パパ活で貰ったお金は税金(贈与税)がかかる!払わないで脱税するリスク・確定申告しない対策方法

パパ活をしている女の子の皆さんは、「税金」についてどれくらい知っていますか?

「え?パパ活って別に仕事じゃないし…」と思っている人が大半なのではないでしょうか。

今回はそんな税金問題を分かりやすく、パパ活をするにあたって重要な知識をご紹介したいと思います。

パパ活してたら税金を収めないといけないの?

結論から言うと「パパ活でもらったお小遣いの税金は収めないといけない」です。

実はパパ活で得たお金というのは「贈与税」という区分に分けられ、貰ったお小遣いが年間110万円を超えた場合に贈与税を納める対象になるんです。

税率はお小遣いの金額にもよりますが10~55%となっています。以下を参考にしてください。

パパ活での収入かかる大体の税率

~110万円   税金はかからない

~200万円   税率10%

~300万円   税率15%

3000万円以上 税率55%

このようにお小遣いの合計額が高くなればなるほど税率も上がっていく仕組みになっています。

複数人のパパからお小遣いを貰う場合は全員から受け取った金額を全て合わせて計算して下さい。

年間110万円を超えたお小遣いを貰っているのに贈与税を収めなかった場合、税務調査の対象となり罰せられる事もあります。

しっかりとした知識を持ってパパ活をしましょうね。

どうやってお小遣いの金額がバレるの?

まずは振り込みなどの「銀行」を通した受け取りの場合、振り込み履歴にすべてのお金の流れが記録され、大金が流れているのにも関わらず支払いをしていないなどから税務調査が入った場合に簡単にバレてしまいます。

しかし実際、パパ活ではほとんどの女の子が現金で受け渡しをしているのでは?

と思いますよね。

現金受け渡しであれば証拠がない限りは金額も貰った日時も税務署には分かりません。

しかし現在はマイナンバー制度など、様々なシステムが国に導入されてきているので、長期的に見るといつか必ずお金の流れが筒抜けになってしまう未来が来るかもしれません。

更には車や家、不動産や株などの高所得者だと判断されるようなものを購入・実施した際に「こんなにお金使ってるけど、出所はどこですか?」と調査されかねません。

時が経ってから問題にならないように、年間110万円を超えるお小遣いを手にした場合にはしっかりと確定申告をして贈与税を納めておきましょう

出会い系サイトなどの足がつきにくい方法を使った場合などは現状まずはばれません。でも今後のことを考えると注意は必要です。

どうやって確定申告すればいいの?

まずは国税庁などのHPで自分の貰ったお小遣いに対してどれくらいの税率がかかるのかを計算してください。

事前に「年間これくらいはもらうかも」というお小遣いを予想して、贈与金を収める手続きをした時にその金額を一括できちんと払えるよう、お小遣いから税金分はしっかりと残しておくといいですよ。

税金分はしっかり預金・保管しておく

私の活用している方法としては、パパにお小遣いを貰った時、例えば10万貰ったとしたら「その中から私にかかる税率分は専用の口座に入れておく」というような方法を使っています。

例えば自分の税率が20%の場合、10万円受け取ったらそのうちの2万円は無いものとして考えすぐに口座に入金しておきます。

そうすれば口座には1年後「パパ活でのお小遣い全額のうち20%分」が入っていることになるので、特に困ることなく収められます。

税金はその場その場で収めるものではないので、お小遣いを受け取る度に使いすぎて収めなければいけない税金分がないなんて事になってしまいがち。そうならないようにしっかりと管理しておきましょう。

※もしも一括で税金を納められない場合は延納というシステムを活用する事ができます。税務署の窓口で相談してみてください。

贈与金を納める方法

税金の手続きはなんだか難しそうなイメージですよね。でも実は提出書類もそんなに多いわけではなく、世間一般的によく知られている住民税などよりも遥かに簡単なんです。

贈与税の納税書は、国から発行され自宅に自動的に配達されるものではありません。

まずは、パパ活で110万円以上のお小遣いを受け取った翌年の21日~315日までの間に近くの税務署へ向かい、贈与税の申請書類を受け取り必要事項などを記入し、税務署内にある納税窓口で簡単な手続きを行います。

私も1人で初めて行った時はとても緊張しましたが、分からない事は職員が教えてくれるのでスムーズに手続きを終える事が出来ました。

税金を払わない方法:パパ活での収入を年間110万円以下にする

回避、といっても法律に違反するようなブラックな方法ではないので安心してください。

個人(パパ)が個人(女の子)にお小遣いをあげた場合には贈与税がかかりますが、収めなくていいパターンも存在するのでご紹介します。

110万を超えた場合にしか納税義務は発生しないので、「仕事じゃないのに税金を払いたくない!」「誰にもバレたくないし、申請も1人じゃ不安だしとにかく納税は避けたい!」と思っている女の子は、まず110万円以上稼がないことです。

私もパパ活を始めた18歳の頃は税金などの知識も全くなく、色々と1人で抱え込むのは怖かったのでネットで調べてから年間の収入を抑えるようにしていました。

年間110万円以下となると、1ヶ月に約9万円前後くらいなので、食事だけのパパ活を何度かするくらいなら全然問題なさそうですね。

ただし月契約や割り切りなどの身体ありデートの回数が多いなどの場合は月に10万円から3ケタ台まで、とにかく大金になる事がほとんどなので注意しておきましょう。

確定申告をしない方法:給料という形で受け取る

月契約のパパからはまとまったお金を一括で貰ったりしますよね。こんな時に使えるのがこの方法です。

パパが経営者であれば、自分の経営する会社に女の子を非常勤役員や秘書として扱うことが可能です。月契約をしているパパであれば経営者の立場にある人間は多く、こういった方法を実際に行っている人の話はよく耳にします。

お小遣いをお給料扱いにして支払い事業主であるパパが納税を行えば、女の子が確定申告をしなくても大丈夫という事になります。

この知識に関しては経営を行っているパパの方は詳しいと思うので、この方法を使いたいという女の子はパパに相談してみてください。

この方法は、パパ側も女性に渡すお金を経費として使え節税効果がありますので、お互いにとって悪い話ではありません。

ただしパパとはしっかりと信頼関係を築いている事が最低限の条件になります。

まとめ

今回は税金問題についてご紹介しましたが、皆さんはどうでしたか?

税務署の調査レベルは少しずつ向上しており、いつかは必ずバレる事になります。どうせバレるならしっかりと今のうちから税金を納め、クリーンな状態で何の不安もなくパパ活を行えるようにしておきましょう。

110万円以下の女の子はいずれ110万円を超えそうだなぁと思った時、改めてこの記事を参考にしてくれたらと思います。