ボンドガールミナミは本当に高級デリヘル?38000円でクソ地雷嬢に当たった最悪の体験談

今回は大阪の風俗グループ「むきたまご」内のデリバリールヘルス「ボンドガールミナミ」に行ってきました。

2017年4月10日プレオープンのお店ですが、既に営業が始まっていたため利用してみました。

結論から言うと、当たった嬢がかなり微妙で私アキラがここ数年遊びに行った風俗の中ではダントツでひどい結果になりました。

ボンドガールミナミとは?

ボンドガールミナミは「むきたまご」グループ内のデリバリーヘルスです。

むきたまごと言うとホテヘルのイメージが強く、デリバリーヘルスを運営しているイメージはなかったのですが、「ボンドガール」というブランド名で最近になってデリヘルを始めたようです。

最初は梅田に「ボンドガール・キタ」をオープンし、2017年4月10日から日本橋に「ボンドガール・ミナミ」をプレオープンすることになったようです。

そのため、この記事を書いている時点(4月8日)ではオープン前なのですが、なぜか既に営業を開始していたため興味本位でホームページを眺めていました。

ボンドガールミナミのレベル

在籍嬢のレベル

ホームページの写真のほとんどは顔がほとんど映っていません。

そのため、嬢のレベルがまったく判別できませんでした。

むきたまごグループのホテヘル店の大部分は顔を鮮明に表示していることが多いので、同グループのお店の中ではかなり珍しいケースです。

「正直、これでは選びようがないな…」

と悩んでいると、1名だけ顔がかなり分かりやすく載っている嬢がいました。

  • 業界ほぼ未経験の巨乳嬢
  • 黒髪清楚系でスタイルもかなり良い
  • 性格も優しそうで物腰柔らか

写真からはそう読み取れました。

「おー、このレベルなら良いなぁ。」

と思い早速予約を試みました。

ボンドガールミナミの電話対応と料金

ボンドガールミナミの電話対応

お店に電話をかけると元気な男性が応対してくれました。

店員さん「はい、ボンドガールミナミです」

アキラ「すいません、デリヘル使いたいんですけども」

店員さん「はい、既にどこかホテルにお入りになられてますか?」

アキラ「自宅でもいけますか?」

店員さん「すいません、当店は自宅へのデリヘルは行ってないんですが…」

「高級デリヘル」と書かれていましたが、どうやらホテルにしか女性を送迎してくれないようです。

しかし、お店のホームページを見ると「遊び方」の欄に、

お客様の御利用場所、自宅の場合住所を、ホテルの場合ホテル名とお部屋番号を言って頂き、

と書かれています。

(オープン前なのでまだ自宅への送迎を開始していなかった可能性はあります)

自宅で遊びたいと思っていたため、ちょっと面倒だなぁと思いましたが、しぶしぶ大阪の日本橋へと移動することにしました。

店側からは「国立文楽劇場」前を指定されたので、そこの前で待っていてくれたら電話をくれるとのことでした。

ボンドガールミナミの料金

電話の中で料金についても説明がありました。

  • 入会金:2000円
  • パネル指名料:1000円
  • 予約代金:1000円
  • コース料金:70分 30000円(HIGH END CLASSの女性)
  • ホテル代:3000円

