ナイトクラブはナンパお持ち帰りセックスなどのエロ目的で使えるのか?経験者に好き嫌いや体験談を聞いてみた

Pocket

リア充が盛り上がりを見せる、パリピの聖地、「クラブ」って、実際どのような出会いがあるのでしょうか?

よく聞く話としては、「ワンナイトで可愛い女の子とセックスできたぜ!」、「セフレとかマジで余裕(笑)」というような、エロ目万歳な内容が多いのですよね。

クラブナンパなどという言葉もあるくらいですから、異性と出会うための場所として考えている男女は多いはずで、以上のようにセックスを目指した男も集まる空間だと言えます。

そのような話を聞けば、「自分だってクラブでセックスしたいぜ!」と考えるのが男であり、実際にクラブでどのような体験ができるのか、クラブって本当に楽しい場所なのかなどが気になるポイントですよね。

管理人のアキラはクラブについてはあまり良い成功談がありません。

そこで今回は、クラブ遊び経験者の友人から集めた意見を中心に、以下のような内容で、クラブでの出会いやセックスについても解説をしていきます

この記事で分かること

  • クラブってなにをする場所?
  • クラブ好きが語るクラブの魅力
  • 経験したからわかるクラブ嫌いの意見
  • クラブでのセックスは可能か?
  • クラブ遊び経験者の女性に聞いたクラブでのエッチな体験談
  • クラブ通いでセックスを楽しんでいる男性に聞いたアドバイス
  • クラブが合わない人でもセックスをする方法は?

ぜひ参考にしていただき、クラブナンパについての理解を深め、1つの知識としてお役立てください!

クラブ遊び初心者の疑問!クラブってなにをする場所?

まず、いかにも出会いのためにある場所という書き方をしてしまいましたが…

クラブというのは本来、DJが流す音楽に合わせてダンスを楽しみ、音楽と踊りをエモーショナルに酔いしれる。

そこに、お酒などの要素も加わり、遊びにきている人男女でコミュニケーションを自由に取ることもできるわけで、「若い世代が中心の開放的な社交場」というイメージの場所です。

世代によっては、ディスコなどとほぼ同じ形態で営業をしている場所という認識をもつと思いますが、感覚的にはそれで正しいのでしょう。

まあ、当時ディスコに通っていた大先輩の方々からも、出会いの場所として、またアダルトな関係を物色する場所としても活躍していたというお話を聞くくらいですからね。

昔から変わらず、音楽とダンスに酔いしれる箱型空間は、若い男女を中心に出会いの場として活躍してくれということが言えます。

とはいえ、どうして踊りや音楽を楽しむ空間で、出会いが生まれるのか?という疑問も、とくにクラブ未経験の人にとっては未知ですよね。

これに関しては、

  • 共通の目的(音楽、踊り、お酒など)をもった男女が集まるため、会話なども弾みやすく距離が近づきやすい
  • 出会いを求めて遊びに行く人が多い
  • 男女ともに踊りやお酒で開放的な気持ちになるため

というようなことが、主な理由でしょう。

ただ、そんな独特とも言える空間だけに、好き嫌いはわりとハッキリ別れる場所でもあり、楽しめるかどうかはその人次第というニュアンスがかなり強いのですよね。

そこで続いては、クラブ好きだという人たちの気持ちを理解していただけるように、「クラブ好きが考えるクラブの魅力」について紹介をしていきます。

クラブ好きから集めた意見故に、楽しむためのコツや、攻略するためのヒントとしてお役立ていただけるはずなので、ぜひ参考にしてください!

クラブの魅力はなに?クラブ好きに聞いてみた!

