稼げないパパ活女子は意外と多い?月100万以上稼げる人と月20万以下の人の違いを徹底比較

これを読んでいるパパ活女子の皆さん、月のお小遣い最高額はいくらですか?

私は18歳からパパ活をはじめ、それから1年は知識なく雑にパパ活をこなし、人間の心理を学んでいくうちにいつの間にか月200万は貰えるようになっていました。ネットを通じて知り合ったパパ活女子をしている友達も毎月100は必ず越えるそうです。

しかしネットで見かけるパパ活女子の中には「月に20越えた事がない」「頑張っても10くらい」といった声をよく見かけます。それもTwitterの自撮りアイコンなんかは可愛いのに…!

今回はそんな稼げるパパ活女子と稼げないパパ活女子を徹底比較していきます。

稼げないパパ活女子は意外と多い?

テレビやネットニュースなどのメディア露出が増え、パパ活をする女子はここ数年で急増しました。急増した中の女子よりも、パパ活という言葉がなかった時代からパパ活をしている女の子の方がお小遣いの稼ぎ方は上手い女の子が多いです。

理由としてはメディア露出が増えたために「男性とご飯に行くだけでお小遣いガッポガポ!」という印象からパパ活の世界に足を踏み入れるため、基本的な大事なところを疎かにしパパと上手くいかずにそのまま終わりというパターンが多いからですね。

私の個人的な意見としては、パパ活女子全体の3割くらいの女の子しか100万以上は稼げていないと思います。

しかし残りの7割の女の子はよっぽど何か悪い部分があるか、パパ活に知識無しで挑んでいるかのどちらかです。また、パパ活女子の急増により男性側よりも女性の方が増え、男性と巡り合う事すら簡単にはできなくなってきているのが現状です。

稼げる=男性に好かれやすい、運が強い、容姿がいい、というイメージがありますよね。 しかし100万以上のお小遣いを稼ぐ女の子たちには共通点があります。それは「男性の心理をしっかりと理解している」ということ。

知識さえつければ、億万長者の太パパに会うのは運なだけで、並大抵の男性とは上手く楽しく過ごす事ができちゃいます。

それでは両者を色んなシーン別に比較して、どんな対応をしているのかみてみましょう。

稼げるパパ活女子になるコツ:出会うまで編

なるべく交際・デートクラブを利用する

理由は単純で、出会い系サイトには富裕層があまり多くはありません。質より量が出会い系、量より質が交際クラブと認識しておくと分かりやすいのではないでしょうか。

私自身は交際クラブも登録していましたが、基本的には出会い系サイトを通じた出会いがほとんどです。しかし初心者の時点で出会い系に踏み入れてしまうと、質の悪い男性とのトラブルに巻き込まれたり知識が無い分男性にいいように利用されたりという危険性があるので、異性との接し方に慣れていない場合は交際クラブから利用するようにしましょう

出会い系のプロフィール画像を可愛い可愛い自撮りに設定している

何らかの出会い系サイトに登録しているとしましょう。

稼げない女の子はこの時点で既に「稼げなくてもしょうがない」事をしています。

プロフィール画像は確かに入り口としては大事。しかしサクラや業者が多い出会い系サイトには、あまりに可愛い自撮りは「現実的ではない」ため避ける傾向にあるようです。

身体の一部分をアップするのも業者の手法なので避けましょう。顔の一部分を手やスタンプで隠すくらいなら、初めから顔写真がない方が慣れてない女の子な感じがして好感が持てます。

稼げるパパ活女子はプロフには顔写真を設定していない人が多いと思います。メッセージでやり取りをはじめ、会う雰囲気になり要求されれば送るという手段を活用している子が稼げる子の中の8割くらいじゃないでしょうか。

ちなみに私は全く顔写真を送らず、容姿の雰囲気だけ伝えます。

それでも容姿を要求してくる&富裕層そうな男性には、「先にそちらが送ってくれたら送ります」といった形で送るようにしています。私の場合は過去に100人以上の男性と会っているので、相手が会った事がない確証がないうちは絶対に送れません…!

