アフィリエイト広告を利用しています

東京都内で出会い系サイト・アプリを使ったら負のサイクルに突入し大失敗しまくった体験談

出会い系サイト・アプリは、「都内(都市部)」を中心に、人が活発な地域やスポットほど盛り上がっており、積極的に活動する人も多い傾向にあります。

しかし、活発さに甘えてしまうと、都内(都市部)は驚くほどの大きな失敗を経験するリスクもある魔境です。

実際に私自身、都内(都市部)では成功も獲得してきましたが、反対に大失敗も度々経験してきました。

その度に、故郷(大阪)に今すぐ帰りてぇと涙を流したものです。

今回は、そんな私の失敗談について「都内(都市部)で出会い系サイト・アプリに失敗する様子」をまとめます。

都内(都市部)で出会い系サイト・アプリを利用する際の攻略、また反面教師としても、ぜひお役立てください。

用事のついでに都内で出会い系サイト・アプリを利用「甘い認識で苦戦する」

さっそく、今回経験した失敗談を紹介していくのですが、大前提として、私は「都内(都市部)での活動を甘く見ていた節」があります。

というのも、紹介していく失敗談の活動をしていたタイミングでは、すでに成功実績もたくさんあったため、良いイメージと期待ばかり膨れ上がっていました。

具体的な活動の内容としては、以上のような掲示板を「当日」に投稿し、「現地で即日即会い希望を求めアプローチ」しました。

こうやって文字にすると、本当に愚かすぎる活動をしていたと気づかされますし、都内(都市部)という地域の特性を、大きく読み間違えていたと痛感します。

しかし、当時は「これで出会える」と本気の思い込みをしており、当日電車移動中この投稿をした時点では、「この後失敗するとは一切思っていません」でした。

また、活動の中心地は「新橋周辺」を想定し、そのつもりで掲示板にも記載していきましたが、新橋周辺を選んだ理由は「なんとなく+都合が良かった」からです。

この日私は活動前に予定があったため、その場所(友人宅)からアクセスが良く、その上で人が多そうな場所だったことは選んだ大きな理由でした。

その上で、新橋と言えば居酒屋を中心に飲食店が多く、とくに夜は人が集まり、とても賑わう場所です。

そのため、エッチしたい目的の出会いに成功しやすいかな?という直感も働き、この辺りも新橋周辺を選択した理由の1つでした。

ただ、周辺情報をしっかり調査したわけではないため、「攻略につながる明確な選択理由」はなく、あくまでも「なんとなく」の選択です。

「人が多い=攻略(成功)しやすいだろう…?」くらいの感覚で、あとは現地に到着してからも繰り返し投稿すれば、「成功は確実!」と甘すぎる認識で活動してしまいました。

そして、このような最悪すぎる前提で活動をスタートさせた結果は、当たり前ですが「かなりの大苦戦」で、ここから先はどんどん失敗の沼にハマっていきます。

驚くほど出会えず心が折れそうになる…「援助希望者や業者からも連絡なし」

電車での移動中から掲示板へ投稿をしておき、いざ新橋駅についた私は、投稿した出会い系サイト・アプリたちを開きます。

お昼前に新橋駅へ到着した瞬間から、人の流れが多かったこともあり、「これは期待できるぞ!」とドキドキしながら、順番に足あとやメッセージを確認していきました。

しかし、どの出会い系サイト・アプリも「援助希望者や業者からすら連絡が来ない」レベルです。

「足あとすら掲示板からは届いていない始末」で、活動開始直後からさっそく大きく躓きます。

掲示板の閲覧数もまったく伸びておらず、投稿から1時間経過した時点で、「1サイト・アプリ1人~2人程度閲覧されているだけ」です。

当初は心に余裕もありましたが、あまりにも「成功への道筋が見えない状態」で、さすがの私も焦りはじめました。

今思うと「選んだ場所」や「調査不足」はもちろん、当日いきなり勝負するという無策ぶりも含め、「失敗すべくして失敗した」とわかります。

それでもこの当時は、「なぜ?」がわからず、「どう立て直せばいいのか?」も考えられなかったですし、それを冷静に分析する余裕まで失っていました。

(※業者からのメッセージ)