それではまず、実際に意見を紹介していく前に、以下のグラフを見てみましょう。

【月あたりのクラブに行く回数(2018年12月 アキラ調べ:37名にGoogle Formでアンケート)】

これは、クラブが好きと答えてくれた友人に、「月にクラブに行く回数」を聞いた物なのですが…

その多くは、「月に2回は必ず行っている」という結果で、想像以上に大きな数字でした。

というのも、クラブなどに行く場合というのは、基本的に休みの前日、もしくは休みの日となるわけです。

土日休みの人で考えると、翌日などのことも気にせずに通える日というのは金曜or土曜日というイメージでしょうか。

月に約8日間の金曜土曜があり、「その内の2日間通う」わけで、クラブで遅くまで遊べば翌日を潰す可能性もあります。

とはいえ、学生や社会人って中々に忙しい物で…

毎月2日間祝前日や休日を使うとなると、肉体的に、そして精神的にも、決して簡単なことではないですよね。

それこそ、少なからずお金はかかってしまう趣味ですし、他にも出費を想定すると、よけいに余裕はなくなるはずなのです。

しかし、それにも関わらず、最低でも毎月2回は通うという人が多く、1回や3回という意見も集まっていました。

1回未満という人がもっとも多くなると想像していただけに、私自身正直驚いてしまったのですが、「それだけクラブには魅力がある」ということ想像できますよね。

ここからは、そんなクラブ遊びの魅力についてもう少し掘り下げるため、アンケートでいただいたコメントを参考に進めていきます。

「学生の俺でもバイトしていれば遊べる金額」ユウト21歳大学生男性

1つ目の意見は、金額に関する内容で、ユウト君以外にも複数の友人が答えてくれていました。

それこそ、出会い系サイトで女性を探してセックスや風俗で遊ぶ、キャバクラで遊ぶ、そういったことって結構お金かかりますよね。

トータル1万円~2万円では利かずに、決して誰でも気軽に遊べるというレベルではないでしょう。

しかし、クラブ遊びであれば、アルバイトの大学生でも十分楽しめるということで、それ故に若い世代からもクラブ遊びは人気が高いのだということがわかりました。

たとえば、入場するだけであれば、店舗や土地にもよりますが、「週末で2000~6000円」辺りでしょう。

私が今までいったお店で、1番高い場所が6000円。

それ以外だと、基本的には3000くらいが目安かな?という印象でした。

とはいえ、クラブというのはそこから割引が利きます。

その割引というのは、「ゲスト料金」などと言われる物なのですが、これは結構簡単に利用することができるのですよね。

たとえば、会場でプレイするDJの方や、関係者などの招待で入場する場合は、以上のゲスト料金が適用されるのですが…

「DJを含む関係者がSNSなどで、名前を言ってくれれば割り引きます」

というケースもありますから。

とはいえ、私の場合は少し交友関係が特殊なので、大阪・東京・横浜の知り合いの顔が利くお店であれば招待されて無料でということも多々あり、今回の調査中に知ったというのが正直なところです。

(アンケートの中でも、割引にはついては書いてあり、実際にDJをやっている友人に確認してみた結果が以上の物で、新しい発見に少し驚きました)

また、「フライヤー(チラシ)」や「クラブの公式サイト」などでも割引をしる機会はあるそうなので、積極的に活用することで、安く楽しむことができるわけですね。

通常3000円のところが、割引で1500円~2000円になり、そこにドリンクチケット(通常の入場でもついていることは多いです)でお酒を購入する。

そう考えると、比較的夜のお遊びとしては、安く時間を使うことができるわけで、学生さんが活発だということも頷けます。

まあ、チケットだけではお酒も足りないというケースがほとんどで、自分でお酒を購入することになるため、プラスして多く見積もると4000円程度は追加することもあるでしょう。

それでもノリよく盛り上がれる空間で、楽しくお酒を飲み踊りに酔いしれ、出会いもあるわけで、それが比較的に安くというのは大きな魅力ですよね。

「女の子は無料orかなり安く入れるから」スズネ19歳大学生女性

また、料金面のお話をもう少し続けておくと、「女性は無料or男性よりも安い」というケースが多く、それも男性にとっては大きなメリットと言えます。

以上のスズネちゃんのように、「気軽に遊べる」という感覚をもつ女性は多いため、女性同士で、または1人でもふらっと遊びにきやすい環境ですよね。

故に、女性の入場者も多いため、仲よくなるためのターゲットも沢山いてくれる環境ですから、それだけでも男性が足を運ぶことに対するメリットは十分と言えるでしょう。

とはいえ、クラブをして、女性を目当てに活動する場合は、「できるだけ都会のクラブに行くこと」をオススメします。

若い世代に人気の遊びとはいえ、都会の繁華街と比べてしまえば、小さな駅にひっそりとあるようなクラブでは、集客力や女性のレベルに大きな差があるのですよね。

私の繁華街ではない場所に住む知り合いも足を運んだこともありますが、女性は少なく盛り上がりもイマイチで、結局DJに頼まれて、私の友人女性を沢山集めるという残念な結果だったこともあります(笑)。

