勃起不全(ED)の症状原因や治療法・安全でおすすめのクリニックを解説 薬の個人輸入代行業者通販は危険

Pocket
LINEで送る

精力減退は中高年の悩みのベスト10に入っていると言われていますが、「単なる精力減退なのか?」、もしかしたら、「勃起不全、いわゆる、ED(Erectile Dysfunction)なのか?」というのは気になるところかもしれません。

ところが、「勃起不全というものがどういったものなのか?」、「単なる精力減退とどこが違うのか?」、「何かの病気なのか?」、あるいは、「勃起しないままなのか?」など気になることは山積みです

そうなんですよねぇ。EDや勃起不全という言葉はよく聞きますが、詳しいことは何も知りません。一時的なものなのか継続するものなのかもわかりません

そんな不安を抱えたままでは勃つものも勃ちませんし、不安を抱えたまま勃たない状況が続くことで悪化してしまうという可能性もあります

気持ちの問題で勃起しなくなるということのあるのですか?

勃起不全と一言で言っても原因はいろいろで、原因によっては気持ちの持ちようで勃起できるようになるということもありますし、精力剤で対応すればよいケースもあれば、薬を飲む方が良いというケースもあります。

もしかしたら、勃起不全の背景に治療しなければならない病気が隠れている可能性もあります

歳をとれば代謝能力や体力が低下し「いつまでも疲れが抜けない」ということもありますし、男性ホルモンの減少に伴う筋力や性欲の低下も相まってパートナーとの営みが億劫になるということもあります。

これだけならば、単なる倦怠期としてやり過ごすこともできるかもしれませんし、滋養強壮剤や精力剤と呼ばれる精力増強サプリメントで男性としての活力を取り戻すこともできるかもしれません。

また、若い頃には必要なときにはいつでも勃起していたペニスの勃起がままならなくなるということもあれば、前戯の際には勃起していたペニスが挿入時に萎えてしまう、いわゆる、持続力の低下、さらには、挿入後に萎えてしまう中折れと呼ばれる現象を感じるという男性も居られるかもしれません。

以上のように、勃起不全の症状や原因は多様化しており、原因によっては中高年から老齢ではなく20代の若い人が勃起不全に悩むこともありえます。


というわけで、先ずは、勃起不全というものがどのようなものであるのかを明確にして、ど

な種類があるのかを検証してみましょう

勃起不全とは?

男性の勃起という現象は、陰茎、すなわち、ペニスの内部に存在する陰茎海綿体に急激に血液が流れ込むことによって、通常は男性の股間でぶら下がるように垂れている柔らかい陰茎が長く、太く、硬くなることであり、勃起することによってペニスを女性器に挿入することが可能になります。

ちなみに、「勃」という漢字には「た(つ)」という訓読みはなく、常用漢字では「立つ」や「起つ」というように記載するべきところですが、ペニスの勃起については「勃つ」という漢字をあてることが多くみられます。

これは「意読」といって意味合いを考えた読み方であり、「勃」という漢字には「勢いが盛んなさま」という意味があることから、急に勢いよく長く、太く、硬くなる陰茎を表すためには「勃つ」という漢字をあてる方が意味が分かりやすいということのようです。

一方、勃起不全の「不全」というのは「活動や機能が完全でないこと」という意味があり、勃起不全は勃起が不完全であるということになります。

参照元:コトバンク 勃
コトバンク 不全

さて、勃起不全を英語で書くと「Erectile Dysfunction」ということで頭文字をとってEDと呼ばれることもあり、EDの方が馴染みがあるという方も居られるかもしれません。
勃起不全は医学的・科学的に以下のように定義されるようですが、勃起しない状態にも程度の差があり、常に勃たない人もいれば、たまに勃つ人もいますし、勃ってもそれをセックスの最終目的である射精を行うまで維持できないという人もいます。

勃起不全の定義

  • 「陰茎の勃起の発現あるいは維持が出来ないために満足な性交を行うことが出来ない状態」
  • 「性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が行うことができない状態」
  • 「通常性交のチャンスの75%以上で性交が行なえない状態」

簡単に言えば、ペニスが勃たないことはもとより、ペニスが勃っても女性器に挿入できない、すなわち、勢いがない状態で勃つ状態も勃起不全の一種ですし、最初は大丈夫でも途中で萎えてしまい最後まで勃起を維持できないという現象も勃起不全の一種であるというわけです。

勃起が必要とされるセックスを行う機会に遭遇してもペニスが勃たないためにセックスすることが出来ない、あるいは、パートナーを満足させるだけの勃起力や持続力がないというのは男性にとって大問題であり、そういったことが繰り返されることによって男性としての自信が喪失し、一過性であった勃起力不足が勃起不全へと発展することもあります。

勃起不全は中高年特有のものなのか?

日本には1100万人を超える勃起不全(ED)に悩む男性がいると言われるほどメジャーなものでありながら、「もしかしたら、自分はEDなのかも・・・?」と思っても他人にも相談できず、ましてや、病院を受診することをためらっている男性も多いのかもしれません。

実際、昔はペニスが勃たない男性のことを「インポ」や「インポテンツ」と嘲笑するような風習があったこともあり、「必要なときに勃たない」、「セックスできない」というのは男性のプライドに関わる一大事でもありましたので、他人や医師に相談することに尻込みするのも理解できないわけではありません。

一方で、後で説明させていただく認可を受けているED治療薬を製造販売している製薬会社のホームページにおいて勃起不全に悩む男性に向けた情報の提供が積極的になされているという事実もあり、勃起不全、すなわち、EDに対して正確な情報を提供するという動きもあります。
EDに関する情報提供が活発化した背景には、想像以上にED患者が多いということもありますが、中高年、あるいは、老年特有のものであるという認識が強かったEDが20代の若い人にも見られるということもあるのかもしれません。

