カンボジアはプノンペンのホテルラグジュアリーワールドにあるマッサージパーラーで女性とエッチした体験談

Pocket

今回はカンボジアのプノンペンに行き、ホテルラグジュアリーワールドというホテルにあるマッサージパーラーで遊んできました。

ホテルラグジュアリーワールドは宿泊可能なシティホテルですが、2Fでガラス張りの部屋にいる女性の中から一人を選びマッサージを受けることができます。

体裁上はただのマッサージ店ですが、実は女性と直接交渉し、個別にお金を支払うことでエッチが出来ます。

女性側もこれでお金を稼ぐことを目的としているので、積極的に誘ってきます。

実際に行ってみましたが、女性は30人近くいますが、選べるレベルの女性は1、2人程度でした。

エッチの料金は、相場は$50くらいらしいですが、女性の言い値は意外と高いので、交渉負けすると高めの料金を払わされてしまいます。

女性を見るだけでそのまま帰ることもできますので、とりあえず行ってみて微妙なら帰る。位の気持ちで訪れると良いでしょう。

この記事では管理人のアキラが実際に遊んだ体験談から、お店の概要や女性とエッチする流れを解説します。

ホテルラグジュアリーワールドとは?

ホテルラグジュアリーワールドはカンボジアの首都プノンペンにあるホテルです。

「ホテルラグジュアリーワールド」というゴージャスな名前ですが、路地を入った目立たない場所にあり、外観も古ぼけています。

夜になると当たりは暗くなり、かなり寂しい雰囲気になります。

以下の写真は実際に撮ってみたものですが、月の光も相まって、妖怪が出来てきそうな雰囲気になりました。

そんな妖怪が出そうなホテルですが、2Fにはエッチなことが可能なマッサージができるという、実はピンクスポットです。

ホテルラグジュアリーワールドの営業時間

ホテルラグジュアリーワールドは各種予約サイトから宿泊予約ができ、1泊2000~4000円程度でした。

クチコミがあったので見てみましたが、マッサージについて言及している人も散見されました。

ホテルの詳細にはさすがにマッサージについては書かれていませんでした。

ホテル自体は24時間開いていますが、2Fにあるマッサージは大体朝の10時くらいからやっているようです。

営業時間

10:00-23:00頃(?)

私は月曜日の16時に行ってみましたが、平日の早い時間帯でも30人近くが出勤していました。

早い時間からお店が開いているため、昼間から抜きたい人にはうってつけです。

ホテルラグジュアリーワールドの女性のレベル

ホテルラグジュアリーワールドの女性のルックス・スタイルレベルはやや低い~普通かと思います。

出勤している女性は多く20~30人と多いのですが、全体的にルックスはあまり良くなく、平均年齢も高めでした。

「遊びたい!」と思える女性は1~2人いれば良い方で、目が肥えた人だと誰も選べないでしょう。間違っても、タイのゴーゴーバー:ナナプラザのレインボー2やレインボー4にいるような美少女は出てきません。

https://www.world-of-dawkins.com/fuzoku/kaigai-fuzoku/thailand/rainbow4
ただ、悪く見えてしまう大きな理由に「着ている制服があまりにもダサい」というものがあります。