以上のように、女性が無料or安く遊べるおかげで、男性にもメリットがあるという恩恵は、都会の盛り上がる場所に立つクラブが大きな見返りがある印象でした。

この辺りはぜひ意識して、クラブ遊びをはじめると良いでしょう。

とくに初心者の場合は、人が多く盛り上がっているクラブの方が、状況も知れて感覚も掴みやすいですし、その中に溶け込みやすいですからね。

「女の子との会話は苦手でもクラブなら平気」カズ24歳会社員男性

そして、クラブの魅力という括りでは最後なのですが、「女の子との会話は苦手」という人でも、「クラブなら平気」という意見も多く集まっていた内容です。

理由は以上のコメントにあるように、「お酒や音楽の力」はもちろん、「基本的にクラブは暗い」という室内環境も、影響は大きいのでしょう。

普段の自分とは違う一面を、さらけ出すことができる場所というニュアンスで、気持を解放できる空間で、苦手意識がある人でもとりあえず行ってみるということをオススメします。

また、「普段はナンパできない」けど、「クラブなら行ける(女性に声をかけることができる)」というのも、以上のような理由が関係しているのですよね。

こういったことは、とても大きな魅力言えますから、この機会に思い切ってクラブに繰り出せば、新しい刺激や出会いがまっているかもしれませんよ!

とはいえ、以上までに解説したような魅力だけではなく、クラブを実際に経験した上で、「クラブは苦手」という人たちがいることも事実です。

クラブ遊びをしたからこそわかる!?クラブ嫌いの主張!

そこで続いては、そんなクラブ嫌いさんたちの主張についても、紹介していきます。

まあ、私自身のお話をすると、正直しっとりした空間で静かに過ごすほうが慣れているということもあり、苦手意識は今でも多少あります。

あくまでも楽しい場所ということは前提ですし、行けば盛り上がり、クラブ自体は好きなので、私の場合は決して嫌いというわけではないのですけどね。

「クラブは正直大人しい男にはキツイ」ヨシキ21歳大学生男性

しかし、私とは違い、「クラブはムリだった」という意見をくれた友人もいます。

その理由としては、「陽キャ(陽気なキャラ)向けの空間」で、音楽を楽しめない、女の子を口説けないなどの要素があれば、楽しめないからという物でした。

とはいえ、内容的にも、「自分は陰キャだと言っているような物」ですし、自分を解放させることは避けてしまうタイプなのでしょうね。

ヨシキ君とは実際に、私も飲みにいくこともありますし、合コンなどもしたことはありますが、「女性の前や盛り上がった空間でうまく波に乗れない」タイプですし。

とはいえ、それが悪いということではなく、人によって感覚は違いいますし、クラブがムリだと思う感覚はあって当たり前のことです。

苦手、または嫌いという気持ちがあり、どう頑張っても楽しめない状況で、ムリをすることが1番時間のムダですからね。

故に、ムリをしてまで遊んでくれ!ということは言いませんし、ヨシキ君のように遊んだ上でというのは納得そのものと言えるでしょう。

それでも、今までクラブ遊びをしたことがなく、食わず嫌いしてしまっている人は、あくまでもクラブに行ってみてから判断してほしいなというのはあります。

なぜなら、魅力でも紹介したように、「普段は女性が苦手でもクラブなら話せる」という人も多いですし、空間に馴染めさえすれば新しい出会いもまっているからです。

実際に体験してみることで、はじめて自分が楽しめるかどうかはわかりますから、一応お金はかかるのでムリにとは言いませんが、1度は体験して判断してみることをオススメします!

また、女性でもクラブが得意ではないとしながらも、「声をかけてくれるのはいい気分」として、自分なりの楽しみをもっている人もいます。

男性の場合は少しニュアンス自体違いますが、苦手な環境の中でも、行く価値のあるなにかを見つけることができ、趣味や楽しみに昇華されることもあるのですよね。

不安もあると思いますが、興味があればまずは1度、友達を連れてでもいいので、顔を出してみましょう!