自己紹介文が雑orもろパパ活目当て

掲示板の書き込みに返信したりすると必ずといっていいほどプロフィールを確認しに男性がやってきます。ここで「紳士的な男性大好きです」「金銭的に困ってます」とあからさまに金銭目当ての内容を書くとまずメッセージはほぼ来ません。来ても質の悪いオジサン達です。

かといって雑すぎるのもNG 。出会い系でのプロフィールは「東京在住の23歳です!ご飯いったり一緒に買い物したりできるような知り合いができたらなと思い登録してみました、雑なメッセージには返信しません」といった、住んでいる都道府県と年齢、簡単な一言くらいでいいでしょう。

最後に質の悪いメッセージは拒否しているという意思を伝えることで、低レベルなメッセージの受信率はぐんと下がります。

最初から金銭的な要求をする

食事相手を探している男性に対して、「〇〇円お小遣い希望です(・ω・)」なんて送っていませんか?

最初から金銭を提示すると男性との出会い率は格段に下がり、メッセージが来たとしても大半が身体目当ての援交オジサンです。ひどい場合はセフレを探している男性からメッセージが着てしまいます。

まず出会い系サイトでパパ活をしたいと思うなら「ご飯をご馳走になるだけ」という前提で会うのが最適だと思います。

稼げる女の子は自分から金額を提示する子はほとんどいないと言ってもいいでしょう。あくまでご飯を一緒に食べてくれたお礼として、パパからお小遣いが貰える可能性があると考えてください。

パパ活を目的としていない男性が多々いる出会い系には、ご飯ご馳走してお小遣いもあげるなんてありえない!という価値観を持った人もいます。そんな人に会ってもイライラしたりしないように、ご飯をご馳走してくれるだけというテイで行いましょう。会ってみて金銭的にも余裕がなさそうで、この1回きりしか会わないだろうなと思った時点で帰ってもいいので、まずは「お金お金お金!」にならない事をしっかりと自分に言い聞かせてください。

 

20代にも会っている

20代の男性には金銭的に余裕がない人が多い印象です。稀に若社長や金持ち坊ちゃんが存在しますが、そんな男性に会えるのもかなりのレア。そして20代くらいの男性にはまだまだ画面の中の美少女戦士達に夢見る人が多いので、かなり容姿を重要としてくる上に理性をコントロールできない身体目的の場合がほとんど。もしかしたら…と20代男性に挑戦する前に、30代以降の男性を探しましょう。

30代になってくると、ベンチャー企業の社長だとか、最近増えてきた若者世代が作った企業の富裕層がちらほら出てき始めます。

40代、50代になってくると富裕層でなくとも安定した収入の男性がほとんどで、ご飯くらいなら喜んでご馳走してくれる人ばかり出会う事が可能です。会って話が弾めばお小遣いもゲットできるはず。

20代男性には夢を見ずに、メッセージが来てもお断りしましょう。

短文メッセージにも返信する

典型的なパパ活失敗女子は、何もかも初めてなので色々と最初はてこずります。本来は冷やかしであろうメッセージにまで返信してしまいうんです。これがとっても無駄な時間で、冷やかし系の男性は1度返信が返ってくるとしつこくメッセージを送って来る傾向にあったり、会う素振りをみせて当日キャンセルしてくるパターンが多いです。

「ご飯いこーよ」「今ひま~?何してる?」など、意味のない短文メッセージは基本的にはスルーしてくださいね。

稼げるパパ活女子になるコツ:出会ってから編

男性を見下した態度をとる

パパ活をはじめたばかりの女の子にありがちなのが「汚いおじさん相手だけどご飯いってお金もらえるならしょうがないか~」と相手を無意識のうちに見下してしまうこと。

人間なので好き嫌いがありますし、そこはしょうがない事なのですが、見下してしまうとそれは態度にも繋がり相手側から自然と笑顔が消えていきます。

これは私も経験済みで、18歳からパパ活をはじめ調子に乗り始めた頃にパパ活が雑になった時期がありました。その時はとにかく相手の事を考えずにとりあえず会っとけ的な感覚で、本当に酷いガキでしたね。もちろんその時は調子が悪い方に下がり続け、モチベーションを立て直すきっかけにもなりました。

楽しくない

会話が弾まない女の子とはもう一度会いたいとも思いませんし、楽しかったからお礼にお小遣いあげる!という気分にもなりません。

お小遣いがほしいならそれ相当の思い出を相手と作る事が大事なんです。相手にいかにお礼をしたいと思わせるか、稼ぐ女の子はそこを熟知しています。パパに従順にならなくてもいいですが、従順になってくれていると錯覚させるくらいには楽しい気分にさせてあげましょう!

