キャバクラの面接対策を徹底解説!採用されるポイントとは?

「キャバクラの面接に行きたいけど、初めてだから不安」と感じている女の子に、キャバクラの面接対策について解説します。

他のアルバイト同様、キャバクラにも合否を決める面接があり、面接をクリアしなければ採用されません。

郊外や低価格のキャバクラは採用率が低いですが、高級店になるほど採用基準は高くなります。とはいえ、きちんと準備をしていけば、合格率は高まります。

キャバクラの仕事が未経験、または経験が浅い女の子でも、この記事を読めば大丈夫です!応募や面接のときに気をつけるポイントやよく聞かれる質問について確認していきましょう。

キャバクラへ応募から面接までの流れ

キャバクラに応募するには、働きたいお店を探す必要があります。キャバクラの求人を探す方法は、ネットや雑誌の求人とスカウトマンの2通りです。

スカウトマンを頼ってキャバクラを探す場合、相性がよく仕事ができるスカウトマンなら本当に働きやすいお店を紹介してくれます。スカウトマンは自分の管轄している地域のお店ならよく知っているので、他の店舗と比較しながらネットではわからないキャバクラの情報も教えてもらえます。

反対に、スカウトマンとの相性が悪く良いお店を紹介しれもらえなければ、自分で探した方が良いお店に出会えるはずです。

「キャバクラ 求人」と検索すれば、キャバクラの求人情報はたくさん見つかります。また、繁華街に置かれているフリーペーパーのナイトスタイルやディープマガジン(大阪のみ)などにもキャバクラの求人情報が掲載されています。どちらも無料で見ることができ、探したいときに気軽に見られるので、活用しやすいのが特徴です。

キャバクラへの応募はネットや雑誌の求人情報、スカウトマンのどちらを使っても大丈夫です。働きたいお店が決まったら応募してみましょう。

お店の場所や給料、雰囲気を確認して応募

働きたいキャバクラが決まったら、お店の場所や求人に掲載されている給料、お店の雰囲気を確認しなければいけません。ネットの求人情報なら店内写真を掲載しているお店が多いので、店内の雰囲気がよくわかります。

また、最近はインスタグラムを活用しているキャバクラが多いので、インスタグラムから働きたいお店を探すこともできるのです。

愛沢えみりさんが働くフォーティファイブ、過去に門りょうさんが在籍しており、現在進撃のノアさんが働くエースグループなどの有名キャバクラはインスタグラムでお店の様子を撮影し、随時女の子の募集もしています。スタッフや在籍キャストの雰囲気がよくわかるので、応募するときの判断材料になります。

働きたいお店が決まったら電話やメール、LINEで応募しましょう。

面接

応募が完了したらお店のスタッフと日程を決めて、面接と体験入店です。キャバクラの面接は一般企業のようにかしこまったものではなく、店内のテーブルや控え室などでスタッフと1対1で行います。

面接時間は営業時間の1時間〜30分前にするところがあれば、営業時間内に行うこともあるので、お店によってさまざまです。面接当日の持ち物は身分証明書です。キャバクラでは身分証明書がないと働けません。面接当日に体験入店をする場合は、特に身分証が必須です。

採用の場合は「いつから出勤できますか?」と伝えられますが、不採用だった場合は、「後日合否の連絡をします」と言われます。ただし高級店は面接・体験入店をしてから採用の場合も、不採用の場合も一旦店舗スタッフで会議をして合否を決定することもあります。

面接に行ったキャバクラが高級店の場合は、「後日連絡します」と言われても不採用と落ち込まず、お店からの連絡を待ちましょう。

体験入店

面接に合格すれば体験入店をするかどうかは個人の自由です。面接で話を聞いた結果、入店を見送ろうと思えば体験入店をしなくても構いません。すぐに体験入店するならその場で髪を整えドレスを着て接客の準備に入ります。

ヘアメイクさんがお店にいる場合は髪のセットをしてもらいますが、いない場合は髪をセットせずにドレスに着替えて接客をします。自前のドレスを持っているなら持参した方が良いでしょう。ドレスを持っていない場合でも、お店でドレスを借りられます。