女性は共通の制服を着ているのですが、これがプールの清掃員みたいなダサさで色気も何もあったもんじゃないです。

ドレスを着て化粧をしっかりしていればまた違って見えると思うのですが、服のせいで損をしていると感じました。

なお、女性の国籍はカンボジア・ベトナムの2つになりますが、着ている制服の色が異なります。

青い制服はカンボジア、ピンクの制服はベトナムになりますが、見たところ、カンボジアが8割、ベトナムが2割くらいでした。

サービスについては普通です。

女性はエッチをしてお金を稼ぐことを主目的に働いているので、マッサージのみを選択した場合機嫌が悪くなります。

エッチする場合も、基本的にはキスなし・フェラなし、手コキで勃たせてゴム本番となりますので、サービスのバリエーションはありません。

ただ、挿入後は盛り上がってくれる女性は多いので、エッチの満足度はそこそこかと思います。

個人的な経験ですが…

東南アジアの女性は、最初は不愛想でも、いざエッチとなるとスイッチが入り盛り上がってくれるタイプが多いです。

ホテルラグジュアリーワールドも同じ印象を受けました。

ルックスに関しては、マッサージをしてくれる女性のレベルもあまり高くなく、そのへんのおばちゃんに近い女性も混ざっており、何とも微妙でした。

レベルをセフレ募集に使える日本の出会いアプリのyycハッピーメールワクワクメールpcmaxなどの女性と比べると低い程度です。

https://www.world-of-dawkins.com/sefure

有料アダルト動画サイト無修正AV動画サイト東京熱素人系AV動画サイト天然むすめ人妻熟女AV動画サイトエッチな0930パコパコママAV女優系動画サイトカリビアンコム中出し動画サイトheyzo盗撮系動画の作品に例えると低いレベルでしょうか。

https://www.world-of-dawkins.com/sirouto-kojin-satuei/yuryou-adult

ホテルラグジュアリーワールドの場所と行き方

ホテルラグジュアリーワールドはプノンペンのほぼ中心にあります。

交通量が多い場所で電車などは通っていないので、車やトゥクトゥクで向かうと良いでしょう。私は宿泊しているホテルから徒歩圏だったので歩いて向かいました。

大きな道路から1本路地に入った場所にホテルラグジュアリーワールドは建っています。

中は薄暗く、受付にはおばちゃんが退屈そうにしているのみ。

特に声もかけられないので、自分から話しかけて「マッサージ」と尋ねると、2Fに行くよう言われます。

階段を上がるとガラス張りの部屋の前に立ち、女性を一人選びます。

女性を選ぶと、マッサージ料として$10を請求されるので、受付にて支払います。

お金を支払った後は、選んだ女性と一緒に右手にある階段から上の階に上がり、指定された部屋に入りマッサージを受けます。

$50で色白スタイル抜群ロケット巨乳のベトナム女性とエッチできた体験談

先日のソウルゴールデンシティが思ったよりも良かったので、今日は別のマッサージパーラー:ホテルラグジュアリーワールドに行ってみました。

https://www.world-of-dawkins.com/fuzoku/kaigai-fuzoku/cambodia/soulgoldencity

こちらのお店もYouTubeや諸先輩のブログに詳細があったので、参考にさせて頂きました。プノンペンの風俗情報は海外ブログでも結構拾えるので、英語で検索するとより色々なお店を知ることができます。

正直、あまりレベルは高くないと聞いていますが、実際どうでしょうか…

階段を上がると、スーツを着た女性が話しかけてきてます。

女性「マッサージ?」

アキラ「Yes」

女性「Here」

と、指さされたガラス張りの部屋を見ると…

ええ…、3人しか女性がいない…

平日の16時くらいだったので早すぎたか…

と一瞬凹みますが、続々と室内に女性が集まり総勢30人ほどになりました。

ああ、良かった…

そして、肝心のレベルですが…

うーん、あんまり良くありません。

年齢は20代後半以上が中心。時々20代前半~半ばの女性がいる感じでしょうか。

おお~!、これは即指名!

と思えるタイプはおらず、普通に帰っても良いレベル

ただ、これ。明らかに服装で損をしている感があるのですよね。

だって、プールの清掃員みたいですもん。こりゃあ、良く見えるはずがない。

悩んでいると、現地カンボジア人と思わしき客が3人やってきて、同じく品定めをはじめました。顎に手を当てて見つめる様はまるで骨董品屋。

うち2人はそのまま帰ってしまいましたが、1人はカンボジアの女性を選んで一緒に上の階に去っていきました。

ううむ、先を越されてしまった…

初見だとどうにも選べないので、じっくり一人一人を見て分析していきます。

ルックスはエキゾチック系がほとんどで可愛らしい雰囲気の女性は皆無。全体的にちょっと太めで、スレンダーな女性が散見される感じでしょうか。

カンボジアの女性は全体的にちょっと厳しいです。

ただ、ベトナムの女性は色白で細めの娘もおり、これはなかなか良さそう!

