいオッパイの大きさで女性を選ぶなら出会い系?

具体的には、以上のような内容で解説を進めていきますので、男性が大好きなオッパイについての知識を深めていただくために、ぜひお役立てください。

オッパイ(胸)が大きいほど感度は低い!?

それではさっそく、都市伝説的に語られることも多い、「巨乳は乳首の感度が低い」ということについてです。

以前私がアダルトなことに対する疑問や提案を、友人に募集した際のこと、ふと以上のアンケートに目がとまり、私自身気になってしまったのですよね。

それこそ、「貧乳は感度高い」という話も聞きます。

それを単純に鵜呑みにした場合、「巨乳の乳首は鈍感で、貧乳の乳首は敏感」となるわけで、なんかロマンもクソもない話なわけです。

私と今までセックスをしてきた巨乳ちゃんたちは、ウソをついて演技してくれていたのか…

という切ない気持ちまで込み上げてきてしまい、なんだか納得できない話ではありませんか!

そんな中、オッパイに関してのアンケートも始動させて、情報を収集していたのですが…

というようなクレームが、小さめ層の女性から届いてしまい、「いや私に言われても…」などと若干の困惑(笑)。

そして、「巨乳鈍感説は巨乳に恨みのある人物(小さめ層?)が流した説」が私の中で徐々に膨れ上がり、感度に大きさは関係!という夢を追い、調査を続行しました。

だって、考えてみてほしいのですが、もちろん大きさは1つの魅力として指標でしょうけど…

どうせなら、小さくても大きくても感度は良いというほうが夢はありますし、実際どっちもそれぞれの魅力があるわけですよ!

オッパイ大好きの私から言わせれば、小さい人には小さいなりいの魅力が沢山詰まっていますし、大きい人だって同じで、どっちも大好きです。

まあ、それならこんな調査するなよって話なのですが、そこは男として気になることを、少しでも紐解きたいですからね。

お許しください。

という具合に、「巨乳鈍感で貧乳敏感」という情報の真意を確かめるべく、恥を承知で沢山の女性にご協力いただいた結果を、ここから解説していきます

Aカップ~Bカップの小さめ層の感度について

まず、Aカップ~Bカップの小さめ層にご協力いただいた、乳首の感度についてです。

たしかにオッパイは小さめかもしれませんが、服をキレイに着こなせてスレンダーに美しく栄えるその美体。

小さながらも男とは違って、女性らしさを強調する、良い意味でアンバランスな乳首。

とても上品でしなやかなエロさを感じますし、私はこの層も大好きです!

そんな、魅力がたっぷりのAカップ~Bカップ、実際感度はどうなっているのでしょうか?

【A・Bカップの女性の乳首感度(2018年12月 アキラ調べ:19名にアンケート)】

結果は以上の通りなのですが…

19名の女性が参加してくれていて、正直驚いたこととしては、「イクこともできるほど敏感な女性」は、かなり少ないということでしょう。

上でクレームをいれてくれた女性の言い分や、世間的に流れている貧乳敏感説はそこまで正しくないのかな?という印象です。

まあ、そうはいっても、「イクことはできないけど、気持ちよくなれる」という層は約半数いるわけで…

敏感の定義をあくまでもイクことではなく、「気持ちよく感じることができる」と考えれば、中々の人数が当てはまります。

しかし、ここで注目したいのは、「感じない」と答えてくれた女性で、以上の物と同じく約半数を占めているということでしょう。

たとえば、「貧乳=敏感」ということが体の構造的な問題だとした場合、「感じないと選択した女性が、以上のグラフでもっとも少なくなる」はずですよね。

もちろん母数は少ないので、人数が増えれば結果も変わるのでしょうけど、答えてくれた女性は基本セックス好きで経験豊富な女性です。

故に、少なくとも小さいからといって敏感だとは限らず…

以上の友人から届いたコメントを見ても、「あまり触ってもらえない。などの理由から、セックスは開発されにくい」という人はちぇるちゃん以外にもいました。

(…私はガッツリ開発して差し上げますけどね)

また、「小さいほうが気持ちいいは偏見」とも書いてくれていて、世間に流れている噂と、実際の感度は異なる物だということも言えてしまうのでしょう。

それでは、大きさがあがるほど、敏感になる物なのでしょうか?