(援助希望者からのメッセージ)

なんとか連絡が届いた!思っても、そこからは怒涛すぎる援助希望者や業者のラッシュで、一向に希望が見えてきません。

結果、「時間帯が悪いのかもしれない…」と、そもそも難しい「新橋駅周辺」という場所で粘ってしまい、「掲示板も同じ内容で使いまわしつつ連投する愚策」を実行します。

悪循環に突入している実感はありましたが、頭では理解しつつも、「あと少しだけ…」と繰り返し掲示板へ投稿する内に、気づけば夕方(16時半ごろ)です。

ふらふらと歩きまわり、汗もダラダラと垂らしながら、ふと有楽町駅近くを散策中ビルの隙間から差し込む夕日が目に入った時、「なにをしているんだろう…」と心が折れはじめます。

成功を妄想しつつも、蓋を開けてみれば妄想からは程遠い失敗の道を突き進み、お昼前~夕方まで一切成功の気配を感じられないほど大苦戦していました。

結局ここまでに私がしたことと言えば、掲示板へ必死になって連投したこと、新橋から有楽町まで申し訳程度に移動したことの、たった2つだけです。

漠然と「今回は大失敗だ…」なんて落ち込みつつ、完全に諦めムードを漂わせながら、いつもの10倍は重たい足取りで、とりあえず近くにあった商業施設で時間を潰しました。

ただ、以上までに書いた大失敗ぶりと落ち込みは、まだまだ序の口です。

大失敗を痛感しつつも、ここからはさらに追い込まれていきながら、「本当の地獄」を体感し、このような大失敗をした要因も判明していきます。

活動開始から7時間経過して会えることに「都内(都市部)の地獄はここからだった」

今にも心が折れそうな状態のまま、気づけば辺りは真っ暗で、ふと時計に目をやると、活動開始してから7時間ほど経過しています。

正直この時点では、「どうせもう会えない」と諦めムード全開だったため、買い物しつつ友人をご飯にでも誘おうと考えていました。

しかし、ここで少し流れが変わり、まさかの「有楽町にいるから会いたい」と、突然連絡が届きます!

お互いに即会い希望で、お相手もかなりヒマしていたらしく、「ホテルでゆっくりしたい」と嬉しすぎるお誘いをいただきました。

今回はもうムリだと、完全に諦めていたところでの連絡に、思わず胸は弾みましたし、私も幸い有楽町付近にいたため即待ち合わせします。

ただ、成功談へ!という流れには残念ながら向かわず、ここから本当の地獄がはじまりました…!

まず、とりあえず待ち合わせには成功し、相手は清楚さと清潔感が魅力的な20代前半女子大生で、自然とテンションも上がります。

一旦カフェへと向かい、少し会話もしていくと、これがまた中々に良い雰囲気です。

名前
女子大生

今日暑かったし、遊びたい気分だったのに、友だちにドタキャンされて…

会える人すぐに見つかって良かったです♪

本当、暑かったよね…

私も良かった~(本当に助かった~…)

名前
女子大生

この辺りあまり来ないから、ドタキャンされたら困っちゃって(汗)

大きな声では言えないけど、ヒマになったら、急にエッチしたくなって…

以上のようなイメージで、積極的かつ自然にエロトークもしてくれましたし、好きなプレイもガンガン話してくれる女性で、話すほど意気投合していく感覚がありました。

ここまではまったくダメだったこともあって、「粘って良かった…」と安堵する気持ち、そしてこの後プレイするセックスに期待も膨らみます。

この時点では、ここまでに味わった負のサイクルから解き放たれ、ズシッとのしかかっていた疲労感も消え失せていました。

とはいえ、そんな浮かれ気分もここまでです。

一通り会話を楽しんだ後、ここでようやくホテルを探したわけですが、驚くことに、「新橋や有楽町の付近にはラブホテルがない」ではありませんか…!