EDは症状が発症する原因によって機能性勃起障害器質性勃起障害薬剤性勃起障害の3つに分類されていますが、複合的に起こるケースもあります。

機能性勃起障害:肉体の機能的には特に問題がみられないにもかかわらず、心理的な要因によって勃起が妨げられている勃起障害。心因性勃起障害と呼ばれることもあります。
器質性勃起障害:神経の伝達代謝機能、血流、ホルモンバランスの影響などに代表される体質の変化が原因で起こる勃起障害が最も多いようですが、メタボリックシンドロームの三大疾病である糖尿病、高血圧、脂質異常症、さらには、差の先にある動脈硬化が原因で起こる場合もありますし、心臓や肝臓の疾患や陰茎(ペニス)そのものの異常、あるいは、自己や手術の影響によって勃起しなくなるということもあります。
薬剤性勃起障害:心臓発作などの心疾患のためにテストステロンを抑制する薬剤やうつ病に使用される抗うつ剤や向精神薬などの副作用によって起こる勃起障害。

器質性勃起障害は代謝系のトラブルや血流の低下などが関与していますのでEDが中高年に起こりやすい最大の理由になると思いますが、機能性勃起障害、すなわち、心因性の勃起障害は中高年に限ったことではありません。
もちろん、疲労やストレスの多い中高年が疲れがたまった状態で1,2度勃たないことがあったときに、「自分はEDではないか?」、「どこか体に問題があるのではないか?」などと不安に思うことが多くなり、勃たなかったことがトラウマとなりEDになるというケースもあるかもしれません。

一方、若い人でも、セックスが未経験である、すなわち、童貞である男性が初めてのセックスに臨む際に緊張から勃たないというケースでは初セックスを克服できるまでの不安と緊張からEDに発展するケースも考えられます。

特に、新婚初夜で勃たなかったことが原因となりそのままEDに発展する新婚勃起障害というのもあるくらいです。

また、勃起時のペニスのサイズや形状が普通の人と違うことを指摘されたり仮性包茎であることを指摘されたりすることで自信を喪失し、EDを発症するということも考えられます。

参照元:ウィキペディア 勃起不全

自身のペニスのサイズや形状に悩みがあり、勃起時のペニスの形状やサイズ、特に、長さ、太さ、硬さについて知りたいという人は、以下の関連記事で詳細に検討させて戴ておりますので併せて参考にしていただければと思います。

関連記事:増大系精力剤でペニスは大きくなるのか?大きいことは良いことなのか?

心の問題は年齢とは無関係ということですね。

同じ機能性勃起障害という括りであっても、中高年と若者では原因の質は異なっていることが多いと考えられます 。

また、個人差はあるものの、「老いてますます盛ん!」と言われることがあるように60歳を超える高齢者が父親になるケースもありますので、男性の性欲というのは年齢とは関係ないように考えられています

EDは中高年特有の症状というのは間違っているということでしょうか?

夫婦間の夜の営みだけを考えても、加齢とともにセックスをする機会が減少するということは否めません。若い夫婦よりは中高年の夫婦の方がセックスをする機会が減少するというのは一般的な話です

高齢者の場合にはパートナーが閉経するということもありますよね

女性の場合には閉経によって性欲が減退しセックスの機会が減ることになる可能性が高くなります。一方で、60歳を超えた男性の9割が「性欲がある」と回答しているアンケート調査もあります

中高年以上になるとセックスの機会が減るということが「EDが中高年に見られる症状」と思わせているということでしょうか?

実際にEDであるという人もいるとは思いますが、セックスの機会の減少というのが「EDは中高年の病気」と錯覚させる一つの要因であると思われます。

でも、中高年になるとセックスをする機会が減少するというのは事実ですし、セックスをする気が起こらないというときに求められてもごめんなさいするしかありません

性欲よりも疲労が勝っているとセックスをする気分にならないということかと思いますが、加齢に伴い疲れが抜けにくくなるというのも継続すると勃起不全の原因の一つとなってくると考えられています

勃起不全が起こる原因というのはそんなにいろいろあるのですか?

勃起が起こるメカニズムを考えると勃起不全が起こる原因は理解しやすいと思います

勃起のメカニズムくらいは知っていますよ。ペニスの内部にある海綿体に血液が流れ込んで膨れてくるようなもんでしょう

現象はそういうことですが、そこに至るまでに体の中でどんなことが起こっているのかを知ることが大切であり、勃起不全を理解するための近道です

性行為を行うために勃起するのは何故?

勃起不全やEDという言葉の認知度がアップしたのには若者や中高年の前半といった比較的若い世代で勃たない悩みを持つ男性が増加傾向にあるということが一役買っているのかもしれませんが、現実には中高年、あるいは、中高年の後半の男性に多いということは間違いありません。

勃起不全治療薬のレビトラを製造販売しているバイエル薬品株式会社が実施したアンケート調査では、男性の17.1%が自分はEDであると思っており、自覚している人の割合が年齢が上がるとともに増加し、20歳代や30歳代の若い人で自覚している人が1割程度であるのに対し60歳代では3割の人が自覚しているということでした。
結局のところ、閉経のある女性と異なり、何歳になっても男性の性欲というのは尽きることはありませんが、肉体的・精神的問題から実際に性行為を行うことができる人は限られてきますし、40歳を超えるとEDに悩む人が増加する傾向にあるというわけです。
そして、EDを自覚している男性の半分は性生活そのものに自信がなくなり、3割が男性としての自信がなくなったというアンケート結果も出ているということですので、男性にとって勃起するということの重要性を推し量ること合出来ます。

参照元:EDネットクリニック.com 「ED(勃起不全)の自覚と意識」

さて、セックスの最終目的、すなわち、射精するためには膣に挿入できる硬さは最も大切であると思いますが、パートナーの性的興奮を高めるためには太さや長さも重要な因子となってきます。

