出会い系で元ホステスとカーセックスし数回会う短期セフレ関係に成功した体験談


魅力的なキャバ嬢や元ホステス

しかし、すでに引退した女性たちも、すごく魅力的だと知っていましたか?

今回私は、出会い系サイト・アプリで以下の文章を掲示板に投稿して、活動をしていました。

すると、36歳美しい元ホステスと出会うことができ、その体験があまりにも濃密で素晴らしく、私はその溢れる魅力にすっかり魅せられてしまったのです!

この記事でわかること

  • 元ホステスと出会いセックスするまでの流れ
  • 元ホステスと体験できる関係性やセックスのイメージ
  • 元ホステスと短期セフレで付き合って知った反省点から注意すべき内容

そこで今回は、実際に36歳元ホステス(セイナさん)と出会い、短期セフレ関係も成功させた体験談を、以上のような内容を中心に解説していきます。

※このご時世ですので、さすがに最近の話ではなくかなり前の話を振り返って書いています。

掲示板投稿中に36歳元ホステスさんから連絡が「カーセックス希望に大興奮」

今回は、以下の4つの出会い系サイト・アプリを使って活動をしていました。

管理人アキラがオススメする出会い系サイト・アプリ4選

その中で知り合ったセイナさんが送ってくれたメッセージを紹介していきます。

この時、いきなり「カーセックス」にお誘いいただけたことで、一瞬想定外すぎて悩む気持ちもあったのが本音です(汗)

とはいえ、少しでも時間を空けてしまえば、他の男性に取られてしまうリスクもあります。

ゆえに、チャンスを逃さないためにも、慌てて返信しました。

また、その後届いた内容でも、「私出す」を車のことだと判断し好都合に思えましたし、「1ヶ月の短期期間限定セフレ」にも好奇心が刺激されます。

私の活動傾向としては、普段なら長期のセフレを前提に、出会うことが多いです。

当サイトに掲載してきた体験談も、ほとんどが長期セフレを目指す(or成功した)物ですから、いつもとは違う「短期で期間限定の出会い」に、新鮮な気持ちが溢れてきます!

そのため、以上の通り確実に出会えるよう、極力素早い返信を心掛けながらの進行です。

素早さ以外にも、相手の都合を確認することも忘れず、自分勝手に進めないよう注意しました。

この後電話番号も送信し、とりあえず待ち合わせ場所の確認だけ済ませます。

かなりバタバタとした流れではありますが、今思えばとても良い形の進行です。

その結果、無事出会うステップまで進めることもでき、やり取りをはじめてから出会うまで、「30分~40分の超スピーディーな出会いに成功」できました!

36歳ホステスとのセックスは相性抜群「引っ越すまで短期集中親しいセフレへ!」

待ち合わせ場所に到着すると、その瞬間電話が鳴り、「もう到着しているから!」とのことで、相当急ぎましたが後から着く失態に少し焦ります。

とはいえ、幸い私が送れたのではなく、「道が空いていたためセイナさんの到着が早すぎた」そうで、それを聞いてほっと胸を撫で下ろしました。

プロフィール項目一覧具体的な内容
年齢36歳
容姿の特徴
  • 派手ではないけど、高級感のあるファッションといった印象で、オシャレかつセレブ感が漂っていた
  • お顔立ちは元ホステスというだけあり美人で、やせ型のモデル体型
  • バストは小さいが、それを忘れさせる魅惑の色気があり、スレンダーなセクシーさがとても魅力的
性格的な特徴
  • とてつもなく聞き上手で、「ホステス時代聞き上手さが武器だった」と本人も語るほど
  • 大人の落ち着きと、小悪魔的なお茶目さがあり、自分の意思をハッキリ伝えてくれるため、男性からは確実にモテるタイプの女性だと感じた
好きなプレイや性癖
  • 婚約者はかなり淡泊らしく、長時間の濃厚プレイが好み
  • 愛撫は長く、挿入も長くというご希望
  • クリは苦手だけど、乳首と耳が敏感
  • キスもかなり好みで、キスをしないセックスは論外とのことでした

