アフィリエイト広告を利用しています

出会い系サイト・アプリで3日間連続すっぽかされた!?最低最悪の性格ブスに出会った若き日の体験談

セックスしたい時やセフレ探しに、出会い系サイト・アプリを長年利用してきた私ですが、悪夢のような残念すぎる失敗も重ねています。

そんな中でも、私の思い出に残っている「大失敗体験談」があり、私がまだ若かった頃の体験談で、今思えば「なぜ!?」と思うレベルの悲惨な立ち回りをしていました。

「3日連続ですっぽかされた」上に、4日間粘ってセックスできなかった醜さもある、非常にお恥ずかしい「大失敗談」です。

今回は、そんな私の失敗を掘り下げながら紹介していきます。

その上で、失敗を引き合いに出しつつ、成功につながる攻略も解説していくため、ぜひ出会い系サイト・アプリご利用の参考にお役立てください。

若き日の悪夢体験「1週間都内滞在中に池袋で出会い系サイト・アプリを利用した結果」

今回紹介する体験談は、私が今ほど出会い系サイト・アプリを使いこなせておらず、失敗を繰り返していた時のエピソードです。

当時はたまたま仕事の関係で、1週間都内に滞在する予定があり、夜はかなりヒマだったため、出会い系サイト・アプリを使いました。

当時は都内で出会い系サイト・アプリを使うこと自体、ほとんどありませんでしたが、「活動している人の多さ」は、出会い系サイト・アプリを開くだけでわかったほどです。

「これだけ活発ならいつもより出会えるかも?」という期待が大きく、正直「失敗するイメージ」は一切ありませんでした。

最悪1週間の内に、1回はセックスできる!と自信満々な自分がいて、まさかここから悪夢がはじまるとは、1ミリも想像していませんでした。

今考えても、「まったくの無策」だったことは間違いなく、「都内だから人も多く出会えるだろう」くらいの感覚でした。

ターゲットもとくに絞りませんでしたし、場所も指定せず、「とにかく投稿すればメッセージ届くっしょ!」と、非常に雑な立ち回りだったことをハッキリ覚えています。

しかし、このような酷いスタートても、「女性から連絡が届いてしまった」ことから、余計当時の私は調子に乗っていきました。

この時点で連絡を貰えなければ、悪夢を見る前に反省をしたでしょうが、「調子に乗ったまま」だったからこそ、ここからどんどん悪夢のドツボにハマっていきます。

相手はすんなり見つかり池袋を指定される「3時間待ったけど連絡が途絶える」

序盤は非常にサクサクと進んで、「1発目の投稿で複数メッセージが届いた」ほど、一見するととても順調でした。

「明らかに業者だとわかる女性からの連絡」もありましたし、「援助希望の連絡」もありましたが、それを踏まえても、「まともな連絡が多かった」ことを覚えています。

それこそ、調子に乗り浮かれてしまった大きな理由は、この辺りにもあって、今まで味わったことのなかった「選び放題」的な感覚に勘違いが加速しました。

(画像は現在の池袋ですが、ここに行くと、毎回この体験談を思い出します…!)