勃起した時のペニスが他人より小さいということも悩みとして挙げられていますが、中高年になると若い頃にビンビンに勃起していたペニスの勃起力が低下している方が深刻という方が多いようです。

  • 記憶にあるサイズまで勃起するのに時間がかかる(こんなに時間がかかったかなぁ?)
  • 記憶にあるサイズまで勃起できていない(あれっ?この程度だったかな?)
  • 最終目的である射精するまで勃起が維持できない(あれっ?萎んじゃった)

パートナーも興奮状態にあることが手に取るようにわかるのに、肝心のペニスの勃起が不十分ということになると、そのまま強行するどころか女性器に挿入することもできないこともあります。

男性にとっては「まずい!」と考えるとますますペニスが萎えてしまうこともありますし、性的興奮がマックスになっている女性にしてみれば「いよいよかぁ・・・」というときにいつまで待っても挿入されず、挙句の果てに「ごめん!無理!」となると興醒めどころか二人の関係に亀裂が入るもとになってしまう可能性もあります。

以上のように、勃起という現象は性行為を行うために必要な硬さ、太さ、長さを陰茎に与えるための現象であり、陰茎の内部にある陰茎海綿体に急激に血液を流入させることによって起こることぐらいはほとんどの男性がご存知かと思います。
しかしながら、勃起が起こる際に「体の中でどのような変化が起こるのか?」や「どんな物質が必要になるのか?」などの詳細なことは知らない人が多く、勃起のメカニズムを知ることが治療や改善を考えるうえで大切になってきます。

性欲があるのに勃たないというのはショックが大きいと思います

ペニスが勃起することは男性として当たり前の現象であると考えている男性が圧倒的に多いので、勃起が不十分であるというのは情けないというように考えてしまうのだと思います

EDの原因が分かれば治療は可能でしょうし、軽症であれば精力剤の利用や生活習慣の完全などによって勃起できるようになるのですよねぁ?

時間はかかるかもしれませんが、治療薬や精力剤、あるいは、生活習慣の改善でEDの症状を改善できる可能性はあります。ただし、病院を受診すれば医師が適切な方法を判断してくれますが、自己判断で精力剤の利用などを考える場合には、ペニスが勃たない原因が何であるのかを十分に考えることが大切です

そのためには、勃起のメカニズムについて詳しく知っておく必要があるというわけですね!メカニズムが分かっていたら医師の説明も分かりやすいでしょうね!

勃起が起こるメカニズムとは?

女性の裸体を見たり裸体に触れたり、あるいは、ペニスに対する物理的刺激やパートナーが性的に興奮する様子や声などの性的な刺激を受けることによって、その刺激が脳に伝えられ脳が性的興奮状態になります。

性的興奮状態になった脳は与えられた刺激に対応するための信号が体中に送られ、信号を受け取った体の各部位で変化が起こることになり、ペニスの勃起という現象は体に起こる変化の一つというわけです。

勃起が起こる詳細なメカニズム

  1. 外部から入ってくる性的な刺激が脳に伝達される
  2. 性的な刺激によって脳が性的興奮状態になる
  3. 性的興奮状態の脳からの信号が背骨を通る骨髄神経によって伝搬され、骨盤にある勃起神経では一酸化窒素合成酵素の生産が促されます。
  4. 産生された一酸化窒素合成酵素によって血液中のアルギニンがシトルリンに変換される際に一酸化窒素が発生します
    発生した一酸化窒素が血管壁に働きかけてサイクリックGMP(guanosine monophosphate)が合成され、血管壁を弛緩・拡張します
  5. 活性化されアルギニンがシトルリンに変換される際に一酸化窒素が発生します。
  6. 陰茎深動脈が拡張されることによって陰茎海綿体を構成する静脈洞に血液が急激に増加します
  7. 血流の急増によって膨張した陰茎海綿体が流入された血液を排出する静脈を圧迫し、陰茎海綿体の膨張が加速されます
  8. 陰茎海綿体を包む白膜やその外部にある筋膜が陰茎海綿体の膨張を抑えるように働くことで、内圧が上昇しペニスが硬くなってきます

勃起の詳細なメカニズムを検証すると、勃起が起こらない、すなわち、EDの症状が発生する上で重要なポイントが明らかになってきます。

性的興奮状態を伝搬する脳の活動トラブル:ストレスなどによって刺激や信号の伝搬やホルモンの合成などにトラブルが発生すると性欲が亢進されない、すなわち、性的興奮状態が発生しなかったり性欲があっても勃起が起こらないということになります。
加齢に伴う代謝能力の低下:一酸化窒素合成酵素の生産が不十分であることによって勃起が起こらないということになります
血中アルギニン濃度が不十分:一酸化窒素合成酵素が生産されても、反応を起こすためのアルギニンが不足している場合、勃起が中途半端になったり全く起こらないということが考えられます

この他にも、骨盤底筋を働かせることによって長く、太く、硬くなったペニスをピクピク動かすことができますが、筋力不足によって動かすことができないということもあります。
勃起したペニスが動かせないからといって性行為に影響を及ぼすわけではありませんが、一方で、僅かにでも動くことによって活力に溢れている、いわゆる、「ビンビン」であるという心理効果も期待できます。

骨盤底筋は尿の排出に影響する筋肉ですので、尿切れが悪い、あるいは、尿漏れなどの悩みを持つ中高年の男性では勃起が起こったとしても自発的に動かすことができないことがあるというわけです。

また、陰茎海綿体を構成する静脈洞の血管は細く血流の影響は強く出ると考えられますので、アルギニンが十分に存在し血管が拡張されても血流が不足している、すなわち、血液がドロドロである場合にも勃起が起こらない可能性があります。

