精力ドリンクおすすめ比較ランキング 選び方から期待効果まで徹底検証

Pocket
LINEで送る

この記事では、管理人アキラが前職時代にお世話になった生物系の研究者さんから伝え聞いた「精力ドリンク」に関する知識を多少ストーリー付けて解説しています。

精力向上に関する一般的な知識や諸説の解説から始め、具体的な製品を選ぶ際のポイントや、おすすめランキングを紹介しています。

パートナーとの夜の営みを精力ドリンクに頼るという方の中には、新婚初夜に男性としてのパワーを示したい、妊活中で今晩は頑張らなければ・・・

疲労感からご無沙汰状態が長い、加齢とともに体力が低下し夜の生活まで持たないなど様々な事情がおありかと思います。

また、精力ドリンクを使うにしても、使用頻度によってはコストパフォーマンスの良い、すなわち、少しでも低価格で効果の実感できるものを使用したいというのは当然のことかと思います

一昔前ならば、「ここぞ!」というときに使用する定番とも言える精力ドリンクはマムシエキスを配合したドリンクですが、マムシ、スッポンなどの精力増強効果のあると言われているエキスや食材にどれほどの効果があるのかと疑問を懐いている方も居られるかもしれません。

日興薬品工業が製造販売している「純製 赤まむし」や「漢薬 スーパースッポン」は今なお知る人ぞ知る人気の精力ドリンクであり、さらに、近年流行りのエナジードリンクの名前を配した「レッドマムシ エナジードリンク」も販売されています。

マムシやスッポンの効果については後程ご紹介させていただくとして、昨今では、歴史のあるマムシやスッポンを利用した精力ドリンクに限らず、精力増強サプリメントとして販売されている商品の即効性のあるドリンクタイプとして販売されているものもあれば、単体の精力ドリンクとして販売されているものもあり、1本100円程度のものから2000円程度のものまで価格もいろいろです。

どうせ使うなら効果がより実感できるものを利用したいというのは当たり前ですが、どの精力ドリンクが自分に合っているのかということは勃起力が低下している事情によって異なりますので、一概にどれが良いということを述べることはできません。
100円程度ならばダメもとで試してみようかと思えるかもしれませんが、2000円となると少し微妙な金額です。
2000円を高いと思うのか安いと思うのかは試される方の収入や精力ドリンクを試す事情にもよるかと思いますが、夜の営みの頻度によってはバカにできない金額となってきます。

というわけで、ここでは精力ドリンクについて多角的に検証し、どのような効果が期待できるのかを解説させていただき、少しでも自分に合った精力ドリンクを選ぶ手助けができればと思います

一方で、精力ドリンクは精力剤サプリに比べるとマイルドであり、より効果を期待するならば、精力剤の方が効率的です。

特に、以下のマカDXは精力ドリンクよりもお財布に優しいので、おすすめしています。

マカDX:1日36円で期待効果も十分!最もバランスが良い
黒マカDX
黒マカをしのぐと言われる天然の有機マカをふんだんに使っている優れもの。
価格は1袋(60粒、1ヶ月分)で初回購入1,080円(税込)という超低コスト(1日36円)であり、ドリンク1本分よりも遥かに安価です。
精力ドリンクと並行して、最強コスパのマカDXからお試し頂くことをおすすめしています。
公式サイトはこちらからご確認頂けます

精力剤と併せて、まずはコスパの良いマカDXもご検討頂けますと幸いです。

マムシやスッポンなどの昔から言われている食材に精力増強効果は期待できるのか?

精力ドリンクに限らず精力剤の原料として知名地の高いマムシやスッポンですが、「本当に?」と懐疑的な方も居られるのではないかと思います。

マムシやスッポン以外にも、ウナギ、ニンニク、山芋などの伝承的に精力増強効果のあると言われている食材があります。

マムシ

マムシエキスを配合したドリンクやマムシの焼酎付けなどは古くから精力ドリンクとしてりようされて利用されていますが、漢方薬でも皮を剥いで乾燥させた反鼻(はんぴ)や胆のうの乾燥物である蛇胆(じゃたん)として滋養強壮効果の高い生薬として利用されています。

ただし、伝承的には利用されているものの明確な科学的な根拠は無いというのが一般的で、1ヶ月は食べ物を与えなくても余裕で生きているというエネルギー効率の良い代謝をする変温動物であるマムシの生命力からきているのではないかと考えられているようです。

実際のところ、漢方薬における反鼻では豊富に含まれているタウリンが肝機能をサポートすることで代謝が活発になる効果が考えられており、アミノ酸やビタミンも豊富であることと合わせた滋養強壮効果が期待されていると思われます。

参照元:ウィキペディア ニホンマムシ

スッポン

日本ではすっぽん料理と言えば滋養強壮と美容を目的とした食材として知られていますが、スッポンは良質なたんぱく質が豊富であるということに加えて代謝を助けるビタミン・ミネラル、骨の形成を促すカルシウム、貧血に有効な鉄分も豊富であることが知られています。

美容目的ではコラーゲンやコンドロイチン硫酸を接触することによって期待されるところも大きいと考えられます。

参照元:わかさの秘密 スッポン

ウナギ

日本には夏の暑い時期に夏バテ防止を目的として土用の丑の日にウナギを食べるという風習がありますが、ウナギには良質のたんぱく質とビタミンA・ビタミンB群が豊富に含まれており、代謝を活発にし活力を高める効果が期待されます。

ニンニク

ニンニクに含まれるアリシンはビタミンB1と結合することによってビタミンB1の吸収力をアップさせ、同時に摂取された糖質を効率的にエネルギーに変換する効果が期待されます。

また、ニンニクに含まれるスコルジニンにはアリシンを加熱することによっても得られますが、精力剤・精力ドリンクの基本とも言えるアルギニンやシトルリンと同じ血管拡張作用があると言われています。

参照元:わかさの秘密 にんにく

山芋

山芋や長芋をすりおろしたときに発生するネバネバ成分がムチンと呼ばれる糖タンパクで、弱った胃の粘膜をカバーして胃の活動、すなわち、食事で摂取された栄養素の消化吸収を助長する効果が期待されます。

ストレスや疲労によって食欲が低下することで起こる活力低下時に、すりおろした山芋を白飯や麦飯にかけて食べるとろろご飯は糖質の消化吸収を促進することによって活動するためのエネルギーを供給する効果が期待できるというわけです。