結局、この時選んだ相手は、「セフレ希望」をしており、「池袋に来てほしい」と連絡をくれた女性(以下クズ美)です。

滞在していたホテルからのアクセスも良かったため、迷いはしましたが、「すぐに会いたい」ともメッセージに書かれていたため、ワクワクしながら池袋駅へ向かいました。

指定された時間よりも2時間早く到着した私は、冬場(1月)の寒い時期だったこともあり、近くのカフェでホットコーヒーを飲みながら、時間を潰します。

その間もやり取りは続いていましたし、送ってきた写真もすごく美人で、期待に胸と息子がどんどん膨らみながら、他愛のない話しでメッセージ交換していました。

そんな中、待ち合わせ30分前になると、そこまで活発だった返信がピタリと止まり、連絡が返ってこなくなります。

「今向かっているのかな?」と思い、この時点では「来ると確信」していた私は、指定されていた池袋駅周辺へと戻り、寒空の下クズ美を待っていました。

しかし、時間になっても女性は訪れず、連絡をしても返信はありません。

最初は移動中かと思いフラフラしながら30分待ち、1時間、2時間と待っても連絡はなく、最終的に3時間待ったところで諦めます。

今だったら、なにも連絡がなく1時間過ぎれば、その時点で「騙されたか?」と疑いますし、別のチャンスを探るかもしれません。

ただ、まだ純粋な心が残っていた当時の私は、諦めつつも、あろうことか「相手に急な用事が入ったのかも?」と信じ続けていました。

滞在していたホテルへ戻った後も、すでに日付が変わりそうな時間だった中、「あと数日都内にいるのでよかったら連絡ください」と、未練タラタラな連絡をしてから寝たほどです。

このように、1日目から見事な大失敗を経験しましたが、それでも「まだ失敗していない」と思っていた私は、そんな諦めの悪さからさらに失敗への道を突き進みます。

翌朝相手から仕切り直したいと連絡が届く「セックスできるなら…と期待した結果」

2日目は朝目が覚めた後、連絡が返ってきていないか確認し、返信がなかったことに肩を落としながら、仕事へ向かいました。

まだ会ってもいないクズ美を驚くほど信じていた私は、「なにかあったのかも…?」と心配までしていましたし、完全に「周りが見えない状態」へ突入しています。

タイムスリップできるなら、「今からでも他の女性を探せ!」と伝えたいですが、恐らく未来の本人から言われても聞かないレベルで、「クズ美しか見えていなかった」です。

しかし、純粋だった私の心を弄ぶように、流れは悪い方へと進みます。

というのも、お昼休憩にへ突入したタイミングで携帯を開くと、驚くことに「クズ美から返信が届いていた」のです…!

ここで返信さえ届かなければ、諦めて募集しなおす未来もあったかもしれませんが、返信が届いたことで、より深く気持ちが入り込んでいきます。

クズ美を本気で信じていたくらいですから、返信が届いたことに浮かれましたし、冷静な状態で考えれば明らかにおかしいとわかる「連絡」も、素直に喜んでしまいました。

メッセージで届いた(話した)内容
内容詳細
待ち合わせにこなかった理由
  • 携帯が壊れてしまい、連絡できなかった
  • 連絡できないため、待ち合わせ場所にはきたけど、合流手段がなかった
ウソや詐欺でもない
  • 騙したいわけではなく、会いたかったのに会えなかっただけ
今日こそ会いたい
  • 今日こそ絶対に会いたいから、同じ場所で待ち合わせしたい
  • 確実に会うため電話番号を教えてほしい

また、メッセージで届いた内容、その後話した内容は、主に以上の通りです。

見るからに「言い訳のオンパレード」ですし、どう考えても「おかしすぎる」のですが、当時は一切疑問に思わず、「今度こそ会える!」と思い込んでいました。

そのため、懲りずにこの日も待ち合わせ場所に向かった私は、本気で「クズ美が待ち合わせにくる」と信じ、「セックスできる!」という期待に踊らされます。

そして、2日目も1日目と同様に、待ち合わせ直前から連絡が取れなくなりました。

「携帯の調子が悪い」という言葉を文面以上に信じ込んだ私は、「あ~修理はいけなかったんだ」くらいの感覚で、ひたすら電話を待ったわけです。

もういい加減、遊ばれている、もしくはキャッシュバッカーの存在を疑うべきですが、ありえないくらい騙されたと思っていませんでした。

当記事の情報を書いていると、過去の私にめちゃくちゃイライラしてきますが、まだ「出会い系サイト・アプリで騙された」経験もなかったため、疑いが一切なかったわけです。

最終的に、2日目も3時間以上待って、会えないままホテルへ戻る流れを繰り返す、なんともムダな時間を過ごして終わりました。

ここまで振り回されても、なぜか「まだチャンスはある!」と思っていた私は、これでも諦めることはないまま、完全に相手を信じ切って3日目へ突入します…!

