パパ活の体・食事のみデートの1回都度・月毎のお小遣い相場を100人以上と出会った体験談から解説

パパ活は「相手が富裕層」というイメージが強く、お小遣いを多くゲットできる手法として女の子に大人気ですよね。実はそんな「お小遣い」には相場というものが存在します。

この相場を上手く知っておく事で、損せず効率よくお小遣いを稼ぐ事ができます。

初心者さんはぜひ参考にして下さい。そして既にパパ活に慣れている女の子も、もう一度相場を見直してみてくださいね。

これまで100人以上のパパと1:1でお話してきましたが、パパによって相場感覚が違うのは当然の事ですが、パパ活をしている女の子の情報と自分の経験を合わせて調査した相場を発表します。

とは言ってもパパ活には色んなパターンが存在するので、大まかに分けて5パターン紹介しますね。

食事だけのパパ(初顔合わせor会う頻度低め)

1回:ご飯奢り+5000~3万円

カフェや軽めの飲食店などで会う場合、滞在時間も短時間な事が多いので5000円を貰う女の子が多いです。しかしパパが「会ってよかった」と思えるような時間にすることができれば短時間滞在でも多く貰える事もあります。

2時間ほど居酒屋だったりレストランなどでがっつりと飲食した場合、初顔合わせの時でも数万貰える事がほとんどです。

しかし食事を奢ってもらった上にお小遣いが貰えるなんて、金額が低めだとしてもとても有難い事ですし、感謝の気持ちを忘れてはいけません。食事だけの場合には「ご飯をご馳走してもらう」というだけを目的とし、お礼の金額はパパに委ねましょう。

「ご飯ご馳走してくれるだけで嬉しい」という言葉をパパに放ったとしても、それでも数万円ポンッ!とプレゼントしてくれるパパもいます。グイグイとお小遣いの金額を指定したところで稼げるわけじゃありません。

ショッピングデートのパパ(初顔合わせor会う頻度低め)

初顔合わせ:プレゼント+12

2度目以降:プレゼント+210

デートというのは一緒に買い物をしたりどこかに出かける場合です。

初顔合わせを兼ねて一緒にショッピングをした場合、大体のパパはデートしている間に発生する飲食代を払ってくれたり、買い物をしている中で気になったもの(服やアクセサリーなど女の子が興味あるもの)をプレゼントしてくれます。

それに加えてデートのお礼としてお小遣いをくれるパパも多いのですが、2度目以降も同じパパとデートをする場合はパパに気に入られているという事がほとんどです。

パパに気に入られている上に頻繁に会えない関係だと、1度のプレゼント量やお礼の金額もグンとアップしていきます。

私の場合、Aパパとの初顔合わせの時は飲食代と欲しい物(その時はゲームにハマっていたのでPS3本体とソフト2本ほど)を買ってくれて、その時のお礼は2万。その後パパが忙しい人だったので会うのは月に12回くらいの頻度で、会う度に36万円分くらいの買い物と、お礼に5万円くらいのお小遣いを貰っていました。

会いたいけど会える頻度が低い女の子には、1度のお買い物デートで奮発してくれるパパが多いですね。

体(身体)ありのパパ(初顔合わせor会う頻度低め)

1回:310万円

初めて会うパパでも、約束のお小遣いは低くても3万円~交渉しましょう。出会い系サイトで知り合う男性は富裕層ではない男性が多いので、「1.5万円+ホ別(ホテル代は別)」を提示してくる人がかなり多いです。しかしその値段は激安風俗店と変わらない金額で、明らかにお金に余裕のない「ケチな男性」ということ。

ちなみにですが、こういった行為を割り切りとも言います。

お金に余裕がないのにお金で女の子を釣ろうとする男性と会っても、強引に迫ってきたりヤリ逃げしようとしたり、とにかく自己中心的な人が多いです。

少しでも「うーん、ちょっと低いなぁ」と思うのであれば3万円以下のお小遣いでは会わないようにしましょう。

100人以上の男性に会った中で、何度か身体ありの交渉を受けた事がありますが、初めて会うパパ且つ身体ありの最高提示額は12万円でした。そこまで高額だとなんかちょっと怪しい気もしますが、その人はどこぞの社長さんで、趣味があまりなくお金の使い道がそんなにないから、と言っていました。

しかし「交際クラブ」などのサービスを使って知り合うパパであれば大丈夫なのですが、サイトで出会う人の中には業者が潜んでいる事もあります。

身体ありのパパ活は女の子の精神的・体力的負担になるので正直おすすめしませんが、どうしてもの場合はお小遣いの交渉は慎重に行いましょう。

食事やデートだけのパパ(月契約・定期)

毎回の飲食代+5万~

食事だけ、買い物デートだけで不定期に会っていたパパと進展があるとするならば「月契約」です。これは「毎週1度は必ず食事に付き合ってほしい」だとか「今月いっぱい、週末はショッピングに行ってほしい」だとか色々な要望から、月にお小遣いをまとめて受け取るという状況になっていきます。

月5万って安くない?と思う女の子もいるかもしれませんが、会う頻度が多すぎるという事もほとんどなく、会う度に買い物中に何か買ってくれたりすると思うのでとっても美味しい話になります。もちろん女の子が了承した上で会う頻度が多ければ、その分お小遣いもアップします。

しかし買い物や食事だけで月契約する人はほとんど「本当の富裕層」か「50代~の高齢パパ」か「女の子経験の少ない貢ぎ癖のある男性」です。

運が良ければおいしい条件を貰う事ができます。しかし「女の子経験の少ない貢ぎ癖のある男性」には「参考記事:パパ活で起こった大失態…!実体験&被害に合わないための注意点」でも紹介した通り注意が必要です。

体(身体)ありのパパ(月契約・定期)

15万円~

身体ありの場合、パパ側は「1人の女の子と長く関係を持ちたい」と思っている人が多いです。不特定多数とする事に抵抗あるパパは少なくないみたいですね。

身体ありの場合、相性が合えば「定期的に会いたい」と進展する場合がほとんどで、最初は会う度にお小遣いを受け取っていたとしても暫く経てば「一括でまとめて払うよ」という状況になっていきます。

月契約の場合のお小遣いは本当に個人差が激しいです。

「大体の会う頻度」「パパからの好感度・信頼関係」「女の子の容姿」など、パパがあなたにどれだけお小遣いを渡すかはパパの価値観次第。

よっぽど性格が悪い(ワガママ・お金しか考えていない)女の子でも、モデルみたいな容姿で気に入られている場合は月50にしてくれるパパもいますし、逆に容姿が普通でもパパからの好感・信頼度で月50以上いく事もあります。

中身より見た目を重視するパパ、見た目より中身を重視するパパ、経済力がありすぎて女の子がどんな子であろうと平等に多額のお小遣いをあげるパパ、様々な価値観が重なって値段が決められます。

参考記事:パパ活はデータ戦略だ!月50万以上もらうためのパパの性格別データ集

自分の納得できる金額を提示しつつ、パパの要望にも耳を傾ける事が太パパをゲットする秘訣です。

まとめ

結局は「人それぞれ」という部分もありますが、最低でも今回ご紹介した相場を目安に交渉を重ねてください。

時々女の子から話を聞いて「え?そんなに低いお小遣いで納得してるの!?」と思ってしまうくらい、相場に無知で男性にまんまと良いように条件設定されて損をしている女の子を見かけます。