「とりあえずヤレると思っている男多すぎ」カナ24歳飲食女性

そして、続いての意見は女性からいただいた物なのですが、男性にはクラブ遊びの際に、注意点として覚えておいてほしい内容です。

具体的には、「とりあえずクラブはヤレる場所」という認識をもち、「女性はそういう人だけだという勘違い」をして、女性を口説きに行く男性が多いという物。

これに関しては、女性に声をかける、ナンパをすることが問題なのではありません。

「女性をセックスの道具と考えているかのうように接する」ことや、「ヤッて当たり前」という考え方が、問題なのですよね。

たしかに、女性の中には、セックスも前提に、男性から口説かれることを目的にきている女性もいます。

しかし、すべてがそうではなく、クラブという空間や雰囲気、お酒やダンスを楽しみにきている人もいるわけです。

そういった女性に、声をかけてナンパすること自体悪いことではないですし、仲よくなろうと近づくことは、自由と言えますが…

出会い系などのようにセックスを前提として出会うわけではなく、

「クラブで成功の先にあるセックスは、あくまでもお互いに意気投合して、一緒にお店をでて遊んでもいいという状況になってはじめて、成立する」

という意識で、活動してほしいのですよね。

この辺りのバランスを間違えて、いきなり下ネタで攻める、ホテルに行こうや一緒に外で遊ぼうなどといきなり仕掛けるなど、そういった立ち回りはしないように注意しましょう。

そんな立ち回りでは、セックスを目的にしている女性ですら落とすことはとても難しいので、くれぐれも女性を不快にさせて自分が後悔しないよう、注意して遊びましょう。

それでは、以上のまでの内容でクラブ嫌いな人からのコメント紹介も終わりますが、この流れで、「そもそもクラブでのセックスは可能なのか?」ということも解説します

そもそもクラブでのセックスは可能なのか?

というのも、ここまでの内容でも、クラブでの出会いやセックスについて、少しずつ触れてはいましたよね。

イメージとしても、「クラブはセックスにつながる出会いがある」という考えをもつ人が多いですし、私自身、そのようなイメージはもっています。

【クラブでセックスしたことがある男性(2018年12月 アキラ調べ:36名にGoogle Formでアンケート)】

そこでまず、以上のグラフをみていただきたいのですが、「男性の場合はクラブでのセックスに成功している人は少ない」ことがわかりますよね。

それこそ、「ない」という意見が最大で、その難しさがよくわかります

とはいえ、「キスまでなら」という男性と、「ある」という男性を合わせれば、半分近い人が良い思いをしていることも事実です。

そういった意味では、「女の子との触れ合いはそこそこの確率で楽しめる」ということも言えるので、遊びに行く価値は十分にあると言えるでしょう。

そして、続いては女性から集めたグラフなのですが…

【クラブでセックスしたことがある女性(2018年12月 アキラ調べ:45名にGoogle Formでアンケート)】

(質問が悪くわかりにくかったため、後から答えてくれた人たちにLINEで、クラブで出会った人とセックスをしいたことがあるか?という内容で再確認をしてあります)

「男性とは逆に、ある、キスまでという比率が高く、ないという人が少数派」

ということがわかりますよね。

これというのは、「クラブという1つの箱で、同じ時間に集まる男女比が、男性の方が多く女性は少ない」ことが大きな理由でしょう。

ここから解説できることは、

  • 男性はライバルが多い(だからこそ成功者が少ないという男性の結果も重なる)
  • 女性は口説いてくる男性が多く、そもそも出会いを求めている人が多い

というイメージで、男女の結果にある差を見ることができます。

結果としては、「クラブで出会った異性とセックスをすることは可能」で、「セックスはできなくてもキスまでならわりと成功しやすい」ということです。

とはいえ、男性の場合はセックスの成功率で言えば高くはないですし、「クラブは簡単にセックスできる場所ではない」ということも、結果の1つでしょう。

この経験は以下の記事でも述べていますが、セックス効率だけを求めるなら別の手段の方が望ましいことが多いです。

失敗の覚悟は必要でしょうが、頑張れば成功できるというのはどんな出会いでも同じですから、悲観的にならずに、1つのデータとして活かしてみてください。

それでは、クラブについて、クラブでのセックスについても理解を深めてきたところで、「実際にクラブでのセックス体験」も紹介しておきます。

クラブ遊びでセックスをした経験がある女性の体験談!

ただ、今回は私の物ではなく、実際にクラブをしている友人から、男女それぞれ話をきいてみました。

はじめに紹介するのは、女性からいただいた物です。

21歳で現在もバリバリでクラブ通いしている彩香ちゃん。

これまでのクラブで出会った男性としたセックスの回数は、「3回」とのことで、若くて可愛い女性とクラブで出会えた男性を羨ましく思います。

まあ、私も個人的にかなり仲は良い女性で、今後チャンスがあればという女性だけに、正直今回のインタビューはチャンスを遠のかせたかもと少し後悔もしているのですけどね(笑)。