さらに、食事から摂られるアルギニンは勃起のためだけに働くわけではなく、体内で発生する老廃物のアンモニアを尿素に変えて排出したり、成長ホルモンの分泌、雑菌の侵入を防ぐ免疫作用や筋肉増強などにも利用されたりしますので、ルギニンの消費が激しい生活習慣や体質では勃起が起こりにくくなる可能性があります。

ちなみに、性欲とは無関係にペニスが勃起するという男性にとっての生理現象のような「朝立ち」という現象ががありますが、これには筋肉は休止状態にありながら脳が覚醒しているレム睡眠が関係しています。

レム睡眠の最中に脳の指示によってペニスが勃起することがあり、睡眠中に一定のサイクルで繰り返されるレム睡眠のたびに勃起が起こっています。

朝方のレム睡眠の最中に目覚めたときに勃起している状態が朝立ちであり、勃起の試運転のようなものである朝立ちが起こるということは勃起するための必要な条件はそろっているということになります。

すなわち、朝立ちの有無というのはEDを診断する上で重要な因子の一つであり、ストレスやストレスによる睡眠不足が無い状態であるにも関わらず朝立ちが全く起こらないということになると、男性ホルモンの極端な不足によっておこるLOH症候群や動脈硬化などの血流悪化などの可能性もあるのかもしれません。

以上のような背景のもと、精力剤の開発やED対策のための生活習慣の見直しを考えるということになります。

精力剤ではアルギニンやシトルリン、あるいは、アルギニンを始めとするアミノ酸含有量の優れたマカやクラチャイダムの使用、性欲亢進・筋力増強が期待できる男性ホルモンの分泌を促す成分、カフェインなどの興奮を誘発できる成分、血流改善成分、さらには、代謝能力をアップさせる滋養強壮成分などを組み合わせて配合されているというわけです。

なるほど。それで、精力剤ではアルギニンや体内でアルギニンを供給するシトルリン、あるいは、アルギニン含有量が多いと言われるマカやクラチャイダムが重要視されているのですね

中高年に多いと言われるEDの場合、血中アルギニンが足りていないというのは致命的ですし、加齢に伴う男性ホルモン活性の低下も大きな問題です。そして、それらを引き起こしている大きな要因として代謝能力の低下、血流の悪化、活性酸素の悪影響などが挙げられます

アルギニンを中心に構成して、根本原因である老化やメタボ体質を改善するようなサポート成分も重要になってくるというわけですね

性欲があって朝立ちが起こる、すなわち、勃起機能に問題がないようなケースでは、必要な栄養素を補充することやアルギニンの浪費を防ぐような生活習慣だけでEDが改善されるケースも少なくありません

精力剤については以下の記事で詳しく解説しています。

精力剤や生活習慣で頑張ってもどうにもならないというときには病院で治療するということになると思いますが、EDの治療薬もアルギニンのように勃起を促すような成分でしょうか?

治療薬の場合は、勃起のメカニズムを考慮した成分というよりも勃起が萎えるメカニズムを考慮した成分といった方が正しいと思います。先ずは、病院を受診した際の治療の流れ、ED治療の方法、使用される薬について順次検証したいと思います

EDの治療は何科に行けばよいのか?

EDをカミングアウトするというのは、恥ずかしいやら情けないやらが先に立って、なかなか踏み切れるものではありませんので、精力剤や生活習慣を見直すことで改善できるならと自分でできる改善方法を試すという方の方が多いかと思います。
しかしながら、いろいろ試してはみたものの一向に改善できる様子が無いということになると、EDを診療できる病院を探して受診するということになるかと思います。

EDの治療のために病院を受診する場合には泌尿器科ということになるかと思いますが、先に説明させていただいたように、EDの診断や治療には代謝機能、血流、ホルモンバランス、生活習慣などが関係する上、心因性ということになれば精神面のケアが必要になる場合もあります。
また、勃起しない原因を突き詰めるためには、現在の病気や病歴、さらには、服用中の薬など、様々な情報を総合的に判断して適切な治療を行う必要もあります。

言い換えるならば、EDは一人一人異なっている複雑な状況を総合的に判断し、さらには、専門外の他の病気や薬剤の副作用に関する知識も必要とされますので、勃起不全だけでなく泌尿器系の病気を総合的に診る病院よりはEDを専門的に診ている病院の方が経験が豊富であるとともに適切な判断を下すことができると考えられます。

EDの治療は長い期間を要することもありますので、通院しやすい病院を受診する方が良いという考え方もあるのかもしれませんが、経験豊富なEDを専門としている医師に診てもらった方が安心できます。

お住まいの地域にED専門クリニックがあり通院できればベストではありますが、ED治療を専門に診察している病院には日本全国に主要拠点を持つクリニックやスマホで受信できる病院もありますので、やはり、知識や専門性を重視する方が良いのではないかと思います。

以下に、おススメのED専門クリニックをいくつかご紹介させていただきます。

六本木EDクリニック:病院での診察はもちろん、スマホを使ってLINEのビデオ通話を利用して自宅や外出先でも診察を受けることができます。また、遠方から来院するED治療薬を初めて購入される方のために移動距離が50㎞以上であれば、1万円以上の購入に対し最大3,000円の交通費を支給する「遠方割」というサービスも展開しています。
通院を必要とするEDウェーブという血流改善治療を行う場合の「遠方割」は受診回数分の交通費として10,000円を上限に支給されるそうです
イースト駅前クリニック:日本全国14か所の主要都市に医院を構えるED専門クリニックです。名前の通り、どの病院も駅から近いというのが特徴的です。
ABCクリニック:北海道、東北、関東、東海・北陸、近畿、中国・四国、九州というエリアごとに全部で16か所のクリニックを構えています。専門としているのは包茎の治療ということですので、包茎であることがEDの原因の一つであると感じられる方には適しているのかもしれません。
浜松町第一クリニック:首都圏に7つのクリニックを開設しているということですので受診するとなると関東限定ということになりますが、オンラインによる遠隔診療や薬の処方にも対応していますので、利便性については他のクリニックと差があるわけではありません。むしろ、浜松町第一クリニックの公式サイトはEDに関する情報が詳しく、しかも、分かりやすく解説されているというのが特徴です。特に、各種治療薬の概要、価格、外観、服用のポイント、副作用などの情報は一見する価値があると思います。

