谷九添い寝専門オナクラ「ハツコイ(初恋)かよ!」の評判や場所・裏オプション事情やお得に遊んだ体験談

今回は久しぶりにオナクラに遊びに行った体験談です。

訪れたのは谷九添い寝専門オナクラ「ハツコイかよ!」です。

何だかサマーズに突っ込まれているようなネーミングのお店ですが、今回は実際に遊びに行った体験談からお店の特徴やお勧め度合いを纏めてみました。

谷九添い寝専門オナクラ「ハツコイかよ!」とは?

「ハツコイかよ!」は大阪の谷町九丁目駅を出て直ぐの場所にある生玉ビルの503号室にあるオナクラです。

とりあえず、そのツッコミを入れているような店名にこちらがツッコミたくなりますが、本当に何でこれにしたのか、発想点がよく分からんネーミングです。

なお、姉妹店に「アオハルかよ!」という名前のお店がありますが、こっちはさらに意味不明です(実は、分かる人には分かるネタです)。

ところで、「ハツコイかよ!」は以前日本橋駅の近くで営業していた「LDK」というお店の承継店です。

LDKはリフレ店でありかなり繁盛していたのですが、警察のガサ入れが入って潰れました。

理由は、リフレなのに風俗店と同じ行為をさせていた疑いだったようです。確かに、昨今のリフレは裏オプションが横行しているので、調べられて言い開きができなかったのでしょう。実際、やっている女性はかなりいましたので。

これで店は潰れたのですが、やはりこの業界の利益率の高さが手放せなかったのでしょうか。

「ハツコイかよ!」というお店で場所を谷町九丁目に移し新しいお店がオープンしました。

ただし、リフレだと再度警察のお世話になる可能性があるので、オナクラに鞍替えして復活しています。

ただ、オナクラになると男性を発射させる必要性が出てきます。

リフレ嬢の中には男性器に触るのが嫌な女性もいると思いますので、そういった女性は働きにくくなります。

そこで、工夫したのが「添い寝専門オナクラ」という点でしょうか。

コースの中には、「添い寝コース」「お散歩コース」というヌキがないコースがあり、チン触に抵抗がある女性はこちらに属するようです。

ただ、内情を見ると大体の女性はオナクラコースが可能になっているようです。

ということで、当局に摘発されにくい業態に変えただけで、やっていることはリフレ時代と全く一緒でした。

なお、LDKが潰れた後の女性はオナクラに流れた人もいれば、出会い系でのパパ活にシフトした人もいます。女性はいつの時代もたくましく生きていきます。

「ハツコイかよ!」のレベル

女性のレベル

「ハツコイかよ!」の女性のレベルは普通ですが、ルックスはバラツキが大きく、まあまあ可愛い女性もいれば、大外れと言える女性もいます

LDK時代はかなり良い女性が多く在籍していたのですが、最近は相当パワーダウンしています。

とりわけ、多くの女性はアプリで加工してくるので、可愛いと思って会ってみるとめっちゃブス。というケースもあります(私はこれにひっかかりました)。他の店に比べて当たり外れが大きいので、相当な注意が必要です。

最近のアプリはかなり強烈なので、全くの別人と思える次元の人が出てくることもあります

外さないためには、ツイッターを事前によく見て「アプリを使わず、ちゃんと顔出しをしている」女性か、ランキング上位の女性を選んだほうが良いでしょう。

適当に選ぶのは危険です。

一般的なオナクラ店であることを考えると「ハツコイかよ!」はレベル的には物足りなさを感じました。

オナクラ店はヘルス行為(男性とのキス、肌の接触など)が無いので、私アキラのようなおっさん層が苦手、綺麗好きな女性が在籍していることが多いです。

これらの女性はルックスが良いことが多く、オナクラ・リフレ店は概してレベルが高くなる傾向があります。そういった事情を鑑みた場合、「ハツコイかよ!」のレベルは言うほど高くないので、満足度は低めです。

平均年齢は18~20歳が中心で「若い」という強みはあるのですが、それこそ近くのホテヘル:パッションスリーにも同年代の女性は多く在籍しているので若さで優位に立つわけでもありません。

