パパ活でのお小遣い!絶対に得する受け渡し方法&タイミング術

パパ活で絶対に欠かせないのが「お小遣いの受け渡し」です。

食事だけをご馳走になるだけなんて日もあるかもしれませんが、数千円~数十万円まで貰う金額は様々でも、金銭の受け渡しはパパ活をする上で欠かせない手順の一つになっています。

今回はパパからもらうお小遣いを、会ってからどのタイミングで損せずに安全に受け渡すのか、最適な方法をご紹介します。

色々なお小遣いの受け渡し方法

まずは、パパ活ではどんなお小遣いの受け渡し方法があるのかをメリット・デメリットを交えてご紹介します。

直接手渡し

人目の多い場所で受け渡す際には「封筒に入れて受け渡す」というのが基本です。直接手渡しは実際にその場で約束の金額などを確認し、お互いが安全に受け渡す事ができるので最も活用されている方法です。

メリット

安全、相手の目の前で確認出来る

デメリット

直接的なお金のやり取りを苦手とする男性もいる、現金なので受け取った直後も注意が必要

パパの中には「お金を渡す時って、お金で会ってもらってるみたいで嫌なんだよね~」という人が少なからず存在します。

もらえるから会いに来たんすよ!

なんて思う女性もいるかもしれませんが、パパの言いたい事も分かります。

お金だけで釣れるのであればそういうお店でもいいわけです、だけどパパは素人のあなたに会いに来てお小遣いをくれます。

パパの気持ちも尊重しつつ、あなたの不安が残らない形で受け渡しできるといいですね。

振り込み

これはパパ活初心者の女の子にはあまり…いえ、絶対におすすめできません。

メリット

金額の証明にもなる、月契約の場合受け渡しが楽

デメリット

本名(個人情報)がバレる、悪用される可能性がある、口座に大金の入金履歴等の情報が残る

まずは個人情報を赤の他人に教えてしまう事になりますし、何かあった時に悪用されてしまう可能性も無いわけではありません。そして入金履歴などの情報が残ってしまった場合、家族や旦那さん、彼氏など、何らかのタイミングで通帳を見られてしまった時に「これ何の入金なの?」と質問され兼ねません。

しかし振り込みって便利ですよね、確実性がありますし、大金を現金で持つという不安もありません。

お小遣いを振り込みで受け渡しをする際には、何度か会って自分の判断で「このパパは信用できる」と思った時に、数十万単位のお小遣いの受け渡しの時だけに行うのがベストかと思います。

その他の方法

現金手渡し・振り込み以外の方法には「小切手」や「現金書留」など、世間一般的に金銭のやり取りをする際に利用するものもありますが、現金書留であればお互いの住所がバレるなどお互いにあまりメリットがない方法を使おうと提案してくるパパはほとんどいないと思います。

お小遣いを貰うタイミングが分からない!先に言う?くれるのを待つ?

さて、お小遣いの受け渡し方法はざっくりと決まったので、次に1番大事な「受け取るタイミング」を伝授します。

お小遣いを貰うタイミングなんですが、女の子の性格によって様々ですよね。例えばあまり自分から「いつくれるの?」なんて聞けない女の子、逆に「早くちょーだい」とお願いしちゃう女の子…それぞれに特色があり、それは決して悪い事ではありません。

例えば会う前に「食事代とお小遣い2万あげるよ」と言っていたパパがいたとします。

当日一緒に食事をし、食べ終わって雑談をするも中々お金をくれる素振りを見せないパパ…こんな時、あなたならどうしますか?

私なりの正解は「パパの性格に合わせる」です。

参考記事:パパ活はデータ戦略だ!月50万以上もらうためのパパの性格別データ集

食事だけの短時間デートの場合

食事だけのデートに関しては、最悪食い逃げされなければいいと思って会いに行く事がベストです。理由としては「食事だけ」の場合、お小遣いをお礼として気持ち分だけ最後にくれる方が多いので、約束していた金額よりも結果として多くくれる人が結構な確率で存在します。

さぁお店を出ようか、というような会話になったらさりげなく「あ、お小遣いっていつ受け取ればいいですか?」と口にすれば大丈夫です。

たまに明らかに何でも「いいよいいよ」って言ってくれるような優しさが顔に溢れ出しているパパに会うことがあります。大体40代後半~60代が多いですね。

そんなパパには食事前に「お小遣い先にもらってもいいですか?」と素直に伝えれば案外すんなりと渡してくれたりします。(お店によっては周りの目が気になる所もありますので、あくまで自分が大丈夫だと思うタイミングで)

ただし、先ほども述べた通り「食い逃げされなければいい」と思って食事に行きましょう。

パパ活をしているとどうしても「食事=お小遣い」と思い込んでしまうかもしれませんが、一緒にご飯を食べただけでお小遣いをもらうなんて話が100%簡単に上手くいくのかというとそうでもないです。

パパはあなたへの「気持ち」をお小遣いとしてプレゼントしてくれるだけなので、お金にがっついてばかりの女の子は中々お小遣いを貰うことができないのではないでしょうか。

ゆっくり会う長時間デートの場合

パパと旅行に行ったり、身体ありでデートする女の子もいると思います。このような場合にはいくつかパターンが存在し、それに合わせたタイミングでお小遣いを受け取りましょう。

顔合わせも兼ねてホテルにも行く約束をしていた場合、お互いの事もよく知らず信頼関係も築けていないのでお小遣いは絶対に先にもらってください

身体ありの場合だと、例として

「今日は身体の相性確認も兼ねてるから、お小遣いは次回会った時に渡すね」

「月契約にしたいけど、月末にまとめてお小遣いあげるよ」

というような巧妙な言葉をかけてくるパパもいます。

「月契約で、月末にまとめて30万」と女の子がつい待ってでも欲しくなるような金額を提示してくる事もありますが、このような方法を迫られても絶対に断ってください。

ヤリ逃げされて傷ついてしまうのはあなたの身体です。

お試し・後で、というような言葉を強要してくるパパは信用できないので「そういうの不安だからやめておきます」と伝えれば、本当にお小遣いをくれる気があるパパならしっかり先にお小遣いをくれるはずです。

そして何度か回数を重ねていくと、お互いに信頼関係が築けていれば現金手渡しから振り込みに切り替えたりしてもいいと思います。これはパパと2人で相談するのがベストですよ。

まとめ

今回はお小遣いの受け渡し方法とタイミングをご紹介しました。

パパによって正しかったり間違っていたり、大変だなぁと思ったかもしれません。1度目は緊張したり色々深く考えてしまうかもしれませんが、回数を重ねて色々なパパに出会っていけば段々と話しているだけで「このパパにはこのタイミングだ」というのが掴めてくると思います。

お互いに素敵な思い出になるよう、個人情報はしっかりと守ってパパ活ライフを楽しんでくださいね!