愛人契約は出会い系サイトで探すと相場より好条件になりやすい理由

愛人契約相場

出会い系サイトでのパパ募集の記事を書きましたが、今回はもう少し高級な感じのする”愛人契約”に関する話題です。

愛人契約は職場やクラブなどで知り合った関係から発展することが多いですが、今回は出会い系サイトを利用して愛人契約相手を探す方法をご紹介します。

出会い系を介して愛人関係になるケースが増えている

出会い系サイトは元々若い男女の交流が盛んなサイトでした。

しかし、最近は利用者の年齢層や立場も変わってきています。私アキラが出会い系サイトを始めた時期などは女性は20代、男性は30代くらいの人が主流でしたが、最近は主婦の人も普通に使っていますし、70歳くらいの男性まで利用し始めています。

アングラっぽい印象が強かった出会い系サイトですが、時代は大分変わりました。

こんな中でいわゆる富裕層と呼ばれる方も出会い系サイトの利用を始めました。

私アキラ自身は普通のサラリーマンですが、実際に出会い系サイトを利用している女性に聞いてみると、

  • 医者
  • 弁護士

といった人と出会っている女性も多いです。

出会い系サイトの愛人契約の相場は?

パパ募集の記事でも書きましたが、出会い系サイトで、週1回会って食事をする場合ですが、一般的な相場としては以下程度になります。

  • 18~25歳 月12~40万
  • 25~30歳 月8~20万
  • 30~40歳 月4~10万

なお、エッチなことをしてもOKという場合なら、

  • 18~25歳 月30~100万
  • 25~30歳 月20~50万
  • 30~40歳 月10~30万

“愛人”というくらいですから、エッチしないわけにはいかないと思いますので、実質的にもらえる金額は後者になります。

女性の年齢にもよりますが、平均して月20~50万くらいが相場になります

出会い系サイトは他の相場より好条件になりやすい

出会い系サイトは他の方法よりも愛人契約が好条件になりやすいです。

というのも、出会い系サイトでは実際に会わなくても多くの人とメッセージのやり取りができるため、交渉できる機会がたくさんあるためです。

例えば、職場やクラブに勤務していて知り合う人と愛人交渉をする場合、対象となる相手が限られていまいます。

一方、出会い系サイトでは全国どこにいる相手ともメッセージの交換ができますので、それだけ交渉の幅が広がります。最終的に契約する相手は近場の人になるかとは思いますが、それでも対象となる人数は桁が違います。

金額的な面もありますが、会った際に行う内容なども交渉できる余地がありますので、最終的に自分にとって都合の良い条件で愛人契約が結べます。

愛人契約に適した出会い系サイトは?

愛人契約相手を探しやすいサイトですが、あまり多くはありません。

というのも、出会い系サイトの中にはそういった行為を禁止しているサイトも多いため、そういったサイトには愛人を探している人は集まりません。

例えば、異性とのメッセージで「愛人」といった単語を入力すると送信しようとすると拒否されたりします。

ポイントは、

  • 利用しているユーザが多い
  • 愛人に関するメッセージがやり取りできる

といった点です。

これを満たしているサイトは私が知る限りではPCMAXというサイトのみになります。