山芋にはでんぷんを分解するアミラーゼや糖質の代謝を促すビタミンであるビタミンB1が豊富であることも効果をプラスする要因であると考えられます。

漢方薬の山薬は山芋の皮を剝いて乾燥させた生薬であり、やはり、滋養強壮や緊張緩和を目的として利用されており、精力剤・精力ドリンクではよく見かける成分です。

参照元:わかさの秘密 ムチン

仕事が忙しくストレスが溜まっている方や加齢に伴い食が細くなっている中高年の方などは、食べられないことによって身体にエネルギーが不足しているために夜の生活に臨む意欲、すなわち、性欲が湧いてこないという方にはこれらの食材や食材から得られる成分を高濃度にしたエキスを摂取することで活力を取り戻すということは考えられなくもありません。

しかしながら、先に示した精力増強として知られる食材は不足している栄養素の補給や栄養素の代謝吸収を促す効果が主体であり、精力増強をサポートする成分として考えるというのが正論ではないかと思います。

すなわち、長期的に体質を改善して精力増強効果を狙う精力増強サプリメントではサポート成分として配合する意味はありますが、今まさに精力増強を必要とするときに飲む精力ドリンクでは有効な成分と考えるには無理があると思われます。

実際、赤マムシの精力ドリンクとして人気のある日興薬品工業が製造販売している「純製 赤まむし」という精力ドリンクもアルギニンやシトルリン、覚醒作用が期待されるカフェインなどの成分が追加配合された「レッドマムシ エナジードリンク」までリニューアルして販売されていることを考えると、知名度と人気の高いマムシのネームバリューだけでは精力ドリンクとしての競争に陰りが見えてきているということの現れかもしれません。

参照元:楽天市場 レッドマムシ エナジードリンク

昔から言われている精力ドリンクの定番であるマムシエキスやスッポンエキスを配合したドリンクは効果が無いということでしょうか?

未知の部分もあるかもしれませんので即時効果がないとは言いませんが、少なくとも、分かっている情報からは即効性があるとは考えにくいかと思います


でも、マムシと言えば赤マムシが有名ですが、赤マムシが特別な成分を含んでいるということは無いのですか?

マムシは体色を変化させる生き物で、赤マムシというのは体色が赤いというだけで種類が異なるというわけではありません。

マムシの赤い色素に関する情報は見つかりませんでしたが、爬虫類や魚類の体色にでる赤色はカロチノイド系の色素である可能性が高いので、直接的に精力アップにつながるとは考えにくいかと思います

ということは、やはり、昔から精力増強効果があると呼ばれる食材というのは直接的な精力増強効果はともかく、精力剤や精力ドリンクではサポート成分ということでしょうか?

そういうことかと思います。

マムシやスッポンのエキスが配合されている精力ドリンクに遭遇したら直接精力増強に効果が期待されるアルギニンやシトルリンなどの血管拡張作用がある成分などを中心に見ていた方が良いでしょう

やはり、精力剤の定番成分の地位を築いているアルギニンやシトルリンといった成分が重要ということですね

陰茎、いわゆる、ペニスの勃起するメカニズムを考えると、精力ドリンクに求められる速効性においてアルギニンやシトルリンの血管拡張作用というのは重要であると思います

勃起のメカニズムから考えられるアルギニンの重要性とは?

男性は性的な刺激を受けることによって陰茎、いわゆる、ペニスの内部に血液が送り込まれることで陰茎内部の血圧が上昇し、陰茎を膨張させる勃起という現象が起こります。
言い換えるならば、女性の裸体を見たり触れたり、自身のペニスに触れられたり、あるいは、女性が興奮する声を聴いたりといった性的な刺激が脳に伝達されることによって興奮状態になり、その刺激に対応するための信号が背骨の中を通っている骨髄神経を通して体の各部位に伝搬されます。

性的興奮に対して様々な体の変化が起こることになりますが、そのうちの一つが陰茎の勃起と呼ばれる現象です。
普段は柔らかいスポンジのような構造をしている陰茎海綿体に急激に大量の血液が流入して、陰茎海綿体が膨張することで陰茎が長く太くなり、陰茎海綿体を覆っている弾力性のある薄膜、さらには、その外側に存在する筋膜によって膨張する陰茎海綿体の内圧が上昇して硬くなってきます。

勃起によって男性器は長く、太く、硬くなり、パートナーとの性行為を正常に行うことができるようになり、性行為が終了するまで勃起が継続することによってパートナーを満足させて男のパワーを証明できるというわけです。

ちなみに、勃起という現象は女性にも起こり得る状態で、性的興奮が伝搬されることによって陰核、いわゆる、クリトリスにも勃起が起こりますし、個人差はあるものの、陰茎や陰核以外にも乳首が勃起するという現象も起こります。

参照元:ウィキペディア 勃起

勃起が起こるメカニズムとアルギニンの関係

陰茎の勃起は性的興奮によって発生する信号が骨盤の中を通っている勃起神経に伝えられることによって一酸化窒素合成酵素が活性化することによって起こります。
一酸化窒素合成酵素の働きにより血液中のアルギニンがシトルリンに変換される際に一酸化窒素が発生し、一酸化窒素が血管の内壁に作用することによって発生するサイクリックGMPが緊張状態にある血管平滑筋を緩めて血管を拡げることになります。

参照元:ウィキペディア 一酸化窒素合成酵素

この反応が陰茎の入り口付近に存在する陰茎深動脈内で起こると、静脈洞と呼ばれる細い血管が密集しているスポンジのような構造の陰茎海綿体内部に大量の血液が急激に流入されることになり陰茎海綿体の膨張が始まるというわけです。

もちろん、陰茎内部に血液が流入してもその血液が陰茎海綿体から排出されてしまっては勃起は起こりませんが、血液の流入によって急激に膨張した陰茎海綿体によって陰茎に流れ込んだ血液を排出するはずの静脈が圧迫されて血液が流れにくくなることによって血液が陰茎内部に充満することになります。
言い換えるならば、「急激に」ということが大切であり、急激な血管拡張を誘導するためには血液中のアルギニンが一定濃度以上に保たれている必要があるというわけです。