その中でも特に整っていた、女性を選ぶことにしました。

後ろの愛想の悪いおばちゃんに番号と伝えると、おばちゃんの号令と共に室内の電気が消灯。女性陣は待機室に去っていきました。

中から出てきた女性に連れられ、部屋に行きます。

なお、「英語は少し分かる」と言ってましたが、ハローレベルでした。

部屋に入り椅子に座ると、女性がにこやかに話しかけてきました。

女性「マッサージ、ジキジキ?」

ジキジキは東南アジアではセックスの意です。

アキラ「Yeah, ジキジキ」

女性「Oh, OK」

ジキジキと伝えると女性は嬉しそうに微笑みます。

そして、ここからがホテルラグジュアリーワールドの醍醐味。価格交渉です。

アキラ「How much?」

女性「ん~。How much?」

こちらの問いかけはかわされ、私がいくら払うつもりでいるか逆に聞かれました。

自分は敢えて言わないことで、探りを入れているのでしょう。

アキラ「50」

女性「NO~」

$50と伝えると、女性の表情は曇ります。

アキラ「How much?」

女性「$100」

…おおっと、$100ですか…

バービア通りにいる可愛い女性でも言い値は$100なので、相当に吹っ掛けられていると思われます。

私が引き笑いの表情をしていると、80まで下げてきました(これでも未だ高いです)。

アキラ「$50, No?」

女性「NO~」

アキラ「$60 ?」

女性「NO~」

相場価格は$40~50くらいと聞いていましたが、金額を言い合ったところで恐らく相場価格まで落ちにくいのでしょう。

さてさて、実はこうなることを予想していた私アキラ

お金を持っていないことを強調して折れてもらうため、財布にわざと$50弱しか入れてきませんでした。

アキラ「Oh~, I have only $50」

女性「$70!」

アキラ「I have only $53」

通じないので、財布を出してきてフルオープン!、全財産を見せつけます。

本日のアキラの全財産:$53とちょっと

アキラ「All my money…」

ええ~、マジぃ…?

みたいな空気が流れました。

日本人はもっとお金を持っていると思ったのでしょう。拍子抜けの表情でスッカラカンの財布を見つめています。

アキラ「I have only $53」

女性「OH~」

アキラ「…ブンブン、OK?」

女性「NO~」

え~、どうしようかしら~、みたいな表情の女性。今回は無理かなぁ…

アキラ「OK…」

諦めてマッサージだけにしようとすると、

女性「OK^^」

仕方ないわねぇ~、みたいな顔でニコっと笑う女性

アキラ「Oh, really?」

女性「Yes」

アキラ「ブンブン?」

女性「Yes,ブンブン。OK!」

おお~、なけなしの$53で交渉が纏まったぞ!

特段安くなったわけではありませんが、お店の女性陣の中では可愛い方だったし、私的には大満足の結果です!

そして、値切ったにも関わらず女性はなぜか少し嬉しそう。

さっきまでグズっていたとは思えないくらいご機嫌の女性に促され、まずは私一人でシャワーを浴びます。

なお、シャワールームに行くときは財布や貴重品を必ず持っていきましょう。置いていくと、お金を盗まれる可能性があります。

シャワールームに入って絶句

レンガの壁で覆われた窓1つないシャワールーム…、こんなの初めて見ましたわ…

ボディソープ落ちそうやし…

シャワーを出ると、女性は相変わらずニコニコ

言い値の半分しか出さなかったのに(出せなかったのに)、愛想良いっすね…

女性はシャワーを浴びないので、そのまま服を脱いでプレイに入りますが…

おおおおお!!!

めっちゃ綺麗!!!

白人顔負けのスベスベで色白のボディ

綺麗でホクロの1つも見当たらない!!

