ヴィトックスα(EXTRA Edition)のリニューアルポイントとは?人気の秘密を口コミ評判も踏まえて分析

ヴィトックスα(EXTRA Edition)はアメリカで爆発的に売れているというヴィトックスシリーズの最新バージョンの製品です。

ヴィトックスαはヴィトックスを日本人向けに改良して販売されるようになった精力剤ということですので、まさしく日本人男性の勃起力アップのために最新技術・成分を取り入れた精力剤がヴィトックスα(EXTRA Edition)ということになります

精力剤がリニューアルするというのはよくあるみたいですが、旧製品が売れなくなったから苦し紛れにしているということはないのでしょうか?

必ずしもそういうわけではなく、新しい技術や成分に情報網を張り巡らして自社製品に取り入れる意味があるのかどうかを検討することによって製造販売会社が常に良い製品、すなわち、多くの方が効果を実感できる精力剤であることを目指しているということもあります。

言い換えるならば、開発に力を入れている会社だからこそリニューアルを繰り返すことになるという考え方もできるのではないかと思います。

今回はヴィトックスα(EXTRA Edition)がリニューアルしたポイントを検証することによって、ヴィトックスという精力剤のシリーズがどのような精力剤であるのかを科学的な観点から検証したいと思います。

ヴィトックスシリーズは販売を開始してから2019年1月時点で80万個を突破している精力剤ということだそうですが、サプリメントに厳しいアメリカで人気を博し、さらに、日本進出にあたり日本人に合わせたヴィトックスαとして販売し、今回のヴィトックスα(EXTRA Edition)でパワーアップさせた精力剤としてリリースされています。

日本人向けに改良したヴィトックスαの改良点については不明ですが、一般的に欧米人に比べてペニスサイズが小さいと考えられている日本人ですので、サイズアップにこだわった成分が追加されているのではないかということも考えられるのかもしれません。

※なお、サイズアップや精力剤に関する情報は以下に纏めています。

 

一方、アメリカ人男性のペニスは大きい割には硬さに問題のある人も多いとかで、硬さをアップするような精力剤の方が人気がありそうに思われます。

サイズアップと硬さアップという一見異なる目的のように見える精力増強効果ではありますが、勃起が必要なときに陰茎海綿体内にどれだけ多くの血液を流入できるような体質にできるのかということが精力剤に要求される効果です。
すなわち、ヴィトックスシリーズのメインの効果はアルギニンやシトルリンによる血管拡張効果にあり、むしろ、アルギニンやシトルリンの血管拡張効果をサポートする成分が日本とアメリカでは異なっているために、日本向けに開発されたヴィトックスαでは日本の食習慣にマッチした成分が配合されていると考えることが妥当であると推測されます。

ヴィトックスα(EXTRA Edition)
  • 特徴:サプリ大国アメリカで爆発的に売れたヴィトックスの日本版としてリリースされたヴィトックスαがリニューアルされてパワーアップした精力剤です。
  • 成分:シトルリン、アルギニン、亜鉛、ガラナ、マカ、アカガウクルア(公式サイトでは赤ガオクルアと書かれていましたが)の六つの原料をベースに100種類以上のサポート成分が追加配合されています。
  • 内容量:30粒(1ヶ月分)
  • 通常販売価格:19,800円(税別)

参照元:ヴィトックスα(EXTRA Edition)公式サイト

勃起のメカニズムそのものは日本人とアメリカ人で異なっているわけではないし、勃起力をアップさせる精力剤としては定番成分のアルギニンやシトルリンが中心になるというのは当たり前のように思われます

血管が拡がれば多くの血液が陰茎海綿体に流れ込みますので勃起が起こりやすくなるというのは共通のメカニズムです

それならば、ヴィトックスαで言われる日本人男性に向けたバージョンアップというのは何を変えたというのでしょうか?

