キャバ嬢の恋愛事情を解説!仕事と恋愛を両立させるコツは?

仕事柄、毎日たくさんの男性と関わるのがキャバ嬢のお仕事です。お客様から「彼氏はいるの?」と聞かれることは日常茶飯事です。

ところが、彼氏がいることを公表しているキャバ嬢はほとんどいません。

愛沢えみりさんやエンリケさん、進撃のノアさんのような有名キャバ嬢でも、彼氏がいることを公表していません。門りょうさんはキャバ嬢を引退するとほぼ同時期に、結婚を発表しました。

多くの有名キャバ嬢は、引退するまでは恋愛事情を明かしていないのです。そこで元キャバ嬢の筆者が、キャバ嬢の恋愛事情について体験談を交えて紹介していきます。

キャバ嬢の彼氏はどんな人が多い?

キャバ嬢といっても普通の女の子なので、みんな恋愛しています。一般の女の子と違う点は、付き合う男性の特徴です。

キャバクラで働く女の子は、仕事を通して出会った男性と交際することが多いので、相手が夜の仕事関係の人であることが少なくありません。キャバ嬢が付き合う彼氏の職業と理由を見ていきましょう。

お客様

キャバクラの女の子は毎日たくさんのお客様を接客し、プライベートの時間に連絡を取り合うことが多いため、お客様と恋愛に発展することが多々あります。実際にキャバ嬢とお客様の関係から交際をスタートさせて、結婚に至ったカップルはたくさんいます。

「キャバ嬢とお客様が関係を持つのは、色恋営業なのでは?」と疑問に持つ人もいますよね。色恋営業なのに本当に交際中だと勘違いしている男性や枕営業を日常的に繰り返す女の子、キャバ嬢と肉体関係を持ちたいだけの男性など、キャバ嬢とお客様にはそれぞれに違った思いや目的があります。なかにはお互いに真剣な気持ちで交際をスタートさせる人もいるのです。

キャバ嬢とお客様の恋愛が、必ずしも色恋営業とは限りません。はじめは「お客様として良い人だな」と思っていたとしても、長くお店に通っているうちにどちらかから恋愛感情を持ち始めて、真剣交際に発展することがあります。

キャバ嬢とお客様はお店で接客するだけでなく、同伴で一緒に食事をする、アフターでプライベートの時間を過ごすことなどがあるため、誰しも恋愛に発展する可能性が考えられます。

キャバクラのスタッフやオーナー

キャバ嬢がスタッフやオーナーと恋愛することは風紀といい、ご法度です。しかし、実際には隠れて恋愛していることがよくあります。出勤するたびに交際していることバレれないように隠すスリルが、さらに2人の関係を楽しく盛り上げてしまうのです。

同じお店のスタッフなら出勤するたびに会話をする機会があり、担当マネージャーとは毎日のように連絡を取り合います。仕事やプライベートなどで嫌なことがあれば、すっきりとした状態で働けるように気が済むまで相談に乗ってくれます。自分の話を親身になって聞いてくれるので、キャバ嬢の方からお店のスタッフやオーナーに好意を寄せることが少なくありません。

また、お店によっては送り専用のドライバーではなくお店のスタッフが、女の子を自宅まで送り届けることがあります。車の中で2人きりになることが増えたことでお互いに意識し始めて、恋愛に発展するのです。

ただ一緒に働いている相手と恋愛すると、関係がこじれるとどちらか一方がお店を辞めることになります。恋人と別れたときは、それまで働いていた居心地の良いお店や一緒に働く仲間と離れる覚悟で恋愛しないといけません。

キャバ嬢とお店のスタッフやオーナーとの恋愛は、会社からの評価を上げるためやお店をやめさせないために色管理されていることもあるので、相手が本気かどうかを見極めることが大切です。

ホスト

ホストとキャバ嬢が付き合うのはよくあることです。ホストが営業後にキャバクラへ飲みに来たり、キャバ嬢がホストへ行ったり、近隣のお店に飲みに行った際に仲良くなるなど、出会いの場はたくさんあります。同じ水商売なので仕事の話をすると分かり合える部分が多く、打ち解けやすいのです。

