人妻風俗の嬢が中出ししやすい理由

人妻風俗中出し

知っている人も多いと思いますが、人妻風俗は本番行為は勿論のこと、中出しもし易い傾向があります。

これには幾つかの理由がありますが、今回はその理由を解説していこうと思います。

店舗がやたら多い人妻風俗

人妻風俗はかなり需要があり、私アキラが住む大阪でもかなりの店舗があります。

このサイトでも大和屋谷町九丁目店などを取り上げていますが、この大和屋だけでも大和屋梅田、大和屋十三、大和屋京都、大和屋難波あります。これ以外にも人妻風俗は山ほどありますし、大阪でこの状態ですから東京などではもっとすごいことになっているでしょう。

人妻はAVなどの影響もありかなりの人気で、おっさんだけでなく10代の若い人でもハマる人が多いです。

根底には母性に対する執着(はっきり言うとマザコン気質)や疲れた男を癒してくれる人妻の気が利く対応や濃厚なサービスがあります。

人妻風俗で働く女性が多い理由

人妻風俗が多い理由は男性側だけでなく、働く女性側の需要の高さも関連しています。

人妻風俗で働く人は以下のいずれかの理由に依ります。

  1. 元々風俗嬢で年齢を重ねて人妻店へ移動した嬢
  2. 何らかの家庭の事情で風俗デビューした人妻

元々風俗嬢で年齢を重ねて人妻店へ移動した嬢

風俗嬢は大体20歳前後になる人が多く、最初は若い娘向けのお店で働き出します。

後は本人の老け具合にも依るのですが、大体30歳前後で若い娘向けの店では客がつかなくなります。そして、促されて人妻店へ移動します。

また、風俗嬢をやっている途中で結婚して、一旦退店。次に働く際に結婚していることを理由に人妻店へ入る場合があります。

私アキラが見てきた範囲では、大体は容姿の劣化が引き金になりますね。結婚している嬢でもルックスが良ければそのまま若い娘の店で働きます。

何らかの家庭の事情で風俗デビューした人妻

元々普通の家庭で主婦をしていたのですが、何らかの理由でデビューするパターンです。

  1. 家計が苦しい
  2. 旦那に黙って借金をした
  3. 遊ぶお金がほしい
  4. セックスレスで性に飢えた

「家計が苦しい」が一番よくあるパターンです。最近は景気が良くなっているので減ってきましたが、サブプライム問題によるリーマンショックや東北大震災で不景気になった時期は人妻風俗嬢が一気に増えました。

または、出会い系割り切りの相手を探している人もいます。

このケースは旦那公認で風俗で働く場合が多いですね。

旦那に黙って借金をしたは、FXで失敗した主婦などが損失分を補うために働くケースです。最近は無茶な投資をする女性は減ったのでこれまた減少傾向です。

ただ、「旦那に黙ってクレジットカードやキャッシュカードを作ってしまい、使いすぎて払えなくなった」というケースが最近増えています。クレジット・キャッシュカードの種類が多様化し、それに伴い主婦でも簡単にカードが作れるようになったことが背景にあります。

クレジットカードの場合はリボ払いで、キャッシュカードについては借りすぎて利息の返済すらも手が回らなくなってしまうケースがあります。カード破産なんて言葉がありましたけど、風俗に行かざるをえなくなるケースもあるんですよね。

遊ぶお金がほしい、セックスレスで性に飢えたはバカみたいな理由ですが、意外と多いです。

私が良く利用しているpcmaxなどの出会い系サイトでも、旦那に会い体にされなくなった人妻がセフレを募集していることが多いです。以下の人妻出会いの記事で詳しく書いていますので、よろしければ併せてご覧下さい。

人妻風俗で働く女性が中出しし易い理由

理由はさておき、このように風俗で働く人妻は多く、嬢の間では客の取り合いになるケースが多いです。

女は年を取るとガメツクなるので、自分によく入ってくれる客が他の嬢に流れたりすると、

「私のお客さんを取らないでよ!」

「絶対に取り返してやる!」

などと結構ムキになることが多いです。

このような状況下にあると、お店の中で競争意識が働き、できるだけサービスを良くして自分に客を集中させようとします。

※この話は大和屋難波店という店で聞きました。

規定外のサービスも当然選択肢として入ってきます。

本番(基盤)はもちろんのこと、自分にドップリはめるために、生ハメや中出しすら許可するようになります。

中出しできる嬢は貴重なため、自然と客の予約が殺到し大人気になります。一人が中出しし出すと他の嬢も真似をし出すので、自然と中出し嬢が増えます。

この結果、普通の風俗店に比べて人妻風俗では中出しがしやすくなります。