どこにも記載されていませんので詳細は分かりませんが、ヴィトックスα(EXTRA Edition)で言われている100種類を超えるサポート成分というのが日本人向けに手を加えた点ではないかと推測されます。

ヴィトックスα(EXTRA Edition)のシトルリンやアルギニンなどの6つの中心成分を独自配合していることが最大のウリですので、これは日本でもアメリカでも変わらない重要なポイントであると思います

ということになると、日本人男性向けにバージョンアップしたのはサポート成分になってくるというわけですね!?

ヴィトックスα(EXTRA Edition)では100種類以上の成分をでは追加配合したと言われていますが、動物系、植物系の成分は伝承成分が多く含まれており、日本人に馴染み深いものもあればアメリカ人に馴染み深いものもあるということではないでしょうか?!

知っている人は知っているのでしょうけど、スッポンやマムシは日本では誰もが一度は聞いたことがある精力食材ですし、漢方の植物系生薬はアメリカ人には分かりにくいでしょうね

オットセイやタツノオトシゴ、あるいは、マカやガラナなどは世界的に有名な原料ですが、同じようなものであってもワイルドヤムと山芋などのように各国固有の原料もあります。

簡単に言えば、100種類を超える原材料を配合するのであれば、効果のメインとなる成分は変えることはできませんが、サポート成分は販売する国に固有のものを配合させた方が分かりやすいということではないかと思います

ということは、ヴィトックスα(EXTRA Edition)のことを知るためには、独自配合しているという6つの成分の効果効能とサポート成分で何をしたいのかということを知ればよいということですね

 

日本人とアメリカ人の勃起力に違いはあるのか?

日本人の一般的な食卓を考えると主食は米でおかずを2,3種類といった感じですが、アメリカは肉と小麦を中心とした食生活を営む国であり肥満体質の方が多いというイメージです。
近年はアメリカの食生活にも健康志向が唱えられるようになっており、栄養バランスや野菜の摂取に気を使う人も増加傾向にありますし、食事が欧米化してきている日本でも栄養バランスの取れた食事に注目している人はこれまで以上に注意をしているのではないかと思われます。
言い換えるならば、肥満になりやすい欧米の食生活では血液がどろどろになり血流低下が懸念されるような体質が生み出され、勃起時にペニスサイズが増大するように血管が拡張しても肝心の血液が流入しにくいような状況になっている可能性が高いと考えられます。

一方、昔に比べると日本の食生活も欧米化しておりハンバーガーやピザ、パスタといった小麦加工品も食べることはあると思いますが、アメリカ人程肉を食べているという方は少ないでしょうし、野菜や魚をバランスよく食べているというのが日本人の食生活であるかと思います。

そのような背景のもと、栄養バランスという点で欧米人に勝っていると考えられる日本人男性において勃起力不足に悩む人が多いというのは、食事の欧米化の流れもあるのかもしれませんが、加齢に伴う代謝不足が大きな要因になっているということかもしれません。
もちろん、アメリカ人男性も歳を取りますが、公私のメリハリがシッカリしているアメリカ人の方が運動量は多くなるでしょうし、肉が主食であることを自覚していれば脂肪を摂取した分運動をするという考え方はアメリカ人の方が優れているのではないかと思われます。

言い換えるならば、日本人とアメリカ人の違いは血流が低下する体質や生活習慣の違いはあるにしても、国に関係なく勃起が必要とされるときに血管が拡がりやすくなり陰茎海綿体に十分な血液が供給されることが大切であるというわけです。

血管拡張作用といえばアルギニンが重要な働きをしているということは精力剤に興味のある方ならば誰でも知っている話です

最近は経口摂取しても血中アルギニン濃度がなかなか増加しないアルギニンの直接摂取よりも、経口摂取でも血液に直接取り込まれ血液中のアルギニン濃度を上げることができるシトルリンの方が人気があります。

だからといって、アルギニンは入れなくても良いというわけではなく、アルギニンの補充によって改善される体質というものもあると考えられます

ヴィトックスα(EXTRA Edition)の特徴とは?