3日目はさらに自ら連絡してしまう悪手!「今度はドタキャンされたけど…」

3日目の朝、交換した電話番号に電話してみた私は、「電話がつながらない」ことで、「本当に故障だな!」となぜか安堵しました(笑)。

電源を切っているだけかもしれませんが、故障と言われていた言い訳を鵜呑みにし、疑いを抱く切掛けがすべて、ニアミスと純粋さでドブに捨てられていきます…!

すると、仕事中に電話が入っていたようで、仕事終わりに気がついた私は、まんまと折り返し電話してしまいました。

最初は出てもらえませんでしたが、19時~20時辺り(ハッキリと覚えていませんが夜でした)に、再度折り返し電話が入ったのです。

ずっと「今日も連絡が来る」と信じていた私は、携帯に飛びつき、登録した名前だと確認してから、急ぎ電話に出ます。

名前
クズ美
ごめんね~、アキラさんだよね?。やっと電話通じて…
はじめまして!大丈夫です!修理出せましたか?
名前
クズ美
代用機借りられたし、今日こそ大丈夫だと思うから、昨日と同じ場所でどうかな?

後からわかることですが、彼女の言っている、「携帯が壊れた」や「代用機」なんて話はウソです。

それでも、疑いを一切抱かずに接している私は、待ち合わせの提案を当たり前のように受け入れ、「2度もすっぽかされた」ことすらもう忘れています。

しかし、そんな私の気持ちが空回りしていることも間違いなく、1日目~3日目の間で、完全にクズ美から転がされているわけです。

彼女がキャッシュバッカーやサクラだとしたら、私は完全に絶好のカモでしょう。

キャッシュバッカーやサクラでなくても、いくらでも騙せる上に、いくら騙しても信じてくれるなんて、良いおもちゃです。

結局、絶好のカモでありおもちゃな私は、3日目も過去2日間と同様に「まんまとすっぽかされた」わけですが、3日目だけは「少し展開が違う部分」もありました。

それは、無言のすっぽかしではなく、電話で「明日にしてほしい」と言われたのです。

ただでさえクズ美を信じていた私は、これまでとは違うアプローチでドタキャンされたことに、ここまでの話しにもより真実味を感じ、ウキウキしながらホテルへ戻りました。

このように、ここまでは「会えなずにすっぽかされる」展開でしたが、いよいよ4日目は本当に「クズ美とご対面」し、当時の私も「悪夢」だと実感していきます。

4度目の正直でいよいよご対面!?「会った結果正直合わないことを実感」

4日目に突入し、散々会えず、1週間の内3日間も夜の時間をムダにしたわけですが、当時の私は「いよいよ会える!」と嬉しさ爆発で1日過ごしました。

経験が少ないからこそ、不思議とポジティブな部分もあり、この時は「3日間も必要な時間だった」と捉えています。

そんな状態だからか、仕事も順調に進み、あっという間に待ち合わせ時間がきました。

待ち合わせ場所に到着し電話すると、すでにクズ美は到着していたようで、これまで寒空の下待ち続けたことがウソのように、あっさり合流します。

会った瞬間は、「写真通りの美人!ヤバイ!」といった印象を受け、「出会い系サイト・アプリにこんな美人いるのか…」という衝撃が、とても大きかったです。

出会い系サイト・アプリ自体の経験が浅かったこともあり、「ルックスの良い女性とはじめて出会った瞬間」でしたから、とてつもなくテンションが上がりました。

ただ、テンションが上がったのは出会った瞬間だけです。

名前
クズ美

へ~写真のまんま、めっちゃ若いね~!

かわいいじゃーん!

当り~

あ、ありがとうございます…!
名前
クズ美

けど、私とエッチできるレベルかなー?