参照元:六本木EDクリニック 公式サイト
イースト駅前クリニック 公式サイト
ABCクリニック 公式サイト
浜松町第一クリニック 公式サイト

男性にとってのデリケートな問題であるEDの悩みを相談するわけですから、いろいろなことを気軽に話せるかかりつけ医の方が良いという人もいれば、大きな総合病院自の方が良いという人も居られるかもしれません。
しかしながら、複雑な要因が絡まりあって発生するEDですから担当する医師の経験は病院選びの重要な因子の一つでもありますので、おススメの病院の中で自分の生活リズムにマッチしている病院を選択として考えることも必要であると思います。

確かに、話しにくいことも話すことができる馴染みのあるかかりつけ医というのは魅力ですが、確実性ということになるとED専門医の方が頼りになりそうです

EDの背景に何か別の病気があったり薬の副作用があったりすることもあるので、そういう場合には大きな総合病院であるというメリットもあります。ただし、EDの背景にどのような病気が潜んでいる可能性があるのかということに関する情報も専門医の方が豊富である可能性もあります

それはそうかもしれません。ところで、おススメの病院にはLINEのビデオ通話を使って診察する病院もありましたが、そんなレベルの診察で治療方法などができるものなのでしょうか?

どんな病気でも病院の受診を決心するときには、検査の内容や痛みの有無などは心配になるとい方は多いようです。

豪胆に見える人でも病院に関しては小心者という男性もいるかもしれません。というわけで、一般的なED診察の流れと治療方法について解説させていただきます

一般的なEDの診断?治療方法は内服薬の使用だけですか?

EDが発症する背景を探るためには血液検査や尿検査、さらには、朝立ちで説明させていただいたレム睡眠時に起こる自然勃起と呼ばれる現象をエレクチオメーターなどで測定する検査というのもありますが、血液検査や尿検査の結果は健康診断でも行われているものですし、朝立ちの有無は本人が最もよく知っている情報です。
ただし、EDと診断された場合、EDの治療は健康保険の利かない自由診療ですので検査をすればするほど必要な費用は多くなってきます。
もちろん、既往症や現在発症している病気、あるいは、服用している薬なども自分で分かっているものですので、それすらわからないという方はEDの専門医よりもかかりつけ医や総合病院を受診した方が良いということになるのかもしれません。

ここでは、EDに特化したED専門クリニックの診察の流れについて解説させていただきます。

ED診察の流れ

  1. 病院を決めたら予約を取って診察日を決めます。(ED専門クリニックでは予約不要というところがたくさんあります)
  2. 受診して最初に問診を行います。
  3. 患者の希望と状態が把握出来たら、医師が治療に適した治療薬を決定し、治療内容や期待できる効果を説明します

「たったそれだけ?」と思われるかもしれませんが、EDの治療は問診から発症する原因を特定し、患者の性生活を含む生活習慣を考慮した指導すること、並びに、適切な治療薬を処方するというのが一般的です。
もちろん、EDの治療については治療薬だけでなく様々な方法が考案されていますが、外科的治療には日本で認められていないものもありますし、メリットばかりというわけではありません。

そして、外科的治療が選択されない大きな要因としてEDの治療は自由診療、すなわち、保険適用外であり、外科的治療の費用やリスクを考慮するなら内服薬の使用による治療を選択するという方が多いということが関係していると考えられます。

EDを専門としている医師はEDを発症する可能性のある病気や薬については熟知している医師が多く、患者との問診によって得られるED以外の症状に関する情報からEDの背景に治療するべき病気の存在が疑われるときには他科の受診を進めることもできますし、患者が現在服用している薬剤の副作用が疑われるときには受診している病院と相談するように指導することもできます。

EDの外科的治療とは?

勃起は血液によってコントロールされていることからも分かるように血管に障害があることによってEDが発症するケースもあり、陰茎海綿体への血液の流入に問題がある場合には血管をバイパスしたりカテーテルによって血管を拡げてやることで勃起が起こるようになる場合があります。
他方、勃起するために陰茎内部に流入した血液が排出されてしまうことによって起こるEDでは、陰茎海綿体の血液を排出することに関わる静脈の一部を切除したり縛ったりする、すなわち、陰茎海綿体内部の血液の排出する出口を狭くすることで陰茎海面田に血液が貯まりやすくする治療も考えられます。

また、陰茎海綿体に血管拡張作用のある薬剤を直接注射することによって2時間程度の勃起状態を確保するという方法陰茎を吸引することによって陰茎海綿体内部に血液を引き込む陰圧式勃起補助具を用いるという方法もあります。

勃起状態を産み出すための最終手段とも言われている陰茎内部に陰茎プロステーシスと呼ばれるシリコン製の心棒を埋め込むという方法もありますが、それでこの手術によって陰茎海綿体は機能しなくなりますし、異物を挿入することによるリスクもあります。女性の豊胸手術と似ていますが、常に勃起している状態に類似した状態ということになります。

血管手術による外科的治療くらいは試しても良いかもしれませんが、他の方法ちょっと引いてしまいますね

勃起しないということが命に関わるというわけではないというのがほとんどですので、そこまでしてでも勃起することを優先するのかどうかは患者の判断になるかと思います。

外科的療法は選択肢としてあるという程度で、仮に実行するにしても費用やリスクについて医師とよく相談する必要があります

それはそうですね。この話を聞けば、EDの治療を考える方のほとんどは内服薬治療を希望するでしょう。

ところで、おススメのED専門医の六本木EDクリニックの説明の中に、EDウェーブという治療方法のことが出てましたが、これは外科的治療ではないのですか?