「アメリカで人気を博した精力剤が日本人男性にも効果があるとは限らない」と懐疑的な方も居られるかもしれませんが、勃起するメカニズムは国や民族によって違いはあるわけではありません。
勃起は性的興奮状態になった脳から発せられる信号が下半身に伝達されることによって血管が拡がり、陰茎海綿体に血液が流入することによって起こりますが、その時に働くのが血液中のアルギニンです。
勃起が必要とされるときに血中アルギニン濃度が不足していると血管が十分に拡がらずに勃起が不十分になってしまうことになりますし、血管が拡がっても血液が流入されにくいほどドロドロになっていても勃起は不十分ということになります。

また、勃起した陰茎を動かす筋肉である骨盤底筋と呼ばれる筋肉の機能が低下してしまっていては、勃起して重量が増加したペニスを持ち上げるだけの筋力が無いというケースもあります。

ヴィトックスα(EXTRA Edition)の効果・効能の中心となる成分は、シトルリンアルギニン亜鉛マカガラナアカガウクルアの6種類ですが、これらを独自の黄金比率で配合していることが最大の特徴となっており、そのことがサプリに対してシビアな目を持つアメリカで人気の精力剤になった理由の一つであると言われています。

ヴィトックスα(EXTRA Edition)の特徴
  • シトルリン精力剤の原料として口から入ってきたシトルリンは血液に取り込まれ、血液によって全身に運ばれます。
    勃起する際にはペニスの近くでアルギニンが必要とされますが、血液中のシトルリンはアルギニンに変換されることによって勃起に必要なアルギニンを供給し、陰茎海綿体への血液流入を促進します。
  • アルギニン:精力剤原料としてのアルギニンは血管拡張作用ばかりに注目されがちですが、食事で摂られるアルギニンは主に肝臓に運ばれて体内で発生する老廃物であるアンモニアを尿素に変えて体外に排出する働きに利用されてしまいます。
    また、代謝に関わるたんぱく質を構成するアミノ酸としても必要ですし、ホルモン合成や体内のエネルギー供給にも消費されています。
    精力剤としての効果が体感できる摂取目安量は1日に1,500mgと言われていますが、これだけ取らなければ勃起に使用されるアルギニンが余ってこないということを意味しているのかもしれません。
    一方、シトルリンと異なり塩基性の強いアルギニンは一度に大量に摂取することができないという欠点もあります。
  • 亜鉛:セックスミネラルと呼ばれることもある亜鉛は性欲の亢進において重要であると言われています。
    亜鉛は細胞の分裂において重要な遺伝子の合成に関与する酵素を活性化するために必要なミネラルであり、男性から射精される精液にも豊富に含まれています。
    適度な亜鉛摂取は精子形成の増加にもつながりますし、精液が充足することで精液の排出が促され勃起しやすい状況が生み出される可能性もあるというわけです。
  • マカ:アルギニン含有量が高い天然食材として有名な南米ペルーが原産のアブラナ科の植物であり、根の部分が精力剤の定番原料として利用されます。
    アルギニンだけでなく各種アミノ酸が豊富に含まれるマカは元気のない男性がシッカリ働くための滋養強壮食材として原産地で伝承的に利用されています。
  • ガラナ:南米アマゾン原産の植物であるガラナの実にはコーヒーの3倍のカフェインとタンニンが含まれており、覚醒作用や性的興奮を高める効果や高い抗酸化活性も期待できます。
  • アカガウクルア:ソフォンとも呼ばれる熱帯性ハーブであり、血流改善・疲労回復効果のある滋養強壮成分として注目されています。
    ストレス緩和や抗炎症作用のあるハーブとしても知られていますし、中高年で不足しがちな男性ホルモンであるテストステロンの原料になるDHEA(デヒドロエピアンドロステロン)の分泌を促進する作用があると言われています。

参照元:協和発酵バイオの健康成分研究所 シトルリン
協和発酵バイオの健康成分研究所 アルギニン
ウィキペディア 亜鉛
わかさの秘密 ガラナ
わかさの秘密 マカ
わかさの秘密 アカガウクルナ