調査不足すぎてお恥ずかしい限りですが、近隣と呼べる範囲内にも中々見つかりません。

順調かと思えた矢先でしたが、急激に暗雲が立ち込めます。

ラブホテルがないのは仕方ないとしても、「通常のホテル」すらどこも埋まっており、電話もかけますが予約は取れず、最悪の状況すぎて完全にテンパる私。

相手の顔もどんどん険しくなり、「予約くらいしておくでしょう…?」と、小声で舌打ちに交じりに言われてしまう始末です。

それと同時に、「そりゃあセフレ(セックス)希望で出会えないわけだ…」と、ここまで苦労した意味も理解し、この瞬間「連絡をもらえなかった意味」も理解します。

そもそも「行くはずの場所がない」わけですから、今回の活動でまったく連絡をもらえず、大失敗したことは必然で、「素人丸出しの立ち回り」だと痛感しました。

なにを聞いてもNOの一点張り!「楽しい空気から一転険悪なムードに」

少し前までは明るく楽しい時間が流れていた私と女子大生、致命的すぎる緊急事態に、そして私の情けなく愚かな調査不足ぶりに、完全に幻滅されていたはずです。

そんな状態でふと思い出したのは、以前新橋周辺で風俗を利用した際のことでした。

お店の方からレンタルルームでの利用を伝えられた経験があったため、「レンタルルームなら!」と起死回生を試みるも、相手からは「イヤ…」という返事しかもらえません。

焦って再度調べますが、調べれば調べるほど「都内はラブホテルがない場所も多い」と知りましたし、「移動もしたくない(怒)」と、相手は完全拒絶モードに突入しています。

また、相手の女性もたまたま新橋周辺におり、その結果有楽町待ち合わせを希望してくれた女性で、ラブホテルがない環境を知らなかったそうです。

普段は新宿or渋谷で遊ぶことが多いらしく、どちらもラブホテルはありますから、当たり前にあると考えていたそうで、そこには少し驚いていました。

とはいえ、今回のケースにおいては、相手の知識云々に問題はありません。

間違いなく悪いのは私で、「掲示板で女性に呼びかけた責任」を、調査不足と準備不足で果たせずに、せっかく会ってくれた相手を「振り回したこと」が問題なのです。

そのため、どんな提案をしても「NO」の一点張りでしたが、それも仕方ないことですし、私は私の非を認めることしかできません。

正直、ここから関係や雰囲気を修復するなんて、簡単なことではありませんし、「完全に終わった」という気持ちも心の中ではあります。

だからといって、すぐに解散しても逆ギレみたくなりますし、強引に引き留めてもトラブルへ発展する可能性があるため、情けない話しですが八方ふさがりでした。

このような状態だと、空気はもうお通夜状態です。

相手はスマホを見つつ私をスルー、だけど帰ってもくれず、私の後ろからついてはくるという、なんとも言えない息苦しい絶望感をしばらく味わいました。

他の男性を見つけられてしまいサヨナラ…「他の男性に乗り換えられてしまった」

その後はどれだけ必死に話しかけ、どれだけ全力で提案をしても、「拒絶」だけを私に突きさしながら、それでも私についてくる女子大生。

かなり不機嫌で、相当お怒りでしたが、それを直接ではなく間接的に、それも継続的にぶつけられる状況から抜け出せません。

もちろん、「私がすべて悪い」ため、そこに文句を言うつもりはありませんし、逃げるつもりも一切なかったです。

しかし、以上のような空気と状況だけでも絶望的で、圧倒的な地獄でしたが、散々絶望させられた上でこの後トドメを刺されました。

というのも、スマホは私と会話しないため、ずっと触り続けていたのではなく、「次の相手を探すために触っていた」と判明します。

この辺りは女性らしいシビアさを突き付けられた印象もありましたが、「都内(都市部)だからこそ一瞬で乗り換えられてしまった」感覚もあり、大きなショックを受けました。

全面的に私が悪いことは重々承知の上で、「目の前で次を探されていたショック」たるや、今思い出してもテンションが下がります。

名前
女子大生
ご飯くらいは奢ってもらおうかと思ったけど、帰っていいよ
えっ?
名前
女子大生
もう次の人見つかったし、車で迎えに来てくれるからさ、その人エッチするわ
あっ…はい…すみませんでした…
名前
女子大生
マジ、他にいくらでもいるから!じゃあ!(怒)