Cカップ~Dカップの中間~大きめ層の感度について

その実態に少しでも近づくため、続いてはCカップ~Dカップの女性たちに、アンケートにご協力いただきました。

この層に関しては、中間層、人によっては大き目層としても捉えられるケースがあり、「丁度良いサイズ感として愛されている」傾向にあります。

大きすぎず、ほどよく手に収まるサイズで、多くの男性の掌にジャストフィットするため、愛撫しやすいオッパイをもつ女性たちと言えるでしょう。

バインと弾けるほどの大きさはないのですが、「オッパイを触っている!揉んでいるのだ!」という実感は絶妙に与えてくれるため、こちらも私は大好きなオッパイです!

【C・Dカップの女性の乳首感度(2018年12月 アキラ調べ:27名にアンケート)】

そんなジャストパイでもある、Cカップ~Dカップの女性たちは、触られる機会も多そうですし、「イクことはできないけど…」の人数が多めという結果

人数も27人と多くの女性が協力してくれていて、信ぴょう性はさらに高い物と言えるでしょう。

加えて、もっとも少ないのは、「あまり感じない…」という女性で、「イクことまでできる」女性が2番手ということも興味深いですよね。

それこそ、最初に紹介した巨乳鈍感説が正しいとすれば、「小さめ層よりも感じない女性の割合は大きくなる」はずです。

しかし、結果を見てみると、「全体的に小さめ層よりも感じる女性は多い」わけで、イクことまでできる女性もグッと増えましたよね。

さすがに、大きければ敏感とまでは言いませんが、少なくとも、「感度と大きさがイコールとは言えない」ということはこの時点でわかりました。

たとえば、小さめ層でも毎日乳首オナニーをするほど乳首が好きで敏感という女性もいれば…

中間~大き目層には、以上のように、感じないし愛撫されるのも嫌いという人がいたくらいです。

こうなってくると、結果はグラフのように出ていても、結局は体質や適性のような物が強い。

そして、大きくなれば触られる機会が多くなるため、開発される機会も増え、その体質や適性が引き出されやすいだけという考察に至りました

とはいえ、より真相に近づくためには、さらに大きいオッパイを抱えている女性たちの意見も、聞いてみる必要がありますよね。

Eカップ以上の巨乳~爆乳層の感度について

そこで、Eカップ以上のオッパイをもつ、巨乳~爆乳層の女性たちからも、もちろんアンケート収集してあります。

この層の魅力はなんといっても、もて余すほどに実ったその迫力!

そして大きく実った2つのオッパイには、夢と希望が詰まっていて、「男性の息子が喜んでよだれをたらしまくるほど、色気までつめている」わけです。

「おいおい!こんなに大きなオッパイ、どうやって揉むんだよ~!(エロ顔)」

という、男性が憧れを抱くほどの、見た目だけでも十分すぎるほどのエロスが、溢れて止まらないのですよ!

当たり前ですが、巨乳~爆乳層のオッパイ、私は大好きです!

