自分に自信がないセックスご無沙汰な40代おじさんが女子大生のセフレ作りをした体験談

Pocket

セフレ探しワンナイト、そして出会い系サイト・アプリの利用という物は、年齢を重ね得るほど不安も大きくなり、自信ややる気の喪失へとつながるケースも目立ちます。

私の周りでも、「40代を超えると遊べない」や、「40過ぎてから出会いがない」といったような声も多く…

40代以上でバリバリ男性としては現役だとしても、「女性との出会いやセックスに興味」はあっても、「年齢への不安から消極的になる男性」もたくさんいました。

たとえば、以上の先輩もそういった消極性を抱えている1人で、「欲望や願望はしっかりと存在している」のですが、「年齢を理由に諦めていた」わけです。

しかし、セフレやワンナイトの相手を探すことって、「40代以上の男性だって成功できる!」ため、年齢を理由に諦めるなんて本当勿体ないと言い切れるのですよね。

そこで今回は、私がそう言い切れる理由を証明するため、先輩に協力してもらった、「40代以上の男性が本気で出会い系サイト・アプリ利用に成功した結果」を紹介していきます。

この記事でわかること

  • 40代以上の男性が出会い系サイト・アプリを使って経験した成功や失敗
  • 40代以上の男性が出会い系サイト・アプリでセフレやワンナイトを楽しむコツ
  • 40代以上の男性が女子大生狙いで活動してわかったこと

管理人のアキラも見た目はやや若く見える…と評価してくれる女性もいますが、まもなく40代に突入です。

自分事でもありますので、先輩と二人三脚で挑戦しました。

私と先輩が一緒に試行錯誤した様子を解説していきますので、ぜひ40代以上でセフレなどを楽しみたい男性はお役立てください。

挑戦してくれた男性のプロフと実際に使った出会い系サイト・アプリ4選

まず、今回出会い系サイト・アプリを使って、セフレやワンナイトを目指した先輩のプロフは、以下の通りです。

【出会い系サイト・アプリを使ってセフレやワンナイトに挑戦した40代男性のプロフ】
内容
名前
年齢47歳
職業自営業
これまでの女性経験それなりに恋愛も、若いころはワンナイトやセフレ遊びも経験している。
出会い系サイト・アプリ使用歴昔から流行っているのは知っているが、正直昔は危険な物だと思っていた。

今は安全だとわかっていても、おじさんじゃあムリだろうと思って使っていない。

容姿最近はもう年齢がね…

小太りになってきたし、白髪もたんまり。

顔も老けたと言われるから。

自信もないね。

(※少し失礼な部分はありますが、すべて本人から送ってもらい、確認してから掲載)

ご本人も触れてくれたように、かなり親しい私から見ても、「お世辞にもイケオジ系ではない」のですが、人生経験は豊富な男性。

もっと若かったころは、女性経験かなり豊富だった男性なのですが、最近ではすっかり自信も失くしてしまい、その結果最初に紹介したようなLINEも送ってくれました。

そんな誠さん、以上のようにプロデュースを依頼してくれたこともあり、普通なら簡単なことではないためお断りするところですが…

とてもお世話になっている大先輩ですから、少しでもお役に立てるならと考え、以上のやり取りから数日して、出会い系サイト・アプリの利用をはじめてもらいました。

40代以上の男性がセフレやワンナイト目的で使うべき出会い系サイト・アプリ4選

使ってくれた出会い系サイト・アプリは以上の4つで、どれも私自身がセフレ作りに成功している出会い系サイト・アプリですし、かなり利用価値の高い物ばかりです。

成功を目指すなら、「本当に出会える物」を選ぶことがとても大切ですから、「攻略はここからスタートしている」と言えますし、大切な基礎と言えるポイントなのですよね。

これから本気で、セフレやワンナイトを目指したい40代以上の男性は、まずは出会い系サイト・アプリに「登録する」ことから、ぜひはじめてみてください。

そして、誠さんも以上の出会い系サイト・アプリ4つに登録後、「自分でやってみたい」と申し出があり連絡をまっていた結果、「1週間で成果0」という報告が届きました。

1週間活動して成果0…!「利用して実感してくれた失敗と改善策3選」

(※少し時間が空いたので、プロフ画像の色が違います)

