援助交際はなぜ危険なの?男女に聞いたトラブル事例・怖い体験談


男性側がお金を払うことで、気軽かつ手軽に出会いやセックスを楽しむ「援助交際」という関係があります。

しかし、この援助交際という関係、男女双方からの視点でトラブルも多く、その気軽で手軽

な内容やイメージに反して、「正直オススメしたくない関係」です。

今回はそんな援助交際の現状や内容を知ってもらうべく、具体的には以下のような内容で、援助交際についての解説を進めていきます。

この記事でわかること

  • 援助交際の特徴や援助交際が出会い系サイト・アプリで禁止されている理由
  • 援助交際で男女それぞれが実際に経験したトラブル
  • 援助交際よりもセフレを目指せる出会い系サイト・アプリ4選
出会い系サイト・アプリを使う前提のノウハウですが、間違いなく覚えておけば快適に活動するための情報として活きるはずです!

男女双方にとって有益な情報ゆえ、ぜひ出会い系サイト・アプリを使う際の攻略に、お役立てください。

援助交際ってどんなもの?「男性が女性にお金を払いセックスする行為」

それではさっそく、援助交際についての基本情報で、「援助交際って物なのか?」について解説します。

とはいえ、そこまで難しい定義や概念はなく、「男性が女性にお金を払ってセックスする行為」が、援助交際です。

近い関係として、「男性がお金を払いますが、体の関係は基本的に前提としないパパ活」で、女性が男性にお金を払う関係は、逆援助交際やママ活などと呼ばれています。

特に、この某感染症が蔓延している状況下では、生活に困る女性が続出しており、パパ活が異様に流行っています。

私アキラも、出歩けない暇つぶしで出会い系をかなり使っていますが、バイトが無くなってパパ活を始めた女性を結構見かけました。

ただ、体の関係なしでのパパ活を受け入れる男性は少ないので、結果的にパパ活と言う名の援助交際となっているケースが目立ちます。

また、最近は純粋な援助交際よりも、「風俗関係者などが援助交際を装って活動する」ケースも多く、出会い系サイト・アプリでは「業者」などと呼ばれ避けられる存在です。

私は普段援助交際ではなくセフレ探しをすることが多いため、業者などはもちろん、「援助交際ユーザーとも出会わないよう活動」しています。

援助交際ユーザーと出会っても、「結局お金だけが目的なことも多い」ですし、「とりあえず身体は許すけど早く終わらせようとする女性も多い」ため、時間のムダです。

文句なしで、デリヘルやソープランドピンサロなどの風俗で遊んだ方が、援助交際よりも圧倒的に「エロを楽しめる環境」と言い切れます。

援助交際でお金を使うよりも、風俗の方がサービスや女性の質は高いことも多いですし、「お金を払ってまで行う価値」はかなり低いといえるでしょう。

そんな私の風俗体験歴は以下のように膨大になっています。

援助交際を否定する大きな理由「そもそも出会い系サイト・アプリで禁止!」

もう1つ、私が援助交際を否定する大きな理由が、「そもそも出会い系サイト・アプリで禁止」されており、それを破って行うほどのメリットも感じないからです。

風俗を除いて、エッチしたい、セフレが欲しいなどと考えた時に、色々な方法が想定されますよね。

ナンパや紹介、合コンや街コンなどは筆頭ですが、最近はその手段も豊富です。

しかし、出会い系サイト・アプリよりも効率的かつ安定的に、成功できる場所や方法はありません。

それなのに、わざわざ禁止されていることをしてまで、せっかくの最高に成功できる環境を、自ら手放す方が勿体ないですよね。

ゆえに、私は援助交際の募集はしませんし、そういう連絡が届いていた場合もスルーしています。
禁止ワード具体的な例(援助交際用語や隠語)
金銭のやり取りを思わせる文章
  • 1万円などの金額を示す物
  • 苺、いちごなど、諭吉〇枚など、間接的に金銭をアピールする隠語
  • ホ別(ホテル代と別に)など、金銭につながる隠語
援助交際を思わせる文章
  • 円や縁、園に援など、短縮や隠語として援助交際目的を伝える物
  • プチやヌキのみなどと書き、隠語として軽い援助交際を感じさせる物
  • サポ、サポート、お助け、などの援助交際を間接的に伝える隠語
  • 割り切りなども、援助交際と考えられるケースが多い
  • 大人の付き合い、条件などの文言も、援助交際と判断されやすい

加えて、実際にどのような形で禁止されているのかというと、以上のような「金銭や援助交際につながる文章」を、「掲示板へ投稿すること」が禁止です。

書き込んだ場合、出会い系サイト・アプリによっても対応は変わり、「投稿が削除」されるケース、「禁止ワードだけ消されて意味不明な文章で残される」ケースなどがあります。

ただ、メッセージには確認が回らないようで、以上のような用語や隠語を含むメッセージが出会い系サイト・アプリで届いた場合は、要注意です。

なぜなら、その相手は「援助交際前提で出会おうとしているから」で、最悪の場合援助交際だからこそ遭遇するトラブルに巻き込まれ可能性があるのですよね。

そこで、ここからはそんな援助交際のトラブルについても、男女それぞれの視点で紹介していきます!