六本木EDクリニックのEDウェーブとは?

六本木EDクリニックのEDウェーブという治療方法は、陰茎およびその周辺に低出力の衝撃波を照射することで血管の再生を促し陰茎海綿体への血流を改善する治療方法です。
EDウェーブというのは六本木EDクリニックが導入しているイスラエルで開発された低出力の衝撃波を発生させる装置の名称だそうで、他にも、ED1000という名称の装置を使って行う低出力体外波衝撃治療やED-MAXと呼ばれる従来の低出力対外衝撃波治療装置を改良した「セルインパクトウルトラ」という装置を用いた低周波体外衝撃波によるED治療もあるようです。

体外衝撃波治療というのは腎臓結石や尿路結石を低出力の衝撃波で破壊する治療方法として開発されたショックウェーブ療法と呼ばれる比較的古くからある医療技術であり、発生する衝撃波を10~20%まで出力を落としたものが血管性のED治療に用いられるようになったということです。

低周波対外衝撃波によるED治療
体外から照射される低出力衝撃波によって陰茎海綿体の内部にある血管を振動させることによって血管壁に存在する細胞の細胞増殖因子の放出を促し、陰茎海綿体の細い血管の再生によっ血流をアップさせてEDを治療します。
低出力体外衝撃波治療はED治療薬を用いる薬物療法と外科的療法の中間に位置する最新のED治療方法ということで、薬物療法で効果が得られないという血管性のEDに対する外科的な血管手術を行う前に試す比較的新しい治療方法です。

低周波対外衝撃波によるED治療のメリット

  • 血管に問題があるために発症しているEDの改善効果
  • クスリのような副作用も施術中の痛みも無い
  • 施術後の陰茎に対する有害な影響も確認されていない

また、血管手術の代替としてだけでなく、新生された血管での一酸化窒素によるサイクリックGMPの生合成も促進されることも確認されており、後程説明させていただく持病などの関係でED治療薬による治療ができない男性にも期待できる治療方法です。

処置そのものは1週間に2回、ないし、1回の治療を3週間行い、3週間の期間を開けてから再度同様の処置をするという方法を取るのがオーソドックスな方法ですが、最初の6回の処置で終わるコースから24回の処置を行うコースまで用意されています。
ただし、自由診療であるために保険が適用されることは無く、ご紹介させていただいた六本木EDクリニックのでは処置の回数に応じて228,000円から672,000円と少し高額になっています。

参照元:六本木EDクリニック 公式サイト 根本治療(EDウェーブ)~血流改善治療~
ED治療ナビ ED1000でEDを根本から治療する
ED-MAXによるEDの体外衝撃波治療

低出力体外衝撃波治療はED治療薬で効果が無かったならぜひ試したい方法ではありますが、費用もさることながら通院の必要性があるので遠くというのは問題です

確かに、装置が必要な治療ですので近隣の病院でできる方が良いでしょうね。最近は装置を導入している病院も増えてきているみたいですし、ネットで「ED1000」や「ED-MAX」で検索して近隣の病院を探すことも出来ます

費用は病院によって異なっているのですか?

自由診療ですので多少の差はあるでしょうが、標準的な治療の平均費用は40万円程度ということです

ED治療薬も長期になると高くつくということは聞いたことがありますが、短期間でEDが回復したり必要な時だけ飲むということならば単発で40万円よりはED治療薬の方が良いかもしれません

患者の対費用効果に対する考え方も大切かと思います。そういうこともあって、問診からのED治療薬の決定というのが一般的なED治療方法になっているのだと思います

ED治療ではどんな治療薬が使われるのか?ED治療薬を徹底比較!

中高年のEDの原因は日常的に発生するストレスや生活習慣に依存していることが多く、加齢とともに低下してくる代謝を活発にするような生活習慣の改善、すなわち、食生活の改善、軽度の運動、良好な睡眠などによって自然回復するというケースもあります。

代謝が活発になればテストステロンの分泌量の低下もある程度は抑えることができる可能性もありますし、精力剤や精力ドリンクの利用によって後押しするという方法もあります。

しかしながら、必要なときに勃起しない状態が続くことによって夫婦生活が円滑に行われなくなってくると男性としての自信が低下し、不安が先行することがさらなるストレスを産み出し本格的なEDへと進行する、すなわち、器質性勃起障害と機能性勃起障害が併発してしまうことも少なくはありません。

このような背景のもと、EDの治療薬は、勃起を誘発することになるサイクリックGMPを分解するために体内で合成される5‐ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素を阻害する物質が利用されており、日本ではバイアグラレビトラシアリスの3種類がED治療薬として認可されています。

ちなみに、男性ホルモンであるテストステロンの血中濃度が異常に低い場合には、テストステロン補充療法としてテストステロン製剤を使用することもあります。
ただし、前立腺がんを誘発・促進する可能性もありますし、男性ホルモンの増加によって勃起関係以外の代謝にも影響が出る可能性もあるためテストステロン製剤をED治療に使用するケースは少ないと考えられます。

さて、勃起そのものは、サイクリックGMPという物質が血管を拡張させることによって起こるということでしたが、性行為そのものが終了すると、サイクリックGMPを分解する5‐ホスホジエステラーゼ(PDE-5)という酵素が活発に作用することによって陰茎に血液を送り込む血管の拡張が終了して勃起したペニスが通常状態に戻ります。