少し慌てた出会いではありましたが、車へと案内され、道中はお互いの自己紹介や日常トークで意気投合します。

その中で、以上のような情報も知ることができ、すでに魅力に触れながら、移動中ずっとドキドキに包まれていました。

また、車中でもう1つ話したことで、婚約者バレは避けたいからといった理由で、「LINEの交換はなし」といった約束もします。(少し残念でしたけどね(汗))

この辺りは既婚者、また特定の相手がいる女性とセフレ付き合いする場合、確実に相手の意向を尊重すべきポイントですから、余計なことは言わず了承しました。

そんな私の対応も好印象に映ったようで、この辺りから急激に距離が縮まり出し、ふと車を停車させ濃厚な抱擁とキスを求めてくれたため、それに応えます。

狙っていたのか、人通りも少ないですし、気づけば山の中にある駐車場で2人切り。

「地元にこんな場所あったのか!?」と、内心では驚きつつも、まったりと甘い時間がはじまりました。

カーセックスで濃厚キスを堪能「徐々に脱ぎながら触れ合っていく」

「誰かきた時わからないのは怖いから」と、カーテンなどで隠すことはせず、2人で後部座席に移動し、本格的に抱き合いながら濃厚なキスを求めあいます。

激しいキスというよりは、「じっくり味わうような深いキス」です。

丁寧に唾液を交換し舌も絡める流れで進み、セイナさんのペースに私が身を委ねていきました。

名前
セイナさん

そういえば、時間は大丈夫?

夜中に帰れれば問題ありませんけど、セイナさんは?婚約者さんのことともありますし…

名前
セイナさん

大丈夫よ♪こっちにいるのは私だけで、私が1ヶ月後婚約者のいる○○県に行くだけから、3時には寝られれば平気

ふいにセイナさんから、「もっと今日は一緒にいたい気分だから…」と、お互いに以上のような確認をします。

すると、時間を気にせず過ごせることがわかり安心し、さらに濃厚さを増したキスが再開。

キスだけで骨抜きにされてしまいそうなほど甘いディープキスと、とろけた目、そして時折漏らす吐息と喘ぎ声に、ジーンズを突き破りそうなほど息子も興奮しています。

名前
セイナさん

あっ、ふふ…パンツ汚れちゃうから、出しちゃおっか

車汚すよりは良いかなと…

名前
セイナさん

だーめ!脱ごう?私も少し脱ぐから。一緒に、ほら♪

するとセイナさんも、即効テントを作成した息子に気づき、甘やかすような口調で、ベルトを外してきました。

外が見えていることもあり、恥ずかしさと不思議な高揚感に包まれながら、私もセイナさんの服をまくり上げ、セクシーな青いブラジャーとご対面。

本人の申告通り決して大きなオッパイではない物の、敏感だと聞いた乳首に思いを馳せます。

とはいえ、せっかく良いムードだったこともあり、いきなり乳首へ触れることは控えて、まずはキスを三度再開しながらブラ越しに胸を刺激。

同時に、私の息子をセイナさんも優しく撫ではじめ、ムードはより深まっていきました。

お互い愛撫をひたすら丁寧に「絶頂を懇願され耳舐めしながらの乳首イキ」

カーセックスという状況ではありましたが、私はもちろん、セイナさんも深く集中しながら、優しく濃厚にお互い愛撫を楽しんでいきます。

私はブラジャー越しに乳首を軽くさする感覚で、セイナさんも激しい手コキはせずゆるやかに息子を撫でながら、2人とも吐息と声が少しずつ漏れているような状況です。

しかし、そんなひたすら丁寧な愛撫が、2人にとってはとても心地いいのですよね。

愛撫のリズム、セックスへの向き合い方や考え方など、私が素で普段から行っているプレイに、セイナさんがピタリとハマっています。

身体の相性が良いって、こういうことを言うのでしょう。

とくに声を掛け合うわけでもなく、目が合って、また反応を見て、2人が自然かつ当たり前のようにプレイを進行していく不思議な空間。

今まで色々な女性とセックスしてきましたし、相性の良い女性はたくさんいましたが、その中でも上位に入ると思えるほど、落ち着いて触れ合うことができるイメージの相手です。