ヴィトックスα(EXTRA Edition)の主要6成分というのは勃起するために必要なアルギニンをタイムリーに充足させるためのシトルリンや不足しがちなアルギニンの補充、さらには、亜鉛やガラナによる性的興奮を高める効果や低下している血流をアップさせる効果も考えられているということですね

そういうことです。はっきり申し上げると、主要6成分だけでも十分効果のある精力剤であると推測されます。

ただし、公式サイトを見てもシトルリン、アルギニンなどの配合量が記載されているわけではありませんので、ヴィトックスα(EXTRA Edition)がどこまで有効であるのか、あるいは、ヴィトックスα(EXTRA Edition)が類似の他社製品よりも優れているのかといったことは分かりません

精力剤にありがちな、結局のところ、自分に合っているのかどうかを試してみなければ分からないということでしょうか?

ネットで調べてみるとヴィトックスシリーズの人気にあやかろうと偽物が横行しているということで、注意喚起されている記事が見受けられましたが、偽物が出るほど有効な精力剤であるということかもしれません

配合量が分からないのにどうやって偽物を造るのでしょうか?

偽物がどんな商品なのかは不明ですが、健康被害もあるようですのでかなりひどい商品である可能性もあるようです。
本物のヴィトックスα(EXTRA Edition)を購入したいなら、公式サイトを利用した方が良いでしょう
公式サイトでは初回限定で1箱を12,600円(税別)で購入できるキャンペーンもやってますので、割引価格で購入して自分への効果を試してみるのもよいかもしれません。

参照元:ヴィトックスα(EXTRA Edition)公式サイト

ところで、ヴィトックスα(EXTRA Edition)はリニューアルしてパワーアップしているということですが、その点はどうなっているのでしょうか?

 

ヴィトックスα(EXTRA Edition)のリニューアルポイントとは?

ヴィトックスシリーズには、ヴィトックスα(EXTRA Edition)だけでなく、ヴィトックスリキッド(ボディ用ローション)、ヴィトックスショット!という製品もリリースされています。

ヴィトックスショット:シトルリン500㎎、アルギニン2,000㎎を中心にマカ、亜鉛、トンカットアリ、ガラナ、高麗人参が配合されている高濃度タイプです。1箱2本入りで3,000円(税抜)と1回あたりの費用が高くなりますが、「ここぞ!」という時の飲むための精力剤です。
塩基性の強いアミノ酸であるアルギニンを2,000㎎というのは1ショットで飲むにはかなり多い量ですが、飲んでも胃腸が傷つけるようなことが無いようには配慮されているとは思います。(詳細は分かりませんが、危険なものは販売しないと思います)
ヴィトックスリキッド:シトルリン、アルギニンを中心にビタミンE、イチョウ葉エキス、クララエキスが配合されているジェルタイプの塗る精力剤です。ペニスに直接塗るわけですから、より近いところで効果を発揮するように設計されているとは思います。
イチョウ葉エキスには強い抗酸化活性のある物質が含まれており、血流改善効果が期待できるということですが、シトルリンやアルギニンはともかくイチョウ葉エキスやクララエキスの有効成分がどこまで浸透するのかなどは不明です。

参照元:ヴィトックスショット 公式サイト

ヴィトックスショットやヴィトックスリキッドは説明が少なく分からない点も多いので、使用する際には健康状態の変化に注意が必要です。

さて、本題のヴィトックスα(EXTRA Edition)のリニューアルポイントですが、公式サイトでは以下のように記載されています。

ヴィトックスα(EXTRA Edition)のリニューアルポイント
  • シトルリンが従来版の2倍に増量
  • 従来版の原料はそのままに、動物性、植物性、ミネラル・アミノ酸など全部で100種類以上になるように原料を配合
  • 原料を増やしても価格は据え置き
  • 抗酸化活性の強い話題の成分であるレスベラトロールを緊急追加配合

