キャバ嬢がセックスしたくなる7つの瞬間とセフレになるには出会い系サイト・アプリが良い理由


「キャバ嬢」と言えば、抜群の輝きと魅力を発している、男性にとっては憧れの存在ですよね。

しかし、高嶺の花と言える存在でもあるため、水商売という夜のお仕事をしている女性でも、「セックスやセフレなど性の部分は直接触れる機会がない男性も多い」はずです。

そこで今回は、そんなキャバ嬢たちの「性」について、現役・元キャバ嬢たちから実際に話しを聞いてみました。

「どんな時セックスをしたくなるのか?」という話題を中心に、キャバ嬢たちから集まった生のご意見を参考に解説していきます。

キャバ嬢とセックスをしてみたい男性、またキャバ嬢と出会ってみたい男性は、ぜひ1つのノウハウとして、活動や攻略にお役立てください。

キャバ嬢にも性欲はある?「28人中22人がセックスしたくなる瞬間はあると回答」

それではさっそく、そもそもキャバ嬢たちには「性欲があるのか?」という、根本的な問題の解説からです。

というのも、男性の中には、「キャバ嬢は性に消極的」な印象をもつ人が多くいます。

なぜなら、仕事で男性と触れ合う女性たちゆえ、男性への行為や性的なアピールは、すべて「演技」や「仕事のため」だと思ってしまう男性が多いからです。

名前
友人女性

私って普段からさ、キャバ嬢だから仕方ないけど、仕事で男性に媚びる物でしょう?

言い方は少し悪いかもしれないけど、人気や評判で稼ぐ商売だし、必死に自分を良く見せるのよ。

その分プライベートでは発散したい!って、とくに性欲は溜まるから、考える(笑)

しかし、キャバ嬢の友人女性と話していた際、以上のようなコメントをいただきました。

キャバ嬢の中にも、「性欲を抱える(性欲が強い)女性はいる」と、再確認します。

そこで、その友人キャバ嬢にも協力していただきながら、「キャバ嬢でもセックスしたくなる瞬間はありますか?」という質問で、28人のキャバ嬢からアンケートを回収しました。

【現役・元キャバ嬢に聞いた:セックスしたくなる瞬間はありますか?(28人回答)】

(※元キャバ嬢さん(28人中9人)からも現役時代という前提でご回答いただいています)

すると、結果は以上の通り、28人中22人(約8割)のキャバ嬢が、「セックスしたくなる瞬間はある」と回答してくれたのですよね。

私はこれまでに、キャバ嬢とセフレ目的で出会えたことがあります。よって、少なくても半数は「ある」と回答してくれる予想をしていました。

しかし、結果は予想を上回っており、この結果から男性視点では、「想像以上にキャバ嬢の女性相手にセックスするチャンスはある」ことがわかります!

高嶺の花で、あくまでも男性への対応はすべてビジネスからくる物だと、安易に考えてしまいがちです。

とはいえ、「プライベートの性は別物」だと言えるでしょう。

それどころか、仕事の反動やストレスから「性欲が強いキャバ嬢もたくさんいる」わけで、これならキャバ嬢との出会いを目指す価値もあります。

そこで続いては、以上の結果を踏まえて気になる、キャバ嬢がセックスする相手、そしてキャバ嬢とセックスするために使える出会いの方法も解説していきます。

キャバ嬢と出会うなら出会い系サイト・アプリが良い

まず見ていただきたい物は、「キャバ嬢がセックスする時の相手」についてアンケートを回収した結果です。

【現役・元キャバ嬢に聞いた:セックスする時の相手は?(22人回答)】

(※赤線部分は「その他」選択者によるコメント)