東京なら歌舞伎町、大阪ならミナミではキャバクラとホストが多いので、特に高確率でキャバ嬢とホストが恋愛しています。ホストが多い地域のキャバ嬢は、ホストに1回以上は行ったことがある女の子ばかりです。お互いの仕事でノルマや売上目標があることがわかっているので、お客様の予定がつかなくてピンチの時は助け合えます。また、生活リズムが合うのもメリットです。

ホストとの恋愛は「色恋営業されているのでは?」と思うかもしれませんが、真剣に交際するキャバ嬢とホストのカップルは少なくありません。お互いに仕事の悩みを話し、アドバイスし合えるので良い関係になれるのです。

スカウトマン

キャバ嬢がお店を探すときは、求人情報以外にスカウトマンの紹介を利用することがあります。以前よりは減りましたが、現在でも繁華街に行くと道路上で女の子に声をかけて水商売や風俗へのスカウトをしている人がいます。女の子が出勤するたびに同じ場所でスカウトマンを見かけることで顔見知りになり、親しくなるのです。また、キャバ嬢の友達を通してスカウトマンと仲良くなることもあります。

スカウトマンとの恋愛は色管理されていることが多いので、相手の本心を見極めなければいけません。色管理されている場合、スカウトマンの彼氏に仕事の悩みや愚痴を漏らすたびに他店を紹介されて、移籍することになります。

女の子が移籍すれば、スカウトマンの彼氏にはバックが入るので、給料が上がるのです。なかには本気で恋愛をして結婚に至るカップルがいますが、念のためスカウトマンは色管理する場合があることを頭に入れておきましょう。

一般男性

キャバ嬢といっても普通の女の子です。特に大学生やOLと掛け持ちで働いているキャバ嬢は、彼氏が大学生や会社員など一般の人であることが少なくありません。

週5〜6日のレギュラー勤務をしている場合は、彼氏にキャバクラで働いていることを伝えていることが多いですが、大学生のバイト感覚やOLの副業としてキャバクラで働いている場合は、キャバ嬢であることを内緒にしています。居酒屋でバイトや夜は寝ていることにして、こっそり働いているのです。

一般男性と付き合っていて、彼氏がキャバクラの仕事に理解を示してくれていれば良いですが、なかなかうまくはいきません。

彼氏にキャバクラで働いていることがバレたら、彼氏と別れる、もしくはキャバクラを辞めることになってしまいます。一般男性と付き合いながらこっそりキャバクラで働くには、居酒屋で働いていることにする、友達に内緒にしておくように伝えるなど、バレないような対策をしなければいけません。

キャバ嬢が恋愛をするときに悩むこと

男性との交流が多いキャバ嬢が恋愛をするときは、トラブルがつきものです。男性のお客様の隣に座り、お酒の相手をしますが、お客様に恋心を抱いているわけではありません。

女の子には彼氏を一途に思う気持ちがあっても、キャバクラの仕事内容のせいで2人の関係に溝ができることがあります。キャバ嬢が恋愛をするときによくある悩みを見ていきましょう。

他のお客様に対してヤキモチを焼かれる

キャバクラでは男性の隣にドレスを着て座り、酔っ払っているお客様の相手をするのが仕事のため、お客様と仲良く接する様子に嫉妬心を持たれてしまいがちです。酔っ払っているためお尻や太ももなどを触ってくるお客さんは、少なくありません。

キャバクラでのお客様の酔っ払い事情を知っている彼氏なら、余計に彼女がキャバクラで働いていることに抵抗を示します。

キャバクラ店での接客だけでなく、同伴やアフターでプライベートの時間もお客様と過ごすことがあります。自分が大好きな彼女が、男性と2人で食事や飲みに行っていることを良く思う男性はほとんどいません。日頃から彼氏の存在は特別だけれど、お客様は特別な存在ではないことを伝えることが大切です。

キャバ嬢を辞めてほしいと言われる

彼氏が、彼女がキャバクラで働いていることをよく思っていない場合、「キャバクラをやめてほしい」と頼まれることがあります。

  • キャバクラで男性と接することへの嫉妬心
  • 生活リズムが合わない
  • 自分の稼ぎで彼女を養いたい

上記のような理由でキャバクラを辞めてほしいと言われて、喧嘩になることが少なくありません。彼氏ができるたびにキャバクラを辞めて、彼氏と別れたらお店に復帰することを繰り返している女の子もいますが、「キャバクラの世界で頑張りたい」と思っている女の子は、恋愛とキャバクラの仕事を両立させたいですよね。