参照元:ヴィトックスα(EXTRA Edition)公式サイト

シトルリンの増量は評価できるとは思いますが、従来版に配合されている量が分からないのに2倍と言われても「ピンっ!」と来ませんが、ヴィトックスショットが限界まで配合して500㎎ですので、ヴィトックスα(EXTRA Edition)においてもシトルリンの効果を体感するための1日の摂取目安量である800㎎には届いていないということになると推測されます。
しかしながら、普通の状態であれば血中アルギニン濃度がゼロということはありませんので、シトルリンを摂取することで不足しているアルギニンが補充されることになりますし、必ずしも800㎎配合されている方が良いというわけではないと考えられます。

勃起するためにはアルギニンの血管拡張作用が重要なわけですから、絶対ではないにしても、アルギニンが補充されることによって不足が補われれば勃起が起こりやすいということでしょうか?

一概には言えませんが、アルギンが不足している程度によってはヴィトックスα(EXTRA Edition)を試すことで改善される可能性はあると思います

多すぎて困るということは無いのでしょうか?

シトルリンやアルギニンのようなアミノ酸は過剰に存在しても体外に排出されてしまうだけなので、アルギニンの過剰摂取によって胃腸障害が起こる可能性を除けば多すぎて困るということは無いと思います

今はどこにも書かれていませんが、ヴィトックスシリーズは最短で飲み始めて5日で体感できるという短期間で効果が表れることで人気があるようですので、ヴィトックスα(EXTRA Edition)によって短期間で余剰のアルギニンが存在するような体質改善が可能になるということだと思います

短期間で効果が得られるためには主要な6成分以外も大切なのでしょうか?緊急配合されたレスベラトロールというのも教えていただけますか?

 

ヴィトックスα(EXTRA Edition)のサポート成分の効果は?

ヴィトックスα(EXTRA Edition)の効果の中心となる成分は勃起を促すシトルリン、アルギニン、あるいは、性欲を亢進する亜鉛やカフェインのような物質ということになりますが、それらの成分が効率的に体全体に送り込まれるサポート成分が体感期間に関係してくると考えられます。
100種類以上もある全ての成分を解説するのはさすがに困難ですが、効率的に効果を発揮するためには低下している血流を改善するサポート成分は精力剤において重要な位置づけにあります。

動物系のエキスには滋養強壮効果のあるアミノ酸やビタミンが豊富に含まれている原料が多く、代謝が活発になることで血流が改善する効果もあります。
特に、植物系のエキスにはファイトケミカルやフィトケミカルと呼ばれる植物性の生理活性物質が含まれていることが多いわけですが、その中でも抗酸化物質は動脈硬化の予防にもつながることから血流改善に大きな働きがあります。

緊急配合されたというレスベラトロールはブドウに含まれる抗酸化活性の強いファイトケミカルであり、従来はアントシアニンなどのポリフェノールがブドウの抗酸化活性を代表するように考えられていましたが、ブドウの抗酸化活性にはレスベラトロールの抗酸化活性による影響も強いのではないかと話題になっている成分です。
レスベラトロールには血流の改善や高血圧の緩和が期待される血管拡張作用があるということですので、精力剤の成分として有用であるという判断から緊急配合されたのではないかと推測されます。

参照元:PubMed 「Acute resveratrol supplementation improves flow-mediated dilatation in overweight/obese individuals with mildly elevated blood pressure.」
PubMed 「Effects of resveratrol on cerebral blood flow variables and cognitive performance in humans: a double-blind, placebo-controlled, crossover investigation.」

ヴィトックスα(EXTRA Edition)はシトルリン系の精力剤であり、シトルリンの効果を効率的に体感できるように配合が考えられているということでしょうか?

ヴィトックスα(EXTRA Edition)は主要6成分が効果の中心にあるシトルリン系の精力剤であり、効果がより早く体感できるように配慮された精力剤であると思われます。

シトルリン系の精力剤にはシトルリンを1日摂取目安量の800㎎以上配合されている製品もありますが、シトルリンの効果を効率化するという点がヴィトックスα(EXTRA Edition)の人気につながっているのではないかと思われます

コメント