ホステスをしていたからこそ、男性に合わせることが上手だった部分も間違いなくあります。

それでも、そういった職業的な振る舞いや魅力だけではない、2人で通じ合う空気感があって、狭い社内で挿入もしていないのにつながっているような感覚に支配されました。

そんな中、ジワジワとした刺激に快感が蓄積してきたようで、「そろそろ1回イキたい…」と、淡い声で絶頂懇願をしてくれたセイナさん。

ゆえに、一旦我慢汁が溢れていた息子から手を放してもらい、ブラジャーを外してから、耳を舐めながらの乳首責めに移行していきます。

すると、直接刺激になったことで深い快感を獲得してもらえたようで、静かに深く吐息を吐き出しながら、「んっ!」という甘い声を響かせ無事乳首イキに成功です!

女性の絶頂特有とも言える切ない感覚や快感に、身体の行き場に困惑したそうですが、私に抱き着きキスを求め、その状態で少しイチャイチャタイムを満喫します。

この時点で愛撫をはじめてから1時間ほど経過していましたが、そろそろ挿入の時が近いことも実感しつつ、心地いい唇と空間を味わいながら、しばらく過ごしていきました。

徐々に挿入へと進む「やりすぎくらいに丁寧を意識しての挿入」

そんな甘いイチャイチャをしはじめてから、気づけば15分ほど経過したところで、いよいよ挿入へと移っていきます。

苦手ということであえてクリトリスには触れなかったため、濡れ具合などは若干心配もしていましたが、パンティーを脱がすとハッキリ糸を引くほどトロトロです。

これなら、準備もある程度は整っている状況でしょう。

名前
セイナさん

私セックスとか愛撫でイケたのはじめてで…イクってオナニーだけかと思っていたわ。今早く入れたいなんて考えているの

そうなんですか!?でも、今入れたくてたまらないです

名前
セイナさん

こういう気持ちよさにずっと憧れていたから、今すごくドキドキして…

とはいえ、アソコへの愛撫は一切していませんでしたから、より慎重に進めるため、まずはアソコへぺニスを軽く擦りつけます。

少し困惑したようなリアクションをしてから、以上のような会話につながっていき、「もう大丈夫よ」という合図で、まずは正常位でゆっくり挿入していきました。

挿入開始直後は入口付近から解し、徐々に息子を進めています。

ホステスとっても男性経験は少ない方らしく、「中がかなりキツイ」ことに少し驚きつつ、焦って押し込むことがないよう、やりすぎくらいに丁寧を意識しての挿入です。

その結果、息子の先端が奥へ触れるまで、20分ほど時間を使います。

セイナさんからも、「今までしてきた人なら終わっているよ?(笑)すごい…!」と、満足してくれた想像できるリアクションをもらえました。

とはいえ、「気持ちいい」という反応はあっても、経験が少ないこともあって、どうしても探りながらのプレイではあります。

ゆえに、一旦奥まで挿入した後も、しばらくは角度や深さ、そしてピストンの強弱などを調整していきました。

1時間ほど時間を使って挿入に慣れてくれた「経験が少ないだけで感度は良好!」

しかし、膣中の感度がわるいわけではなく、経験が少ないだけで、むしろ「感度は驚くほど良好」です。

たとえば、大きな反応や声はありませんでしたが、しっかりと気持ちよさは感じてくれましたし、「止めないで」や「もっと…」などの声が継続的に漏れていました。

痛みとかはないですか?

名前
セイナさん

大丈夫だし、今まで知らなかったすごく気持ちいい感覚があるから、もっと続けたい

経験が少ないと聞いたため、痛みなどは少し心配もありましたし、ムリはさせたくなかったのですが、そのような心配も不要だった様子。

これまでプレイしてきた相手だと、「挿入は早く終わってほしかった」そうです。

それでも、今回は逆に続けたいと思ってもらえたわけで、それだけでも丁寧に頑張った価値はありました。

長時間の挿入から乳首同時責めで無事絶頂

この辺りから、挿入にもかなり慣れてくれたそうで、1時間ほど時間を使いましたが、そもそも敏感でイクことのできる乳首を一緒に刺激しはじめます。

すると、相変わらず声は出しませんが、呼吸が深くなり、動きも激しく変わってきたのですよね。

中ではイケないとしても、せっかくなら少しでも深く、快感や興奮を味わってほしかったため、私も気合を入れなおして刺激していきます。

正常位からはじまりましたが、セイナさんの要望に応え、この時点ではイチャラブしやすい対面座位だったこともあり、両手を比較的自由に使えるため愛撫も絶叫調です。

名前
セイナさん

オッパイが…

イヤ?それともイキそう?