彼氏が朝〜夕方まで働く仕事をしていて生活リズムが合わない場合は、キャバクラの仕事を必ず1時で上がるように調整し、アフターをしないようにするなど、できるだけ彼氏の生活リズムに近づくよう工夫しましょう。

太客だった場合は売上が下がる可能性がある

それまで長くお店に通ってくれていた太客と恋愛関係になった場合、女の子の売り上げが大幅に落ちる可能性があります。

カップルになるとお店に行かなくても女の子に会えるため、わざわざお店に足を運ばないようになるのです。それまで太客だった男性が突然お店にこなくなると、お店のスタッフや女の子から問題があった、または付き合ったのではないかと疑われるでしょう。

お客様によっては交際後もお店に来てくれることがありますが、付き合い始めると他のお客様を接客している姿に嫉妬して喧嘩になることも…。女の子自身も彼氏に見られている中で、他のお客様の接客はやりづらいですよね。

太客になる人は紳士らしくお金をたくさん使ってくれるので魅力的な人が多いのは確かですが、彼氏にしてしまうと売り上げが落ちて、今までのランキングを維持するのが難しくなる可能性があることを頭に入れておきましょう。

同業者の場合は色管理の可能性がある

交際相手がホストやスカウトマン、お店のスタッフ、オーナーなど水商売関係者の場合、本気で恋愛していることもありますが、色管理されている可能性も考えられます。水商売の世界は売上やランキングなど数字で全てが決まる世界なので、誰もが売上やランキングで上位になりたい、周りの人に認められたいと言う気持ちを持っています。

実際にホストとキャバ嬢が恋愛して結婚することはよくありますが、キャバ嬢がホストに色管理されて、キャバクラの稼ぎだけでは足りず風俗に流れることも多々あるのです。お店内でも担当のキャバ嬢の売上が上がれば、担当マネージャーの会社での評価も上がるため色管理をして、キャバ嬢を育てるケースもあります。

同業者と交際するときは、本当に色管理ではなく真剣に交際しているのかを見極めなければいけません。

もし彼氏から「今月の売上がやばくて…」「キャバクラではなく風俗の方が稼げるのでは?」と言われるようなことがあれば、本気の恋愛ではなく色管理なので気をつけてくださいね。

キャバ嬢には恋愛が苦手な女の子が多い理由

キャバ嬢は一般女性の何倍も男性と接する機会が多く、女性の魅力を売りにする商売なので、恋愛が得意と思われがちですが、実際は恋愛が苦手でいつもうまくいかない女の子がたくさんいます。多くのキャバ嬢の恋愛が、うまくいかない原因を見ていきましょう。

仕事中とプライベートの性格にギャップがある

お客様と付き合うキャバ嬢によく見られることですが、「出会ったばかりの頃の方が良かった。」と言われて、喧嘩や破局に至ることがあります。お客様として出会っているときの女の子は仕事モードになっており、接客のために普段以上にテンションを上げて接客しています。

ところが、プライベートで会うと口数が少ない、接客中に比べて性格が暗い女の子が多いのです。お客様はキャバクラで出会った女の子は、普段も同じような性格とテンションだと思い込んでいる人が多いですが、実際には違います。キャバクラではキャラ作りまで徹底しています。

そのため交際後に彼女の態度が変わったと感じて、「こんなはずじゃなかった」と言われてしまうのです。彼女のテンションが以前よりも低い姿を見ると、男性は「俺と一緒にいて楽しくないのかな」と自信をなくしてしまいます。

キャバクラの接客中とプライベートの性格やテンションが大幅に異なる場合は、交際前に全然違うことを伝えるようにしましょう。そうすれば、女の子のテンションが低い姿を理解してくれるはずです。

実は既婚者だとあとから発覚する

キャバクラには既婚男性もお客様として来店しますが、なかには既婚であることを内緒にしている人がいます。既婚を内緒にして飲みに来ているお客様と恋愛関係になった場合、あとから既婚者と発覚し、知らず知らずのうちに不倫していたという事態になってしまうのです。既婚者と発覚する頃には、お互いに深い愛情を持っており、簡単には別れられないところまできています。