最終的には、以上のようなやり取りをしてから、他の男性に見事乗り換えられてしまい、屈辱的だけど諦める以外の選択肢がない終わりを迎えました。

今回の体験談では、そもそも出会うこと自体にめちゃくちゃ苦戦した中で、「出会ってからもうまくいかない」という、一切良いところのない残念な結果です。

選んだ場所にも問題はありましたが、そもそも私の調査不足と対応力のなさゆえ招いた結果ですから、そこは素直に受け止めています。

ただ、大きな悔しさを味わったことも事実でした。

いくら私の立ち回りや攻略に問題があったとしても、私は大苦戦し大失敗してしまったのに、「一瞬でライバル(他の男性)に負けた」わけです。

ラブホテルがなく、通常のホテルも予約を取れず、そういった環境的な厳しさがありながらも、その上で「あっさりと乗り換えられたショック」は大きすぎます。

いつもならここからもう1踏ん張りするところですが、さすがに今回ばかりは、私も心が折れてしまい、真っ暗な有楽町周辺でしばらく散歩をしつつ放心します。

1度は吹っ飛んだ疲れも再度襲ってきましたし、ズシッと心に重くのしかかる後悔と、自分の最悪な立ち回りを悔やみながら帰路へついたところで、大失敗談に幕を閉じました。

このように、今回の体験談では、なに1つうまくいかず、文句なしの大失敗かつ大敗北を経験した私。

しかし、その中でも学べたことはあり、「都内(都市部)で成功するポイント」も見つけられたため、ここからはそんな攻略に役立つ情報も解説していきます!

失敗してわかった都内(都市部)で成功するポイント2選「とにかく準備が大切」

実際に私が都内(都市部)で活動し、失敗も経験した上で、成功するポイントとして紹介したい要素は、主に以下の2つです。

失敗してわかった都内(都市部)で成功するポイント2選

  • 都内(都市部)だからこそ連絡にも時間を使う
  • 会う予定の場所が目的に合った場所か調査しておく

2つのポイントはどちらも、会う前の段階で行うべき「攻略に必要な準備」で、ライバルが多い都内(都市部)での活動だからこそ、めちゃくちゃ大切な要素でした。

今回私はすっ飛ばしてしまい、一切着手しなかった要素ですが、この辺りにもっと注力できていれば、少なくとも今回ほどの失敗はしなかったと確信しています。

実際に以上2つのポイントを意識して立ち回るだけでも、後日都内での出会いに成功し、セックスにも成功しました。

どちらも実践自体は簡単にできる上に、とても効果的な立ち回りです。

ここからはそんな2つのポイントを、それぞれ掘り下げて解説しますので、ぜひ出会い系サイト・アプリを都内(都市部)でご利用いただく際は、積極的にご実践ください!