まあいいや、とりあえずご飯食べよう?

以上のように、会話がはじまれば「やや上から目線な対応」で、「年上のキレイなお姉様感」はイヤなこともありませんでしたが、「気持ちよくはなかった」です。

それでも、「会えた喜び」が大きかったですし、さっそくクズ美の行きたがった焼肉屋へ向かいます。

この間、「これまで会えなかったことへの謝罪は一切なし」で、ご飯を食べながら話している時も、しばらくその話題には触れません。

さすがに純粋だったころの私も、少しずつ「人として合わないかも…」という感覚も抱きはじめ、話すほどに納得いかず、「楽しくない」とまで思いはじめました。

話すことは自慢話しばかりで、私を下げながら、「自分は特別な女!」的なマウントを取ってきます。

とはいえ、せっかく会った以上は、セックスしたい気持ちもありますから、しばらくは必死に我慢しながら「苦痛の時間」を耐えていきました。

そんな私でしたが、欲望に負けて我慢した結果、この時点で不満を抱えていた上に、「さらにツライ体験」をしていきます…!

最低最悪の性格ブスに焼肉屋で罵りまくられる…「重要なのは中身だと悟った!」

焼き肉屋でしばらく食べ進めると、私は飲みませんでしたが、クズ美はお酒も入りご機嫌になっていき、ワンマントークショーもさらに加速していきました。

普段から「話しを聞くことは好き」でしたが、それ踏まえても「一方的すぎる」トークを展開されすぎて、「相槌以外は拒絶」される状況です。

質問をされて、それに回答しようとするだけでも、文句を言われるレベルで、「まともな会話は成立しないほど」でした。

ただ、会話が成立しないことについては、まだ我慢できましたし、100歩譲って聞くだけで良かったため「楽」な部分もあります。

その上で、本当の地獄はもっと酔ってからはじまった、「私への罵り」です。

そもそもマウントは取られていましたが、マウントという表現では収まらないほど、「完全に見下して暴言を放ちはじめた」ことには、さすがに心が折れました。

あまりにもガクっときてしまい、すべては覚えていませんが、罵られた言葉の中でも、以下の内容はハッキリ覚えています。

焼き肉屋で言われた罵り一覧
内容詳細
そこまでセックスしたいの?(笑)
  • 必死にやり取りしてしまうほど、セックスしたいのかと笑われた
  • 何度もすっぽかされてもやる気満々な私を、「こんなところでしかセックスしないカス」だと罵る
私みたいな美人と2度とヤレないでしょ
  • 私のレベルでは、クズ美のような女性とセックスするチャンスは、2度と訪れない的な言葉を、爆笑しながら浴びせられる
  • 人間として、天と地の差があるけど、クズ美はやさしいから、ちゃんとセックスしてあげるから!とドヤ顔
泳がせてみたけど頑張って良かったね(笑)
  • いよいよ、「すっぽかしは泳がせるため」だと自白され、わざとだと判明した
  • 携帯も壊れておらず、「必死な私で遊んでいただけ」と教えられ、その挙句ゲラゲラ爆笑された私は涙目です
  • いいおもちゃ手に入れた!とまで言われ、ズタズタにされました