オナクラですのでプレイスキルも特に意味を成しません(手で抜くだけなので)。

その割には値段は60分で14000円程度とホテヘルと変わりませんので、払った対価に十分見合うとはいい難いです。

以上を踏まえると、あまりお得なお店ではなく、一般の方に気軽に勧めれるものではないかな。と思います。

後述しますがオプション代で料金が跳ね上がるので、お金持ちの人が散財するくらいの気分で訪れるのに適したお店です。

有料アダルト動画サイトに例えると、カリビアンコムheyzo天然むすめtokyohotの上級動画のレベルには遠くおよばず、エッチな4610くらいのルックスでしょうか。

店のもてなし度合い

「ハツコイかよ!」の男性店員の接客対応は普通です。

店員さんは常時4名くらいおり、そのうちの2名に応対してもらいましたが、愛想が凄く良い人が1名、スカしたにーちゃんが1名で、きれいに良い/悪いが分かれました。

そのため、中間を取って「普通」としました。

なお、電話をかけても店名は名乗らず「はい」とした言いませんので、「予約したい」と伝えその後女性の名前を告げる形になります。電話対応も微妙なことが多いので、あまり丁寧さは期待できないかと思います。

「ハツコイかよ!」の標準・裏オプションの内容と金額

標準オプションについて解説

「ハツコイかよ!」にはオプションというものがあります。

「ハツコイかよ!」はオナクラですが、ルールとして以下のような制限があります。

ルール

  • 男性から女性に一切触れれない
  • フィニッシュは手コキのみ

ただ、店側があらかじめ用意しているオプションを利用するとある程度の行為が解禁されます。オプションは10程度あり表に纏められています。

お店から女性とホテルへ移動する際に女性が持参しているので、ホテルに入った際に表を見て内容を選び、追加した上で遊ぶことになります。

ますが、主に利用するものとして以下の4つが挙げられます。

オプション例

  • フレンチキス:1000円
  • ディープキス:3000円
  • お触り:5000円
  • 生フェラチオ:10000円

普通のホテヘルと同じように、キスをして触れてフェラをしてもらおうとする場合は、以下の金額を追加すれば可能となります。

ディープキス+お触り+生フェラチオ = 18000円

これはあくまで追加分なので、

基本コース料金60分:14000円+一般的なヘルスと同じにするオプション代:18000円=合計32000円

がかかることになります。

…明らかに割り高ですよね。それでいて、それほどレベルも高くないと。

うーん、これで通うか?、と悩むところでしょう。

同じ谷町に「谷町ラブ」というルックス最強でNS本番が同じ料金で出来るお店があるのに「わざわざオナクラにこの金額を出すか?」とコスパだけを考えると相当な微妙感を覚えます。

裏オプションについて解説

裏オプションとはお店側も認めていない女性個人が判断して実施しているオプションです。

リフレで行われる場合は、これが手コキ、フェラチオ、本番(セックス)に該当します。

「ハツコイかよ!」の場合は、手コキ、フェラチオまでは店側が用意しているので、本番(基盤ともいう)が裏オプションに当たります。

女性に聞いてみたところ、入店時に「客と本番はしないように」と言われるそうで、これをきちんと守っている女性は一切応じません。

守っていない女性もそれなりにいますが、半分くらいは応じないと思っていたほうが良いでしょう。ランキング上位は絶対やっていると思いますが、詳しい話は爆サイ掲示板を見れば大体分かるのでここでは触れません。

本当に真面目な女性は、本番をしつこく迫られた場合は、その客を店側に報告しているようです。

お店側は客の情報を管理しているそうで、執拗に迫ると危険客の烙印を押され、そのうち出入り禁止になります。

中には断られても40分間言い続けた客もいたそうで、その女性にNGにされていました。他の女性からも同様の報告が上がると、出禁になりそうですね。

このような状況なので、手軽にエッチしたい人には全く向いていないお店です。

オプションがないと女性はあまり稼げない事情

リフレ店やオナクラ店にオプションが付物ですが、女性側もオプションを付けるよう打診してくることが多いです。

この理由ですが、女性の給料はホテヘルと比べて低く、オプションをつけないと稼ぎが少ない。という事情があるからです。

例えば、60分コースの場合、女性がもらえる給料は4000~5000円程度です。(水着コースだともう少し高いです)

