【セフレの作り方】32歳から5つの方法を試し見出したセックスフレンド募集の必勝法を紹介

セフレ

はじめまして、日々セフレ作りに明け暮れる大阪在住の会社員「アキラ」と申します。

このサイトでは、異性との出会いが少ない人/アプローチが苦手な人向けにセフレの作り方を紹介しています。

私が男性なので男性向けの内容に偏っていますが、女性でも共通して活用できる情報を纏めています。

なお、要領が良い/コミュニケーション力が高い若いイケメン・美女は既にセフレには事欠かないと思いますので…

このサイトでは、ルックスや社交性に自信がない人でも手段の選択とコツを覚えればうまくいくような汎用性の高い方法をご紹介します

私自身も現在39歳で口下手・ルックスは下~中というスペック

初体験も29歳でしかも風俗(30歳までに童貞を捨てたかったという悲しい理由)。

というセックスとは大よそ縁の無い人生でしたが、

セフレの作り方を覚えてからは人生が変わりました

ただ、実際にうまくいくには相当苦戦をしていますので、失敗談を交えてセフレを作る方法を具体的に解説していきます。

セフレはどうやって見つけるのか?

全く異性と縁が無い32歳の時に、

「これではいかんなぁ…」

と思い色々な方法を試しました。

ここでは、私が実際にやってみた結果を元に最終的に何を選べばよいかを解説します。

私が実際に体験したもの

  1. ストリートナンパ
  2. クラブ
  3. キャバクラ/ホストクラブ
  4. 風俗
  5. 出会い系

なお、お見合いパーティーや街コンなどはセフレというよりは結婚相手を探す場所ですので不向きです。

ストリートナンパ:99%失敗する

セフレ作り方

セフレを見つけるための代表的な方法はナンパです。

繁華街などでのナンパは定番で、うまく連れ出してエッチしそのままセフレにしてしまうというパターンです。

ストリートで行うことをストナンと言い、成功してそのままラブホテルへ連れ込めた場合を「即」と言います。

最近は、男性に限らず女性もナンパ(逆ナン)することも多いので、オーソドックスな方法と言えます。

…ただ、やってみると分かりますがナンパは成功する人がものすごく限られます

ナンパはデメリットだらけ

  1. イケメン・美女以外はほぼ成功しない
  2. 夜遅く~早朝が中心(会社員はまずできない)
  3. 数時間待ち続けるため拘束時間が長い
  4. 体力的にきつい
  5. 警備員/警察を呼ばれることがある

手軽に見えて意外とハードルが高く、効率は最悪です

私も大阪のなんばパークス・なんばウォークという繁華街で男性3人で数日間ナンパをしてみましたが、相手をゲットできることはなく、無視される・罵声をあびせられる、最後は警備員を呼ばれるなど散々な結果になりました。

イケメン・美女、メンタルが強い、体力が相当ある人。…以外はやらないほうが良いです。

ナイトクラブ:イケメン・美女以外は蚊帳の外。出来ても援交ばかり

セフレ募集

ナイトクラブは男女が酒を飲み踊り狂う場所です。

上の写真のように男女の距離が近く、気に入った相手と一緒に踊ったり、体を抱き寄せたり、できることが特徴ですが…

イケメン・美女以外は基本的に近づくと嫌がられます

私も大阪難波のジラフというお店で何人にもアプローチしてみましたが、総スカン状態です。

様子を見ていると、かなりのルックスの人が声をかけても、拒否されていることがほとんどでした。

どうやら、クラブに来ている人は必ずしも男女の仲を求めているわけではないようで、純粋に音楽や踊りを楽しみたい人が多いようです。そういった異性に言い寄ると嫌がられますし、時には警備員を呼ばれます。

また、女性の中にはイケメンに声をかけられても、金銭のやり取りを提示(いわゆる援助交際)している人もいました。海外のバーではよくある光景ですが、日本でも普通にあるんですね。

