FKK Artemisでエッチなポーランド人とセックス!日本人アキラの侍ペニスは東欧人をも圧倒する

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e4%ba%ba%e3%82%a8%e3%83%83%e3%83%81

FKK Artemisでイタリア人にレイプされかけるという危機を乗り越えた私は無事にビュッフェで食事を取ることにしました。

FKK Artemisはビュッフェの提供が18:00から開始なので、それまでは食事をすることができません。

エッチしたり室内プールで泳いだりするとそれなりにカロリーを消費するので、この時間になると皆が列を作ってビュッフェコーナーに集まります。

ビュッフェコーナーについて

fkk%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%a7

ビュッフェコーナーは女性がたくさんいるラウンジの奥にあり、ビュッフェからは中庭に出ることができます。

ビュッフェコーナーの中にも椅子とテーブルがあるのですが、ここを使っているのは大体は働いている女性で、男性客は中庭に置かれたテーブルで食事をしていました。

食事の質に関しては…

まあ、普通といったところでしょうか。

肉、魚、パスタなどのメジャーどころは制覇されており、種類も10種類くらいはあります。

しかしまあ、裸の女性が列をなして飯を取りにいっている姿は何とも圧巻です。

パイオツとアソコを全く隠すことなく完全ご開帳で、外人は豪快だなぁと感じました。

こんな光景が見れるのは海外風俗ならではでしょう。

なお、このビュッフェの時間は意外な使い道があります。

それはここで女性が列をなしている様子を見て、次に遊びたい綺麗な女性を見定めておくことです。

特に、女性ラウンジの中だと薄暗いため、あまり女性の顔がはっきり見えないのですが、ビュッフェは明るいのでかなり鮮明に女性の顔が分かります。

よくよく見るとあんまり綺麗ではない女性も多いので、ここできっちり見ておくと後々有効になります。

ラウンジで細身の美女に声をかけられる

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e4%ba%ba%e4%b8%ad%e5%87%ba%e3%81%97

ビュッフェで腹ごしらえをした後は、いよいよエッチしたくなったので、ラウンジの中に乗り込みます。

ラウンジの中は…

いや、これ本当にすごいです!

バーみたいな場所に女性が群がっており、各所に寝そべれるソファーが置いてあります。

そんな空間を男女が裸で歩き回り、性交渉をしている!

本当にもう酒池肉林とはまさにこのことでしょう!

なお、男性客はやはり外人さんがほとんどですが、日本人も見かけました。ベルリンに遊びに来ている人はやっぱり着ちゃんでしょうね。

そんな環境でのんびりしていると、細身の女性に話しかけられます。

「Hello~, My friend」

「Hello, Where are you from?」

「Poland」

お、ポーランド人とは珍しいですねぇ。直近で行ったオーストリアのFun Plastまではルーマニア人比率がやたら高かったので、ここにきて新しい国の女性に興奮倍増です。

外人ならではの腰の高い良いスタイルで、細い割には胸はDカップくらいあります。

ただ、ややケバい感じですかねぇ。ロシア人女性と濃厚なエッチを経験しているわたくしアキラ的には70点といったところでしょうか。

まあ、全然問題ないレベルなので、FKK Artemis一発目はこの女性で良いでしょう。

ポーランド人と交渉し3Fのプレイルームへ

ポーランド人とは、30分60ユーロの約束をし、早速プレイルームに移動します。

FKK Artemisは色々な場所でエッチが出来ます。

螺旋階段から上がった3Fにある個室

中庭に設置された小さな小屋型のプレイルーム

KINO(ドイツ語で映画館の意味)

KINOは入り口がカーテンで閉じられていますが、誰でも入れるので実質公衆の面前でセックスしているとの変わりありません。まあ、ヤってても誰も見てきませんが。

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e4%ba%ba%e9%a2%a8%e4%bf%97

今回は螺旋階段から上がった3Fの個室になりました。

3Fに上がると壁にルームキーがかけられており、それを取ってプレイルームへと移動します。なお、部屋数はかなりあるのですが、私が上がった時点でかなりの数のキーがありませんでした。

いやー、みんな本格的にヤリまくってますね。

プレイルームで早速SEX!

プレイルームへ移ると早速プレイ開始です!

なお、FKK Artemisはゴムフェラです。

基本的にアソコも触らせてくれません。日本の飛田新地みたいなものですね。

ただ、このあたりは多分金額を上乗せすれば多少できることが増えると思います。

ゴムフェラから始まり、大きくなったところでいよいよ挿入です。

手をアソコに添えて入れようとしますが、手がアソコあたりに触れるのが嫌なのか、

「No, take hand off 」

と何度も手をどけるように怒られました。fuckはOKだけどもそれ以外はダメ。という女性が多いので仕方ないでしょう。

「How about Japanese dick? small?」

と聞いてみると、

「Generally Yes, but yours…」

「Why so strong!?」

%e3%82%a4%e3%82%bf%e3%83%aa%e3%82%a2%e4%ba%ba%e3%82%bb%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

と日本人のチンポに苦戦しているようでした。私のって長さ16cm、太さ4cmなのですが、一応これくらいだと外人女性でも大きいと感じるようですね。

普段、日本の出会い系サイトで多くの女性を相手に戦ってきた私アキラの名刀。世界レベルでも一応は戦えるようです。

ジャパニーズペニスでヒーヒー言わせていましたが、この日本刀は長さはあれど折れやすく、まもなくへし折れそうです。

一応、友人が紹介してくれた精力剤を使っているので普段よりも勃起と持ち具合は長くなっています。ちなみに、ミュンヘンのSunshineの記事でも書いていますが、元々は超早漏です^^;

「Can I finish?」

「OK」

とやり取りし、ゴムの中にドクドクと精液を注ぎこみました。

後はセキュリティボックス前に移動し、支払いを行いました。案の定チップを要求されたので20ユーロ多めに払ってあげました。

感想

いや~、FKK Artemisa、なかなか良い感じです。

ただ、2発は発射してから帰りたいと思いますので、このまま引き続き楽しむことにします!

トップへ戻る