他方、勃起が必要な時、すなわち、性的刺激によって脳が性的興奮状態になり一酸化窒素合成酵素が活性化されたときにアルギニンが不足しているような状態では勃起は起こらないということになりますので、精力ドリンクによって一時的にでも血中アルギニン濃度を高める必要があり、血中のアルギニン濃度、特に、下半身の血中アルギニン濃度を急激に高めることができる商品が効果を体感できる可能性のある精力ドリンクということになります。

精力増強サプリメント

定常的にアルギニン濃度を維持するためにアルギニンやシトルリン、あるいは、身体への負担を最小限に抑えるアルギニン供給源であるマカ、クラチャイダム、トンカットアリなどの天然の伝承成分を中心に体質を改善するようにサポートする成分を工夫して構成されています。

精力ドリンク

スポットで血中アルギニン濃度が必要量に到達するように配合が決定されているということになり、血中アルギニン濃度が必要量に到達していない人、あるいは、精力増強サプリメントをお試し中の方で体質改善が途中の状態にある人のために単発の性行為の間だけでもアルギニン濃度を所定量に高めることができるように設計されています。


精力ドリンクの良し悪しはアルギニンやシトルリンなどのペニスの勃起に直接的に影響を与える成分の濃度や有効成分が素早く必要な部位に運ばれるかによって決まってくるということでしょうか?

血管拡張に関係するアルギニンだけを考えるとアルギニンの供給源だけでなく血流を上げるような成分も大切になるということになりますが、勃起のメカニズムを考えるとそれだけでは十分でないというケースも多々あります。
性的刺激が加えられても脳が性的興奮状態にならなければ勃起は起こりませんし、脳が性的興奮状態になっても一酸化窒素合成酵素の合成がままならないようなケースでも勃起は起こらないということもあります

一酸化窒素合成酵素の合成が少ないというのは、よく言われている、加齢に伴う代謝能力の低下が影響しているというのは分かりますが、それ以外にも勃起しない要因というのがあるのでしょうか?

例えば、性行為の直前に大喧嘩したパートナーの裸を見ても脳が性的興奮状態にならないということもあるかもしれませんし、マンネリ化してきている夫婦の場合にも同様のことが起こる可能性があります。

これについては精神論の世界の話になりますので精力ドリンクでどうこうできる問題ではないように思いますが、性的興奮状態が発生しているにもかかわらず勃起が起こらないという可能性もあります

性的興奮の伝達には自律神経が大きく影響!

陰茎の勃起は性的興奮によって発生する信号が骨盤の中を通っている勃起神経に伝えられることによって一酸化窒素合成酵素が活性化することによって起こるお話をさせていただきましたが、性的興奮状態にある脳からの信号の伝達には交感神経と副交感神経の2系統を擁する自律神経系が大きく影響します。

勃起と自律神経系の関係

  • 交感神経:昼の神経とも呼ばれる神経で、人が活発な活動をしている、すなわち、緊張や興奮にさらされている際に活動を支えている神経であり、血管を緊張させる、すなわち、勃起している陰茎を萎えさせるときに優位に働きます。
  • 副交感神経:夜の神経とも呼ばれるのが副交感神経であり、リラックスしている状態のときに優位になることで人の活動を支えている神経です。副交感神経は緊張状態にある血管が緩んで拡張させるときに働くことになりますので、勃起時には副交感神経が優位に働いています。

勃起という現象は一酸化窒素合成酵素の活性化によって血管平滑筋の緊張が解かれて血管が拡張することによって起こりますので副交感神経が優位になっている状態ですが、射精する際には交感神経が優位になっており血管が緊張を取り戻すことによって勃起状態が解消されるというわけです。

先に、勃起は一酸化窒素合成酵素によってアルギニンが代謝される際に発生する一酸化窒素が血管壁に作用してサイクリックGMPを発生させることによって血管平滑筋が弛緩して血管が拡張するように解説いたしましたが、陰茎にはもともとサイクリックGMPの機能を抑えるようにホスホジエステラーゼ(PDE)5という酵素が存在しますが、サイクリックGMPが大幅に増加することによってPDE5による分解が間に合わなくなって海綿体に血液が流入しています。

射精すること、すなわち、目的が達成されることによって、一酸化窒素合成酵素の活性化が消滅して新たなサイクリックGMPの供給が無くなると、PDEによるサイクリックGMPの分解によって血管平滑筋が緊張を取り戻し血液の流入が抑えられて勃起が終了することになります。

参照元:ウィキペディア ホスホジエステラーゼ

夜の神経と呼ばれるくらいですから勃起時に副交感神経が優位というのはイメージ通りかもしれませんが、性行為中は 興奮しているので交感神経が働いているのかと思っていました

性行為中の勃起という現象に関わる自律神経は血管の拡張と収縮のコントロールをするために働いているので、血管平滑筋をリラックスさせる副交感神経が働いていることで勃起して、交感神経が働くと血管が収縮して血流が低下するとともに勃起がおさまります

ということは、中折れと呼ばれる性行為の最中にペニスが萎えてしまうというのは副交感神経から交感神経に切り替わっているということでしょうか?


性行為の最中にペニスが萎えてしまう中折れと呼ばれる現象では、一度は勃起が起こっているわけですから、自律神経のバランスが崩れてしまっているという可能性が高いと推測されます

精力ドリンクは中折れを防ぐことができるのか?

勃起という現象は副交感神経が優位になっているときに起こるということは説明させていただいた通りですが、ここで重要なポイントは「優位」という言葉にあります。

自律神経は交感神経と副交感神経が切り替わることで人の体を維持しているように思われがちですが、人の身体というのは100%交感神経、あるいは、100%副交感神経で動いているというわけではありません。
交感神経と副交感神経は身体にとって都合が良いように適度な割合を維持することによって体内の器官を動かし、まるで、公園にあるシーソーのように身体の状態に合わせてバランスを取りながら機能しています。
理想的な割合を決定しているのは脳であり、極度な緊張や不安などの精神的なストレスによって脳による自律神経のコントロールが上手くいかなくなり、本来あるべき健全な身体の変化が起こらない、あるいは、途中でダメになってしまうということが起こる、いわゆる、自律神経失調症と呼ばれる状態に陥ることがあります。

自律神経失調症はうつ病やパニック障害などの精神疾患や緊張するとトイレに行きたくなったり下痢になったりするような身体表現性障害などが有名ですが、勃起における中折れという現象は自律神経失調症の一つではないかと考えられます。