月間の指名本数が増えランキング上位に入るとプラス2000円くらいが付くのですが、そこに入れない女性は上記の給与で働くことになります。

ただ、オプション代については「全額女性の手取り」になるので、女性が稼ぐためにはいかにオプションを付けるかがポイントになります

このことから、女性は店側が許容しているオプションは勿論のこと、自分自身で提案する裏オプションを付けることで稼ごうとしています。

中には、NSで中出しさせる代わりに5万円程度を要求する兵もいます。

東京の秋葉原に行った時に、やたらオプションをせがむ女性に閉口した記憶がありますが、このような事情があるからなのですね。

「ハツコイかよ!」の行き方

「ハツコイかよ!」は大阪の谷町九丁目駅3番出口を降りて、徒歩1分の生玉ビルの503A号室になります。

この坂を少し下ると直ぐに生玉ビルがあるのでそのまま中に入ります。

お店の名前は全く出ていませんが、5Fに「ハツコイかよ!」が入っています。以前はアニヒロが入っていましたが、アニヒロは現在別の場所に移動しています。

生玉ビル自体は税理士事務所や中小企業が普通に入居しており、管理人さんもいるというしっかりしたビルです。1980年10月に出来たビルですので、かなり古いです。

そのままエレベーターで上へと上がります。

エレベーターを降りると閑散としたフロアへと着きます。

年季の入った建物で、夜に来るとちょっと怖いです。

なお、普通の会社も入っているようです。

非常階段から外も見えました。

そして、503A号室が「ハツコイかよ!」の入り口です。

左側は別の風俗店「元祖!四つん這いアナル舐め専門店 マダムン谷九」ですので、人妻アナルを楽しみたい場合はこちらにいきましょう。

店に着いてからの対応

入り口を入るとすぐに受付があり、店員さんが中から出てきます。

予約している場合はその旨を伝え、していない場合は店頭に置かれたパネルから女性を選びます。

LDK時代ほど流行っていないので、フリーでも少しの待ち時間で遊べると思います。

先述の通り、かなりのパネマジをかましてくることがあるので、ここで可愛いと思っても実際に会うと凹まされることが多々あります。

女性を選んだ後は、奥の待合室で待ちます。

部屋は広くはありませんが、4~5人が座れるソファーと普通の椅子が2つあり、タバコも吸えるようになっています。

外の眺めはなかなかに絶景なのでおすすめです。

壁にはツイッター登録用のバーコードなどが貼られているので、スマホをお持ちの人は登録しておくと良いでしょう。

禁止事項が五箇条のご誓文の如く列挙されています。これを見ると、外国人の方は利用できないんですね。

この文章はLDKでもありましたし、これまた潰れましたが系列のP君とJKにもありました。

P君とJKもLDKの摘発時に潰れているので、同時に警察にやられたのでしょう。こちらも名店でしたので残念です。

ルックス残念だが感度が良い女性と結果的に無料で色々やったプレイ体験談

今回は最初に言っておきますが、ルックスはかなりの外れを引きました。

ただ、プレイ内容はまあまあ良かったので総合的に見ると満足度の高い結果となりました。

待合室で待っていると、店員さんに呼ばれます。

「エレベーター前で女性がお待ちです。お時間までごゆっくりお楽しみ下さい。」

お礼を言ってエレベーター前まで行くと…

……あ、やられた…

パネマジ60%くらいのきつい女性が出てきました。

ここまで豪快にパネパジを喰らったのは本当に久しぶりです。

…全然違うじゃねーか。

どこをどう変えたらあのパネルになるのか…

ルックスは激安店レベル。むきたまごやんちゃな子猫ギャルズパッションなどで出てきたら地雷扱い。

出会い系サイト割り切りで出てきたらブッチして逃げるレベルです。

長年、pcmaxワクワクメールハッピーメールを使ってますが、このレベルはそうそういないぞ…

LDK時代は良い女性が多かったのに、ここまでレベルが落ちたのか…

美少女系オナクラで売るなら、面接でちゃんと絞れよ。と憤りを覚えました。

もうここで帰りたかったのですが、話をすると性格は優しく気遣いも出来る良い人だったので、気分を入れ替えて楽しむことにしました。

ホテルに着くと、しばし談笑

どうやら業界未経験のようで風俗求人から何となくこのお店を選んで面接を受け入店したようです。

「ハツコイかよ!」は女性が制服を持参しているので、まずはそちらに着替えてもらいます。