また、ここでやっとクズ美自ら「すっぽかしがわざと」だったことを告げられ、ボキボキに折れていた心が、粉々に砕ける音も聞こえました。

今ならこんな振り回され方はそうそうしませんが、出会い系サイト・アプリでの経験はもちろん、女性経験も少なかった私は大きなショックを受けます。

それこそ、このエピソードがあったからこそ、私は女性を内面で見ようとする考えへ変わりました。

好みの女性は「性格」や「フィーリング」が合う女性で、「中身がとても重要」だと考える、現在の私を形成した「最大の切掛け」です。

ある意味私を成長させてくれた瞬間ですが、それでも焼き肉屋で、最終的に2時間ほど罵られまくる状況は、当時直面していた私には「悪夢」でしかありません。

「遊ばれていた」上に、「泳がされていた」わけですが、この3日間すごく嬉しくワクワク過ごした分、上げて落とされた絶望感も大きかったです。

そして、散々罵られた後は、「あー!スッキリ!後はよろしく!」的なノリで、お会計も渡されます。

準備はしていましたが、お財布のように扱われ、「本来なら払う価値を感じられない性格ブスのクズ女」に、「全額払わされる最後」もまっていました。

普段の私なら、お会計くらいデートする以上、気持ちよく払います。

そもそも女性にイライラすることは少ないです。

しかし、そんな私でも、さすがに全額払うことへの不快感と、クズ美へのイライラが膨れ上がっていきました。

それでも、今にも文句を言いたい気持ちは必死に抑え、無言でお会計を済ませます。

その後は無言を貫きながら、ラブホテルではなく、駅へと向かう私に、究極の性格ブスなクズ美もさすがに焦っている様子でした。

巨乳美人だったけど我慢しきれずに静かな怒りが爆発「ムシしてセックスせずに解散」

焼き肉屋から駅へ向かう道中は、「セックスなんていいや」という気持ちが強く、私はクズ美をムシしたまま、滞在していたホテルへ戻るつもりで動いています。

私を「おもちゃ」とまで見下していたクズ美も、「どうしたの?怒った?」と慌てながら、「もう帰ります」と伝えても、私を追いかけながらなにか必死に話していました。

とはいえ、私はもうすでにクズ美への印象は最悪だったため、なにを言われてもその感覚が覆ることはなく、話しかけられるほど不快感が増します。

いい加減にしてほしい、もう顔も見たくない、そんな感情だけが私に残っており、「これ以上不快感とイライラを与えないでくれ!」と心から拒絶していたほどです。

ただ、クズ美としては「私が怒っている意味はわからない」ようで、移動中も散々減らず口を叩きまくります。

とくに、駅が近づいてから焦りも加速したのか、「私を必死につなぎとめようとする言葉」を、クズ美らしい「男性を見下した表現」で放ちまくっていました。

クズ美が怒っている私へ放った言葉の数々

  1. 私とセックスできるんだから、今帰ったら損だよ?
  2. こんなチャンスもうないってば!
  3. ねえ!帰るなら手間賃くらい払ってよ!
  4. 私がセックスさせてあげるんだよ?なんで帰ることあるの?
  5. 君みたいな男、セックスできるだけラッキーなのに、私が相手なんだよ?

ハッキリと覚えているのは、主に以上のような言葉です。

クズ美が美人なことは間違いありませんし、私もたしかにイケメンではありません。

それでも、ここまで言われれば、いくら私が性欲の権化でも、「怒りは爆発しますし我慢の限界も訪れる」わけです。

結局、駅到着後も必死に私を引き留めようとしていましたが、とにかく私はムシし続け、そのまま改札をくぐります。

最後には相当プライドが傷ついたのか、改札前で泣きはじめましたが、それでもムシする私に、「ごめんってばー!」と叫んでいる様子が最後に見たクズ美の姿です。

周囲もザワザワしていましたが、怒りによる興奮から、そんなことは気になりません。

放置してしまった酷さはあるかもですが、私も被害者でしたし、せっかくの1週間をムダにしたショックに打ちひしがれながら、電車へ乗り込んでいきます。

帰宅途中からホテルへ到着してしばらくの間は、鬼電が続き、それには少し驚きましたが、そっと着信拒否したところで悪夢の大失敗体験談は幕を閉じました…!

今回の体験談は、すごく不愉快でしたし、自分の立ち回りが酷すぎることには、恥ずかしさもあります。

しかし、そんな大失敗体験談だからこそ、笑っていただければ、また反面教師としてお役立ていただければ幸いです!

読者の皆様は、ここまでの解説も参考に、私のように弄ばれないよう、十分に注意しながら出会い系サイト・アプリをお楽しみください!