参照元:ウィキペディア 自律神経失調症

ただし、「中折れは病気?」と問われると微妙なところで、それによって命の危険が伴うというわけではなく、ストレスが除かれると最後までスムーズに進行できるようになるという軽いものもあるかもしれません。
体調不良で病院に行っていろいろ検査しても身体に異常が見当たらず、「精神的な問題ですね」、「しばらく、様子を見ましょう!」と医師に言われるのと同じようなものと思っていただいても良いのかもしれません。

言い換えるならば、

精力ドリンクを試そうというような方であれば過去に性的刺激による勃起の経験がある人ほとんどかと思いますが、血中アルギニン濃度も含めた肉体的欠陥がないにもかかわらず以下のような症状があるという場合には、何らかの要因で自律神経における交感神経と副交感神経のバランスが崩れて副交感神経が優位になっている必要があるにも関わらず交感神経が優位になっているためにペニスが萎えてしまっている可能性があると考えられます。

  • 性欲はあるのに勃起が起こらない
  • 前戯の時には勃起しているのに、いざ挿入というときに萎えてしまう
  • スタートはするものの、性行為の最中に萎んでしまう

緊張や不安によるストレスが関係しているわけですから、中折れを引き起こす要因としては、

  • 初めての性行為における緊張感や不安感
  • パートナーを満足させることができなかったという体験からくるトラウマ
  • コンドームの装着
  • 妊活中で失敗できないというプレッシャー
  • 疲労と眠気

など、いろいろなことが関係しています。

若い人にストレスが無いというわけではありませんが、日常的なストレスを避けて生活することができない仕事が忙しい中高年では食生活を含む生活習慣なども相まって中折れを起こす可能性が高いと言われています。

勃起できない状況も含めて、自律神経のバランスが取れていることが正常な性行為を行う上で重要というわけですね

自律神経系はデリケートなもので、普通の人ならば何でもないことがその人にとっては大きなストレスとなって、勃起不全や中折れを起こしてしまう原因となることもあります。
パートナーへの愛情が無くなっている、あるいは、セックスがマンネリ化していることが中折れの原因と考えている人もいるようですが、これらは脳が性的興奮状態になっているか否かの問題であってやる気はあるのに勃起しない場合や途中で萎えてしまうのとは別問題のように思います

自律神経系のバランスによって勃起しないときや勃起が継続できないというのは精力ドリンクで何とかできるものなのでしょうか?

心因性の勃起不全は改善できるのか?

肉体的な問題点があるために起こる器質性勃起障害はその原因となっている疾患の治療や弱体化している器官を改善することで勃起不全が改善されることにつながりますし、食生活を含む生活習慣を見直したり精力剤や精力ドリンクを利用したりすることで不足しがちなアルギニンを補うという方法もあります。

精神的な問題が原因で起こる中折れも含む機能性(心因性)勃起障害の場合には、ストレスやプレッシャーが無くなれば回復できるということになりますが、うつ病やパニック障害などの自律神経失調症の治療は数年や十数年かけても治らないことからも分かるように簡単なことではありません。
ストレスを排除することが最も大切なことではありますが、一方で、一度うまくいくとそれが自信となってセックスに対するストレスによる勃起不全が解消されないというわけではありません。
事情は人によって異なるかとは思いますが、夜の生活を円滑にするために勃起不全を治療するために専門医を受診するというのはなかなか踏み切れるものではなく、精力剤や精力ドリンクで乗り切ることができればそれに越したことは無いと考える方も多いと思います。

勃起不全の治療薬は?


実際に勃起不全の治療に使用される医薬品としてはバイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあり、勃起を促す際に発生するサイクリックGMPを分解してしまうPDE5を阻害することによって血管の拡張を強制的に継続する勃起不全の治療薬として承認されています。
特に、バイアグラやレビトラは性行為の1時間ほど前に飲むことで効果が出てくるという速効性のある治療薬であり3~5時間は効果が持続すると言われています。

まさに、精力ドリンクに期待したい体感力ですが、残念ながら、勃起不全治療薬は医師の処方を必要とする医薬品です。
個人輸入代行業を利用して個人輸入という形で海外の医薬品をインターネットで購入するという方法もありますが、陰茎付近だけでなく体全体でPDE5を阻害して血管を拡張させるわけですから血流が上がることによる健康被害という副作用を考えると安易におススメできるものではありません。

専門医を受診すると、問診や検査によって勃起が起こらない原因が器質性であるのか心因性であるのかを判断し、疾患が原因であれば先ずはその治療を行うことを優先しますが、心因性の場合には一時的な勃起を促す治療薬としてバイアグラ、レビトラ、シアリスなどの治療薬が処方されるというのが一般的です。
もちろん、生活習慣の見直しやストレス対策も含めて、カウンセリングを行うというケースもありますし、重症であれば心療内科と連携するという治療もあるかと思われます。

言い換えるならば、医薬品による一時的な勃起力の改善を除けば、勃起不全の治療は時間がかかるものと考えておいた方が良いと思われます。

そうはいっても、性生活の問題で離婚したり別れたりするというリスクも考えると精力剤や精力ドリンクに頼ってでも考えるのはそんなにアブノーマルというわけではありませんし、実際に精力剤や精力ドリンクの利用で何とかなったという人も結構おられるようです。

専門医による勃起不全の治療においても、医薬品で一時的に性行為を可能にすることはできても、治療となると時間がかかるということですね?

程度によると思いますが、実際に専門医を受診する方よりも精力剤や精力ドリンクの利用で回復したり、乗り切ろうとしたりしている人が圧倒的に多いのではないかと思います

でも、効果のメカニズムが解明されている医薬品でも一時的な回復しか期待できないというのに、精力剤や精力ドリンクで何とかなるものなのでしょうか?

医薬品のようなわけにはいかないかもしれませんが、生活習慣の見直しで足りない分を精力剤や精力ドリンクの利用によって補いながら時間をかけて体質を勃起しやすい状態に改善するということは可能であると思います。
基本的な考え方は専門医による勃起不全の治療と違いがあるわけではなく、効果がマイルドな分だけ時間がかかるかもしれませんが副作用のリスクが少ない、あるいは、全くない状況で男性としての活力と自信を取り戻すというわけです

そうなると、やはり、その精力剤を選ぶのかというのは重要になってきますし、特に、一時的に勃起力を高めたいときに使用する精力ドリンクでは使用されている原材料の見極めは大切になってきますよね

精力剤では血中のアルギニン濃度を高めるためにサポート成分も含めてどのような配合がなされているのかというのが重要になってきますが、精力ドリンクではそれを如何にパワーアップさせて速効性を実現しようとしているのかということがポイントになってくると思います。

今回は一時的な回復のために利用する精力ドリンクのお話ですので、精力ドリンクの見極め方を中心に検証していきたいと思います

精力剤の見極め方や選び方については以下のサイトで詳細に解説させていただいておりますので、そちらを参考にしていただければと思います。

精力増強剤や精力ドリンクで改善できることとは?