ただし他の女の子も着ているものなので、気に入るものやぴったりのサイズがあるとは限りません。また、ドレスをキレイに着こなし、ブラジャーが見えないようにするためにドレス用ブラを持参しましょう。

体験入店では他の女の子を指名して来店しているお客さんのヘルプに着く、またはフリーのお客さんの席を回ります。初日で不安な場合はお客さんに「体験入店で今日が初めてなのです」と一言伝えましょう。そうすれば多少ミスをしても、お客さんがフォローしてくれます。

体験入店が終わったら当日に給料をもらい、次の出勤日を決めましょう。体験入店をした結果、本入店はしたくない場合は、断っても大丈夫です。もし本入店を断っても、体験入店分の給料は支払ってもらえます。

本入店

面接、体験入店をクリアしたら次は本入店です。すでにキャバクラの経験があり、お客さんを抱えている場合は、初日から自分のお客さんを呼ぶことができますが、そうでなければフリーのお客さんの席に着き、新しい本指名客を獲得していきます。

はじめのうちは時給の保証が用意されているので、お客さんを抱えていない女の子でも安心して働けます。保証期間の間に新規顧客を獲得していきましょう。

キャバクラの面接アポの取り方

スカウトマンを通してキャバクラの面接に行く場合は、スカウトマンが日程調整をしてくれますが、求人で自ら応募する場合は、自分でアポ取りをしなければいけません。

とはいえ、キャバクラの面接ではそこまで気を張る必要はありません。最低限のマナーを抑えておけば、社会人経験のない女の子でも簡単に応募できます。

最近はメールやLINE、電話など応募方法を自分で選択できるので、電話が緊張する場合はメールやLINEを選んでくださいね。電話の方が手っ取り早いと感じる人は、電話で応募しましょう。そこで電話で応募するときとメール(LINE)で応募するときの面接アポの取り方を解説していきます。

電話でアポを取る

電話で面接のアポを取る場合ははじめに、「お忙しいところ申し訳ございません。求人を見て応募した○○と申しますが、今お時間は大丈夫でしょうか?」と伝えましょう。

キャバクラの求人の電話番号の多くは、携帯電話と24時間受付と記載されています。たとえ24時間受付可能と書かれていても、採用担当者が携帯電話を毎日持ち歩いているだけで、常に電話する時間があるとは限りません。

電話の相手が求人に応募してきた女の子とわかると、採用担当者は手際よく必要事項を聞いてきます。女の子はその問いに答えれば大丈夫です。「直近でいつが空いていますか?」と希望面接日を聞かれるはずなので、採用担当者とスケジュールを合わせてください。

電話で求人に応募するときのポイントは、明るい声で電話することです。キャバクラの採用担当者はあなたの外見だけでなく、人柄も見ています。電話から暗いと伝わってしまうような声のトーンでは、採用担当者からよく思われません。電話が苦手な人は、メールやLINEを使って応募しましょう。

メール(LINE)でアポを取る

最近は応募する際に電話ではなく、メールやLINEを使用する女の子が増えています。メールやLINEなら、相手の都合を考えずに連絡できて便利です。メールやLINEでキャバクラの求人に応募するときは、丁寧な敬語を使いましょう。

メールは電話と違って人柄が伝わらないので、友達に送る感覚で応募すると「バカにされている?」「本当にやる気あるの?」と思われてしまいます。文面で嫌がられてしまうと、最悪返事すらもらえないこともあり得ます。

メールでキャバクラの求人に応募するときの例文を紹介します。

『はじめまして。〇〇と申します。

××の求人を拝見して、面接に伺いたいと思いご連絡いたししました。

面接日は○月○日、または×月×日を希望しているのですが、いかがでしょうか?