セックスしたくなる瞬間はあると回答した22人のキャバ嬢が、実際にセックスをする相手は以上の通りで、「22人中15人(約7割)がセフレを選択」しています。

また、セフレ以外だと恋人が5人から、友達は3人から回答されましたが、「セフレと合わせての回答」も多かったことは印象的でした。

【現役・元キャバ嬢に聞いた:相手を探す方法は?(15人回答)】

加えて、セックスの相手はセフレだと回答してくれた15人から、相手を探す方法(出会う方法)について回収したアンケートが以上の物です。

結果としては、「出会い系サイト・アプリが圧倒的に支持されている」ことがわかり、ほぼ1強状態だったのですよね。

キャバ嬢がオススメしてくれた出会い系サイト・アプリ4選

とくに、以上4つの出会い系サイト・アプリは、「キャバ嬢で使っている人も多い」そうで、私が実際に出会ってきた出会い系サイト・アプリも、以上の4つでした。

これらの結果を総合的にまとめると、出会い系サイト・アプリへ登録し、キャバ嬢と出会い、セフレ関係を構築することがもっとも効果的な攻略です。

キャバ嬢とセックスをしたい男性の行動で、お店に通う、勇者のような男性だとキャバクラで働いてしまう男性などもいます。

しかし、「あえてキャバ嬢の仕事とは関係ない場所や方法」で、「キャバ嬢のプライベートで出会う方法」が、キャバ嬢とのセックスを叶えやすい方法だったわけです。

成功を掴むより確実な方法として、キャバ嬢とセックスしたい場合は、まずはご登録から、ぜひ出会い系サイト・アプリのご利用をご検討ください。

さて、キャバ嬢とのセックスやセフレが、実現可能な物だとわかりました。

そこでここからは、「キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間」についても、実際にキャバ嬢たちが教えてくれたシチュエーションを6種類、解説していきます!

キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間1「繁忙期の祝前日」

1つ目は、もっとも多かった意見として、「繁忙期の祝前日」です。

コメントのポイントを整理

  • キャバクラの繁忙期ほど祝前日で時間に余裕があるタイミングはセックスしたくなる。
  • 繁忙期は忙しいだけでなく、お客様のストレスも受け止めるため、キャバ嬢側のストレスは溜まりやすい。
  • 繁忙期だと、休みの前以外はセックスしている余裕もない。

以上のコメントからもわかる通り、「繁忙期ほどストレスは溜まる」そうで、その反動から「セックスがしたい!」と考えるキャバ嬢は多いそう。

祝前日以外は、セックスはもちろん、他の趣味で発散する余裕もないというコメントが目立ちました。

名前
キャバ嬢

店だと、お酒は薄目に作ってもらうとか、そもそも飲まないこともあるし、普段は帰ってから飲むのが発散する。

でも繁忙期はその余裕もなくて、休みも翌日仕事だと、寝るだけなのよ。

日常であれば楽しみにしていることすら、翌日に仕事がある日は、楽しむ余裕がないほどだそうで、そうなると発散する時間が少なくてストレスも溜まる一方でしょう。

「繁忙期だと翌日の仕事を考えて活動や行動が消極的になる気持ち」は、性別や仕事に関係なく理解されるはずです(汗)

こういった理由から、同じ祝前日でも、とくに「繁忙期の祝前日」にセックスしたくなるキャバ嬢も多く、このシチュエーションを狙うことはキャバ嬢攻略の秘訣と言えます。

キャバクラの繁忙期っていつ?

では、そんな攻略にもつながりそうな情報として、繁忙期はいつなのでしょうか?

時期理由
本格的な繁忙期・11月後半~1月半ば

・3月半ば~4後半(5月までとする意見も)

・11月〜1月は最大の繁忙期で、ハロウィンやクリスマスなどイベントが豊富なことに加えて、忘年会などの飲み会も多いことから。

・冬のボーナスもありお客の羽振りがよくなることも加わる。

・3月〜4月は歓送迎会などの影響から。

・突発的な団体も多く大変と語る嬢も多い。

やや繁忙期・5月

・6月前半~7月半ば

・5月はゴールデンウィークにより。

・6月〜7月はボーナスでお客の羽振りがよくなるタイミング。

ヒマな時期・2月

・8月

・2月は出費が重なる1月の直後で。

・8月は大イベントなども重なるため。とくに家庭がある会社員の足は遠のく。

その答えは、主に以上のようなイメージらしく、とくに大きな繁忙期は「11月後半~1月半ば」と「3月半ば~4月後半」の2つです。

そこに、5月、また6月~7月半ばといった意見が続くイメージで、キャバ嬢の女性たちからも意見が集まっていました。

「本格的な繁忙期」と「やや繁忙期」の4シーズンについては、それこそ男性からすれば、「出会い系サイト・アプリでキャバ嬢を狙った活動」に役立つタイミングです。

たとえば私なら、「キャバ嬢を狙うと決めてから2週間毎日投稿」を続けます。

そして、「昼間」と「22時以降の夜~深夜」に「夜中3時~早朝5時」で、中期集中で募集することが多いです。

水商売勤務の女性を狙って、時間や投稿内容を工夫しながら利用し、実際に現在キャバ嬢のセフレもいますからね。

さすがに休みのタイミングなどは読み切れないため、以上のような形である程度数を打ちながら勝負しますが、これで十分効果的に活動できます。

その中で1人でも出会い、セフレにつながれば、大成功ですからね!