もし彼氏が既婚と発覚し、別れる前に相手の妻にバレてしまった場合、慰謝料を請求されてしまうでしょう。不倫の慰謝料は200万円〜500万円を請求されることが多く、キャバクラで稼いでいたとしても簡単に支払える金額ではありません。キャバクラで知り合ったお客様と交際するときは、相手の身元をしっかりと知ることが大切です。

彼氏を養うハメになってしまう

交際前は男らしくて好きになった場合でも、キャバ嬢として充分な金額を稼いでいるからと彼氏を養うことになるケースは多々あります。仕事では男性に貢いでもらうのが得意でも、プライベートになると好きな人に貢ぐのが好きなキャバ嬢は案外たくさんいます。そのため彼氏になった男性が自宅に転がり込んできて、ろくに働かず自宅にいる姿を見て、「私が支えなきゃ!」と使命感に燃えて養ってしまうのです。

最初のうちは彼氏が働かない姿を見て支えようと思うかもしれませんが、次第に「なんで働かないの?」と愚痴が多くなってしまいます。キャバ嬢は一般の人よりも高収入のため、ヒモになりたい男性に好かれることが多々あります。

働かない男性のお世話をするのが苦ではない女の子なら良いですが、ヒモ男の世話をしたくない女の子はすぐに「財布忘れた」「今、お金ないんだ」と言うタイプの男性とは関わらないようにしましょう。

キャバクラの仕事と恋愛を両立させるコツ

キャバ嬢は、男性と一緒にお酒を飲む仕事柄、彼氏から反対や嫉妬されることが多いですが、恋愛を諦める必要はありません。お客様に気を遣い、気疲れすることが多い職業だからこそ異性に癒しを求めることは大切です。

男性を好きになったからには、キャバクラの仕事と両立させてうまく関係を続けていきたいですよね。キャバクラの仕事と恋愛を両立させるコツは、しっかり線引きをすることです。具体的な方法を見ていきましょう。

アフターはしない

キャバクラでは同伴はノルマがあるお店が多いので、どの女の子もしています。一方で、アフターは禁止しているお店があるほど、するかしないかは女の子の自由です。彼氏がいて今後も関係を続けていきたいと思っているなら、アフターはできる限りしないようにしましょう。アフターをすることでお店に来てくれるお客様はいますが、深夜遅く、または朝方までのアフターは、女の子の負担になるだけです。遅くまで男性と飲みに行くことに、彼氏は良い気分にはなりません。

アフターに行かなければ1〜2時ごろに仕事が終わり、帰宅後すぐに寝れば、昼職をしている彼氏とも生活リズムを合わせられます。朝帰りをする生活を続けていると、どうしても昼職をしている人とは生活リズムが合わないので、2人の間に溝ができてしまいます。キャバクラの仕事と恋愛を両立させたい女の子は、アフターはしないようにしてくださいね。

色恋営業はしない

キャバクラでの営業方法は、女の子によって友達営業や色恋営業、枕営業、毎日出勤することで集客する方法などいろんなスタイルがあります。なかでも色恋営業や枕営業は、お客様と恋人のような関係性に近くなってしまうため、恋愛との両立が難しくなります。プライベートでもひっきりなしにお客様からの連絡が届いてしまい、彼氏と一緒にいてもゆっくりと過ごせません。

キャバクラで働きながら恋愛もしたい場合は、飲み友達のようにお客様と盛り上がって楽しく過ごす営業方法や毎日出勤することで連絡をしなくてもお客様が勝手に来店する集客方法になるように工夫しましょう。エンリケさんの営業方法はすごく参考になります。

彼氏の前ではお客様の話題を出さない

プライベートと仕事をしっかり線引きして、彼氏の前ではお客様の話をしないようにしましょう。

お店の女の子とのエピソードを彼氏に話すのは良いですが、男性のお客様の話を彼氏にしても、不快に感じてしまいます。キャバクラに来るお客様には、経済的に裕福な人が多いので、女の子にはそのようなつもりはなくても、男性からすると「比べられているのかな?俺は力不足かな」と自信をなくしてしまうのです。

初めからお客様の話を彼氏にしていない場合は、そもそも彼氏は仕事のことを気にしなくて済みます。お客様の話をするのは彼氏から聞かれた時だけにして、女の子から積極的に話すことはやめましょう。