そんな3回のセックスの中でも、クラブでの出会いでした、「初イキセックス」がとくに思い出深いとのことで、これについて掘り下げていきます。

その内容というのは、「酔った勢いもありクラブで濃厚なキスからスタート」という、中々に羨ましい物。

お酒が身近にある環境故、長い時間のキスをする中で、「お酒の口移し」なども楽しんだということで、それだけで濡れてしまうという彩香ちゃんの言葉に想像が掻き立てられます。

周りからも見られているという、羞恥的な環境が興奮を引き立て、彩香ちゃんをどんどんエロく乱れさせたのでしょう。

その後、静かな場所へというお誘いにのり、ホテルへと移動とのことで、相手ははじめからそのつもりで彩香ちゃんを乱していたわけです。

羨ましいし、憎たらしい(笑)

そして、ホテルについてもまたキスをしながら脱がし…

「もうそんなの!そいつめちゃくちゃモテる男!イケイケ!手慣れすぎ!」

などと内心思いながらも、冷静に質問を続けます。

いい思い出だけど反省も?

もちろん、相手の男性のテクニックもあったでしょうし、そこに彩香ちゃん自身の興奮があわされば、それあもう最強の媚薬ですよね。

それも中出し、そして中イキしまくりとか、普段から仲良くしつつ可愛いなと思っていた女性だけに、話を聞いているだけで嫉妬が溢れていました(笑)。

しかも、「中にたっぷり」って、羨ましすぎです。

とはいえ、そんな濃厚なセックスを楽しみに楽しみまくった彩香ちゃんですが、「興奮で許してしまった後先考えない中だしに不安を覚えて反省」とのことでした。

そこまで乱れさせる相手男性のテクや魅力、素晴らしいとしか言えません。

そして、そんな不安や反省を抱えながらも、「生まれてはじめての超絶気持ちいいエッチ」だったことで、いい思い出とのことでした。

悔しい

女性をお持ち帰りするコツも聞いた!

そして、以上のような羨ましすぎる(主に相手の男性が)体験談聞けたついでに、「女性をお持ち帰りするためのコツ」についても聞いてみました。

ポイント

  • チャラい服装ではなく、清潔感のある服装が大切
  • いきなりスキンシップではなく、会話はしっかりと

また、話しかけ方についてもコツがあり…

ハイテンションなノリでいくよりも、自然に普通な内容の方が、彩香ちゃんの場合は好ましいそうです。

クラブだからといって、うえーいみたいなノリだけが正義というのは、大きな偏見なのでしょうね。

また、会話も大切とのことで、その会話内容についても聞いてみたところ、「下ネタばかりはダメ」とのことで…

お酒やトークでその気にさせてから、「上手に下ネタを」とのことで、この辺りは大きな攻略と言えそうですよね。

とはいえ、ある程度雰囲気を盛り上げたあと、どんな下ネタを入れていくべきか不安もありましたが、「あくまでもノリ」とのこと。

とはいえ、ヒントとしては、セクシーな服装ならそういった場所から攻めるということが効果的なのだそうで、そこから彩香ちゃんのたとえを参考に進めることができるでしょう。

彩香ちゃんも言うように、クラブに通って経験を積んでみることが1番の攻略です。

ホテルへの誘い方は?:「直接的な物はよくない」

とはいえ、盛り上がって下ネタも受け入れてくれた後、どうやってホテルへと誘うべきなのか?

それも聞いてみたところ、「セックスしよう」というような直接的な物ではなく、「静かなところで飲み直そう」などの、やや間接的な物が良いのだとか。

そこで突如、口説き文句を自分でも書いてみたのですが、LINEで私が使ってみたような物も使えそうではありますね。

まあ、その人のキャラクターなどにもよると彩香ちゃんも書いてくれていますし、正解はないのでしょうが、「間接的に誘い出す」というのは大きなポイントと言えるでしょう。

私自身の場合、以上のような口説き文句以外にも、もう少し直接的な、「この後時間あったらホテル行ってくれませんか?」なども試した経験はあります。

また、「寂しいから一緒に朝までいてほしいな…」などという、少し弱さを見せた物も使ったことがあるのですが、どちらもうまいこと女性とホテルでセックスできました。

相手のノリや性格なども見て、会話をしながら口説き文句を工夫してみると、成功率もあがるはずなので、自分なり工夫しながら色々とチャレンジしてみてください!