私としては、最初から二人三脚で挑もうと考えていましたが、「どうしても1回自分で試したい」とのことで、基礎や準備も知らない状態で送り出してしまったのですよね。

「最初から助けてもらったら成長しない」という言葉は頼もしく、そう考えてくれたことはすごく安心すると同時に、いきなり苦労させたことは申し訳ない気持ちもありました。

出会い系サイト・アプリを利用して実感した失敗と改善策3選

  • 「プロフ」の自己紹介文が未記入だったため一緒に作成
  • 「掲示板」の文章作成と利用方法を整理
  • 「メッセージ」の大幅な見直し

ただ、実際に誠さんが活動した内容を、報告されながら掘り下げたことで、以上のような「準備や改善策」も見えてきたのですよね。

活動してくれて、そこで失敗してくれたからこそ、「具体的なアドバイス」もできましたし、結果的に「すごく良い準備のステップを踏めた」と言えるでしょう。

では、実際にどんな失敗をして、改善は3つそれぞれどういったことをしたのか?についても、ここから掘り下げていきましょう!

失敗と改善策1「プロフの自己紹介文が未記入だったため一緒に作成」

1つ目の失敗は、「プロフ作成全般で躓いていた」ことなのですが、とくに問題があった要素は、「自己紹介文」でした。

まず、「自己紹介」については、「書くのが面倒になった」そうで、途中で諦めてしまったのだとか。

一応、選択式のプロフ要素はすべて記入していましたし、完全に未記入というわけではなかったのですが、「自己紹介はほぼ白紙状態」だったのですよね。

そこで、自己紹介文の重要性を説明した後、以上のイメージを送信してくれたのですが、これでも文章が薄く正直物足りない印象はありました。

文章量をやや少なめに調整してくれた辺りは、その方が読みやすいという意見もあるため良さそうに思えたけど、「自己紹介」という意味では、中身に不安が残ります。

4つの確実に入れたい要素理由
年齢・年齢はわざわざ自己紹介に書かなくても、名前の横に書いてありますが、「そこをハッキリ見ない女性もいる」ため、後から年齢を聞いて断られるようなことがないよう書いておく。

・以上のような断られ方をすると、かなりストレスも溜まりますし、イヤな思いをするリスクも排除しておく狙いがあります。

・需要はある程度高いはずなので、年齢をアピールする意味合いもある。

仕事について・ざっと、職種だけでも書いておくと、他の文章と合せて人物像をアピールしやすくなるため。
趣味・会話のネタになることも多く、とりあえず書いておいて損はない。
目的・とくにセフレなど、大人(アダルト)目的の場合は、書いておくことで同様の目的をもつ女性から連絡をもらいやすくなる。

・隠す理由もありませんし、しっかりとアピールしておくことで、女性も意思を汲み取りやすくなるため、その意味でも連絡をもらいやすくなる。

・なぜかウソをついて、掲示板などではアダルト系の投稿をしながら、プロフで恋愛アピールする男性もいますが、これはメッセージが届きにくくなるためオススメしない。

たとえば、以上の4つは「確実に入れておきたい要素」なのですが、誠さんがイメージとして作成した物には、「1つも含まれていません」よね。

それだと女性から見て、「どんな男性かわからない」ですし、その結果メッセージを送信していても、成果が0だったという側面もあるはずです。

セフレやワンナイトなどの出会いを目指すとしても、「プロフの自己紹介が未記入」だと、私だってまったく連絡もらえませんから、面倒でも書いておく必要があるでしょう。

ゆえに、しっかりと4つの要素を含めて、再度以上の自己紹介文を作成してもらったのですが、最初の物と比較して「確実にわかりやすい自己紹介文」ができました。

どんな男性か、どうして使っているのか?など、しっかりと女性にアピールできているため、これなら「まったく連絡をもらえない成果0は少なくとも回避」できそうです。

同様に躓いている男性も、まずは以上の4つを踏まえて自己紹介文を改善していけば、それだけでも見栄えはしますから、ぜひ実践してみてくださいね!