ぜひ面接の機会をいただけますと幸いです。

よろしくお願いいたします。』

あいさつ、求人を見た媒体、面接希望日を複数日提示して、求人担当者に連絡しましょう。こちらから面接希望日を提示しておけば、相手と面接日を決めるやりとりがスムーズに済みます。求人担当者は採用以外の他の業務があり、忙しくしていることが少なくありません。そこを配慮してスムーズにやりとりができたら、採用担当者からの印象は良くなります。

上記の文章を採用担当者に送ったあとは返事が来るのを待ち、連絡が来たら面接日の調整をしてくださいね。

キャバクラの面接にふさわしい身だしなみ

キャバクラの面接に必要なのは美人な顔やモデルのようなスタイルだけではありません。たとえキレイな女性でも身だしなみに気を遣っていなければ、キャバクラに面接で不採用になります。

反対に見た目に自信がない女の子でも、身だしなみに気を遣っていれば採用されます。未経験でキャバクラの面接にはどんな服装で行けば良いのかわからない人は、採用されやすい身だしなみをチェックしていきましょう。

女性らしいスカートやワンピース

キャバクラの面接で女の子の第一印象を決めるのは、服装です。必ずスカートかワンピースを着用していきましょう。スウェットやジャージで面接に行くのは、厳禁です。

「この女の子なら男性の心を掴めそう」と面接官に思ってもらわないと、キャバクラの面接には合格しません。レベルの高いお店なら特に身だしなみに気をつける必要があります。

色気を見せるために露出が激しい服装をしようとする女の子がいますが、あまり露出をすると品がなくなってしまいます。キャバクラのお店のレベルによって採用基準は変わりますが、レベルの高いお店ほど品の良い服装が好まれます。

有名キャバ嬢の愛沢えみりさんの服装は、キャバクラで働く女の子にとってとても参考になります。特に愛沢えみりさんが手掛けるエミリアウィズは、私服としてもキャバクラで勤務中にも着られる洋服ばかりで、面接のときに着ていくと好印象を得られます。

エミリアウィズの服は価格が高くて手が届かない場合は、愛沢エミリさんの服装を参考に、似たような雰囲気を心がけると良いでしょう。

髪やメイクはきちんとしていく

キャバクラの面接の時の身だしなみは服装だけでなく、髪型やメイクにも気を遣わなければいけません。勤務中のようにきっちりと髪をセットする必要はありませんが、ストレートヘアや軽い巻き髪をして整える、または自分でできるヘアアレンジで清潔感があり上品に見せるようにしてください。

髪が傷んでいてボサボサの状態でキャバクラの面接に行くと、確実に落ちます。自分ではどうしてもキレイに髪を整えられない女の子は、セット専用のヘアサロンで1,500〜2,000円でセットしてもらってからキャバクラの面接に行きましょう。

メイクも手を抜かずきちんとしてください。キャバ嬢だからといって必ずしも濃いメイクが良いわけではありません。新宿のキャバクラには濃いメイクの女の子が多いですが、六本木のキャバクラにはナチュラルで品のあるメイクをしている女の子がたくさんいます。

地域によって好まれる女の子のタイプが異なるので、あなたが面接に行くお店のコンセプトに合わせたメイクをするのが一番です。

キャバクラの面接で聞かれること

キャバクラで必ず聞かれる事項については、事前に答えを準備しておきましょう。その場で思いついたことを答えるのも良いですが、答えを用意している方が当日は焦らないで済みます。

キャバクラで聞かれる質問に対する答え方を紹介するので、キャバクラの面接に行く予定の女の子は参考にしてくださいね。

キャバクラで働こうと思った理由

どこのキャバクラに行っても、なぜキャバクラで働こうと思ったのかは必ず聞かれます。キャバクラで働く女の子にはそれぞれの思いがありますが、何か目標を持って働こうとしているのかを採用スタッフは確認しています。

  • キャバクラで働く可愛い女の子に憧れたから
  • もっとお金を稼いで美容にお金をかけたいから
  • 学費を稼ぐため

女の子によって色々な目標を抱えていますが、その中身は何でも大丈夫です。反対に、「なんとなく、昼職よりも楽そうだから」と答えていると、「嫌なことがあったらすぐに辞めるのだろう」と面接スタッフに思われてしまいます。