女性はシャワーを浴びませんが、男性は女性が着替えている間に浴びることになります。

シャワーを浴びて戻ってくると、そこにはセーラー服を纏った女子高生が待っていました。

ルックスはイマイチですが、おぼこい感じなので、ほんまもんの女子高生とエッチするみたいです。踏み込まれたら、援交の現場にしか見えませんな。

そのままベッドに誘導し自然な流れで体に触れ、胸をまさぐっていきます。

女性「…はははん、きもちいい…」

あまり男性慣れしていないと言っていましたが、素質はかなりあり。体の色々な部位を優しく撫でていくと、悩ましく反応してくれます。

そして、口を近づけると女性側からディープキスをしてくれ、甘い味が口内へと広がりました。

ルックスは微妙ですが、目を閉じて「これは広瀬すずだ。絶対に広瀬すずだ。」と言い聞かせながら、淫靡なひと時を過ごします。

(なお、もうあまり出勤していませんが、この店にいるすずという女性はLDKでNo.1だった女性です)

と、ここで普通にプレイをしてしまいましたが、本来これはダメです。

先述の通り、触れるにはオプションが必要になりますので、最初に「オプションを付ける」旨を伝える必要があります

大分感度は良く、少しまさぐっただけで下もトロトロになったようで、これは押せばいけるのではないか。というところまでいきました。

…ただ、やっぱり見た目がなぁ…

ドスケベな私ですが、別に穴があったら何でも入りたいわけではないからなぁ…

このアキラ、無類のSEX狂ではありますが、相手はきちんと選んでいるのです。

そもそもオナクラに来たのですから、それに合った楽しみにしときましょう。

ということで、オイタはせずに、オナクラプレイで抜いてもらうことになりました。

ここで、

アキラ「フェラで抜いてもらってもいいですか?」

女性「…あ、お金かかっちゃいますけど」

とやり取りがありました。これが先に述べたオプションのことです。

持ち合わせが無かったので、結局手コキで抜いてもらうことにしました。

正直、このルックスだとなかなか勃起しなかったのですが、

  • ディープキスをしつつ
  • 豊満な胸をまさぐりながら
  • お互い抱き合って

という、なんともエロスな状態に持ち込み、気合で頑張ります。

たとえ、ブスでもこれはイケる

などと失礼な念も唱えつつ、15分かけて発射しました。

…パネマジ60%でも何とかイケたな。

我が息子もまだまだ戦えるようです。

などと少し失礼なことも思いましたが、結果だけ見ると満足度は高いプレイになりました

さて、ここで驚きの展開です。

女性「実は、最初にオプションどれを選ぶか決めないといけなかったです…」

アキラ「あれ、そうなんですか?」

女性「はい、キスもお触りも実はオプション代がいるんです…」

アキラ「…はあ」

女性「でも、今日、オプション表持ってくるの忘れちゃって…」

と、ボッタクリバーで後で請求されるパターンを言われました。

おえー、今日持ち合わせないんですけど…

結局、今回は女性側が言わなかったことと、表が無いので女性も料金が分からん、とのことでオプション代は無料になりました。

少し悪い気もしましたが、次回は事前オプションをつけて楽しみましょう。という約束をしてホテルを後にしました。

ルックスは微妙でしたけど、性格はとても良く、プレイも良かったので、満足度はかなり高い結果となりました。

ルックスの良い女性を選べば、それなりの満足度は得られるお店かも知れません。

なお、オプション事情を聞いてみたのですが、ほとんどのお客さんはディープキス・お触りを付けるので、遊ぶ際は大体プラス10000円近くはかかるようです。

つまりは、オプション代を加味すると平均して20000~40000円くらいになってしまいます

総合評価

名店LDKを承継したお店「ハツコイかよ!」

LDK時代よりは明らかに落ちていますが、まあ悪くも無い。という結果になりました。

この店で遊ぶ際のネックは支払う料金の総額の高さでしょう。

基本コースだけだとエロいことはほとんどできないので、スケベ心を出すとオプションを付けざるを得なくなります。そうなると総額30000円近くになるので、相当コスパは悪くなります。

もう少しレベルが上がってくれば、この額に十分見合うようにはなると思います。私アキラはしばらくの間様子を見て、良くなってきた際に再び遊びに行こうかなと思います。

なお、同じ谷町地区には他にもおすすめのヘルスがありますので、併せてご覧頂けますと嬉しく思います。