とはいえ、ただでさえ見た目でも強いこの層ですがその結果は衝撃的な物でした。

なぜなら「イクことができる」という回答がパーセントだけ見ると小さめ層や中間~大きい目層と比べて最大です

【Eカップ以上の女性の乳首感度(2018年12月 アキラ調べ:20名にアンケート)】

まあ、「あまり感じない」という答えも、極端に少ないということはないですし、それぞれの数値ももっとも近いのですよね。

どういうことかというと、「それだけ感覚の偏りが少ない」わけで、「もっとも感度にバラつきがある」ということがわかります。

たとえば、小さめ層はイクことができる人が極端に少なく、中間から大き目層はイケないけど気もちいい人がやや極端に多いわけです。

しかし、巨乳~爆乳層の場合は、「10%~19%の少ない物」も「50%を超えるような物」もなく、上も下も突出していませんよね。

こうなると、「結局オッパイの感度は大きさでは決まらず、体質や適性による」ということが、感度が決まる大きな要因ということがより答えに近いと言えますよね。

だって、大きさで感度が決まるのであれば、「巨乳から爆乳層はただでさえ触られる機会も多く開発さらやすいため、感じないという回答は10%以下」が自然だと言えます。

結論

「オッパイの感度に大きさは関係なく、どの大きさでも敏感になれる可能性は秘めていて、小さい人も大きい人でも、結果オッパイは魅力的な物!」

ということで、あくまでも私個人の考察となってしまいましたが…

少しでも多くの読者様が、沢山のオッパイを愛し、そして色々なオッパイで楽しめるような、とてもハッピー考えかたをしてくれる切掛けになれば幸いです!

ただ、感度は大きさで決まる物ではないとしても、「それぞれ喜ぶ触られかたは違う」物で、コンプレックスや喜ぶポイントはサイズのよって異なるのだとか。

小さめ層が語るセックスでの触り方:「褒めながらしっかりと長めで集中的に」

そこで、それぞれの層から、「オッパイはどのような触り方をされると嬉しい、または気持ちいいのか」ということをLINEで聞いてみました

まずは最初に、小さめ層の女性(以下沙耶さん)からなのですが、クレームを送ってくれた友人をみてもわかるように、この層は比較的コンプレックスを抱えやすい層と言えます。

故に、アンケートならまだ良いのですが、LINEで実際に話を聞くとなると、とても緊張しました。

これは普段、またはアダルトな関係として触れ合う場合も同じで、どこまで話題にして良い物なのか、どういう話題なら問題ないのかなど結構ドキドキするのですよね。

故に、以上のLINEでもそうですが、普段とても仲のいい沙耶さんが相手でも、私がかなり慎重に対応していることが伝わるでしょう。

とはいえ、相手から明るく大きさに触れてくれたため、言葉選びなどでとても悩んでいた私としては、とりあえず一安心。

些細な言葉1つが実は地雷だったということもあるので、皆様も小さめ層の女性と親しくする場合は、十分にお気をつけください。

悪気はなくても、相手にとっては失礼という判断をされるケースもありますからね。

最初の難所は無事に超えることができ、さっそく質問をしていきます。

ここでも、貧乳と書けば失礼だろうと思い、できるだけやわらかいことばで、小さめという表現を一応使っています。

そこでまず、沙耶さんが教えてくれたことは、「小さめ層の女性はコンプレックスだという人が多い」ため、「否定しないこと」や「褒めること」が大切という物でした。

コンプレックスということは自信がないわけで、だからこそしっかりと褒めてあげることで、喜び、そして安心してもらうことが最優先なのです。

小さめ層に対するオッパイの褒め方!

しかし、褒めることが大切だとして、「褒め方」というのは中々に難しい物ですし、上にも書いたように言葉選びはとても重要ですよね。

そこで、実際に思い切って質問をぶつけてみたところ、「乳首やオッパイの形」などのように、大きさに関係ない魅力を探しみること。

そして、「しっかりとオッパイに対して興奮していることを伝えてあげる」ことが、喜んでもらうためのポイントなのだとか。

大きさに触れる場合でも、「小さい(大きくない)ことであるメリットをアピールしてあげる」こと、たとえばスタイルや服の着こなしなどを褒めると良いでしょう。

とはいえ、LINEでは触れていない物としては、あまり小さい好きだとアピールしまくるような方法は、オススメできません。

理由としては、「ロリコン(別に悪くはありません)趣味」だと思われやすく、小さめ層の女性は、オッパイの大きさで幼くみられることを嫌う人もいます。

ロリコン的な趣味ではなくても、女性自身が気にしているため、あまりアピールしすぎると、間違った解釈をされるリスクが高まりますので注意しましょう。

そんな時は、お恥ずかしい話私がよく使う言い回しとして、「正直大きいのって苦手で…これくらいの方が僕は魅力的だと思うよ?」というようなニュアンスが、意外と効果的です。