ぜひ以上のようなイメージで、「繁忙期」と「繁忙期の祝前日に出会う」ことを意識しながら、キャバ嬢とセックスしたい男性は活動してみてください。

キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間2「好みのお客が来た時」

続いて2つ目は、「好みのお客が来た時」という物で、これも1つ目に並ぶ勢いで、意見をくれた女性が多かったです。

コメントのポイントを整理

  • 好みのお客様=その人相手にセックスをしたいとは限らない
  • 好みの男性と触れ合うことで、キャバ嬢としての理性を性欲が超える

ただ、あくまでも「そのお客とセックスしたいわけではない」らしく、好みのお客と触れ合ったドキドキが、性欲へと変わるイメージなのだそう。

普段は仕事とプライベートを割り切って、少なくともお客にトキメクことはないよう理性を抑えているキャバ嬢も、その理性が崩れる時はあるとのことでした。

いくらキャバ嬢といっても、人間であり、1人の女性ですからね。

とくに、1つ目で紹介したような繁忙期のタイミングだと、以上の傾向はより強くなり、「出会い系サイト・アプリでセフレ探しをする」ケースも多いそうです。

普段は我慢できるキャバ嬢たちでも、繁忙期の忙しさが重なることで、ストレスや欲求を発散したい気持ちも高まります。

その結果、1つ目と合わせて、「繁忙期はチャンスが大きい」ことがわかりますよね。

また、普段からふとした瞬間に、好みのお客が来店した後は、性欲が強いキャバ嬢ほど「セックスしたい!」と思うケースは多いそうです!

このことからは、キャバ嬢との出会いを切望する男性は、繁忙期に関係なく継続して募集すれば、「キャバ嬢とセックスできるチャンスは日常的にある」こともわかりました。

ただ、以上のあくまでもプライベートでセックスする形とは異なり、中には「お客とセックスをする」女性もいれば、「お客とセフレ付き合いする」女性もいます。

キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間3「セックスが売上につながると確信した時」

たとえば、反対意見も多かった物ですが、「セックスが売上につながると確信した時」に、セックスしたくなるキャバ嬢もいました。

コメントのポイントを整理

  • 羽振りの良いお客様で、セックスが売上につながるならキャバ嬢からすればチャンスですし、セックスが手段の1つだと考える人もいる
  • お金を稼ぐためのお仕事ですし、チャンスを掴むための行動でもあり、反対意見は多い内容でしたが、一概に否定はできない

具体的には以上のようなイメージで、仕事だからこそ、「より稼ぐための手段」として、羽振りの良いお客が相手なら「誘われれば身体を許してしまう」わけですね。

今回アンケートに協力してくれたキャバ嬢さんのほとんどが、「逆効果」や「お店で暗黙の了解として禁止」など、否定的な意見が多かったです。

とはいえ、セックスを通じてより稼げるなら実践する人がいることも事実で、「お金があり羽振りさえよければキャバ嬢を口説ける」こともあるのでしょう。

とはいえ、このパターンはあくまでも「仕事の一環でセックスをするだけ」です。

親しい関係を構築し、セフレとして長期的に関係を続けられるかというと、男性側の視点では正直微妙だと言えます。

わかりやすく言えば、「ただシンプルに金蔓として使われる」ため、私なら多少苦労をしたとしてもセフレ探しで努力しますし、いっそうのこと風俗に行くでしょう。

以下の記事でも触れていますが、金の切れ目が縁の切れ目って、わかりきった関係ですからね…!