これに消費税がついて、36000円×1.08 = 38800円でした。

…高い

……大阪の最高峰「谷九LOVE」のSLC(最高ランク嬢)に匹敵かそれを上回る高さ

そして、お店のホームページの写真はほとんど嬢のルックスが分からない

この時点でかなりの危険臭を感じたのですが、乗りかかった船ということで実際に遊びに行ってみることにしました。

なお、割引で微妙にまけてくれ、880円下がり38000円になりました。

ボンドガールミナミの待ち合わせ

今回は「国立文楽劇場」前を指定されました。

この場所は出会い系割り切りの集合場所としてもよく用いられ、援デリ業者なども多数集まる場所です。

綺麗な夜桜を撮影しながら待っていると、向こうから男性スタッフに連れられた女性がやってきました。ああ、あれだな…

女性が近づいて来て、顔を見ると…

ああ、失敗した

と即座に今回のプレイの末路を悟りました。

  • 顔はホームページの写真から30%減
  • 清楚系からはかなり遠く汚いギャルと言った感じ。
  • 出会い系の割り切りなら1.5出すのも躊躇われるレベル

ルックスが悪いのはデリヘルではよくあることなのでご愛嬌ですが、問題なのは女性の応対

  • ガラがかなり悪い
  • アホっぽい
  • こちらの質問は基本はぐらかす
  • 客に気を使わず好きなように振舞う

おおよそ高級店を名乗れるレベルではない応対です。これらの要素をホテルに向かって歩いている際に悟りました。

「しくった…、もうこのまま走って逃げたいなぁ」

と相当凹んでいましたが、プレイに入れば多少は改善が見られることを期待して、ホテルへと入りました。

ボンドガールミナミのプレイ体験談

ホテルは好きな場所に入っても良さそうだったので、すぐそこにあったリトルチャペルに入りました。

正直プレイはもうどうでも良かったので、お店のことを聞いてみることにしました。

ボンドガールミナミは嬢が足りておらず、プレオープンに向けて現在補強中のようです。

むきたまごグループならば系列店から引っ張ってくれば良さそうなものですが、嬢の多くが現在はホテヘル勤務で、デリヘルに変わることを嫌がるようでなかなかうまくいっていないようです。

「待ち合わせ型のホテヘルに近い」と言っており、待機場所も近くにあるようです。推測ですがまだデリヘル用の車の手配もそれほど進んでいないのではないでしょう。

この嬢もスカウトから紹介されてこの店にやってきたそうですが。

ただ、プロフにあった風俗業界ほぼ未経験は嘘で風俗暦自体は長く、店を転々としているようです。

私の経験上、店を転々とする嬢は確実に地雷です。

終わった。

多少愛想は良いのですが、一人で勝手に適当なことを喋っているだけです。逆にこちらが相手のことを聞いても、明後日の方向に目を向けてきちんと答えません。客との距離を詰めようとする気が全くない。

また、タイマーを設定していましたが、明らかに時短したと分かる動き(実際に後で逆算してみましたが、部屋を出るまでの時間が50分でしたので、20分時短していました)

お風呂に入ると、嬢が勝手にジェットバブルバスそ使い一人ではしゃぎだしました。

はしゃぐのは良いのですが、幼稚な感じでこちらを無視して遊んでいるだけ、わざと風呂の時間を引っ張って時間稼ぎをしたいことも分かったので。

…もう、いいや

お風呂を楽しもう

と、完全に今回のプレイを捨てた私は、あったかいお湯に浸かりながら別のことを考えていました。

嬢「わ~、これ面白い」

アキラ「(谷九LOVEのアンルシアちゃん元気かなぁ、また会いたいなぁ)」

嬢「うわ、めっちゃ泡溜まってきた~」

アキラ「(ギャルズパッションのアヤノちゃん。地元で元気にやってるのかなぁ)」

嬢「これ溜まりすぎちゃう?、やばいわ~」

アキラ「(東京行ったら次はどの店行こうかなぁ。最高峰の王室にまた行こうかなぁ)」

結局、風呂の時間は30分と、かなりの長湯になりました。

風呂をあがってもプレイは想像通り適当

まず、こちらに触られるのが嫌なのか責めさせない

責めようとすると「だめ~」と言って抵抗され触らせません。

ちなみにスマタをする場合はゴム着用とと言われました。基本プレイすら出来てねーじゃないか。

本番などは間違っても発生しないでしょう。

ヘタクソなフェラチオを少しした後にひたすら手コキで発射させようとするだけのプレイ

これではピンサロのレベル以下だな…

3000円でもいらんわ…

プレイ料金の桁、1つ間違ってるんじゃね?

と思いつつ、目を瞑って別のことを考えてきました。

普段、萎えることがない私のナニも完全にやる気をなくしたのか、みるみる小さくなります。

風俗に行ってここまで萎えたのは恐らく人生初です。

プレイ続行不可能になったので、離れてもらい会話をすることにしましたが、相変わらずこちらの聞くことに答えないので、コミュニケーションになりません。嬢もベッドに入って向こうを向き、スマホをいじって遊んでいました。

時短されたのにそれでも終了までの時間が長い地獄のひと時でした。

最後は早々にお別れをして終了となりました。

あー、無駄な1時間を過ごした。4万円ちかく払ってこれでは厳しいです。

感想

いやー、良いお風呂でした。

体が暖まり大満足です。

あまりの地雷に驚愕したので、この店に来ることは当面ないですね。

もっとまともな女性をスカウトして体制が整えば、遊びに来ても良いかなとは思います。

私の風俗歴史の中で間違いなくワースト1位のひどい体験談となりました。