チョットした性的な刺激だけでも勃起する、すなわち、排尿時にペニスに手を添えたり少しでもエロイことを考えただけで勃起するようなことがあっては困りますので、不要なときにサイクリックGMPの濃度が上がったとしてもPDE-5の活性化によって勃起をコントロールするようになっています。

逆に、ペニスが勃起することを必要とされるとき、すなわち、勃起を誘発しようという性的興奮状態にあるときに、PDE-5によって生産されたサイクリックGMPが分解されることによって勃起に時間がかかる可能性もありますし、サイクリックGMPの生産よりも分解の方が勝っているときには勃起が起こらないという可能性もあります。

また、性行為の途中でサイクリックGMPの分解が進み過ぎると、挿入中のペニスの勃起が萎えてしまう、いわゆる、中折れという現象が発生する原因となる可能性もあります。

バイアグラ、レビトラ、シアリスという3種類のED治療薬はPDE-5によるサイクリックGMPの分解を阻害する薬であり、いずれも、日本において一時的に勃起力を高める処方箋医薬品として認可されています。

ちなみに、バイアグラ、レビトラ、シアリスは商品名であり、有効成分は、それぞれ、クエン酸シルデナフィルヒドロキシホモシルデナフィル タダラフィル という物質名になっています。

作用メカニズムは同じですが、吸収率や体内で分解される速度、PDE-5に対する阻害効果には違いがあり、以下の表に示すような効果・効能、さらには、患者の生活のリズムや副作用リスクを踏まえて、「どれを使用するのが良いのか?」ということを医師が判断することになります。

バイアグラ レビトラ シアリス
即効性
効果の継続性
吸収率
副作用リスク
◎:かなり有る、〇:有る、△:弱い、

参照元:浜松町第一クリニック PDE阻害作用の違い

即効性を重視するのであればバイアグラかレトビラが良く、セックスを行う1時間ほど前に服用することで勃起力が向上するように言われていますが、反面、勃起の持続力は3~6時間程度しかありません。

吸収力を重視するのであればバイアグラかシアリスを選択することになり、レビトラは効果を感じることができないという人がバイアグラよりも少ないということです。
一方、シアリスは服用から36時間は効果が持続するというのが大きなメリットになっており、体内への吸収性も良い上に副作用リスクが低いというのが特徴です。

それぞれの治療薬の有効成分はPDE-5の阻害性に優れているということで開発されていますが、「5」という数字がついていることからも分かるように、PDEにはいくつかの種類があり、身体のいたるところで血管の拡張と収縮のコントロールをしている酵素です。

それぞれの治療薬が全く他の番号が付いたPDEを阻害しないというわけではありませんし、ED治療薬を服用することによってサイクリックGMPの分解を抑えてしまう、すなわち、血管が拡がるった状態が継続されることで肉体的な変化が起こるような副作用があります。

バイアグラ、レビトラ、シアリスに共通する副作用は以下の通りですが、下記の副作用は、程度の差こそあれ、どれも服用した人の大半に発症するものであり、健康状態に影響及ぼすほどの大きな副というわけではありません。

バイアグラ、レビトラ、シアリスに共通する副作用:顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまり、消化不良、胸やけ、背部痛など

シアリスの副作用は他の2剤に比べると弱いということですが、消化不良、胸やけ、背部痛を訴える方はシアリスが多くなっているということです。

むしろ、ED治療薬による血管拡張作用が健康に悪影響を与える可能性があるとすれば、狭心症において処方されるニトログリセリンのような硝酸系の薬剤のような血管拡張作用のある薬と併用しないことや低血圧気味の方がアルコールと併用することによる著しい血圧低下を起こしてしまうなどの方が副作用の心配よりも重要で、各治療薬の用法・用量、あるいは、服用の注意点について注意した方が良いと思われます。

それぞれの治療薬の詳細については、浜松町第一クリニックの公式サイトにて詳細に記載されていますので、気になる方は参考にしていただければと思います。

参照元:浜松町第一クリニック公式サイト バイアグラの正しい服用方法と処方
浜松町第一クリニック公式サイト レビトラの正しい服用方法と処方
浜松町第一クリニック公式サイト シアリスの正しい服用方法と処方

治療薬の効果・効能の表を見れば、副作用もそんなに心配しなくて良いのでならバイアグラかレビトラの方が即効性があって良いように思いますが・・・?

ところが、バイアグラは効果が強すぎるのでもっとマイルドな方が良いということや食事の影響が最も少ないということで、シアリスに人気が集中しているという面もあるそうです

結局は、性行為も含めた生活習慣の状況に合わせて選択するということでしょうか?

もちろん、個々の体調・体質が重要ですので、医師と相談の上、全部を順番に試してみるというのも良いかもしれません

クスリ一つ選ぶのにもいろいろ難しい問題があるのですね

だからこそ、泌尿器系全般を診る泌尿器科よりもEDへの対応の経験が豊富な医師がそろっているED専門クリニックがおススメという一面もあります

でも、問診もある程度マニュアル化されているでしょうし、薬も限定されているのならば、EDを対象としていいる泌尿器科ならばどこでも良いような気もします

何故、ED治療にED専門クリニックが選ばれるのか?