それでは、大失敗談についても一通り解説したところで、続いてはそんな私が今成功も掴めている、「オススメの出会い系サイト・アプリ」を紹介していきます!

大失敗続きだった私を救ってくれたオススメの出会い系サイト・アプリ4選も紹介

オススメの出会い系サイト・アプリとしては、当サイトでも散々オススメしてきましたが、セックスやセフレが目的の場合、間違いなく以下の4つがオススメです!

オススメの出会い系サイト・アプリ4選
サイト・アプリ名特徴
PCMAX
  • 利用者の年齢層が幅広く、世代に関係なく活発
  • 年齢層は幅広いけど、とくに若い世代を中心に評価が高く、「遊ぶ」ことに特化している
  • 即会いにも強いため、気軽に使える出会い系サイト・アプリ
ハッピーメール
  • 活発な年齢層はやや高め
  • 知名度が高く、初心者で考えると年齢層層が広い
  • 会うまでに時間をかける人が多いため、じっくり出会える
ワクワクメール
  • 学生や若妻も多く、20代中盤以下の層が活発
  • マジメ目的の掲示板も動きがあり、大人目的の掲示板もすごく活発なため、目的が広い
  • 即会い目的~じっくりやり取り目的までバランスよく利用者がいるため、使い勝手が良い
イククル
  • 利用者の年齢層が幅広く、活発な層もそこまで偏りがない
  • 強いて言えば年齢層の高い層がもっとも活発だけど、ターゲットに関係なく使える印象
  • 利用者を考えると使い勝手は良いけど、多少業者からの連絡が多いことは気になる

どの出会い系サイト・アプリも、大前提として「大人目的の出会いに強い」ため、マジメに恋愛や結婚を想定する場合は、正直不向きな印象があります。

しかし、セックスをしたい、セフレがほしいといったケースでは、「とても役立ってくれる出会い系サイト・アプリ」です!

当サイトでも、私のセフレ体験談や出会い体験談を解説していますが、そのほとんどが、以上4つの出会い系サイト・アプリを使い成功しています!

攻略は難しい部分もありますし、私自身今回紹介した失敗もそうですが、今まで散々失敗してきました。

今でも失敗ばかりですし、「10回に1~2回成功すれば上出来」なほど、苦労の連続です。

全経験合わせても「失敗の方が成功より多い」ですし、山ほど失敗しながら「数少ない成功を掴み取っているほど」で、「失敗しても諦めないから成功を掴めている」と言い切れます。

当サイトで攻略をご確認いただければ、以上4つの出会い系サイト・アプリはとても快適にご利用いただけますし、成功も近づけられるはずです。

出会い系サイト・アプリに興味がある人、出会い系サイト・アプリを使っても成功できない人は、ぜひ今回の記事も含め、当記事の情報を参考に攻略してみてください!

最後に

今回は出会い系サイト・アプリでの大失敗談について、私がまだ出会い系サイト・アプリでの経験が浅かった時に体験した、残念すぎるエピソードを紹介してきました。

今思い返してみると、悪い部分も見えまくりですし、純粋に「一切良いところのない立ち回り」でしたが、当時はそのことにもまったく気がつけなかったです。

私も冷静に立ち回れるよう意識し、注意しているつもりですが、今でも当事者として立ち回っている時は、思わず周りが見えなくなることはあります。

それこそ、すべてが終わって、冷静な気持ちで振り返った時に、「ようやく後悔する」なんてことも日常茶飯事です…!

とはいえ、今回紹介した体験談もそうですが、もっと冷静に立ち回れていれば「これほど傷口は広がらなかった」でしょうし、切り替えて新しい出会いをゲットできたかもしれません。

読者の皆様は、ぜひ紹介した失敗談を反面教師に、より冷静に立ち回り「傷口の拡大」や「失敗」を避けられるよう、出会い系サイト・アプリでの活動にお役立てください!