また、触り方のついても続けてくれていますが、ゆっくり長めに、じっくりとなどとありますが、「よりオッパイを意識できるような触り方」というイメージでしょう。

ここまでにもあったように、小さいということに対するコンプレックスが強く、敏感でも触ってほしいと言えない、興味があっても頼めないという可能性もあります。

女性からは言い出しにくく、小さいからこそ自分では中々アピールもできないとのことですし、「そこは男がしっかりと」というのは、少しドキっとさせられました。

というのも、女性の気持ちを汲み取ることも男性にとっては求められることですから、しっかりしなければという小さなプレッシャーを感じてしまいます(笑)。

とはいえ、大切なことですからね。

ぜひ沙耶さんの意見を参考に、小さめ層の女性もオッパイで気持ちよくなれるよう、男性が多少はリードするようなイメージで触れてあげてください!

中間~大きめ層が語るセックスでの触り方:「クリやキスなどほかの行動と一緒に」

続いて、中間~大きめ層の女性にも、オッパイの触り方について聞いてみたのですが、少し驚いたことがあります。

その内容は、「どの女性も、オッパイ以外の部分にもスポットを当てていたこと」で、オッパイという物に対する意識がそこまで強くないのですよね。

その内の1人が、ひまつぶしにLINEをくれたユウカさんという、以上のやり取りをしている女性です。

まず、オッパイの触り方について聞いてみたところ、「乳首は敏感でイクこともできる」としながら…

キスや耳舐め、クリなど、別部位を一緒に攻めてほしいことを、合わせて解説してくれていますよね。

小さめ層で話を聞かせてくれた沙耶さんの場合は、話が完全にオッパイ中心で、コンプレックスなども多少は影響しているとしても、自分のオッパイをしっかりと意識していました。

しかし、ユウカさんの場合は少しニュアンス違って、「乳首はなにかをしながらの、セット」という認識なのですよね。

ただ、これはユウカさんに限った話ではなく、Cカップ~Dカップの女性に聞いたアンケートやLINE、お電話などでも似たような印象でした。

良くも悪くも普通?だから自分のオッパイを意識しない?

その理由としては、ユウカさんが続けてくれたお話の中に、答えがしっかりと書かれていて…

「大きすぎる、小さすぎる場合は意識するみたい」としながら、その前の文章で、「とくに意識しない」という自分自身の感覚を解説してくれています。

また、「普通は良くも悪くも普通」とのことで、男性からすれば女性のオッパイは特別な物ですが、本人はあまり特別だという意識がないわけです。

というのも、この層の女性というのは、今回のアンケートで、「もっともオッパイに対しての悩みを抱えていない」ということがわかりました。

それこそ、巨乳~爆乳に憧れる女性がたまにいるくらいで、それでも内容としては、「せっかくならもっと大きいほうが良いかな~」程度の物です。

これに関しては、男性と女性で感覚が異なるのでしょうけど、「男性からすれば美乳が多い層で、大きさも丁度いい」というように特別視してしまいます。

しかし、女性からすれば自分についているパーツ故、「私の大きさは普通だしとくに意識しない」という感覚で、我々男性がなにを騒いでいるのか(笑)という印象程度なのでしょう。