男性が経験した援助交際のトラブル2選

まず、男性が経験したトラブルとしては以下の通りです。

男性が経験した援助交際のトラブル2選

  • 援助交際を装う風俗業者に遭遇する
  • 警察や裁判沙汰など人生をかけたトラブル

1つは私自身が経験してしまった物、もう1つは友人が教えてくれた物で、どちらもかなり厄介なトラブルです。

男性は立場として、援助交際ではお金を払う側だからと、なぜか「自分は大丈夫」だと考える人もいます。

しかし、実際は男性もトラブルに巻き込まれる可能性はあるため、注意が必要です。

トラブル1「援助交際を装う風俗業者に遭遇する」

1つ目のケースは、「援助交際を装う風俗業者に遭遇する」という物で、実際に私はこのトラブルに巻き込まれました。

定番の手段としては、援助交際を装ってメッセージを送信しつつ、「最初だけ2万円ほしい」や「信用料としてお金がほしい」など、ウソでアピールしてくる物です。

私は幸い定番の物に引っかかるケースはほぼありませんが、「1回払えばセフレゲットだ!」と思う初心者を狙い、風俗業者なのに援助×セフレを想像させてきます。

これなら正直、メッセージでお金についてアピールしてきた時点で、切ればいいだけの話しなので、回避も簡単です。

ゆえに、以上のようなケースはまだマシなケースと言えるでしょう。

しかし、もっとも厄介なのは、「会ってからお金を要求」され、「手段を選ばず払わせようとしてくる風俗業者」です。

たとえば、メッセージのやり取りでは一切お金について触れず、会ってセックスが終わってから、「アラームがなり相手のスマホに電話(お店から)がかかってくる」のです。

そして、「いくらお願いね?」と、明らかに違法では?と思わされつつも、「うちのバックには怖い人がついているけど?」なんて脅し文句が発せられます。

そもそも、これほど卑怯な方法を使い、お金を得ようとするくらいなので、人間としても終わっていることは前提です。

それでも、直面するとどう足掻いても納得できません!

警察に突き出してやろうかとも思いますし、許せない気持ちしかありませんが、幸い以上のケースでは、相手がお店含め納得してくれたため丸く収まりました。(通常そうはいかない)

では、どう回避すれば良いのか?といえば、プロフと掲示板の投稿双方に、「援助や業者は即各方面に通報します」とアピールしています。

それだけでも、実際かなり大きな効果があって、あきらかに援助交際や業者のユーザーから足跡は届いても、メッセージが届くことはほぼなくなりました!

会ってからの卑怯な行いも、「通報される」とアピールしている相手を、わざわざ狙っても相手は損でしょうから、寄り付かなくなるのですよね。

この辺りは、少しでも快適に出会い系サイト・アプリを利用するためにも、ぜひ参考にしてご活動ください。

トラブル2「警察や裁判沙汰など人生をかけたトラブル」

2つ目のトラブルは、「警察や裁判沙汰など人生をかけたトラブル」で、これも援助交際で起こりやすいトラブルなのだそう。

(確認された側だったのに→情報を確認された、が正解だそうです)

コメントのポイントを整理

  • お金を払ったのに、会社にお金を払ってくれなかったと連絡があったけど、ギリギリ首にはならなかった
  • カバンを漁られ、スマホや財布、社員証(不注意)から情報を取られた
  • 最終的に相手は折れたけど、もっと大きなトラブルへ発展することも