イケメンでもそう簡単にはエッチができないのがクラブの現状です。

一方で、クラブにくる男性は面食いなので、女性もそれなりのルックスがないと相手にされません。

ということで、ナイトクラブは、

セフレ作りの場に最適思われがちですが、実際は不向きです。

キャバクラ/ホストクラブ:金づるにされて終わる

セックスフレンド

次に思いつくのは、以下のようなサービスです。

  • 男性の場合:キャバクラ・ガールズバー
  • 女性の場合:ホストクラブ・デートクラブ

これらは金さえ出せば異性と接する機会ができ、相手も優しくしてくれるので、セフレへのリーチが最も短いように見えます。

…ただ、私は時々キャバクラやガールズバーにお世話になっていますが、一度もセフレの関係になることはできませんでした。

いわゆる「店外デート」は簡単にできますが、それもあくまで営業活動としてやっているだけです。

メールアドレスや電話番号、LINEのIDを交換し、店外デートなどもよくやりましたが、常にお金が前提になる関係でした。

また知人にホストクラブにはまった女性がいますが、結局は金づるにされていただけのケースがほとんどです。

お店の女性/男性は結局はこちらを諭吉としか見ていないのです。

お金が発生しなくなった途端、パタと連絡を切られます。お金を払い続ければ夜の相手はしてもらえますが、それはセックスフレンドとは言いません。

夜のお店で親しくなろうとすることは、何も生み出しませんので私はおすすめしません。

風俗:セックスはできるがセフレにはなれない

sexフレンド

男性特有ですが、ホテヘルやデリヘルなどの風俗で女の子と仲良くなる方法があります。

こちらが優しく接していれば、風俗嬢は不細工相手でもとても丁寧に接してくれるので、これまで女性に相手にされてこなかった男性はかなり良い思いができます。

(キャバクラ、ガールズバーに比べると愛想が悪い女性が多いので注意が必要)

ソープランド以外はヘルスプレイというエッチをしないところまでがサービス内容ですが、実際はセックスができてしまいます。

セックスまでいけるのだからセフレ化も楽勝では?、と勘違いしがちですが…

風俗嬢とセフレになれる確率は相当低いです。

キャバクラ/ホストクラブ以上に、風俗嬢は客を金としか見ていません。

実際、私はある風俗嬢の本音を聞いてみましたが、

  • 客のことは全く興味がない。顔も覚えていない
  • これが終われば諭吉(1万円札)がもらえる
  • 店外デートは次回リピートに繋げるため

とだけ考えて接客をしていると言っていました。

実際に仲良くなっても、風俗業界から足を洗った瞬間に連絡を切られます。

御参考までに風俗狂の私の実績

  • 風俗で出会った女性の数:300人
  • デートした女性の数:20人
  • セフレになった女性:0人

現実はこんなものです。

お金が絡む仲に未来はありません。

あるモテモテのヤリチンが言った意外な言葉で目覚める

ある時、ふとしたきっかけでかなりのイケメン&ヤリチンの男性と知り合いになりました。

ジャニーズ系で年齢は23歳。月に50人くらいの新規とヤっている強烈な人でした。

これだけ聞いて、ナンパなどでさぞかし楽勝にゲットしているんだろうなぁ。

…と思っていましたが、実情はかなり異なりました

「イケメンでもナンパはほとんど成功しない」

「とにかく数を撃つことが大事。多人数に一気にアプローチできるSNSや掲示板、出会い系などを駆使している。」

イケメン/美人だから簡単にセフレができる、というのは間違い

セフレを作っている人は多人数に効率よくアプローチしている

彼はハッキリとそう言いました。

顔が良ければセフレができるというわけではなく、セフレができる人は戦略をきっちり練り行動しているのです。

確かに、かなり可愛くても彼氏ができない女性も多いですよね。

ルックスは多少の優位性は出ますが、本質ではないのです。

そして、効率的な例として彼はスマートフォンで出会い系サイトを見せてくれました。

  • 出会い系には出会いを求めている人が集まっているので、セフレへのリーチが短い
  • 出会い系サイトは掲示板という機能があり、それで一気に大人数に自分の存在や希望やアピールできる
  • たくさんの異性の興味を一気に引くことができるので、そこからセフレへと繋げていくと効率的

彼のアドバイスで目から鱗が落ちた私は、早速出会い系サイトに登録し自分自身で色々と試行錯誤してみました。

結果、彼が言った以上の発見もでき、出会い系がセフレ作りに向いている事を確信しました。

出会い系:最もセフレに近いがコツを掴む必要あり

出会い系セフレ

「出会い系」というと響きが悪いですが、最近は出会いSNSという名前で呼ばれることが多く、mixiやfacebookのような一般的なSNSとして普及してきています。

出会い系サイトは男女が登録し、メッセージを交換したりしながら交流していくものです。

最近では、東京の品川駅や大阪の心斎橋駅、福岡の天神など、大都市の中心にデカデカと看板を掲げていることが多いので、知っている人も多いでしょう。

かつてはアングラ的で何か怪しい、という感じでしたが最近はクリーンな運営をしているサイトが増えてきて、私たちの生活の身近なところに入り込んでいます。

クリーンならセフレ作りには不適では?

