パパ活は高校生もできるの?未成年18歳でパパ活を始めた私の体験談

テレビやネットで話題のパパ活

女の子がお手軽にお小遣いを稼げるといったフレーズでとても人気になっていますが、パパ活には決定的な年齢制限はありません

しかしその実態は定かではなく、今後は年齢関係なく取り締まり強化の対象になる可能性もあります

そんなパパ活を未成年が行った場合にどんなリスクがあるのか、そして絶対に危険な目に合わないためにどうすればいいかを紹介します。

高校生でもパパ活は法律的には違法ではない

パパ活という言葉だけでは怪しいような感じもしますが、パパ活というのは女の子が男性と食事に行ったりデートをし、その対価としてお礼に男性が女の子にお小遣いをくれるというもの。

現時点では法律に違反している行為ではなく、テレビでも法律の専門家が「パパ活は法律上問題ない」と公言しています。

援助交際とは違って、パパ活は「男性が女性にプレゼント・お礼という形でお小遣いをあげる」というのがメイン。なので売春行為にはならないんですね。

では、高校を卒業していない18歳未満の女の子がパパ活を行った場合は法律に違反するのでしょうか?

答えは「違法ではありませんが、おすすめできない」です。

私からは「未成年はパパ活をしない方がいい」というのが結論。

逮捕される事はありませんが、運が悪いと警察に関わってしまう事になります。

高校生にパパ活をおすすめしない理由①:パパに出会えない

まず、パパ活が話題になってから「交際クラブ」や「デートクラブ」など、パパ活をしたい女の子と男性を仲介するサービスがどんどん浸透してきました。

ですがこのような店舗は基本的に20歳以上からしか利用できないようになっています。

じゃあ出会い系サイトはどうなの?

というところですが、こちらはサイトにもよりますが基本的に高校を卒業している18歳以上からの登録になります。

ちなみに私がパパ活を始めたのは高校を卒業したばかりの18歳で、最初に出会い系サイトに登録してパパを見つけました。

18歳未満の女の子がパパ活をしようと思っても、まずパパとなってくれる男性に出会う手段が極端に少ないんです。

最近ではTwitterや掲示板など、年齢関係なく書き込めるSNSでパパを募集しているアカウントなどをよく見かけますがあれは本当に危険です。

パパ側も完全な匿名で、どんだけでも嘘をつくことができます。極端な話、私がパパになりきってTwitterでパパ活をしている未成年の女の子を騙してやろうと思ったら簡単にできちゃうわけです。

人間、自分自身が危ない目に合わないと学ばないこともありますが、それでもやっぱりTwitterや掲示板での募集はおすすめしません。

高校生にパパ活をおすすめしない理由②:本当に騙されやすい

私には弟と妹がいます。中学生や高校生というのはとにかく本当に騙されやすいです。

自分に不都合があった時、弟妹に隠し事をしたい時などに私もたまに嘘をついたりする事がありますが、とにかく簡単に騙せます。

世の中嘘が下手な人もいれば優しい笑顔でえげつない嘘をつく人間もいますよね。

「騙されやすい」というのは「騙されたことがない」という意味でもあります。

未成年の場合は社会経験もほとんどないと思うので、悪巧みをしている大人の言葉を信じて目を輝かせてしまいます。

「子供の頃はお花屋さんに憧れていたけど、実際に働いてみると朝から花についたナメクジや虫をとる作業をしなくちゃいけなかった」なんて、大人になるにつれて子供の頃とは違う価値観に変化していきますが、これは経験を重ねて作り上げていくものです。

経験をしないと知らなかった事実、なんていうものは沢山存在します。

「じゃあ騙された方が経験になるじゃん!」と思った人がいたとすればそれは違います。

好奇心のある頭のいい子は、今の時代ネットがあれば何でも検索できるので「事前に危険性を調べて回避」という行動を起こします。

現に今この記事を読んでいるあなたも、未成年がパパ活を行ったらどうなるのか知りたくてネットで検索して飛んできたと思います。

なので事前に危険を回避できるんです。

世の中には18歳未満でもパパから高いお小遣いを貰って裕福な生活を送っている子もいるでしょう。

しかしそういう子は「知識は無かったけどたまたま最初に良いパパに出会えた強運の持ち主」か「知識も豊富で物事を客観視して冷静に判断できる子」です。

「私だったら騙されない」という自信がある場合のみパパ活をしてもいいと思いますが、個人的にはおすすめしません。

高校生にパパ活をおすすめしない理由③:補導・啓発される

さて、②で「私だったら騙されない」という自信がある場合のみパパ活をしてもいいと思う、と書きましたが、これで踏み切ってパパ活をしても「補導・啓発」されます。

18歳未満の女の子がTwitterや掲示板などでデート相手の募集などをした場合、「サイバー補導」される可能性があるのです。

サイバー補導とは、18歳未満の児童がネットの中で犯罪に接触しないように新たな補導方法として警察庁が導入したシステムです。

インターネットに潜む掲示板や出会い系サイトなどを警察側が定期的に監視しています。犯罪に巻き込まれる危険性のある未成年による不適切な書き込みなどを発見した場合に、警察という身分を隠しごく普通の男性のように振舞い書き込み主である未成年と会う約束を取り付けます。そして実際に待ち合わせの現場に向かい、警察であるとは知らずに待っていた未成年に警察という身分を明かし注意・指導を行います。

補導されればもちろん親にも知られることになり、最悪の場合通っている学校にも通告がいく事も。

実際、出会い系サイトは正しく利用しないとトラブルに遭うケースもあるため、警察側もかなりしっかりとチェックしています。

食事に行くだけなら悪い事してないじゃん!と思うかもしれませんが、何かあってからは遅いので警察もそうならないように補導を行っているのです。

未成年が全員必ずサイバー補導されるわけではありませんが、今後もサイバー補導システムが拡大していくことは間違いないので注意・指導されるような事は避けましょう。

まとめ

今回は未成年がパパ活を行った場合にどうのようなリスクがあるかを紹介しました。ネットで出会った人とのトラブルが年々増え、警察も事件を減らすために色々な対策を導入しています。

逮捕はされなくとも危険の恐れがある事は控えるべき、という事ですね。

パパ活をしてもパパには出会いにくいし、やっとパパに出会えても実は警察だった、なんて事を考えるとちょっと面倒な気も…。

パパ活をするなら成人してからが1番です。