失敗と改善策2「掲示板の文章作成と利用方法を整理」

続いて、2つ目の失敗は、「活動の仕方」に問題があり、「プロフ検索から大量にメッセージを送信」していたのですが…

その方法だとセフレやワンナイトを効率的に成功させることは難しく、「メッセージを送信しても返信はきにくい」ですし、その結果出会えなければ成功できません。

こういった失敗は、「出会い系サイト・アプリ初心者の男性がとくにやりがちな行動」でもあるため、これから登録してご利用を進める男性は、ぜひ注意してほしいところ。

それでは、どんな方法で相手を探していくのか?というと、「掲示板」を使って、「基本は掲示板に自分が投稿するスタイル」で利用していくと良いでしょう。

掲示板は「見る」と「書く」の2種類ありますが、「より確実で効率的な方法は書く(投稿する)」ことで、「自分で投稿して連絡をまつ」ことが、攻略にとても役立ってくれます。

実際に誠さんも、プロフを作成してあり、その上で掲示板に投稿した結果、チャンスを引き寄せることもできました。

女性の書き込みにメッセージしても、「ほとんどが援助交際や風俗業者」ですし、誠さんもそれを実感してくれていて、自分で投稿する方法1本に絞り活動してくれたのですよね。

その勢いで、相談しながらタイトルや内容を工夫していった物が以上の投稿で、「ここでもプロフ同様年齢は確実に書いておくべき」と言えるでしょう。

なぜなら、年齢を弱点だと考える男性もいますが、「実際は40代以上であることってすごく強み」だったからです。

また、「若い世代の流行りを知りたい」とアピールしておくのも効果的で、「知らないから教えてほしい」というニュアンスは、若い世代にかなり深く刺さる印象がありました。

「プロフ×掲示板でしっかり年齢をアピール」した結果、以上の通り、「かなり大量のメッセージが届くほど需要があった」のですよね。

正直、私も嫉妬するレベル(笑)で人気を集めていた誠さんに、「もう私のアドバイスいらないのでは?」などと思ってしまうほど、「40代以上は武器」になる要素だったわけです。

「どうせ需要ないでしょう…」などと考えている男性は、その気持ちが損をしていると言えるため、ぜひ前向きに、出会い系サイト・アプリを使ってみてください。

失敗と改善策3「メッセージの大幅な見直し」

そして、1つずつ着実にステップアップしていき、「成果0→大量のメッセージ」という目覚ましい伸びを見せてくれた誠さんですが、その「メッセージ」がかなり大きな鬼門でした。

どういうことかというと、以上のメッセージはプロフから大量に送っていた時期の物で、「そりゃあ返信もこないだろうな…」と思ってしまうほど薄いですよね。

誠さん曰く「挨拶をした」そうですが、これでは相手も返信に困るでしょうし、「女性は大量にメッセージが届く傾向にある」ため、有象無象扱いで処理されてしまうでしょう。

加えて、以上のメッセージは「プロフ×掲示板で年齢アピールが刺さった」後に、届いたメッセージだったのですが…

これに対する返信も中々で、正直最初に見た時は笑ってしまいました。

双方のやり取りを見て確信したことは、「メッセージが苦手」ということで、うまくコミュニケーションを取れていなかったのですよね。

そこで、苦戦する誠さんに私が行ったアドバイスは、「相手の行数に合わせて返信する」という方法で、私も意識しながら実践している攻略の1つです。

アドバイスをした直後、以上のように即効で実践してくれた誠さんでしたが、「相手の行数に合わせる」だけでも、「かなりキャッチボールできるようになった」とのこと。

相手に合わせて、質問などもうまく使っていて、「温度差がでないようなやり取り(顔文字など)」も巧みに使いこなし、これならセフレゲットまでもうすぐと言えそうです。

流行りなどを追っていくことは難しいですが、相手の行数に返信を合わせていくだけなら、「誰でも実践可能な方法」ですから、メッセージに不安がある男性はぜひお試しください。