キャバクラで働く理由を聞かれたときは、前向きな理由を答えるようにしてください。

水商売や風俗の経験

キャバクラだけでなく、スナックやラウンジ、クラブ、ガールズバー、ヘルスなどの水商売や風俗の経験についても必ず聞かれます。もし経験がある場合は、在籍していたお店や期間、時給、今も繋がっているお客さん、辞めた理由も聞かれます。

以前在籍していたお店での実績に自信がある場合は、指名本数や売り上げなどをアピールしましょう。以前のお店での実績によっては、時給を上げてもらえることがあります。一方で、辞めた理由を答えるときは、マイナスなイメージを与えることは言ってはいけません。

  • 自宅を引っ越して通いにくくなったから辞めた
  • 就職することになったから辞めた

上記のように、止むを得ない事情があったことにすると良いでしょう。「店長と喧嘩して辞めた」「彼氏ができたから辞めた」とは答えないでくださいね。

出勤日数、時間、希望曜日の確認

お店で働くことになれば週に何日間、何時から働けるのか、希望曜日はいつなのかを聞かれます。よく思われようと可能な勤務日数を多めに伝えず、確実に出勤できる日数を伝えてくださいね。採用されたときに面接で言っていたことと違うことを言うと、後からトラブルになりかねません。

  • 学校があるので週3日で20〜終電まで働きたいです。週末はラストまで勤務できます。
  • 平日は仕事をしているので金曜日と土曜日に20時〜ラストまで働きたいです。
  • キャバクラの仕事を頑張りたいので週5日間オープンラストで働きたいです。

このように具体的な数字や曜日を提示して、あなたの希望を伝えましょう。

キャバクラの面接で聞くべきこと

キャバクラの面接では質問されてばかりではなく、あなた自身がお店のことを知ろうとすることも大切です。気になることは納得できるまで聞きましょう。

特にこれから紹介する事項は面接スタッフから説明されるはずですが、納得できるまで説明を受けるべき事項です。後から「こんなはずじゃなかったのに…」と後悔しないように、面接のときに疑問は全て解決しておきましょう。

給与システム

キャバクラの給与システムはお店によって全然違います。時給はもちろんのこと、指名やドリンク、ボトル、同伴などのバックシステムについても確認してくださいね。お店によっては指名やドリンクのバックではなく、ポイント制のところもあります。

ポイント制のお店の場合は、何をすれば何ポイント付与されるのかをきちんと把握する必要があります。ポイントは翌月の時給に影響するので、自分のポイントは日々確認してくださいね。

給与の支払い日や方法について

キャバクラの給料は2週間に1度のお店と月1度のお店に分かれます。

  • 月末締め翌10日払い
  • 15日締め月末払い、月末締め15日払い

お店によっては日払い可能なところがあるので、日払いシステムについても確認しましょう。日給の80%日払い可能や月いくらまで日払い可能など、お店によって日払いのシステムが異なります。

また給料の受け取り方法もお店によって異なります。手渡しでミーティングの際に封筒に入れて渡されるお店や銀行振込をしているお店などがあるので、面接に行ったお店のシステムを詳しく確認してくださいね。

時給保証について

未経験や新人の女の子には、入店から1ヶ月、または3ヶ月までの期間は保証期間が用意されています。キャバクラで働き始めの頃はまだお客さんを抱えていないので、売上を上げられません。

そこでお店が時給を保証してくれて、その間は時給を下げることなく新規顧客を掴めるのです。新しく本指名客をつかむことができず、指名も売り上げも上げられていない場合は、保証期間終了後に時給が急に下がるので、注意してくださいね。

罰金やノルマについて

ほとんどのキャバクラで遅刻や欠勤、無断欠勤、早退に罰金が設けられています。罰金の額は日給よりも多いことがあるので、キャバクラで働く以上、遅刻や欠勤をしてはいけません。