もしイケそうだったら、首のところをタップして

一瞬、反応が確実に変わってきたことで、継続すきか正直悩みました。

乳首なども重ねて刺激していくと、快感から痛みなどへ変わっていくこともあります。

ゆえに、どちらなのか確認するため、以上のように合図を要求してみたところ、グッと首を掴んで必死にタップしようとしてくれました。

そこで、乳首への刺激を本当に少しだけでしたが強くして、最初の乳首イキを味わってくれた時に触れた感覚を思い出しながら、ピストンはせずにつながったまま愛撫。

徐々に呼吸が深く、時折止まる様子も確認しながら続けると、今日1番の大声で「イク!!」と申告されます。

膣中もギュッと締まり、私に抱き着くセイナさんの身体が激しく痙攣してから、「オッパイもう1回イケたね…」とつぶやきながら、全体重をかけてグッタリするセイナさん。

さすがにかなり疲労も感じていたようで、呼吸の乱れ方なども相当激しい物でした。

それでも、「出し…て?」と息切れしながら伝えてくれたため、そのまま腰をゆすりピストンへ移行し、気持ちよく奥に押し付け「ゴム中フィニッシュ」をしてプレイ終了です!

今まで味わったことのないセックスにハマった結果「相性確認は無事合格!」

私は本音を言えば、まだまだ余裕はあったのですが、不慣れな状態でムリはさせたくなかったため、しばらくキスを堪能してから帰路へと向かいます。

運転をしはじめたころには、セイナさんも心身双方うまく落ち着けたようで、談笑しながら少し遠回りをして、私の最寄りへ送ってもらいました。

名前
セイナさん

また会ってほしいし、引っ越すまで遊んでくれたら嬉しいな~

相性確認は合格ってことですか?

名前
セイナさん

自分で相性次第なんて言ったこと恥ずかしいし、本当は1回の火遊びくらいに思っていたけど、こんな経験味わったら止める方がムリ(笑)

その後、車から降りたところで以上のような会話もし、無事相性確認は合格だったそうで、1ヶ月期間限定のセフレ関係もスタートします!

ただ、LINEも一応交換はしたのですが、婚約者バレも踏まえて、「連絡は基本電話」と約束しました。

それこそ、基本的にセイナさんの都合で連絡をしてもらい、私からは万が一を想定して連絡しない形で、関係を進めていったのですよね。

今回は元ホステスという属性以外に、婚約者がいるという要素も追加されていた相手ですから、期間限定だからこそ、最大限配慮する必要があったわけです。

私から連絡をしたくなることもありましたが、そこは必死に我慢し、相手からの連絡をまつ関係。

とはいえ、以上で紹介したセックスも相当お気に召してくれたため、毎日10分ほど電話をくれるなど、私に対して入れ込んでくれたため困ることはほとんどありません。

予定なども組みやすかったですし、コミュニケーションも円滑だったため、とても良い流れで関係を進められました。

そんな中、最初に会って4日ほどたったある日、突然「部屋を確保した」と連絡が入り、より深い関係へと進展していったのですよね。

36歳元ホステスは性欲も旺盛で金銭的余裕もある!?「ヤリ部屋を確保する本気ぶり」

私もかなり驚いたのですが、そこまでの数日間は、次の土曜日に会おうと約束し、そこに向けて楽しくコミュニケーションを取っていたイメージです。

そのため、この日も同じ流れを想定していた私ですが、電話で開口一番、「ヤリ部屋確保しちゃったから!」と言われ驚愕。

ヤリ部屋を確保した理由具体的な内容
安心してセックスする場所がほしい
  • 予定だと、婚約者は引っ越し先からもう帰ってこないし、後は自分が行くまで別居状態だけど、突然万が一の遭遇などはあったら厄介
  • ホテルよりも安心できる環境に思えたし、お金をあるから安心して!と言われた
会いやすい環境を整えたかった
  • 毎回移動するよりも、毎回同じ場所で安定した方が、環境として会いやすいと考えてくれたそう
親友が入居してほしい部屋を抱えていた
  • 土地(アパート)持ちの親友に、私たちの関係を話したところ、所有する物件に丁度空きがあるからと提案され、勢いで急遽契約した
  • せっかく契約したから、安全に会える場所として使いたい
  • 私の最寄りから近い場所だったことも、契約理由
  • 新築でキャンセルも出てしまい、アパート利用者が2カ月先までおらず、1ヶ月でも親友に、またセイナさんと私にもメリットがある良い契約だったから