EDというのは男性にとって恥ずかしいというイメージが強い特殊な症状ですのでどうしてもED専門医の方に眼先が向いていまうということもあり、当然ですが、医師のED治療の経験値というのは一般的な泌尿器科医よりも高いということはいうまでもありません。

また、ED専門クリニックで行われることのあるスタッフを男性だけにするなどの受診してくる患者のメンタル面に対する配慮もありますし、LINEのビデオ機能を使ったスマホでの診察やネットでのオンライン対応なども大きなメリットであると思います。

というわけで、ED治療に関しては、一般の泌尿器科が悪いというわけではなく、EDを専門としているクリニックの方が安心して治療ができるのではないかと思います。

ただし、ED専門をウリにしている病院の中には海外から輸入した偽造品をジェネリック医薬品と称して処方するような悪徳クリニックもあるようですので、国内正規品を取り扱っているED専門クリニックがおススメということになります。

個人輸入代行業者が運営する通販サイトでは偽物が販売されているというケースも少なくは無く、バイアグラ、レビトラ、シアリスを製造販売しているファイザー株式会社、バイエル薬品株式会社、日本新薬株式会社、日本イーライリリー株式会社の4社に個人輸入の危険性について情報発信しているほどですが、個人だけでなく偽物のED治療薬を購入して処方しているED専門クリニックも存在しているというわけです。

ちなみに、おススメのED専門クリニックの正規品ED治療薬価格の一部を以下にご紹介させていただきます。表中の価格は一錠あたりの価格を表示してあります。

バイアグラ(50㎎) レビトラ(20㎎) シアリス(20㎎)
六本木EDクリニック 1,600円 1,900円 1,900円
イースト駅前クリニック 1,500円、1,600円 1,800円、2,100円 1,800円、2,100円
ABCクリニック 2,000円 2,000円 2,000円
浜松町第一クリニック 1,500円 1,800円 1,800円

イースト駅前クリニックはグループ内の病院によって若干の価格差があるらしく、2種類の価格を表示させていただいております。(詳細は、公式いサイト内の受診する病院名をクリックすることで確認できるようになっています。)

参照元:六本木EDクリニック 公式サイト ED薬 料金表
イースト駅前クリニック 公式サイト お薬価格について
ABCクリニック 公式サイト その他・男性専門治療の治療費
浜松町第一クリニック公式サイト ED治療

自由診療ですので病院によって若干の価格差はあるものの、処方されているED治療薬が国内の正規品であれば、概ね表に示すような価格におさまっているはずです。

もしも、お住まいの地域の近くにあるED専門クリニックを受診しようと調べた際に治療薬の価格が大幅に高い、すなわち、良心的な価格でないときには、オンラインやスマホで薬を処方してもらえるおススメのED専門クリニックを利用した方が良いと思います。
逆に、非常に安いという場合には偽造品を使っている可能性も考えられますので、慎重に吟味された方が良いと思います。

また、おススメのED専門クリニックには、ED治療薬にかかる費用のことが心配という方のためにジェネリック医薬品を用意している病院もありますので、価格表の参照元となっているサイトから確認することができます。もちろん、ご紹介させていただいているED専門クリニックが用意しているジェネリック医薬品ですので安心してお使いいただけると思います。

安心して治療を受けるためには病院選びが大切ですね。

今は出会い系アプリマッチングアプリセフレと遊ぶくらい豪胆な私ですが、衰えてきましたらED治療も考えてみます。

ED治療薬は効果がある間だけ勃起力を回復してくれる薬ですので、一定期間服用したからといってEDを治療できるというわけではありません。

薬の利用で勃起できることで不安がなくなり機能性勃起障害が回復することはあるものの、長期に利用することを考えると良心的な価格で処方している病院を選ぶということが大切になってきます

そういう意味ではおススメのED専門クリニックは理想的というわけですね

ご紹介させていただいたクリニックは、医師の経験値が高い上に、スタッフをすべて男性にすることで相談しやすい環境になっていますし、処方される治療薬も国内正規品をリーゾナブルな価格で提供しているという点がおススメのポイントです

ところで、おススメのED専門クリニックの中のABCクリニックというのは公式サイトを見ると包茎治療に特化している病院のようになっています。

ED治療に対する専門性という意味では他より劣っているということはないのでしょうか?

確かに、ABCクリニックのED治療は「その他・男性治療」という範疇になっています。

ただし、ABCクリニックはED1000を用いた低出力体外衝撃波治療にも対応しているということおありますが、包茎が原因でEDになっているという男性もいるという観点からおススメのED専門クリニックに加えさせていただきました

どういうことですか?

包茎とEDの関係について!

先にお話しさせていただいたように、陰茎海綿体に十分な血液が流入されずに勃起が起こらない、あるいは、起こりにくい状態になる原因には物理的な原因と精神的な原因があります。

包茎の詳細については別途お話しさせていただきますが、包茎に悩む男性の中で最も多いとされる仮性包茎であれば勃起して性行為を行うことに支障はありません。
しかしながら、メンタル面では「パートナーにどのように思われているのか?」といった不安が発生し、そのことがEDの原因になるケースもあります。
心因性の機能性勃起障害は、セックスとは全く無関係のストレスが原因となる場合、ペニスのサイズや形状に対するストレスが引き金となってEDを発生するケースもあるというわけです。

ED専門クリニックに行けば患者に対する問診から仮性包茎が原因の一つとして疑われることくらいは予測できると思いますが、包茎に関する情報や程度というのはABCクリニックが優っていると考えられますので、おススメのED専門クリニックの中にABCクリニックを入れさせていただきました。
もちろん、ABCクリニックのED治療薬の価格がリーゾナブルであることやEDの先進医療である低出力体外衝撃波治療にも対応しているという意味で、ABCクリニックがED治療において他より劣っているということはないと思われます。

そうですね。完全に勃起していない状態の皮を被ったペニスを見られると恥ずかしくて萎えてしまうということはあるかもしれません。

仮性包茎であるということぐらいは自分で分かるでしょうし、仮性包茎が劣等感になっているのであれば、ED治療といえども、EDと包茎の両面から治療に関われるABCクリニックを受診するようにする方がよいような気がします

心因性のEDに悩む男性ぼほとんどは「このことも原因ではないだろうか・・・?」くらいの予測はできていると思いますので、そこに包茎であることが含まれているのであれば、肉体的な問題も含めてEDをケアできるABCクリニックはおススメのED専門クリニックにいれる価値があると思います

フォローする