お小遣いをあまり貰えない女の子は、自分の事でいっぱいでパパ側の気持ちを察する事が出来ない子がほとんどだと思っています。矢先にあるお金にばかり目を向けず、まずは目の前のパパとの関係を固くしていきましょう。

参考記事:パパ活は容姿じゃない!月200万稼いだ私が教えるデート中の会話術

自分の意思をはっきりと伝えられない

パパから何かを要求されたとき、「うーん」「いやー…」「えーっと」といった曖昧な返事をしてしまうと上手く言葉に乗せられて、本来はご飯で終わるはずがいつの間にか色んな事を要求されてしまうケース。先ほどパパの事を見下すなと言いましたが、パパに見下されてもいけません。

「この子は隙が無い」と思わせるのが大事で、警戒態勢をやんわりと見せる事によってそもそもパパ側から女の子が嫌がるような要求をしてくる確率は減ります。」

曖昧な返事は相手の期待度を上げてしまい、更に押されてしまうので気を付けましょう。

稼げるパパ活女子になるコツ:別れてから編

お礼メッセージを送らない

既に次の会う約束をとりつけたり、とても良い出会いであればLINEやカカオなど、何らかの連絡手段は個人的に掴んでいるはず。ここで長続きしないパパ活女子はお礼をしません。

一言でいいんです。稼ぐ女の子は「今日は楽しかったです、いろいろとありがとうございました」とお礼を送っています。

別れてから文章で感謝の言葉を送る事で、また会いたいと改めて思わせる事が今後も長続きさせるコツ。なるべく別れてからすぐに帰りの電車やタクシーの中で送っておくといいでしょう。

たまにお礼メールを疎かにして、パパに会いたくなったら都合よく「この間はありがとうございました!今日暇なんですけどご飯どうですか?」という形で送る女の子がいます。

このような手法は都合良いなと思われがちですし、何だか掌の上で転がされてる気分になってメッセージをスルーされる事も。

パパに見える場所で新たにパパ活を始める

パパに会ってまた会う約束をしたのはいいものの、もっと他の男性にも会いたい!そう思って出会い系の掲示板に食事のお誘いの書き込み…ちょっと待ってください。その書き込み、さっき会ったパパにもみられてますよ!

そこまでは好印象だとしても、その書き込みであなたへの印象が一気に変わります。

独占欲というよりも、「あ~こうやって色んな男性に会ってるのか~」という尻軽なイメージが勝手に一人歩きしてしまうんですね。沢山の男性にアプローチしている女の子にわざわざ会いに行こうとする男性はほとんどいないと思いますし、一気に印象が下がってしまっては次に会えたとしても太パパには成長しないでしょう。

現在出会い系サイトには特定の男性から自分の書き込みが見れないようにする設定機能がついているところも多いので、ほかの男性を探したい時にはこのような機能を上手く活用してください。

まとめ

稼げるパパ活女子と稼げないパパ活女子の違いが分かりましたか?

「相手を思いやる気持ちとパパ活の知識」が最も大切ということです。メディアで紹介されているように、簡単に楽にオジサンたちがお小遣いをくれる!

と思っているような女の子はいつまで経っても素敵なパパに巡り会う事はありません。

寧ろ知識が無い女の子が、「素敵なパパを1度きりのパパに育ててしまった」のが正解です。せっかくのチャンスを自分の態度や知識量のせいで台無しにしてしまっては勿体ないですし、何の得もないパパ活をちまちま長々と行っていてもなんのメリットにもなりません。

稼げるようになりたいならまずは客観的に、冷静に、相手を見下さず且つ見下されずに、パパとなる男性との距離を縮めていくことを覚えておきましょう。

パパ活の全体のお話は、以下の記事で詳しく纏めていますので、併せてご覧頂けますと幸いです。