中には、「美乳」ということを誇りに思っている女性や、自慢している女性もいたので、意識している女性もいるにはいます。

ただ、そういった、「自分のオッパイに対する、自己評価的なコメント」自体が極端に少ないということも特徴的でした。

それだけに、他2つの層と比べると、オッパイ好きな男性にとっては、オッパイだけを意識させてプレイさせることは難しいと言えるでしょう。

自らオッパイへの愛撫を制止して、他の部分を要求することも多いそうなので、ユウカさんが話してくれたように他とセットで長めの愛撫を続けるなど、工夫は必要です。

そういった努力も必要になることは、気持の面で準備をしておかないと、相手次第では物足りない印象を受けてしまうかもしれませんので、一応注意しておきましょう。

さて、コンプレックスを抱えた小さめ層、自分のオッパイへの意識が薄い傾向にある中間~大き目層と紹介してきましたが、続いては巨乳~爆乳層です。

巨乳~爆乳層が語るセックスでの触り方:「大きいからこその触り方で興奮させる」

男性からも、もっともアツい視線を集める層ですし、それこそ大きなオッパイに、大きな自信をもっているというイメージですよね。

しかし、実際は小さめ層に負けずコンプレックスを抱えている人も多く、男性の目線はもちろん、そもそも自分の大きいオッパイ自体に悩んでいる人もいるくらいです。

以上のLINEでも話を聞かせてくれているゆーちゃんもその1人で、オッパイについての気持ちいい触りかたや嬉しい話を聞いてみたところ…

まず教えてくれたのは、オッパイに対する心配と不安についてで、そういったネガティブな感情を、実は抱えていることがわかります。

男性からすれば、大きいことで悩みなんてなさそうですが、ゆーちゃんのコメント以外だと、「肩が凝るしイライラする」というようなよく耳にするような物も集まっていました。

とはいえ、「大きいということに対する自覚はある」からこそ、「揉んでいて男性が嬉しそうにしてくれる」ことや、「大きいからできる」ことなどはドキドキにつながるようです。

巨乳~爆乳層が語る、大きいからこそできること!

具体的に、まっさきにあげてくれた物はパイズリとのとで、「大きいからこそできるプレイの典型」ですよね。

そして、「普段気にしている子ほどドキドキ」とあるように、大きさを活かした特別な物だからこそ、コンプレックスが大きい人ほど安心感や自信にもつながるのでしょう。

加えて、セックス中にオッパイが激しく揺れるようなプレイで、視覚的や動いている感覚的に、興奮するようです。

まあ、大きければ大きいほど基本なにをしても揺れる物ですが、それを女性がハッキリと感じやすい物として、「騎乗位やバック」など書いてくれている物は実感しやすいのだとか。

挿入中という状況もあるでしょうし、よりエッチなことをしているという感覚が強く、興奮を引き立てるのでしょうね。

また、揺れとは違いますが同じ挿入中の体位として、対面座位など向かいあって、オッパイが密着する物も好まれるそう。

大きいからこその密着感が、自分の特別差を良い方向で捉えることができるようで、自信にもつながるのだろうということが、ゆーちゃんの文章からもわかりますよね。

以上までの内容から1つ、大きなポイントとしては、「基本的に巨乳~爆乳層が求めているようなプレイは、男性としてもしたいことや嬉しいこと」というケースが多いことでしょう。

そういう意味では、小さめ層や中間層と比較してみると、「男性と女性の間にある、需要と供給がなりたちやすい」わけです。

適度にコンプレックスも抱えているため、そこをフォローすることで喜んでもらいやすく、女性が求めていることをすれば、男性も大満足というバランスの良さと言えますよね。

一見、巨乳~爆乳層は高嶺の花という印象を抱きがちですが、実際は関係を築きやすく、楽しく満たされるセックスをしやすい相手だということがよくわかります。

まあ、中には巨乳~爆乳故に、相当高いプライドを抱えている女性もいますが、楽しみやすい相手だということは間違ないでしょう。

私自身、セフレ作りなどで使っている出会い系サイトでは、比較的に巨乳~爆乳層と出会うことも多いのですが、ずっと不思議に思っていた疑問が、少し解けた気がしました。

そもそも触られる機会は多い

そんな巨乳~爆乳層の女性たちについて、触り方という話の延長として、「そもそも触られる機会は多い」ため、「敏感になりやすい(開発されやすい)」と続けてくれています。

それこそ、潜在的に乳首が感じやすいような女性で、男性との触れ合いがあれば、「オッパイを中心に責められる率は確実に高い」はずですよね。

というのも、オッパイ好きには巨乳好きが多く、オッパイが特別好きではない人でも、巨乳は好きという男性も多いですから(笑)。

触れられることが多く、褒められる機会も経験ともに増えていくわけで、その結果、年齢を重ねれば自信にもつながるとのこと。

そして、自信と同時に、人によっては感度も磨かれていくわけですから、よりエロく進化を遂げていくのでしょう。

まあ、最後にゆーちゃんも書いてくれているように、「2人一緒に楽しむ」ということがもっとも大切なわけで…

  • 「とにかくオッパイを触ってオッパイで気持ちよく」
  • 「大きいからできるようなことをして」

という、以上のLINEでも書いてくれているようなこと、そしてここまでに解説してきたことなどは、「2人一緒に楽しむための過程」なのですよね。

結果的に2人で楽しむためには、女性が自分のオッパイで悩んで不安を抱えたままでは楽しめず、男性が女性の求める触りかたをできずに嫌がられてしまえばそれも楽しめません。