以上のような理由を電話で説明してくれましたが、納得よりも最初は驚きが大きく、それも親友さん公認のセフレで、ヤリ部屋まで公認なんて頭が追い付きません(笑)。

それでも、ホテル代や移動の便を踏まえると、私にもメリットは大きかったです。

少しゲスな言い方ではありますが、コスパが良く都合も良い素晴らしいセフレを獲得したわけで、少なくとも否定する理由はありませんでした。

そこで翌日、セイナさんから誘われて、最低限の荷物や家具を購入し、いざヤリ部屋へ!

簡単に片づけを終え、短期ということもあり布団も整え、あっという間にヤリ部屋完成です。

今思い出しても、セフレがヤリ部屋を準備するなんて、こんな幸せなことはありません。

さすがに、学生さんのように毎日セックス!とはいきませんが、それでも好都合すぎますし、相当ウキウキしていました。

とはいえ、今後別れることも決まっている相手から、ここまで入れ込まれてしまって良いのか?という不安も、内心では抱えていたのですよね。

それでも、今を楽しめれば良いと考え、そこからヤリ部屋に度々お邪魔しながら、淡くも甘いセフレ関係と濃厚なセックスを堪能していきました。

ヤリ部屋で行った1ヶ月間の濃厚セックスと開発!

以上のような流れでセイナさんが入居した後は、1ヶ月間あっという間に過ぎ去っていきます。

都合が良いタイミングで電話をもらい、お互いの都合を確認して部屋へ。

そしてひたすらセックスを楽しみ、セイナさんの婚約者には申し訳ないですが、バッチリ開発も進めつつ楽しませてもらいました。

行ったセックスと開発具体的な内容
乳首性感の強化
  • そもそも敏感だった乳首を、ローションやおもちゃも使いながら、よりイキやすく強化
  • セックス中はもちろん、会話中も乳首を刺激し、乳首オナニーの頻度も増やしてもらった
  • その結果、軽く触ればイケるほど強化され、最終的に少し乳首が大きくなる
ポルチオ開発
  • 最初のカーセックスから、膣中では奥が反応も良く、乳首の感度も高かったため、乳首快感も併用しながら開発
  • 乳首とポルチオは相性も良いため、比較的早い段階で重い快感を、別れるまでに絶頂を経験できるレベルに開発成功
  • 元々バイブを使い刺激していたそうで、乳首オナニーと併用しバイブオナニーも行ってくれたため、そういった過程があっての開発速度だった
  • ポルチオ絶頂を覚えてからは、確実に私への対応が今まで以上に甘くなり、もう止まれない勢いでした
潮吹き開発
  • 潮吹き開発は最終的に、恥ずかしさや不快感があったことで失敗してしまいましたが、挑戦をした結果、セックスへの興味が加速した
はじめてのシックスナイン
  • 今まで経験がなかったと言われ、セイナさんの好奇心に応える形で実践したけど、そもそもクリ刺激が苦手なため、こちらも失敗でした
  • 失敗はしたけど、「恥ずかしい興奮」を味わったそうで、セックスに良い効果はあった
連続絶頂セックス
  • 乳首を強化し、ポルチオでもイケるようになったことで、絶頂への意欲が加速し、苦しんでも止めない連続絶頂セックスを目指す
  • 恥ずかしさにも耐性ができ、恥ずかしい姿を晒している自分へ興奮するように変わっていたため、セイナさん本人が驚くほど絶叫するように変貌
  • 最後の数回は、何度もイクことが当たり前状態で、私好みの濃厚なスローセックスが最初以上に刺さるような状態へ
放尿プレイ
  • お風呂場でセックスしている最中、「まって!漏れそう!」と言われたけど、その場でするよう声をかけたところ、顔を真っ赤にしながら放尿
  • 放尿を見られることが激しく興奮するらしく、喘ぎながら放尿する姿は、最初の経験が少ない慎ましさからは想像できないレベルで、魅力的な変態姿でした