そして、実際にクラブでセフレを作っている男性も私の友人にはいて、そちらからもアドバイスを聞くことができたので、このまま続けてみていきましょう。

クラブでセフレを作っている男性のアドバイス

というのも、ただセックスをしているというわけではなく、「セフレを作っている」というくらいですから、私もぜひ勉強させていただきたいですからね。

そこでまず話してくれたことを、「女性の狙い方」という、かなり攻略として興味のある内容。

具体的には、「1人なら1人の相手」を、「複数ならそれと同数の相手」を狙うとのことでした。

これに関しては、「なるほど」と、私も納得してしまいましたし、すぐさまメモを取ったくらいです(笑)。

その理由としては、「どちらも1対1が作りやすいから」という物で、たしかに人数が合わないと、それに応じて余りの人間がどちらかに生まれますからね。

また、それぞれについても解説してくれていて、1人で1人の女性を狙う場合は、「お酒を飲んでいる女性」や「クラブ慣れしていなさそうな女性」を狙うと良いとのこと。

私からすれば、逆に警戒されてしまうのでは?という感覚から、慣れていない女性は避けてしまっていたタイプで、お酒を1人で飲んでいる女性もハードルが高いと考えていました。

それだけに、今までの自分がしていた立ち回りを後悔したのは言うまでもなく、今後マストで取り入れていきたい内容です。

また、複数の女性をターゲットにする場合は、「女性が少ないという環境は警戒されやすい」とのことで、注意しておく必要がありそうです。

せっかく話しかけて楽しく過ごせても、「セックスはできない確率が高い」とのことで、そもそも複数対複数はお持ち帰りが難しいこともあり、目的は遠のきそうですよね。

「仲良くなりやすい」、「話しかけやすい」ということに優れている複数対複数、だけどセックスをするという意味では、「1対1」の方が成功しやすい。

どうしても逆を考えてしまっていたのですが、この辺りは考え方がうまくフィットしていないと、うまくいかないポイントでもありそうですし、ぜひ意識してみてください。

これにて、友人からのアドバイスも紹介は終わりますが、とても参考になる内容でしたので、ぜひクラブで実際に試してみてください!

とはいえ、ここまでに書いてきた攻略を踏まえても、どうしてもクラブではうまくいかない、楽しめないという人もいますよね。

クラブが合わない人でもセックスをする方法は?

そんな人でも、「クラブダメだと出会えないのかよ!セックスしたいのに…」などと落ち込む必要はなく、「出会い系サイト」を使えば、出会いもセックスも楽しめるのでご安心を!

そんな出会い系サイトについても、体験談を語ってくれた彩香ちゃんから、お話を聞いてあるのですが、「彩香ちゃんが使っているのはワクワクとピシマ」とのことでした。

理由としては、友達に教えてもらって、とのことですが…

「ワクワクメール、PCMAXともに、若い世代での口コミなどで人気が高まったサイト」

ですから、彩香ちゃんのように若い女性が、友人の勧めで使い、セックスの相手を探しているということもよくある素晴らしいサイトです。

私もオススメしている優良サイトですので、当サイトないにある紹介や解説をしている記事も合わせてチェックしていただき、攻略にお役立てください。この他にもハピメはかなり使えますので、追加で登録しておくとなお良いです。

使って損はないとても出会いに使えるサイトですから、この機会にご登録いただき、クラブと出会い系サイトの双方で、素敵な体験をしていきましょう!

そして、最後に彩香ちゃんの口から、「ママには内緒に」という、すぐにでも手を出しそうな私が中々口説けなかった理由が見えてしまいましたね(笑)。

わりとお母さまとも親しい間柄故、飲みにいくことや相談事などをけるたびに、ママには内緒というやり取りがテンプレ化しているのですが…

それだけに、想像以上のアダルトな経験に、どこか胸がギュッと締めつけられるものはありました。

ママには内緒で…

今後そういった言い訳を言わせる側に立ち、セックスの体験談が書けるように、私も頑張ってみますので、期待しておまちください!(笑)。

最後に

今回の記事では、クラブについての情報を友人からもご協力いただき、一挙にまとめて解説してきました。

これからクラブ遊びをしてみようと興味が湧いていた人にとっては、少しは攻略として、またクラブをより詳しく理解するための情報として、お役立ていただけるはずです。

クラブというのは、正直普段からワイワイと遊んでいる人以外には、想像しにくい世界でもあり、どこか躊躇してしまう要素もあります。

とはいえ、本来とても楽しい場所であり、お酒や雰囲気に音楽、そして異性との関わりに酔いしれることができる場所です。

不安だという人もいるでしょうが、そんな人ほど、ぜひこの機会に思い切って挑戦していただき、新しい刺激を求めて新たな世界の扉を開けてみてください!

フォローする