また、失敗を改善しながら攻略する中で、間違いなく40代以上の男性は高い需要もあるとわかったのですが、「とくに若い世代からの需要は抜群」と判明したのですよね。

活動する中で見えてきた成功のコツ「ターゲットを女子大生など若い世代に絞る」

プロフを完成させ、その後掲示板投稿も良い流れを掴む中、「女子大生からのメッセージ」がかなり多く…

そうなると、そもそもある程度たくさんメッセージをくれる女子大生に、「ターゲットを絞って活動」すれば、より快適に成功できる印象があります。

とはいえ、あまりにも露骨だと避けられてしまうリスクがあります。

ゆえに少しだけ遠回しですが、以上のようにタイトルを、「40代でも大丈夫な年下さん!遊びませんか?」など、「年齢×年下希望」でアピールしていくことに。

すると、ただでさえ成功の臭いプンプンだった誠さんですが、さらにメッセージが届くようになり、「中でも狙い通り女子大生はかなりメッセージをくれていた」のですよね。

少し驚きもありましたが、この選択は攻略として正しかったようで、女子大生の友人に話を聞いてみたところ、「年下を嫌う男性もいるためありがたい」とのこと。

女子大生からすると「年上は魅力的」でも、「年が離れているほど連絡に勇気も必要」らしく、中には女子大生ほど若いとイヤがる人もいるそうで…

それゆえ、しっかりとアピールしているだけでも、「女子大生が連絡をしやすくなる」ため、攻略としてかなり効果的だったわけですね。

女子大生などの若い世代を狙う場合「援助交際希望者や業者も多いため要注意」

ただ、以上のような方法で「女子大生からのメッセージ」は確実に届きやすくなりますが、1つ注意したいことは、「援助交際希望者」や「風俗業者」も多いということです。

100歩譲って、お金を払って援助交際でも良いから女子大生とセックスしたい!という男性なら、援助交際希望者に関しては満足できるかもしれません。

しかし、風俗業者の場合はそんな都合よくいかず、「詐欺写真」を使い「女子大生」と偽っている、「化け物みたいなオバ様」と出会ってしまうこともあるのですよね。

関連記事

というのも、それまで細かく連絡をくれていた誠さんですが、成功の流れを感じたことで気持ちよくなってしまい…

「お金払ってでも良いから会ってしまおう!」と考え、残念ながら風俗業者と会ってしまい、写真も可愛く(見せてもらったらアイドル)、女子大生だと言われ騙されてしまったそう。

私に言ったら、「お金絡みの関係は止められると思った」とも後から話してくれたのですが、そりゃあ私は止めたでしょうけど、本人も「ある意味良い経験にはなった」とのこと。

こういった経験って、実際身をもって体感しないことには、私に止められても不満を抱いていたかもしれませんし、なにより「失敗の痛みがわからない」ですからね。

それこそ、援助交際希望者と風俗業者の違い自体、中々見分けのつきにくい物で、そういう意味でも「お金を要求された時点で会わない」方が無難でしょう。

せっかくの需要もムダになってしまいますし、「お金を払ってセックスする」ことと、「セックスを盛り上げるためデートや食事にお金を使う」ことは別物です。

援助交際希望者や風俗業者に払う1万5千円~3万円があれば、より有意義なデートもできますから、誠さんのような後悔をしないよう、ぜひ注意しながら活動してくださいね。

このように、良い流れの中紆余曲折もありましたが、あくまでも流れ自体は成功が見えていたため継続していくと、「いよいよセフレ獲得成功」にたどり着くことができました!

苦労はしたけどセフレ獲得「出会い系サイト・アプリなら40代以上でも成功できる!」

そこで、ここからは誠さんが実際にセフレを獲得した時の「体験談」を、誠さんからも話を聞いて紹介するのですが…

はじめに成功までの期間を書いておくと、「2週間強」というスピード成功で、コツでも書いた「ターゲットを絞る」ことが、効率化につながった印象。

掲示板やメッセージも、改善した物を意識しながら立ち回っていて、私も間違ったことをアドバイスしていなかったのだと、内心安堵したのですよね(笑)

また、「話の流れで即会いに進んだ」ことが少し不安だったようで、電話でも相談してくれたのですが、私的には「正解と言えるテンポやリズム」でした。

会うまでに時間をかけてしまうと、「相手のことをよく知らない状態で苦手なメッセージを継続」する必要もありますし、「まず会う」という方向性は、成功の秘訣でもあります。