勃起という現象において体内のアルギニン濃度の維持が重要であるということは御理解いただけたと思いますが、どうして体内のアルギニンが足りないということが起こるのでしょうか?

アルギニンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一つですが、人が体内で合成することができないため食事で摂取するしかない必須アミノ酸ではありません。
しかし、体内で合成できるアルギニンというのはほんのわずかでしかなく、アルギニンを大量に必要とする際には食事で摂取することが必要とされるアミノ酸でもあります。

体内におけるアルギニンの働きはペニスを勃起させるためだけに働いているわけではなく、

  • 腸内で合成されるアンモニアの解毒
  • 成長ホルモンの分泌を促進し、傷から細菌が入るのを防ぐ免疫作用や成長期における筋肉増強
  • 血管拡張作用に伴う血流アップによる酸素や栄養素の運搬の円滑化

などにも作用しており、体内では生命維持が優先されるということを考えると、性行為を行うためにアルギニンを残しておくということはありません。

参照元:協和発酵バイオの健康成分研究所 アルギニンの持つ作用
ウィキペディア アルギニン

アルギニンの働きの血管拡張作用を利用して勃起が起こるわけですが、簡単に言えば、命に関わることにアルギニンが使用される量が多くなってくると性行為のために必要なアルギニンが足りなくなるケースがあるというわけです。

アルギニンというアミノ酸を直接摂取するというのは精力剤や精力ドリンクに配合されている精製されたアルギニンくらいしかなく、普通は食事で摂られるたんぱく質を分解することによって手に入れています。

  • 若い人であれば代謝も活発ですので、日常的に食事で摂っているたんぱく質を効率的にアミノ酸に分解して再利用するという形でアルギニンが不足するということは無いのかもしれませんが、代謝能力が低下している中高年では性行為を行うために必要なアルギニンまで手が回らないということもあるかもしれません。
  • 性欲亢進に影響を及ぼすと言われる男性ホルモンであるテストステロンの分泌が低下してきている中高年では、若い人に比べると性行為に対する意欲も低下していることもあるかもしれません。
  • 日常的なストレスの多い中高年では自律神経のバランスが乱れて、勃起するときに働くべき副交感神経が交感神経と切り替わることによって勃起が起こらなかったり中折れしたりするということまであり得るということになります。

精力剤や精力ドリンクは、アルギニンの不足によって勃起が起こりにくい、あるいは、起こらないという人にアルギニンを効率的に供給するように配慮されていることが最も重要なポイントですが、人によっては、性欲アップ、あるいは、自律神経の乱れの修正に関わる成分も必要とするケースもあります。
スポット的に使用される精力ドリンクでは、勃起不全治療薬であるバイアグラやレビトラのように速効性がありかつ自律神経の乱れによって妨げられる勃起を打ち消す必要が出てきます。
しかも、血管拡張作用のあるサイクリックGMPの破壊を防ぐような医薬品成分を使用するわけにはいきませんし、性欲が減退しているからといって医薬品成分であるテストステロンをダイレクトに配合するというわけにはいきませんので、別の方法で乱れた自律神経の作用を凌駕する必要があります。

精力剤も精力ドリンクも血中アルギニン濃度を勃起に必要な量にするという点は共通していますが、精力剤がアルギニン濃度を高めに維持するような体質づくりに主眼点を置いているのに対して精力ドリンクでは飲んでから3、4時間までの短時間だけアルギニンを維持するように考えられている必要があるということですね

そういうことです。

単純に考えれば、たんぱく質に含まれているアルギニンを代謝によって取り出すよりも直接アルギニンを配合している方がより短時間で血液中のアルギニン濃度が高くなるのではないですか?

精力ドリンクではセックスを始める30分から1時間前に飲んで本番までにアルギニン濃度を必要量まで急上昇させることが第一段階ですが、それに加えて、行為が終了するまで勃起を維持するためには継続してアルギニンを下半身に供給し続ける工夫が第二段階ということになるのでは煮かと思います。


そうすることによって、サイクリックGMPの破壊を抑制することで勃起を維持する医薬品と同じような効果が期待できるというわけですね。

しかし、アルギニンが必要量合っても、自律神経の乱れによって萎える方向に動いてしまってはサイクリックGMPそのものが合成されなくなってしまうのではないでしょうか?

良いところに気づきましたね。おっしゃる通り、精力剤の場合には自律神経の乱れの原因となる疲労や眠気、あるいは、それからくるストレスを取り除くために滋養強壮効果のある成分が活躍しますが、短期勝負の精力ドリンクでは時間をかけている余裕はありません

それならば、どうすればよいのでしょうか?

それについては、脳の性的興奮を高めることで自律神経の乱れを克服しようという精力ドリンクが多くなっているようです。
というわけで、先ずは、精力ドリンクに見られるアルギニンに対する工夫について見てみましょう

精力ドリンクではアルギニンやシトルリンを合した製品が多い!

マカやクラチャイダムといった伝承成分、あるいは、そのエキスを原材料として多く存在しますし、日常的に食事で摂取されるたんぱく質としてもアルギニン含有量が高い食材を摂取することが推奨されていますが、最小単位のアミノ酸であるアルギニンを直接摂取した方が「吸収が早い」と考えるのは当たり前の話です。
ましてや、代謝能力の低下している中高年であればたんぱく質の代謝に時間がかかり速効性を必要とされる精力ドリンクでは間に合わない可能性が高くなってきます。

言い換えるならば、精力ドリンクの場合、アルギニン含有量の高い天然物でアルギニンを供給するよりもアルギニンを直接吸収できる、すなわち、アルギニンそのものをを配合した精力ドリンクの方が下半身のアルギニン濃度を短時間で高める効果が期待されるということになります。

