みるきーろりっくは秋葉原随一の健全系リフレ店で裏オプションはほぼ不可

今回は秋葉原にあるリフレ「みるきーろりっく」にやってきました。

みるきーろりっくは秋葉原の電気街の反対側のヨドバシカメラの近くにあるお店で、普通に秋葉原に来る人は気づきにくい場所にあります。

癒しのリフレを求める人には大好評のお店ですが、みるきーろりっくは至って健全店で裏オプションがないため、抜きを求める人には物足りないお店です。

みるきーろりっくとは?

みるきーろりっくはヨドバシカメラから北に数分歩いた場所にあるリフレです。

富士ソフトとUDXを結ぶ高架の下でビラ配りをしていることが多いので、このあたりを通ったことのある方は女性からビラを受け取ったことがあるかも知れません。

ツイッターでもキャストが高架下にビラ配りに行く呟きをしていることが多いです。ということで勤める側とするとビラ配りのノルマは覚悟しなければならなそうです。

住所は、東京都千代田区 神田練塀町70 第2横島ビル4階です。

みるきーろりっくの女性のレベル

みるきーろりっくのホームページには女性キャストの顔写真が出ています。

私の主観ですが、ずば抜けて可愛い娘はいない印象で、レベルは低~中程度かと思います。したらば掲示板の書き込みを見ていても同じような意見が目立ちました。

可愛い娘は人通りの多い電気街側のCARRYなどに流れる傾向が強く、CARRYなどの人気店で大きく稼げなかった女性が来ている。という意見もありました。

ただ、付近に競合する店がなく、ヨドバシ側によく来る客は総取りできるので、客数自体はそこそこ見込めます。

実際、平日は微妙ですが土日は予約がかなり埋まっているので、予約なしで訪れると誰も選べない。という場合が多々あります。

みるきーろりっくへの行き方

ヨドバシカメラ前の通りを北に向かって歩いていくと、1Fがラーメン屋の第2横島ビルがあります。この看板が目印です。

第2横島ビルにはエレベーターがないのでひたすら階段を上がっていきます。

長い長い階段をひたすら上がっていきます。

体力がない人は結構きつい道のりです。

「やせた?」

という階段に貼られていました。

うまいジョークですが、これはリアルにきついですぜ…

ということで無事に到着しました。

すっかり疲れたので早くリフレッシュさせて欲しい…

期待を胸にドアノブを回します。

みるきーろりっくの受付

長くて疲れる階段を上がるとみるきーろりっくのドアがあります。

ドアを開けると右が受付になっているので、そこで男性店員さんが受付をしてくれます。

みるきーろりっくの基本コース

秋葉原お散歩コース

  • 30分 ¥5000
  • 60分 ¥8000
  • 120分 ¥15000

東京お散歩コース

  • 90分 ¥12000
  • 180分 ¥23000

店内メニュー

  • 基本リフレ 30分 ¥4000~
  • 添い寝リフレ 30分 ¥5000~
  • 添い寝腕枕 30分 ¥6000~
  • VIPルーム 30分 ¥7000~

※+3000円で60分コースに。

最初に女性を選ぶ、もしくはフリーで適当な女性を付けてもらうことになります。

恐るべきみるきーろりっくの多様なコース

と、普通のコースはごくごく一般的なのですが、室内に置いてあったアルバムを見てド肝を抜かれました。

テーマパーク 6時間 50000円、10時間 70000円って…

お店を二人で出てディスニーランドへ行く。ような話だと思うのですが、その料金が驚異的な金額

移動やチケット代なども負担するとなると恐らく10万は超えてくるでしょう。

誰が使うんだよ。

と、お持っていましたが、嬢から聞いた話では

「秋葉原から東京駅に行き新幹線で京都に日帰りに行った猛者がいる」

そうで、新幹線代なども含めると総額で20万円近くはかかっていると思われます。

別にエッチなことはなく、ただ一緒に京都に行き清水寺を見て帰ったそうです。

「そこまでやるか?」と思いますが、実際にこういった大盤振る舞いをする客はたまにいるそうです。

いやぁ、JKビジネス儲かりますね…。

私もリストラされたらやろうかな。と思ってしまいます。

みるきーろりっくの凄さはまだまだ過ごします。

ときめきメモリアル:15,000円

オプション全メニューを時間無制限ハグは5回まで、チェキは1枚ずつ、コスプレは2000円のものまで)

独占!独り占めコース:30,000円

ハグし放題!チェキも取り放題!全コスプレをやり放題!

オタクから可能な限り金銭を搾り取ってやろう。という気概が勘弁して欲しいほど伝わってきます。

商売好きな大阪人でもここまでやりませんぜ…、恐れ入りました。

みるきーろりっくの店内の様子

店内はまあまあ広く、カーテンに覆われたブース入口付近に幾つかあります。

BGMはアニメ系の曲がガンガンにかかっており、それが各ブースの会話をかき消しています。

各ブースの入口は薄いレースのカーテンがあり、外から中の様子がある程度分かるようになっています。

よって、本番・手コキ・フェラチオなどの性的な裏オプションなんかやろうものなら一瞬でバレるので、裏オプションはほぼ不可能です。

キスやソフトタッチくらいならできると思いますが、エロを求める人にはかなり物足りないでしょう。

店内にも以下のように風俗行為を禁じる注意書きがデカデカと貼られているので、これもエロいことをする気分を抑えてきます。

VIPルームは豪華な別途とぬいぐるみ、Amazon TVが見放題とかなり優遇されています。

私は待ち時間が長かったので、その間この部屋で待たせてもらいました。どうやら、部屋が空いている場合はお客さんの待機室としても機能するようです(その代わり、待合室がありません)。

ということで、エロ行為は一切無理と悟った私アキラは普通の健全なリフレに興じることにしました。

実際に遊んできました

今回お相手をしてもらったのは、オープン時から在籍している女性

「はじめまして~」

と愛想よく入ってきてくれ、早速お喋りを楽しみました。

ルックスは低~中くらい。秋葉原のオタク層からは多少評価がもらえそうですが、学校のクラスにいても特に注目されないレベル

ただ、性格はかなり良く、常に笑顔を絶やさずこちらを見つめてくれるので、距離感はかなり近い。この健気なところが人気ポイントかもしれません。

裏オプは無理と分かっており、それほど可愛くもなかったのでイチャイチャする気も行らなかったので、ここは健全なマッサージをしてもらうことにしました。

…ん

……あんまり、うまくないな…

やはり普通のリフレ店では施術のレベルが低く、全く効果を感じません。

これで金もらうとはかなりチョロイ商売だなぁ。と思いつつも、ヘタなりに優しく時間をかけてマッサージしてくれるので、そのまま身を任せていました。

途中、世間話をしました。

裏オプがしにくい環境で粗暴な客がこないことから、キャストの立場からするとかなり働きやすいそうです。一度辞めても出戻ってくる女性もいるそうで、都内のリフレの中でも働きやすさの観点では上位だそうです。

また、キャストの待機場所は入口左の大部屋なのですが、女の子同士の仲が良く、いがみ合いもないため、かなり和気あいあいと過ごしているそうです。制服オーディション系だと女性同士の妬みや嫉妬がすごくほとんど口を聞かないらしいので、この中の良さはすごいですね。

ということで、リフレを楽しんだというよりはお喋りを楽しむ形で時間を過ごしました。

30分という短い時間でしたが、この内容なら十分でした。

感想