1ヶ月間の中で行ったセックスと開発は、以上のようなイメージで、失敗した開発やプレイもありましたが、日々相性が良くなっていったのですよね。

それこそ、「もうあの人とはセックスできない!」なんて、婚約者から危うく寝取ってしまいそうになる勢いです。

徐々に愛を囁かれる機会が増え、嬉しさと興奮から私も感情移入し本当に好きだと思ってしまいそうなほど、親密な状態へ進んでいました。

また、最初は声を抑えるような喘ぎ方だったセイナさんですが、半月ほど経過した辺りからは、「ん…」という声から「んあー!」や「おーー!!」など激しい物へ進化します。

こういった反応の違いは、明確にセックスの快感や絶頂を知ってくれたサインです。

ゆえに、開発がうまくいっている状況に、日々私も喜びを感じていたのですよね。

目の前に別れがまっている中、それでもセイナさんを自分色に染めたい気持ちが止まらず、事前情報通り入居者がいない2人だけのヤリ部屋で、激しく求めあう日々を過ごしました。

しかし、わかっていたことですし覚悟もありましたが、こんな楽しくも官能的な時間も、いよいよ終わりの日を迎えます。

引っ越し直前!最後のセックスでは号泣「切ない気持ちを堪えてまったりセックス」

朝から私は少し憂鬱で、いつまでも続かないとわかりつつ、いつまでも続いてほしかった気持ちが抑えきれませんでした。

セイナさんにいたっては、「合流した瞬間から号泣してしまう」ほどで、翌日には婚約者が迎えにくる状況の中、顔をくしゃくしゃにしています。

短期セフレという関係で、そこまでの関係を構築できたことは幸福かもしれませが、ここまでくると激しくツライ別れでもありました。

それでも、私たちはあくまでもセフレです。

それは私も、セイナさんもわかっていましたし、「最後に楽しい思い出で終わろう」と、長く感じた短い1ヶ月をなぞりながら最後のセックスをはじめていきました。

大好きなキスと乳首への愛撫からはじめ、乳首イキ、そして放尿プレイ、また乳首イキと愛撫の時点で興奮を繰り返します。

その途中も、度々泣きながら私に抱き着くセイナさんでしたが、頑張って笑顔を作ろうとする姿に、切ない気持ちが煽られつつも丁寧にプレイしていきました。

そんな流れから、いよいよ挿入もしていくと、「このつながる感覚が幸せだった」と囁きながら、号泣しつつ喘ぐセイナさん。

これには私も、さすがに感極まりそうだったのですが、私まで崩れたらいよいよセイナさんの人生を壊してしまいそうな気がしたため、グッと堪えてセックスに集中します。

もちろん、一緒に思い切り泣きたかった気持ちもあったことは事実です。

とはいえ、たとえ冷たいと思われても、私だけはセフレとして振る舞い、セフレからはじまった出会いをセフレで終わらせるべきだと言い聞かせます。

必至に涙をこらえながら、連続で絶頂するセイナさんの姿に、もう会えないという寂しい気持ちを煽られつつも、最後は「ゴム中フィニッシュ」で終了しました。

その後、無言で抱き合い、キスも重ねながら、気づけばセックスが終わってから1時間以上経過しています。

とても仲良く、それこそ1ヶ月限定の恋人状態だった私たちですが、「1ヶ月とても愛していました」と泣きながら話してくれたセイナさん。

名残惜しい気持ちを押し殺して、ありがとうと伝えます。

そこから、最初に会った私の最寄り駅でお別れも済ませ、切なく淡い、だけど幸せだったセイナさんとの体験談も終了しました。

36歳元ホステスとの短期セフレ学んだ反省点「短期ゆえ親密になりすぎると切ない」

それでは、体験談もすべて紹介は終了し、以上のような経験を踏まえてわかった反省点についても、ここからは解説していきます。

ここまでの内容からも想像はつくと思いますが、今回のような出会いでもっとも私が反省したことは、「短期ゆえ親密になりすぎると切ない」ことです。

一緒に過ごした時間や行ったプレイが濃密で、関係性も深くなってしまうと、どうしても「お互いに離れたくない感情で苦しい思い」を経験します。