しかしながら、アルギニンは塩基性の高いアミノ酸ですので、限度を超えた高濃度で配合すると体調不良が起こる可能性もあり、1日の摂取目安量は2,000㎎から6,000㎎、上限は1日当たり15,000㎎から21,000㎎と言われています。
精力ドリンクの説明を見ても配合量までは記載されていませんので、アルギニン単体をどこまで配合可能かというのは定かではありませんが、実際には、胃腸への負担の少ない量しか配合されていないのではないかと推測されます。

一方、大量摂取による胃腸の負担があるアルギニンに対して、体内でアルギニンに変換されるシトルリンは胃腸への負担が少ないアルギニンの供給源としても期待できますし、シトルリンが存在することによってアルギニンを継続的に供給し続けるという効果も期待できるかもしれません。シトルリンは1日の推奨摂取量は800㎎と言われていますが、余分に摂ったところで不要なシトルリンは体外に排出されるだけです。

さらに、常日頃から滋養強壮効果を併せ持つ精力剤をお試しいただいている方、すなわち、ある程度の代謝能力が期待できるように体質が改善されている方であれば、アルギニン含有量の高いクラチャイダムやマカが高濃度に同時配合されている精力ドリンクによって、最初の勃起だけでなく4、5時間の勃起を維持する効果も期待できるかもしれません。

言い換えるならば、体内に吸収されてから代謝されてアルギニンに変換されるシトルリンやアルギニン含有量の高いクラチャイダムやマカエキスをアルギニンと同時配合することによって、アルギニン濃度を急上昇させるだけでなく必要量のアルギニンを維持することによって勃起の持続性もアップする可能性もあります。

もちろん、たんぱく質からアルギニンを取り出すのは代謝能力が備わっていて初めて可能なことですので、普段から精力剤をご利用いただいている顧客のためにドリンク版としてパワーアップさせた精力ドリンクが販売されているケースもあります。

おすすめの精力ドリンク

クラチャイダムゴールド液

クラチャイダムゴールドは日本サプリメントフーズ株式会社から発売されているクラチャイダム粉末100%の精力剤であり、人気のロングラン商品です。クラチャイダムゴールド液はキャッチコピーに「ココゾの元気に!」と書かれていることからも分かるように、クラチャイダムゴールドをご利用いただいているお客様に対して「今日は失敗できない!」という夜のためにリリースされた精力ドリンクとなっています。

クラチャイダムゴールドドリンク

以下に示した原材料にあるように、勃起力のパワーアップと持続力のアップに効果が期待されるアルギニン、シトルリン、クラチャイダムの組み合わせを中心に、伝承成分も含む様々な原材料が配合されています。

果糖ぶどう糖液糖、はちみつ、トンカットアリエキス、霊芝エキス、コブラエキス、マムシエキス、ガラナエキス、人参エキス、ハブエキス、クラチャイダムエキス末、ムクナエキス末、ヒハツエキス末、豚睾丸エキス末、L-シトルリン、カキエキス末/酸味料、シクロデキストリン、香料、カフェイン(抽出物)、L-アルギニン、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル)、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、香辛料抽出物

絶倫粉液、二回戦

男女精力剤専門店として有名な赤ひげ薬局から発売されている精力ドリンクを代表するのが以下の成分が配合されている絶倫粉液と二回戦です。

ただし、絶倫粉液という精力ドリンクは人気の絶倫粉を飲みやすい液状にしたというだけの精力ドリンクのようで、赤ひげ薬局から発売されている勃起力と持続力のアップに効果が期待される精力ドリンクは「二回戦」の方かと推測されます。
それぞれの精力ドリンクに使用されている原材料は以下の通りですが、二回戦の方には、アルギニン、シトルリン、マカが配合されています。

絶倫粉液:マムシ、ハブ、スッポン 蛇胆、オットセイカロペプチド、マカ、ガラナ
二回戦:タツノオトシゴ、シトルリン、アルギニン、田七、エゾウコギ、レイシ、牡蠣肉エキス、クコの実、オットセイ

生薬が中心となる赤ひげ薬局の精力剤は粉末では飲みにくいという顧客が多く、飲みやすい粒タイプや液タイプがリリースされたように説明されています。

参照元:精力剤の専門店 赤ひげ薬局 絶倫粉液
精力剤の専門店 赤ひげ薬局 二回戦

ココゾという時の一発に効果が期待できるに関して考えられているアルギニン濃度を急激に高めてそれを維持するように配慮されている精力ドリンクを選んだ方が良いということですね

精力剤とセットになっている精力ドリンクはどういう点が強化されているのかが分かりやすいと思います。とはいえ、ほとんどの精力ドリンクは配合量まで解説されているわけではないので最終的には飲んでみないと分からないということは否めません

でも、量的な問題はともかくとして、アルギニン、シトルリンにアルギニンを豊富に含む天然原材料が配合されているという精力ドリンクならば、アルギニンによる勃起力アップという点において効果を体感できる可能性も高いということですね

アルギニンが足りていないという方についてはその点は大切かと思います。そして、もう一つの自律神経の乱れに対してどのような工夫がなされているのかということが精力ドリンク選びのもう一つのポイントかと思います

カフェインで性的興奮を高めることができるのか?

自律神経の働きというのは自分でコントロールできませんので、自律神経の乱れによって勃起が起こらない、あるいは、継続することができないという機能性勃起障害ではアルギニンが必要量あってもパートナーを満足させることができないということになります。

精力ドリンクでは、勃起を妨げるように働きかける交感神経の作用を凌駕するほどの性的興奮を促す、いわゆる、興奮剤や催淫剤と呼ばれることのある成分が配合されていることが多いようです。
特に、コーヒーやココア、お茶に豊富にも含まれているカフェインは安全性も高く食品として取り扱われる精力ドリンクに利用されることが多くなっています。

勃起不全の治療薬のように交感神経が作用しても少しずつでも合成されたサイクリックGMPを破壊しない、すなわち、PDE5の作用を抑える原材料があれば良いのですが、今のところ、バイアグラの効果をマイルドにしたような効果を持つとされる淫羊かく(いんようかく)という生薬がありますが、この成分を配合した精力ドリンクは見当たりませんでした。

カフェインに期待される効果とは?


