ドイツミュンヘンのFKKについて

fkk_munchen_1

今回は私アキラが2014年夏の出張で訪れたドイツのミュンヘンの風俗「FKK」の解説をします。

ミュンヘンにあるFKKの概要説明と中でも最も人気のあるSunshineへの行き方、遊び方をご紹介します。

※この記事は私アキラが別サイトで書いていた記事をこのサイトに統合したものです。

ミュンヘンにあるFKKについて

ミュンヘンはドイツ第3の都市です。

「ドイツの第3の都市」というとかなり大きな近代都市のように聞こえますが、ミュンヘンは歴史的な建物が多く、自然が豊かな地方都市のようなところです。日本で言うところの広島あたりのイメージでしょうか。そのため、FKK自体が少なく、レベルもそれほど高くないようです。

ネットで検索してみたところ、FKKらしきお店は3件ヒットしました。

  • Sunshine
  • Relax
  • Oase Connecting GmbH

いずれのお店もホームページを持っていますが、とりわけ目を引くのはSunshineです。

Sunshineはホームページが日本語に対応しており、日本語で説明書きがあります。訳は多少荒いですが、十分に内容が分かるレベルですので問題ありません。

さらに、Sunshineは在籍している女性の名前と写真もあります。写真は顔こそ映っていませんが、全身を写したカットが幾つもあるので、スタイルは良く分かります。

次に良さげな店ですが…

正直、Sushine以外は「…なんだかな」という雰囲気が流れています

Relaxは価格や店の雰囲気が分かりますが、Sunshineと比べるとどうにもレベルが落ちる印象です。女の子の数も少なそうですし、レベルも低いのでは…、という気がしています。

Oase Connecting GmbHはホームページだけ見ると何だか入りにくい印象があります。

口コミも少ないのでイマイチSunshine以外は踏み込む勇気がありません。

ミュンヘンで初めて訪れるならSunshine一択?

私自身はSunshineとRelaxに行きましたが、レベルや女性の数はSunshineの方が上でした。

Oase Connecting GmbHは、ミュンヘンの観光スポット「ニンフェンブルク宮殿」の近くにあるので、帰りに寄ってみようかと思いましたが場末感が漂っていたので止めました。

よって、ミュンヘン市内でFKKに行くなら、Sunshineが最も良いと思われます

可能であれば、急行電車で50分ほどで行けるアウクスブルクにあるColosseumの方が建物も大きく、女性もレベルが高いのでお勧めです。

ミュンヘンはドイツ第3の都市ですが、やはり地方都市という雰囲気が抜け切れておらず、ベルリンやフランクフルトに比べると風俗のレベルが低くなっています。