萌えリフレ~しゃんぐりら~は大阪日本橋の健全リフレだが特定嬢は裏オプションもあり?

今回は大阪日本橋のオタロードにある萌えリフレ~しゃんぐりら~というリフレに行ってきました。

日本橋の中でもレベルが高いと言われていますが、果たしてその実力はいかほどでしょうか?

萌えリフレ~しゃんぐりら~とは?

萌えリフレ~しゃんぐりら~は大阪の南海難波駅からしばらく歩いた、でんでんタウンのオタロードの中心部にあるリフレです。

店名:萌えリフレ~しゃんぐりら~

住所:大阪府大阪市浪速区難波中2-5-15シティライフ難波2F

電話番号:06-6648-8290

営業時間:平日14時~22時(最終受付)、土日祝12時~22時(最終受付)

場所はオタロードのど真ん中で人通りが多いエリアです。イオシスとパワーストーン燦燦の間にあります。

shangri-la-1

人気のある場所ですが、表に出ている看板がシンプルなので、気づかない人も多いでしょう。

shangri-la-7

何気に3年以上も営業している老舗リフレです。

大阪日本橋には数々のリフレがありますが、掲示板の情報を集めて検討した結果、2016年12月現在では最も評判が良かったです。

確かに、公式ツイッターにはリフレ嬢の予約状況が随時更新されていますが、完売になるのが早いです。

事前の情報収集 裏オプションはあるのか?

今回もリフレ定番の裏オプションの実態を調査してみました。

爆サイなどの掲示板を見ると「何人かの嬢がやっている」ように見て取れました。

ぷるとは異なり部屋に監視カメラがないため、その気になれば確かにできそうです。

ただ、後述しますが、部屋はしぇるむやぷる同様に隣のブースとの壁は薄いため(タオルがかけてあるだけ)、声を出すとまる聞こえです。

そのため、フェラや手コキはあっても本番をするのはかなり根性がいるでしょう。

が、書き込みを見ると本番まで持ち込んでいる人がいるようなので、裏オプは健在のようです。

萌えリフレ~しゃんぐりら~の予約について

萌えリフレ~しゃんぐりら~は営業時間内に電話をかけて予約をする形になります。

基本的に遊びたい日の当日に電話をして予約をしますが、女性キャストがツイッターのアカウントを作っている場合は、そこからDM(ダイレクトメール)を送って予約をすることもできます(ほぼ全員が作っているのでアッサリ予約できます)。

女性キャストはツイッター上で1週間分くらいの出勤予定を出すことが多いのですが、公開されている場合は、お店に電話して「ツイッターで嬢が予定を出しているので、○日の△時に予約をお願いしたい」と伝えることでも予約することができます。

ゆなさんなどの人気嬢は前日までの予約で埋まってしまうことも多いので、良嬢にお相手してもらいたい場合は、DM予約を使ったほうが良いでしょう。

なお、他のリフレ店と共通ですが、女性アカウントのリプやDMの内容は店員も見ているので、デートに誘ったりすると注意を受けると思います。

ツイッターではあくまでも出勤の予定うかがいと予約の依頼のみが可能です。プライベートの詮索やセクハラ発言はNGです。

萌えリフレ~しゃんぐりら~への行き方

後日追加

萌えリフレ~しゃんぐりら~の受付

shangri-la-2

萌えリフレ~しゃんぐりら~はシティライフ難波というマンションの2Fにあります。

オートロックマンションではないので普通に歩いて入れます。

入ってすぐにエレベーターがありますが、お店は2階の201号室なので、会談で上がった方が早いです。

shangri-la-3

こちらが入り口です。

shangri-la-4

入り口にインターフォンがありますが、鳴らさずそのまま入ってOKです。

受付には今時の若いにーちゃんがおり、お店の仕組みを尋ねれると丁寧に説明をしてくれました。

ノリで人気嬢を聞いてみると「ゆなさん」「みうさん」の名前を挙げてくれました。

他にもたくさん女性がいるのですが、2名しか挙げない。普通はもっと名前が出てきても良いのですが…

人気がこの2名に収集しているのか、果たして他の方がイマイチなのか…

萌えリフレ~しゃんぐりら~のコースと料金

萌えリフレ~しゃんぐりら~のコースは以下のようになっています。

  • リフレ ヘブンコース(with コスプレ)
    • 60分:¥7,000
    • 90分 :¥10,000
    • 120分:¥13,000
    • 延長:30分 ¥3,500
  • リオレ しゃんぐりらコース(with コスプレ)
    • 60分:¥10,000
    • 90分:¥14,000
    • 120分:¥18,000
    • 延長:30分 ¥5,000
  • お散歩・しゃんぐりらコース(コスプレなし)
    • 60分 ¥6,000~
    • 延長:10分プラスごとに¥1,000