カフェインという物質名はほとんどの方が聞いたことがあるかと思いますが、試験勉強や仕事をしなければいけないのに眠いというときに飲むコーヒーに含まれている精神刺激成分の一つです。
カフェインは植物に含まれるアルカロイドと呼ばれる興奮や覚醒を促す生理活性物質の名称であり、溜まっている眠気や疲労を一時的に軽減する作用のあることが知られていますので、興奮を高める効果を期待して利用される成分でもあります。
一方、カフェインには脳の血管を収縮させる作用のあることから編頭痛を一時的に緩和させると言われていますが、末梢血管は拡張させるという特殊な作用があり、精力剤や精力ドリンクにおけるアルギニンの血管拡張作用をサポートする成分としても期待されているところもあるようです。
カフェインを豊富に含む植物としては、コーヒーノキ、チャノキ、カカオ、ガラナなどが知られており、精製されたカフェインやガラナエキスが配合されている精力ドリンクも多数存在します。

また、カフェインは飲んでから1時間後くらいに効果が表れ、3、4時間後には血中のカフェイン濃度は半分程度まで下がるということですので、性行為を行う1時間前に飲んで行為中の興奮度合いを高めるという点では精力ドリンクに配合する覚醒成分としては理想的かもしれません。

性的興奮が感じられなくなるほど疲れていたり眠かったりする中高年にはカフェイン入りの精力ドリンクは良さそうですね


カフェインはコーヒー、お茶、ココアなどの普通に飲んでいる飲料にも含まれている成分ですので安全性は高いと考えられますが、不眠症の原因となって余計にストレスが溜まることになるリスクがありますし、過剰な摂取はカフェイン依存症や中毒を引き起こす可能性もあるそうです

そんなヤバイ量が精力ドリンクに含まれているということはありませんよねぇ?

もちろん、その点は配慮されていると思います。というわけで、アルギニンの供給に対する工夫と性的興奮を高めるカフェインやガラナエキスの配合というのは精力ドリンクを選ぶ際には是非チェックしていただきたいポイントになってくるというわけです

精力ドリンクを選ぶ際には評判よりも原材料のチェックの方が重要というわけですね

最低限、ここまでご説明させていただいたような成分が配合されていることが望ましいです

「最低限」ということは、他にもチェックすべきポイントがあるということでしょうか?そういえば、精力剤で重要な成分として取り上げられることが多い亜鉛については出てきていません。

それと、ご紹介いただいた精力ドリンクにも配合されている豚睾丸エキス末やオットセイカロペプチドなどの生薬類も気になります

精力ドリンクに配合される伝承成分は怪しいのか?怪しくないのか?

精力剤における亜鉛はアルギニンやシトルリン、あるいは、アルギニン高含有のマカやクラチャイダムと並ぶ定番成分であり、セックスミネラルと呼ばれることもある重要な成分です。

精力剤における亜鉛に期待される働き:亜鉛は精液内に高濃度で含まれることによりセックスミネラルと呼ばれることもあるようですが、100種類以上の代謝酵素の活性化に関係している亜鉛は遺伝子の合成にも影響を与えており、受精後の細胞分裂を促すミネラルとしても重要な働きをします。

また、亜鉛には性欲亢進作用があるように解説されているサイトをよく見かけますが、亜鉛の性欲亢進作用というのは精液を貯めておく精嚢が精液で満タンになったときにそれを排出するべく性欲が亢進されるということと考えられます。

亜鉛が妊活において重要な成分であることは科学的に証明されているようですが、性欲亢進に関する科学的な裏付けというのは見つけることができませんでした。
しかしながら、代謝、特に、細胞分裂を促進することから考えても、精力増強効果があるというのは偽りではなく精力剤においてアルギニンと並ぶ重要な成分というのは間違いなさそうです。

ただし、妊活中に体温から判断される排卵予定日が近づくと産婦人科の医師から「今日から3日間は精液を排出しないように!」と指示が出ることからも分かるように、精液が充足するには空っぽの状態からだと3日は必要であるということを考えると、精力ドリンクで亜鉛を供給しても1時間後の性欲亢進には意味がないように思われます。

精力ドリンクでも亜鉛酵母や牡蠣エキス、あるいは、牡蠣肉エキスという形で亜鉛を供給するものが多いようですが、これからセックスしようというタイミングでは大きな効果は期待できないということでしょうか?

科学的に考えればそういうことになりますが、3日というのは空の状態から満タンになるまでの日数ですので、吸収の早い亜鉛であれば僅かな供給でも効果が体感できるということはあるのかもしれません

どちらにしても、精力剤であれば重要なファクターですが、精力ドリンクにおいては関係ないとまではいかないまでもそれほど重要なポイントではないということです

亜鉛はいろいろな食材に含まれているミネラルですので欠乏しているということは少ないようですが、穀類や豆類を主食とするような国や地域では欠乏症の症状を示す人が多いということですので、摂取することは悪いことではありません

後は、伝承成分と言われている原料の類ですね。確かに、ハーレムを形成すると言われるオットセイや豚睾丸エキスが入っていると言われると、なんだか効きそうな気がします


イメージ的なものは強いということは否めませんが、効果がなければ100年、1000年と伝えられるということは無いのではないかと思います

精力ドリンクの伝承成分と呼ばれる原材料に効果は期待できるのか?

伝承成分というのは「○○に効く」、「□□に効果がある」といった具合に、100年、200年、、あるいは、1000年以上の長きにわたって人から人に伝えられている成分で、全く効果のないものは伝承成分として現在まで言い伝えられているということは無いように思います。

近年では、マカやクラチャイダムのように効果に関する研究報告も数多く公開されている伝承成分もありますし、メカニズムが未知の伝承成分といえども科学的に解明されていないというだけであって、裏を返せば、効果がないということも証明されていないというだけということも考えられます。

先にご紹介させていただいているマムシ、スッポン、ウナギ、ニンニク、山芋も日本で伝承成分と呼ばれる原材料ですが、クラチャイダムゴールド液、絶倫粉、二回戦に配合されている伝承成分も含めて、精力ドリンクに使用されることのある伝承成分の一部を以下にご紹介させていただきます。

豚睾丸エキス

豚に限らず様々な動物の睾丸は男性ホルモンを分泌する器官であり、男性ホルモンであるテストステロンの代謝産物であるアンドロステロンという弱い男性ホルモン活性を示す物質が含まれていますし、アンドロステロンには中高年になると減少しているというテストステロンの原料として利用されることも期待されます。

オットセイの睾丸や陰茎を乾燥させた海狗腎(かいくじん)や睾丸と陰茎を乾燥させた鹿鞭(ろくべん)という生薬もあり、精力剤の原材料として使われることが多い原材料の一つですが、入手が容易で安全性も高い豚の睾丸が使用されていると思われます。