以上のコメントを見ると、かなりの恐怖体験といえ、「会社に連絡」なんて人生が台無しになる可能性もありますよね。

もちろん、大前提として、コメントをくれた友人も反省していましたが、「援助交際をしなければ済む話し」でもあります。

援助交際で、お金を求めている女性とお金が前提の出会いに進んだからこそ、「それでは金銭的な面で満足しなかった女性に脅された」という結末だったそうですからね。

お金を求められた時点で断れば、こういった詐欺からお金をだまし取られる、貶められるようなリスクは回避できます。

実際に私がそこまでのトラブルを回避している理由も、その辺りの立ち回りを意識しているからです。

しかし、被害にあったのはあくまでも男性で、そこは紛れもない事実だと言えます。

不注意があったとしても、こういった冤罪をか被せてくるような行為は、絶対に許せる物ではありません。

ゆえに、私は援助交際がオススメできないと考えますし、こうやって解説しているのですよね。

たとえば、同じ出会い系サイト・アプリで行うセフレという関係なら、「セックスを通じて人間関係を構築する」ため、以上のようなトラブルは意外と遭遇しにくいです。

しかし、「お金を前提にセックスする援助交際」だと、相手からすればお金がすべてというケースがほとんどゆえ、「リスクが圧倒的に大きい」と言えます。

セフレ作りがうまくいかないことで、援助交際をする男性もいますが、このようなリスクを背負うわけですから、苦労してでもセフレ作りを努力すべきでしょう。

もっと言えば、同じようにお金を使うとして、風俗にお金を使う方が絶対に有意義です。

ぜひご自身が楽しくエロを満喫するためにも、援助交際は避けていただき、以上のようなトラブルを回避してください!

それでは、男性のトラブルに続いて、女性のトラブルも2つ、解説を進めていきます!

女性が経験した援助交際のトラブル2選

女性が経験した援助交際のトラブル2選

  • 不払い+脅迫をされる
  • お金を払ったからとイヤなプレイもムリヤリされる

女性のトラブルとしては、報告が多かった物だと、主に以上の2つです。

男性の私から見ても、怖い体験だったことは想像できますし、なにより手口が卑劣すぎて、同じ男として恥ずかしい気持ちにさせられる物でした。

私自身も、女性が絶対の正義という考えではありませんし、女性相手だからって媚びを売るべきなどの暴論を唱えるつもりはありません。

しかし、男性の方が女性よりも物理的な力はあるため、女性に恐怖を与えるような手段で行動する男性は、同じ出会い系サイト・アプリ利用者としても迷惑です!

だって、その人だけが出会えなくなるわけではなく、他の男性にも影響は出ますし、なにより女性が楽しく活動できなくなりますよね。

それだけに、ここからの解説は女性にも知っていただきたい内容ですが、男性も同じようなことをしないよう、参考にしてください。

トラブル1「不払い+脅迫をされる」

まず、援助交際で出会うと場合「不払い+脅迫をされる」という意見が、1つ目のトラブルです。

これを見た時

「えっ!?」と驚いた私

さすがに、たくさんの経験者がいたわけではなかったのですが、それでも4人から同じような報告があったことに、あまりもの卑劣さゆえ驚きをさらに加速させました。

コメントのポイントを整理

  • 援助交際の約束で出会ったが、お金を払ってもらえなかった
  • お金について触れると、「援助交際は悪いこと」という前提で、ニヤニヤしながら脅迫される
  • こういった経験をしてわかったことは、「お金は普通に稼いだ方が良い」こと、「遊びやエッチを楽しむならお金なしの関係が良い」ことだそう