ヘブンコースはおしゃべりとリフレ、しゃんぐりらコースはヘブンコースの内容に加えてハグと添い寝ができます。消費税はかかりません。

東京だと女性と遊ぶ際に都度オプションを追加する形です。

一方で、大阪のお店は最初にコミコミで支払うケースがほとんどです。商売の街大阪の方がセジいイメージがあったのですが、実際に搾取度が高いのは関東でした。

コスチュームは基本料金に含まれますが、女性専用(女性の自前の服)のものを選ぶ場合は2,500円プラスになります。

施術スペースについて

施術ブースですが、しゃんぐりらの場合は2つの部屋に分かれています。

  • 1つ目:受付のある部屋(201号室)
  • 2つ目:受付を出てすぐの部屋(202号室)

203号室は現在(2016年12月)は空室で、ダイヤル錠でロックされています。202号室内はBGMがじゃんじゃか鳴り響いているので、隣に引っ越してきたらやかましくてしゃあないでしょうね。

部屋の中はリフレルームになっていますが、各部屋毎に4つ程度のブースがあります。

標準の明るさはこれくらい。何にも見えません。

shangri-la-6

スマホのライトを灯してみました。

内装はしぇるむほどではありませんが、そこそこ綺麗に整っています。きちんとティッシュも置いてあるので「そういうことか?」と想像してしまいます。

shangri-la-6

ぷるやふぇあり~と異なり、監視カメラはありません。多分、同じ系列だと思うのですが、どうしてここだけ設置されていないのでしょうか?

shangri-la-5

実際に遊んできました

某アイドルグループに所属していたAさん

今回相手をしてもらった方はAさん

紹介文章によると元アイドルだそうです。

写メを見ると確かに可愛いので、これは期待が持てそうだなぁ、と思い予約の電話を入れてみました。

その日は土曜日ということもあってか、予約はラスト一枠でした。

予約した時間に受付に行き、しゃんぐりらコースに専用コスプレをつけた、料金:12,500円を支払います。

支払うと別の部屋に通され、そこでしばらく待ちました。

しばらくすると、Aさんがやってきました。

「はじめまして~」

お、確かに可愛い!

が、思ったより太ましい…

写真の感じだとスレンダー系かと思っていましたが、体系はかなり豊満

ただ、それに比例してバストもかなり大きく、推定でE~Fがありそうです。

このバストなら体系も納得です。

簡単におしゃべりをしてみましたが、性格はわりと大人しい

あまり積極的な接客で盛り上げるタイプではありませんでした。

ただ、こちらが問いかけたことにはきちんと答えてくれるので、ある程度自分から話が振れる人には合いそうです。

まずは、リフレをしてもらいましたが、腕っ節はなかなかのもの

接骨院の人とまではいきませんが、それに順ずるくらいのテクニックです。

セクシーな服を着てもらっていたので

私アキラも大阪で色々なリフレに来ましたが、今まで出会った嬢はいずれもリフレが上手で大満足です。

女の子とのトークを楽しむのがリフレの醍醐味ですが、やはり施術がうまいにこしたことはありません。

施術が終了後は、添い寝しながらひたすら胸を触ってました。

やわらかいというよりは、ボールみたいに弾力とハリがあり、立派な乳でした。

ということで、後半はリフレというかセクハラをしていた感じですが、まったりとした時間を過ごせました。

人気嬢のMさん

続いて入ったのはMさん

公式ツイッターを見ていると頻繁に完売しているので、これは間違いなく人気嬢だろう。と思い予約してみました。

ツイッターの写真からかなり細身と想像していましたが、実際に会ってみるとちょっとふっくらしていました。

ルックスはロリ系でずっとニコニコ微笑んでこちらを見つめてくれます。

「あ~、この笑顔。虜になってハマる人おおそうだなぁ…」

肌を近づけてしっかりハグしてくれるので、調子に乗って推定Eカップのバストを触り満足させてもらいました。

感想

今回訪れた「萌えリフレ~しゃんぐりら~」

健全系リフレではありますが、あっさりお触りができたこと、店内に監視カメラがないことから規制はかなり緩く、一部で裏オプションはやっているんではないかな。と感じました。

ただ、日本橋全体として健全化を推進しているようなので、あまり期待しない方が良いでしょう。

女性のレベルは高めと聞いていましたが、トップ数名は確かにそうですが、全体としてはまあ普通のレベルなんじゃないかと感じました。