ポイント1「都内(都市部)だからこそ連絡にも時間を使う」

1つ目のポイントは、「都内(都市部)だからこそ連絡にも時間を使う」ことです。

都内(都市部)は、「出会い系サイト・アプリは活発」ですが、その上でライバルが多く、ラブホテル探しを含め環境的な難しさもあります。

ゆえに、「当日即会い希望での活動」だと、それが刺さることもありますが、それ以上に今回の私同様「失敗する時はとことん失敗してしまうリスク」も背負うのです。

そこで私は、今回紹介した失敗以降「連絡に時間を使う」ことも意識しつつ、「遅くても都内(都市部)で活動する日の1週間前には募集をはじめる」よう活動しています。

普段はその日会える人を見つけるスタイルですが、都内(都市部)で活動する場合は、1週間から1か月時間をかけて活動スタイルに、最近は変更しました。

会うまでの間は極力メッセージやLINE、通話でやり取りもして、最低でも1日5~10往復分くらいは会話をし、関係を深めながら間もつなぐイメージでやり取りします。

また、このポイントで1番大切なことは、「必ず会う約束を前提にやり取りする」ことです。

「会う約束や前提がない」場合、「間延びだけして会えない可能性」も増えますから、今回のケースとは逆に、「会えない大失敗」をする可能性が増してしまいます。

会う約束のステップ具体的な内容
ステップ1:約束
  • 本格的な日程や場所よりも、まずは「会う」こと自体への約束をする
  • ここで会うこと自体への約束をしておく理由は、相手に会うこと自体を意識してもらうためなので、あくまでも「会うつもりがあるのか?」を確認できればOK
  • ある程度の期間やり取りした上で会う場合、そのままやり取りだけで、会わずに終わる人の多くは、「初期段階で会う約束をしていない」ことが多い
ステップ2:間接的に意識づけ
  • 会うことを前提に、会った時にすること、自分や相手がしたいことも、しっかりと話題に含めていく
  • 場所の確認や約束はしたとしても、あくまでも具体的な日程へは触れず、焦らないことがポイント
ステップ3:本格的な約束
  • 実際に会う日程や場所を決める
  • 会う内容も本格的に約束する

そこで私は、具体的には以上のようなイメージで、3段階のステップで少しずつ、「会う約束」の現実味を上げながらやり取りを進めることが多いです。

ステップ1を初日に、ステップ2は3~4日目に、ステップ3は5~6日目にというステップの踏み方をすると、「1週間後には会う約束」が成立しやすい印象でした。

1か月かける場合なら初日にステップ1をクリアすることは変わらず、ステップ2を2週間目辺りで、ステップ3を3週間目辺りに行うと、急かす印象も与えにくくオススメです。

以上のステップも意識しつつやり取りに時間を使えば、今回私が経験した「会えない失敗」は回避しやすくなります。

その上で、信頼関係の構築もできますし、相手や場所の情報を収集することも可能なため、「会ってからの失敗」へもアプローチが可能です。

私のような残念すぎる失敗をしないためにも、ぜひここで紹介したポイントを意識しながら、出会い系サイト・アプリのご利用をお進めください!

ポイント2「会う予定の場所が目的に合った場所か調査しておく」

2つ目のポイントは、「会う予定の場所が目的に合った場所か調査しておく」ことです。

私のように「会ってからグダグダする失敗」をなくすため、必ずやっておくべきことは、「会う場所の調査」だとハッキリ痛感しました。

たとえば、以上の画像は当日知らない内に、援助や業者に紛れての届いたメッセージなのですが、調査不足への批判が届いていました。

私がしっかりと調査していたなら、ラブホテルの代用として、一般のホテルやレンタルルームを提案していたでしょうし、このような批判(注意?)も受けなかったはずです。

もっと言えば、今回のような大失敗は最低でも回避し、たとえ成功はできなくても、ここまでヒドイ失敗にはつながりませんでした。

このような理由から、出会い系サイト・アプリで活動する場合は、「調査がものすごく大切」だと私自身痛感したため、成功するポイントだと判断しています!

また、このポイントは事前にやり取りをする場合でも、今回私が行ったように即会いを目指す場合でも、活動の方法に関係なく使える攻略です!