それこそ、今回は少し特殊なケースで、「別れることとその時期まで事前決まっていた」ため、深い関係になってしまったことは完全に私のミスです。

これが長期なら話は別ですし、お互い独身であれば、より親密なセフレも私はよくあることで、親しい友人以上恋人未満の関係が数年続く人もいます。

しかし、短期で別れることが決まっている状況なら、「自分と相手の気持ちをコントロールする必要があった」でしょうし、もっと距離感は調整すべきでした。

コントロールすべき要素今回の状況本来ベストな状況
関係の深さや距離感
  • 友人関係からスタート
  • 婚約者との関係が微妙だったこともあって、徐々に本格的な深い恋人のような関係を構築
  • 電話での連絡なども頻繁な親密すぎる距離感だった
  • 友達以上恋人未満の距離感は崩さない
  • 短期だからこそ燃え上がる感情などもあるけど、自分は必要以上の感情を抱かないよう、つねに言い聞かせるべき
  • 短期という特性上会うスパンは比較的高頻度になりやすいため、連絡などは会う約束だけで十分
会話
  • 思わせぶりな発言を、ベッドの上以外でもしてしまった
  • 感情が高まってしまい、好きを超えて「愛している」など、口説き文句も日常的だった
  • ベッドの上以外では、男女の関係というよりも、友人としての言葉選びをすべき
  • 求められた場合やむを得ない場面もあるけど、極力愛は囁かない

たとえば、以上のような要素は、短期セフレでそれこそ期間が決まっている今回のようなケースだったら、確実にコントロールすべき要素です。

距離感も、会話も、セフレ慣れしている私が、率先してバランスを取るべきでした。

お金と時間に余裕がある相手だったとはいえ、「わざわざヤリ部屋を確保してもらえるほどの関係」って、相当双方が熱中してしまった証拠です。

心のどこかで結果を理解しながら突き進んだことは、間違いなく反省点だと言えます。

少なくとも私がもっとコントロールできていれば、ヤリ部屋を確保する段階には進まなかった可能性が高く、セフレとして性を満たし合うもっと良い関係が構築できたはずです。

もちろん、体験談でも散々触れた通り、とても良い関係と時間を体験できたため、「総合的に見れば大満足の経験」ではありました。

ただ、短期セフレで期間限定のお付き合いをする場合は、以上のようなことも意識しながら、ぜひご活動ください!

その方が、切ない気持ちは残さず、素敵な思いでだけを残す、「短期セフレの素晴らしい醍醐味」を存分に味わえますよ!

最後に

今回は、元ホステスの女性と、1ヶ月間の短期セフレとして出会った体験談を紹介してきました。

とても素敵でエロく乱れた濃厚な時間を過ごせただけではなく、その上で切なく寂しい反省点もしっかり味わい、私自身総合してかなり学びの多い体験談だったと言えます。

それこそ、出会い系サイト・アプリは「元ホステスとの出会いに役立つ」ことを、今回紹介した成功から学べたことなどは、とても大きな収穫でした。

元だとしてもホステスは、ルックスのレベルも高く、内面の部分で人として尊敬したくなる部分もたくさんあります。

私は少し切ない体験談でしたが、紹介した反省点などを理解し実践すれば、とても素敵な関係を構築できることは、私自身今回の経験から学べました。

もちろん、「現役のホステスやキャバ嬢など水商売で働く女性」も、すごく魅力的で最高のターゲットです。

しかし、「元ホステスやキャバ嬢」の女性も素晴らしく魅力ですから、掲示板などから連絡が届いた場合は、ぜひ積極的に出会ってみてください!

コメント

  1. バッカス より:

    大きく開いてパッと消える夏の花火のような出会いでしたね
    (珍しく詩人になってしまいました)

    限定された期間があったから一層燃えたのかもしれません
    アキラさんの優しい扱いに惹かれてしまったので、
    期間限定で良かった、と思いますよ