出会い系がエッチの相手探しやセフレ作りに合う理由とおすすめのアプリ・サイト

今回は久しぶりに出会い系でのセフレ募集の話題です。「基礎の基礎」というような内容ですが、ご容赦頂ければと思います。

今でこそ大人しくなりましたが、管理人のアキラは重度の出会い系マニアで、ハッピーメール、ワクワクメールPCMAXイククル、ミントCJといった大手出会い系サイトを駆使して遊んでいた時期があります。時には、デジカフェなど副業キャッシュバッカーだらけのクソサイトに騙されたこともありますが。

私が推している出会い系サイトはハッピーメール、PCMAXですが、これらはセフレを作りやすい傾向にあります。実際、私には3年間関係が続いている最高のセフレがいるのですが、この女性とは2015年にPCMAXで出会いました。

今回はどうして出会い系がエッチな出会いやセフレ探しに向いているかを解説します。

エッチな出会いを求める人が出会い系に集まる理由

「セックスをしたい」

という願望は多くの人が持っているものですが、誰しもが叶えられるわけではありません。

「彼氏・彼女を作ればできるじゃないか」

という人がいますが、欲しいからと言ってそんなに簡単にできるものではありません。

ホイホイと作れてしまう人はいわゆるリア充と呼ばれるイケてる部類の人であり、異性との接触が苦手、自分に自信がない、そもそも出会いがない、などの理由で縁遠い人の方が多いです。

そういった人たちの救済となっているものが「出会い系」であり、「セックスをしたいけれどもできない」と、悩む多くの人に交流の場を提供しています。

出会い系のアダルト掲示板では、性的な交流を希望する人が相互にメッセージを送りあいます。

実生活で交流する際は「セックスしたい」などとは間違っても言えませんが、この場所ではそれが前提となっているため、遠慮は要りません。

しかも、面と向かってではなく、テキストメッセージの会話で済むため、自分の思いや希望もスムーズに交わすことができます。

「合わない」と思った相手はサイト内でブロックできるため(LINEの仕組みと同様)、面倒な相手に絡まれることもありません。

自分の希望を伝え、それに合った相手を見つけることがため、出会い系はまさに最強のツールと言えます。

これが、エッチなことに関心はあっても機会に恵まれない人に、出会い系がおすすめな理由です。

この理由から、以前はアングラなイメージが強かった出会い系は、既に数千万人が利用する(ハッピーメールで1600万人、PCMAXで1000万人)一般的なものとなっています。

もちろん、アダルトな出会い以外にも真面目な出会いにも使えるので、利用の幅は大変広いです。

このように、出会い系はアダルト目的のユーザが多いですが(特にハッピーメールとPCMAXは)、実際にエッチができるには、ある程度の時間がかかることがあります。

出会い系はエッチな相手やセフレ探しに最適なツールです。

アダルトな出会いを求める女性のパターンと相手が見つかるまでの目安期間

「出会い系に登録すればだれでもすぐにエッチができる。」

と表現しているサイトも多いですが、すぐにというのは半分本当で半分嘘です。

サイトの中には割り切りという金銭の受け渡しを前提とした女性もいますが、この場合は会った瞬間にエッチができます。

ただ「エッチはさせてくれるけれども、見返りとして1~2万円程度を手渡しする。」というような前提になっており、いわゆる援助交際の部類になります。

また、最近はパパ活が流行っており、PCMAXにもかなりのパパ活ユーザが増えてきました。パパ活は基本的にはご飯やショッピングのみが前提になりますが、それでは男性が寄り付かないので、大人の関係をありとし、その代わりに金銭・物品を受け取る。という形で出会っている女性もいます。この場合もエッチまでのリーチが短いです。

一方で、純粋にセフレを募集している女性・男性もかなりおり、掲示板に書き込みをすると希望者からメッセージを貰えます。ただ、出会い系サイトの比率は男性の方が多いので女性が売りきれるのが早く、男性がセフレ募集をする場合はある程度時間がかかります。

私アキラの経験では、うまく見つかれば即日ワンナイトラブ可能ですが、良い相手が見つからなかった場合は数か月程度かかったことがあります。

もちろん、割り切りならば即日エッチできるのですが、セフレを探す場合は焦らずのんびり長期戦覚悟で挑む、くらいの心構えが必要です。

出会い系を利用している女性は、少し前までなら「あまりモテない女性、ルックスが微妙な女性」が定番だったのですが、最近は傾向が変わっています。

「なんでこんな美人が?」というような人も使っていることも多く、明らかに利用者のレベルが上がっています。

理由は出会い系が一般生活に浸透してきたことと、使い勝手や安全性が確保されてきたためだと思われます。

出会い系は生活の中に組み込み使っていく

出会い系サイトを始めて数日で

「なんだ、全然会えないじゃないか」

と思い止めてしまう人も多いです。

私アキラも出会い系を始めた初期はそのように感じて利用を止めたことがありますが、それは性急な判断でした。

出会いには波があり、全く出会えない時期もあれば、面白いように出会える時期もあります。それは、日々の生活の中で使い続けないと決して分からないことです。

日常生活の中に出会い系にログインしてチェックする。という流れを組み込み、時間をかけて使っていく。これが正しい出会い系の使い方です。

エッチの相手やセフレ探しやおすすめのアプリ・サイト

日常生活の中で使っていくためには、使いやすいサイトを選ばないと手間を感じ途中で投げ出してしまいます。

私が色々使った中で良いと感じたのは先述のPCMAXとハッピーメールです。

両サイト共に「セフレ募集をしている人が多い」という点が強みですが、それに加えて、それぞれ以下のような特徴があります。

PCMAX

pcmax350x240_10

PCMAXは1)ログインが簡単、2)サイトが軽い、3)写真を載せている女性が多い、という3つの特徴から日常生活の中でも手軽に使え、ログインする誘因が強く働きます。

ログインするのが面倒だと結局使わなくなり意味がないので、この手軽さは大きな武器になります。

無料登録はこちら

– R18 –

ハッピーメール

「女性の数が多い」という点が圧倒的な強みです。あまりアダルトな雰囲気はしないのですが、予想に反してエッチな出会いを希望する女性が多く、PCMAXに次ぐ優良候補です。ログインもし易く画面も見やすいので日常生活の中でも手軽に使っていけます。

無料登録はこちら

イククルやワクワクメールも悪くはありませんが、PCMAXとハッピーメールに比べるとやや劣ります。サブサイト的に使う形が良いでしょう。

まとめ

方法は問わないのでセックスだけしたいのであれば楽勝

タダでエッチできるセフレの関係はややチャレンジングですが、時間をかけて探せば大体見つかる

割り切りやパパ活で無い場合は、基本的には中長期戦になるので、のんびりと時間をかけて相手を探していくことになります。

ただ、金銭を介さない形でスタートした出会いは長続きしやすいので、結果的にハイリターンになります。