とくに、以上の女性からは詳細な意見が届いており、明らかに最初からそのつもりだっただろう!と思える行動に、背筋が凍ったのですよね。

それこそ、直面した女性の恐怖は計り知れず、こういった男がいること自体不快すぎて吐き気を感じます。

名前
友人女性
約束をムシしてお金は払わないけど、「エッチはして当たり前」っていう対応で、援助交際に手を出そうとした私にも問題はあるけど、最悪な気持ちだった。

後日電話でも話しを聞きましたが、約束は守らない、でもセックスは要求するというのはいただけません。

前提として、援助交際をすること自体に付け入る隙を与えた理由はあっても、それはお互い様の状況ですから、お金云々以前に最低の人間がすることです。

結局その場からは逃げたそうですが、援助交際をしていたからこそ、通報もしにくかったそう(してもよかったのかな?と思ってしまいますが…)。

名前
友人女性

奢ってもらうくらいなら送った通りありだとは思うけど、援助はこういうこともありえるからしない方が良いと私は思う。

私はこの1回が最初で、それ以降していないけど、普通にセフレで付き合った方が楽しいし、気持ちよくエッチできる。

その結果友人も、援助交際はしない方が良いという結論にたどり着いたそうで、ご自身の経験から、以上のような注意喚起をしてくれました。

それこそ、このトラブルを回避する方法は、援助交際をしないことで、それ以外には正直得策と言える方法がありません。

ゆえに、遭遇したくない女性は、援助交際以外の方法で、セフレや遊び友達探しでご利用ください。

トラブル2「お金を払ったからとイヤなプレイもムリヤリされる」

次に、2つ目のトラブルは、「お金を払った」ことを理由に、「女性がイヤがっているプレイもムリヤリされる」という声がありました。

これまた中々に卑劣で、「お金を払った=制のはけ口や道具」的な感覚で接する男性もいるらしく、もう本当に絶句するしかありません。

コメントのポイントを整理

  • お金を払えばなにしても良いと考える男性も、援助交際だといる
  • お金を貰う方にも、問題はあったのかもしれませんが、それとはまた別の話し
  • 援助交際は、「自分が後悔する」という経験談は、多くの女性に役立ててほしい言葉

中でも、とくに注意したい要素は、以上の友人が援助交際事態を「弱み」だと考えるほど、「女性側だけが一方的に後悔するような思いをしている」ことです。

しかし、憶測ですが経験談に登場したクソ男の心情は、「金があれば全部思い通り」的な感覚を抱き、以上の状況を「後悔」することなんてありえないでしょう。

後悔できる人間なら、ここまでの卑劣な行為を平然とは行えませんからね。

また、このトラブルを回避する方法としては、1つ目と同様ですが、やはりこれも「援助交際をしないこと」が1番でしょう。

援助交際をしており、お金を求めていると思われるからこそ、「お金を払えばなんでもあり!」だと思い込まれてしまう部分も、間違いなくありますからね。

卑劣な男性は問題ですが、女性自身が自分を守るという意味でも、「援助交際でお金を稼ぐ」という行動は、「守ってくれる人もいないリスクだけが大きな行動」です。

それなら、お店が守ってくれる風俗で働く、またお金に執着がないなら、セフレ関係や普通に遊ぶ方が理にかなっているでしょう。

この辺りは、個人の価値観もあるため、難しい問題ではあります。

しかし、自分を大切守るという意味で、どういった行動がベストなのかは、友人女性が教えてくれた意見も参考にご検討ください。

それでは、男女双方が経験した援助交際のトラブルも紹介したところで、ここまでに紹介した男女合わせて4つのトラブルにで、「注意すべき相手の特徴」も解説していきます。

男女双方が経験した援助交際トラブルで注意すべき相手の特徴

私が経験した1つ、そして報告のあった3つ、それぞれのトラブルで遭遇しやすい相手に特徴がありました。

トラブルのタイプ注意すべき相手の特徴
男性トラブル1

援助交際を装う風俗業者に遭遇する

  • 明らかに耳障りがいい特徴(元モデルや元芸能人に元AV女優)などをプロフに記載
  • CAや保育士、人妻など、人気職業やタイプを全面的にプロフでアピールしている
  • プロフの写真が以上に美しい、またセクシーなど見栄え抜群
  • 写真とリアルがまったく違う女性も危険で、私の動揺会ってからお金を要求してくるケースもあるため、会った瞬間断ることが理想
  • 以上のような特徴に当てはまり、お金を要求してくる場合は、援助交際よりも風俗業者の可能性が高い
男性のトラブル2

警察や裁判沙汰など人生をかけたトラブル

  • 10代~20代前半の若い援助希望者が多いそう
  • 荷物はないのに、スマホは2つある女性も要注意だと、8人もの男性から共通した報告があった
  • こちらも、写真とリアルがまったく違う女性は危険とのこと
女性のトラブル1

不払い+脅迫される

  • 20代中盤~後半は少なく、10代後半~20代前半、30代後半~40代中盤の男性に多いそう
  • 言葉遣いが悪い男性も要注意らしく、「会う前に電話で確認」することが、オススメだとする意見多数
女性のトラブル2

お金を払ったからといやなプレイもムリヤリされる

  • お金を払う=なにしても良いと考える人は、50代以上、とくに60代以上の男性が多いため、要注意とのこと
  • 「お金をムリヤリ押しつける人」もいるらしく、その上でプレイを強要する人もいるそうなので、60代以上の男性は注意した方が良いとのこと
  • 事前にメッセージでお互いのルール確認をしておくと、会う前に強く否定したことは避ける傾向があるようで、セフレ遊びする場合などは意識すると良いそうです

具体的には、特徴や行動に以上のような傾向がある場合は、それぞれ警戒を強めた方が良いといえ、これを覚えておけば対策として活用できます。

警戒していれば、少なくとも不意打ちはくらいにくくなりますし、それこそ大きなトラブルを起こさず対処できれば、なにより自分を守ることにもつながりますよね。

ただ、以上の特徴=すべて援助交際につながる厄介な存在ではなく、このような特徴があっても問題のない相手、また逆に当てはまらず危険な相手もいます。

そうなると、もっとも有効な対策は、「自分が援助交際をしないこと」や、「援助交際の誘いには乗らないこと」です。

以上の特徴を覚えておけば、安心して援助交際をできるわけではありませんし、私もそういう意味で情報を共有しているわけではありません。

知っておけば、より安心して出会い系サイト・アプリを楽しめる情報ではあります。

しかし、それで油断し援助交際を実行すれば、「援助交際をすること自体がリスク」という根本に踏み込んでしまい危険なため、十分にご注意いただいた上でご活動ください!