スタイルも良いぞ!!!

そして、さらにド肝を抜いたのは

その お乳

めっちゃ形良い!綺麗!

入れ乳を疑う次元で重力に逆らっている!

マジンガー顔負けのロケット乳!

いやー、これはすげぇすげぇ

カンボジアに来てロケットを見るとは思わなんだわ

地球は青かった、ならぬ、乳は白かった!

アキラ「Yeah, beautiful ! Saāto!!」

一人で盛り上がりまくる私

女性は満更でもないのか、嬉しそうにニコニコ

よっしゃ、自然な流れで場を温めたぞ。

後は、我が息子を温めてもらって合体あるのみじゃ

しかし、前日2発ヤってまして、本日は精力剤や精力ドリンクのドーピングもなし。さらに言うと、バービアで3杯もビールを飲んだせいか、二日酔いでちょっと頭が痛い(私は酒に弱いです)。

手コキが始まりましたが、果たして勃つのか…

女性「Oh~~!!」

杞 憂 で し た

ロケット乳を見て我が息子も直ぐにロケットと化しました。

すると、どこからともなくゴムが取り出され、私のロケットに装着

女性「カモン!」

女性はそのままベッドに横になり、正常位のスタイルで誘惑されます。

グッ…

前戯も仕込みもないので、アソコは超キツイ…

女性も少しつらそうなので、痛くしないようにゆっくりと進めていきます。

コツ…

やがて子宮の奥へと到達し、二人の体がソっと重なります。

…ああ、すげぇ、すべすべ…

ベトナム女子って、真っ白な肌の女性が結構多いんですよね。

そして、その質感は半端なく良い。欧米諸国に負けていないです。

ベトナム女性を未だ抱いたことがない方は、絶対にチャレンジして頂いた方が良いです!

意外と巨乳も多いですし!

グッチョリと濡れてきたところで今度は騎乗位!

お~、予想通り揺れる揺れる!

ただ、張りがあるから重力にガッツリ逆らってますね~、これは立派!

そして、最後は正常位の姿勢になり…

ドクドクっと発射!

美巨乳ベトナム人女性でガッツリ発射!!

おお~、良かった良かった…

$50は安くはないですけど、可愛かったし良いでしょう。

女性「Yeah~, good~」

女性も満面の笑み。大分ケチったのですが、プレイは大満足で応対もめっちゃ良かったですね。

アキラ「Thank you, thank you!」

想像以上に寄ったので、土下座の姿勢でお礼を述べましたが

女性「Oh~, stop!, stop!」

「そんなに畏まらないで下さい」と止められました。いやー、擦れてなく本当に優しい人だったのでですね。

そして、シャワーを浴びて先ほどのガラス張りの部屋まで見送ってもらいました。

いや~、思ったよりも良かったぞ!

また、機会があれば見に来てみようかな。

総合評価

カンボジアはプノンペンにあるマッサージパーラー:ホテルラグジュアリーワールド

レベルは高くはなく、値切っても$50は必要なので、あまりコスパは良いとは言えません。

私が行った際は地元のお客さんも数人来ていましたが、女性を見て帰っている人もいました。無理に選ぶ必要はないので、

  • 「時間があれば、ちょっと覗いてみる」
  • 「可愛い女性がいたらラッキー」

くらいの気持ちで訪れるのが良いでしょう。

私個人は、$50でスタイル抜群のキレイ系、しかも話してみたら愛想も良いベトナム人にお相手してもらえ、大満足でした。

しかし、カンボジア女子も良いですけど、やっぱりベトナム女子も綺麗で良いですね。

ベトナムと言えば、ホーチミンの風俗では思わず惚れそうになるほどの女性と会ったこともありますし、相性が良いです。

https://www.world-of-dawkins.com/fuzoku/kaigai-fuzoku/vietnam/queenbeespa

久しぶりにホーチミン行ってみようかしら…

こちらの記事もいかがですか?