キャバクラをキャバクラとして楽しめなくなりそうですし、以上のようなキャバ嬢がいるとしても、あまりオススメはできません。

一見近道に思えて、必ずしも良い思いをできるとは限らないですから、出会い系サイト・アプリなどで、セフレとしてキャバ嬢を攻略していく方法がオススメです。

キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間4「プライベートで誠実な男性とお酒を飲んだ時」

次に、4つ目の意見として、これも複数のキャバ嬢から届いた物で、「プライベートで誠実な男性とお酒を飲んだ時」という意見も印象的でした。

コメントのポイントを整理

  • 仕事とプライベート割り切っているキャバ嬢さんほど、プライベートで誠実な男性とお酒を飲む機会は、セックスしたくなるそう
  • とくに、話しをよく聞く聞き上手な男性や、レディファーストな男性だと、プライベートのキャバ嬢が心を許してくれやすい

たとえば、以上のようなイメージで、「仕事とプライベートをハッキリ区別しているキャバ嬢」ほど、この意見をくれていたのですよね。

3つ目の意見が悪いというわけではありませんし、1つのリアルな意見なのでしょうが、4つ目の意見はそれと真逆の性質という印象があります。

というのも、4つ目の意見をくれたキャバ嬢は、どんなに都合の良い相手でも、「お客には手を出さない」からです。

しかし、裏を返せば、このタイプはいくらお店へと通い詰めても、「セックスできるチャンスがない」と言えます。

口説きたいなら、他の方法で、それこそ紹介した出会い系サイト・アプリなどを使って、セックスに結びつける必要があるのですよね。

夢を見てキャバクラに通う男性からすると、セックスを目指すことがキャバクラの楽しみ方では邪道だとしても、少し切ない話しです。

また、ポイントとしては、「お酒を飲む」という状況に限定していた女性が多かったことで、そこからセックスにつながるキャバ嬢がいることでしょう。

たとえば、最初から出会い系サイト・アプリのアダルト掲示板を使うわけばかりではありません。

「飲み友探し」や「ピュア系の即会い掲示板」などで出会い、セックスにるなげるケースもあるということです。

そうやって考えると、実際に私も、ピュア系の掲示板でキャバ嬢と出会う機会は多かったですし、その中でチャンスを掴んだ経験もあります。

ピュア系の掲示板で出会った場合ほど、立ち回りや言動などから、「誠実さ」という物は見えやすいそうですからね。

最初からセックスしたいという狙いが見えている男性、露骨にセックスを求めてくる男性も多い環境です。

普段から男性と関わるキャバ嬢としては、そういった差なども踏まえて、誠実かがわかりやすいのでしょう。

キャバ嬢と出会い系サイト・アプリで出会った場合は、とくにお酒を飲む前提の場合、ぜひ以上の意見も踏まえて、誠実な対応を意識してみてください!

キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間5「仕事のクールダウンをしたい時に」

そして、5つ目の意見としては、「仕事のクールダウンをしたい時」に、セックスをしたくなるという声もありました。

男性の感覚からすると、クールダウンでセックスは想像しにくいかもしれませんが、「あえてセックスのような激しい行為をする」ことで、思い切り発散したい女性は多いです。

コメントのポイントを整理

  • キャバ嬢という仕事だからこそ、仕事が終わった後クールダウンにセックスしたくなる
  • キャバ嬢という仕事は、女性同士特有と言える戦場のような職場ゆえ、ご自身の熱をスッキリさせる方法として、セックスを選ぶキャバ嬢も多いそう

それこそ、キャバ嬢のようにハードな仕事だと、以上のコメント通り「仕事が終わった後」に、一旦加熱した気持ちを思い切り膨れ上がらせてから冷却する人もいます。

これもここまでにあったような、ストレスの反動からなのでしょうね。

加えて、覚えておきたいポイントは、以上の意見をくれた女性ほど、「セフレを求める傾向にあった」ことです。

紹介したコメントの女性は、実際に私のセフレですが、「したいと思った時にセックスできる相手がほしいから」と、私にセフレ関係を求めてくれました。

では、なぜセフレを求めるのか?

その理由は、「セックスしたいという感情や世級が突発的だから」で、その傾向がより強いからです。

いきなりセックスをしたくなり、その中で「毎回新しい男性を探す」よりも、「決まった相手と都合よくセックスできる」方が、彼女たちにとって便利なのですよね。

とはいえ、仕事の都合で恋人は面倒、また不要と考えており、だけど性欲や溜まるわけです。

3つ目の意見がシンプルにお金を求め、性欲からくる「セックスしたい!」ではなかった中、こちらはシンプルにセックスだけを求めるからこそ、以上のような傾向があります。

そういう意味では、もっともセフレとして付き合いやすいタイプのキャバ嬢で、こういった感覚のキャバ嬢と出会えれば、セフレ希望のかなり満足できるはずです。

ただ、1つだけこのタイプは注意したいこともあり、「より都合の良い相手」を求める傾向もあります。

具体的には、「予定が1回でも合わなければセフレとしてNG」など、活動時間などによっては付き合いにくいケースもあるのですよね。

セフレとしてとても魅力的な考えと傾向のタイプですが、出会った場合は、以上の注意点も参考にお付き合いください!

キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間6「華やかな仕事が終わると寂しくなって」

最後に、「華やかな仕事が終わると寂しくなって」セックスしたくなる女性も、キャバ嬢には多いことがわかっています。

コメントのポイントを整理

  • キャバ嬢という華やかな仕事だからこそ、仕事が終わった後に寂しさを感じる
  • 人肌恋しくなれば、その気持ちを満たすために、セックスを選択する女性も多い

仕事で男性に囲まれ、自信も着飾り、チヤホヤされる輝いたお仕事だからこそ、その反動で「1人の時間は寂しさに襲われる」そう。

たしかに、私も大勢の友人と飲んだ後、大勢の女性と楽しく過ごした後など、「寂しくてセックスしたくなる」ことはあります。

キャバ嬢の場合は仕事ですし、少し感覚は違うでしょうが、共通した感覚としては、「充実感があるから反動も大きい」わけですよね。

加えて、それが毎日のように続くわけで、そうなると寂しさも溜まっていくため、「その分反動もかなり大きくなる」と言えます。

その結果、より深く人肌恋しさを満たせるからという理由で、セックスを求めるそうです。

なにごとも、反動という物は大きいほど、「求める結果や満たす条件も強く大きな物へ変わる」と言えます。

強く大きく寂しさに襲われるキャバ嬢がセックスを求めることも納得できました。

また、こういった感覚を抱きやすい職業のキャバ嬢なら、「セックスを成功させる可能性も高確率」だとわかりますし、夢ではないとご理解いただけるはずです!

華やかに充実しているからこそ、反動でセックスもより濃厚に最高の時間を過ごせるため、ぜひ以上のようなキャバ嬢を捕まえてみてください。

最後に

今回はキャバ嬢を攻略する上で役立つ情報として、「キャバ嬢がセックスしたくなる瞬間」というテーマで解説してきました。

私自身、水商売で働く女性たちはとても尊敬していますし、大きな憧れもあり、これまでに出会い系サイト・アプリを通じて出会った経験もあります。

とはいえ、謎に包まれている部分も多い存在という印象があり、セックスやセフレ、男性に対する価値観や考え方は特別な感覚があると想像していました。

たとえば、「セックスをしたくなる」ことはあっても、男性には困らないという前提がある印象。

また、つねに特定のパートナーが複数いて、いつでも都合よくセックスできるため、セックスしたくなる瞬間を聞いても意見が偏るのでは?という印象があったわけです。

しかし、実際は普通の女性と変わらない感覚の意見も多く、それどころか「キャバ嬢だからこそ性へ飢えているとする意見」も目立ちました。

お客様たちにチヤホヤされるとしても、あえて仕事とはまったく関係ないセフレを探す女性も、たくさんいたほどです。

私の想像していたキャバ嬢とは、まったく違う実態でした。

高嶺の花という感覚も間違いはないでしょうが、今回の調査結果からわかることとしては、「キャバ嬢は十分に出会えるチャンスがある存在」なことです。

併せて、出会い系サイト・アプリでのセフレ探しなら、かなり大きな効果が期待できることもわかっています。

私の周りでは、「キャバ嬢と出会うこと」はもちろん、「キャバ嬢とのセックスやセフレ」などは、難しいと考える男性が多いです。

そのイメージから、挑戦することなく諦める人も山ほどいるのですよね。

この辺りは、私も以前は同じ感覚でしたから、気持ちは理解できます。

とはいえ、実際はチャンスがあり成功を狙えるターゲットですから、諦めてしまうのはあまりにももったいないことを、今回の調査や経験から学べました!

今まで行動せずに諦めていた人も、思い切って動きだせば、夢だったはずのキャバ嬢とも、出会うだけではなくセックスやセフレ関係が楽しめるはずです!

ゆえに、少しでもキャバ嬢という存在に興味があるなら、紹介した出会い系サイト・アプリへご登録いただき、ご利用を進めてみてください。

今回紹介した内容はもちろん、当サイトの別記事で紹介している攻略を実践していただければ、とても素敵な成功がまっていますよ!