と思う人もいるかと思いませんが…

クリーンな中でもセフレを手軽に作れる機会がたくさんあります。

例えば、クリーンな出会い系サイトの中にも「大人の掲示板」というちょっとエッチな動機で相手を募集できる機能がありますので、これでアダルト目的の募集をかけることができます。

最初は健全な理由で出会っても、最終的にはセフレの関係に到達します。

男女の出会いの場を提供している限りはそういったことが必ず起こります。

どうして出会い系サイトを薦めるのか?

出会い系

出会い系サイトは男女に出会いの場を提供するものですが、それは先述のキャバクラ、風俗、ホストも同じです。

どうして、出会い系サイトのほうが良いと言えるのでしょうか?

私が出会い系サイトをセフレ募集におすすめする大きな理由は以下の2点です。

1.ライバルが少ない

2.お金がかからない

1.ライバルが少ないについて

ナンパ・クラブ・キャバクラ・風俗、ホストに共通することですが、セフレをゲットするまでの間に常にライバルとの戦いが生じます。

出し抜いて気に入られには先述のように立ち回りやルックス・トーク力が求められるため、かなり大変です。

一方の出会い系は、ライバルがかなり少ないです。

ライバルが少ないため、本人のルックスやトーク力が低くても十分に勝機があり、セフレを作れる確率は圧倒的に高いです。

2.お金がかからないについて

キャバクラ・風俗、ホストなどのお店の場合は、基本的にお金を払ってくれる客が好かれます。

客の中には医者や弁護士、高級ソープの風俗嬢やAV女優が普通に現れるので、普通のサラリーマン・OLがそれらの人を出し抜くのは大変です。

まさかと思うかも知れませんが、

  • 年収3000万の医者
  • 誰もが知る大企業の幹部
  • 超キャリアウーマン

などが普通に訪れます。

たとえ一時的に出し抜いたとしても、たくさんいるライバルに常に取られるリスクが高いので、トータルでかなりお金がかかります。

出会い系サイトの場合は、上記のライバルは来ません。

費用もサイトの利用料金のみです。

出会い系の多くはポイント制になっており、一定のポイントを購入します。

メッセージの交換をする度にポイントを消費しますが、2000~3000円もあれば複数人の異性と十分に仲良くなれます。

なお、女性は無料なので、タダでイケてる男性と仲良くなることができます

利用するならどの出会い系サイトが良いか?

出会い系選び方

色々な出会い系サイトがありますが、サクラしかいないサイトもあるのでしっかりと選んだ方が良いです。

知り合いが、雑誌や街中で宣伝されているサイトが良い。

と言っていましたが、これは真実だと思います。

なぜなら、全く宣伝されていないサイトに人は集まらないからです

そういったサイトは必然的に運営者側が仕込んだサクラばかりになります。

ものすごく単純なことなのですが、多くの人がこれに気づかず騙されています。

街中で宣伝されているものの中で、私が利用しており特に良いと感じているものは以下のサイトです。

PCMAX

pcmax_main

実際に利用してセフレ関係になった体験談をこのサイトでも書いていますが、利用者も多く利用者の質も良いことから重宝しています。

出会い系サイトはサクラと呼ばれる実際に出会うことのできないユーザが多いのですが、PCMAXは運営側がサクラに厳しいこともあり、このサイトでサクラにあったことはありません。

サクラがいない分、異性と会える確率はかなり高いので、セフレの候補が探しやすいです。

また、利用している年齢層が幅広く、下は18歳から上は50代まで幅広い人と知り合うことができる、という特徴があります。数あるサイトの中で最もバランスが最も良く、使い易いと感じました。

PCMAXについてはより詳しい内容を以下のページに纏めましたので、併せてご覧頂けますと幸いです。

pcmax

ミントC!Jメール

mint_cj_logo

東京の品川や大阪の心斎橋など人気のあるところで良く宣伝をしている出会い系サイトです。

出会い系といえばアングラのイメージですが、ミントC!Jメールは全く逆の方向に向かっている、大変クリーンなサイトです。

もちろん、サイト内にアダルトな目的での出会いを募集できる掲示板もありますが、私の意見では、ミントC!Jメールはまじめ路線で利用する方が賢明です。

というのも、上述のような人気のある場所で宣伝しているので、エロ目的ではない極々普通の女性が集まるからです。しかも、そういった女性はルックスの平均レベルも高いです。

ただ、そうは言っても出会い系に集まる女性は基本的には欲求不満を満たしてくれる相手を探しています。

そのため、最初はまじめ路線で出会うところまで行き、頃合を見てアダルトな話題を振っていけば、自然とセフレの関係になっているでしょう。

あなたが女性の場合なら、ミントC!Jメールは比較的まともな男性が多く登録しているので、他の出会い系サイトで良い相手を見つけれなかった場合はミントC!Jメールを使ってみるとうまくいきます。