昼職をしていることにして普段は忙しいと伝える

キャバクラのお客様は昼夜、休日問わず連絡をしてきます。女の子が暇だとわかれば、特別な用事がないにも関わらず、メッセージや電話が続きます。彼氏と一緒にいる時間帯にまで連絡が来ると、女の子のストレスになってしまうので、昼間は仕事をしていることにしましょう。昼間は他の仕事をしていることにすれば、返事が遅くてもとやかく言われることはありません。

キャバクラの仕事と恋愛を両立させるのは難しいですが、女の子自身が彼氏に配慮した工夫をすることで、両立しやすい環境づくりができます。紹介したコツを参考に、彼との関係をうまく続けていきましょう。

実際にあったキャバ嬢の恋愛体験談

実際にあったキャバ嬢の恋愛体験談を紹介します。仕事と恋愛に迷うキャバ嬢やこれからキャバクラで働きたいと思っている女の子は、参考にしてくださいね。

週1で来てくれる太客と交際

都内のキャバクラに勤めている頃、週1で来てくれる経営者のお客様と同伴やアフターに行くなかで恋愛関係になったことがありました。すごく優しく素敵な男性でしたが、交際がスタートすると以前のように週1では来なくなりました。

仕事関係で飲みに行くときにだけ、私が勤めるキャバクラを利用していたため、以前より売り上げはガタ落ちです。私の売上の半分を占めるほどお金を使ってくれていたので、付き合った途端、売上は減りました。

すごく素敵な方だったので付き合ったことに後悔はありませんが、太客と付き合うと売り上げが減って仕事で大変な思いをすることを学びました。

実は色管理だった…キャバクラオーナーとの恋愛

都内にある規模の小さなキャバクラに勤めている頃、他の女の子は送迎スタッフが自宅まで送っているのに、私だけオーナーに送ってもらっていることがありました。

仕事終わりに食事や飲みに連れて行ってくれるため、次第に仲が深まり、付き合うようになりました。交際後も私は仕事を続けていたある日、オーナーと仲良い仕事仲間が飲みに来たときに口を滑らせたのです。以前No. 1だった女の子もオーナーと関係を持っていたことを…。

オーナーとは半同棲生活をして、旅行にも行く仲だったので普通に恋愛をしているつもりでしたが、ランキング上位の女の子をお店に留まらせるために色管理をする常習犯だったのです。オーナーと交際することでお店での居心地は良く楽しく働けましたが、色管理されているという事実に良い気持ちにはなりませんでした。そして、発覚後1ヶ月ほどして破局しました。

ホストとキャバ嬢が真剣交際

大阪のキャバクラに勤めていた頃、いつもキャッチをしている姿を見かけるホストの男性がいました。お互いに顔を認識するようになってから声を掛けられて、会えば話すようになりました。当時の私はホストを楽しいと感じなかったので、彼のお店に行くことはありませんでしたが、連絡先を交換し、ときどき食事に行く仲になりました。

食事やカラオケ、飲みに行ったりするうちに恋愛関係に発展し、交際することになりました。お互い水商売の同業者でしたが、お互いのお店にはいきませんでした。仕事への理解があるためお客様との同伴やアフターに対して嫉妬することなく、落ち着いた関係を続けられます。毎週日曜日はお互いに仕事が休みのため、1日中一緒に過ごし、しばらく経ってからは同棲するようにもなりました。

結局3年経って別れることになったのですが、お互いの仕事へ理解があるためストレスなく交際できました。

まとめ

男性と一緒にお酒を飲み、ときどきお尻や太ももを触られる危険があるキャバ嬢の仕事を理解しながら付き合ってくれる男性はあまりいません。大学生やOLを掛け持ちでキャバ嬢をしている女の子の中には、キャバクラで働いていることを内緒にしている子がいるほど、なかなか理解されない仕事なのです。

キャバ嬢の彼氏にはホストやお店のスタッフ、お客様、一般男性などさまざまなタイプの人がいますが、仕事柄、誰と付き合っても嫉妬されてしまうことは多いでしょう。

キャバ嬢の仕事と恋愛を両立させるコツは、プライベートと仕事を切り離して考えることです。恋愛に悩むキャバ嬢や彼氏がいるけどキャバクラで働きたい女の子は、この記事を参考にしてくださいね。