便利な出会い系サイト・アプリは、使う価値もかなり高い存在ですが、自分が「間違った使い方」をすれば、せっかくの魅力を存分に引き出すことはできません。

正しく使う、なにより安全安心で楽しく活用するためにも、紹介してきたような情報は、ぜひ意識して立ち回りましょう!

さて、以上までの内容を踏まえると、援助交際は極力しない方が良いこともわかります。

では、大人(アダルト)目的の場合、どんな出会いを求めれば良いのか?ですが、これは「セフレを求めることが圧倒的にオススメ」です!

援助交際よりセフレがオススメ「使える出会い系サイト・アプリ4選」

セフレという関係の場合は、援助交際や風俗業者など、「お金が前提」の関係ではないため、同じ大人(アダルト)な出会いでも危険度は低くなります。

これは私が男性だから、極力金を使わずセックスできる!と考えている、また自分が得して出会いたいと考えているなど、そういった発想からくる意見ではありません。

大人(アダルト)ならセフレを、またはピュア目的からはじめるなら友達や飲み仲間を、それぞれ探した方が、出会い系サイト・アプリの使い方として健全なのです。

とはいえ、どんな出会い系サイト・アプリを使えばいいのか、わからない人もいるでしょう。

実際に、出会い系サイト・アプリはかなりの数があり特色も違います。

そこで、私が男女双方に強くオススメしたい物は、以上4つの出会い系サイト・アプリです。

セフレ作りにオススメの出会い系サイト・アプリ4選

どれも実際に私自身、また友人の男女も幅広い層が利用しています。

オススメする理由は、「大人(アダルト)目的の出会いに強い」ことが大きく、援助交際よりセフレを選ぶ男女なら、目的にもっともマッチする存在だからです。

加えて、大人(アダルト)目的の出会いだけではなく、ピュア目的での活用も可能なため、「利用目的を幅広くカバー」してくれることもオススメしたくなるポイントでした。

ただ、注意点も1つあります。
それは、「現状援助交際を前提に活動している男女はいる」ことで、出会い系サイト・アプリ初心者の男女ほど、それが誘惑となり援助交際をはじめやすくなります。

周りがやっていることだから、安心してしまい、ハードルが低くなるのですよね。

その結果、出会い系サイト・アプリに本来あるはずだった楽しみを経験できず、援助交際からくるトラブルへ、巻き込まれていく人も男女双方多いです。

ここまでにも解説してきましたが、「援助交際はそれ自体が男女双方にとってリスク」と言えます。

寂しさや金銭的な理由から、援助交際へと手を出したくなる気持ちもあるでしょうが、ご自身のためにも、ぜひ援助交際以外の選択をご検討ください!

最後に

今回は援助交際について、実際に男女それぞれが経験したトラブルを参考に、解説を進めてきました。

援助交際って、受け取る側も、お金を出す側にとっても、「手軽かつ簡単に成功できる物」に思えてしまいます。

しかし、それと引き換えに大きなトラブルへと発展すれば、人生を壊すリスク、とてつもない恐怖を味わうリスクもあるのですよね。

もちろん、とくに女性からすればお金を稼げるからこそ援助交際をする人もおり、男性からしてもお金で解決できるからこそ、メリットを感じている人はいるでしょう。

そういう人たちからすれば、大きなお世話だといわれてしまうかもしれません。

どんなリスクを経験しようが、トラブルに巻き込まれようが、関係ない!と考える人もいますからね。

とはいえ、他にも道があるということは、せっかく当記事を読んでくださったなら、知っておいてほしいわけです。

これから援助交際を検討していた人は、なによりご自身を守るため、援助交際という関係が本当に自分の求めている物か、ぜひ検討しなおしてみてください。

加えて経験者なら、今回解説してきたような視点も含め、広い視野で援助交際と向き合うことをオススメします。

そういった考えを広く巡らせていくことで、新しい楽しみ、新しい出会い系サイト・アプリの使い方なども、発見できますよ!