連絡に時間を使う場合なら、相手から指定された場所を、即会い希望の場合は自分が活動する場所をそれぞれ調査しておくことで、それだけでも成功を近づけられます。

調査すべき要素具体な内容
ラブホテルの有無
  • とくに大人目的で、セフレやセックスを目指す場合は、必須で調査しておくべき
  • 即日会う目的でも、私のような失敗をしないためには、絶対に抑えておく
  • ラブホテルがない場合、空室がなく入りにくい場合を想定し、一般ホテルを含む別のスポットも把握しておくと良い
飲食店の数や場所
  • ご飯を食べたいと言われた時に困らないよう、確実に調査しておきたい要素
  • 人によっては、食事やお酒からのホテルを希望されるケースもあるため、手抜きは禁物
  • 都内(都市部)=飲食店が多いと思い込んでいる人も多いけど、想像以上に見つからないケースもあるため、事前に確認しておくべき
買い物できる施設
  • 薬局や商業施設は、行くことになるケースも多く、女性から「行きたい」とお願いされることもあるため、抑えておくと良い
  • 買い物ができる場所を抑えておくと、必然的に飲食店が近いケースも多々あるため、活動しやすくオススメ
  • ラブホテルに行くことを考えた場合、スーパーやコンビニの場所も抑えておくと良い
移動手段や交通手段
  • 駅とバス停の場所に加えて、タクシー乗り場も把握しておくと、移動に困らないためオススメ
  • 徒歩でのルートも理解していると便利
開催されているイベント
  • イベントが近くで行われていると、交通や移動に影響することもあるため、最低でも大きなイベントは知っておくと良い
  • 予約なく入場可能なイベントは、相手が行きたがることもあり、行くことで関係を深められるチャンスにもつながるため、システムや場所を把握しておくと役立つ
地図
  • ざっくりとでOK
  • 駅を中心に、有名なスポットの方向や、他に調査したスポットの方向がわかる程度には、最低でも地図を把握しておくと良い
  • 細かい道などは当日、ウェブやアプリで、それこそGoogleマップを利用すれば問題ないけど、まったく把握していないと印象が悪くなることもあるため注意

とくに以上6つの要素については、私は確実に調査しておくべき要素だと考え、紹介した失敗談以降はより注力し準備するよう意識してきました!

その結果、「会ってから目的に合わず悩む」ことはなくなりましたし、「円滑に立ち回れることも増えた」のです。

しっかりと以上のような要素を調査しておけば、ラブホテルについてはもちろん、デート全体で役立ちますし、努力した分「自分が安心して快適に活動」できます!

それだけに、出会い系サイト・アプリでの出会いを成功させたい人は、以上までの攻略と調査内容を参考に、ぜひ「成功するための準備」としてお試しください!

都内(都市部)での活動にオススメする出会い系サイト・アプリ11選

今回は大失敗してしまった私ですが、それでも都内(都市部)はチャンスも多い場所ですから、間違いなく積極的に出会い系サイト・アプリを使うべき環境です。

それこそ、しっかり攻略さえできれば、「都内(都市部)だからこその成功」も味わえます。

では、都内で出会い系サイト・アプリを使う場合、どんな出会い系サイト・アプリが良いのか?も紹介しておくと、主に私がオススメしたいのは以下11サイト・アプリです!

出会い系サイト・アプリのジャンルオススメの出会い系サイト・アプリ11選
マジメ向け出会い系サイト・アプリ
大人向け出会い系サイト・アプリ

マジメに恋人探しや婚活、友人を探す場合は「マジメ向け出会い系サイト・アプリ」を、セフレやワンナイト希望の関係は、「大人向け出会い系サイト・アプリ」をオススメします。

それぞれ11選はどれも、実際に私が利用し、成功もしている出会い系サイト・アプリですから、ご利用いただく価値はかなり高い存在です!

当サイトで掲載している出会い系サイト・アプリの体験談も、ほとんどが以上11選を利用していますし、出会いを求める場合は、間違いなく登録しておくべき11選と言えます。

ゆえに、出会いを求めている人は、ぜひ以上でオススメした出会い系サイト・アプリを参考に、この機会にご登録ご利用をご検討ください!

最後に

今回は私が都内で大失敗し、それこそ今思い出しても悔しさが残る惨敗体験について、解説しました。

行き慣れている土地でもあり、デート自体は散々してきた場所ですし、女性との飲み会も多かったエリアゆえ、飲みどこか甘く見ていた部分もあります。

しかし、いざセックスをする、ラブホテルに行くと考えた場合は話が別で、自分でも驚くほど情報や知識が狭かったからこそ失敗もしたわけです。

出会い系サイト・アプリが活発な地域でも、実際に使うと落とし穴があることも強く実感し、あらためて準備→攻略の大切さを痛感しました。

どこかで「活発=簡単」と、成功している状況から過信した部分もあって、失敗談ではありますが、私としては浮かれ気分を吹き飛ばしてくれた良い経験です。

それこそ、こうやって失敗を共有することで、読者の皆様には、その失敗を反面教師に活動していただけます。

ゆえに、出会い系サイト・アプリでの成功を、セックスやセフレに求める男性は、ぜひ今回の失敗談も参考に活動を進めてみてください!