結局のところ、セフレやワンナイトの場合はとくに、「会ってからの相性」はすごく大切ですし、会うまでの期間が伸びるほど双方期待値も高くなりますからね。

ゆえに、スムーズに会える相手を見つけた方が、比較的楽しみやすいため、40代以上の男性が年下と出会う場合ならかなりフィットする形と言えるでしょう。

それこそ、今回のように「まずは1回会ってみる(一旦ワンナイト)の予定」でも、その後誠さん同様セフレとして付き合えるチャンスはあり、業者などと違いムダもありません。

この辺りはぜひ、「会うまでの立ち回り方」として、今後出会い系サイト・アプリを利用していく際には、参考にしていただくことをオススメします!

40代以上の男性が女子大生と会っている時の立ち回りは「相手に楽しんでもらう」

そして、会ってからの立ち回りなどは、「セフレとして付き合えた後」に思い返してもらったのですが、ポイントは「相手に楽しんでもらう」ことなのだとか。

こういった意見に対して、「そんなの当たり前でしょう(笑)」なんて声も聞こえそうですが、「年齢が離れていると難しい」部分もあり…

楽しんでもらうことでセフレ獲得へとつながりますが、そこに徹することってかなり大変なのですよね。

誠さんと私が行った工夫具体的な理由や内容
若い子が行きそうにないスポットは提案少し高級な飲食店やバーなどを、選択肢として提案。
相手が行きたい場所やしたいことに付き合う飲食店やバーなどは提案しつつ、基本は行きたい場所、したいことなどを確認し、「それに付き合う」というスタンスで活動
会話は聞き手を基本にあくまでも自分の話は求められた場合だけで、基本は相手の話を聞くことに専念する。
フランクで対等な関係を目指す年齢さがあっても「接しやすい相手」として、また「一緒にいて落ち着ける相手」としていられるよう、気楽に思ってもらえる関係を目指す。
お金のことは気にさせない金銭面で余計な心配を与えてしまうと、「相手が年上を求めてくれるメリット」という部分で弱くなるため、ムリは不要だけどケチらない。

そこで、誠さんと私が行った工夫は以上の通りで、年齢が離れているからこそ、楽しんでもらうというより「気を使わせないイメージ」です。

年齢差があるから魅力を感じてもらえる反面、その年齢差は相手に緊張などを与えてしまいますから、気を使わせず安心してもらうことで、結果楽しんでもらえるわけですね。

最初は誠さんも、触れ合い方には少し不安を抱えていたそうですが、事前にある程度対応を考えておいたためうまく立ち回れたそうで、私もホッとしました。

この辺りは誠さんと同世代の男性、またもっと年上の男性も、不安を抱えている人が多い要素でもありますし、ぜひ立ち回りの参考にお役立てください。

最後に

それでは以上で、40代以上の男性が出会い系サイト・アプリを使い、女子大生セフレを求めて活動した結果についての解説も、一通り終了です。

さすがに出会い系サイト・アプリ初体験だったこともあり、紆余曲折もありましたが、1つ間違いなく言えるのは、「40代以上の男性はかなり高い需要があった」ということです。

40代を超えて自信がなくなり、女性との出会いに消極的な男性もたくさんいますが、誠さんの活動結果を見ても、「40代はまだまだ現役」なのですよね。

20代のフレッシュな若い男性とは違い、成熟した大人の男性として魅力を抱えていますし、年齢を重ねる中で培った経験は、最高クラスの武器と言えます。

誠さん同様に、本当は女性と触れ合いたいけど、1歩踏み出せないという男性も多いのですが、そこで消極的になっていること自体非常に勿体ない…!

今回紹介してきた内容を参考に、思い切って1歩踏み出してみることで、誠さんのように素晴らしくハッピーな経験がまっているわけですから。

少しでも女性と触れ合いたい気持ちがあるなら、この機会にぜひ、新しい出会いを求めて、誠さんにも負けない素敵な体験を目指してみてください。

なお女子大生とセフレになる方法については以下の記事でより詳しく纏めています。