その他にも、色々と出会い系サイトはありますが、サクラだらけのサイトが多く、正直おすすめできません。

出会い系サイトは2つくらいを併用している方が管理が楽です。1つでも良いのですが、同じサイトで活動していると出会える相手が限られてしまいますので、上述の2サイトくらいで十分でしょう。

セフレを作るには出会い系サイトに登録した後の行動が重要になります。

出会い系に登録して終わり。かのように解説しているサイトもありますが、実際はここからが勝負です。

意外な盲点!エロ目的ほど出会い系サイトはピュア掲示板を利用すべし

ピュア掲示板

出会い系サイトに登録した後は掲示板機能を使って自分が希望する条件に合う人を探します。

出会い系サイトには、

  • アダルト(大人の・ヒミツ)掲示板
  • ピュア掲示板

の2種類の掲示板があります。これらに希望する相手の条件を書いて投稿すると、興味を持った相手からメッセージがもらえます。

その後はメッセージの交換を何回かやり取りして、実際に会うことになります。

セフレを募集する場合はアダルト(大人の・ヒミツ)掲示板を利用したくなりますが、実際はピュア掲示板の方が良い結果になることが多いです。

アダルト掲示板には「お金を貰ってエッチをしたい/させたい」人が中心に集まっています。これを割り切りと言います。

「セフレ」は金銭のやり取りなしにエッチな関係になることを指しますので、アダルト掲示板ではセフレを見つけることは難しいです。

あなたが女性である場合は「お金が貰えるなら良いか」と思うかも知れませんが、結構きつい男性が募集していることも多いので、あまり期待してはいけません。

そこでお勧めする方法は、ピュア掲示板に、

  • 食事に行ける人募集
  • 趣味が同じ人募集

などの書き込みをして、まずは普通に会える人を探すことです。

実際に使ってみて分かりましたが…

ピュア掲示板で会える人の方が、まともなで容姿の良い人が圧倒的に高いです。

逆の立場になって考えてみれば分かりますが、下心や金銭欲に満ち溢れている人が溢れ返っている場所に近づきたいと思うでしょうか?

まともな人はそうは思いません。

結局、そういった下衆な場所に集まる人のタイプは偏ります。

それよりも、正攻法で仲良くなっていった方が満足できる相手に出会える確率が圧倒的に高いのです。

それを証拠に、最初は飯友・飲み友・趣味友あたりから親しくなった場合は、割り切りのようにお金も発生しませんし、かなり長続きすることが多いです

その一方で、真面目な目的で会ったにも関わらず、エッチまでのリーチは意外と短く、1~2回も会えばセフレの関係になっていることも多いです。

急がば回れのように見えますが、アダルト掲示板でポイントと割り切りのお金を消耗するよりも確実に効果があります。

このあたりの方法に触れず、甘い言葉をやたらと掲載するWEBサイトや雑誌媒体がありますが、あまり真に受けない方が良いでしょう。

まじめな出会いが最もコスト的に効果的で良いセフレに出会える!

セフレ費用

男性である私は風俗やアダルト掲示板を利用し、最終的にピュア掲示板で出会いを求めることに辿り着きました。

出会い系でピュア掲示板だけを利用すれば、最初に5,000円くらいのポイントを購入すれば大体は5~10名の良い異性に出会えます(タイプでない人はスルーします)。

(サイト内でメッセージのやり取りを3~5回すれば大体LINEのIDが交換できますので、以後はLINEでやり取りします)

実際に会ってデート・食事を数回すればセフレになれるので、総費用は1人あたり10,000円程度です。

逆に、女性がセフレを探している場合は、おごって貰えることが多いのでお金はほぼかかりません。

真面目な出会い方の方が圧倒的に安く済みます。

もし、年齢が若かったり(20~30代前半)、運や本人のスペック(ルックスや話術)が良いと、1回ポイントを購入するくらいでセフレができます。

私のような41歳のおっさんでも普通に出会えているので、年配の方でも大丈夫です。

真面目な出会い経由の場合は、ルックスや年齢よりも人柄が重視されるので相手に誠実に接すればゴールイン可能です。

最近の私アキラのセフレ状況(2016年7月更新)

私のセフレの確保状況:

PCMAX経由:5人

ミントC!Jメール経由:1人

前回からPCMAXのセフレが1人増えました。ナンバペット美容学院出身の長身トリマーで、真面目な出会いから仲良くなりました。

さらに、7月1日に短大1年生をPCMAXでゲットしています。

現在、各人に1~2ヶ月に1回会うようなローテーションにしています。

私が平日仕事なので基本的に金曜日の夜か土日祝日に会うようにしています。

土日の両方を使えば、最大で8人まで会うことができるのですが、現状ではこれくらいで十分かなと思っています。