参照元:ウィキペディア アンドロステロン

オットセイ(カロペプチド)

先にお示しした海狗腎はオットセイの睾丸や陰茎を乾燥させたものですが、それよりも入手しやすいオットセイの骨格筋を分解して得られたのがオットセイカロペプチドと呼ばれる物質です。

日本ではヴィタリス製薬工業株式会社が製品化していますが、オットセイカロペプチドには血管拡張作用のあるアルギニンを始めとする多種類のアミノ酸がバランスよく含まれており、マカやクラチャイダムの動物版イメージの原材料です。

しかも、分解物ですので通常のたんぱく質を摂取するよりも代謝・吸収は早いと考えられますので、精力ドリンクの原材料として注目されていると推測されます。

参照元:カロペプタイド.JP カロペプタイドってなに?:オットセイのタンパク質

タツノオトシゴ

タツノオトシゴの内臓を取って乾燥させたものが海馬 (かいば)と呼ばれる生薬で、中高年になると減少しているという男性ホルモンを補う働きがあると言われています。

カンカニクジュヨウ

原材料名としてはカンカ、あるいは、ニクジュヨウとして配合されている成分で、植物由来の生薬として知られています。

期待される効果は血管拡張作用と抗酸化作用であり、精力ドリンクに配合される場合にはアルギニンの効果をサポートする成分ということになります。

参照元:ウィキペディア カンカニクジュヨウ

トンカットアリ

テストステロンの分泌促進効果があるという研究成果が報告されたことにより精力剤の原料として注目されるようになった、マカやクラチャイダムと並ぶマレーシア原産の男性向けの精力増強成分です。

ムイラプアマ

アマゾン川流域にあるボロボロノキ科の低木の植物で、現地では催淫・強精作用のある素材とされていますが、弱った心機能や筋力の回復などにも有効であるとされています。
ジャスミンの花の匂いと類似した匂いをもつハーブとしても知られていますが、性欲を増加させる効果があるという報告もあります。

海外における注目度の高い成分ですが、日本では第二類医薬品として市販されている大正製薬株式会社のゼナシリーズにも配合されています。

参照元:大正製薬商品情報サイト ゼナの秘密

アシュワガンダ

インド原産のアーユルヴェーダにも収載されている滋養強壮・強精成分でありますが、科学的な根拠となる報告は見つけることができませんでした。

しかしながら、アシュワガンダという名称には「馬並みの力が得られる」という意味があるそうで、伝承的とはいえ効果が期待される成分と言えるのかもしれません。

シカの角

マンシュウジカやマンシュウアカジカの生えてきている短い角を加工したものが鹿茸(ろくじょう)という生薬として利用されており、類似したものとしてトナカイの角という原材料もあります。

鹿茸からアルコールで抽出したものを鹿茸精と呼び、低下した勃起力をアップさせる効果がある生薬として利用されるということですが、科学的根拠は無いということです。

ウコギ、エゾウコギ

エゾウコギやウコギという名称で原材料に表記されるウコギ科の低木で、日本では北海道に生息しています。

根の表面を乾燥させたものが五加皮 (ごかひ)という生薬として利用されていますが、比較的よく研究されている素材で、薬用効果が期待される成分としてはエレウテロサイドやイソフラキシジンが挙げられます。

朝鮮人参の有効成分として知られるサポニンの一種で、集中力アップや緊張緩和などの鎮静効果のあることが明らかにされています。

精力ドリンクの原材料としは、疲労や眠気、あるいは、ストレスによって減退している性欲を回復させる効果を期待して配合されていると考えられますが、エレウテロサイドにはアルギニンの効果をサポートする血流アップの効果もあるということです。

参照元:ウィキペディア エゾウコギ

精力増強効果が期待できる伝承成分は他にもあると思いますが、精力剤や精力ドリンクは科学的な根拠の一端でも報告されるとリニューアルしたり、バージョンアップした製品がリリースされたりする業界ですので、購入を考える際には公式サイトの原材料名をネットで調べてどのような効果が期待できるのかを調べることをおススメします。

伝承成分を中心に配合している注目の精力ドリンクは?

科学的に明確になっている方が良いという方はアルギニンやカフェイン関連の成分に注目した方が良いようには思いますが、「いやいや、伝承成分も捨て難い」という人には伝承成分を中心に配合されている宝仙堂の「凄十」シリーズからだされている精力ドリンクのシリーズはおススメです。

「凄十」シリーズのドリンクタイプ

精(精力増強)・気(覚醒)・躰(滋養強壮)に影響を与えると伝えられている世界中で厳選された伝承成分をTPOに合わせて配合した体感型エナジードリンクとして、パワーを必要とするシーンに合わせて、「凄十 パワー液」、「凄十 エキスパートプレミアム」、「凄十 マックスエナジー」、「凄十 マックスエナジーⅦ」という配合を変えた精力ドリンクがラインナップされています。

最も高いもので1本1,800円ということですので、価格が高くなることが多い伝承成分を配合した精力ドリンクとしては比較的リーゾナブルな価格のように思います。

参照元:宝仙堂の「凄十」あなたを支える底力 商品ラインナップ

精力ドリンクを選ぶ際の目安となるポイントがよく理解できました。

出会い系風俗で遊ぶ際は活用していきたいと思います(笑)

実際のところは、自分にとって何が不足しているのかを知った上でそれを補うことができるものを選ぶというのが最も大切です

科学的な背景がしっかりしている方が安心できるので、アルギニン、シトルリン、マカ、クラチャイダムに興奮度をアップさせるカフェインやガラナが配合されている方が良いかと思っていましたが、解説していただいた内容から伝承成分の未知の効果というのも魅力がありそうな気がしてきました


中高年の場合には、代謝能力の低下や男性ホルモンの減少は若い人と同じというわけにはいきませんので、何もせずにいきなり精力ドリンクだけでカバーしようとするのではなく、代謝能力をアップさせるような食事や運動といった生活習慣を身につけることが大切です。

2、3ヶ月ほどかかるかもしれませんが、余裕があれば精力剤で事前に自力をパワーアップすることをおススメします

当サイトではこれ以外にも男性器に関する悩みについて紹介しておりますので、併せてごらん頂けますと嬉しく思います。

こちらの記事もいかがですか?

フォローする