2人で楽しむという目的のために、それを達成するための過程が、以上までの内容ということなのです。

これは、巨乳~爆乳層だけに限った話ではありませんよね。

大きさなどは人それぞれですし、好みだって人それぞれですが、サイズ別で女性がくれている意見などは、どれも参考にしていただけるはずです。

オッパイの触り方や女性の気持ちなど、プレイの際に、女性と一緒に楽しむための攻略として、ぜひお役立てください。

それでは、オッパイの大きさ別に、感度や触り方などへの理解もかなり深めていただけはずですよね。

そこで続いては、そんなオッパイで自分好みの女性を探すため、「オッパイにフューチャーした出会いの方法」を続けて紹介していきます。

出会い系なら自分好みの大きさで女性を探せる!?

とはいえ、完璧に理想通りのオッパイと出会うというわけではなく、「好みのカップ数で、女性を見つける方法」というイメージです。

その方法とうのが、「出会い系サイトを使う」ことなのですが、出会い系サイトでは基本的に、女性のカップ数がプロフに表示されます。

たとえば、以上の物はワクワクメールで、女性のプロフ開いてみた物ですが、しっかりとカップ数が記されていますよね。

私の場合は、足あとをくれた女性のプロフを覗いてみるようにしているのですが…

その時の気分で、オッパイに欲望が爆発している時などは、「必ずカップの部分はチェックしてから会う」ようにしているくらいです。

まあ、あまり気にしすぎてもセックスのチャンスを逃してしまうので、固執しすぎるのも考え物ですけどね。

掲示板に書き、メールが届いたらプロフを開き、カップ数をチェックするという流れで、多少は自分好みのオッパイに狙いを定めることが可能です。

女性に対してはとても失礼ですが、一応参考程度に、以上のような方法を覚えておいてください!

それこそ、サイズ別の触り方などもポイントとして解説したわけです。

「巨乳に欲望が向いている時でも、小さめ層と会うことを事前に知っておけば、今回の内容を参考に楽しむことは可能」ですよね。

そこで新たな発見や、自分の好みが変わることだってありますし、実際に会ってセックスをし、女性が自分とのセックスで気持ちよく感じてくれれば嬉しい物です。

その辺りも含め、女性の魅力溢れるオッパイで気持ちよくなってもらえるように、大きさに関係なくオッパイで喜んでもらえるように、楽しんでみましょう!

出会い系ならオッパイで気持ちよくなれる女性、気持ちよくなりたい女性とも、出会うことができます。

また、ワクワクメール以外にも、当サイト内ではセフレ関係になれる相手に本当に会えるサイトの紹介や解説もしているため、合わせてチェックすれば必ずお役立ていただけるはずです。

この機会に、ワクワクメールやその他出会い系サイトの攻略や登録方法の記事をチェックしていただき、ぜひご登録して素敵な出会いを見つけてみましょう!

最後に

今回の記事では、オッパイという男性ならほとんどが大好きな物について、実際に女性からの意見も参考に、解説をしてきました。

正直私自身も、オッパイに対してここまで深く考える機会というのはあまりないですし、女性から色々な意見を集めて考察していく内に、よりオッパイが大好きになりました。

というのも、大きさというのはただ見た目だけの問題ではなく、それぞれの女性に心情があり、それぞれのサイズに特徴もあるわけです。

ただエッチな物としてみてきましたが、とても奥深く、あらためて神秘的なオッパイという女性の秘宝を、魅力的だと再確認できましたからね。

せっかくですから、私は近々出会い系を使い、オッパイを目指して相手探しをしてみようと考えていますので、皆様もオッパイを目指してぜひ一緒に出会い系に繰り出しましょう!

今回紹介してきた内容が、そこで出会った女性とのセックスで、活かすことができるはずですよ!

フォローする