  • 遅刻:10分1,000円
  • 欠勤:1日20,000円
  • 無断欠勤:1日30,000円
  • 早退:1回10,000円

お店によって罰金の額は異なりますが、だいたい上記のような金額を請求されます。またノルマに関しても入店前に確認しておきましょう。お店によってはイベントの日に呼ぶお客さんの数をノルマにしている場合があります。

例えば同伴デイの日にお客さんと同伴して来られなかった場合は、5,000円の罰金です。女の子からするとノルマがあるとプレッシャーに感じてしんどくなってしまいます。最近はノルマがないお店が増えてきているので、プレッシャーに弱い女の子は、ノルマなしのお店を選んでくださいね。

給料から天引きされる控除について

キャバクラの給料から天引きされる金額は源泉徴収の10%と復興特別税の0.21%、合計10.21%です。もし面接スタッフから「うちでは給料から20%を源泉徴収として天引きします」と言われた場合は、お店の収入にしている可能性が考えられます。

面接のときに給料から天引きされる金額をきちんと確認しておきましょう。

衣装のレンタル、クリーニングについて

キャバクラで働く女の子はお店が所有しているドレスを借りられます。ドレスを持っていない場合や忘れた場合は、お店のドレスを着用できるので、ドレスのレンタルが無料と有料のどちらなのかを確認する必要があります。

また定期的に女の子のドレスをまとめてクリーニングに出してもらえます。クリーニング1回につき約1,000円ほどであることが多いですが、入店前にクリーニング代がいくらなのかを確認してくださいね。

ヘアメイク、送迎について

キャバクラではお店に専属のヘアメイクさんがいる、もしくは契約しているヘアメイクサロンがあります。専属でヘアメイクさんがいる場合は、無料で利用できることもありますが、多くの場合が有料です。お店のヘアメイクさんを利用するときの金額も確認しましょう。

また、キャバクラの仕事が終わるのは深夜なので、電車がありません。そのためタクシーまたは送迎車で帰宅します。送迎車はタクシーよりも低価格で自宅まで送ってもらえますが、他の女の子の自宅も回るので、時間がかかります。

自宅まで送迎してもらえるのか、送迎料金はいくらなのかを面接のときに確認してください。

キャバクラの面接で落ちる理由

キャバクラで働きたいのに採用してもらえない、と悩む女の子は少なくありません。たとえ見た目が良くても、キャバクラで不採用になることはあります。キャバクラのお店はたくさんあるので、落ちても他を探せば良いですが、実際に落ちると不満に思いますよね。キャバクラの面接では、どのような理由で不採用になるのでしょうか。

  • ルックスが良くない
  • お店と女の子の雰囲気が合わない
  • お客さんを呼べる数が少ない
  • 希望時給が合わない
  • 刺青や傷
  • 希望の出勤日が合わない
  • 自宅が遠くて送迎車を出せない

キャバクラで不採用になる原因として、上記7つのことが考えられます。たとえ女の子のルックスが良くても、お店のコンセプトと一致しなければ採用されません。最近は元キャバ嬢の門りょうさんや進撃のノアさんが在籍するエースファクトリーが人気で、毎月100人以上の女の子が面接を申し込んでいます。しかし、本当に採用基準が高く、キレイで可愛い女の子がたくさん面接に落ちています。人気店になるほど面接に落ちる確率は高いのです。

他にも女の子の希望時給が高い、または刺青や傷が多い場合は、採用してもらえないことがあります。しかし、数多くあるキャバクラの中には傷や刺青OKのお店もあるので、そういったお店を探しましょう。

まとめ

キャバクラの面接に行くときは、身なりをきちんと整えていくことが大切です。身だしなみがなっていない女の子は、まず採用されません。面接当日は笑顔で明るい女の子を心がけて、印象の良い受け答えをしましょう。「キャバクラの面接は誰でも受かるだろう」と思っている方がときどきいますが、確実に採用されるとは限りません。

お店のコンセプトと合わない女の子は、たとえ容姿が良くても不採用になります。とはいえ、世の中には数多くのキャバクラがあるので、必ずあなたと相性の良いお店が見つかるはずです。もし不採用になっても落ち込まず、相性が良いお店を探しましょう。